エルメスのめくるめく世界(オランチャーム編)

Marisol ONLINE
こんにちは、らんです。

気がつけばもう8月。コロナと長梅雨で日付の感覚が鈍ってきています。大好きな夏、今年はほとんど外出することができずに終わりそうです...。
こんな時に心の癒しは、エルメスの品々。

今年一押しのチャームがこちらです!
エルメス オランチャーム ナタ
エルメス オランチャーム ナタ
エルメスで人気のオランサンダルがモチーフの、オランチャームです♡
そしてカラーはナタ。
今年の小物はナタばかりです^ - ^
先日、このチャームをピコタンに付けて、オランサンダルを履いて出かけました。
オランチャームとピコタンとオランサンダル
オランチャームとピコタンとオランサンダル
好きなもの愛でながら過ごす、自宅時間も悪くありません。

今年の夏は、エルメスの品々のお手入れをして楽しみたいと思います^ - ^
関連記事
  • 昔、衣装として作って頂いたベージュチュールスカートがとっても使えるんです! 着回し2パタ-ンを紹介いたします。少しおめかしして、素敵なところにお出かけした時に着用したコーデです。 ベージュチュールスカートは膨張色なのでAラインにして、トップスと靴とバックに黒を持ってきて、引き締めてみました。 skirt・hanamade shoes・DOLCE&GABBANA bag・HERMES bracelet ・LIMI feu近所にお出かけする時に、オリジナルアイテムとチュールスカートを合わせてみました。 このトップス、以前あるブランドとコラボした物です。 実は、私の顔がデザインされていて、ラインストーンで付いています。言われないとわからないですよね 暑い日々が続きますが、皆様もご自愛くださいませ instaはこちらからどうぞ華組 山口りえブログ
  • 暑い日に涼しく着られる、コーデに悩まないリネンシャツが超使えます⭐︎こんにちは、らんです。 朝から蟬の鳴き声が大きく、朝早く目覚める今日この頃。朝のまだ暑くないうちに、愛犬のお散歩へ行くのが日課です。朝の服選び、最近の基準は、『涼しく着られるもの』。そうなると、リネン系に自然とてが伸びます。 カジュアルに、コーデに悩ます着られるリネンシャツ、ユニクロメンズで見つけました!ユニクロメンズ リネンコットンスタンドカラーシャツ 1,290円リネンシャツは、一枚で着てもサマになるで、こちらを着て、パンツを履いて、コーデ終わり。 パッと外出できます。こちらは、今年初めて、セール価格で買ったもの。 コロナ禍では、エルメス以外、衣料品は全てオンラインで買っていますが、量も買わないですし、自分に合うもの、合わないものがはっきりわかっているので、失敗がありません^ - ^ 帽子やサングラスと合わせてカジュアルに、ロングスカートとスカーフなどと合わせてきれい目にも着られる、こちらのシャツ、オススメです!美女組No.151 らんのブログ
  • 梅雨も明け、夏らしい暑い日々が続いてますね冷房が効いた部屋で食べるアイスが大好きです♡笑セブンイレブンのキャラメルバスクチーズケーキ食べてみました7月28日発売キャラメルバスクチーズケーキ267円(税込)通常のバスクチーズケーキより10円お高いですがキャラメルが甘すぎず、濃厚なバスクチーズケーキとベストマッチ!!プリンのカラメルのほろ苦い感じ。想像以上に美味しかった!やっぱりバスクチーズケーキ好きだなぁ、と再認識。もしまた新たな味が発売されたら食べてみたいっグルメ専用Instagram ゆず☺︎モアハピ部 No.557 ゆず のブログ
  • スタイリストをはじめ、webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクターとしても活躍する大草直子さん。リモート生活を経て大草さんが見直したこと、考えを新たにしたこと。または変わらないポリシーは何?新しい「大草メソッド」が生まれ、真に使える新しいスタイル「大草カジュアル」をお教えします!着こなしのみならず夏の汗問題から、洗濯用の洗剤まで、タイムリーなお悩みを、大草さんがオールクリアに! スタイリスト 大草直子スタイリスト 大草直子おおくさ なおこ●スタイリスト、webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。スタイリストとして活躍するほか、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。’19年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『大草直子のNEW BASIC STYLE』のほか、インスタグラムも人気。Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official【目次】 ①新しくなった「大草メソッド」の夏のおしゃれとは? ②大草さんのこの夏のスタイル、ズバリ教えて! ③大草さん厳選のフェミニントップス×デニム ④大草さんも愛用中の「洗える才色兼備ワンピース」 ⑤大人の救世主!ロゴTシャツ×女神スカート ⑥夏ならではのファッション&生活Q&A  ①新しくなった「大草メソッド」の夏のおしゃれとは?「リモート生活を経て、さらに前進したアイデアを公開します!」ー大草直子オール自宅で撮影!ブラウス¥21,000/ロペ エターナル(ロペ エターナル) デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)・ブレスレット¥189,200(ハム)/以上エスケーパーズオンライン リング¥210,000/マリハ(マリハ)“自分に一番心地よいスタイル”を再発見3月頭から6月まで。2020年のこの3カ月を、私たちは決して忘れないでしょう。 不安、いらだち、孤独、そして感謝と愛。こんなにもたくさんの気づきを与えてくれた春はなかったと思います。私自身も生き方や価値観を見直し、生きていること、生きていくことに対して、揺さぶられるような思いを実感しました。