今っぽさが漂う洒落顔に! こじはるが纏う最旬カーキグレイEYE

マキアオンライン

今季のグレイメイクは柔らかみのあるムードにシフト。「MAQUIA」11月号では、小嶋陽菜さん主演で旬のアイテムからHOW TOまでをご紹介。今回はカーキグレイの使いこなしをお届けします!

Image title


カーキグレイ

こなれ感たっぷりのスタイリッシュな仕上がりがカーキグレイの魅力。黄みがかった肌とのなじみが良く、グレイ初心者でも挑戦しやすい点もポイント。カジュアルなくすみ発色で、今っぽさが漂う洒落顔に。

Image title

1 上質なツヤめきに色香がにじむ、アーバンな4色パレット。アイ カラー クォード 05A ¥9200/トム フォード ビューティ 

Image title

2 ディープな発色のグレイをはじめ、品格漂う4色がセットに。アイカラー コレクション 03 ¥5300/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ 

Image title

3 グリーン×ゴールドのパールがモードな眼差しをメイク。ストーンホイップアイズ 01 ¥3500/RMK Division 

Image title

4 透明感を宿した陰影を叶える、静謐なオリーブグレイ。トーン タッチ アイズ 04 ¥3700/SUQQU


Image title

カーキグレイでつくるモダン顔

シンプルにグラデ塗りするだけでイマドキな目元が実現するのは、洒脱なカーキグレイならでは。カジュアルなオレンジチーク&マットリップとも好相性。


-How to-

【EYE】1abを混ぜ、上まぶたのキワからグラデーションになるように丸くぼかしていく。この時、発色が濃すぎるとモード感が強くなり、カーキグレイのこなれたムードが出なくなるので要注意。【CHEEK】頬骨の下から外側に向けて、骨格に沿って2を薄くのせる。メリハリを利かせるというより、顔全体にニュアンスを出すイメージでふわっと纏わせればOK。【LIP】唇の内側に3をたっぷり塗り、全体にぼかし広げて。

Image title

1 辛口な色みを揃えたパレットは、抜け感を残しつつ深みを与える絶妙な発色がお見事。アイ カラー クォード 05A ¥9200/トム フォード ビューティ 2 パール配合でシルキーにツヤめく、ヘルシーな完熟オレンジチーク。チーキーシークブラッシュ 20 ¥3000/THREE 3 ぼかしこんだようにふんわり仕上がる、キャラメルベージュのソフトマットリップ。ルージュ アリュール リクィッド パウダー 974 ¥4200/シャネル



MAQUIA11月号

撮影/峠 雄三(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/真島絵麻里 構成/火箱奈央(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

