発売前から話題沸騰!1100円の伝説リップ「メディア ブライトアップルージュ OR-01」

マキアオンライン

イガリシノブさんのお墨付き! SNSや巷を賑わせているプチプラリップを特集中の「MAQUIA」7月号から、メディアのオレンジリップをご紹介します。

Image title

ヒットするには理由がある。
絶対買うべき! 伝説のプチプラLIP


LEGEND
「大人がまとえるオレンジ」と発売前から話題沸騰!

Image title

メディア
ブライトアップルージュ OR-01

ワンストロークでツヤ美発色。絶妙な黄みと赤みのバランスで、黄ぐすみが気になる肌もぱっと明るく見せてくれるうえ、縦ジワもひと塗りで解消。悩み多き大人に嬉しい一本。ぼんやりしがちなリップラインもくっきり塗れて、美フォルムに。/カネボウ化粧品


ここが伝説!

人気ヘア&メイク・イガリシノブさんがこの色をSNSや雑誌で紹介したところ、発売前から大注目のリップに。もちろん売り上げも絶好調で今後も目が離せない!


MAQUIA7月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/金山礼子 モデル/加治ひとみ 構成・文/浦安真利子 企画/吉田百合(MAQUIA)

【MAQUIA7月号☆好評発売中】

関連記事
  • マリソル×セオリーリュクスの付録とは思えない様なシックでしっかりしたコラボトート。とっても使えます!秋らしい気候になったかと思ったら、また暑さが舞い戻り・・・ また夏物をひっぱり出す日々。 マリソル10月号を読みながら、秋物もそろそろ揃えたいなと コーデの参考にしようと読み込んでいます。 さて、本誌もチェックしつつも今回は、 マリソル×セオリーリュクスの「メガサブトート」チェックしましたか? しっかりした生地で、上品なロゴがセオリーリュクスらしい。 メガサブトートと名のとおりの大きさで大容量が使えるポイントです。肩がけに最適な長さ。丁度良い大きさの内ポケットが嬉しい。メインバックがトレンドとしてどんどん小さくなっている今、 サブトートはまさに必須アイテム! アラフォーが格好良く上品に持てるトートバッグ。 是非チェックしてみてください。→☆マリソル美女組の皆様も素敵に使用されています☆今月号では私も誌面に参加させて頂いています。 人気カラーリストの今井志保子先生監修の下、 イエローベース・ブルーベース・女顔・男顔がチャートで分かり 様々な秋の新色が紹介されておりますので、新色のリップ選びに とても役立つ情報が掲載されています。 広瀬あつこさんのメイクマジックで素敵にメイクして頂きました♥︎→★(それぞれ素敵なメイクに!)>>>>instagram------MIO美女組No.118 MIOのブログ
  • 毎日のコーディネートに欠かせないジュエリー。 中でも「指輪(リング)」は、オールシーズン活躍する上さりげない女性らしさを演出してくれる優れものです。 また、10本の指にはそれぞれ意味があり、指輪(リング)をつけることで願いごとを叶えてくれるそう。女性にとってはお守りのような存在でもあります。 そこで今回は、1万円以下のコスパ抜群な指輪(リング)についてご紹介します。 ワントーンのネイルが映えるように、両手で4〜5個の指輪(リング)をつけるのが定番。 また、指輪(リング)をつける指によって願いことを叶えてくれるジングスがあるそうで、そのジングスを意識して付けています。 まず、右手の人差し指。「指針」という意味を持ち、自立心を高め活動的にしてくれると言われています。 現状を変えたい、また今よりも更にステップアップしたい時にパワーをくれる指なんだとか。 そして、右手の中指。こちらは「ひらめき」や「直感」を象徴する指。諸説あるようですが、中指にリング付けると邪気を払ってくれるらしく、総合的なお守り感覚でリングをつけると良いそうです。 左手の中指。この指にリングを付けると協調性が高まると言われています。 円滑なコミュニケーションを図ることができるというジングスがあるそうです。 左手の小指。チャンスを引き寄せるパワーがあるそう。 変化やチャンスを求めている時に、小指にリングを付けるとパワーが高まるそうです。 数あるアクセサリーブランドの中でも最近のお気に入りが、Daughters jewelry というブランド。 