同時に、「おしゃれをすること」「装うこと」の意味も深く考えました。 きっと最初はみんなも、「家にいることもあまりないから、何もしない休日にしよう」と、パジャマのような家着で過ごし、そのあと、「これはきっと長く続く。自分をモチベートするためにも、自宅にいても気分の上がる服を着よう」と、きちんとメイクもして、気持ちも表情もアップするようなワンピースやブラウスを選んだのでは。そう、自分自身のマインドを整えて持ち上げてくれる――“メイクアップ(化粧する)”の意味をもつ、スタイリングに変わっていったのではないでしょうか。 そうして、いよいよ自宅とその周辺にいることが長く重なったとき、「服を選ぶ」「今日の一枚を手にとる」。そのことの基準がはっきりと、自分の手の中に移ったことを感じたのは、きっと私だけではないはずです。 「人にどう思われるか」「きちんと見えなくては」「ファッションにお金と気をくばっているように映らないと」――。おしゃれをすることにまじめであればあるほど、他人の目をコーディネートの判断基準にしていた人も多いと思います。そう、他人軸を中心にしたスタイルです。でも、このタイミングで「あれ、自分が心地よい、リラックスできる、楽に思えるということを置き去りにしてなかった?」と気づくことができたのです。 家で洗えるワンピース。口紅のように「私のモチベーションにダイレクトに働く」女性らしいトップス。歩きやすくて実用的なフラットサンダル。もしかしたら「カジュアルすぎ?」と思っていたスタイルが、新しい日常にフィットしているだけでなく、自分の新たな一面も連れてきてくれたかもしれません。 あの3カ月で、他人軸(客観性や社会性)と自分軸(好みや主観)、両方をしっかりホールドすることができたのなら、きっとこれから先の、私たちのコーディネートやスタイリングは、むしろとても安定するでしょう。 このことを踏まえて、今回も、たくさん読者のかたがたからいただいたご質問(ありがとうございます!)にお答えしています。撮影も自宅で、そして最少人数で行いました。25年間この仕事をしていますが、こんな体験は初めてでした。でもだからこそ、今の気持ち、今の状況を映した、リアルなページになったのではないかな、と思っています。 昨年とも、前回の5月号のテーマとも、また違った視点が入ったお答えになっているはず! このことは、私にとってもとても新鮮でワクワクすることでした。 多くの人たちに支えられている日常、そしてそのうえに、敬意と感謝とともに存在する「おしゃれ」。こんなに愛おしく、喜ばしく、楽しい「おしゃれ」を、このテーマとともに新しく始められたらよいなあ、と思います。 ②大草さんのこの夏のスタイル、ズバリ教えて!「洗える才色兼備ワンピース」「フェミニントップス×デニム」「ロゴTシャツ×女神スカート」の3択が新しい基準に! 「きちんとおしゃれをしてしかるべき場所へ、というよりもご近所や2、3駅先くらいでランチを。そんなイメージの服が本当に使えます。気の張ったおしゃれには違和感があるし、かといってあきらめたような印象になるのも望むところではありません。ちょうどいい“心地よさ”を追求した先にあったのが、この3つのパターンです。今の本音に応えてくれます!」 【洗える才色兼備ワンピース】 「立体的なフォルムで、全方位どこから見ても美しいものがおすすめ。一枚で絵になるから!」 ワンピース¥19,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ネックレス(ターコイズ)¥75,000(ハルポ)・リング¥77,000(ソフィー ブハイ)・バッグ¥52,000(ポステレガント)/以上エスケーパーズオンライン バングル¥13,000/ロペ エターナル(ローレン マヌーギアン) 靴¥75,000/シジェーム ギンザ(プロエンザ スクーラー) こんな着こなしも! 「風通しがよく、一枚で形をつくってくれる、もはや夏に欠かせないワンピース。色や着丈、デザインもですが、毎日着たいから、お家で“洗える”ことにまずはこだわりたい。これは綿とポリエステルの混紡で張りのある素材。合わせる小物と足もとの靴のイメージでカジュアル度を調整します」 ワンピース¥19,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) キャップ¥6,800/ロペ エターナル(ホリデイ ボワロー) サングラス¥4,400/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) バングル¥72,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) バッグ¥12,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥12,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 【フェミニントップス×デニム】 「デニムの立ち位置も変わりました。もはや“ハズし役”ではなく、動きやすいし、洗えるし、ととことん理にかなった主たるアイテムであることを再実感。そして、トップスはぐっとフェミニンに。シンプルなTシャツではかなえられない大人の本音に寄り添うバランスです。リモート映えも」ブラウス¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) デニムパンツ¥7,700/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ネックレス¥24,000・バングル¥32,000/エスケーパーズオンライン(マリア ブラック) バッグ¥145,000/ハウント代官山(ゲストリスト/ザンケッティ) 靴¥49,000/ヒラオインク(クレジュリー) 【ロゴTシャツ×女神スカート】 「“女神スカート”と名づけたのは、繊細なドレープがあって足さばきが女性らしい、そんなイメージのマキシ丈のスカート。