【2019年上半期ベスト・メイクアップ大賞】トレンドど真ん中! シャネルのリップスティックが圧勝

マキアオンライン

“ツヤ”が気分の今期を象徴するアイテム! 「MAQUIA」8月号から、2019年上半期のベスト・メイクアップ大賞を、多くの美容賢者が惚れ込んだその声とともにお届けします。 

Image title


ベスト・メイクアップ大賞


光を集め、眩しいほどの
輝きとカラーを唇に


選んだのは・・・
安倍 伊藤 長田 加藤 河北 神崎 木下 KUBOKI 齋藤 George 清田 芹澤 髙橋美智子 高見沢 巽 千吉良 長井 paku☆chan 火箱 藤井 藤原 松本 山崎 山下 湯田 吉田昌佐美 吉田百合 若菜


Image title

512

シャネル
ルージュ ココ
フラッシュ

各¥4000

ワンストロークで叶う輝きと鮮やかな発色。戻ってきた「唇にツヤ」と、「快適性の追求」というトレンドど真ん中のリップスティックは、27色の圧巻のカラーバリエーション。誰もが必ずお気に入りのシェードを見つけられるはず。まばゆい光に包まれながらも、色も輝きも唇から浮かずに溶け込んで、隠しようもない品格が漂うのも多くが惚れ込んだ理由。気分に合わせて選べるよう、何色も手に入れたくなる。


ここが自慢!
シャネル PRディレクター 増川美和さん

□“ツヤ”が気分の今期を象徴するアイテム。豊富なカラーが揃う。
□リップバーム要らずのツヤツヤな仕上がり、保湿成分によるなめらかさも自慢。


美容エディター 松本千登世さんが解説!
百人百様の顔を楽しめる時代への、牽引役

シャネルのルージュ ココ フラッシュが大賞に輝いたのは、女性たちが真の自分らしさに目覚め、「自信」と「自由」を手に入れた証に違いないと感じました。ここのところ続いていたリップコンシャスブームは、赤だったり、マットだったりと、どこか一方向に向かうもの。そうでなくちゃ、お洒落に見えない、モテも叶わない……、と。

でも、ルージュ ココ フラッシュの誕生は、そのムードとはまったく違う次元で、本能と個性に正直に、「もっとあなただけのメイクを楽しみましょう」という新鮮なメッセージをくれた。シアーな発色、艶めく輝き、滑らかなつけ心地は、ヌーディなベイビーピンクもいい、パッションを感じるレッドもいい、フェミニンなコーラルもモードなブラウンも、と27色すべてにわくわくさせられる。ファッションやトレンドに翻弄されすぎることなく、インスタ映えや男性受けだけを狙うでもなく。自分らしさを軸に、もっともっと女性たちが解き放たれて、百人百様の顔や美しさを心底楽しめる時代がやってきた! その火付け役になる気がしてならないのです。


Image title


「グロスなみの軽さと輝きでも高発色で、美しい色揃い。ひと塗りで表情が華やぐ」
――千吉良恵子さん 


「柔らかい塗り心地なのにしっかりと色づき、上質なツヤ感がまさに旬」
――KUBOKIさん 


「品のあるウルウルとした唇に。光が当たるとみずみずしく輝く」
――藤原美智子さん 


「カジュアルなのにちゃんと上品。ツヤ感、色づき、すべてが絶妙でオシャレ!」
――paku☆chanさん


「形よりも唇の質感、風合いこそがにぎる存在感。色を最大限引き立てながらも、さらなる美しさを狙える」
――神崎 恵さん 


「ひと塗りでつややかな唇。単色でも組み合わせでも使える『今』なリップ」
――河北裕介さん


「クリアなツヤと輝き。こなれ感と華やかさを両立しドレスにもTシャツにも映える」
――長田杏奈さん


「大人っぽいツヤ感が唇に品格を。うるおいももたらす、ポーチの必需品」
――安倍佐和子さん



MAQUIA8月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 岡﨑恒彦 橋口恵佑(製品) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/コギソマナ〈io〉(モデル) 山本瑶奈(製品) モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/巽 香 構成/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

