10cmカット!軽やかミディアムヘアで夏を乗り切る

Marisol ONLINE
こんにちは、RUIです。


暑い日が続いてますね。仕事で日中はほぼ外に出ているので、体力つけて乗り切らなくては…と思っています。



ここ数年、ずっとロングで形を変えたり、ベースの長さを整えるぐらいでした。
この暑さと仕事柄、ダウンスタイルはほぼなく、いつもアップスタイルでしたが、それにも飽き飽きしてきて、ガラッとイメチェンしたいなぁと思い立ち、10cmバッサリカットしました!


カット前
カット前
カット後
カット後
長さは鎖骨下で前下がりミディアムボブです。肩にあたるので、自然と外ハネになります。ストレートのときはオイルで仕上げるだけでも形になります。
毛先を全て、外巻きワンカールして、表面を薄く取って、中間地点を巻いています。


仕上げはN.オイルでツヤと束感を出して、巻きの持ちを良くする為にケープをキープさせます。



まだまだ暑いので、結ぶことが出来る長さなので、とても扱いやすいのが嬉しいところ。



次回はカラーの予定なので、ハイライトとローライトを入れる予定です。


生え際あたりの白髪が気になってきたので、ハイライトとローライトを入れると目立ちづらくなって良いそうです。



このまま、また伸ばすか短くしていくかはその時の気分で決めようと思います。
関連記事
  • 数日前。仕事で渋谷の東急ハンズに用事があり、そういえばと向かいのGEN GEN ANに寄ってみました。 コンクリート打ちっぱなしの店内に、積み重なったカセットテープ。日本茶などを「ナウい」(あえて死語を使います)スタイルで味わえる店として、海外からの観光客の方にも人気でした。 ですが、今は席は取っ払ってカウンターを設え、テイクアウト専門店になっていました。このご時世、そりゃそうですよね……。宇田川町らしい音楽カルチャーと、漢方薬局的なムードの融合。ユニークなスタイルは不変です。それでも、さまざまな国籍のヒップな人びとで賑わっていた頃を思い出してちょっと感傷的になりました。 何度行っても満席で入れなかったり、店員の方に申し訳なさそうに「あそこなら…空いてます」と案内されたむき出しのダクト(だったと思います、確か)に腰かけて、ちょっと座りづらいけどワクワクしながらお茶をいただいたことも。 緊急事態宣言下で飲食店を経営される方々の、日夜考えに考え、知恵を振り絞り、業態をなみなみならぬ努力で適応させ、もしくはお店を閉めるという苦渋の決断を下す……という姿を、目のあたりにしています。そんななかで出してくださるものをできるだけ頻繁に買って美味しくいただくようにはしていますが、あまりにも微力で。ただただ思いを馳せています。 GEN GEN ANで店員さんに選んでいただいたのが、「薪火晩茶 生姜」。店舗さながら、とびきり個性的です。先日、オードリー・タンさんがとある番組で「お茶は時間のしおり」と仰っていましたが、心身ともに引きこむくらいソウルのあるお茶こそ、“しおり“に相応しい。というわけで、1日の終わりに携帯もパソコンもオフして一杯。まずは嗅覚に訴えかけてきます。全身を包み込むようにスモーキー。その後やってくるのは、まろやかな甘さ。一瞬「ゴボウ入ってましたっけ?」と聞きたくなる滋味深さ。朝鮮人参とナツメがいい仕事してます。生姜の刺激はどこまでも優しい。こちらはオンラインでも購入できます。  
  •   今買い“春まで重宝”2アイテム “UNITED ARROWS”Marisol掲載品 Marisol掲載で大人気のUNITED ARROWSアイテムがスペシャルプライスで登場!春まで着れちゃうコートも必見!お見逃しなくっ!   一枚で完成!好印象ワンピース UNITED ARROWSUWSC タートルネック ニットワンピース¥19,000 →¥11,400+税(40%OFF) ご購入画面へ 素材の上質感を生かしたシンプルなタートルネックのロングワンピース。柔らかな風合いが特徴のラムウール素材を使用。少しゆとりのあるストンとしたリラックス感のあるシルエットは、ボトムスとのレイヤードコーディネートも素敵です。 ▼着用BLOGも公開中▼ アラフォー等身大の姿をお届けニットワンピースを着てみました! BLOGはこちらから    春先まで着られる♪リバーシブル仕様のノーカラーコート UNITED ARROWSUBCB リバー バイカラー コート20AW† ¥55,000 + 税 ご購入画面へ 両面、両色のカラーが楽しめるリバーシブル仕様のノーカラーコート。ゆとりのあるサイズ感やサイドスリット、ケープのようなデザインで、インナーにボリュームニットを合わせても着用可能です。シーズン後半まで長く着用していただけます。