エディター・三尋木奈保の「気分が上がる服」が主役の6つのコーディネート

Marisol ONLINE

<これから紹介する6つのコーデに使用するA〜Iのアイテム詳細はこちら>

人気エディター三尋木奈保さんが、今まで以上に「服を買う視点が慎重になった」というこの夏、選び抜かれた"気分が上がる服"を軸とした最新ワードローブをお届け。

COORDINATE 1

目をひくテラコッタ色はベージュで自分らしくなじませて

「このブラウス、色みもデザインもとっても素敵なんですが、ウエストリボンを2重にするカシュクールタイプだから、着るのに時間がかかる(笑)。以前だったら面倒と思ったかもしれないそんな過程も、ファッションの楽しみを見直している今年なら「おしゃれしている実感」に変わりました」

Aを着用!

BLOUSE_VERMEIL par iéna

SKIRT_l'heritage martinique

BAG_BOTTEGA VENETA

NECKLACE_Wendy Mink

BANGLE_blanc iris

SHOES_HERMÈS

「私にとってはチャレンジカラーのテラコッタ。定番のベージュスカートと合わせるのが、やっぱり落ち着きます。エルメスのサンダルは15年以上前に買ったもの。途中数年間なぜか履かない時期もありましたが、今は毎年ヘビロテで愛用中。経年変化も決してくたびれた感じにならず、いい味わいになるのがさすが老舗のクオリティだなぁ、と実感しています」

COORDINATE 2

原点回帰の白×ネイビー。足もとで今っぽさを主張して

ステイホーム中にワードローブの整理をしていた時、「昔は白×ネイビーが大好きだったのに、最近着ていないなぁ……」と気がついて。この配色は、真夏に素足で実践するのが素敵なはず、と暑くなるのを待っていました(笑)。

CとGを着用!

SHIRT_NOBLE

SKIRT_ebure

BANGLE & RING_blanc iris

BAG_BOTTEGA VENETA

SHOES_LAOCOONTE

「白×ネイビーは、ともすると真面目すぎ、さわやかすぎに陥りがち。Cのスカートでドラマティックな迫力を、Gのサンダルで今どきの辛さを加えてみました。ツヤ素材のスカート×マットなリネンシャツの、素材感のコントラストもポイント。単なる上品スタイルに終わらないよう、大人ならではのワザを取り入れてみたつもりです」

COORDINATE 3

ふんわりブラウス×タイトは”女っぽさ”を意識するために

「この数カ月間、ウエストゴムのボトムやフレアスカートで自分を甘やかしていたけれど。タイトスカートの女っぽさを忘れてはいけない、と組んでみたコーディネート。甘めのふんわりブラウスとすっきりしたタイトの相性は、やっぱり鉄板。気持ちもシャキッと締まります」

Bを着用!

BLOUSE_VERMEIL par iéna

SKIRT_Cellar Door

NECKLACE_HANNACK

BANGLE_CATHs

BAG_Marco Masi

「Bのブラウスは、ケープ風の袖が着映えと二の腕カバーを同時にかなえてくれる優秀デザイン。タイトスカートは、ハイウエストで前あきデザインのものが好き。辛口でモダンな雰囲気があるし、おなかまわりがすっきり見える気がします」

COORDINATE 4

ラベンダーのスカートは正統派のきれいめフェミニンに

「ラベンダーを着るのは、人生初! ピンクにブルー糸を織り込んだような、なんともニュアンスのある色みにぐっときて。あとはやっぱり、新しいおしゃれで気分を上げたいという気持ちも大きいのです」

Dを着用!

BLOUSE_THIRD MAGAZINE

SKIRT_ebure

BANGLE_TIFFANY

BAG_PAOLO MASI

SHOES_NEBULONI E.

「このスカート、最初はブラウンやモカのトップスが合うかなぁと想像していたのですが、しっくりくる色みが手持ちになくて(泣)。そんな時、私が頼るのは、黒よりも白。バンドカラーの白ブラウスで、あえて正統派のフェミニンにもっていったら、自分らしいバランスに着地。この手のスカートは通年ではけるので、秋冬の着こなしを早くも妄想中」

COORDINATE 5

サマーブラックは柄スカートでプラスの個性を

「柄スカートも、5年に一度買うかどうか……な、私にとってはレアなアイテム。こちらはレリタージュ マルティニークとのコラボで、柄のデザインをイチから起こしてもらったもの。シックな華やかさが、私好みの理想的な仕上がりに♥」

Eを着用!