関連記事
  • 20代におすすめのタイトスカートコーデ(2019夏)女っぽくてすらりと見えるタイトスカートでスタイルアップも完璧! 夏のおすすめのコーデは? タイト&ロングなシルエットでつくる“いい女”コーデのお手本はこちら♪ [目次] ブルーバード ブルバードのタイトスカート シップスのタイトスカート シップス・ブルーブルーのタイトスカート ルクールブランのタイトスカート ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート1上司のお供をする日は、きれい色のカシュクールブラウスにすらりと見えるタイトスカートで”いい女”コーデに。全体を寒色でまとめれば、ジメジメ気分も吹き飛ぶさわやかさで好感度アップ。深めのVカットに腰高なウエストマーク、ボリューム袖に揺らめく裾。一枚でニュアンスたっぷりの旬ブラウスだから、スカートも小物もシンプルがいちばん。サンダルとバッグを黒でシャープに引き締めて。清涼感あふれるシルバーアクセは、重ねづけしても重たくならずこなれたしゃれ感に♡きれい色カシュクールブラウス¥8900/ノーク タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード  ピアス¥22000/アガット ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) リング¥35000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート2カジュアルな白Tをきれいめに着こなすには、女っぽくてすらりと見えるスリット入りのタイトスカートと! Tシャツをインしたミニマムなルックスなら、たちまちレディに仕上がってスタイルアップも完璧でしょ。色っぽさ漂う深みのある赤を選んで、シャツジャケットを持ち歩けば、素敵な平日OKコーデの出来上がり♡ 無地コーデにメリハリをつくるロングネックレス、足もとに軽やかな抜け感を出すヌーディなフラットサンダルも「さすが!」って思わせるおしゃれポイント。Tシャツ(2枚セット)¥2700/ヘインズブランズ ジャパン(ヘインズ) スカート¥59000/ブルーバード ブルバード シャツ¥23000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 靴¥6900/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ニコラスライナス) ピアス¥15500・リング¥12000/メゾンソワリー堀江店(ソワリー) ネックレス¥12000/シップス 渋谷店(キャス) バングル¥6900/ココ ディール →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート3しっとりとしたサテンのつやめきは、どんな難しい着こなしテクより効果的♡ イヤミにならないブラウンならレイヤード初心者でも簡単!キャミソール¥13000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) カットソー¥2900/アパートバイローリーズ スカート¥35000/ブルーバード ブルバード 靴¥6900/クリア インプレッション バッグ¥11000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 ピアス¥1800・バングル¥1600/お世話や スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート4ドキドキとワクワクが入り交じる、新しいお客様とのミーティング。見た人の心を落ち着かせる効果があるらしいネイビーで、自分もお客様もリラックスして会話ができるように。お気に入りのポロシャツを着て出勤。カジュアルなイメージのポロも、タイトなスカートにINしたらむしろきれいでしっかりした感じに見えるよね?ニットポロシャツ¥20000/スローン タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード カラーパンプス¥13000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) イヤリング¥1100/お世話や 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート5一枚だけで着るよりも、重ねたほうが女っぽい気がするから不思議! 透けるようなやさしい質感のシャツジャケットもこれからのトレンド。白Tにはおると、どちらか一枚で着る時より女っぽいから、こんなコーデでデートしたい♡Tシャツ¥10000/ビショップ(アンフィル) シャツ¥21000/バーニッシュ(ユリナ カワグチ) スカート¥59000/ブルーバード ブルバード 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥28000/アングローバル(MHL) リング¥15000/リエス(ジャミレイ) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート6白T×黒タイトスカートに小物を少しだけ。