同素材のスカートと合わせてセットアップとしてもおすすめです。 ▼着用BLOGも公開中▼ \アラ40厳選/今年の1枚 UNITED ARROWS【リバー バイカラー コート】 BLOGはこちらから    こちらもおすすめ “春まで使えるセール品” 6選 【UNITED ARROWS】おすすめ☆#バイヤーこれ買いアイテム UNITED ARROWS SALEアイテム The post 今買い“春まで重宝”2アイテム【UNITED ARROWS】Marisol掲載品 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • コロナ禍でのおうち時間は居心地の良い空間づくりから。 お気に入りのブランケットと夫婦の好きを取り入れた空間をご紹介します。みなさま、こんにちは。 週末いかがお過ごしでしょうか。 コロナ禍での休日はめっきり自宅の掃除とのんびりおうち時間が定番になってきています。 今日はおうち時間をくつろぎの時間に変えるアイテムをご紹介したいと思います。  寒い季節にうちで重宝中のアイテムは、ニュージーランドからのブランケット。 メリノとポッサムという毛が混合されたこちらのブランケットは、取引先の方に頂いた大切な一品。お気に入りのニュージーランド産ブランケットご存じの方も多いと思いますが、ニュージーランドは羊が人口より多く、羊毛の輸出等も盛んです。 私が愛用しているブランケットは、ニュージーランドのニットウェアメーカーのNOBLE WILDEというメーカーのものですが、柔らかさが抜群。 色合いも落ち着いたカラーで気に入っています。ニュージーランド産メリノウールのブランケットNOBLE WILDEニュージーランドと日本はシーズンが真逆なので、ニュージーランドの冬(日本の夏)に友人にお願いして、こちらのショルダーハグを購入しようか検討中!  またインテリアにも少しニュージーランドの物を取り入れており、何年か前にニュージーランドに行ったときに購入したヨーロッパのヴィンテージ花瓶が気に入っています。 夫の趣味がサーフィンで海好きなのですが、なかなか最近は仕事が忙しい+コロナ禍でいけないということで、海を感じさせるコーナーを作りました。色合いが気に入っているヴィンテージ花瓶なかなか出かけられないので、家で海を感じるコーナーを額縁ですが少しヴィンテージ感を出すために夫がヴィンテージペイントを白い額縁に塗り、壁に似合うように仕上げました。 絵があると雰囲気がぐん!と変わります。DIYでヴィンテージ風に額縁を仕上げました。少しずつおうち時間を充実させる為に工夫しながら、週末にDIY等を楽しんでいます。 今日もブログを読んでくださって、ありがとうございました! 素敵な週末をお過ごしください。 インスタグラムも更新しています。 ↓ akino_myoiNo.194 Akino
  • お菓子作りが好きなJマダムが作る、旬のいちごを使った「韓国発のタルギケーキ」&「赤ワインムース」を紹介。家族のティータイムはもちろん、おもてなしにも大活躍!髙原 文さん(No.23 パティシエ・46歳) 夫と小学生の姉弟の4人暮らし。子供のころからお菓子作りが好きで、社会人になってから有名な製菓スクールに通ったりフランスに遊学したり。数カ月前に念願かなってパティシエとして再就職したばかり。育児と仕事の両立を楽しむ。シーズン中は毎日いちごをたっぷりと。家族の笑顔の源です!「いちごは家族みんなの大好物。シーズン中はたっぷり常備して、おやつに食後のデザートに大活躍。ボウルに山盛りにしたいちごに、泡立てた生クリームを添えるだけでも大喜びです」 スイーツ作りが得意な髙原さんは、いちごスイーツのレシピもたくさん考案し、家族や友人にふるまう。「今一番気に入っているのは、断面萌えなタルギケーキ。いわゆるいちごのショートケーキですが、カットした断面にいちごがたくさん並んでかわいいんです。切り分けたときのみんなの歓声がうれしくて、作りがいがあります」いちごがぎっしり詰まった断面に感動!韓国発のタルギケーキ韓国のカフェ発でSNSで大流行しているタルギ(いちご)ケーキ。ポイントは、何層にも重なったスライスしたいちごがケーキの断面から見えること。「いちごを重ねられる限界に挑戦(笑)して、5層にして作ってみました。普通のショートケーキに比べていちごの割合が断然多いので、子供たちは軽く2切れはぺろりと食べています」。シナモンが香る大人の味わい「いちごの赤ワインムース」赤ワインにシナモンやクローブ、オレンジの皮で風味をつけてホットワインのような味わいに仕上げたゼリーをガラスの器に入れ、その上にフレッシュないちごとラズベリーをのせ、さらにいちごのムースを重ねたデザート。「下のゼリーが大人の味で、女子会にお出しすると喜ばれます」>>「Jマダム通信」記事一覧はこちら取材・原文/小林みどり ※エクラ2021年2月号掲載
