【田中みな実×石井美保の化粧水対決】こだわりケア&愛用コスメを大公開!

マキアオンライン

「MAQUIA」4月号では、スキンケア2大マニア・田中みな実さんと石井美保さんが独自ケアを大公開! 今回は潤いケアの主役、化粧水のテクニックをお届けします。
田中みな実さんと石井美保さんの化粧水対決


スキンケア2大マニアが初顔合わせ!

田中みな実×石井美保
5番勝負

朝のうるおいケアこそ私たちのすべて


った肌ならその日1日
ずっと心も潤っていられる」

Minami Tanaka
1986年11月23日生まれ。元TBSアナウンサー。フリーアナウンサーとしてMCなどを務める傍ら、バラエティやCMなどでも活躍。大の美容好き。


のケアほど大切なものはない。
騙されたと思って試して!」

Miho Ishii
トータルビューティーサロンRiche・Riche Eyelist Academy主宰。豊富な知識と、美容への愛弾ける石井さんのエイジレスな美に注目が集まる。



 P A R T 4 
 化粧水対決 

田中みな実さんと石井美保さん

潤いケアの主役といえば、化粧水。おふたりのこだわりを調査。

石井 私は“10回入れ込み”っていうのを掲げていて。肌にもうこれ以上水分が入りません!っていうところまでしっかりと与えて、さらに上から少しリッチな化粧水で蓋をするっていうやり方が、今はすごく気に入っています。最後の一手で小ジワも目立たなくなるし、弾力もぐんとUPしますよ。

田中 私は“ながらケア”できるように、コットンパックが今大好き。肌状態によって使う化粧水は変えるんですけど、アクセーヌは特に、肌への潤いを実感することができるから、ものすごく信頼しています。今回ご紹介しているアコレのコットンもとにかく優秀でオススメ! 簡単にちぎってサイズを変えられるし、繊維が飛び出してケバケバすることもない。この状態でスチーマーを当てて、さらに浸透させることもあります。

(左)オルビスユー ローション
「程良いとろみ加減も、リピート買いできる価格もすべてが10回入れ込むにはぴったり。肌への浸透も早くて今最もお気に入り」。180ml ¥2700/オルビス

(右)ドモホルンリンクル 保湿液
「年齢的にこっくり美容液のような化粧水も使いたいので、化粧水の最後の仕上げに。コラーゲンたっぷりで皮膚の薄い方にぴったり」。120ml ¥5000/再春館製薬所


石井美保さん



化粧水のつけ方

How to

1 オルビスの化粧水を10回入れ込み。手の平で温めたあと、2 むぎゅーっと肌になじませます。3 目の下は指でおさえるように。水分が吸収されたら付け足して、化粧水が手の平に余るようになったらおしまい。最後はコラーゲン入りのドモホルンリンクルの化粧液。こっくり系で蓋をしてシワをケア」

(左)アクセーヌ モイストバランス ローション
「今最もハマっている化粧水! 使用後に肌の潤いを思い切り感じられるし、肌の調子が悪い日もこれならすっと潤いが浸透するんです。360ml ¥5500

(右)ドクターシーラボ VC100エッセンス ローションEX
「毛穴もきゅっと引き締まる。柑橘系の香りも朝のケアにぴったり。あらゆるエイジングサインに働きかけるお助け化粧水!」。150ml ¥4700


田中みな実

ローションマスク


How to

「毛穴をキュッとさせたい日はドクターシーラボ、肌がごわついている日はアクセーヌを。1化粧水を浸したコットン(ナチュラルパフ 85mm×65mm 50枚入 ¥75/アコレ)をちぎって貼り付けて5分。2 こめかみ部分は小さく裂いて。このコットンはケバケバしないし、裂くのも楽ちん」


シートマスク


How to

「急いでいる朝は、化粧水代わりにオルフェスのシートマスクを、その日の肌状態に合わせて10~15分。マスク中も別のことができて便利!」。オルフェス フェイスマスク 各¥204/ロハス製薬