トップスはインして重心を引き上げたいので、ロゴTシャツを。このバランスなら、きれいめからビーチサンダルまでのフラット靴が自在に取り入れられて、より快適!」Tシャツ¥6,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) スカート¥24,000/カデュネ(カデュネ) サングラス¥44,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) ピアス¥11,000/ハウント代官山(ゲストリスト/フィリップ オーディベール) バッグ¥33,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥25,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(スペルタ) ③大草さん厳選のフェミニントップス×デニム「軸になるデニムはシルエットを見直してみましょう。フェミニントップスは、表情も気持ちもメイクアップしてくれます。シンプルなワンツーコーデでも、大人のカジュアルスタイルにちょうどいい華やぎを、ちゃんと添えてくれるんです」 【Denim】「デニムはミッドライズが断然おすすめ! おへその下くらいに納まるのがちょうどいい位置。視線が上にくるので脚も長く見えます。太ももはゆとりがあって、すそに向かって細くなるテーパードシルエットを。合わせる靴にも迷いません」 「トップスはボタン位置でインさせて。縦の直線が強調され、脚がより長くすらりと見えます!」 ブラウス¥17,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) デニムパンツ¥19,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(レッドカード) ピアス¥69,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) リング(左手)¥68,000(ヒロタカ)・リング(右手)¥32,000(マリハ)/以上ショールーム セッション バングル¥59,000/アダワットトゥアレグ バッグ¥208,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥84,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)「こなれたカジュアルにははき慣れたようなブルーを」 ていねいな加工を施し、まるではき慣れたデニムのようなフェード感のある表情に仕上がった一本。よりカジュアルな雰囲気に着こなせる。 デニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ)「ニュアンスのある黒なら夏でも重たくなりません」 表情ある黒が夏の装いにマッチ。柔らかで、デニムとは思えないストレスフリーなはき心地も、汗ばむ季節にうれしい。 デニムパンツ¥14,000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) 「ホワイトデニムの清潔感は夏にこそ効果大!」 真夏のホワイトデニムは清潔感もあって涼やか。きちんと感も加えてくれるから、ちょうどいいカジュアルバランスがかなう。 デニムパンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)  【Feminine tops】「年齢を重ねた今のデニムスタイルは、女っぽさを気持ち増量させるくらいのほうが余裕があって素敵。気持ちを上げてくれる色、うっとりするような透け感、揺れる素材、そしてフォルムのあるデザインを気楽に楽しむのが正解!」 「ふんわりと透け感のある素材は万能!少しグレーみを帯びたニュアンスカラーも大人向き」「サーモンピンクで気持ちも顔色もトーンアップ!」 マイルドでヘルシーなサーモンピンクが印象的。ボリュームのある袖と襟もとから生まれる美しいドレープで、着映え感も抜群。 ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)「シンプルな白は、フォルムのあるデザインで洗煉させて」 白Tシャツの延長で取り入れられるカジュアルさを保ちながら、ふっくらと丸みが生まれる立体的な袖がほどよい甘さを添えて。 カットソー¥15,000/カデュネ(カデュネ)「透ける素材もカジュアルに◎。ドット柄も大人顔に」 黒地に白のドット柄も、透ける素材でぐっと軽やかでセンシュアル。たくし上げると袖にボリュームが生まれるデザイン。 ブラウス¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ)「辛口な印象のピアスをつけると、トップスの甘さを少しマイナスできて、おすすめ!」 (上から時計回りに)ピアス¥30,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) ピアス¥78,000(シリル)・ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)/以上エスケーパーズオンライン ④大草さんも愛用中の「洗える才色兼備ワンピース」「自宅にいる時間が増えると、“洗える”ことのコンフォートさも実感。気負いなく着回したいワンピースこそ、ウォッシャブルが選択の基準になりました。小物はレザーの硬さが加わったもので、少しだけ“きちんと感”を。そのぶん、足もとに抜け感をつくって」「インポートならではの、鮮明でクラス感のあるブルーを主役に。ベージュ小物で品よく」 やや厚手のリネン100%素材で透け感も気にならず、一枚でさらりと着こなせるから汗ばむ夏にもぴったり。心ときめくような美しい色、細部に仕立てのよさが光る、イタリアンメイドらしい瀟洒(しょうしゃ)なたたずまいが魅力的。 