  • 2021年は、どのコスメでときめく春を迎える? ひと足先にお試しした理佐&真悠のコメントと一緒にチェックして、メイク計画を立てましょ♡ニット¥21000・サロペット¥22500/HONEY MI HONEY イヤリング¥1000/お世話や(OSEWAYA)狙い目はほんのり色づくタイプのハイライト。ツヤと同時に血色感や透明感まで高めてくれる!1 ダイヤモンドみたいに輝く3色で、磨いたようなツヤが。 マルチユース ハイライター トリオ¥5000/トゥー フェイスド(1月1日限定発売) 2 鼻根とそのサイド、頬骨のCゾーン、唇の山、あご先にツヤ血色を仕込み♡ スティック グロウ 715¥5000/パルファン・クリスチャン・ディオール(1月1日限定発売)a ★は下まぶたに、★と♥を混ぜて上まぶた全体へ。 ル・ヌフ・ジバンシイ 06¥7600/パルファム ジバンシイ(1月3日限定発売) b グリグリじか塗りして、ピンクをしっかり発色させて。 Amplitude コンスピキュアス クリーミーリップス 02¥4300/アンプリチュード(1月1日発売) c アクセ級の鮮やかさ。 ディオール ヴェルニ 561¥3000/パルファン・クリスチャン・ディオール(1月1日限定発売)何色ものパウダーが重なって作り出すヴェールで、光を味方に、素肌の美しさをぐっと底上げ。1 上品なツヤ美肌が欲しいならコレ! まるでパールそのもののような、品のいい輝きをまとって。 メテオリット ビーユ ピンク パール¥7700/ゲラン(1月22日限定発売) 2 4色のペールカラーで透明肌を 凹凸を感じさせない、春らしいツヤ肌を作り上げる。 THREE ニューセンセーションズ PPP¥5500/THREE(1月13日限定発売) 3 名作パウダーがリニューアル 4色のパウダーがブレンドされることにより光を取り込みながら、なめらかな肌質を演出してくれる。 プリズム・リーブル 1¥6800/パルファム ジバンシイ(2月5日発売)モデル/横田真悠 撮影/野田若葉(TRON・モデル)橋口恵佑(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/ミク 取材・原文/与儀昇平 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 裏拍のリズムを刻み、仲間と陽気に踊りだす。今感じたいのはあたたかな太陽の光と、やさしいグルーヴ。ハッピームードがあふれる3人が、ルーツ・レゲエをモードに解釈したスタイルを弾ける笑顔とともに届けよう。スピーカーから流れる 愉快な音楽に身を委ねてサウンドシステムで音楽を鳴らし"One Love"なマインドを歌う。 (右)グッチの2021年エピローグコレクションのトラックジャケットは、アメリカ人のデザイナー、ケン・スコットのアーカイブを再解釈したもの。鮮やかなプリントと、ベロア素材に施されたスポーティなラインが特徴的。GGパターンのパンツを合わせて、柄のマッチングを思いきり楽しむ。 ジャケット¥195,000、パンツ¥98,000/グッチ ジャパン(グッチ) (中)ピンクのトップとパンツのセットアップは、"地中海を巡る旅"がテーマとなったシャネルの2020ー2021年 クルーズ コレクションから。体とともに揺れるチェーンベルトを重ねて、遊び心をひとさじ。 トップ¥233,000、パンツ¥351,000、チェーンベルト(上)¥154,000・ロゴベルト(下)¥316,000/シャネル (左)レトロなムードと現代的なストリートの要素が共存するスタイリング。ケープのような、モノグラム・フラワーのカットアウトがあしらわれたAラインドレスに、オーバーサイズのボンバージャケットを羽織って。ドレスの赤が、燃え上がる太陽を連想させる。 ジャケット¥685,000、ドレス¥433,000、スニーカー¥134,000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) ピアス/モデル私物夢を運ぶクラシックカーを相棒に映画『Rockers』(’78)に憧れて、クラシックに装う。 (右)イントレチャートを進化させた、「ファンタジア プリント」のセットアップ。2020年フォールコレクションで登場したダンシングマンのモチーフを引き継いだ模様は、ムーブメントを人の体で表現した。 