\アスタリフト版のご購入はこちら/


\アベンヌ版のご購入はこちら/

関連記事
  • 名品が私に教えてくれること。第一回目は、憧れのシャネル。この連載と共に、その先の自分自身のStyleの輪郭が色濃くなっていけたらと願っております。 月日の経過によって知性とエレガンスはより深みが増すと思っています。 歳を重ねることの素敵さ。マイナスよりむしろプラスだと感じていたい。 まだまだ50代は進化の過程です。 エクラ読者の方々と共にファッションってやっぱりいいな、オシャレするって楽しいなと思える高揚感を共有できたら幸いです♡ 是非、エッセイの方も合わせてご一読下さいね。
  • コート→M7days/ポケットデザインノーカラーコート/¥29,000+税 ニット→LE CIEL BLEU/Turtleneck Boil Knit TOPS/¥16,000+税 スカート→TICCA/ラップスカート/¥29,000+税 ブーティー→PELLICO/ブーティー/¥57,000+税 バッグ→BELLMER/PIASKI NEW CALF/¥30,000+税       おしゃれ経験値の高さをうかがわせるロング丈のノーカラーコート。 上質ウールにこだわった逸品はゆるく着流しても、きゅっと絞ってウエストマークしても更新感を演出できるはず。 きれい色のタートルニットで気持ちも顔色も一気に明るく、嫌みのない可愛さに。 どこかモード感をプラスしたいときにはミニマムなブーティーを取り入れて。 華奢なヒールが大人の品格をキープしつつ、サイドゴアの表情でこなれた女っぽさが手に入ります。 頑張り過ぎを回避したい、ママ友との忘年会ランチ。 このコーデなら女らしくも甘すぎず、女子ウケ間違いなし(笑)
  • 前回からスタートした、バイヤーが惚れこんでいる人気ブランドとクオリティの高いアイテムを徹底的に取材する、「BRAND feature」。 第2回は、バイヤーmiyajiが惚れこんでいる、2017年秋冬からスタートした靴ブランド”LAURENCE(ロランス)”。代表でありデザイナーの森謙介さんに、スタートして2年という速さで、人気セレクトショップでも大人に女性に支持される理由を取材しました。   整然と美しいアトリエで語るデザイナーの森謙介さん。   「ロランス」をはじめたきっかけ   もともとセレクトショップでメンズのバイヤーをしていて、海外でコレクションブランドから素材までさまざまなアイテムの買い付けをしていました。そこから独立して、2010年から7年間、レディースシューズブランドの立ち上げに携わり、その後、2017年秋冬のコレクションから自身のブランドである「ロランス」がスタートしました。   海外での買い付けなどを通じて、靴を買ったときの高揚感や、所有欲を満たすドメスティックブランドが、日本ではまだまだ少ないのでは?と感じました。世界に誇れる日本のものづくりを追求しながら、同時に手にした時に高揚感を得られる靴をつくっていきたい、その様に感じたことがきっかけです。   手にするだけで心が踊る愛らしい赤い「BEACH」。   ブランドの名前の由来   嘘でもなんでもなく、ふと天から降りてきたんです(笑)。あとから調べてみたら、『LAURENCE ANYWAYS』という人間の内面の美しさを描いたフランス映画があり、物語で描かれているような、心の美しさを大切に考えるスタイルある女性に愛されることを願い、デザインしています。   「ロランス」の一番のこだわり   デコラティブな装飾性はなく、カットやライン、素材など、男性デザイナーならではの細部にこだわったデザインが特徴です。以前は、レディースシューズもフェミニンなものが主流でしたが、最近はメンズライクな装いも定着し、クオリティコンシャスで、しっかりとしたものづくりが評価されるようになってきました。時代性はもちろん意識しますが、トレンドに流されないスタイルのあるものを作っていきたいですね。購入した方に長く大切に履いていただけるように、その様なイメージです。「シルエットを操る靴」を最も大切なテーマにしていて、履いた足元、立ち姿まで美しく見えるのが一番のこだわりですね。   こちらは、この春新作のポインテッドスクエアの木型で仕上げた、タッセルフラットミュール『BEACH』です。 端正な表情が印象的なホワイトの「BEACH 」。   こういうスリッパタイプの靴は、かかとがついてこないことが多いのですが、これは甲の部分を深くし、後ろまでカットラインを伸ばしているので、驚くべき履き心地なんです。サイド部分を見ていただくと、アッパーのカットラインとヒールがつながっているように見えるので、造形のバランスが美しく、足もちゃんとついてくるので歩き姿もエレガントです。また、タッセル部分も、剣先のような切りっぱなしのものが主流ですが、革を二重にししてハサミを入れることで、先を丸くフェミニンなディテールに仕上げているところも特徴です。 クラシックエレガンスを感じる一足。 トレンド感あるスクエアトゥは、つま先を圧迫せず歩きやすい。 アッパーからヒールへ繋がるカットライン。 大人可愛いタッセル。   ロランス『BEACH』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3606340235FS?aid=mg_article_uchiyama     ベストセラーのパンプスの魅力   足当たりのとても柔らかい山羊革を使用してます。4センチヒールって、ややコンサバになりがちですが、ヒールに横幅をもたせ、ヒール内側に空間アーチをデザインすることで、ベーシックになりすぎない抜け感を演出しています。見た目はスッキリとしていながら、リフト面を大きく、チャンキーヒールと同じぐらいの安定感と、ロランス独自の足裏全体に沿う、木型から生まれる包み込むような履き心地が魅力の一足です。 ほどよいモード味を備えたプレーンパンプス。 キッドスムース革特有のシボ感がモダン。 歩いても疲れない横幅のあるオリジナルヒール。   深い履き口と白と黒のデザインのこだわり   今のトレンドの服は、今までのプレーンなパンプスだときれいすぎてバランスが取りにくい。でもこの深いカットのデザインなら、オンにも履けるし、オフにも履ける思います。例えば、トレンドのワイドパンツとかにも合いますよね。 幅広いシーンに活躍する万能の2足。   色は白と黒です。白いパンプスは汚れやすいし、足元だけ浮くのでは?と敬遠されがちですが、アイボリー調のキッドスムースは、洋服ともなじみ、スタイリングに溶け込みます。つるっとしたレザーだと授業参観ぽくなってしまうので、適度なシボ感のあるキッドスムースレザーは最適です。程よいモード味もありながら、これなら冠婚葬祭にも使えますよ。   ロランス『MOCK ARCH 40』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3606320135FS/?aid=mg_article_uchiyama   サンダルも履きやすいと評判   マニアックな話ですが、普通のレディスシューズは、シンプルに吊り込まれた靴が一般的。が、これはメンズのシューズのように張り出し感がり、底面にボリュームが生まれ、表情豊かに見えるのが特徴です。ステッチも普通の縫い方ではなく、拝みのステッチを採用しました。革を中底に巻き巻み、その後ミシンで中底まで縫うので、独特のぷっくり感が出ているでしょう?また、ヒールも本革を重ね高級感が際立ちます。しかも、このソールは、独自に開発したロランスオリジナルのハイブリットソールで、濡れた路面も歩けるし、滑らないんです。目に見える部分は本革でクラス感を演出し、ソールは機能性を考えて合成底にするなど、理にかなった機能美を心がけてます。 こだわり部分を熱く語る森さん。靴への愛情が溢れて。   中底がきれいに巻き込んだソールの美しさに注目。   こだわり部分を語ると多すぎて、キリがないのですが、さらにもうひとつ(笑)。