気張らないモノトーンコーデがこんなに素敵に見えるのは、シルエットやバランスが絶妙だから♡ てろてろ素材のゆったりとしたTシャツは、白シャツのクリーンさとブラウスの女らしさをイイトコ取りしたような一枚。女っぽいけど甘くないスカートとなら、きれいめに着こなせて気持ちまで”しゃん”とする。キャップやサイドゴアブーツで今っぽい遊びゴコロを足して休日モードに!Tシャツ¥14000/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) スカート¥35000/ブルーバード ブルバード 靴¥63000/パラブーツ青山店 帽子¥7900/プレラブド ブレスレット¥9000/カージュ ルミネエスト新宿店(ディス) リング¥20000/モットハウス・トーキョー(ネッティ・ケント) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 【夏のタイトスカートコーデ】シップスのタイトスカートいつもの白Tを職場にもデートにも気負わず着ていけたら最高じゃない? それなら今季のおしゃれキーワード”カジュアルなのに女っぽい”を目指しつつ、”大人っぽい”もちょっと意識してみたい。甘すぎずシックな花柄スカート、きれいめカーデからカジュアルな夏小物まで、白Tと品よくなじむベージュトーンでまとめて。親しみやすさと女っぽさのイイトコ取りで全方位モテも夢じゃない♡ 仕上げにシャープなシルバーピアスでほっこりさせないアクセントを! Tシャツ¥6000/アニエスベー カーディガン¥14800・スカート¥15700・バングル¥9000(3点ともシップス)・靴¥14800(エネス)・バッグ¥17500(カテリーナ ベルティーニ)・サングラス¥15000(ウェイティング フォー ザ サン)/シップス 渋谷店 ピアス¥2000/ビームス 銀座(チャルル) リング(細)¥7200/UTS PR(ルフェール) リング(太)¥10800/パリゴ 丸の内店(フィリップオーディベール) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 【夏のタイトスカートコーデ】シップス・ブルーブルーのタイトスカートタイト&ロングなシルエットで、白でも膨張知らずの美スタイル♡ ポケットのボタンがマリンなムードで春夏にぴったり。タイトなトップスで縦長ラインを強調すれば着やせも叶う。スカート¥16000/ブルーブルー(シップス・ブルーブルー) ニット¥9000/ピーチ(スアデオ) 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/ジーユー バッグ¥60000/ビショップ(マリア ラ ローザ) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 【夏のタイトスカートコーデ】ルクールブランのタイトスカートきれいなイエローのボーダーに、パープルの長め丈タイトスカート。きれい色×きれい色は簡単に今っぽくなれるから取り入れるべし♡ 縦長ラインはスカートでできているから、ボーダートップスは少し大きめサイズをチョイス!Tシャツ¥10800/セント ジェームス代官山店 スカート¥11000/ルクールブラン 靴¥10000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 バッグ¥9900/メイデン・カンパニー(バッグス ユーエスエー) ピアス¥1300(リミテッドナンバー)・バングル¥1500(Osewaya)/お世話や →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ルクールブランのタイトスカート後輩から一目置かれる着こなしは、甘くないけど女っぽい”きれい色のタイトスカート”に頼ればいい。例えば、こっくり鮮やかなターコイズブルーをとことんシンプルに楽しむのも素敵♡ ×黒ブラウスで辛口にまとめれば、大人の洗練感も今っぽさも即叶う。仕上げにブラウンの柄スカーフを縦に垂らして、無地コーデをおしゃれにメリハリUP!スカート¥9500/ルクールブラン トップス¥17000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(サクラ) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) バッグ¥4400/ラコレ イヤリング¥2580/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥10000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 時計¥29500/ピークス(ロゼモン) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 夏のタイトスカートコーデ関連特集もチェック♪プリーツスカートコーデ特集《2019年春夏》- 20代におすすめのプリーツ・ロングスカートまとめ大人かわいいプチプラファッション特集《2019夏》 - 20代後半女子におすすめのきれいめコーデまとめ20代レディースの夏ファッション特集《2019年版》 - ワンピースやTシャツなどおすすめコーデは?