トップス¥169,000、ショーツ¥87,000、ネックレス¥285,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) ピアス/モデル私物 (中)グリーンのバギーパンツに、イエローベルトで、色の対比を楽しむ。テックコットンのポロシャツで涼しげに。 トップス¥110,000、パンツ¥140,000、ベルト¥68,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) (左)’50sから飛び出してきたようなチェックドレスに、オーバーサイズのスエード×ニットのジャケットをまとって。スカート内部のチュールパニエによって、フワッとした立体感が実現。 アウター(参考色)¥455,000、ドレス¥375,000、イヤリング¥41,000、ソックス¥23,000(すべて予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) その他/モデル私物鮮やかなプリントに身を包み笑顔で踊る1970年代にジャマイカで流行したルーツ・レゲエ。古きよき音楽の系譜を紡ぎながら、3人のダンスは未来に向けて、続いていく。 (右)ハイネックのトラックスーツが一体化したスポーティなニットは、まとうだけで元気になれるイエロー。バーバリーのヴィンテージチェックのボトムスは、スイムウェアとしても使用できるので、バケーションにも最適な一着だ。 ニット¥124,000、ショーツ¥43,000(ともに予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー)  (中)アメリカ人の芸術家、ケン・プライスの作品が着想源となったロエベのカプセルコレクション。ヤシの木とグラフィカルな建築物が目を引く、L.A. SERIESプリントのセットアップは、肩の力を抜いてリラクシングに着こなしたい。 カーディガン¥112,000、シャツ¥126,000、ショーツ¥92,000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエべ) その他/モデル私物  (左)クラフト感があるニットポンチョは華やかな雰囲気が魅力的。ボトムスは、ショートパンツでヘルシーに。 ポンチョ¥610,000、パンツ¥140,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) その他/モデル私物 SOURCE:SPUR 2021年2月号「太陽のグルーヴをまとって ONE LOVE」photography: Ittetsu Matsuoka styling: Sumire Hayakawa〈KiKi inc.〉  hair: Yusuke Morioka〈eight peace〉 make-up: DAKUZAKU〈 TRON〉 model: Sakura, Sena, Yousef edit: Kaeko Shabana cooperation: HOTDOG CARTS JAPAN, ISHIKAWA
  • ネクストブレイクの予感がするのは、どのブランド? 東京を代表する4つのセレクトショップの目利きスタッフ&プレスに、今いちばんプッシュしたいブランドをヒアリング。そのアイテムを取り入れたスタイリングをセルフ撮影してもらい、ブランドの魅力を教えてもらった。ぜひ、新春のお買い物計画の参考に。  ジャンディウムの大胆プリントのドレスを主役にドレス/ジャンシディウム ブーツ/アンチショルド ネックレス/アン バイ トモヨ ヨシダ 3-9-12 HIGASHI ショップスタッフ 永井実麻さん(@mio_nagai68) 永井さんがリコメンドしてくれたのは、2021年1月にローンチされるニューブランド、「Jancidium(ジャンシディウム)」。「大胆な柄の組み合わせと色使いが素敵なブランドで、着るだけで気分の上がるアイテムが魅力です! 遊び心がありつつ、でも上品に見えるので、ぜひ大人の女性にも着てもらえたらと思います」。鮮やかな切り替えドレスを引き立てるため、シューズはシンプルかつ品のあるホワイトブーツを選んだ。 ロングネックレスを、腕を通してクロスがけのように身につけ、変化を楽しんだ。卵型のチャームがアクセントになっている。ちなみに永井さんは最近、サイコホラー映画を観るのにハマっているのだそう。「先日は『ゲット・アウト』という映画を観ました!」サステイナブル志向のブランド・ソーンコート・ジャケット/ともにソーン 中に着たニット/オーラリー オーバーオール/フィルメランジェ ブーツ/メゾン マルジェラ ロンハーマン PR 阿部 真澄美さん(@abemasumi) 阿部さんのイチオシブランドは、長年ハイブランドで仕事をしてきたデザイナーが立ち上げた「Ssōne(ソーン)」。