ショコラブラウンで仕上げる、大人リラクシーなふんわり外ハネロブ

マキアオンライン

人気の外ハネロブに、表面へふんわり感を加えてリラクシーなムードをプラス。ナチュラルだけど動きに満ちた、しなやかなシルエットが春っぽい♡ さらに抜け感を与えたシースルーバングで、優しく明るい印象に仕上げています。カラーは暖色系のショコラブラウンを選び、ツヤと透明感を両方取りに。ユルンとした質感を生かして、サッと一つ結びにするだけでもおしゃれにキマります。

Image title

ベースは肩につくレングスのロブスタイル。全体の重さを残しつつ、表面にレイヤーを入れて動きをプラス。前髪は眉下でカットし、隙間をたっぷりと加えて軽やかな質感に。さらに前髪からサイドにかけて長めの毛束を作り、小顔効果を高めます。パーマは太めのロッドで2回転平巻きにして、低温デジタルパーマをオン。髪に負担が少なくて再現性も高い、サロンで人気の施術です。カラーは9トーンのショコラブラウンをワンメイク。温かみとツヤ、透明感が楽しめるカラーは今春イチオシ! 暖色系の色みは、髪色が黄色っぽく褪色しやすい人にもおすすめです。

Image title

根元中心に温風を当ててふんわりとドライ。乾いたら32㎜アイロンを使い、まず毛先をすべて外ハネ巻きに。さらに表面の髪を縦巻きにして、S字状のカールをメイク。この一手間でスタイルの立体感がUPします。スタイリング剤は柔らかめのワックスまたはヘアミルクをセレクト。手によくのばしてから内側→全体の順になじませ、髪の動きをしっかりと出してできあがり。顔横のサイドバングを生かして小顔を強調したり、耳掛けしてスッキリと仕上げたり、コーデに合わせて表情を変えられるのも素敵! ゆったり柔らかな外ハネヘアで、春の着こなしをさらに楽しく。


スタイリスト/Momo(GARDEN omotesando) モデル/伊藤穂乃佳 文/永田未来(ichigo)