TOPS_YLÈVE

SKIRT_l'heritage martinique

EARRINGS_blanc iris

BAG_MAISON N.H PARIS

SHOES_CELINE

「花柄を私が着ると、甘さがマダム風に転んじゃう気がして、モダンなリーフ柄をオーダーしました。さらりと軽やかな素材で、涼しく着られるのもポイント。柄アイテムはそれ自体が個性になるから、全身ワントーンでまとめて、すっきり着こなすのが私的なこだわりです。オールブラックは、肌見せできる夏だからこそトライできるアプローチ」

COORDINATE 6

辛口スタイルにはクリーンな白小物を加えて

「今季新調した白のメッシュバッグとパール、そしてサングラスを同時にきかせるなら……服はシンプルなカジュアル方向で、ダークな色合わせがいい、という発想からのコーディネートです。白小物を効果的にさすスタイルは、昔から大好き」

FとHとIを着用!

BLOUSE_THIRD MAGAZINE

PANTS_Plage

SUNGLASSES _BLANC

NECKLACE_SOPHIE BUHAI

BANGLE_TIFFANY

BAG_Anita Bilardi

SHOES_MANOLO BLAHNIK

「大きめのメッシュバッグは、スカートよりもパンツに合わせたほうが断然すっきり映えます。今までサングラスといえばブラウン系オンリーだったけれど、クリアフレームのグレーに替えたら、とたんに顔立ちがシュッと今っぽく見えるような気がして、新鮮です。私にしては辛口な着こなしですが、パールネックレスをひとさじの女っぽさとして投入」

撮影/渡辺修身(物) 須藤敬一(人物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/高橋美帆
※この特集に出てくるアイテムはすべて三尋木さん私物です

