クラシックな「赤」ネイルは、カラフルコーデでギャップを狙って!

マキアオンライン

人気サロン「Rosett BY broocH」から届いた2018年冬ネイルは、トーンを落ち着かせた「赤」ネイル。シックな赤は冬に増えがちなダークなファッションともなじみやすい優秀カラー。ぜひ、今の時期にこそトライしてみて。

カラフルな
ニュアンスアートで
シックな赤をドレスアップ!

Image title

ブラウン寄りの赤をワンカラーで仕上げて落ち着いた印象に。スクエアのゴールドパーツで囲ったマーブル模様が、まるで印象派の絵画のよう。無造作に描いた赤やグリーン、オレンジなどのカラフルな色合いがゴールドラインでリッチにドレスアップ。

【デザイン協力】

Rosett BY broocH

東京都渋谷区神宮前6-31-10
☎ 03-5778-0439 
営:10:30~21:00(平日)、9:30~20:00(土)、9:30~19:00( 日・祝日)
定休日 第1、第2水曜日、毎週木曜日


取材・文/河津世利子

最旬デザインが見つかる! ネイルカタログをCheck

関連記事
  • 年末年始のパーティやスペシャルイベントには、トレンドを踏まえつつ、場を華やかにするようなドレスアップをして臨みたい。ハイセンスな私服に定評のある東京のファッション・インサイダー3人に、モードなパーティスタイルを披露してもらった。 鮮烈なカラーリングで場を圧倒! コート/ワイズ ピンク(ハイ アンド シーク別注アイテム) ドレス/ヴェトモン つけ襟/ドリス ヴァン ノッテン バッグ/ジャマン ピュエッシュ シューズ/セリーヌ ハイ アンド シーク ディレクター兼バイヤー 夏川イコさん 潔いまでに鮮やかな、真紅のドレスとターコイズブルーのつけ襟のカラーリングに目を奪われるドレススタイル! 「きらびやかな都会のパーティでは、華やかに装うのがマナー。ドレスを着るべきときにはきちんとドレスアップして、非日常な場を楽しみたいですね」と夏川さん。コートは、夏川さんの主催するセレクトショップ「ハイ アンド シーク」がワイズ ピンクに別注したスペシャルアイテム。ドレススタイルを盛り上げる、リュクスな生地感が魅力だ。実は、ラップドレスとつけ襟は、ともに前後逆に着用しているそう! 「ラップドレスは、ベストのようにゆるく羽織って着ることもできます。贅沢なビーズ刺繍が美しいつけ襟は、トレンチコートにつけても素敵」と夏川さん。ガラスのイヤカフはバカラのもの。左手首を飾るゴールドのカフブレスレットは、メゾン マルジェラ。本来はヒールカバーなのだそう。自由な発想を生かした装いが夏川さんらしい。アンティークジュエリーや母から譲り受けたというリングと合わせて。エレガントで品のある「モデスティ・ドレスアップ」 ドレス/アキラ ナカ ターバン/ユージニア キム バッグ/メアリ オル ターナ ブーツ/セレナテラ ファッション・コンサルタント 市川 渚さん 「最近、ムスリムの女性たちのような、肌や髪を露出しないファッションが素敵だと思う」と市川さん。ロングドレスにターバンを合わせ、モデスティ(慎しみ深い)なドレスアップスタイルを披露してくれた。ドレスは、「ロング丈でストレートなシルエット、かつ長袖のデザインは珍しい!」と市川さんもお気に入りのアイテム。「普段は前髪を下ろしているので、おでこを出して雰囲気を変えたい。ターバンは短い前髪を上げるのに便利です」。 「ちょっとしたパーティやレストランの会食では、アクセサリーで華やかさを出したいですね」と市川さん。ザラで見つけたというデコラティブなピアスで、スタイリングをパーティモードに変えて。足もとは、あえてハイヒールパンプスではなくブーツを選んでカジュアルダウン。黒いベロアと繊細なレース使いが美しいドレスに、あえてボーダー柄のソックスを合わせたところに遊び心が。ドット柄セットアップで全方位隙なくフェミニンに ブラウス・スカート/ウーア ブーツ/ペリーコ ウーア ディレクター 濱中鮎子さん パーティに招かれた際には、セットアップを着ることが多いという濱中さん。