夏コーデ特集《2019年版》- 20代レディース向けのプチプラコーデやスポーツミックスコーデなどプチプラコーデ10選《2019年夏》- ユニクロやGUなどプチプラブランドでつくる20代レディースコーデ
  • マリソルオンラインで人気の月間ヘアスタイルランキングTOP10を発表!※集計期間:2019年6月18日(火)~7月15日(月)<ヘアスタイル1位>人気持続中の長めショートはアレンジの幅があるのが魅力【40代のショートヘア】トップや襟足を長めに設定することでアレンジの幅が出て、いろいろな女性像を楽しめるスタイルに。写真のように片側のサイドを耳がけし、前髪を深く取り斜めに流せば、アシメ風のカッコいい印象。逆に耳に髪をかけず、前髪をセンターパートなどに下ろすと丸みのあるフェミニンな雰囲気に。ON&OFFで雰囲気を変えたかったり、服に合わせて髪型をチェンジしたい女性にぜひトライしてほしい。【SIDE】【BACK】DATA 量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱 担当サロン「marr」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル2位>サイドのみのアシメショートで直毛に動きをプラス【40代のショートヘア】直毛=パーマが必要、と思われがちだが、ショートヘア×アシメバランスだと、パーマなしでも動きのある印象に。耳後ろはベーシックなグラデーションショート。耳前は右側を短めに、左側を重めなアシンメトリーにカットを。さらに前髪は薄く作り、肌を見せる束感を演出。フォルムが動かしにくいぶん、フロントを軽くすることで"柔らか効果"が高まり、力の抜けた女性像を演出してくれる。【SIDE】【BACK】 DATA 量・普太さ・普硬さ・硬クセ・無 担当サロン「PearL」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル3位>余韻のある毛先を作れば短めショートも女っぷりをキープ【40代のショートヘア】このスタイルが短めショートでも女っぽさを感じられるのは、前髪、耳前や襟足に沿う毛束があるから。ショートレイヤーにカットしたら、毛先はレザーを使用し先細りに調整。すると毛束が肌に沿いながら余韻を残してフェイドアウトしていくため、スポーティにならずフェミニンに。襟足のみピンパーマでCカールのクセをつけると、さらに形が決まりやすく。【SIDE】【BACK】 DATA 量・普太さ・普硬さ・柔クセ・強 担当サロン「GARDEN Tokyo」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル4位>巻き髪派のセット時間を短縮するレイヤー×重めロング【40代のロングヘア】顔まわりとトップのみにレイヤーを入れているので、巻き髪スタイリングをする時に、俄然動かしやすくなっている。写真ヘアのスタイリングは、38㎜の太めのヘアアイロンで全体をリバース巻きにしたら、手グシで毛束をくずして空気感を出すだけ。実は立体感を演出するハイライトカラーが仕込まれているので、軽く巻いただけでもプロがセットしたようなラフな動きに見せてくれる。【SIDE】【BACK】 DATA量・多太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「kakimoto arms SHINJUKU」  【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代 <ヘアスタイル5位>ストレートアイロンで作るトレンドのまっすぐボブ【40代のボブヘア】 ワンレングスベースのボブに動きと抜け感を出しやすくするためのレイヤーを施している。前髪は子供っぽくなりすぎず、大人の可愛さを引き出す眉ギリギリラインに設定を。 ストレートタッチのボブも人気上昇中だが、大人がそのまま取り入れると逆にペッタリ……。そこでストレートアイロンで表面の髪のみまっすぐ伸ばし、内側は弱いクセをそのまま残してふんわりスタイルに。毛先は同じくストレートアイロンで外ハネ&内巻きにランダムに散らして。 【SIDE】【BACK】 DATA量・やや多太さ・普硬さ・普クセ・弱 担当サロン「LANVERY」 撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル6位>短めバング×王道ボブは今までと印象を変えたい女性に【40代のボブヘア】全体フォルムはあご下4㎝ほどの女性らしい王道ボブスタイル。