▼あわせて読みたい

人気エディター三尋木奈保さんが、今まで以上に「服を買う視点が慎重になった」というこの夏、選び抜かれた"気分が上がる服"を軸とした最新ワードローブをお届け。
関連記事
  • いつでもピアスはつけていたい派におすすめ!最近買ったお気に入りのチビピアス。最近、幼稚園送り迎え&公園以外はほとんど家にいます。 相方さんも日本にいないので、大人と全然しゃべってない、、、涙。 そんな私ですが、たとえ誰とも会わなくともピアスは常につけていないと落ち着かない派です。 ヘロヘロの部屋着を着ていても、調子がいまいちでも、好きなピアスをつけていればなんとなく気分が上がる気がします。 最近買ったプチプラピアスがこちら。 左: adam et Rope’ Le magasin プチ5パールピアス 2,090yen. 右: BIRTHDAY BASH フレームピアス 2,959yen アダムエロペのセールで見つけた華奢なパールピアスは、小さいのでとにかくつけていて楽!そのまま昼寝もできます笑。 でもシャープなデザインなので存在感があって、最近ヘビロテしています。 バースデーバッシュのピアスも、他のものを見ている時に見つけ、すごくかわいくて思わずポチりました。 大振りだけどとても軽い!!ピアス、高いとこのデザインずっと使えるかな、、と悩んで無難なものにしがちですが、お手ごろな値段と思うと自分が今好きなデザインを気兼ねなく選べるし、普段たくさんつけられますよね。 おうち時間もしばらくはこの子達をつけて楽しめそうです♪adam et Rope’ Le magasin 5パールピアスBIRTHDAY BASH フレームピアス Instagramで日常も綴っています♪→No.146 rin
  • 毎日をハッピーにしてくれるバイヤーのおすすめコーディネイトをご紹介! 『無難すぎない』のに着こなし簡単!デザインニットでこなれ感UP marjour 肩から降りたリボンをウエスト位置で結ぶデザインのニットがポイントのコーディネート。すっきりしたシルエットなので、コートの中に着てもゴワつかずストレスがありません。ダウンコートやウール系の厚手のコートの中に着るのにもぴったり! ・marjour/FRONT RIBON KNIT PULLOVER/¥6,800+税・marjour/WRAP SKIRT LAYERED PANTS/¥6,000+税 オーバーデニムジャケットで着崩すハイセンスコーデ! GALLARDAGALANTE 合わせ方次第で表情の変わるヴィンテージライクなオーバージャケット。エフォートレスな雰囲気漂う上品なニットワンピースを合わせてモードな雰囲気に。 ・GALLARDAGALANTE/デニムジャケット/¥28,000+税・GALLARDAGALANTE/ファインウールニットワンピース/¥20,000→¥14,000+税(30%OFF) ラメ素材のプリーツスカートで春を先取りスタイル UNITED ARROWS ゆったりニットはサイドスリット入り。トレンドのバンドカラーシャツをレイヤードするのがおすすめです。ラメ素材のプリーツスカートは、ドレープが美しくシアー感がポイント!春を先取りできるおすすめのコーディネートです。 ・UNITED ARROWS/UWCC ラメ ニットプリーツ スカート†/¥21,000+税・UNITED ARROWS/UWSC サイドスリット クルーネック ニット†/¥15,000+税・UNITED ARROWS/UWSC スタンドフリル ブラウス 21SS†/¥16,000+税 春を意識させる上品なホワイトコーデ MACKINTOSH LONDON コートの下から見せるホワイトのワントーンカラーで春を意識したフレッシュなコーディネート。フーデットコートにウールナイロンブークレーのインナーがセットになったアウターは、2枚レイヤードでも別々でも着用できる嬉しい3WAY。春まで着られておすすめです! ・MACKINTOSH LONDON/【FEATHER-TECH PAC】ストレッチタフタ3WAYコート/¥90,000→¥72,000+税(20%OFF)・MACKINTOSH LONDON/ウールニットリブクルーネックプルオーバー/¥26,000→¥21,000+税(20%OFF)・MACKINTOSH LONDON/ポリエステルレーヨン2WAYストレッチパンツ/¥29,000→¥20,000+税(31%OFF) この特集のアイテムをまとめて見る The post #2021/1/20 明日なに着てく?30代 40代 大人のトレンドコーディネート first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • だーりお&paku☆chanがセレクト! とれたて新色で、春顔にアップデートメイク春といえばモテや可愛い旋風が起こるけど、今季は大人っぽく芯のある女性が合言葉になりそうな兆し。押さえるべき新コスメ&テクを一挙見せ!ブラウス¥14000/HONEY MI HONEY イヤリング¥10500/アーバンリサーチバイヤーズセレクト(ニナ・エ・ジュール)この春はくすみピーチピンクで新しい自分を発見【EYE】❶の右下を細チップで二重幅にON。❶の右上と左上をブレンドし、際からアイホールに向かって塗り広げる。下まぶた全体に❶の右下を細チップの先端を使ってライン風に入れる。濃い色→淡い色の順に重ねて抜け感を演出。上まぶたの際に❷で極細ラインを描き、目尻の三角ゾーンを埋める 【EYEBROW】❸の左で眉の毛流れを整え、上から❸の右をふわっとかぶせて淡めの太眉に 【CHEEK】❹の中央部分の色をブラシに含ませ頬骨を囲むようにひとはけ。そのまわりを囲むように❹の外側のハイライトを広めに重ねる 【LIP】❺を直塗り❶色展開と繊細なツヤ感が今季らしい。シグニチャー カラー アイズ 04(1/8発売)¥7000/SUQQU❷炭インク処方でソフトマットな発色。ミネラルスムースリキッドアイライナー ピンクグレージュ(1/6〜限定発売)¥2700/エトヴォス❸ワックス&パウダーで立体眉に。アドバンスドアイデンティティ ブラウシェー ピングデュオ 05(1/13発売)¥3800/THREE❹グラデチークカラーで顔全体の血色を引き上げて。