自身の手がけるブランド、ウーアのドット柄セットアップでフェミニンなパーティスタイルをつくった。スカートのたっぷりしたフリルが歩くたびに揺れ、ドラマティックな表情で場を盛り上げてくれそう! 「フォーマルなシーンにふさわしい張りと光沢があり、かつシワにもなりにくい素材なので便利です」と濱中さん。 フロントはハイネックだが、バックスタイルからは素肌がのぞき、後ろ姿まで美しいドレスアップスタイルが実現できる。ランダムに並んだドット柄が大人の可愛らしさを演出して。袖口に並んだボタンとふくらんだシルエットがフェミニンな印象。「カフス部分で切り替えるのではなく、タックを寄せることでニュアンスを出しています」と濱中さん。手前に写る左手首のカフブレスレットは、ティファニーのもの。 photography: Yuka Uesawa(夏川さん、濱中さん), Satoko Tsuyuki(市川さん) text: Chiharu Itagaki
  • こんにちは、チーム☆マキアのまりりんです!(^^)!早いもので2018年も残すところ、あと3週間余り。みなさんは今年中にやっておきたいことはありますか?私は今年買ったコスメの私的ベスコス2018をまとめたいと思っています。できれば、アイシャドウ・リップ・ベース関連の3枠を作りたい・・・・・・・・!日々バタバタと過ごしていますが、これだけは何が何でもやります(゚Д゚)ノさて、今回のブログのテーマは”目を大きく見せるテクニック”についてです。12月1日にInstagramに投稿したところ、イイネ数が約4,200件・保存数が7,000件・リーチ数が40万人を超え、今もなお、多くの方にご覧いただいています。(12月12日現在)多くの方の目に留まり、本当に嬉しいです!!見てくださった方々、本当にありがとうございます。私は昔から目を大きく見せることに人一倍こだわりがあり、中学生の頃はオデコにしわができるくらい常に目を見開いて生活し、高校の頃はメイベリンのマスカラが手放せず、大学時代はアイシャドウにどハマりし、二重幅をはみ出すほど極太の締め色を入れたりと、私なりにデカ目になれる方法を模索してきました。ただ、そんな私に転機が訪れたのは大学1年の冬—実家に帰省してソファで爆睡してた時のことでした。寝起きの私に、母から『目の上が真っ黒で殴られた人みたいだよ 』と一言。。。当たり前のことですが、鏡を映る自分を見るときは目を開けた状態だけを見ていますが、他人からは目を閉じているときももちろん見られている・・・メイク初心者だった当時の私は、母に言われて初めて、そのことに気がついたんです。それ以降、客観的に自分のメイクを見られるようになった気がします。Instagramでは、そんな私が研究しつくしたデカ目メイクのポイントをpostしました。まず、こちらの写真を見比べてみてください。右と左の目元に着目してみると、左の写真の方が目が大きく見えるような気がしませんか?もちろん好みはあると思いますが・・・実は、左の写真は目を大きく見せるためのテクニックを7つ取り入れているんです。これからご紹介する内容は、目の形に関わらず、どんな目の形にも応用できるテクニックだと思います。※もちろん、人によって微調整は必要です!詳細は次のページをご覧ください。まずは、【目が小さく見えるメイク&理由】からご覧ください。◆細眉 →目と眉の間隔が離れていると目力が弱まるため、目を大きく見せたいときは細眉は不向きだと思います。◆アイシャドウを塗る範囲が狭すぎる →眉と目の間隔が狭まらず、目が小さく見えてしまいます。またアイシャドウの主張が少ないため、メイクしてる感も出にくく、おとなしい印象になりがち。◆締め色のぼかし不足 →締め色のブレンディングが足りないと、目のキワの輪郭が固定されてしまうため、膨張率が落ちてしまいます。また、伏し目になったときにメイク下手な印象を持たれるキケンも。