そこにトレンド感のある短め前髪をプラスするだけで、フレッシュな印象と今っぽさを加味できる。ハードルが高そうな短めバングだが、作る幅を狭くすれば主張しすぎず、さりげなくトレンドを楽しめるので安心。スタイリングはうねるクセを生かして、毛先を外ハネに。顔まわりと表面はリバース巻きに。ベーシックな中に、モードっぽさも取り入れて、ヘアの鮮度を更新してみて。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱 担当サロン「BEAUTRIUM265」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル7位>ツヤミディアムはトレンドのくびれを作りラフな印象を演出して【40代のミディアムヘア】オフィスでもプライベートでもシーンを選ばず好感度を上げてくれるツヤミディアムも、トレンドのくびれを作りラフな印象を演出して。トップの髪には丸みのあるフォルムになるようレイヤーを。耳下の髪は重さを残してカット。上下の髪をつなげないようにカットすることで、昔のような"ペラペラ"さは皆無の重めくびれが出現。毛先に1 回転、トップは2回転で根元を立ち上げるように、メリハリフォルムを支えるパーマを仕込むのもポイント。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「PearL」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル8位>季節の変わり目に重宝する重→軽にシフトできる便利ヘア【40代のボブヘア】耳の高さにレイヤーを入れることで、自然なくびれフォルムが生まれ、小顔効果のあるボブスタイルに。またレイヤーが毛先に自然な動きをプラスし、春に向けての軽い印象も与えてくれる効果が。長め前髪は分ける位置を変えることで、すっきり見せたり重め印象を残したり、ファッションに合わせた質感コントロールが可能な長さ。【SIDE】 【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・硬クセ・弱 担当サロン「BEAUTRIUM265」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル9位> ストレートタッチが若見えの秘訣!好感度ヘルシーショート【40代のショートヘア】担当の野口さんいわく、マリソル世代のショートで一番多いリクエストが「オバサンぽくしたくない」というもの。それにはボリュームが欲しいからと大きく巻いたりせず、あえてストレートタッチでナチュラルな印象にすると失敗ナシ! マッシュベースで前髪はやや短めに。ワックスで髪の表面をラフに動かすだけで完成する手軽さも◎。【SIDE】【BACK】 担当サロン「ROI」   撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル10位>動きがあるのに品もある絶妙くびれミディアム【40代のミディアムヘア】きれいめファッションが好きな女性が、品よく動きのあるミディアムを堪能できるのがこのツヤ×くびれヘア。全体は重めにカットしているけれど、動きを出すために毛先のみに少しレイヤーをON。さらに全体へ大きめのスパイラルパーマをかけることで、外ハネの毛流れが生まれるように計算。華やかで今っぽい動きはあるけれど、全体はツヤを残した重めベースに。【SIDE】 【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・柔クセ・弱 担当サロン「S. HAIR SALON」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代
  • 2019年上半期、美容家たちの高評価を得たプチプラ「スキンケアコスメ」を大発表! メイクのノリが格段に変わるシートマスクや敏感肌にも嬉しいローションなど、価格以上のスペックに美容家たちも感激したんだとか。 答えてくれたのは… 河嶋 希さん(ヘア&メイク)、安倍佐和子さん(美容ジャーナリスト)、小林ひろ美さん(美容家)、前野さちこさん(美容エディター)、浦安真利子さん(美容ライター)、paku☆chanさん(ヘア&メイク)、小田切ヒロさん(ヘア&メイク)、松本千登世さん(美容エディター)、谷口絵美さん(美容ライター)、山崎敦子さん(美容ライター) 〈潤い×透明感で見違えるで賞〉 ロート製薬 肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白ジュレマスク ¥650 美容液2・7本のジュレをギュギュッ 張る、超密着美白美容液!(ヘア&メイク 河嶋 希さん) (河嶋)スキンケアして、潤いジュレをのせて、パ ックするという3プロセスを一枚でやってのけ る最強マスク。ストレスでカチコチした肌もジュ レでじゅわじゅわほぐして密な潤いを補給。