もっと見る >


MAQUIA4月号

撮影/角田修一(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/山下智子(田中さん) 大野朋香〈air-GINZA〉(石井さん) スタイリスト/筒井葉子〈ピースモンキー〉(田中さん) 取材・文/通山奈津子 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

\アユーラマスクセット版のご購入はこちら/


\猫トラベルバッグ版のご購入はこちら/

関連記事
  • マキア公式ブロガーのMisatoです。こんばんは♪マキア公式ブロガー2019ビューティオフ会では、沢山お土産をいただきました。少しずつレポしていけたら、と思います。個人的にはこの3月~4月は、卒園や入学、合間に娘の習い事の遠征やら早めの七五三やらで慌ただしく、更には例年以上に酷い花粉症にやられ・・お肌はボロボロ。でも今だけだ・・と信じ、肌自体がヒリヒリしたりはしなかったので、大きくスキンケアは変えずに何とかしのいでいたんです・・。そんな時にいただいたコチラを投入したら、嬉しい出来事がありました。♥日清食品株式会社 ヒアルモイスト発酵液 1箱(50ml×10本)4,000円(税抜)ヒアルモイスト発酵液は、ヒアルモイスト乳酸菌を配合したビューティドリンク。そして、ヒアルモイスト乳酸菌とは、ヒアルロン酸を作らせる乳酸菌のこと。これは、日清食品グループの乳酸菌研究50年の歴史の中で見付けた乳酸菌だそうで、現在特許出願中だそうです。この1本の中に、ヒアルロン酸を作らせる乳酸菌液が20,000mg、ドリンクの約40%も配合されているとのこと。他にもコラーゲンが5,000mg配合されており、ビューティ尽くしなドリンクなんです。ビューティドリンクってどんな時に飲まれますか?イベント前に飲むなんて方も多いのではないでしょうか?今のライフスタイルでは特に大きなイベントも無いので、新学期が始まった辺りから飲み始めたんです。今日は習い事の送り迎えしか無いんだけどな・・とか思いながらグビッと1本。笑。こういうビューティドリンクは、絶対1本だけでは効果の実感がなかなか出来ないと思うので継続がカギかな、と思います。パンフレットによると、10日間続けるとかなりの確率で変化を実感するそう。(もちろん、個人差はあります。)そうこうしていたら、一緒にモーニングしに行ったママ友から「お肌ツヤツヤ!」と。自分自身は手でお肌を触れるとちょっとゴワっとした感じがまだ残っているし、そこまで絶好調な感じはしなかったのですが、やはり嬉しかったです♡スキンケアも大事ですが、インナーケアも大事だな~と改めて思いました。実はコラーゲン物ってちょっとクセが気になって(以前よりだいぶクセは無くなってきたと思いますが)、長く続かないんです・・。でも、こちらはピーチ味が美味しくて、ほとんどそんなクセも気にならずに続けて飲めています。そして、やはり食品メーカーだからこその安心感。通販限定だそうですが、まとめ買いするとお得になるので気になっています。(注文サイトはコチラ⇒♡)Instagram⇒♡
  • マリソルオンラインで人気のヘアスタイルランキング月間TOP10を発表。若々しいヘアスタイルにチャンジして、上品で女らしい雰囲気をかなえて。【ヘアスタイル1位】ファッション、顔立ち、髪質。すべてを調和するのがボブスタイル硬くてしっかりした髪質でもセルフスタイリングでもニュアンスが出しやすく、軟毛×くせ毛の絶妙な動きに。「昔から撮影ではきれいめな服を着ることが多くて。服とのバランスを考えるとボブが一番ハマる。今日みたいなシンプルなトップスには、ちょっと動きのある抜け感ボブがいい感じ。ハーフドライの毛先に椿油をつけるだけで決まるし、セットが楽チンなところも続けている理由かな。私は乾燥毛なのでオイルをたっぷりつけて朝はセミウェットに。でも夕方には吸収されていい感じの素髪風に(笑)。