◆控えめマスカラ →マスカラは目の縦幅を広げるために欠かせないため、まつ毛メイクで手を抜くのはもったいないと思います!◆下まぶたを締め色で囲う →素の目の形に沿って目を囲うと、それ以上目を大きく見せることができなくなり、目が小さく見えてしまいます。◆涙袋なし →下まぶたに重みがないためスッキリとした印象にはなりますが、どこか寂しげな感じも。◆目尻のアイライナーなし →目の横幅が広がらないため、目がコンパクトに。続いてはお待ちかね!【目を大きく見せるメイク&ポイント】◆太眉 →太眉にするときは下側に太さを出していきます。(上に足してしまうと、より眉と目の距離が広がって目が小さく見えてしまうため)◆ミディアムカラーをアイホールより広く塗る →私は最近瞼が痩せてきたので、今回はサーモンピンクの上からベージュを重ねて、ふっくら感を出してみました。彫りを深く見せたいときや瞼の皮膚を薄く見せたい場合は、赤みのないベージュやトープ系のシャドウを広めに使うと瞼がスッキリ&彫り深顔に見えるのでオススメです。◆締め色はよくぼかす →目を大きく見せるためには締め色の使用は必須。締め色を入れる幅は好みで変えられますが、念入りにぼかすことで実際の目の1.5倍は大きく見えます。◆マスカラは2度塗り以上 →根元から上に向かってスーッと塗ります。根元からしっかり塗ればインライン代わりにも◎◆涙袋をぷっくり仕上げる →涙袋の有無は好みが分かれると思いますが、涙袋があると目の範囲が広がり、面長のカモフラージュにも効果的です。◆下目尻の三角ゾーンを埋める →デカ目メイクによってミディアムカラーを多用した瞼は、下瞼の三角ゾーンを締め色で埋めることでメリハリがつき、バランスが良くなります。◆目尻にアイライナーを引く →目尻にラインを引くと、目の横幅が広がり、デカ目に。まつ毛の隙間が気になる場合は、アイライナーで点を打つようにしてまつ毛の生え際を埋めると、まつ毛のスカスカ感をカバーできます。次ページでは、今回のデカ目メイクに使用したコスメとメイクプロセスをご紹介します!【今回使用したコスメ&プロセス】【使用コスメ】 ❤A.cosmedecorte アイグロウジェム PK881 ❤B.cosmedecorte アイグロウジェム BE387 ❤C.cosmedecorte アイグロウジェム BR387 ❤D.kate ダブルラインエキスパート . . 【メイクプロセス】 ❶Aをアイホール(目のキワ〜眼球の真上の骨)よりやや広めに入れる。 ❷Bを二重幅より広め、Cを目のキワに入れ、よくブレンディングして馴染ませる。 ❸下まぶた全体にA、下目尻にCを入れる。 ❹ニコッと笑ったときに膨らむ部分の真下にDでラインを引き、影を作る。→(涙袋メイク)今年2月にリニューアルされ、カラー展開がグッと広がったアイグロウジェム。10月に一時国した際にカウンターで悩みに悩んで、この3色をゲットしました やっぱり、人気アイテムなだけあって、肌への溶け込み方やグラデの作りやすさ、上品なキラキラ感など、計算しつくされていて、ものっすごく使いやすかったです。BE387はピンクっぽいベージュなので肌色問わず、万能に馴染むカラー。PK881は目周りの肌トーンを上げてふっくらさせたいときにピッタリ。BR384は赤みが控えめなブラウンなので締め色にもってこい!やっぱりアイグロウジェム大好きです♡ぜひ、みなさんもご自身のお目元で微調整しながら、ベストマッチなデカ目メイクを研究してみてください(^^♪Instagramはコチラ⇒https://www.instagram.com/mari_loves_beauty/