(医 薬部外品)23㎖× 3枚入り ¥650(編集部調べ) 〈一粒のラメも見逃さずに落とすで賞〉 カネボウ化粧品 ケイト クレンジンググルー ¥1500 肌を清潔に保つ騎士(ナイト)のようなクレンジング(美容ジャーナリスト 安倍佐和子さん) (安倍)キラキラシャドウからカラー ライナーやマスカラ、きめにたまっ たファンデーションまで、狙った ターゲットにぴたりととまってするんとオフ。このとろみ感触、新し い! 115㎖ ¥1500(編集部調べ) 〈大人の毛穴ケアはおまかせ賞〉 ファンケル ディープクリア 洗顔パウダー ¥1800 やさしさと毛穴一掃力を両立 大人の毛穴ケアの決定版(美容家 小林ひろ美さん) (小林)名品洗顔パウダーの洗い上が りの心地よさはそのままに、毛穴 の汚れをしっかり落とす進化版。 毎日使える肌にやさしい処方で、 皮脂を落としすぎずにすべすべ肌 にしてくれる。30個入り ¥1800 〈名品クリームのリップ版がスゴイで賞〉 ヴェレダ・ジャパン スキンフード リップバター ¥1200 オーガニックハーブの力とリッチな保護力でつや唇が復活!(美容エディター 前野さちこさん) (前野)加齢&リップ重視のメイクが原因で、年々唇の荒れが深刻化。 寝る前にこれをたっぷり塗れば、翌朝弾力のあるプルンとした唇に! リップ本来の発色&質感がしっかり出せるように。8㎖ ¥1200 〈夏の肌ピンチ 一本で解決賞〉 第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ローション ¥1900 夏の困り肌の救世主 乾燥とテカリを一気に解決し、ゆらぎもケア(美容ライター 浦安真利子さん) (浦安)べたっとしていた鼻はさらり、 乾燥しがちな頰などはしっとり。 この製品を使って、私って混合肌 だな、と実感。敏感肌対応なだけあり、やさしさもひとしお。(医薬部外品)150㎖ ¥1900(編集部調べ) 〈頑固な毛穴の汚れ一網打尽で賞〉 DHC ホット クレンジング ジェル EX ¥1500 つっぱらないのに、毛穴さっぱりザラつきのないツルツル肌に(ヘア&メイク paku☆chanさん) (paku☆chan)ぽかぽかじわーっとやわらかく肌になじんで、毛穴を開きながら汚れを浮き出させるホットクレンジング。ザラつきも毛穴もさっぱりするのに、つっぱりやカサつきはゼロ。200g ¥1500 〈メイクのノリともち爆上げで賞〉 クオリティファースト オールインワンシートマスク グランモイスト ¥1500 忙しい朝、これ一品でスキンケア完了なオールインワンマスク(ヘア&メイク 小田切ヒロさん) (小田切)朝のお手入れの時短にもなる濃密ベビーコラーゲンやプロテオグリカンなどのスペシャルな保湿成分を豊富に配合した、シルク感触のシートマスク。毛穴が目立つ肌も潤いでふっくらさせながら引き締めてくれる。32枚入り ¥1500 〈ベースメイク薄くてすむで賞〉 第一三共ヘルスケア トランシーノ薬用 ホワイトニング フェイシャルマスクEX ¥1800 肌のあらゆる影を消してくれるからベースメイクが薄くなる(美容エディター 松本千登世さん) (松本)「メイクのワンステップ」として、朝スキンケアに使用。たった10分で、どんよりとしたくすみも毛穴の影もハリのなさもと、肌のあらゆる影が消えるかのよう。(医薬部外 品)20㎖× 4枚 ¥1800(編集部調べ) 〈くすみの原因を一掃するで賞〉 オルビス オルビスユー ジュレパック ¥1800 くすみ一掃と潤い猛チャージを一本でかなえるジュレパック(美容ライター 山崎敦子さん) (山崎)5秒おいて10秒くるくるさせて洗い流すだけ。洗顔代わりに使 える簡単パック。こびりついたくすみを一掃する除去効果はもちろ ん、たっぷりと肌の奥まで潤いで満たしてくれる。120g ¥1800 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 イラスト/中村千春、紫芝幸代 取材・原文/長田杏奈  ※BAILA2019年8月号掲載
  • 憧れブランドの靴。いつか買うなら増税前の"今"かもしれない素敵な靴をはいた時の、背筋が伸びるようなあのトキメキは、女子なら誰もがわかるはず。それが憧れブランドの名品なら……想像するだけでも気持ちが上がっちゃう!! ショーウィンドウのガラス越しに眺めていたあの靴を、増税前の今、自分の運命の一足にしてみない?スタイリスト&ライターがレコメンド!4つの憧れブランドChristian Louboutin クリスチャン ルブタン(右奥)乙女の憧れシューズといえばこちら。ブレーンなパンプスからも感じる、とびきりフェミニンなムードがブランドならでは。合わせやすく活躍しそうなピンクベージュでデビューしてみて。(8.5)¥81000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)「25歳頃素敵なヒール靴に憧れて買いました。今は基本スニーカー派なのですが、この一足だけは特別な時用に残しています」(ライター・鈴木絵美さん)MANOLO BLAHNIK マノロ ブラニク(手前)美しさに加え、ヒール靴なのに走れるほどの安定感を誇り、働く女性からのラブコールが絶えない。モア世代がリアルに使える名品として手にするにも、早すぎることはないはず。カラースエードで華やかに。(5)¥99000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)「はいた瞬間、それまでより脚が美しく見える魔法のヒール靴。そのうえ歩きやすさも抜群。できるだけ早く出合ってほしいです」(スタイリスト・石田 綾さん)JIMMY CHOO ジミー チュウ(左)アジア系のクリエイティブ・ディレクターが手がけるブランドは、日本人の足に木型が合うことでも人気。定番のブラックカラーにバックストラップを合わせた一足はハンサムな印象で、ヒール靴だけど媚びない姿勢がとても現代的。(6)¥76000/JIMMY CHOO「20代後半でプレーンな黒の10㎝ヒールを購入。特別な日にはく、頑張って買った靴はシンデレラ気分にさせてくれます」(スタイリスト・石上美津江さん)GUCCI グッチ1950年代に登場以来、時代と共に進化を繰り返すオールタイムべストな一足。ローファーというアイテムだけあって、デイリーにはけるところも、20代のうちに投資すべき品として名前が挙がる理由。そして、もはや似合わないスタイルを探すのが困難なほど、どんな服にもはまるので、手に入れた日から数えきれないくらい出番が訪れること間違いなし。[モデル]靴「ホースビット ローファー」(1)¥98000・シャツ¥270000・パンツ¥165000・帽子¥34000・イヤリング¥45000・ネックレス¥60000・リング¥50000/グッチ ジャパン(グッチ)[靴](右)ヴィンテージのニュアンスがこなれた雰囲気のブラウン。「ホースビット ローファー」(1)¥98000・(左)キャンバス地なら、より軽やかに。「ホースビット ローファー」(1)¥98000/グッチ ジャパン(グッチ)「ハイブランドの靴を手にした時の“上がる”気持ちをモア世代にも経験してほしいです。特に『グッチ』のローファーは永遠の名品と呼ぶにふさわしい靴。カジュアルからきちんとまで合わせられる心強い靴は、いつかではなく少しでも早く手に入れ、メンテナンスしながら長くはき続けてほしいです」(スタイリスト・松野裕子さん) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/上澤友香 ヘア&メイク/秋鹿裕子(W) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理 撮影協力/TITLES UTUWA ●本文中( )内の数字はバッグおよび小物のサイズ(縦×横×マチ)、または靴のヒールの高さで、単位は㎝です
  • 縦長ノースリーブ 肩から真っすぐに入る切り替えで、スリムな肩幅&すらりとした二の腕に。 ニットのIラインを、×サスペでさらに強調♡ ニットのIラインを生かして、サスペつきパンツでバランスUP。ウエストがキュッとしているから、ワイドパンツ&厚底スポサンでメリハリを。 ニット¥3900/UNRELISH サスペンダーパンツ¥12000/ココ ディール イヤリング¥1800/ゴールディ バッグ¥4500/ニコロン 渋谷109 サンダル¥10800/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY)●細見えポイント● 肩から脇にかけて垂直に入るラインは、タイトなサイズ感があってこそ。腕が引き締まって見えるだけでなく、肩のラインも美しく! あきすぎず高すぎず、ちょうどよく詰まったネックが縦長ラインの決め手。首から肩にかけたラインもシャープに仕上げてくれる。 \他にもあるよ/目の詰まったニット素材は、それだけで上半身を引き締めて見せる効果が。あえての夏にレンガ色を着て、おしゃれ感度を上昇させて。黒のチノスカートで締め&ドレスダウン。 ニット¥6900/ヒロタ(31 Sons de mode) スカート(サスペンダーつき)¥2990/WEGOひらひらとしたメロウの衿が、レディな印象&首筋をすっきりと。太めのリブニットとプリーツスカートの縦ライン同士の組み合わせが、全身をすらっと見せるのにひと役。 ニット¥1500/エムズエキサイト スカート¥5900/Roomy’s イヤリング¥6500/アビステモデル/西野七瀬 貴島明日香 撮影/東京祐(tokyojork・モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/白水真佑子 スタイリスト/立石和代 構成・原文/梅田恵里 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 足もとのパイソンサンダルで辛口のモード感をプラスした、富岡さんの夏のオールホワイトスタイリングをお披露目。SUMMER STYLE1ひとくせ効かせたアイテムを選べば、コーディネートはがんばらなくていい。