質感で遊べるのもボブのいいところ!(高垣さん)」      【SIDE】【BACK】 撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子 取材・文/松井美千代     【ヘアスタイル2位】余韻のある毛先を作れば短めショートも女っぷりをキープショートヘアのトレンドは、耳を出したり、襟足をすっきりさせたり、どんどん短めにシフト中このスタイルが短めショートでも女っぽさを感じられるのは、前髪、耳前や襟足に沿う毛束があるから。ショートレイヤーにカットしたら、毛先はレザーを使用し先細りに調整。すると毛束が肌に沿いながら余韻を残してフェイドアウトしていくため、スポーティにならずフェミニンに。襟足のみピンパーマでCカールのクセをつけると、さらに形が決まりやすく。 【DATA】 量・普 太さ・普 硬さ・柔 クセ・強【SIDE】【BACK】 担当サロン「GARDEN Tokyo」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代【ヘアスタイル3位】応用のきく長めボブが今の自分にしっくりくる自分に似合ってアレンジしやすい前髪、骨格を自然にカバーして外ハネっぽく無造作に動くフラットな毛先。各パーツにポイントをおいて、しっくりくる自分らしいボブを実現! 「ボブにしてから、自分にはやっぱり短めヘアのほうが合っているな、と日々実感。何十年もの付き合いの大親友と母も『絶対短いほうがイイ!』って言うので、きっとそうなんだろうなって(笑)。丸みのない今の切りっぱなし風ボブと、ダウンも流しも両方OKな前髪は、女性らしい服にもメンズライクな服にも、両方に合わせやすいのがポイントです。でも私、髪が伸びるのが早くって……本当はもう少し短くしたい! という願望も(佐田さん)」 【SIDE】【BACK】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/佐田真由美 取材・文/松井美千代     【ヘアスタイル4位】いろんな表情を生み出す長めニュアンス前髪をポイントに前髪の空気感、アップスタイルにした時に映えるレイヤーの束感、ちょっとしたニュアンスがポイント        "蛯原ミディアム"はアラフォー世代からも高い支持を得ているスタイル。「いろいろ失敗も経て、自分らしい髪型は柔らかくて空気感のある質感だなと気づきました。柔らかい雰囲気を左右するのはアレンジのきく前髪。以前、パッツン前髪にしていた時は、どう動かしても堅い印象になって洋服が似合わなくなってしまって。あとは内側やもみ上げにレイヤーを入れて、アップにした時の後れ毛ニュアンスも仕込んでいます(蛯原さん)」【SIDE】【BACK】撮影/岡部太郎(SIGNO)ヘア/Dai Michishita メイク/水野未和子(3rd)スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/松井美千代【ヘアスタイル5位】ウルフの女っぷりを上げているのはアンニュイな前髪と柔らかな毛流れヘアスタイルのテーマは「女っぷりウルフウェーブ」!        自然に首もとに沿う、ウルフの長めの毛先が大人の色っぽさを表現しているSHIHO’sスタイル。「くせ毛を生かすためのレイヤーを入れています。昨年カットしたウルフが伸びただけなんだけど(笑)、イイ感じのニュアンスが出せるし、セットも楽なんですよ。ラフなスタイルは好きですが、マリソル世代ならきれいな質感も必要。私もヘアケアはとても意識していて、アウトバストリートメントや髪にいいサプリで美髪を育てています(SHIHO)」【SIDE】【BACK】撮影/YUJI TAKEUCH(I BALLPARK) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/SHIHO 取材・文/松井美千代【ヘアスタイル6位】パーマスタイルが教えてくれた、今の自分にしっくりくる髪と服久しぶりにパーマをかけたら新しい自分を発見!