  • 「それどこの?」ガールズトークの主役になる、スマホケースやポーチ、お財布etc……。【DIOR】会話の糸口になるジュエリー感覚のスマホケース リングを指に通すように使う【DIOR】のスマホケースは、もはやジュエリー以上の存在感♡ きらめく「J'ADIOR」のモチーフに心躍らせて。【FENDI】センセーショナルな"FENDI/FILA"ロゴを前面に! 話題のカプセルコレクション「フェンディ マニア」。パロディなの? と思わせる遊びゴコロたっぷりのクラッチバッグは、冬コーデの感度を底上げしてくれるアイテム!【Dolce&Gabbana】アメコミ風のキャッチーなデザインにロックオン 通話にLINE、ミュージックアプリ…… もはやお財布以上の時間を共にするスマートフォンこそ、自分好みのケースを探し当てドレスアップすべき!他の画像を見る♯whatinmybag 映える小物を集めて、インスタのフィードも盛り上げよう。
  • model_ Klara 趣味は写真とドローイング。ロシアのオルドロックを聴き、ボーイフレンドから借りたタータンチェックのパンツをはいてスタジオに現れたクララ。「枠にとらわれず、いろいろなスタイルに挑戦したい。退屈なクラシックやスタンダードよりも、ストレンジだけど美しいものが今の気分」という彼女のアーティな感性にマッチするのは、マルチカラーでアシンメトリーに彩ったグラフィカルな赤。 ヴィンテージブラトップ¥12,000/ジャンティーク シークイントップス¥57,000/エムエム6 メゾンマルジェラ オモテサンドウ(エムエム6メゾン マルジェラ) アンティークピアス¥100,000/メルティングポット make-up tipsクレヨンタイプのマルチカラー(1)をまぶたのくぼみのラインをなぞるように塗り、指で軽くなじませる。今回は、あえて左右対称にせず、右は目頭側、左は目尻側を中心にのせてアシンメトリーに。グラフィカルな気分で、自由にペイントするように描くのがポイント。ブラウンがかったリップ(2)は、唇の中心に直塗りしてから、周囲を指でぼかしてグラデーションに。★=モデル使用色>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>深紅のリップがID代わり。赤は私のスイッチを入れる色 2 ショコラな赤。ルージュ アンリミテッド フランボワーズ ソルベ¥3,200〈限定色〉/シュウ ウエムラ3 頰やまぶたをふんわり彩る。チーク&アイブロッサム 09 ¥2,300/ジルスチュアート ビューティ4 鮮烈なブライトレッドが艶やかに発色。プレイリスト マルチペインターレッド(8g) ¥2,500(編集部調べ)/資生堂インターナショナル5 パーシモンレッド。ラプソリュ ルージュ DM 196 ¥4,000/ランコム6 ウォータリーな質感。ポップ スプラッシュ 10 ¥3,200/クリニーク
  • 目覚めさせたいのは、パワー? それともセンシュアリティ? 振れ幅の大きい赤のカラーレンジの中から、旬の空気をまとったベストな10色をセレクト。眠れる何かを呼び覚ます、最上級の赤の力をモードに取り入れて。 25 快活な赤 もぎたてのベリーのようなフレッシュレッドが、指先を彩る。視界に入るたびにエナジーチャージされるような、活力にあふれたブースターネイル。一度塗りで美しく発色し、ムラになりにくい速乾処方で、赤ネイル初心者にもやさしい。 ウカ レッドスタディ ワン 2/1 laug(h 10㎖)¥2,200/uka Tokyo head office 26 花盛りの赤 アマリリスの花が着想源の、華やかに咲き誇るレッドリップ。ほどよい透け感と青みには、肌の透明感を引き立てる効果も。ニットやコートで重くなりがちな冬の装いに、花びらのようなみずみずしさが冴え渡る赤で春の気分を取り入れて。リップスティック CS 111・同 ケース CS 051¥3,000(セット価格)〈2019年1 月5 日限定発売〉/PAUL & JOE BEAUTE 27 ぬくもりの赤 紅葉狩りに行けなくても、このパレットさえあれば自然の風雅を身近に感じられるはず。深楓と名付けられた、目もとにたおやかさとぬくもりをもたらすオータムレッド。日本の花鳥風月の繊細な美を、モダンに洗練されたカラーと自由に組み合わせ、錦繍の美を彩って。デザイニング カラー アイズ 11 ¥6,800/SUQQU 28 ジュエリー代わりの赤 ひと塗りでソワレ感を引き立てる、やや青みを帯びたガーネットレッド。