GARDEN omotesando   http://garden-hair.jp/garden_omotesando/

関連記事
  • ノンノで人気のメイクを発信し続けるH&M河嶋希さん。盛りたいポイントを厳選してメリハリをつけ、時間をかけずに可愛くなれる――。女の子なら誰もが知りたいそのテクを、特別に教えてもらいました♡ 時短メイクの神!ヘア&メイク 河嶋希さん ノンノでは数々の表紙や中表紙、人気企画"メイク着回し"などを担当。モデル・女優からの指名も多数で、5月にはメイク本も出版! ゼミのOB会まであと8分。きちんと顔になりたい! 「目と眉に集中。ブラウンパレットで両方仕上げちゃいましょう!」 "きちんと感を出すためにはアイゾーンが大事! パレットで一気に仕上げれば手間もかからず、ノーマスカラ&ラインでも意思ある印象に" 使うのはこの3つ! A 赤みブラウンのアイシャドウパレット 締め色入りの肌なじみのよいパレットが使い勝手よし。適度な立体感の出る赤みブラウンは好感度も高い! クチュール クルール パレット No.14¥7800/イヴ・サンローラン・ボーテ B ピーチピンクのチーク 肌に密着するしっとりとしたパウダーが◎。自然な発色のチークでさりげなく、血色感を。 ピクニック ブロッサムチーク BE101¥900/エチュードハウス C コーラルピンクのリップ 生き生きとした表情に見せてくれる、シアーなツヤありルージュをチョイス。唇、チークの色を相性のよいコーラル系カラーで揃え、全体のバランスをまとめて。 ルージュ ココ フラッシュ 74¥4000/シャネル カスタマーケア--- How to make up ---ブラウンを薄くまぶたに Aの★を指で取りアイホールに薄くのせる。二重線の少し上くらいまでが目安。目のキワを淡色で締める Aの♥をチップの細いほうに取り、目頭〜目尻に。これで目元に奥行きが出る!目尻に明色+で印象UP 下まぶたの目尻1/3にAの♦を。肌になじむ明るさを足して、さりげない目力を。他の画像を見るワンピース¥7990/titty&Co.ルミネエスト新宿店 ピアス¥2400/サンポークリエイト(アネモネ)▶今っぽ時短メイクをもっとチェックモデル/鈴木優華 撮影/中里謙次(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/今村仁美(io) 構成・原文/浦安真利子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • LEE5月号掲載!五明祐子さんのお買い物、マネしていいですか!?にて、大反響となり、瞬く間に完売を繰り返しているROTHCOミリタリージャケット。 五明さん私服テーマに繰り返し登場し、メンズライクなミリタリージャケットを、ゆるりとしたオーバーサイズで今っぽくアップデートした一着は、パンツにもスカートにも相性のいい万能さがウリ。薄くて軽いコットンの一枚仕立てだから、持ち運びもしやすく、秋口まで大活躍すると評判です。 ROTHCO/ミリタリージャケット/¥9,800+税 WEBでも、現在、受注予約受付中なのですが、さまざまなコーディネート合わせで、複数サイズを購入したいという声をいただいています。 サイズ左からXS、M、L 着比べをしたいというご要望をかなえたく、FLAG SHOP リアルショップの下記2店舗に、全サイズのサンプルを、4月25日(木)よりご用意させていただきます!サイズ感などで迷われる場合は、実物を見ていただけるので、不安なくご予約いただけます。ぜひご来店ください。 ※現物商品は現在完売のため、サイズをご確認いただいたうえでのWEB受注予約になります。 【リアルショップへのお問い合わせ】 そごう横浜店3Fシーガルコート内:045(461)4115(直通) 東急プラザ銀座4階 HINKA RINKA内 :03(3572)0050(代表電話) ぜひ、様々なスタイリングに合わせて、お試しください!  
  • こんにちは。   スタイリストの坂本陽子です。 やっと春らしくなって来ましたね。 気分も軽やかに、春夏シーズンは、是非、新しいアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?   私がおすすめするアイテムは、「ロング&ミモレ丈スカート」。   今回は、3月末からスタートしている春夏コレクションのなかから、パンツ派の皆様にも、是非挑戦して欲しいロングスカートの選び方や、着こなしをご紹介したいと思います。   私も、以前は毎日パンツばかりでしたが、ロングスカートをワードローブに取り入れてから、着こなしの幅がグンと広がりました。   春は華やかに、トレンド感を取り入れられますし夏は、意外に涼しく、機能的にもかなり納得出来るアイテムなんですよ。   又この時期、女性らしい格好をしたいけれど、肌はあまり露出したくない! そんな大人の女性のわがままに答えてくれるアイテムがロングスカートなんです。   まず、キモとなる選び方は、「無難な物を選ばない」!   柄物や、あるいは、素材、ディテールにこだわった物を選ぶようにしましょう。 