ブランドの刻印を足の乗るところににプリントする場合、多くは中底に革を巻き込む段階で歪んでしまうので、後からブランド名を刻印した別のパーツをのせることが多いのですが、ウチは高い技術を持つ職人さんに手掛けてもらっているので、最初からブランド名を刻印した革を巻き込み様にしています。サンダルは素足ですので、中敷きにステッチを施さず、足当たりからくる心地よさを大切に考えています。 細部のつくりにこだわったサンダルは気品が宿る。   カジュアルなフットベットサンダルもエレガント   こちらは、最高級のベビーカーフを使用し、フットベッド全体もスムースレザーで包んだとてもリュクスな一足です。パンプス同様に白でもアイボリー調なのでなじみやすく履きやすい。コバ部分にはゴールドのラインを職人技で施しアクセントにしています。足裏に触れるフッドべッドは、柔らかいスムースレザーで包んでおり、履き心地も抜群。どの角度から見ても美しく、カジュアルなデザインですがとてもエレガントで、高級感を感じていただけると思い増す。ソールは前部分を2センチ、かかと部分を4センチと緩やかな傾斜をつけているので、歩きやすく、適度なボリューム感は、その対比から足も細くきれいに映し出します。 黒のソールがアイボリーを品よく引き立てて。   4センチのヒール高がスタイルを美しく見せる鍵に。   さりげなく配したゴールドのラインがお洒落のアクセント。   靴下を履けばオールシーズン活躍してくれる便利サンダル。   上品なベージュ色のストラップはきれいな型押しレザーで。   ロランス『FB CROSS SANDAL』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3409930002FS/?aid=mg_article_uchiyama     メイド・イン・ジャパンのこだわり   LAURENCEの靴はすべて東京の工場で、職人に手によって作られます。ロランスのクオリティを満たす、細部にこだわった靴をつくれる職人はごくわずかなのが現状です。その様なすばらしい職人に「ロランスの靴を作っている」と誇りを持っていただけるようなブランドに成長させることが私の使命です。モデル数をたくさん増やすのではなく、1点1点の完成度を高めて本当によいものを作っていきたいと思います。 どちらも長く愛せるエレガントなベーシックカラー。   親指ストラップのヌーディなデザインも安定感抜群。   白いステッチをアクセントにした実用美を兼ねたデザイン。   カジュアルなサンダルなのにこんなにもエレガント顔。   ななめにカットした甲のストラップが美脚に見える秘密。   ロランス『TERRANEA 15』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3606360135FS/?aid=mg_article_uchiyama     トレンドではなくスタイルを大切に考えます。 スタイルとは様式ですので、作法や文化などを大切な要素に、これからも現代女性にふさわしい靴を真摯に手がけていきたいと思います。(森謙介さん談)   LAURENCE (ロランス)2020年春夏コレクションをチェック↓ https://flagshop.jp/fs/shop/r/r24696/?aid=mg_article_uchiyama       撮影/吉岡真理 文/土橋育子 構成/内山しのぶ        
  • ヘア&メイクアップアーティストの中嶋竜司さんがサザビーリーグとともに、新ブランドGRIDをプロデュースしました。おすすめは、ナチュラルなツヤ肌をつくるベースメイクアイテム。誰の肌にも合う色設計で、大人の素肌美を演出したい人に。GRID[右から]ハイライトチーク(テラコッタ)¥5,500・スキンヴェール(クリア)¥5,000・カラーコントロールコンシーラー¥6,800・モイスチャープレストパウダー( 01)¥ 6,000※ロンハーマン各店、伊勢丹新宿店とオンラインで発売中問い合わせ先=サザビーリーグ ☎03-5412-1975撮影/久々江 満 原文/中込久理
  • 黒タートルのレイヤード&ウエストマークで茶系ワントーンにメリハリを!はくだけでおしゃれしてる感の出せるチェック柄ワイドパンツに、腰まわりがカバーできるニットチュニックを合わせて、楽ちんかつ新鮮なバランスコーデに。ウエストマークできるベルトを縦に垂らせば、太めパンツもすらっと美スタイル見え。さらにインの黒タートルと足もとの黒ローファーでメリハリ感もアップさせて。平日コーデがぐっと大人っぽく格上げできるブラウンのワントーンなら、ちょいお疲れモードの金曜だっておしゃれに抜かりなし!ベルトつきニット¥5580/ViS タートルニット¥12000/ルーニィ パンツ¥39000/グッドスタンディング(リノ)靴¥7200/ロコンド(イリマ) バッグ¥13000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス 時計¥22000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(オリビア・バートン)鈴木友菜の【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡原文/鈴木絵美 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/鈴木友菜 スタイリスト/高野麻子
  • 【2019冬のおしゃれなユニクロ・GUコーデ特集】プチプラでおしゃれが叶う『ユニクロ』『GU』は、今季も注目のアイテムが勢ぞろい♡ ニットやワイドパンツなどを取り入れた最新ユニクロコーデ・GUコーデをチェック♪ [目次] 【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『ユニクロ』でつくる冬コーデ 【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『GU』でつくる冬コーデ 【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『ユニクロ』『GU』のおすすめアイテム ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『ユニクロ』でつくる冬コーデ《2019冬のユニクロコーデ》「黒ニット」でつくるレイヤードコーデ残業なし&夜の予定なしで帰れる日は、シンプルニットとロングスカートの気負わないコーディネートが気分。黒×赤ってだけで印象的に仕上がるから、しゃれ感を盛る時はあくまでも”ちょこっと”ずつ。手持ちのトラッド小物を足したり、袖口や裾から柄シャツをチラ見せしたり。それだけで”ちゃんとおしゃれしてる感”3割増しになるってすごい! 仕事が終わったらスーパーに寄って、お家でごはん。そのあとはDVDを観て......。たまにはのんびり過ごす平日の夜もいいかも♡ニット¥2990/ユニクロ シャツ¥24000/HEMT PR(コロノジカ) パンツ¥17000/ザ テント代官山店(マルシャル・テル) 靴¥19000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥8990/ロコンド(MANGO) メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥2700/AKTE リング¥12000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》“エクストラファインメリノ”シリーズの「リブタートルニット」でつくるコーデ主役も名脇役も柔軟にこなす黒のリブタートル! 『ユニクロ』で毎年大人気の“エクストラファインメリノ”シリーズ。この冬からウール100%でありながら洗濯機洗いが可能で、しかも毛玉ができにくい特殊加工が。着回し頻度の高い黒タートルにうってつけ。