ワンピース¥40,000/エスケーパーズオンライン(サルヴァトーレ ピッコロ) サングラス¥44,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) ネックレス¥15,000(キャッツ)・靴¥45,000(ブレンタ)/以上カオス新宿 バッグ¥37,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック)「有機的なチェック柄と、アシンメトリーなすそが装いをよりいっそうドラマチックに」 前後2WAYで着回せる秀逸ワンピースは、コットン100%。特殊な加工を施すことで美しい落ち感が生まれる仕掛けが。 ワンピース¥34,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) ハット¥53,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) リング(上)¥96,000/ショールーム セッション(マリハ) リング(下)¥420,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(メゾン エヌアッシュ パリ) 靴¥24,000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ)「マーメイドラインを描く美しい一枚は、全身の色を整えて、女性らしく優しげに」 ボタンを上までとめても、2つほど開けて抜け感をつくっても、どちらも女性らしい雰囲気がまとえる。リネン100%のドライな素材感が、デザインの甘さをほどよく引き算。 ワンピース(インナーキャミソールつき)¥30,000/カデュネ(カデュネ) ピアス¥78,000/エスケーパーズオンライン(シリル) リング¥160,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) バッグ¥34,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥81,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)お気に入りのフラットシューズ「足もとはほぼフラット。大げさにならないのもいいところ。色もデザインも、足先こそ自由に遊んでいいと思います」 すべてフラットでもおしゃれ度は妥協なし。 靴(右から)エルメス・セルジオ ロッシ・ラオコンテ・ロジェ ヴィヴィエ・スペルタ/すべて大草さん私物 ⑤大人の救世主!ロゴTシャツ×女神スカートいつもの「Tシャツ×スカート」も見直しを。Tシャツは目線を集めてくれるゆとりのある『白地のロゴT』。スカートは、すっきり見えとフェミニンを両立した新しい『女神スカート』が大人の救世主に。そのセットがあればパーフェクト!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます「ボリュームが抑えられたウエスト、透け感のある光沢素材。今の気分が全部入ったスカートを小物でより印象づけて」 Tシャツ¥24,000/マディソンブルー スカート(ペチコートつき)¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥12,000・リング¥11,000/アダワットトゥアレグ ブレスレット¥28,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥58,000(ザンケッティ)・靴¥68,000(エマ パーソンズ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 青山店 【Logo Tee】「ロゴTは重心を引き上げてくれ、ほどよくカジュアル感も。色よりも、顔を明るく引き立てる清潔感のある白ベースが正解!」 ラグランスリーブで、よりカジュアルな印象に。 Tシャツ¥8,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アッパーハイツ)細めのリブで首もとを繊細に演出。きれいめな着こなしにもマッチ。 Tシャツ¥9,000/ロペ エターナル(ロペ エターナル) 鮮やかな赤いフォントのロゴで、差がつく一枚。 Tシャツ¥8,000/新宿髙島屋シーズンスタイルラボ(レプティベーシック) 【Venus Skirt】「ウエストラインは高めをキープ。すそにかけて広がるマキシ丈の『フィットアンドフレア』スカートならパーフェクト!」 とろみ素材の明るいベージュで、軽やかに女っぽく。 スカート(ペチコートつき)¥29,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)ビターな麻のブラウンがシック。すそにボリュームが生まれる美シルエット。 スカート¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ)※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますきれい色が目をひく一枚。 スカート¥24,000/ガリャルダガランテ ルミネ新宿店(ガリャルダガランテ) ⑥夏ならではのファッション&生活Q&A自宅時間が増えたこの夏。今季ならではのファッション&生活に関するお悩みに、スタイリスト・大草直子さんが回答!  Q1.トレンドのショートパンツに挑戦したいです!A.表情のある素材が◎。脚の素肌感にも手を抜かないで。 「大人のショートパンツは、パンツの素材感と、ヘルシーな素肌感で着こなしましょう。ツヤのあるコットン、ドライなリネン、スエードやレザー素材など、リッチで表情のあるテクスチャーを。肌の色、質感も印象を左右するので、ほんのり色づく微細なラメ入りクリームやボディ用のファンデーション、セルフタンニングクリームもおすすめです」ミリタリーアイテムのグルカパンツのハーフパンツ仕様。