クチュールライクなフィット感で唇のフォルムを引き立てる。ヒアルロン酸が唇の縦ジワを埋めてジェムのようなぷっくり質感に。ルージュ・ジバンシイ307 ¥5,100〈限定色〉/LVMHフレグランスブランズ(パルファム ジバンシイ) 29 知的な赤 繊細なまぶたにしっとりとなじむ、ほのかに紫を帯びたシックな赤。塗る人のまなざしに宿る知性や奥行きまで引き立てる色設計。ブラウンの延長のような感覚で、大人もトライしやすい。B.A カラーズ アイパウダー 3 ¥5,000/ポーラ 30 ふわふわの赤 ビューティマニアの間で「もう試した?」と話題になった、パウダーをふんわりとぼかしたような新質感。なかでも、エッジのきいたバーガンディ「アヴァンギャルディスト」はアーティストの支持率No.1カラー。赤リップ慣れした上級者にも新鮮な驚きをもたらすのはもちろん、被膜感が苦手なビギナーにもおすすめ。ルージュ アリュール リクィッド パウダー 960 ¥4,200/シャネル 31 フルボディの赤 指先を艶っぽく彩るボルドーレッドのネイル。光沢感を演出する“つやもち”ポリマーと、自爪のバリア機能と潤いを保つ爪脂質類似成分を配合。しっとりと成熟したフェミニニティを漂わせるドラマティックな赤に誘われて、思わずグラスを持つ指先のしぐさまで美しくエレガントに。ネイルカラー 38 ¥1,500/メナード 32 花びらの赤 ローズペタルをそのまま唇に寄り添わせたような、抜けのあるローマット質感が人気のリキッドリップから、ほんのり渋みを含んだブラッディレッドが登場。どんな装いにもさらりと似合うグロッシーでもドライでもない軽やかさは、ほかにはない魅力。リリカルリップブルーム 12 ¥3,500/THREE 33 似合わせの赤 アジア人の肌色を美しく引き立てるよう、研究され尽くした究極のトゥルーレッド「#RD163」。黄みや青みなどの肌トーンを選ばずに、塗る人の個性を輝かせる新時代の赤。色選びに迷ったらまずは手に取って。ルージュ アンリミテッドRD 163 ¥3,200〈2019年1 月1 日発売・限定パッケージに変更〉/シュウ ウエムラ 34 フューチャリスティックな赤 格調高いクラシックレッドを、メタリックな輝きでモダナイズ。ラメやメタリックの人気が復活した今季、洗練度で差をつけたいならこの一色! ルージュ ジェ 091 ¥5,700(ケースとのセット価格)/ゲラン >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>ユニーク・ビューティを謳歌するアシンメトリーな赤
  • フェミニン、ファンタジーの定義は、こんなにも変わってきた。ジャーナリストのティファニー・ゴドイが語る、2019年春夏コレクションに見る女性像の変化とは。 着心地ありきのファンタジー  2018-’19年秋冬の女性像のキーワードは、「パワー・ウーマン」でしたよね。ちょっとお金のにおいがするような、80年代風の強い女でした。この半年間でどのようにその女性像が変化したのか、見てみましょう。  まずは、政治的なことからいったん離れて、純粋に、ファッションを自分のために楽しもう、ポエトリーな美しさを徹底的に追求しよう、という動き。ヴァレンティノを見てください。夢にあふれたコレクションでした。ファーストルックは年齢を重ねても美しくアイコニックなクリスティン・マクメナミー。彼女がまとうドレスには十分なボリュームがあるため、服と体の間にパーソナルスペースが生まれます。「その空間の中で、女性は自分自身でいることを許される」とピエールパオロ・ピッチョーリは語ります。注目すべきは足もと。皆フラットサンダルを合わせています。つまり、ファンタジーかつロマンティックな服ですが、その姿勢にはきちんとリアリティがある。この服で街へ出ると目立つかもしれませんが、しっかりと地面を踏みしめ、心地よさを感じながら歩くことができます。