ニット¥2990/ユニクロ パンツ¥17000/ハリウッド ランチ マーケット ピアス¥12000/フォーティーン ショールーム(ププティエ) スカーフ¥23000(参考価格)/アマン(アルテア) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「白タートルニット」でつくるコーデグレーのワントーンで知的なムードを底上げ。ニット¥29000/スローン タートルニット(一部店舗のみ販売)¥8990/ユニクロ パンツ(10月中旬発売予定)¥9990/プラステ バッグ¥17000/フィールアンドテイスト メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33) スカーフ¥3490/バナナ・リパブリック →2019冬のユニクロコーデを詳しく見るてろてろキャミワンピにはレギンス感覚で合わせて♬ 薄手の素材ならずっしり重たくならず、“レギンスのちょっと先”にぴったり。パンツ¥9800・ワンピース¥6900/ココ ディール ニット(一部店舗のみ販売)¥8990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) Gジャン¥28000/ボウルズ(ハイク) 靴¥16000/ジネス ペリエ千葉店(チアキ カタギリ) バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) カチューシャ¥500/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「黒ワンピース」「小花柄スカート」でつくるコーデシンプルニットワンピは、裾に+1で差をつけて! 裾から小花柄スカートをチラ見せしたら、印象ガラリ。こんなにも華やかで今っぽく。スタイルよく見せるなら、バッグやベルトでウエストマークを忘れずに!ワンピース¥3990・手に持ったシャツ¥1990(2点ともユニクロ)・スカート(一部店舗のみ販売)¥3990(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ 靴¥12000/ビームス ライツ 渋谷(ジェーヴィエーエム) バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「シャツ」「ニット」「スカート」でつくるコーデアウター使いもできる厚手のシャツは今季のマストハブ。前を閉じて、からし色のタートルをのぞかせて。同じく黄色みのスカートとでまとまりあるコーディネートに。シャツ(一部店舗のみ販売)¥4990・スカート¥2990(2点ともユニクロ ユー)・ニット¥8990(ユニクロ)/ユニクロ 靴¥9990/ランダ バッグ¥24000/アンパサンド イヤリング¥1700・リング¥2100/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「コート」「ブルゾン」「パンツ」でつくるレイヤードコーデきれいめとスポーティのいいバランスをレイヤードで。端正なトレンチコートの下にアウトドアなブルゾンを入れて。それだけでおしゃれ心感じるスポーツMIXスタイルに。コート(一部店舗のみ販売)¥14900(ユニクロ ユー)・ブルゾン¥5990(ユニクロ)・パンツ(一部店舗のみ販売)¥3990(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ 靴¥5990・バッグ¥8990/ロコンド(MANGO) イヤリング¥2300/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥9500/ソムニウム →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「ニットコート」「パンツ」など、ほぼ全身ユニクロでつくるレイヤードコーデ凜としたシャツコートをニットアウターで休日仕様に! ボーダーとデニムでパリっぽくコーデ。ニットコート(一部店舗のみ販売)¥4990・パンツ(一部店舗のみ販売)¥3990(2点ともユニクロ ユー)・シャツコート¥3990・べルト¥2990(2点ともユニクロ)・カットソー(一部店舗のみ販売)¥1990・帽子(一部店舗のみ販売)¥1990(2点ともイネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ 靴¥27000/パンプスメソッド研究所 バッグ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥3000/サンポークリエイト →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「ジャケット」「コート」など、ほぼ全身ユニクロでつくるレイヤードコーデジャケットとならスポーティなコートも品よく洗練される。トーンを合わせてまとまりを出すのも忘れずに。コート(一部店舗のみ販売)¥12900(ユニクロ ユー)・ジャケット(一部店舗のみ販売)¥9990・パンツ(一部店舗のみ販売)¥5990(2点ともイネス・ド・ラ・フレサンジュ)・スウェット(一部店舗のみ販売)¥1990(ユニクロ)/ユニクロ 靴¥23500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥21000/ビームス ライツ 渋谷(ハブファン×ビームス ライツ) イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「ロングカーディガン」でつくるコーデもこもこカーデ×ワンピースは普遍的に可愛いけれど、こんな時こそ小物使いで差をつける。たとえば今年ならネクタイみたいにたらすロングスカーフとか。カーディガン(一部店舗のみ販売)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ワンピース¥6990/イェッカ ヴェッカ 新宿 靴¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥7900/ローズ バッド(SHAJUKY) ピアス¥9500/フリークス ストア渋谷(ヴェラッティ) スカーフ¥15000/フラッパーズ(マニプリ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「パンツ」でつくるコーデ小面積の白が生む絶妙な軽やかさで、ブラウンがもっと素敵に、身近になる。全身がブラウンでも老けて見えなくて、ゆるシルエットもぼやけない。“ちょっとの白”って最強!スウェット¥23000/グッドスタンディング(リノ) パンツ¥2990/ユニクロ Tシャツ¥9500/スローン 靴¥26000/グラストンベリーショールーム(カットワース) バッグ¥18000/ロードス(トーヴ) カチューシャ¥300・イヤリング¥1400・ネックレス¥1000/お世話や メガネ¥33000/アイヴァン PR ストール¥20000/シップス 大宮店(ベビモ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「シャツ」「カットソー」「パンツ」でつくるコーデシャツの前は途中まで閉じてウエストインし、袖は大きめにたくし上げて。色は茶系で統一。普通のアイテムたちをレイヤードで素敵に。シャツ(一部店舗のみ販売)¥2990・パンツ¥3990(2点ともユニクロ ユー)・カットソー¥1500(ユニクロ)/ユニクロ バッグ¥8990/ロコンド(MANGO) ターバン¥1500・ネックレス¥5600/サンポークリエイト(アネモネ) ピアス¥9800/UTS PR(ルフェール) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「フレアスカート」「モックネック」のニットセットアップでつくるコーデシャツジャケットとならトレンド感たっぷり! 可愛げのあるセットアップとなら、シャツジャケットも着やすく品よく映る。