ツヤのある上質なコットン素材を使用することで大人の雰囲気をキープ。ショートパンツ¥68,000/マディソンブルースラックスを膝丈でカットしたようなシルエット。太ももをすっきりと見せ、腰まわりはゆったり。着こなしやすさも抜群。ショートパンツ¥26,000/アーリ(アーリ)(右上から時計回りに)フェイスとボディ両方に使えるマルチユースなハイライター。汗や水にもくずれにくく、くすみのない美しい肌をつくってくれる。ディオール バックステージ フェイス&ボディファンデーション 2N ニュートラル 50ml ¥5,100/パルファン・クリスチャン・ディオール(ディオール) UVカットしながら、潤いを与えるクリーム。ほんのりと色がつき引き締まった印象に。繊細なラメが素肌を美しく演出。RMK ボディクリームUV SPF47・PA+++ 100g ¥3,500/RMK Division(RMK) 日射しを浴びず、ジェルで手軽に自然な小麦色の夏肌に。セルフタンニング インスタント ジェル 125g ¥4,000/クラランス(クラランス)  Q2.ヨガウエアなどのスポーツアイテムをデイリーに取り入れたい!A.シックな柄ものをアクセント使いにしてみて。 「運動目的のアイテムなので機能性も高く、夏は特にデイリー使いもいいと思います。単色より柄ものがベター。ブラトップは見えても気にならないのでデイリーにも、露出の多い夏服にも◎。タイツはワンピースに合わせれば、柄が新鮮なアクセントに」上品な色使いのフェザー柄。タイツはサイドにカーキ系カラーのライン入り。脚長効果にもひと役。 タイツ¥8,900・ブラトップ¥6,900/ナージー(ナージー×アリシアスタン)ノースリーブトップスはバックにロゴ入り。接触冷感素材で、UVカット機能も。サイドのディテールがアクセントになって、水着やブラトップに合わせてもスタイリッシュに決まる。 カットソー¥6,900/ナージー(ナージー×アリシアスタン)  Q3.ちょっとそこまでのお出かけでも、素敵に見せてくれるエコバッグ以外のバッグは?A.この夏は、ネットバッグがおすすめです! 「最近気に入っているのが、コットンのロープをざっくりと編んだようなネットバッグ。エコバッグよりもシックに合わせられ、カゴバッグよりも存在感が新鮮。涼やかで、夏のおしゃれにちょうどいいアクセントになってくれます」バッグ 各¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(メゾン エヌアッシュ パリ)  Q4.ボリュームの出やすい白の服。すっきりと見せる着こなしのコツは?A.わきをすっきりと補整するブラジャーを選びましょう。 「わきをしっかり締めてあげることが秘訣です。サイズが小さかったり、バンドの細いブラジャーはお肉がはみ出したり、段差をつくってしまうのでぜひ見直してください。バンドの幅は広く、わきのお肉をしっかり閉じ込めてくれるものを。見た目の印象がガラリと変わります」伸びても、ひねってもずり上がりにくいサイドクロス設計で抜群のフィット感。バック素材は通気性のよいチュールパワーネットを使用し、カップ内側は吸汗速乾素材で快適な仕様に。 ブラジャー¥3,600/ワコール(Wing Date.)Tシャツ¥5,500/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) スカート¥58,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(マラ ホフマン) ネックレス¥82,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) リング(人さし指)¥160,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) リング(中指)¥58,000/ショールーム セッション(マリハ)  Q5.まとめ髪のアレンジ方法を教えてください。A.「こなれ感」に「奥行き感」を加えたアップスタイルとハーフアップが大人向き。 「アップスタイルの決め手は前髪。額のきわからと、耳までの間にもうひとすじ残すことで、顔の側面に流れが生まれ、奥行き感が。ハーフアップは、耳の後ろからすくい上げて。テール部分はひねりながら結ぶと自然なニュアンスが簡単につくれ、立体感のあるこなれたアレンジスタイルに。ケアアイテムは毛先と根元にだけ使っています」ブラウス¥22,000/プルミエ アロンディスモン ピアス(右)¥115,000・ピアス(左)¥71,000/エスケーパーズオンライン(マリア ブラック)(右から)髪の根元に軽くポンポンとつければ即ふんわり。保湿と消臭効果も。FFPパウダー ¥1,800/かならぼ(Fujiko) 軽やかなニュアンスが簡単につくれるオイル。N. ポリッシュオイル 150ml ¥3,400/ナプラ(N.)  Q6.夏はどんな香りをまとっていますか?A.ウッド系のドライな香りを選びます。 「夏は色気と知性が溶け合ったようなウッディノートを。そしてこのバングル(写真一番上)も秘策。香水を直接吹きつけると香りをキープできるんです。取りはずせば香りも脱げるし、汗ばむ季節にも香りをコントロールできて便利!」(上から)バングル¥28,000/レ・リーフ(kaori wear) トバリ ホワイト ストレージ オードパルファン 100ml ¥15,000/トバリ(トバリ) オー ド トワレ ヴェチヴェリオ 100ml ¥17,000/ディプティックジャパン(ディプティック)  Q7.日焼け止めと日焼け後のアフターケアはどうしてますか?A.しっかりと「投資」して「厳選」しています。 「お肌にはとっても申しわけないという気持ちはあるのですが、やっぱり日焼けしている肌が好き! こればかりは投資だと思って、UVケアは最高峰のアイテムを。シャワージェルも専用のものをチョイス」(右)サンレイヤ G.E. SPF50+・PA++++ 50ml ¥27,000/シスレージャパン(シスレー) (左)アフターサン シャワージェル 150ml ¥3,700/クラランス(クラランス)  Q8.