Daughters jewelry "ナチュラルで肌馴染みの良いジュエリー"をテーマに魅力的なジュエリーを制作・セレクトしている、Daughters jewelry 。 店舗を持たずオンラインショップのみで販売されているのですが、なんと2,000円台からネックレスやリング、ピアスを展開されているんです。お手頃価格だからついつい複数買いしたくなりますし、シンプルだから重ね付けしてもとっても上品。 人差し指に付けているリングがDaughters jewelryのもので、「Plump ring」という商品です。ぽってりしたシルエットがなんとも可愛らしいリングで、これ1つ付けるだけで手元が一気に華やかになる主役級リングなのですが、なんと¥9,180 というプチプラ。 小指に付けているのは同じくDaughters jewelry のもので、Slim glow ring という商品。 その名の通りスリムなフォルムが特徴的なリングで、まさに肌にスッと馴染むナチュラルなデザイン。私は小指のサイズをチョイスしましたが、5〜13号までサイズの展開があるので重ね付けするのもおすすめです。 手元が華やかだと、日常のふとした瞬間に気分を高めてくれますよね。 オールシーズン使える心ときめくDaughters jewelry のジュエリー、ぜひチェックしてみてくださいね。 \ instagram も更新中!follow me ♡ /
  • アラフォーになって「私の顔、四角くなったような?」と思ったら始めたい。舌・アゴを鍛えてモタつきを引き上げる鏡を見て、写真を見てふと感じる"アゴの四角化"現象。アラフォーは顔型に関係なく、アゴの形が変化するお年ごろ。実はこれこそ明らかなエイジングサイン。アゴがいかつくなる前に、早急に手を打つべしエステティシャン 村木宏衣さんエステティシャン 村木宏衣さんサロン「Amazing♡beauty」主宰。若返りをかなえる独自の「村木式 整筋」メソッドを確立し、多くの女性から支持を集めるこんな人はおとろえ顎!笑っているつもりなのに笑えていない、人と話す時に前歯が見えないようなら、アゴまわりの筋肉が衰えているサイン。特に近年は、SNSの発達での会話不足や嚙まない食事で、舌の筋肉の衰え、リンパの流れが滞り、むくみやたるみの原因にも。「アゴ下に付着する『舌骨筋群』という筋肉の集まりがあるのですが、これが衰えることで二重アゴに。また、日本語の発音は舌を使うことが少ないため舌が衰えやすい。『オトガイリンパ節』をはじめ、硬直した筋肉に圧をかけながら老廃物を流して引き上げて」(村木さん) 【リリースする筋肉はここ!】3)下に向かって落ちる筋肉を鍛える!1.指の側面をスライドして頰の筋肉をほぐす小鼻の脇に人さし指の第一関節をつけ、骨に押し当てるように2 ㎝ほど左右に5 回スライドし、目頭側に向かい4 カ所ほぐす。さらに、少し外側にズラしながら、目じりのほうまで縦4 列に分けて左右同時にほぐす。2.指先で筋肉をとらえ「えお・えお」人さし指と中指で小鼻の横の筋肉をとらえ、「えお・えお」と口をはっきり大きく動かして10セット。「え」の時は小鼻を膨らませ、「お」の時は鼻の下をしっかり伸ばす。1 と同様、下から上へ片側16カ所行う。■ゆるみがちな肌には、内側からプランプケアを1)"重力"脂肪"むくみ"の3 つの"捨てる"アプローチ。厳選された植物の力で肌の奥底からすっきりとしたVシェイプを作る。V コントア セラム 50g¥9,100/クラランス 2)筋膜へのアプローチと強靭なベール効果で顔立ちが変わるほどの引き締めを実感できる。アンフィネス アップサージ ソリューション F 40㎖¥10,000/アルビオン 3)肌の老化を加速される酸化から肌を守り、形状記憶したかのようなリフトアップ感をもたらす。ル リフト セラム 30㎖¥16,500/シャネル4)ストレスによって産生させる"老け細胞"に着目。ここにアプローチし、元気な細胞を生み出す力を高め、肌密度の高いハリ肌をかなえる。プランプコンセントレート 40㎖¥10,000/アユーラ【Marisol 9月号2019年掲載】撮影/向山裕信(vale./人物)国府 泰(物) 中澤真央(取材)ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/小田ユイコ 構成/原 千乃
  • オレンジリップ派七瀬&赤リップ派ゆうかが毎日イメチェン! 赤リップ派もオレンジリップ派も最強に盛れるコスメセットなら、どんなシーンにも神対応!オレンジリップ派ワンピース¥8900/MIIA イヤリング¥7778/アビステ こんな人にはオレンジリップがおすすめ!  メイク上級者に見せたい  抜け感のあるおしゃれさが欲しい  トレンドのメイクに更新したい 定番3+秋色4最強盛れコスメ7でメイク着回しクリーミーなダスティオレンジリップ シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッド アンプリファイド A OR 595 ¥3300/シュウ ウエムラ なめらかな質感が今っぽ。 しっかりと唇を染め上げ、印象的なリップメイクに。深みのあるオレンジだから、ワンストロークでもこなれ感がぐっとアップ。 オレンジ系パウダーチーク ロレアル パリ ル バー ア ブラッシュ 10 ¥1500/ロレアル パリ 肌なじみよく、さりげない 顔色を明るく見せてくれる、フレッシュなコーラルオレンジ。マットなパウダーが肌に密着し、自然な血色感を与えてくれる。繊維パールのハイライトパウダー セザンヌ パールグロウ ハイライト 02 ¥600/セザンヌ化粧品 可愛げ増しにマストハブ♡ テカリに見えない、ぬれたようなツヤ感を宿してくれる、ピンクを感じるハイライター。肌の内側から発光しているような輝きが。 他の画像を見る  今っぽオレンジリップが主役! 最強盛れコスメ7のメイク着回しは non-no11月号で チェック!モデル/西野七瀬 撮影/花盛友里(モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/浦安真利子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル 
  • 爆発的人気を博したキャンメイクの「ステイオンバームルージュ」から、新色アールグレイリーフと、限定色メロウブロッサムが10月1日より発売されるよ♡ ステイオンバームルージュ (左から)No.16 アールグレイリーフ、No.17 メロウブロッサム 各¥580(10月1日発売) 「ステイオンバームルージュ」は、リップバームの保湿力とルージュの発色を兼ね備えたリップカラー。リップクリーム感覚で気軽に使えて、カサつく唇にもなめらかにフィット。シアーな色づきで、自然なツヤリップになれると評判だよ。そんな大人気アイテムに、新色&限定色が仲間入り。 新色のアールグレイリーフは、こっくりとした深みのあるブラウン。今季の注目カラーでもあるブラウンリップは、ひと塗りで旬顔になれるから、持っていて損なしの1本。限定色のメロウブロッサムは、まろやかなピンクベージュ。色っぽさを引き出すくすみカラーは肌なじみ抜群! 秋にふさわしい、しっとりとした表情になれるよ。 保湿成分たっぷりでメイク中もうるおいケアできるほか、SPF11・PA +で紫外線からも唇を守る「ステイオンバームルージュ」。これだけの機能で¥580というプチプラ価格は絶対に買い! いち早く手に入れて、秋のリップメイクを楽しんで♡ ▶今だけ!non-no Buzz掲載限定品 記事一覧
  • すごいの見つけました!敏感肌用のイハダ。 肌が揺らいでいる時に、たまたまドラッグストアで見つけたのですが、これがすごい保湿力で感動。シリーズで揃えました。特にすごいのがこの薬用とろけるバーム。 テクスチャーに、保湿力に、感動し続けています。バームって固形状だから、ちょっとごわごわしてて、肌になじむのに時間がかかる印象があるけど、このバームはまったく違う!肌に乗せると体温でバームがオイル状に溶けだし、瞬時に肌と一体化。 このテクスチャーはただ者ではないです。 少量で潤い満タン!主成分は高精製ワセリン。限りなく不純物を取り除いた純度の高いワセリンだそうで、肌への負担が少ないのが特徴です。 自分の肌、特に敏感肌ではないけれど、刺激が少ないに越したことはないので、低刺激の安心感はやっぱり嬉しい♪ただ、エイジングや美白にダイレクトに効く成分は入っていないので、足りない栄養分は美容液で補い、スキンケアの一番最後にこのバームで蓋をして使ってます。感動の保湿力。 自信をもっておすすめします!美女組NO.119 NOKOのブログ
  • こんにちは! blogを見てくれてありがとうございます❤︎ バイラーズの下里朋美です! 今までの記事はこちら❤︎ 今年の秋ファッション皆様どんなものを買われましたか? 私はシースルーアイテムが気になり購入したのでご紹介したいと思います❤︎ 【シースルーワンピース】 透け感のあるワンピース❤︎ 黒でも透け感があると重くならず着やすいです♪ 秋シューズはトレンドのスクエアトゥのパイソンパンプス! 無地の洋服が多いので一気に今年っぽくなりとても便利アイテムです♪ 今月のBAILAでも注目のアイテムです! 【ブラウンコーデ】 そして今月号は可愛いブラウンコーデが盛りだくさん! ブラウンもシースルーシャツで大人っぽくコーデしてみました♪ プチプラアイテムでブラウンコーデ❤︎ 羽織としてももちろんこれから大活躍しそうです! 【ネイル】 ちなみにネイルも先端をクリアにするネイルにはまり中❤︎ 気に入って今回2回目です♪ この秋シースルーのタートルなども出ていて注目アイテムです! 是非チェックしてみてください♡ それではまた更新します♪ instagramはこちら❤︎
  • 1年ぶり、いや、もっと間があいただろうか? ゆっくり会おうね、頻繁に会おうねと言いながら、日々の慌ただしさに流されて、なかなかそうできずにいた親友と、久しぶりに会うことになった。楽しみで楽しみで、約束の時間よりもほんの少しだけ早く着いた私より、彼女はさらに早く着いていて、弾ける笑顔で私を迎えてくれた。元気? どうしてた? どうしてる? 互いの近況を報告し合っていたとき…。「実は私、『水彩画』を習い始めたの」学生時代、寮の同じ部屋で暮らした彼女は、父は高校の美術教師、母は主婦ながら自身も油絵を描く美術愛好家、妹は専門的に絵を学び、その仕事に従事と、家族そろって「芸術肌」。当時から、その才能があることはよく知っていた。「いつか絵を描くのでは」という予感があったらしく、3人の子育てが一段落したからと、思いきって行動に移したのだという。水曜日の夜、家族の食事や入浴の準備をしたあとの数時間、無心で描いているのだと言って。実際、写真で見せてもらうと、それはもう、趣味なんて呼べないほどすばらしい出来映え。思わず息をのんだ私を前に、彼女は、まだまだと首を横に振りながらも、「楽しいよー」っと、心底うれしそうに言ったのだ。ここのところ、なんとなくその「ムード」を感じていた。同世代の友人たちが「始めている」ってこと…。ピアノを習い始めた、フランス語を習い始めた、陶芸を習い始めた。やり残したことがあると、もう一度大学に通い始めた友人もいれば、保育士の資格を取るために勉強を始めた友人もいる。資格を目指している友人は、こう言った。「だからといって、仕事や今後に『役に立つから』じゃないの。ただ、楽しい。ただ、夢中になれる。そう、単純に『好きだから』なのよね」仕事を続けている友人も、家族を支えている友人も、一日が25時間あったらと思うほどの忙しさの中で、プレッシャーやストレスを抱えて過ごしてきた毎日。そんな日々を積み重ね、それぞれに「誰か」や「何か」のために目指してきたひとつの目標を達成したのだと思う。そうして、自信が生まれ、自由が生まれ。時間的にも精神的にも真の余裕が生まれた今、「自分」と「好き」の関係に対して、素直に心が動いたに違いないのだ。ふと思い出した。ずっと憧れていた女性にインタビューしたときの言葉。「あってもなくてもいいものって、あるでしょう? 例えば、洋服とかジュエリーとか、インテリアとか食器とか。ほかの人にとっては不要なもの、無駄なものかもしれないけれど、自分にとっては、絶対に欠かせなくて、とてもとても大切なものがあると思うの。実は、それが『その人』らしさってこと。その人だけの人生の豊かさはそこにあるんじゃないかしら?」生きていくうえではなくてもいいかもしれない。でも、自分にとっては何より価値があり、人生を豊かにするものがある。同世代たちが見つけ始めた「好き」は、もしかしたら、それなのかもしれないと思った。だから、こんなにも輝いているのじゃないかって。それは効率的? それは合理的? 知らず知らずのうちに自問しながら過ごしてきた気がする。見つけたいと思う。効率的でも合理的でもない、夢中になれる何かを。私だけの豊かなネクストステージが開けると信じて。原文/松本千登世  写真/興村憲彦
関連キーワード

RECOMMEND