「水の使用量を抑えた染織の技法を採用したり、ハギレを使ってアップサイクルを実現したりするなど、環境保全に力を入れた透明性のあるものづくりが魅力です。そして何より、圧倒的にデザインが洗練されていて、ファッションアイテムとして素晴らしいのです!」オーバーシルエットのコートは、バックにパッチワークがほどこされている。 コートの下に着たパッチワークジャケットには、クラフト感あふれるステッチワークが。「カッティングやシルエットはもちろん、パッチワークの色合いや刺繍までも絶妙です」と阿部さん。力強くもフェミニンな表情のコーデュロイドレスドレス/フォトコピュー バッグ/パコ ラバンヌ シューズ/シャーロット オリンピア ウエストにつけたネックレス/タティ デヴァインインターナショナルギャラリー ビームス スタッフ 島津 悠さん(@yu_shimazu) 島津さんの着たブラウンのドレスは、フォトコピューのもの。「今までコーデュロイはあまり手に取ってきませんでしたが、このドレスは細かい畝のコーデュロイを使用していて、力強くもフェミニンな印象に惹かれました。単体での着用に留まらず、さまざまなスタイリングができる点も気に入っています」。ニットレギンスを合わせ、かすかにパンクなムードをプラスした。ウエストには、恐竜モチーフのネックレスが!「デザイン性の高いドレスには、クセのあるアイテムをプラスして、自分だけのスタイリングを楽しんでいます。フォトコピューのインスタグラムのアイコンが恐竜のイラストなので、ひっそりと恐竜のモチーフを忍ばせました」と語る島津さんの遊び心が光る。ミニマムなシルエットが際立つ、スペイン発のブランド!ドレス・パンツ/ともにガブリエラ コール ガーメンツ ドレスの下に着たカーディガン/バッカ ブーツ/ドリス ヴァン ノッテン ピアス/ララガン チェーンネックレス/トムウッド 緑のビーズネックレス/自作したもの メガネ/オリバー ゴールドスミス SUPER A MARKET(スーパー エー マーケット)新宿 ショップ プレス 高橋 悠さん(@__takahashi.h__) 高橋さんのイチオシブランドは、スペイン発のガブリエラ コール ガーメンツ。「ストイックなシルエットの美しさと、魅惑的な着心地のよさが特長です。歴史ある生地メーカーの上質なテキスタイルで仕立てているので、袖を通すと思わず頬ずりしたくなるほど」。ブランドを代表するIラインシルエットのドレスに、深いVネックのカーディガンをインしてネックレスをレイヤード。ドレスのネックラインの美しさを生かした。 ドレスの下には、同ブランドのレザーパンツを忍ばせて、スパイシーなブーツで引き締めた。「女性らしいだけでは終わらない、ストイックなおしゃれも楽しめるスタイリングに。ドレスの、冬にはなかなかない色使いのレモンイエローもポイントです」。 Text: Chiharu Itagaki
  • 短時間外出だからこそ、コートも循環させる着こなしができる。その理由は?行動から考えてみました。こんにちは!マッキーです。 本日は、コートについて書きたいと思います。 去年と今年では、外出時のコート選びにちょっと違いが出てきました。■去年のコート選び長時間外にいる事が多かった。 (通勤、公園、外イベント、友達とお出掛け) →外出時、ダウンコートを選びがちでした。■今年のコート選びコロナ禍で、 外時間は最小限になりました。 (車移動、リモートワーク、外出自粛) →ダウンコートの必要度が低下。★今年の冬は、バサッと羽織れる、 リバーコートやショート丈コートの出番が増加。春、秋の季節を感じる期間が年々短くなっており、季節の変わり目に適した薄めアウターの着用頻度は低めでした。 ですが、車移動や短時間外出により、バサッと羽織れる薄めアウターが今年は大活躍!! ダウン一辺倒の冬コーデから、だいぶアウターのバリエーション豊富に楽しめる様になりました♡■インナーでぽかぽかをニット+暖かインナー で、動きやすさと防寒を両立。 自宅で仕事もしやすいですし、ちょっとした外出(保育園送り迎え、スーパーへ買いもの)にもいいですよね。coat #ebure knit #galerievie bag #BOTTEGA VENETA #BLAMINKレジ袋無き今、トートバッグは必須アイテム。 トートバッグは、マザーズバッグとしても大活躍中です。 通年この時期は、ダウン一辺倒でしたが、 今年は家にある色々なアウターを循環させて着回ししたいと思います♪ 最後まで、ご覧いただきありがとうございました。●インスタも同時に行っております。気軽に、コメントいただけましたら嬉しいです。No.170 マッキー
関連キーワード

RECOMMEND