コフレドール スマイルアップチークスS 05(2/16発売) ¥2300(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品❺人気のプランパーにウルトラピンクが仲間入り。ディオール アディクト リップ マキシマイザー 022(2/11発売)¥3700/パルファン・クリスチャン・ディオール❻シックなパールピンク。アナ スイ ネイルカラー 320(1/4発売)¥1800/アナ スイ コスメティックス(右)モデル 内田理央本誌でも人気のモデル&女優。サブカル全開のYouTube「だーりおCHANNEL」がバズり中(左)ヘア&メイク paku☆chan『Three PEACE』所属。緻密な理論とメイクの常識をくつがえすオリジナルテクニックにファン多し[理央]カットソー¥10000/HONEY MI HONEY ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/寺田茉布(LOVABLE/人物) 河野 望(製品) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) モデル/内田理央 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/佐藤 梓 構成・企画/芹澤美希(MORE) ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 今季豊富な「ミルキーな白」の魅力は、ベーシック色も、流行のくすみ系カラーをも受けとめる包容力! その最新配色バランスを、スタイリスト福田亜矢子さんのコーディネートでお届け<この冬は、温かみを感じる「ミルキーな白」が多いんです。これまでは、冬のコーディネートに抜け感を出すための〝ポイント使いの白〞でしたが今季は、いわば〝つなぎの白〞。トレンドのベージュやグレー、そして少しくすんだきれい色を自然になじませてくれます。この〝あいまいさ〞を味方に旬の配色にぜひ挑戦して!(スタイリスト 福田亜矢子さん)> ■ホワイト×くすみカラー きれい色とのつなぎ役にミルキーな白、という新常識。 ややくすんだ色同士だから、派手になりすぎず洗練されたバランスにチラリとのぞく白タンクでピンクコーデの明度を上げて 白のなじませ効果は、部分使いでも威力あり。淡ピンク×ローズカラーの甘色コンビに白タンクを投入するだけで、全身が澄んだ印象に。小物も白でまとめて。タンクトップ¥5,300/エイトン青山(エイトン) ニット¥42,000/カオス表参道(カオス) パンツ¥38,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カレンテージ) ネックレス(長)¥32,000・(短)¥20,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥22,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)濃淡のあるくすみブルーを白のロングコートでトーンアップ 白のガウンコートをばさっとはおり、くすんだブルーに明るさをプラス。コート¥37,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) パンツ¥47,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) シャツ¥38,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) メガネ¥27,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥70,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(アグメス) バッグ¥435,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)黄みがかったアイボリーカラー×オフホワイトの絶妙ワントーン スリット入りのスカートとハイネックニットは、ともに少し黄みのあるニュアンスホワイト。同じくイエロー寄りのアイボリー色ブルゾンをはおり、全体を黄色系に寄せたコーデに。ブルゾンはハリのあるメルトン素材や襟と袖の折り返しがアクセントになり、ぼやけがちな白コーデを引き締める役割も。レモン色クラッチをきかせ完成度を高めて。ニット¥59,000・スカート¥34,000・コート¥120,000/オーラリー ピアス¥28,000/カオス表参道(フェイ アンドラダ) バッグ¥36,000/エストネーション(テモワール) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)あぜ編みニットのラフさがオレンジパンツを品よく中和 華やかなカラーを取り入れたい時も、ミルキーな白となら難なくまとまる。身幅広めのオフ白ニットが、ドレッシーなサテンオレンジのパンツをほどよくカジュアルダウン。ニット¥18,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) パンツ¥13,000/アンクレイヴ ストール¥39,000/アイネックス(アソース メレ) ネックレス¥39,000・ブレスレット¥28,000/アパルトモン 青山店(マラ ムクス) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥34,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥64,000/エストネーション(マローン スーリエ)【Marisol1月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora)ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.)