汗ばむ夏、お家で洗濯するときのおすすめの洗剤は?A.デリケートなもの、デニム、汗抜きなどのポイント用、と用途に合わせて選んでいます。 「素材、どこを洗うか、そして香り。ポイントを絞って使い分けています。デニムウォッシュはゴワつきを軽減。安心な洗剤として選んでいるエコストア。エコベールはブラシつきで便利。エマールはお家での洗濯の可能性を広げてくれました」(右から)デニムウォッシュ クラシック 475ml ¥2,800/ザ・ランドレス デリケート&ウールウォッシュ(おしゃれ着用) 500ml ¥680/エコストアジャパン(エコストア) エコベール ステインリムーバー 200ml ¥1,000/ジョンソン(エコベール) エマール リフレッシュグリーンの香り 500ml(オープン価格)/花王(エマール)  Q9.シャツなどの日の汗対策、どうしていますか?A.パッドつきキャミや進化している機能素材を賢く選んで! 「汗の季節のインナー問題はよく質問をいただきます。私はノーケアですが(笑)、シャツやお仕事の日には気になりますよね。おすすめは年々目を見張るほど進化している機能素材。わきの汗パッド、接触冷感、速乾、天然綿混などいろいろ選べます」薄くて軽い、綿混のシャリ感のあるリブ素材。抗菌防臭効果も。 キャミソール「スゴ衣 薄い、軽い、涼しい」¥3,600/ワコール高機能でかつ希少な「天綿」混でしなやかな肌ざわりを実現。 キャミソール「スゴ衣 肌あたりやさしい」¥3,800/ワコール人気の「アセトリブラキャミソール」は充実の快適機能とストレッチ性もある素材で着心地も楽。汗とりパッドが少し大きくなり吸収力がさらにアップ。 キャミソール¥1,990/ユニクロ  Q10.夏にこそおすすすめのバスアイテムは?A.バスソルトで発汗と浄化を。爽快な香りも欠かせません。 「『デッドシー』のバスソルトは驚くほど汗をかき、代謝がアップ。冷え対策にも、一日のリセットのためにも必須です。ストライプデパートメントで購入したペパーミント系のシャワーオイルを加え、深呼吸しながら入浴します」(右)高い殺菌力をもつユーカリやペパーミント、ティーツリーの清浄な香りですっきりと。ブリーズ バスアンドシャワーオイル 55㎖ ¥7,800/シュウエイトレーディング(アロマセラピー アソシエイツ) (左)死海から採取した天然100%の最高級バスソルト。だるさを癒し、むくみや冷えにアプローチ。ジョルダニアン デッドシー ソルト 500g ¥4,200/BARAKA(BARAKA)  Q11.暑い夏の夜。おすすめの快眠グッズを教えてください。A.ずばり、枕にこだわり!頭の熱を発散させるだけで涼やかに。 「特殊素材のエアループで熱をため込まない枕なので、頭が涼やか。そのおかげで眠りの質がぐっと上昇しました。自分の頭の形に育っていく枕で、フィット感も◎。トライ&エラーを続けてきた枕選び、ようやく自分の相棒が見つかった気がしています」静脈状に張りめぐらされたループ状の再生素材で、頭をフィットさせながら、睡眠中にこもりがちな熱を放出。より涼やかに、より深い眠りが手に入ると好評。カビもダニも発生しにくく、丸洗いでき、お手入れが簡単なのも人気の理由。 BRAIN SLEEP PILLOW ¥30,000/ブレインスリープ  Q12.自分でもきれいに仕上がるネイルポリッシュってありますか。A.ukaのベースコートが優秀です! 「私も10年ぶりに自分で塗りました。服がカジュアルになったので自爪の延長でちょうどいいかなって。美容液成分を配合した『uka』のベースコートは本当に優秀。透明感のあるあいまいな色みがきれいで、手もと全体を美しく見せてくれます」 肌なじみがよく、爪をいたわりながら色を楽しめる秀逸なベースコートとして発売以来大人気。グレイッシュで絶妙なカラー展開で、単色をそのままでも、塗り重ねても。異なる色をレイヤードさせればカラーバリエーションも自在に楽しめる。 uka color base coat zero 10ml(右から)10/0・9/0・6/0・1/0 各¥2,000/uka Tokyo head office(uka)  Q13.マスクの日のリップケアとリップメイク、どうしてますか?A.リップスクラブでケアしています。口紅のかわりに、リップオイルが便利。 「リップスクラブでカサつきをオフし、唇の状態を整えます。そして、リップオイル。ぷっくりとつややかで、血色よく見えるのが◎。色を足したいときはリップステインも便利」(右)ウォーターリップ ステイン 7ml 01 ローズウォーター¥3,000・(中)コンフォート リップオイル 7ml 05 タンジェリン・(左)同 03 レッドベリー 各¥3,200/クラランス(左から)「リップスクラブシャス」フルーツ オブ パッション(M・A・C)・「ピュア カラー エンヴィ スムージング スクラブ」(エスティローダー)/大草さん私物  Q14.夏はどんなパジャマを選んでいますか?A.気持ちが少し上がるような、フェミニンなものが好きです。 「『プライベート スプーン クラブ』のこのパジャマは、ソフトリブニットでリラックスできる着心地。広く深めなスクエアネック、パフスリーブのフェミニンなディテールがくつろぎの時間にも気分を上向かせてくれます」なめらかな肌ざわりのソフトリブニット素材。デコルテを美しく、肩を華奢に見せてくれるデザイン。トップスと別売りになったボトムはワイドパンツのほか、レギンスも。 パジャマ(トップス)¥8,900・パジャマ(パンツ)¥8,900/プライベート・スプーンズ・クラブ 代官山本店(ピー・エス・シー)   Q15.家飲みの、おつまみとサマードリンクのレシピをぜひ!A.夫、チャーリー特製のトルティーヤは絶品!「スプリッツァー」「フルーツモヒート」も簡単に作れて、夏に最適! 「彼は南米系のお料理もですが、実は和食も上手でおいしい! 手間をいとわず、とてもていねいに作ってくれるので、お料理も飲み物もゲストから大好評です。