楽ちん、でも旬を押さえて写真映えするコーデだから、旅行にうってつけ! ブルーのブーツを爽やかなアクセントに。ニット¥2990・スカート¥2990/ユニクロ ジャケット¥32000/TOMORROWLAND 靴¥22000/フォーティーン ショールーム(アプローチ) バッグ¥33000/アルファ PR(アエタ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「フレアスカート」でつくるコーデ優雅なフレアラインはフレンチシックにもいい。正統派な着こなしに、小物のさし色で都会的に仕上げつつ。スカート¥2990/ユニクロ カットソー¥17000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) 靴¥24000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥16000/ロードス(トーヴ) 帽子¥6700/CA4LA ショールーム ストール¥2190/ROPÉ PICNIC PASSAGE →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『GU』でつくる冬コーデ《2019冬のGUコーデ》「ニット」「イヤリング」でつくるコーデ洗濯機で洗ってもカシミアライクな風合いをキープ。詰まりぎみのクルーネックに手の甲まで隠れる袖、カシミアニットのような表面感。旬感と高見え力を備えているうえにイージーケアで1000円台! Tシャツ感覚で色違いで揃えたくなる注目ニット。ニット¥1490・イヤリング¥590/GU スカート¥9990/キャン(テチチ クラシック) バングル¥3037/サードオフィス(ROOM) インナー・髪に巻いたリボン/スタイリスト私物 →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「スウェット」でつくるコーデ女性らしさを残したカジュアルにも最適。すっきり色気のあるスカートだから、ボリューミーなアウターと相性抜群。女っぽい仕上がりに。スカート¥11000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) ジャケット¥7264/ザラ・ジャパン スウェット¥1990/GU 靴¥19000・バッグ¥18500/ダイアナ 銀座本店 イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「パレエシューズ」「イヤリング」でつくるコーデ買い出しやリサーチで外出が多い日は、シャツジャケット×カジュアルなパンツでアクティブに。初秋はばさっとはおっていた旬ジャケットだけど、これからの季節はボタンを上まで留めておしゃれに防寒対策。そんな時、首もとや手もとの表情づけに役立つのが、フィット感のある細リブのハイネックニット。辛口コーデの日は黒でとことんカッコよく、わざと抜け感をつくらないスタイルが上級者っぽいでしょ? 一日中歩きまわっても疲れないバレエシューズに白ソックスを挟んで、軽快さをひとさじ♪ニット¥14000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) ジャケット¥7900/レプシィム パンツ¥19000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 靴¥1490・イヤリング(一部店舗のみ販売)¥590/GU バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) ソックス¥1200/タビオ(タビオ) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「カットソー」でつくるコーデ肩がすっぽり隠れるゆったりとしたベストは、サイドをリボンで結ぶデザイン。揺れるスカートと合わせてフェミニンに着られるのがうれしい。ニット¥9800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) カットソー¥790/GU スカート¥8800/ミラ オーウェン バッグ¥28000/ピーチ(ヴィオラドーロ) イヤリング¥9800/UTS PR(ルフェール) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「カットソー」でつくるコーデ美脚見えする美しいフレアシルエットだから、遊びのあるテイストだって品よくきまる。ニットパンツ¥3500/ローリーズファーム カーディガン¥35000/UTS PR(ハチイチブランカ) カットソー¥1490/GU 靴¥19800/オデット エ オディール 新宿店(モヒ×オデット エ オディール) バッグ¥5480/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 帽子¥6000/CA4LA ショールーム イヤリング¥2611/サードオフィス(ROOM) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ローファー」でつくるコーデ長い丈に負けない、ボリュームのある靴が必須! マキシ丈の先に、軽い靴が見えるのはアンバランス。ちょうどいい重みと、旬をあわせ持つローファーをショート丈のソックスとはくことで、ワンピにトラッドの味つけだってできちゃう。きかせ色のターコイズのバッグでアクセントをつくれば、リラクシーなお出かけスタイルが完成。ワンピース¥39000/ビショップ(アンフィル) 靴¥2490/GU バッグ¥12500/ダイアナ 銀座本店 ソックス¥500/タビオ →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ローファー」でつくるコーデシックなグリーンベースにカラフルな花柄、気品あふれる光沢素材で、一枚でも主役を張れるヴィンテージライクなプリントワンピ。だけど、はおりものが欲しい季節はどうすればいい? 答えは「紺ブレ」! なぜなら”可愛さ”に”マジメさ”を足すって今までにない新しさがあるから。ビットローファーでトラッド感を足しつつ、顔まわり小物やファーバッグで遊び心もたっぷりと。きちんと見えて抜群に可愛いって、職場でもデートでも最強じゃない? ジャケット¥17000/ルクールブラン ワンピース¥38000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥2490/GU バッグ¥13000/TOMORROWLAND(BERTINI) ヘアバンド¥1600・イヤリング¥1600・バングル¥2600/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ワンピース」「パンツ」でつくるコーデ今季のデニムレイヤードはブラックを選んでシックに♡ 大人見えにも高見えにも効果的だから、もはや鉄板のワンピ×デニムの組み合わせもブラックデニムで挑戦。フェミニンなベージュのワンピとなら重くなりすぎず、好バランス。キャッチーなバッグを持ったら女子会向けしゃれ感コーデに。ワンピース¥2990・パンツ¥2490(2点とも一部店舗のみ販売)・ジャケット¥3990/GU 靴¥8900/ランダ バッグ¥6990/ロコンド(MANGO) ピアス¥38000/UTS PR(ルフェール) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「コート」「ニット」など、ほぼ全身GUでつくるコーデ二ットをコートの上に重ねる最旬レイヤードをいち早く! まるでニットポンチョみたいに、コートの上から巻きつけて。白ニットなら暗めのアウターに抜け感を出すのにも使える。ニット¥1990・コート¥4990・カットソー¥1490・パンツ(一部店舗のみ販売)¥1990/GU 靴¥7200/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 バッグ¥2990/ロコンド(MANGO) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) 靴下¥1900/ジャーミネイション(ロトト) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ジャケット」「ニット」「スカート」でつくるコーデ秋にゲットしたシャツアウターはジップニットと一緒に冬まで。人気のシャツジャケットを長く着るにも、レイヤードが使える。オーバーサイズであることを生かしてジップアップ型のニットを入れて暖かカジュアルに。ジャケット¥3990・ニット(一部店舗のみ販売、10月中旬発売予定)¥2990・スカート¥1990/GU 靴¥36000/ハリウッド ランチ マーケット(アビレーン) バッグ¥12000/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「カーディガン」「スカート」でつくるコーデレイヤードを同系色にすれば〝切替えワンピ風〟に! ワンピ風にも着られるロングカーデは、パープルの柄スカートを合わせて切替えデザインのワンピっぽく。高見えも狙えておすすめ。ベリー色の靴で色気を足したらデートに着ていきたい装いの完成。カーディガン¥2990・スカート¥1990/GU 靴¥5900/ランダ バッグ¥8000/ルクールブラン ヘアバンド¥1600・リング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ) ネックレス¥14000/ソムニウム 時計¥24500/オ・ビジュー(ロゼモン) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「コート」「ジャケット」「ワンピース」でつくるコーデ人と違うベージュトレンチには、中にカジュアルアウターを。この時期増える“ベージュトレンチ族”から一歩抜け出すには、カーキのハンティングジャケットをレイヤード。メンズアイテムを選ぶことで、ワンピの甘さもマイルドになっていい感じ。コート(一部店舗のみ販売)¥3990・ジャケット(メンズ)¥3990・ワンピース¥2990/GU 靴¥28000(スペース クラフト)・リング¥20000(ルフェール)/UTS PR バッグ¥20800/ショールーム セッション(ヤーキ) ピアス¥1700/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ターバン」でつくるコーデ気になる人からのLINEってなんでこんなに上がるんだろ♡ 休日らしいゴキゲン配色と、ターバン&スニーカーでウキウキな休日♡ベビーピンクのモヘアニット¥33000/ビショップ(リア) オレンジレッドのフレアスカート¥28000/アンシェヌマン(アナディス) 靴¥5800/コンバース ターバン¥590/GU ピアス¥6300/シップス 有楽町店 ソックス¥1200/タビオ(靴下屋) →2019冬のGUコーデを詳しく見るパステルの優しさはそのままに、シックに見せる茶系。サーモンピンクのモヘアニットは、ゲージの隙間から淡いブラウンのTシャツをちらり。ボトムだけ見せたワンピは濃い茶色でグラデ配色に。ニット¥13000/AKTE ワンピース¥29000/ゲストリスト(アッパーハイツ) Tシャツ¥6800/バトナー 靴¥16000/フォーティーン ショールーム(アプローチ) バッグ¥7500/ルクールブラン ターバン¥590/GU ピアス¥20000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) レギンス¥4000/タビオ(靴下屋) →2019冬のGUコーデを詳しく見るどっちもベーシックなのに、重ねたらとっても新鮮! ボーダーにカーデを重ねる要領で、ひと味違うムードが出せる。普通の服の新たな可能性を発見!ニット¥14000/4K(ゴビ) カットソー¥12900/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ルミノア) パンツ¥3580/ViS バッグ¥11000/カージュ ルミネエスト新宿店(マルコ ビアンキーニ) ターバン¥590/GU メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「スカート」でつくるコーデポシェットやバレエ靴、パールでレディに。カーディガン¥11000/ジオン商事(ティテインザストア) スカート¥1990/GU 靴¥16000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥59000/アー・ペー・セー カスタマーサービス スカーフ¥15000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(マニプリ) ネックレス¥10000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) →2019冬のGUコーデを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ』のニット(メンズ)色の深みの絶妙さはメンズならでは。この渋さがおしゃれ。(一部店舗のみ販売)各¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ アンド JWアンダーソン』の2019秋冬コレクション《左》ローゲージクルーネックセーター(長袖)¥3990 《右》ローゲージタートルネックセーター(長袖)¥3990/ユニクロ(ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン)まずは真っ先に買いたいニットから! 左はメンズ、右はウィメンズのアイテムです。シルエットは違いますが、裾にさりげなくあしらわれたデザインはお揃い♡ クルーネックにしようか、タートルネックにしようか……悩みます! →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る《左》ボアフリースフルジップパーカ(長袖)¥4990 《右》スウェットハーフジッププルオーバー(長袖)¥2990/ユニクロ(ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン)続いてはトップス。コート未満のアウターとして使えるもこもこのパーカは、ベージュ地にアイスブルーのポケットが! ハーフジップでちょっぴりおじさんっぽいフォルムが可愛いプルオーバーは、白にアイスブルーのステッチが!! この配色、めちゃくちゃおしゃれじゃないですか!?  →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る《上段》フリンジスカート 各¥3990 《下段左》プリーツスカート ¥4990 《下段中・右》コーデュロイラップスカート 各¥3990/ユニクロ(ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン)実は色違い・形違いで何枚も欲しいのがスカート。フリンジスカートはチェック柄もネイビーも英国伝統の雰囲気が素敵だし、プリーツスカートもクラシカルコーデに絶対使える。コーデュロイのラップスカートは長め丈だからロングブーツを合わせたい! いっそのこと全部買っちゃう!?(笑) →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る《上段》フリンジスカート 各¥3990 《下段左》プリーツスカート ¥4990 《下段中・右》コーデュロイラップスカート 各¥3990/ユニクロ(ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン)実は色違い・形違いで何枚も欲しいのがスカート。フリンジスカートはチェック柄もネイビーも英国伝統の雰囲気が素敵だし、プリーツスカートもクラシカルコーデに絶対使える。コーデュロイのラップスカートは長め丈だからロングブーツを合わせたい! いっそのこと全部買っちゃう!?(笑) →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る《左上から時計回りに》リバーシブル2WAYバッグ ¥3990 ケーブルマフラー ¥1990 ソックス ¥390 ビッグストール ¥1990 ヒートテックニットキャップ ¥1500もちろん小物も見逃せません。ナイロン素材のバッグは、なんとリバーシブル! ハンドバッグとリュックの2WAY仕様です。マフラーやストール、ニットキャップ、ソックスなどどれもクラシカルなデザインで、秋冬コーデを盛り上げてくれるはず! →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のシャツジャケットハットをかぶったマネキンが着ているのは、オーバーサイズシャツジャケット(¥3990)。かなり大きめのつくりなので、ガバッと襟を抜いて着るのがいいみたい。その下はビッグポケットジャケット(¥3990)。こちらは上に比べて丈が短めなので、フェミニン派におすすめ! →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ』のカシミヤニット◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんこの時期は何を着たらいいか悩みどころですが、本格的な冬シーズンを乗り切るのに私が必ず毎年買い足しているのがユニクロのカシミヤニット♡100%カシミヤ素材で、柔らかで軽く着心地がいいです。Vネック、タートルネック、カーディガン、とさまざまなデザインがあるところもポイント☝︎❤︎今年私が買い足したのは人気のコクーンセーターのデザイン。ベーシックなアイテムなのでかなり着まわしできます◎ ワンピースに合わせても良いと思います!! →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ』のリブハイネックT◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんカラー展開が豊富で9色あり、オフホワイト、グレー、ブラック、ピンク、オレンジ、ブラウン、ダークグリーン、ネイビー、パープルがあります\(^o^)/❤︎私は使いやすそうなオフホワイトにしました♬ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ』のフリースプルオーバー(メンズ)◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんニットを着なくてもいいくらい昼間が暖かい日は、こんな風にブラウンのシャツジャケットに合わせています☻カラーは5色展開、ブラック、ネイビー、オフホワイト、オリーブ、ベージュです\(^o^)/軽いのにあたたかい、肌触りが気持ち良いファーリーフリースです♬実際着てみましたがあまりにも暖かすぎて(笑)、まだ今の時期は室内に居ると少し汗ばみます!!でも、そのくらいの暖かさなので冬にはかなり活躍しそう♪ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のショートブーツ◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.707 結紀奈さんヒールありですが歩きやすくて痛くならず、ふかふかですごく履きやすくて通勤にもイケちゃいました!私は<DARK GRAY >という色にしました♩シルエットも綺麗で嬉しいです^^◎このグレージュっぽい優しい色が流行りのベージュコーデにもよく合ってくれて優しい雰囲気にしてくれる気がします♡前からはレザーで高見え!なのにバックはスエード素材なのも秋冬感があって嬉しい♡ お気に入りの1足です(^_^) →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のパイソン柄パンプス◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.707 結紀奈さん同じ写真に載っている、パイソン柄のパンプス♡パイソン柄が流行っていて欲しかったのですが難しいアイテムかな?とチャレンジする勇気の無かった私に価格で勇気をくれたGU様様です。 →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のウエスタンブーツ◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.707 結紀奈さん毎年必ずと言って良いほど使える黒のローヒールブーツ!!完全にぺたんこのものなど種類がありましたが、私はお出かけにも通勤にも履けるものが良かったので、高見え意識で少しヒールのあるものにしました♡ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のサイドゴアブーツ◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさん毎年出ているこちらの定番デザインのサイドゴアブーツ。合皮素材なので雨の日でも雪の日でもへっちゃら!がしがし履けるところがお気に入りです!!さらに今年は『ファインフィットブーツ』ということで、改善を重ねられたGU SHOES LABのシリーズ。低反発クッションで、肌触りがサラッとしていて、ふんわりクッション裏地、抗菌防臭のインソール… 今年も大活躍しそうです\(^o^)/ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のロングカーディガン◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.707 結紀奈さんリブロングカーデは秋から冬まで使えてかなり重宝してます!プチプラで掘り出し物が沢山あるGUは被服費の心強い味方です♫← 冬のおしゃれも楽しみたいと思います♡ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のフロントタックブラウス◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんフロントにタックをあしらったこちらのブラウス。カラー展開はグレー、ナチュラル、ネイビーと3色展開があり、どれも使いやすそうなカラー♡!私は迷いに迷ってグレーを選びました✨こちらのブラウスはポリエステル100%で比較的しっかりした生地になっています!どんなボトムスとも相性が良いのでカジュアルからきれいめコーデまで幅広く着まわしがききます❤︎ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のローゲージタートルネックセーター(メンズ)◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさん昨年大人気で完売続出したGUのメンズアイテムが今年も登場しています\(^o^)/カラーはオフホワイト、グレー、ブラックの定番カラーに加えてオレンジ、ブラウン、ブルーのトレンドカラーが加わり6色展開になっています♪ちなみに身長170cmのわたしはメンズサイズのMサイズがぴったりしすぎずダボっとしすぎずでちょうど良いです( ´ ▽ ` )❤︎編み目の粗いローゲージニットと太めのリブになっているのでシンプルに一枚で着ても可愛いです♡中にビッグサイズのシャツを着てレイヤードを楽しむのもおすすめ❤︎ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のVネックカーディガン◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんカラー展開は7色、ブラック、オフホワイト、グレー、ベージュ、ピンク、ブルー、ダークブラウンがあります。私はトレンドのダークブラウンを購入しました♬太めのリブ編みになっていてスッキリしたデザインなところがお気に入りです❤️また、Vネックも深すぎず浅すぎずなので、カーディガンとして羽織ってもよし、一枚で着てトップスとしてもよしな優秀アイテム! →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のパーカー◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさん急に涼しくなり、何を着ていいか難しいこのごろ、、ヽ(;▽;)ノ先日、新しいパーカーを買い足そうと思いGUに行ってきました✨買い足したのは、今季人気のはっきりパープルカラーのパーカー♬私は紐を取って、さまざまな着こなしを楽しんでいます♡ →GUのおすすめアイテムを詳しく見るユニクロ・GUコーデの関連記事もチェック♪プチプラコーデ特集《2019冬》- ユニクロなどプチプラブランドでつくる冬コーデ2019冬のかぶらないプチプラアイテム特集 - ユニクロ・GUなどおしゃれなプチプラブランドGUコーデ特集《2019》- オフィスカジュアルにも休日コーデにもぴったりのアイテムは?ニットコーデ特集《2019》- 大人っぽかわいいおしゃれなレディースニットまとめコート&ジャケット特集《2019》 - おすすめのコート&ジャケットの色は?
  • 今年も残すところあと1ヶ月足らず。今月は、仕事で日頃からたくさんの化粧品に触れているエクラ世代の美容愛好家・野毛とビューティライター・北林が、今年もっともよく使った「ベストコスメ」をご紹介します。今回はリップ。色、質感、つけ心地のすべての点で、抜きん出た効果実感をもたらしたものとは?ブラウンなのにくすまない! 気持ちにしっくりくる私の定番色コンスピキュアス ブラッシュリップス07¥4,700/Amplitude 「秋の新色のおすすめでご紹介したリップですが、その後もずっと愛用し続け、今年のMYベストコスメとなりました。モードなブラウンは顔色をくすませることもあるのですが、これは発色の華やかさと上質マットな質感とのバランスが絶妙。つけるだけでおしゃれな印象になります。筆ペンタイプなのでつけやすさも抜群!」(野毛)  アンプリチュード の公式サイトはこちら唇と一体化するナチュラルブラウンは、シーンを選ばず使える便利色ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック05¥3,600/ローラ メルシエ 「はっきり発色の深めのブラウンですが、案外服やメイクを選ばず、どんなものにもしっくりくるので、つい手が伸びてしまう1本です。つけ心地もとてもなめらかで”つけている”という感じがしないほど軽やか。これもやっぱりブラウンでありながら、顔色が決して暗くならないところが最大のお気に入りポイントです」(野毛)ローラ メルシエの公式サイトはこちら赤みとベージュの絶妙バランスで、落ち着きと華やぎ感の両方をフォローリップスティック/サテン 2912マルドワイン¥3,300/NARS「これもブラウンニュアンスですが、今年の私の定番色と言える1本。NARSのリップは、マット、サテン、シアーと3種類の質感があるのですが、どれも鮮やかな発色で、なめらかなつけ心地。これはサテンのグループのカラーですが、大人の唇を品よく見せる自然なツヤ感が気に入っています」(野毛)NARSの公式サイトはこちらサッと塗れて、すぐに洗練メイクが完成するティントリップローズ・パーフェクト301¥4,200/パルファム ジバンシイ「唇のpHに反応して色が変わるティントバームでありながら、通常のリップメイク同様の”高い仕上がりクオリティ”を再現してくれるのが、このローズパーフェクト。唇をケアする効果もあるので、気づいたときに、リップクリームがわりにサッと塗るだけで、唇に自然な透明感と血色をプラスしてくれます。ピンクの本革ケースにも洗練感があり、気分も上がります」(北林)パルファム ジバンシイの公式サイトはこちら唇を一気にトーンアップ! 軽いつけ心地のリキッドカラールージュ ディオール ウルトラ リキッド¥4,200/パルファン・クリスチャン・ディオール「今年もマットな質感のリップは大人気。しかしどうも”パサッ”とつく感じがして、若干敬遠ぎみだったのですが、このリキッドリップに出会って一変! マットながらとてもなめらかにつき、のびも軽く、唇が乾かないのに落ちにくい。なにより肌のくすみをカモフラージュし、肌の明度をグンと上げる発色。華やかな席や、夕方に肌が疲れて見えるとき大活躍しています」(北林)パルファン・クリスチャン・ディオールの公式サイトはこちらとろけるようになじみ、うるおいとツヤが長時間持続 ルージュルミヌ4¥5,000/クレ・ド・ポー ボーテ「スキンケア効果でうるおいを与えながら、独自の光学技術で立体感を出し、唇の凹凸を補正してくれる大人にうれしいトリートメントタイプのリップ。スリムタイプなので、塗りやすさこの上なく、とろけるように唇を包み込む心地よいテクスチャーも魅力。塗るだけで自然にふっくらした唇に仕上げてくれます」(北林)クレ・ド・ポー ボーテの公式サイトはこちら美容愛好家 野毛まゆり美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。美容ライター 北林道子美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
  • 人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』のディレクターを務めるデイヴ・マッカリー(34)と、2年にわたり交際していたエマ・ストーン(31)。2019年12月4日(現地時間)、デイヴのインスタグラムにより婚約したことが明らかに! Photo:Instagram(@davemccary) 公開されたのは、これまで見せたことのないセルフィーでのツーショット。笑顔で寄り添うふたりからは、幸せオーラがたっぷり! テキストはハートの絵文字のみだが、エマは指輪をはめた手を見せており、事実上の婚約報告となった。 そんなエマが選んだ指輪は、パールの周りにダイヤモンドがセッティングされたもの。このデザインは、早くもジュエリー業界のトレンド候補にあがってきているとか。 Photo:Splash/アフロ 2016年、エマが同番組に出演したときに出会ったふたり。その翌年に熱愛が発覚すると、一緒に買い物をしたり、スポーツ観戦に出かけたりと仲睦まじい姿が何度もキャッチされてきた。 今年1月には、ふたり揃って初めて公の場に。同じくイベントに出席していたブラッドリー・クーパー(44)を交えたスリーショットで、順調な交際をアピールしていた。 Photo:Getty Images プライベートをめったに明かさないことで知られるエマだが、昨年行われたインタビューでは将来についてこんな発言も。 「十代の頃は絶対に結婚しないと思っていたし、子どもも欲しくなかったの。でも最近になって、だんだん考え方が変わってきたわ」と、結婚や出産に意欲的であることをほのめかしていた。 Photo:Getty Images 2017年に映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を獲得するなど、ここ数年キャリアも右肩上がりのエマ。婚約を機に、さらに躍進すること間違いなし⁉︎ パリス・ヒルトンがまさかの婚約破棄! おしどりカップルに一体何が!?(外部サイト) 寒さも吹き飛ばす!? 恋するセレブの美しすぎる熱々キスショット20連発(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
関連キーワード

RECOMMEND