スタイリスト/福田亜矢子 モデル/竹内友梨 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • 旬デザインのブラウス×カラーボトムで、誰より先に春を取り入れて パフスリーブや長めのカフスなど、袖にデザインのある甘ブラウスはこの春のトレンド。早めに手に入れるなら、ホワイトやエクリュなど使いやすいカラーを選ぶのがおすすめ。『カデュネ』のブラウスは、立体的なフォルムがつくりやすく、肉感を拾わないプルオーバー型で“ラクして女っぽい”を後押し。春らしいパステルカラーパンツと合わせれば、キレイめで動きやすい快適なトレンドスタイルが完成します。ブラウス(インナーつき)¥19000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) パンツ¥24000/ハルミ ショールーム(ミューラル) リング(人さし指)¥12500/ソワリー リング(小指)¥21000/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ) 椅子にかけたジャケット¥32000/スタイリング/ 新宿ルミネ1店(スタイリング/ バイ ケイ シラハタ) バッグ¥82000/メゾンレクシア 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号 好評発売中!】
  • 日常使いにも、きちんとシーンにも! 重ねて使えば感度UPも叶うプチアクセ。 12closet メダイネックレス(50cm) ¥16000 ロングチェーンを生かして重ねづけも 待望のメダイネックレスがついに登場。聖母マリアが刻印されたメダイ型チャームを、ロングチェーンでより今っぽく。チャームは取り外しができるので、さまざまな使い方が楽しめるのも魅力です。シルバーに18金ゴールドプレーテッドを施した素材を使うことで、手が届きやすい価格が実現しました。 ブラウス/スタイリスト私物 久々のネックレスブームに沸く今季。カジュアルにもきれいめにも合うメダイネックレスは、持っていると役立つこと請け合いです。長さが50cmあるので、短めネックレスとのレイヤードも得意。 一番上のネックレスと重ねるのもおすすめす。 メダイネックレス 12closet 10Kスモーキークォーツネックレス(45cm) ¥13000 胸元にひとさじのきらめきと女っぽさを 半透明ブラウンのストーンが目を引くひと粒ネックレス。持ち前の落ち着いた雰囲気で合わせる服を選ばずに使え、品のよさも言うことなしです。 あしらわれたスモーキークォーツは、心身を安定させ、邪気を払うお守りとしても知られるパワーストーン。チェーンの長さは45㎝と40㎝に調節可能です。 カーディガン/スタイリスト私物 光を受けてきらきらと輝く上質な10金のチェーンと、ナチュラルなニュアンスが香るスモーキークォーツの組み合わせ。肌の上に直接のせても決して華美になりすぎないので、日常使いしやすく、Vネックのカーディガンはもちろん、シャツやブラウスの胸元にもうってつけです。 10Kスモーキークォーツネックレス(45cm) 12closet 10Kスモーキークォーツチェーンピアス ¥10500 天然石がさりげなく揺れる様を楽しんで 耳元ではかなげに揺れ動くピアスは、チェーンの先端に色みの異なるスモーキークォーツを重ねたデザイン。グラデーションをつけたふた粒のストーンが、深みのある表情を演出します。チェーンを短めに設定してあるので、マスク着用時やダウンヘアの際もノーストレスです。シリコンキャッチ付き。 ブラウス/スタイリスト私物 顔の動きに合わせて、濃淡ふたつのスモーキークォーツが揺れるスイングタイプのピアス。耳たぶから垂れ下がるチェーンの長さは約1.5cmです。視線を集める確かな存在感を放ちながらも、見た目は至って繊細かつ上品。顔まわりにちょっとした華やぎが欲しい日に最適です。 10Kスモーキークォーツチェーンピアス 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)(モデル) 魚地武大(TENT)(物) ヘア&メイク/中村未幸(Lila) スタイリスト/大平典子 モデル/今井りか 取材・文/葛畑祥子
  • 価値ある3,990円!脚を綺麗にみせてくれる珠玉の逸品!こんにちは(^-^)tomomiyuです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 毎日寒い日が続きますが、春色が気になる今日この頃。 明るいカラーのトップスに似合うボトムを探すべく、UNIQLOをチェック! 数種類を着比べて、「これだ!」と思ったのがこの商品。 UNIQLO ウルトラストレッチジーンズ オフホワイト 3,990円 + 税 名前の通り、とにかくよく伸びて脚にフィット。 ジーンズとは思えない動きやすさで、快適な履き心地。 やや黄味がかった優しい色合いです。 春色トップスとも相性良さそう!昔からウルトラストレッチジーンズを穿いていると、よく褒められました! 骨格診断ウェーブ体型の私。 ウェーブ体型は太ももが細く、お尻が平坦なのが特徴。 このジーンズのように、ぴったりとしたシルエットで体のラインを出すのが似合わせるコツです!身長157cmで23サイズ、股下66cmで裾上げをしてもらいました。 この少し短め丈がポイント! パンプスだけでなくスニーカーにも合います!このくらい足首が見えるのがベストバランス! トップスはギャルリーヴィーのクルーネックニット。 淡い色同士の組み合わせが気分です♡アウターはグレーのウール生地のダウン。スニーカーのかかと部分のグレーとリンク。同色のふわふわのファーが気持ちいい!オートミール色のコートでも合わせてみました。淡いトーンの組み合わせなので合いますね!薄手のコートで寒い時は、中にインナーダウンを仕込むのもオススメです! UNIQLOのウルトラライトダウンなどをコートの下に着ると、薄手のコートでも暖かく過ごせますよ!それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました! Amebaオフィシャルブロガーになりました! アメブロはこちらから。(画像をタップ) ↓ ↓ ↓ Instagramフォロワー数10万人突破! 毎日午後9時コーデ投稿を更新中。 インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓(画像をタップ)No.163 tomomiyu
  • 寒そう、ほっこりしそうetc.そんな「フレンチシック」のイメージ、変えてみない?「高い服だからおしゃれ」、「はやっているけど私には似合わない」、「ベーシック服って地味」……etc. それ、全部思い込みです!! モア世代にオススメしたい【フレンチシック】にも、そんな思い込みがたくさんあるみたい。全部とっぱらえば、冬のおしゃれももっと楽しめるはず♬「フレンチシック」って冬だと寒そうなイメージ……定番のダッフルコートも絵になります!フレンチシックといえど、アウターはトレンチだけじゃない。ロングのダッフルコートなら、暖かさもおしゃれさもバッチリ。コート¥36000/アンクレイヴ ベスト¥12800/シップス エニィ 渋谷店(シップス エニィ × オールドダービーニットウェア) シャツ¥30000/シップス プライマリーネイビーレーベル パンツ¥19000/シンゾーン 表参道店 靴¥33000/ルック ブティック事業部(レペット) バッグ¥12000/セムインターナショナル(バグマティ) メガネ¥32000/モスコット トウキョウ イヤリング¥900・リング¥1500/お世話や ストール¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店 靴下¥1400/タビオフレンチシックって“おしゃれなおじさん”にしか見えない・・・・・・ボウタイブラウスで顔まわりに女っぽさを加えてみましょうMOREが提案するフレンチシックは、流行に左右されないベーシックさの中に上品さと女性らしさ、そして可愛げもあるスタイルのこと。レディなブラウスも欠かせないアイテムのひとつで、チェックパンツやデニムの女度UPに効果絶大。あれこれ飾り立てなくても理想のバランスに! ブラウス¥14000/メゾン イエナ サスペンダーつきパンツ¥17000/アンクレイヴ バッグ¥16000/アルアバイル(クリスチャンヴィラ・ペル・アルアバイル) イヤリング¥8100/ロードス(リプサリス)ほっこりしそうだから苦手ですジャストサイズ→ゆるシルエットに変えるだけで一気に旬感がアップ鉄板のバスクシャツをゆったりとしたオーバーサイズにチェンジ。ドット柄スカートを合わせた“ザ・フレンチ配色”もサイズ感で今っぽさを出して着こなせば“Notほっこり”。カットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 スカート¥20000/ヌキテパ 青山 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥6800/セムインターナショナル(モヒ) ストール¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) リング¥14000/ココシュニック柄はボーダーとドットだけしかダメ?ヴィンテージライクな花柄なら差のつくフレンチシックコーデに選び方のポイントは“ベースと同系色”かつ“甘さ控えめ”な花柄。スカート¥32000/アンシェヌマン(アナカ) ニット¥32000/スローン カットソー¥4900/メイデン・カンパニー(アップサイクル) シャツ¥9800/セムインターナショナル(ロスコ) 靴¥52000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥10000/モットハウス・トーキョー ブレスレット¥62000/ホワイトオフィス(ジジ) リング(右手小指)¥8000/ノジェス リング(右手中指)¥12500/ロードス(リプサリス)やっぱりデニムパンツはマストですか?お仕事にも使える、きれいめ顔の黒のスラックスパンツでもOK!端正さがありトレンドでもある黒のスラックスは、フレンチシックな着こなしとも相思相愛。ボーダートップスの大人見えにも、全体の上品さの底上げにも一役買って。パンツ¥14000/AKTE カットソー¥14000/ソークロニクル(メヤメ) コート¥44000/MP STORE 二子玉川ライズS.C.店(マッキントッシュ フィロソフィー) 靴¥5900/オリエンタルトラフィック(ダブルエー) バッグ¥41000/ジャンニ キアリーニ 銀座店 カチューシャ¥1000/お世話や イヤカフ¥16000/ココシュニックMOREっぽいフレンチシックの服って売っていそうでなかなかない着こなしを“今”に落とし込める『シンゾーン』をぜひチェック!トレンドをくんだベーシック服と、デニムの豊富なバリエが魅力。コート¥58000・ブラウス¥19000・パンツ¥19000/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン) ニット¥17200・ネックレス¥11800/シップス 渋谷店 靴¥16000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥19000/クオリネスト(オーマイバッグ) パールネックレス¥13600/シップス エニィ 渋谷店 ストール¥62000/渡辺産業プレスルーム(ジョンストンズ オブ エルガン) 靴下¥6900/セムインターナショナル(ウィリアムブラントン)【関連記事】「スキニーデニムはもう古い」ってホント? スタイリストがお答え!【関連記事】セットアップは平日オンリーなんてウソ! “思い込み”をなくせばもっと着回せる!こちらもチェック!>>>流行の「レース」服を着こなすにはフレンチシック&辛口がコツ ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/石上美津江 構成・原文/鈴木絵美 企画・原文/福井小夜子 松本一葉(2人ともMORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
関連キーワード

RECOMMEND