エルメスでも全ルックでフラットサンダルを合わせていましたね。マーク ジェイコブスも過剰なまでにファッションの遊び心を追求しながらも、バギーパンツを合わせたり、足もとはキトゥンヒールだったりと、実は着る人がコンフォタブルであることを前提としている。これらは、自分らしさを保ったまま、夢を見ることができる服と言えます。素材や色はガーリーですが、シルエットに大胆な冒険心があるため強い。それこそがロマンティックの新境地、ボールド・ロマンティック。浮き上がってくるのは、誰にどう見られたいかではなく、自ら選び取る、「自分のためのフェミニン」なのです。 ロマンティックでファンタジー。でも、ガンガン歩けます 1 銀髪をなびかせ歩くレジェンド、クリスティン・マクメナミー53歳。たっぷりとしたボリュームのあるブラックドレスで登場2 続くのはマリアカルラ3・4 羽根飾りやラフィアハットがポイントに5 柔らかい素材のバギーパンツ6 空気をはらむジャンプスーツジェンダーレスであることこそ、女性らしい  一方ジバンシィは新しいフェミニニティを構築。とても女性らしい水色のドレスを、メンズライクな面持ちのカロリン・ウォルターが着る。そのあとショーの前半に10人ほど、ショートカットかバズカットのモデルが続きます。フェミニンな服を、いわゆる女性らしい佇まいの人が必ずしも着る必要はないのです。むしろ中性的であることこそ、現代のフェミニンなのかもしれないですね。また今季は、男女の垣根を取り払ってモデル選びをするメゾンが多かった。特にマルジェラでは、従来の男女の既成概念を崩して、ジェンダーの流動性を表現しました。LGBTの人々にとって、ファッションというのはアイデンティティ形成のために非常に大切。そういったLGBTの人々をミューズとして据えて、服を作るということに、ハイメゾンのデザイナーたちが本格的に取り組み始めたと言えます。 「男女」なんてどっちでもいい 7 フェミニンな水色のプリーツドレスをまとう、男前なカロリン8 「ジェンダー・フリュイド」を打ち出したマルジェラでは、メンズモデルがゴールドのドレスを着用9 ファーストルックではバズカット・モデルが、スカートをもとにしたトップスを着て未知の女性像が生まれている  バレンシアガでも女性像の変化がありました。ストリートから完全に脱却し、マチュアな大人に向けたエレガントなラインの服を、未来的な手法で作っています。クラシックな服を、SF的な会場で見せるというのも新時代のファンタジー。何よりモデル選びです。キャスティング・エージェンシーがメキシコ、アルゼンチンなど世界中を飛び回り、未知の女性像を探しました。LAでは映画のキャスティング会社にも発注したそうです。  未知の女性像といえば、今ブラック・カルチャーから生まれたデザイナーと女性アイコンの影響力が増しています。雨の中行われたテルファーのショーは、NYコレクションで一番の盛り上がりでした。先日ダイアナ・ロスの娘のトレイシー・エリス・ロスがアメリカン・ミュージック・アワードのホストを務め、その際「今夜のルックは全身黒人デザイナーの服」と宣言し話題に。また彼女との写真をSNSで披露したのは、リル・ミケーラ。ブラジル人とスペイン人とのミックスという設定のCGモデルです。ミックスト・レイスから新たなフェミニン・アイコンが生まれました。  多様性という価値観が完全に浸透したことによって、社会の中で光を当てられていなかった人々のためのファッションが力を持ち始めました。その結果、女性らしさの定義も刷新され、多様化しているのだと思います。 バレンシアガが大人になった! 10 3Dモールディングの技術を採用したコート11 ショーはジョン・ラフマンによるLEDパネルのトンネルで行われた12 高円寺でスカウトされ、パリ・コレデビューした日本人男性プラズマ氏。ツイッターで話題に13・14 従来よりマチュアな印象のモデル15 サイドのパターンにクリストバルのCシェイプを取り入れた ブラック・カルチャーが一番COOL 16 アメリカン・ミュージック・アワードでの、トレイシー・エリス・ロス。