それが、“夏の白”を特別に見せるコツノースリーブTシャツの胸もとにコットン素材の大きなフリルをあしらったトップスと、リボンベルトを配したワイドパンツで、オールホワイトの着こなしを完成。「どちらも素材に張り感があって、ハンサムな甘さが手に入る白アイテムです。夏の白は服自体にひとくせあるものを選べば、コーディネートがシンプルでも特別感がある着こなしになるはず。足もとにはパイソンサンダルを合わせ、さらに辛口を加えました」。【ITEM LIST】 TOPS:FABIANA FILIPPI PANTS:SOFIE D’HOORE EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING/BAG:HERMÈS STOLE:ASAUCE MÊLER SHOES:ZARA“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムZARAのパイソン柄サンダル「着こなしをハンサムに仕上げてくれるパイソン靴は以前から好きなアイテムのひとつです。甲のVラインととんがりトゥのおかげで、スリッパなのにかっこよく決まる一足。この夏のヘビロテサンダルです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • 顔立ちを活かした前髪で、自分らしいこなれ感のあるカジュアルスタイルを手に入れて。元々前髪は短めが好みなのですが、短めバングがトレンドと聞いて改めて流行りの前髪をリサーチしてみたところ、主なトレンドは「シースルーバング」と「ショートバング」! 中でもショートバングは「ベビーバング」が注目されているようです。ナチュラルなショートボブにベビーバングがアクセントに♡アラフォーがベビーって、何歳サバを読むつもりなんだと言われそうですが、実はカジュアルでこなれた印象に仕上がるので大人にも取り入れやすいヘアスタイルなんです。 幅を狭めに作るとよいと『40代のヘアスタイル図鑑』にもありましたね! ただ、この前髪が似合うのは… 顔タイプが『子供顔』の方限定。 『大人顔』の方には女っぷり溢れる「かきあげバング」などがおすすめです。 子供顔か大人顔かは、判断するのにちょっとコツがいるので、中には自称童顔の大人顔なんて方もいらっしゃるのですが、 一か八かのショートバングでケガをしないためにも、気になる方は一度チェックしてみてくださいね。美女組No.126 好美のブログ
  • まだまだ梅雨があけそうにないムードでイヤになっちゃいますよね。暑くないのは良いのですが湿気が苦手な私は、先日の三連休も家にこもりっぱなしでした。が、このまま何もしていない三連休はまずい!と急に思い立ちまして最終日に国立新美術館で開催中の『ウィーン・モダン』展へ行ってきました。これがあまりに良かったので、ちょっと語らせてください。 クリムトとエゴン・シーレというオーストリアの2大画家の作品がやってくる、というざっくりした情報のまま会場を訪れたのですが(つまり予習ゼロ状態)、着くなりポスターを見て思い出しました。クリムトのパートナーでミューズであるエミーリエ・フレーゲに憧れて写真集まで持っていたことを! で、「エミーリエの肖像画も来てたんだ!」と急にテンションがあがったのですが、この展覧会で素晴らしかったのは、デザイナーだった彼女が作ったドレスの再現や、彼女が身に着けた装飾品の展示もあったこと。数年前のヴァレンティノのコレクションでインスピレーションソースになったこともあったほど素敵な女性であるエミーリエ。クリムトのおまけとしての紹介ではなく、彼女にもスポットが当たっていたのはとてもうれしいことでした。(写真は、会場で撮影OKだったクリムトによるエミーリエの肖像) そのほかにも会場では、有名な女帝マリア・テレジアの肖像画(マリー・アントワネットの母親で、ベルばら好きなら「お母様!」と呼びかけたくなります)、ウィーンの世紀末芸術に関わった人々が作り上げた都市計画や当時のモダンなインテリア、ポスターなども一緒に展示されていて、クラシックな絵画ファンだけでなく、デザイン、ファッション好きが楽しめる展示が多数。一般的な絵画展だと思ってやってくると良い意味で裏切られます。また、絵画に描かれている18~19世紀のファッションて、今のスタイルの参考にもすごくなる。シューベルトのスカーフの巻き方なんて、今やったら相当おしゃれなんじゃないかとまじまじと肖像画を見てしまいました。そしてこの展覧会の目玉のひとつであるエゴン・シーレの素描がまた良いんですよ。どうやったらこんな線が描けるんだろう、とじっと見つめてしまい、展覧会の出口間際でもう一度見たくなって引き返してしまったほど。 最後のおススメは、俳優の城田優さんがナレーションをしている音声ガイドを借りることです。歴史的背景だけでなく、ナレーションなしでウィンナーワルツを聴けるボタンもあって、うっとりウィーンの気分が高まります。東京での会期は8月5日までで、大阪展も今後開催されますので、夏のお出かけにいかかがでしょうか?
関連キーワード

RECOMMEND