もとのくせ毛とカールが相まって、いい感じのふんわりヘアに。       ロング×パーマの五明さんを見たのは久しぶり。「昨夏にパーマをかけたんです。撮影でクルクルにアレンジされることが増えたので、こんな感じが今の私に合うのかも、と思って久しぶりの挑戦。そうしたらまとまりがよくなってセットも楽に! パーマ=古くさいというイメージを払しょくできたのも発見でした。不思議なのが、髪型が変わったら、プライベートで着る服が変わったんです。髪型って女性のイメージを左右すると実感(五明さん)」【SIDE】【BACK】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹  メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/五明祐子 取材・文/松井美千代 【ヘアスタイル7位】ウルフ系でかっこよさに色っぽさをプラスα顔に添う縦長ラインが丸顔に効く、かっこいいショート。        丸みのあるフォルムから、首もとでなだらかに外ハネになる今どきウルフショート。直線的でかっこよさがありながら、首に毛束が沿い、フェイスラインを包むことで絶妙な色っぽさも演出できる。縦長ラインをつくるので、丸顔カバーにもきく。【SIDE】【BACK】担当サロン「marr マール」 撮影/内山功史(人物) 永躰侑里(BEFORE) メイク/TOMIE(nude.) サユリ(nude.) コンイルミ(ROI) スタイリスト/角田かおる 取材・文/松井美千代 撮影協力/EASE【ヘアスタイル8位】ブローのみで再現できるナチュラルなシンプルボブヘアWバングスで、「大人可愛く」も「大人っぽく」も自由自在。       全体フォルムはフロントをやや長めにカットしている前下がりボブ。表面に重さとツヤのあるベーシックなスタイルは、毛先を内巻きにブローするだけでセルフスタイリングできるので、日々のライフスタイルでの手入れの楽ちんさも魅力。新しいポイントは"Wバング"。サイドは長め前髪にカット。前髪の中央には、眉の高さ×幅狭な前髪を作る。2 段階のWバングがあることで、前髪を下ろすと大人可愛く。サイドに流すこともできるので、服に合わせて大人っぽく。シーンに合わせて違うスタイルを楽しみやすい。 【DATA】 量・普通 太さ・普通 硬さ・普通 クセ・中【SIDE】【BACK】 担当サロン「ABBEY2」 撮影/青柳理都子 メイク/藤本 希(cheek one) イワタユイナスタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代【ヘアスタイル9位】洗いざらし風のスタイルはレイヤーでくせ毛を絶妙に動かしてレングスを短くし、レイヤーをさりげなく入れたブレンダのNEWスタイル。       「ずっとワンレングスだったから、自分のくせ毛を生かしたナチュラルな髪型にしたいと思って、海から上がったばかりの"ビーチヘア"風に。でも本当のビーチヘアだとパサパサだから(笑)、ヘアケアは大切。長めヘアだけど、きちんと乾かしてから寝るとかね。セットも顔まわりはヘアアイロンで動きをつけています。ナチュラルな髪型こそ、手をかけないと!(ブレンダ)」【SIDE】【BACK】撮影/酒井貴生(aosora)ヘア/Dai Michishita メイク/早坂香須子(W) スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ブレンダ 取材・文/松井美千代【ヘアスタイル10位】前髪の作り方しだいで-5歳!柔らか印象がポイントの40代からのフェミニンボブ 大人可愛くなりたい人のための柔らかな印象のボブ。肩上の長さのボブを基本に、小顔効果がある「ひし形フォルム」になるようレイヤーをプラス。前髪は自然にサイドへつなげながら斜めに流せるようにカット。絶妙なバランスで子供っぽくならずマイナス5 歳効果を発揮。大きなJカールのパーマで柔らかい雰囲気に。【SIDE】【BACK】担当サロン「Belle Ginza」 撮影/青柳理都子 メイク/広瀬あつこ TOMIE スタイリスト/池田めぐみ  取材・文/松井美千代※4月1日〜4月25日集計
  • 肌の大敵「ソバカス」と「くすみ」に悩まされてきたバイラーズが「透明感」を得られると話題の新作美白コスメを3週間お試し。なんと肌トーンに変化が現れ、周囲もその変化に気づいたようで…!? 「ソバカス&くすみが気になる…」スーパーバイラーズ 櫻田結子さん肌は白いほうではあるものの、皮膚が薄いのでソバカスが目立つ。疲れると、肌トーンがくすみがち。コーセー インフィニティ(右から) アドバンストホワイト ローションXX 同セラムXX  同クリームXX美白有効成分コウジ酸が、メラノサイトを直撃。代謝を促しながら、シミ抵抗力を高める。(すべて医薬部外品)(右から)160㎖ ¥7000・120㎖ ¥7000・40g ¥12000(すべて編集部調べ)二度見されるレベルのスケルトン肌に目まわりの赤みが晴れ、全体の肌トーンが均一に。もともと白い肌に、さらに透明感が誕生! 同居人からも「あれ? 肌白くなった?」と目視されるレベルに。撮影/齋藤晴香(バイラーズ)、久々江満(物)  ヘア&メイク/中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/辻村真理  モデル/櫻田結子(バイラーズ) 取材・原文/谷口絵美 ※BAILA2019年5月号掲載
  • 本日4/26(金)発売「キールズ ウォータークリーム CL」古くから皮膚のガードマンとも呼ばれ、世界中で親しまれてきたカレンデュラ。このクリームには、その微粉化された花びらと花エキスが含まれ、肌に触れた瞬間、パッとはじけてすっと浸透するそう♡ 気温が上がり湿度も高まってくるこれからの季節、みずみずしいクリーム、いいですよね!ちなみに1枚目の写真は発表会での巨大なオブジェ。この写真では伝わりにくいけれど、ちょっとしたお風呂くらいBIGでした!(副編K)
  • @BAILAで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ5を発表! 第5位~第1位をチェックしてくださいね。 ※対象:2019年4月19日(金)~4月25日(木)の新着記事【第5位】山スタイルも普段のワードローブの延長で<スタイリスト・福田麻琴さんの登山グッズ>「アウトドアや街歩きに取り入れやすい」「自分らしさを忘れずに自然を楽しみたい」というスタイリスト・福田麻琴さん。街でも、山でも、機能的で快適に過ごせるコーディネートを教えてもらいました。★記事はこちらから>【第4位】海外旅行の達人・ひとりっP愛用<旅の便利グッズ9選>楽ちん下着からスーツケースまで大公開海外旅行は楽しいけど、長時間のフライトや気候の変化など何かと疲れることも多いはず。そこで、海外旅行の名人・ひとりっPが、スムースで、ノンストレスな旅行にするために、ひと役もふた役も買ってくれる厳選9アイテムをリコメンド。 ★記事はこちらから>【第3位】パリ旅行は大人なワードローブとともに<スタイリスト・室井由美子さんの6つのルール>数多くの女性のファッションスタイルを提案してきたスタイリスト・室井由美子さん。今回はベーシックなアイテムで作る「大人なパリスタイル」を教えてもらいました。いつもと違うコーデで旅行に行きたい方は必見です! ★記事はこちらから>【第2位】ハワイ旅行に何を持って行く?<スタイリスト・安西こずえさんの旅ワードローブ>訪れる先に思いを馳せながら、その土地や過ごし方に合ったワードローブを試行錯誤するのも旅の醍醐味。月1回は現地入りするほどのハワイ通のスタイリスト・安西こずえさんに、ハワイに持って行くワードローブと現地でのコーデを教えてもらいました。 ★記事はこちらから>【第1位】<とろみワンピース×ジャケットスタイル8選>予定のない日こそ大人の可愛げを楽しもう!自分のペースで仕事ができる日こそ、人目を気にせず自分の着たい服を着てみませんか? 今回はオフィスでも浮かない、ワンピースとジャケットを使った「大人可愛い」ファッションを気軽に楽しむ方法をご紹介します。 ★記事はこちらから>過去のファッション人気ランキングを見る
  • 昔の細眉ブームを経てきたアラフィー世代は、そのまま眉メイクを更新することなく、気づいたらあのころの“昔眉”のままという人も多いのでは!? 若い頃から太めの眉が悩みだったと話す謝名堂さんは、今は逆に描かない事でぼんやり顔に。プロのヘアメイクが今よりも美人度をぐっと増す“麗しマダム眉”の作り方を伝授!ぼんやり顔の「間のび眉」若いころから太めの眉が悩みでやりすぎないように気をつけていたエクラ 華組・謝名堂華菜子さん。今は逆に描かないことでぼんやり顔に。眉頭を意識した直線的な太眉で美人度がUP。Make-up Items(右)コフレドール WブロウデザイナーBR-47 ¥2,600(編集部調べ)/カネボウ化粧品 (中)ボリューム アイブロウ マスカラ02 ¥3,000/SUQQU (左)ヴィセ リシェ カラーリング アイブロウパウダーBR-1 ¥1,200(編集部調べ)/コーセー眉の下側はアーチをつけずにストレートっぽく。眉頭はパウダーの余りもので、お習字の払いの要領ですっすっと。生えムラが目立つ素眉は、髪色に合わせた眉マスカラで整え均一に。マスカラは塗る前にティッシュで余分をとって。Before…太さはあるが生えムラもあり、手抜き感が。眉の下側と眉頭は描かず、上側だけペンシルでアーチにしてぼんやり&ほっこり眉に。after…髪色に合わせたペンシルでベースを描き、毛のない部分は濃いパウダーで色合わせ。ストレート感のある麗しマダム眉できりっと知的な印象に変身。教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん アラフィーはもちろん、年齢を問わずその人の最大きれいをメイクで引き出すセンスとテクニックはピカイチ。著書の『スマイルメイク』(世界文化社)も好評。撮影/玉置順子(t.cube) 富田 恵 ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/謝名堂華菜子(エクラ 華組) 取材・文/山崎敦子 ※エクラ5月号掲載
  • クラランスから、不要なものを排出して必要な栄養素だけを補う、ジュースクレンズのようなスキンケアがデビュー! ミレニアル世代向けに開発されたラインだが、大人の肌にもおすすめしたいクオリティ。 「マイクラランス」は、すこやかな肌をキープするために大切な「IN=細胞に栄養を与えること」と、「OUT=細胞内にたまった不要なものの排出」に着目したスキンケアライン。このIN&OUTがスムーズに行われていれば、肌はうるおいを保ち、ゆらがない肌でいられるのだが、そう上手くはいかないのが悩みどころ。 そこで、この2つの働きをサポートするためにクラランスが見出したのが、ミネラルやビタミンが豊富で、細胞に栄養を与えるココナッツウォーターと、酸化ストレスから肌を守り、不要なものの排出を助けるアルペンローズエキス。さらに、クラランス選りすぐりの植物&フルーツ由来成分を配合し、みずみずしくバランスの取れた肌に導いてくれる。 マイクラランス ピュア クレンジング ジェル 125ml ¥2,500(2019年4月26日店舗限定発売) 肌になじませた瞬間、軽い泡に変化するクレンジングジェル。クールな洗い心地で、メイク汚れや余分な角質を穏やかに落とすことができる。使い続けるうちに毛穴の詰まりや肌のテカリが気にならなくなり、すっきりクリアな素肌へ。マイクラランス ハイドレイティング ビューティー ミスト 100ml ¥2,600(2019年4月26日店舗限定発売) フラワーウォーターベースのミスト式化粧水。