本当にいつも感謝しかありません♥」シェイカー¥16,800/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン)「このトルティーヤは、牛のスネ肉を30分ほど煮込んで、パプリカ入りのトマトソースとあえたもの。ガカモーレ、煮込んだビーンズも手作り。あり合わせのものでカジュアルに作ってくれるのも美味!」《フルーツモヒート》 ラム酒(35㎖)、炭酸水(200㎖)、ブラウンシュガー(ティースプーン1杯)、かぼす(1/2個)、スライスしたキウイ(4〜5枚)全部をシェイカーへ。かぼすは搾って、皮ごとそのまま入れる。フルーツをつぶし、氷を入れてからシェイク。グラスに注ぎ、仕上げにスペアミントの葉を添えて。「簡単で見映えもよく、お酒でビタミンCが摂取できて◎。フルーツはあるもので大丈夫です。柑橘系と、甘さの強いマンゴーとパイナップルなどの組み合わせは女性のゲストに大人気!」。 《スプリッツァー》 白ワインと炭酸水は同量ずつ。氷を入れたグラスに注ぎ、カットしたレモンをグラスに飾って完成。レモンは搾らず、浸して香りを楽しむ。「トニックウォーターの感覚で、ビールやワインより、うんと軽め。BBQなどを準備したり、お料理を作りながら気軽に飲むのにぴったり」。    ▲【50代の夏のおしゃれにファイナルアンサー!】トップに戻る撮影/最上裕美子(人物) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/清水ヤヨヱ(+nine) モデル・スタイリスト・本文/大草直子 取材・原文/松井陽子 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。 ※エクラ2020年8月号掲載
  • 基本パンツ派の私ですが、この夏のワードローブは圧倒的にスカートが増えています。中でも人気のマキシ丈はフラット靴と相性がよく、どんなシルエットのスカートでもこなれて見えるので重宝。さらに一年を通して着られる素材も多いからここ数年の私的定番になっています。坪田あさみ エディター・ライター坪田あさみ エディター・ライター大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんインテリア好きとしても知られる。3年前に東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店サンダウナー 東京オムレツも経営する。   @asamit1201 @sundownertokyoomuretsu   ミモレ丈スカートが数年前に流行りましたが、実はあれって普通のスタイルをしている私たちにとって、とても難しいアイテムだったなと今頃実感しています。 当時からうまく着こなせなかったからか自然と出番が減り、何枚か持っていたものの結局ほとんど断捨離してしまいました。次にまた流行っても私はもう買わない気がしています。    その後、スカート丈のトレンドはどんどん長くなり(不景気と連動しているといいますがその通りなのでしょうか?)、ロング丈を通り越しここ数年はマキシ丈が大人気。 個人的にはマキシスカートって使いやすくて素晴らしいなと実感しています。 そして気づくと私のワードローブにあるスカートはほとんどがマキシ丈になっていました。   ▲タイトめのストレートシルエットから、フレア、ラップ、裾フリル、プリーツ、プリント、チュール、レース、光沢、リネン・・・とどんなだけマキシ好き!? と自分にツッコミたくなるぐらいありました。そして毎日のように活躍している理由は、フラット靴でもバランスよくこなれて見えることが大きいかなと思います。   スカート/(左から)カオス、マディソンブルー、チノ、エブール 、カオス、ドゥロワー  マキシ丈の素晴らしいところは、身長にかかわらずどんな人でも着こなしやすいこと(背の低い人はロング丈を買えばマキシ丈になるので買いやすいですし)。私はマキシワンピースも大好きですが、こちらは着る人の身長と合わないと難しいのでスカートの方が万人向けだと思います。    そして誰もがヒールなしの靴でバランスよく見える! これ最高です(特にビーサン率が高くなる暑い夏は重要)!    今のように暑い時期は自然とワンツーコーデが多くなりますが、Tシャツやタンクトップ、シャツなどとさらっと合わせるだけで様になるというのもうれしいところ。    マキシ丈は布の面積自体が多いから、きれい色や柄、レースやチュールなどそれだけで存在感があり、他のものを細々と合わせなくてもメリハリがつくから間が持つのかもしれませんね。 つまりおしゃれが簡単、テクニックがいらないということ!   ▲ストレートシルエットのスカートもマキシ丈がお気に入り。メンズライクなロンTやスニーカーとの合わせなら普段とイメージを変えて着られます。ボリュームのあるスニーカーともバランスよく着られるのもいいところ。  スカート/ブルーバード ブルバード ロンT/ユニクロ 帽子/ニューマンハッタン ピアス/マリハ バッグ/ヘリュー バングル/ティファニー 靴/ナイキ  ▲ノースリーブトップスとマキシスカートのワンツーコーデ。つやっとした素材だから、Tシャツとの合わせもカジュアルになりすぎず、大人っぽく決まります。ブルー系で統一しワントーンコーディネートに。   スカート/カオス トップス/エイトン ピアス/マリハ バッグ/ミフコ ストール/マニプリ 靴/フォエバー トゥギャザー  そして素材にもよりますが、割と一年を通して着られるものが多いのもマキシスカートの特徴。   地面すれすれの丈のものが多いから梅雨の時期は無理でしたが、それ以外は夏も冬も一年を通して同じスカートを履いていることがよくあります。つまりシーズンレス! (アパレル業界はシーズンレス、シーンレスな服が主流になりつつあり、手間のかかる衣替えをしたり、オンオフで服を着分けないことで無駄をなくす方向に動いています。忙しいアラフォー世代にとってとてもよいことですよね。