スーツはもちろん黒人デザイナーの、Pyer Moss17 テルファーのショーはイアン・イザイア、シーラ・マーリーといったアーティストとコラボレーション18 バーチャルモデルのリル・ミケーラは2016年にアカウントを開設した TIFFANY GODOY アメリカ出身のファッションジャーナリスト。現在パリと東京をベースに活動中。「SSENSE」などのメディアに寄稿しており、メディアプロジェクト「The Reality Show Presents」(Instagram:@th_rlty_shw)でトレンドを発信中。ブランドのコンテンツ制作も行う。 SOURCE:SPUR 2019年1月号「“パワー・ロマンス”は、あなたのために」photography:Jonas Gustavsson
  • ナイキとアンブッシュ®がコラボレーションしたカプセルコレクションが発売。アンブッシュの創設者の一人であり、キム・ジョーンズによるディオール オムのジュエリーデザインも手がけるYOON(ユーン)が、現代のライフスタイルに合わせたアパレルとシューズをデザイン。今回彼女がこだわったのは、洋服の快適さや機能性。またアスリートが競技に向けて行う準備にインスパイアされ、スポーツの要素をデザインに落とし込んだのだという。 コレクションは、片面がフリースで、もう片面がメタリックフォイルのリバーシブル トラックジャケットや、フェイクファーを贅沢に使った2型のコート、ドライフィットのストレッチボディースーツ、クロップトップ、フリースパンツなどを展開。 フットウェアは、ユーンが思い入れのある「ナイキ エア マックス 180」をセレクト。彼女がシアトルに住んでいた頃、「高校時代に自分のお金で初めて買ったスニーカー」だという。そこにもう一つのナイキのクラシックとも言える、「ナイキ エア ズーム フライト」の要素を取り入れてアップデート。現代のあらゆるシーンに快適にフィットするウェアと併せて、ぜひチェックを。(フットウェアは、2019年スプリングシーズンに発売予定) ナイキ カスタマーサービスhttps://www.nike.com/jp/ja_jp/c/nikelab0120-645-377 text:Machiko Suyama ⇩「ナイキ×アンブッシュ®」カプセルコレクションのラインナップをチェック!
  • 上品なドレスアップが叶うワンピースとジュエリー、帰省&旅行の長時間移動も快適なきれラク服。イベントシーズンに便利なアイテムが揃いました。 オンもオフも、いつでもきれいが保てる 落ち感の美しいハイゲージニットワンピース ストール¥25000/グリニッジ ショールーム(プレディー) ピアス¥12000/ココシュニック バングル¥19000(シャルロット ウーニング)・ブーツ¥78000(ネブローニ)/フラッパーズ バッグ¥35000/オルサ(オルセット) 12closet 12クローゼット ニットワンピース (各)¥13000 編み目の印象を抑えたなめらかなハイゲージニットをAラインシルエットに。 ほどよく厚手な生地なので広がりすぎず、自然かつエレガントなドレープを描きます。 気になる体のラインをカバーしつつも、ルーズに見えない絶妙なサイズ感もこだわり。 丈はふくらはぎの太い部分がちゃんと隠れる長さ(着丈110㎝)。 スニーカーやバレエシューズといったおなじみのペタンコ靴との相性はもちろん、ロングブーツにかぶせるような今季らしいバランスも簡単です。 色はネイビーと赤みを帯びた明るいトーンのブラウン。ほどよくコシのある生地はシワになりにくく、旅行服としても活躍します。 【ニットワンピース】をチェック! 公式通販LEEマルシェ 撮影/西出健太郎 ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリスト/吉村友希 モデル/優木まおみ 取材・文/鈴木絵美
関連キーワード

RECOMMEND