着ていて、気持ちがウキウキするような、そして、コーディネイトの主役になるような物を選ぶと、失敗がありませんよ。 無難な物は、古くさく、オバさんぽく見えてしまう可能性があるかも?     こちらのニュアンスプリーツスカートは、1パーツずつ手で絞りを入れたスカートです。 エアリーだけれど、適度なシャリ感があり、ヒップラインもカバーしてくれるのが嬉しい。 黒よりも軽やかで、トップスの色を合わせ易いストーングレーが、着回し易いと思います。 春は、ヨットパーカーにスニーカーでカジュアルに、夏は、コンパクトなトップスにサンダルで上品に、とシフトチェンジも簡単ですよ。 又、同素材のブラウスもあるので、ワンピース風にしても素敵。     そして、レオパード柄も見逃せません。 敬遠されがちな柄ですが、このスカートならば、派手過ぎず、 上品なイメージに仕上がるので、是非、挑戦してみて下さいね。     光沢感のある軽い素材で、履き心地が抜群です。 適度なドレープが女性らしく好印象。 トップスは、なるべくシンプルにコンサバなアイテムを選ぶのが、 失敗しないコツです。 初めてレオパード柄に挑戦する方なら、春は、トレンチコートなどの羽織物からチラ見せ?して練習(笑) 夏は、締め色の黒や茶のTシャツを合わせて、クールに。 今ある手持ちのアイテムにプラスするだけで、新鮮な着こなしが完成します!   そして、綺麗めで、着る場所を選ばないネイビーのスカート。   シワになりにくく、さらっとした素材です。 歩く度に、のぞく白のプリーツが、ポイント。 春は、定番のボーダートップスと合わせても、カジュアル過ぎない着こなし になります。 足元は、ローファーでもオシャレですね。 夏は、差し色として、ヴィヴィットカラーのトップスと合わせると、エッジの効いたこなれた印象に。     ラヴィヴァン春夏コレクションの主役スカートで、 より上品なワンランク上の女性に。 表情豊かな華やかスカートを素敵にはきこなして下さいね♪       Article By Yoko Sakamoto 坂本陽子(スタイリスト)40代から50代向けの女性ファッション誌を中に幅広く活躍。大人世代のワードローブを知り尽くしたスタイリングに定評がある。「alohadog co,ltd」主宰 1960年5月5日生まれ  
  • アラフォーにピッタリはまる永遠にときめく小花柄ワンピースこんにちは yasukoです 今年はよく見かける小花柄ワンピース 正直 自分のキャラに似合うかなとか 思ってましたが 今年は挑戦してみたいと思い 自分の思う ときめくワンピースをみつけました 私がピピときた小花柄ワンピース N.O.R.C outfit ☆ マキシワンピース N.O.R.C パンプス reppet バック PIERREHARDY N.O.R.C は Marisolでもスタイリングされている福田亜矢子さんと斎藤くみさんのディレクションするブランド 私がワンピースを選ぶ際に 気にしていたのは *アラフォーも着れるシックな小花柄 *かっこよく着れる *思い切ったチャレンジだったので出来るだけプチプチ価格で それを全て満たしてくれたN.O.R.C *ベースがブラックで大人っぽい *Vネックなのでスッキリみえる *袖がゴム使用で夏でも簡単に袖を上げて軽さを出せる *マキシ丈で大人っぽく *ウエストが調整できてしかもハイウエストだからスタイル良くみえ間違いなし アラフォーの事情を知り尽くしたブランド ほかにも シャツやスカートもカッコ良くてステキです ↑ ウエスト調整できる 袖丈を自分好みに調整 ★ N.O.R.C クリック大人の為の究極のコスパブランドと思います Marisol4月号にモデルの五明祐子さんも美しく着られてます yasuko美女組No.162 yasukoのブログ
  • 永遠のベーシックと思いきや、デニム離れしているアラサーも増加中。「実はデニムコーデをノームコアばやりの時代から更新できていないんです。今っぽい着こなしにするには?」という読者の悩みに、デニム好きを公言するスタイリストがお答えします!お悩み「実はデニムコーデをノームコアばやりの時代から更新できていないんです。今その着こなしをすると、ものすごく地味」➡トレンド柄をプラスすれば、即今っぽいし女らしさも、華やかさも増量します!(スタイリスト・石田 綾さん)「今季はドットやストライプなど柄が豊富。ベーシックな色みをチョイス」。(モデル)パンツ¥23000(アッパーハイツ)・靴¥46000(ルチェンティ)/ゲストリスト ブラウス¥19000/ラヴァンチュール マルティニーク タンクトップ¥7900/RHC ロンハーマン(フィルメランジェ フォー RHC) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥33000/ショールーム セッション(ポティオール) スカーフ¥16000/スローン (物上から)ブラウス¥11000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ノーリーズ) シャツ¥7900/N.ルミネエスト新宿店教えてくれたのは……スタイリスト 石田 綾さん誰よりも流行に敏感な早耳スタイリスト。トレンドを上手に取り入れたカジュアルなスタイリングは、デイリーに着こなしやすいと評判。撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 イラスト/高篠裕子 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年5月号掲載
  • 数多くの女性のファッションスタイルを提案してきたスタイリスト・室井由美子さん。今回はベーシックなアイテムで作る「大人なパリスタイル」を教えてもらいました。いつもと違うコーデで旅行に行きたい方は必見です!trip to Paris(パリ)!!スタイリスト室井由美子さんBAILAほか『LEE』『Marisol』『éclat』などの女性誌から商品開発・イベントまで幅広く活躍。ベーシックを軸にしたリュクスなスタイルに定評がある。旅先では「暮らすように過ごす」ことを大切にしているそう。「“大人のきちんと感”を演出しながら、眺めていても気分が上がる服がパリの相棒に」パリに行ったらボーダーやデニム、バレエシューズのようにパリらしいおしゃれがしたいし、着回しよりも毎日いろんなコーディネートを楽しみたい派。そのほうが気分が上がります。いつでも気をつけているのが、旅でもきちんと感のある装いにすること。丁寧なサービスを受けるためであり、すべては気持ちよく過ごすことにつながります。グローブ・トロッターのスーツケースは置いてあるだけで可愛くて絵になりますし、開けたときに美しいと思えるようにパッキングします。20年ほど使っていても丈夫というグローブ・トロッターのスーツケースをお供に。旦那さんとの旅行では、大きいほうが室井さん用。毎日のおしゃれが飽きないように服だけでなくハットやバッグ、シューズなども数種類持参して。ブルーやグリーンなど強い色が多めでも、足もととバッグがブラウン〜白で統一されているのでどう組み合わせても素敵な着こなしが成立。滞在先に着いたらまずは服にアイロンをかけて、自宅と同じような心地よい空間をつくることからスタート。「マルシェで買い物して夫(シェフ)が料理を作ってくれることも。ワインを飲みながら二人でいただく時間も好き」。丸めないパッキングなら開けたときも美しい!アウターやワンピースのような丈の長いものは先をしまわないでいちばん下に入れ、その上にたたんだ洋服を。外に出ている洋服の端で上からふたをしたら完成。最後にスカーフをのせても。6つのルールで作る大人なパリのワードローブ Rule_1 パリらしいベーシック強い色はボトムで取り入れて華やかさをプラス。「写真映えにもなりますし、日本ではできない色合わせも楽しみたい」。ピンクのパンツはイレーヴRule_2 3色トップスオーラリーのリブニットは色違いで。「着心地、形、フィット感などパーフェクトな一枚。いつも着ているストレスのないものを持っていきます」Rule_3 遊びのある小物キュートなグリンのイヤリングやハルポのネックレス。「手もとはクラシックなデザインのジュエリーが多いので、ハズしとして投入します」。Rule_4 ローヒール足もとは歩きやすさ重視。白パンプスはマノロブラニク、メタリックバレエはセリーヌ、茶色バレエシューズはカルツァイウォーリ フィオレンティーニ。Rule_5 きれいめワンピorセットアップ思い切りのいい長め丈が気分というワンピースはスカーフをプラス。ルージュ・ヴィフの黒のセットアップ(左)はラドローのPVCバッグと合わせて。Rule_6 キレイ色強い色はボトムで取り入れて華やかさをプラス。「写真映えにもなりますし、日本ではできない色合わせも楽しみたい」。ピンクのパンツはイレーヴ。ホテルに着いたらまずは巣作り!居心地のよい空間に。「お気に入りの香水やルームスプレーで自分らしい空間をつくります。食べ歩きも多いのでシミ抜きもマスト」。(右から)メゾン フランシス クルジャンの香水、ザ・ランドレスのシミ抜き、ルームスプレー、ワインオープナー。撮影/草間大輔〈impress+〉 取材・原文/昼田祥子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
  • 美容ジャーナリスト鵜飼香子さんが、肌悩み別最新シートマスクをお見立て!輝く美肌の持ち主・鵜飼さん。実は365日シートマスク生活を続けているそう! そんな鵜飼さんが、加速度的に進化し続けるシートマスクの中から最新の肌悩み解決型アイテムを厳選して教えてくれました♡うかい・きょうこ●美容誌『MAQUIA』のエディターを経て、美容ジャーナリストとして独立。豊富な知識と実体験をもとに、各女性誌で本当に役立つコスメやテクニックを紹介カットソー¥5800/ユニバーサルランゲージ渋谷店 靴¥5500/オリエンタルトラフィック その他/スタイリスト私物「目もとや口もとのパーツケアをしたい!」なら、集中レスキュー系シートマスクを♡ 見た目にも変化を実感しやすい!「小ジワやシミなど、さまざまな悩みが一極集中する箇所は、部分用シートマスクで重点的にケア。範囲が狭いとあなどりがちだけど、パーツが回復すると見た目印象がぐっとイキイキするから試す価値あり」(鵜飼さん)鵜飼さんおすすめの「集中レスキュー系」シートマスクはこれ!クレ・ド・ポー ボーテマスクイユー レジェネランS目もとのシワは額やこめかみとも因果関係が。コクのある美容液で、目まわり全体の“お疲れ印象”を和らげる。(6枚)¥15000ハニーロアハニーエッセンスパック rジェルが唇深部からのめぐりを高め、ぷっくりボリュームリップに。タイミング問わず“ながら使い”できるのも◎。(8枚)¥2000ナビジョンHA フィルパッチ100%のヒアルロン酸を1枚につき1200本の針状に固めた目もと用美容液シート。徐々に角層の深くへ。(3セット)¥5800/資生堂▶▶「使えば、ぐぐっと小顔に♡ 美容ジャーナリスト・鵜飼さんがこっそり教える小顔に効くシートマスク3選」記事も合わせてチェック! ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/浪花真理子 撮影/押尾健太郎(P134〜135人物) 藤澤由加(P138〜139人物) 久々江 満(製品) ヘア&メイク/野口由佳(ROI/松本さん分) 甲斐美帆(ROI/藤井さん分) イワタユイナ(鵜飼さん分) スタイリスト/梅林裕美(P138~139) イラスト/高橋由季 撮影協力/アワビーズ
  • 全国のモア世代女子は何が好き? 何してる? そんな疑問から生まれたのがこの『あなたのアフター6、連れてって』企画! MORE編集スタッフが、飲み代を握りしめ、日本全国の女子会に潜入します!地元愛は全国No.1かも!? 悠久の日本を存分に味わえる「奈良県奈良市」の女子会に潜入♡■奈良県DATA ●県庁所在地:奈良市 ●人口:133.7万人 ●ご当地グルメ:茶がゆ、飛鳥鍋、柿 ●出身有名人:堂本剛(KinKi Kids)、ゆりやんレトリィバァ ●ヘビロテ方言:〜しやん?(〜しない?)【おすすめ女子会SPOT】『書架 花の月』東大寺の側に佇む複合店『書架』の中にある、手巻きずし専門店。約20種類もある四季折々の具材を、自分で巻いて楽しめる。SNS映えもばっちり! ◆奈良県奈良市春日野町16 ☎0742・25・2301 11:00〜16:00 不定休今回 『書架 花の月』 で、編集スタッフと女子会したのは彼女達♡(右)藤岡真衣さん(29歳・栄養士)、(左)吉田祐里さん(30歳・受付)地元女子は共感の嵐!? ご当地女子に聞いた「奈良OLあるある」【1】結婚式の引き出物は高級ラムネ?「イコマ製菓本舗の幻の高級ラムネ『レインボーラムネ』。カラフルな見た目で、結婚式の引き出物として重宝されています。入手困難なので、引き出物に入ってたらテンションUP!」(吉田さん) 【2】大仏のように朗らかな人が多い「周りの友人を見ていて思うのは、楽しく、ゆるく生きていこう! というスタンスの人が多いように感じます。怒るということもあまりなく、基本ストレスフリーかもしれないです」(藤岡さん)【3】プリンといえば「まほろば大仏プリン」「奈良でプリンといえば、『まほろば大仏プリン』の一択。昔懐かしい味で絶品。特大サイズは圧巻の見た目。夫婦喧嘩の翌日は、だんなさんが謝罪の印にと買ってきてくれることも(笑)」(吉田さん)【奈良OLイチ押し!】よく行くSPOT![ ACTIVITY ]日本一との呼び声高いパワースポット『三輪明神 大神神社』 「日本最古の神社といわれ、拝殿の奥に佇む三輪山がご神体。許可を得たら登ることができるんです! 厳しい山道ではあるけど、大自然を感じながら登る時間が心のデトックスをしてくれます」(吉田さん)。♦奈良県桜井市三輪1422 ☎0744・42・6633 ■http://oomiwa.or.jp/[ DATE ]SNS映え抜群の別世界に迷い込む『奈良祭都 金魚ミュージアム』 和風アミューズメント施設。「アーティストが手がけた金魚×アートのコラボは圧巻! つい写真を撮りすぎます。同じ施設内で、忍者体験やトリックアートも楽しめます」(吉田さん)。♦奈良県奈良市二条大路南1の3の1・4F ☎0742・32・5133 ■https://www.narasight.com/[ FOOD ]大和の朝ごはんをゆっくりいただく『鹿の舟 竈』 人気カフェ『くるみの木』がプロデュース。「かまどで炊いたご飯と奈良産食材をたっぷり使った定食は絶品。併設のグローサリーでは奈良のおすすめ食材が揃います」(藤岡さん)。♦奈良県奈良市井上町11 ☎0742・94・5520 ■http://www.kuruminoki.co.jp/shikanofune/ご当地OLのファッションや、女子会の詳しい様子を雑誌でチェック!雑誌MOREでは、ご当地OLのリアルに迫る企画を毎号掲載中! 本誌では、リアルな女子会トークや、人気のファッションスタイルなど、さらに様々な情報を毎号お届け。この記事と合わせて、ぜひともご覧あれ♪▶▶▶これまでの「ニッポン全国ご当地OLのリアルな生態リサーチ」記事はこちら ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ MORE2019年5月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 取材・文/海渡理恵 撮影/冨樫実和 イラスト/平松昭子
関連キーワード

RECOMMEND