TPOはもちろん大切だけど、季節やシーンを限定してしか着られない服ってだんだん少なくなっていくと思います)    端境期でちょっと肌寒いなという時は、レギンスを仕込んでおけば、素足でも辛くないし、冬ならタイツとブーツで防寒すれば完璧。 むしろニットやウールのトップスが多くなる季節に厚手のスカートを合わせると全身が重い印象になりますが、軽い素材のマキシならバランスよく着られます。  ▲このスカートはおそらく秋冬ものとして購入した記憶が。素材的に全然冬っぽくないので夏も気にせず着用(冬は黒いタートルニットと合わせていました)。柄にインパクトがあるのでTシャツとのシンプルな合わせも、おしゃれをしているように見えて便利。    スカート/イウエン マトフ トップス/エイトン ジャケット/カオス 帽子/ラック オブ カラー バッグ/ミフコ サンダル/パルマ バルセロ  ▲こちらもドット柄でインパクトのあるスカート。裾がフレアになっているのでマキシ丈ながら軽やかです。ウエストゴムで楽ちんなのも夏にぴったり。こちらもブーツと合わせて着れば、いち早く秋を先取りできそう。   スカート/スピック&スパン×ヌキテパ トップス/エリオポール ジャケット/カオス 帽子/ユーポン サングラス/ブラン ピアス/マリア ブラック サンダル/ティキーズ   さらに脚が見えないから脚の太さを気にしなくていいのも大人にうれしいですよね(スカート丈と靴によっては足首さえ見えないし!)。膝が見えるぐらい短い丈のスカートが今後もずっと流行らないことを願うばかりです(景気は良くなって欲しいけど!)。    8月に入り暑さはますます厳しくなると思いますが、熱中症などに気をつけて少しでも涼しく乗り切ってくださいね。       【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。
  • なんだか白Tシャツが垢抜けない...そんな悩み、どう解決するの?こんにちは、らんです。梅雨も明けて夏本番。白Tが活躍する季節ですね!でも、アラフォーになると、白Tだけだと「なんだか物足りない...」と感じたりしませんか?ドゥーズィエムクラスの白Tでも、ちゃんと地味にならない方法があるんです!①アクセサリーで盛る!ネックレス、ピアス、ブレスレットで華やかに!②スカーフを有効活用華やかなスカーフ1枚プラスでグッと品良く③ボトムスの色を鮮やかに!色物ボトムスでメリハリを本当は、シンプルに白T、デニム、ビーサンで着こなせれば良いのですが、アラフォーを過ぎると、そのカジュアルさが一歩間違えると、『ただの家着』になってしまいます。でも、ちょっとしたひと手間で、白Tコーデがグッと垢抜けて品良くなります。白Tが似合わない!とお悩みの方、是非お試しくださいね⭐︎美女組No.151 らんのブログ
  • エルメスのアイコニックなモチーフ「シェーヌ・ダンクル」を真っ白なレザーで表現し、ソールのエスパドリーユと見事に融合させたサンダル「アンコーヌ」は、小物のたたずまいが際立つ夏にこそ手に入れたい一足。その魅力を、スタイリスト・戸野塚かおるさんがご紹介!戸野塚かおる(とのつか かおる)戸野塚かおる(とのつか かおる)スタイリスト歴30年以上という揺るぎないキャリアで培われた、洗練された大人のためのスタイリングが圧倒的な支持を集める。ハイセンスな小物や靴合わせにも定評が。個人に向けて行うパーソナルスタイリングも大好評。 Instagram:@kaoru.tonotsuka真っ白なレザーの「シェーヌ・ダンクル」モチーフと、ソールのエスパドリーユが見事に融合して、夏が訪れる喜びを足もとからかきたててくれる、そんな一足に。インソールにあしらわれたレザーパッチの緻密なデザインにも、つい視線を奪われます。エルメスの靴は脱いでもなお美しい! 細部にメゾンのエスプリを感じます。 足の甲をリズミカルに包むのは、メゾンのアイコニックなモチーフ「シェーヌ・ダンクル」。ナッパ加工を施した、純白のラムレザーで表現され、ひときわクリーンな印象に。ソールは伝統的な技法を引用したエスパドリーユ。職人の手の技が織りなす見事なコンビネーションが、カジュアルな足もとにも洗練された存在感を呼び込んで。 「アンコーヌ」¥78,000/エルメスジャポン(エルメス)>>「エルメス」 記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/長山一樹(S-14) スタイリスト/戸野塚かおる 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2020年9月号掲載 
  • 涼しくて動きやすい!ロングスカートこそアラフォーの味方!こんにちは(^-^)ともみゆです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 梅雨が明けて暑い日が続きますね。 涼しさとオシャレを両立したいならロングスカートがオススメ! 今回は、 ベージュのノースリーブTシャツとマスタードイエローのロングスカートを合わせたコーデ。ノースリーブとロングスカートを合わせることでIラインシルエットに。 身長が高くない人でもスラッと縦長に見えます!バッグとサンダルはキャメルの同系色にしてリンク。 ベージュ〜イエローの暖色系コーデなので、アクセサリーはゴールドのボールネックレスをつけました。ネックレスはInstagramで人気の CHIEKO+のもの。 予約受注販売で最近やっと届きました! 最初シルバーを買って、とても使い勝手が良かったので同じデザインのゴールドを追加で購入しました。これ一つで存在感があり、アクセントになるのでお気に入りです!それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました!Instagramもやっています。 こちらもどうぞ宜しくお願い致します! ↓ ↓ ↓◆tomomiyu◆大人のプチプラmixコーデ◆美女組No.163 tomomiyuのブログ
関連キーワード

RECOMMEND