保湿効果にすぐれたフィグや、肌の輝きを高めるアセロラシードの力で、一日中コンディション良好な肌に。みずみずしい花の香りは、朝の眠気ざましや夕方のリフレッシュに大活躍。 マイクラランス リフレッシュ ハイドレイティング クリーム 50g ¥3,200(2019年4月26日店舗限定発売) 保湿クリームは仕上がりの好みで選べる3種類がラインナップ。こちらは普通肌向けのさっぱりとした使用感。ゴジベリーやフィグ、タマリンドなどの美肌カクテルが血色感と潤いをもたらし、疲れを感じさせない肌へと導く。マイクラランス リラックス スリープマスク 50g ¥3,400(2019年4月26日店舗限定発売) 就寝中の肌にうるおいを与えながら、日中に受けたダメージを回復する夜用保湿クリーム。ほのかに漂うジャスミンの香りで安眠効果もばっちり。翌朝には、うるおい満タンのふっくらとした肌に出会えるはず。毎晩の使用はもちろん、週に数回のスペシャルケアとして使ってもOK。 マイクラランス ブラー&マット スティック 3.2g ¥2,200(2019年4月26日店舗限定発売) 肌のテカリを瞬時に消し去る魔法の消しゴムのようなアイテム。気になる部分にひと塗りするだけで毛穴が目立たなくなり、サラサラの質感に。気温の上昇とともに毛穴の開きが気になるこれからの季節の強い味方! 肌によいものだけを与え、悪いものは取り除くというスキンケアの基本に立ち返った「マイクラランス」。さまざまな情報があふれる昨今、何を使えばよいのかわからなくなってしまったというスキンケア迷子の大人にも響くはず。 クラランスhttps://www.clarins.jp/03-3470-8545 text:Tomomi Suzuki ビューティニュース>>
  • 美容エディター・前野さちこさんは、旅行に持っていくコスメポーチには普段使いのものと+αのアイテムだけを詰めていくんだそう。今回は、台湾での紫外線にも負けない、前野さん愛用のスキンケアアイテムをポーチ丸ごとご紹介!美容エディター 前野さちこさん『MAQUIA』の編集者を経験後、パリに留学。現在はフリーランスで数々の雑誌や広告などを手がける。「食べ歩く台湾では歯ブラシ、歯間ブラシもマストです」 trip to Taiwan台湾行き【スキンケアポーチ】を大公開!SKIN CARE (スキンケアポーチ)旅先にはマイベストスキンケア(ちび)+αで「旅行に行くからといって、特別なものを使うというよりは、普段使いコスメのちびサイズにちょい足し程度。紫外線を浴びながら歩くことも多い台湾では、美白ケアを強化します」「肌が敏感なので、ベーシックなスキンケアアイテムは普段使っているものを。旅行でも欠かせないのがドクターハウシュカのクレンジングミルク2。小さな容器に詰め替えてメイクオフ時はコットンでふき取り。日差しの強い日が多い台湾では、アルビオンの集中美白美容液1をプラスして紫外線対策に心がけを」「ここ数年愛用しているiniksの洗顔料、化粧水、乳液3・4・5は必須です」「歩くことの多い台湾では急に足の爪が当たって痛いということもあるので、爪切り6も重宝」「旅行を全力で堪能するためノンストレスなケア&メイクができる用意を」「短時間で行けちゃう台湾は、もっぱらおいしいごはんを食べるのが目的。それなのに、メイクくずれが気になって何度も直す、とか、ホテルに戻ったらアレ、肌がピリピリして痛い……?とか、楽しい思い出づくりの妨げになるのはご法度。信頼のおける“いつものコスメ(ちびサイズ中心)”と、気候に合わせたメイクアイテム&テクで、あれこれ気にすることなく、思う存分食べ歩き旅行を満喫したい!がポーチづくりのコンセプトです」撮影/さとうしんすけ 取材・原文/浦安真利子 ※BAILA2019年5月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND