自分にぴったりな“こがおヘア”になれるサロン発見!「こがお研究所」【表参道/ヘアサロン】

マキアオンライン

気分転換をするなら、ヘアスタイルチェンジに限る。

しばらくロングに伸ばしていた髪をバッサリ切りたくなり、いつもと違う美容室に行ってみました!


10月にオープンしたばかりの、東京・表参道にある「こがお研究所」。

Image title

東京・神奈川・埼玉・千葉に28店舗ほど展開する「UNIX」が、創業40年以上かけて培ってきた理論や技術をもとに、一人ひとりの魅力を最大限に引き出しながら、“こがお”で上品なスタイルを創り上げることをコンセプトとしたワンランク上のサロンです。


スタイルチェンジをする時、しかも新しいサロンへ行く時って、やっぱり不安はつきもの。

今回は、UNIX最高ランクのスタイリスト「マスターディレクター」として多くの支持を集める人気スタイリスト・阿部店長にすべてお任せしました!


メニューは、以下のコース。

小顔カット + カラー + サブリミックトリートメント + リフティングスパ


■カウンセリング

まずは、ものすごく丁寧なカウンセリングからスタート。

Image title

カウンセリング内容や、施術で使ったもの、施術内容の詳細、さらにヘアスタイルのbefore/afterの写真まで、電子カルテでしっかりとデータを管理していただけます。

そのため、同等レベルのスタイリストさんであれば、どの店舗にいつ行っても、ほぼスタイルの再現が可能なのだとか!!これはかなり安心。


今回私は、「ロブ」スタイルでお願いしたのですが、

✔似合う&小顔に見える長さ

✔ロブはロブでもどんなイメージになりたいのか

というのをしっかりとヒアリングして提案していただき、

「コンサバなイメージというよりは、海外モデルのような色っぽさとナチュラル感のあるスタイル」になるようにしていただきました!笑


■カラー

Image title

カラーは2種類あるうち、資生堂のカラー剤をチョイス。

色バリエが豊富で、より個々に合ったカラーに調整しやすく、トレンド×似合わせを組み合わせたカラーが再現しやすいそう。


プラチナマット」で顔の印象を引き締めながら、黄みを抑えるために「アッシュグレージュ」を混ぜて、やわらかく透明感のあるカラーを提案していただきました。


カウンセリング後は、変化をみるために施術前の写真を撮って、いざ施術スタート!

【Before】

Image title


施術中はタブレットで、自分で選んでさまざまな雑誌を見られるのが嬉しい♪

Image title


また、ドリンクとおやつのサービスも。

こちらのナッツは、UNIXのオリジナルで販売もされているそう!

Image title


■カット

Image titleカットのテクニックが、とにかくすごい。

なんと、その人の毛の流れをみて1mm単位で微調整しながら、レイヤーを入れていくという神ワザ……!!

しかも、1,2本切るくらいの細やかさで、レングスを切ったあとに骨格調整のためのカットを入れていきます。

切ってるか切ってないか分からないくらいの微妙な差だけで、仕上がりがグッとコンパクトにまとまって感動。


■リフティング・スパ

Image title

カラーとカットが終わったあとは、シャンプー台へ。

コースにはトリートメントも込み。炭酸泡により髪のアルカリ除去をおこなった後にシャンプーすることで、色持ちアップゴワつき防止などが期待できるそう。

選べるオプションは、スパのほか、眉、ポイントメイクアドバイス、ヘアセット&アレンジのレクチャーから選べます♪


炭酸は頭がすーっとしてとても気持ちよく、スパは気持ちよすぎてウトウト……。

頭が引き上げられるように心地よい強さでマッサージしていただき、施術後は顔自体も引きあがったような感覚に!


■スタイリング

Image title

良い感じに仕上がったあとは、自分でもできるように丁寧に乾かし方&スタイリングのコツを伝授していただきました。

「こがお」に見せるポイントは、なるべく前に髪を流して、顔の出ている面積を少なくすること。

下ぶくれなフェイスラインがコンプレックスな私ですが、ワンカールの外ハネでくびれをつくることで、キュッとした印象に。


そして、完成!!

【バックスタイル】

Image title

カラーもローライトが仕込みで入っているので、ラフなスタイリングでも立体感がアップ!


【フロント】

Image title

まるで別人!キュッとしただけでなく、顔の印象までやわらかく変化。

顔だけでなく、全身のバランスまで考えられてスタイルが設計されているので、なんとなくスタイルアップしているような気がするマジック……!!


(自撮りでさらに小顔にみせるワザ)

髪の多い方を前側に出して、逆側はもみあげの前の毛を残して耳にかけると視覚効果でさらに小顔に見えるそう!

ちょっと耳をチラ見せすることで抜け感も出るのだとか。


Image title

すべての工程が、わざとらしさがない“さり気なさ”で、いかにも「美容室行ってきました!!」感がないのに、

『あれ?なんかイメージ変わったね!』といわれるようなスタイルづくりが狙いとおっしゃる、阿部店長。


そうそう!そういうのを求めていたんです!という再現性がとにかく素晴らしく、ほとんどのお客様がリピーターという信頼性も納得。

久々のスタイルチェンジでしたが、カラーの入れ方も絶妙なカットバランスも大変気に入ったので、またぜひ次回もお願いしたいです!!


▼「こがお研究所」HPはこちら

http://www.unix.co.jp/salon/543_kogao


▼HOT PEPPER Beautyのページはこちら

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000431530/kodawari/2/

関連記事
  • アーティスト・伊藤千晃さん愛用の香水は?大人の女性として、ひとつは持っていたい香水。でも、お気に入りの香りを見つけるのって本当に難しいですよね。 素敵なあの人は、お気に入りの香りをどう見つけて、何を使っているのか気になっちゃう!! そこで、今話題の素敵女子が使っているアイテムを調査。今回は、可憐な歌声と美貌で私たちを魅了するアーティスト・伊藤千晃さんに、愛用アイテムを教えていただきました!自分と一体化する香りを味方につける「アーティストであり、ひとりの女性としての“伊藤千晃”を形づくろうと奮闘していた20代。周りに素敵な香りをまとった尊敬する大人が増えたことがきっかけで、私も自分だけの香りを探し始めるように。そうして出合ったのが、今でも憧れている女性が当時つけていた『グタール』のプチシェリー。もう6年ほど愛用している香りで、おまじないをかけるように、ステージ前の緊張を解きほぐしてくれたり、物ごとをスムーズに進めるための集中力を引き出してくれるんです。ファンイベントの時には、みなさんの記憶に残る特別な一日になってほしいという願いをこめて、この香りを必ず会場にふっています。『グッチ』は、30代になってから出合えた運命の一本。今の私の気分を表してくれていて、気持ちを高めたい時に頼りになるんです。これから何年のつきあいになるか楽しみ」トップス¥17000・パンツ¥27000/CASA FLINE表参道店(CASA FLINE) ヘアバンド¥5800/カリテ スケープ コレド日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥6500/フィルム(ダブルスタンダードクロージング(右)『グッチ』 グッチ ブルーム オードパルファム(左)『グタール』 プチシェリー オードパルファム「直感で恋におちた2本。香水選びで迷った時は、信頼できる友達にアドバイスをもらうのがおすすめです」。(右)ジャスミンや南インド産の希少な花などを調合した華やかな香り。グッチ ブルーム オードパルファム50㎖¥10800・(左)洋梨×ピーチが、爽やかさと愛らしさを兼ね備えた香りを実現。グタール プチシェリー オードパルファム100㎖¥25300/ブルーベル・ジャパン「左手首にワンプッシュして右手首にこすり合わせます。次にその両手首を首にこすり合わせるのが基本のつけ方。華やかに香らせたい時は、上空に2プッシュして体全体にまとう贅沢使いをします」[PROFILE]1987年1月10日生まれ。アーティスト。ビューティ雑誌『MAQUIA』のMAQUIA ONLINEにて連載を持つほど美容フリーク。ソロ初のミニアルバム『New Beginnings』が発売中『王様のブランチ』出演中・渡辺早織さん愛用の香水は?大人の女性として、ひとつは持っていたい香水。でも、お気に入りの香りを見つけるのって本当に難しいですよね。 素敵なあの人は、お気に入りの香りをどう見つけて、何を使っているのか気になっちゃう!!  そこで、今話題の素敵女子が使っているアイテムを調査。今回は、『王様のブランチ』出演中の渡辺早織さん愛用アイテムをチェック♡直感で選び取る、自分だけの香り「香り選びは、直感を大切にしています。人との出会いに似ているかも。一度会ったら忘れないような、ひとひねりきいた香りが好きで、『ジョー マローン ロンドン』はまさにそんな一本。お仕事では、第一線で活躍する方にインタビューをさせていただく機会が多く、毎回緊張感があります。でも、この香りがあれば、いつもの自分を思い出させてくれる! プライベートでももちろん、香りは日々を彩ってくれるもの。お酒に合わせて食事を楽しむのが好きで、おすし屋さんでは、時計をはずすように香りもはずすのがエチケット。フレンチなどのドレスアップする食事シーンでは、エディブルフラワーのようにほんのり香らせるのが私の掟です」ブラウス¥34000/クチューリフ アトレ恵比寿店(STAIR) リング¥28000/UTS PR(ReFaire) パンツ/スタイリスト私物『ジョー マローン ロンドン』イングリッシュペアー&フリージア「最初につけた時は爽やか、時間がたつと優しい甘さを感じる。メロディのように美しく変化する香りに惚れました。クセがないけど、忘れられない香りです」。洋梨とフリージアをベースにした一本。ジョー マローン ロンドン イングリッシュ ペアー & フリージア コロン100㎖¥16000/ジョー マローン ロンドン「『王様のブランチ』の取材時は、衣装のはっぴの裏にひと噴き(笑)! 普段は、手首にワンプッシュしてこすり合わせたら、それを首もとにもこすり合わせるのがスタンダードなつけ方。ドレッシーな装いの時は、デコルテにもワンプッシュ」[PROFILE]1988年1月19日生まれ。タレント、女優。『王様のブランチ』(TBS系)の人気コーナー「買い物の達人」で案内人を務める。唎酒師の資格を持ち、香りには敏感美容家・岡本静香さんが愛する香りとは?人生のステージとともに変化する香り「華やかで女性らしい香りを好む私が、香水の発表会で出合って以来、愛用している『フエギア 1833』のンブクルジャー。デザートのような甘さを持つ香りなので、初めは少しためらったほど。でも、ひと噴きしてから少しずつ私の肌の香りと合わさった途端、甘さが和らいで理想の香りに変化! 今では主力選手のフレグランスです。その日の気分、着たい服、抱いてもらいたい印象、さらには結婚や妊娠などのステージの変化で好きと思える香りは変化するもの。だから、私はいくつかの香りをストック。ライフイベントが多いモア世代だからこそ初めから“自分の香り”を一本にしぼらず、自分の嗅覚に素直に、柔軟に香りを楽しむのも手ですよ」ワンピース¥13800/ティアンエクート イヤリング¥7000・ネックレス¥22000・リング(右手)¥12000・(左手)¥14000/ete インナー/スタイリスト私物(右)『ルラボ』ROSE 31 (左)『フエギア 1833』ンブクルジャー(右)「数年前、ユニセックスなローズの香りを求めていた時に出合いました。やわらかいファッションやメイクの時に重宝しています」。N.Y.発のブランド。ローズに、クミンやシダーなどウッディでスパイシーな香りを配合。ルラボ オードパルファム ROSE 31 50㎖¥21600/LELABO 代官山店 (左)パッションフルーツやレモン、パナマミルクをキーノートにした一本。フエギア 1833 ンブクルジャー100㎖¥28700〜(価格変動の可能性あり)/FUEGUIA 1833 東京本店「腕にちょうどワンプッシュ出したら、指先に香りを取って、デコルテまわりなどになじませるようにつけます。ドレスアップする場面では、足を組み替えた時に香るよう、太ももにつけることも」[PROFILE]美容家。主宰するオンラインメディア『biishiki』は、誰もがきれいになれる美容動画やコラムが大好評。常備している香水は、15本ほどモデル 武智志穂さんが愛する香りは、『ジバンシイ』オーデ ジバンシイ オーデトワレ毎日に花を添えてくれる香りの作法「私にとって香水は、なにげない毎日に特別な気持ちにさせてくれる魔法みたいなアイテム。香水が好きな母親の影響で子供の頃から憧れがあって、初めて自分だけの香水を手に入れたのは、中学2年生の頃。それから年齢を重ね、いろんな香りを試すようになり出合ったのが、『ジバンシイ』のこの一本でした。シーンを選ばずつけられる好感度の高さと、少しスパイシーでありきたりではないバランスのよさが気に入っています。家を出る時に、首にひと噴き。片手首にワンプッシュしてこすり合わせたら、両手首を耳の後ろにこすりつけるのが基本。TPOに合わせてつけ方や量を調整することも、大人の女性の仲間入りができた気にさせてくれるんです」ジバンシイ オーデ ジバンシイ オーデトワレ100㎖¥10000/パルファム ジバンシイプロトラベラー® 櫻井千尋さんが愛する香りは、『シャネル』チャンス オー タンドゥルオードゥ トワレットと『バイレード』LA SELECTION NOMADEどこにいても気分を高めてくれる香りを携帯「プロトラベラー®として、世界中旅をすることが仕事の私。旅先にも持っていきやすいミニサイズで愛用しているのが、『バイレード』のトラベル用フレグランスセットです。男女問わず好まれる香りがそろったブランドで、なかでもブランシュという軽やかな香りがいちばんのお気に入り。仕事、プライベート問わず愛用しています。香りを楽しみながらビーチなどでゆっくり過ごしたい時は、ジプシーウォーターという香りが活躍。夜出かける時には、香り立ちの華やかな『シャネル』のチャンスをまといます。香り選びは、服のコーディネート選びに似ていて、その日の気分やシチュエーションに合わせてチョイスするのがセオリー。普段は、動いた時だけに香るように手首と耳の裏に。休日や夜に出かける時は、胸もとと足首にもつけ足して気分を上げています」(左)シャネル チャンス オー タンドゥル オードゥ トワレット50㎖¥9000/シャネル (右)バイレード トラベルケース¥15000・LA SELECTION NOMADE(12㎖× 3 本セット)¥12550/エドストローム オフィスファッションディレクター 野尻美穂さんの愛する香りは、『ジョー マローン ロンドン』ブラックベリー & ベイ コロンファッションの一部としての香り「香水への興味が目覚めたのは高校生の時。当時は、友達と買った香水をアトマイザーで分けあって、いろんな香りにトライしていました。そんな私がたどり着いたのが、『ジョー マローン ロンドン』。よく人からほめられるブラックベリー & ベイと、肌なじみがよく、自分の香りとして毎日つけているバジル & ネロリを5年ほど前から愛用しています。香水選びで、香りの次に重要視しているのが、ボトル。私にとって香水は、ファッションの一部です。デザインが素敵であれば、多少奮発してでも手もとに置いておきたくて購入してしまうほど。香りだけでなく、デザインもいいとときめきが増すんです。この一本は、シンプルだけど高級感のある佇まいに心奪われました」ジョー マローン ロンドン ブラックベリー & ベイ コロン100㎖¥16000/ジョー マローン ロンドン取材・文/海渡理恵 撮影/嶌原佑矢(伊藤さん、渡辺さん) 岡本 俊(岡本さん) 恩田はるみ(P131、P134〜135) ヘア&メイク/吉㟢沙世子(io/伊藤さん) 北原 果(渡辺さん、岡本さん) スタイリスト/JURIKA.A(伊藤さん) 平田雅子(渡辺さん) 梅林裕美(岡本さん) 福永いずみ(P131、P134〜135製品)
  • 気になる後輩男子と連れ立って、デザイン事務所で打ち合わせ今日は後輩男子と打ち合わせに出かける予定あり。デザイン事務所に行くから、トレンドを意識したコーディネートを。透明感のある旬なライラックカラーのニットに、モコモコのアウターでいつもりより女らしさを意識。そのぶんボトムはシンプルクールに振って、先輩らしい〝デキる〟感を。さりげない可愛げ、気づいてくれるかな? なんて思っていたら、後輩から「今日のコーデ、似合ってますね」って言われた♡ うれしい! パンツ¥34000/セオリー Vネックニット¥19000/アルアバイル ボアブルゾン¥28000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ネックレス¥4000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ストール¥28000/セオリー リュクス バッグ¥81000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) 靴¥26000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ)【今月のPROFILE】〝辛め〟ゆる華通勤OLの花 広告会社勤務で、企画やコピーを手がけるプランナー。外回りが多く、仕事柄トレンドにも敏感。休日もアクティブに過ごすのが好き。辛めの洗練スタイルが定番。ネコ好きで現在彼氏募集中。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【グレーセンタープレスパンツ】 クールなアイスグレーが辛口スタイルにぴったり。¥34000/セオリー 【ライラックVネックニット】 センシュアルなライラックカラーと前後Vで魅せる肌の抜けが、辛め派に大人の色香を運ぶ。¥19000/アルアバイル 【ホワイトボアブルゾン】 モコモコのボアが可愛げ足しに作用。ボトムを選ばないショート丈も◎。¥28000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 「今月のおすすめパンツ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】UNTITLED/FAIRY SHADE 【洗える】フラッフィーボア ブルゾン ¥16800(¥24000の30%オフ)+税【関連商品】23区 【洗える】ウーステッドウール Vネック ニット ¥7500(¥15000の50%オフ)+税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • 「バー&グリル ダンボ」にて、明日1/17(木)から2/14(木)までの期間限定!大好きなボディケアブランド『SABON』から素敵なニュースが到着しました! 女子会スポットとして人気急上昇中の『ザ ストリングス 表参道』。その2階にあるレストラン「バー&グリル ダンボ(BAR & GRILL DUMBO)」に、『SABON』コラボレーションディナーコースが登場するそうです♡その名も、「SABONコラボレーションディナーコース“ローズスプラッシュ(ROSE SPLASH)”」。このコースは、同じく明日1/17(水)から登場する『SABON』のバレンタインコレクション「ローズスプラッシュコレクション」にインスパイアされた、ローズとピンクの世界♡♡新作の「ローズスプラッシュコレクション」美しい色彩と選りすぐりの素材。まるでアートのようなディナーコース。気になるメニューは、前菜・サラダ・魚・肉・デザート・食後の飲み物の全6品♡前菜は「北海道産丸ごとモッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ」彩り豊かで歯ごたえも楽しいサラダ「オリーブ アボカド トマトチョップドサラダ ローズドレッシング」魚料理はフレッシュピンクのビーツヨーグルトソースが目を引く「メカジキのグリル クリスピーピタと、レモン、ビーツのヨーグルトソース」肉料理は赤大根を使ったピンクのピュレと、甘めソースのバランスが絶妙な「信玄鳥もも肉のハーブグリル 燻製したバニラ風味のジュ・ド・ヴォライユ」デザートは「オペラ ローズゼリーとバニラアイスを添えて ローズスプラッシュ風」食後の飲み物は甘酸っぱい「ローズヒップティー」。コーヒー、紅茶を選ぶこともできますよ。また、ディナーコースをより堪能するためにオーダーしたいのが、オリジナルカクテル「ローズアンペリアル」。ロゼスパークリングにフランボワーズリキュールとクランベリージュースをプラスした一杯です。嬉しい特典や、プレゼントつきもある!! 4つのプラン、あなたはどれにする?このディナーコースを楽しむプランは全部で4つ。1つめはシンプルにディナーコースを味わう【スタンダードプラン】。2つめは、記念日や誕生日にぴったりの【デートプラン】で、「ローズコレクション」のギフトボックスとオリジナルカクテルつき。3つめは【バレンタインプラン】。『SABON』の男性向けシリーズ「ジェントルマン」のトラベルキットつきです。そして、4つめは【女子会プラン】。オリジナルカクテルと、「ボディ オイル ローズスプラッシュ」が当たるかもしれないプレゼントボックスがついていますよ!また、全てのプランに、『SABON』表参道店で引き換えることができるプレゼントチケットがついています♡♡【デートプラン】の「ギフトボックス」【バレンタインプラン】の「ジェントルマン」トラベルキット【女子会プラン】のプレゼントボックス【女子会プラン】で当たりが出たらもらえる、豪華な「ボディ オイル ローズスプラッシュ」デートでも女子会でも行きたい超リッチ&スペシャルなディナーコースを見逃さないで♡■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■「SABONコラボレーションディナーコース“ローズスプラッシュ(ROSE SPLASH)”」期間:1/17(木)~2/14(木)時間:18:00~22:30(L.O 21:30)場所:ザ ストリングス 表参道 2F「バー&グリル ダンボ」料金:スタンダードプラン 1名 ¥6000デートプラン 2名¥22000バレンタインプラン 2名¥15000女子会プラン 1名¥6800 ※2名から予約可※すべて税・サ込→予約や詳細は、公式サイトから
  • 潤う門には福来る。いつでもうるうるな唇にするためのテクニックをBBB(バイラビューティブレインズ)に伺いました。保湿ワザに学んで、みずみずしい唇にしよう!【Lip】カピカピ唇をウルウルにするには?LA CARPE代表 新井ミホ/美容ジャーナリスト 木更容子 「いつもポケットにリップ」 「プチプラリップを、家のいろいろなところに置く」(新井さん)、「バッグやポーチに複数持ち」(木更さん)。(右から)「メイクに響かず、しっかり潤う」(木更さん)。マキアージュ ドラマティックリップトリートメント EX 4g ¥2000(編集部調べ)/資生堂 「手頃な価格のオーガニック」(新井さん)。アルジェラン オイル リップスティック(ネロリ&オレンジ) 4g ¥555/カラーズ美容家 小林ひろ美 「唇に角質ケア」 「マメに保湿しても乾くのは、唇の皮膚の生まれ変わりのリズムが滞っている証拠。リンゴ酸配合のリップバームで、保湿しながらやさしく角質ケアを」。セブンフロー ハーバルリップ 8g ¥2800/美・ファイン研究所松倉 HEBE DAIKANYAMA院長 貴子 「ベタつきが苦手な人にも」 「乾燥や荒れからガードしてふっくらリップに。血行を促すビタミンPを配合。エッセンスタイプなので、ベタつきが苦手な人にもおすすめです」。スノウ ザ リップ 15g ¥3000/松倉クリニック代官山美容ジャーナリスト 小田ユイコ 「カピカピ唇を今すぐウルウルに」 「カピカピになった唇を今すぐウルウルにしたいときは、ヘレナのリップ用オイルでラッピング。ベタつかず、ルージュを重ねてもきれい」。リプラスティ R.C. リップソーク 6.5㎖ ¥8200/ヘレナ ルビンスタイン撮影/さとうしんすけ 取材・原文/長田杏奈 ※2019年BAILA2月号掲載
  • 【ユニクロ(UNIQLO)】の毎シーズン恒例人気コラボのひとつ、イネス・ド・ラ・フレサンジュさんとのコレクション「UNIQLO / INES DE LA FRESSANGE(ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ)」の2019年春夏ラインナップの発売が、2月22日(金)に決定しました♡ユニクロ(UNIQLO)が提案し続ける上質なベーシックと、モデルのキャリアを生かしながら実業家として幅広く活躍するフレンチシックのアイコンレディとの最強タッグから生まれる「ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ」のコレクション。2019年春夏のテーマは、イネスさんが生まれ育った南フランスの港町、サントロペ。昔から多くのアーティストや文化人に愛されてきた太陽と海の街が持つハッピーなムードにインスパイアされています。今回は、発表されたばかりの最新コレクションのなかから、働く30代女子におすすめのアイテムご紹介します。「ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ」2019春夏コレクションの注目株フレンチシックなワンピース 鮮烈な赤も、イネスの手にかかればこんなにリラックスムードに! ジョーゼットギャザーワンピース¥4990/ユニクロ重ね着もOK! キャミソールワンピース ジャケットの下に着たり、インナーにTシャツを重ねたりと着回し自在。ジョーゼットキャミワンピース¥3990/ユニクロ王道マリンアイテム (左)リネンコットンワンピース¥4990・(右)フィッシャーマンボートネックボーダーセーター¥2990・コットンチノパンツ¥2990/ユニクロ展示会でも大人気! フラワー柄ワンピース ピンク・グリーン・イエローの優しげな配色が大人の休日にぴったり。プリントワンピース¥4990ゆるっと羽織る春のコート 染めやステッチワークでほどよくラフなムードに仕上げたゆったりめシルエット。ダスターコート¥12900/ユニクロワークテイストのカジュアルセットアップ リネン素材も今シーズンのイチ推し! リネンコットンカバーオール¥7990・リネンコットンワイドパンツ¥3990やさしげグレーのセットアップ コットン&リネンのブレンド素材を使用し、さわやかな着心地に。コードレーンジャケット¥7990・コードレーンイージーパンツ¥3990/ユニクロワントーンで着るとおしゃれ感が加速! グレーアイテム (左)コットンチェックブレザー¥7990・フレンチテリーフーデットジャケット¥3990・リネンコットンパンツ¥3990 (右)プレミアムリネンボートネックセーター¥2990・コットンリネンパンツ¥3990/ユニクロ真夏まで着倒せる! 定番サマーニット 春先はジャケットのインナーに、暑くなったら一枚でもサマになる着心地のよい半袖ニット。ポインテールクルーネックセーター¥1990・コットンイージーパンツ¥3990/ユニクロ大人気のラウンジウェアコレクション リラックスを追求するイネスコラボの隠れた名品がパジャマ。コットンパジャマ(ストライプ・長袖)¥2990/ユニクロ夏まで着られるショートパンツタイプも! パジャマには、ロング丈トップス&ショートパンツのセットもあります。パジャマ(長袖・ショートパンツ)¥2990/ユニクロ右の超美人がイネスさん。すべての女性が快適に楽しめるコレクションです。いかがでしたか? ちなみに、イネス・ド・ラ・フレサンジュさんは、シャネルをはじめ、世界中の一流メゾンからミューズとして愛され、1990年代にブームになったスーパーモデルの先駆け的な存在なのです。さらに自身のブランドを手がけながら、ロジェ・ヴィヴィエなど世界中のセレブに愛されるブランドのアンバサダーをつとめるなど、ビジネスウーマンとしても世界中の女性が憧れる人。このUNIQLO/INES DE LA FRESSANGEのコレクションは、そんなイネスならではのパリシックなエッセンスが凝縮されたもの。しかも、それがユニクロ品質&プライスで手に入るんですから、絶対お見逃しなく! エディター沖島のイチ推しは、上質なやわらかさをもつフレンチリネンをふんだんに使ったセットアップやパンツ、そしてバカンスにもぴったりのワンピース、さらにリラックスタイムを快適にすごせるパジャマです。発売は2月22日(金)から、全国38店舗+公式オンラインストアでスタート。母娘で楽しめるキッズラインも揃いますので、ぜひお楽しみに!「ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ」公式サイトはこちら【こちらもおすすめ】そのほかのイネス・ド・ラ・フレサンジュの記事はこちら 【合わせて読みたい】ユニクロ(UNIQLO)2019春夏新作をチェック!取材・文/沖島麻美 ※2月下旬より発売。また、価格帯は2018年1月中旬時点の計画であり変更の可能性があります。
  • 「パリとミラノのマダムたちの間でも、ワントーンコーデへの支持はやっぱり厚くて、そしてとても上手。目にとまったのはワントーンのキーカラーがそれぞれ異なっている、おしゃれ上手な4人のマダムたち。ワントーンは間違いのないスタイリングゆえ、ついマンネリ化もしやすいので、こんな"ひとひねり"あるスタイリングは参考になると思います」と話すのは、スタイリストの徳原文子さん。パリ&ミラノマダムたちの着こなしを解説!スタイリスト徳原文子さん 『Marisol』『éclat』と幅広い年齢層から信頼され、ファンも多数。徳原さんの手がける、洗練された大人のフェミニンスタイルの企画は、エクラ誌面でも毎度読者からの反響大!1.アレクサンドラ (ファッションディレクター・パリ)「ブルー系の大判スカーフを無造作に巻いてポイントにしたワントーンコーデ。立体感もツヤ感も加わって、シンプルなのに華やか。即、お手本になります」(徳原さん)。ニ2.ファティマ (プロデューサー・パリ)「絵になる美しいマダムは、黒のワントーンをカジュアルダウンさせるデニムのチョイスが素敵。シャネルのチェーンバッグがアクセサリーがわりに」(徳原さん)。ダメージ感のある黒デニムにセリーヌのタートルネックセーターを。上からまとったコートはコスのもの。ハットからサングラス、ブーツまでオールブラックのマダムは、斜めがけにしたシャネルのチェーンのミニバッグがアクセントに。3. ナタリー (デザイナー・パリ) 「エッグシェルホワイトから、ピュアホワイトまでの白の色幅を使いこなすセンスは見事! 髪の色までもがワントーンコーデの一部になっていて素敵です」(徳原さん)。白Tシャツに合わせたパンツも、トレンチコートもいずれもヴィンテージアイテム。ルージュの小ぶりなレザーのハンドバッグと、足もとに抜け感をつくっているアディダスのスタンスミスの白がさらに全身の明度を上げ、印象的な着こなしに。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
  • HYKEのネイビーざっくりニットにフレアスカートを合わせて、エレガントなスタイリングになりました。コートなしでも温かく、車移動の多い私には、ヘビロテになりそうです。お尻まですっぽり隠れるくらい長めのデザインです。 jimmychooのムートンブーツで足元は完全防寒です(笑)美女組No.110あんまきのブログ
  • 「自分らしさはそのままに、違和感のない明るい生き生き感を取り戻したい!」そんなアラフィーの声に、ヘア&メイクの長井かおりさんがお答え。進化を続ける春の新作・新色コスメを使った、新たな魅力を引き出すメイクをご提案します。自分らしさをキープしたまま、違和感なく明るいいきいき感を取り戻したいです!【新・華組】川﨑淳子さん(47歳)川﨑さんのメイク傾向• ナチュラルメイクが好き • いきいきしたツヤ感は重視 • 自分らしさは消さない「10年ぶりに更新したパスポート写真を見て愕然。頰がこけたし、たるみも気になりました。でも、メイクでがんばりすぎるのは、今の自分を否定しているようでいやだなと。自分になじんでいるけれどいきいき印象を上げるメイクが知りたい」長井かおり’s Advice!目もとのブラウンメイクはそのまま、頰と唇に立体感と血色感を潜ませて「肌がきれいでナチュラルメイクもお似合いだとは思いますので、いつもの印象はくずさずに、いきいき感を出しましょう。年齢とともに失われていくのが、血色感やツヤ感、引き締まり感。これらをアイメイクやカラーの力で補整しようとすると、その人らしさは失われがちです。おすすめは、この春たくさん出ている、なじみチークとつややかなハイライトで、面積の広い頰にさりげなくメリハリとツヤ感を与えること。まず、チークを頰の中央に丸く入れたら頰骨に沿ってすっと。まるで流れ星のような形に入れるのが、優しげで引き上がった印象に見せる秘訣。あとは、赤み寄りのピンクリップで血色感をさりげなく上げれば、ほら、いきいきとしたハッピーフェイスの完成!」メイクアップpointCheek流れ星チークと上めハイライトで顔にメリハリを演出正面から見て黒目の下、小鼻の横にAのチークを丸く(1)入れたら、頰骨に沿って少し斜めになるように横長(2)に入れていく。Bのハイライトは、チークを入れた部分に半分かぶせる感じで、目の下部分にふわっと。Lip血色のいいピンクをしっかり塗ってふっくら唇についベージュリップを選びがちですが、顔がワントーンになり寂しい印象に。華のある赤み寄りのピンクで血色感をプラスして。輪郭をとるように塗ったあとに、圧をかけて中を塗れば、ふっくらつややかな唇の完成。A 凛としたメリハリ感が出るよう、チークはベージュカラーをチョイス。柔らかな発色で肌に溶け込み、入れたことを悟らせない。ルナソル カラーリングシアーチークス EX05(1月11日限定発売)¥5,000/カネボウ化粧品  B 表情の動きに合わせて、動くツヤを実現したハイライトパウダー。レオスールデクラ18(1月21日発売)¥8,000/クレ・ド・ポー ボーテ C 華やかな色づきと透明感を両立。体温でとろけるオイルが唇を包み込むように広がり、ふっくらとした幸福感漂う口もとに。優しさを含んだ赤みピンクが大人向き。ルージュルミヌ 6(1月21日発売)¥5,000/クレ・ド・ポー ボーテ立体感と幸福感を出す血色ピンクで、究極の引き上げメイク目もとに使ったのはこちら(右から)くすみを払うオレンジみの効いたナチュラルブラウンパレット。右上の明るい色を上全体のベースにし、左上を下まぶたに。左下をアイホールに入れ、右下を上のきわに入れ引き締めて。エモーショナルマルティンプル アイズ 12 ¥5,500/エスト(花王) マスカラは上のみに。ファシオ パワフルフィルム マスカラ(ボリューム)BK001(1月16日発売)¥1,200/コーセーコスメニエンス撮影を終えて…「自分でメイクをしてもいつもぼわんとした顔になりやすいのですが、さりげなく顔だちが引き締まったのが、うれしい!いつもよりちょっぴり華やかで知的な印象に見えるのでどんな場面でもできるメイク。ぜひ、自分で取り入れていきたい。かなり小顔効果が高いと思うところも魅力!」教えてくれたのは……ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん 流行にたやすく流されない、その人の個性を生かした一番きれいな自分に出会えるメイク提案が好評。『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』ほか、メイク本は出せばヒットする人気者。撮影/玉置順子(t.cube) ケビン・チャン ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/寺沢 香 取材・文/中島 彩 ※エクラ2019年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND