年末年始のおこもり美容に最適! 香りも使い心地も◎な最新コスメ4選

マキアオンライン

「MAQUIA」1月号の『美女子ネタ』から、最新コスメ情報をお届け。香り豊かなボディケアや、ベスコス受賞の化粧水をたっぷり含ませた極上シートマスクなど、年末年始にじっくり試したいアイテムを厳選。

Image title

美女子ネタ

リラックスアロマの香りに
包まれて心地よい睡眠を

ハーブやグリーンノートなどリラックス効果の高い「ハーブの寝息の香り」で、五感を刺激しながら心身ともにリセットするシリーズが登場。シーツや枕に吹きかけるリネンミスト、マシュマロ肌を作るボディミルク、ロールオンタイプのマッサージオイルで、全方位から良眠計画を。(右から)ワンダーハニー フィールトリップピロー 80mℓ ¥1200、同 ハグモアボディミルク 200m ¥1600(数量限定)、 同 フィールトリップマインド 10mℓ ¥1650/ベキュア

ベストセラー“エスト ザ ローション”の
マスクが登場

過酷な乾燥環境でもうるおいが持続する、昨年度マキアのベスト・オブ・ベスト大賞を受賞した“エスト ザ ローション”。1枚にその化粧水を約30回分含ませた保湿マスクが発売。化粧水の効果を究極に高める密着技術を採用。しっかり貯水して、もっちりハリ肌へ。エスト ザ ローション マスク 5枚入り ¥6000/花王(12月1日発売)

もっと見る >


MAQUIA1月号

撮影/小川久志 スタイリスト/古田千晶 アートワーク/Bob Foundation 取材・文/佐藤 梓 構成・文/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

関連記事
  • コーデが優しげな印象に仕上がる厚手のカーディガン。大人の女性は、肌ざわりのいい、思わず触れたくなるような質感のものを選んで。しゃれ感とリラックス感がかなうロングのカーディガンは、大人の休日コーデの主役にぴったり。「ロングカーデ」はnot薄手! 大人が着るべきはちょっと厚めふんわり女っぽいロングモヘア ついさわりたくなるふわふわ感がフェミニンなモヘアニット。さらにこの冬は、ロング丈とたっぷりした袖でゆとりある雰囲気に。ワンピースと合わせたちょっぴりルーズな着こなしも、ぐんと大人っぽく仕上がる。カーディガン¥24000/ハルミ ショールーム(ヴェニット) ワンピース¥39000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(アルディー ノアール) チェーンネックレス¥28000・コインネックレス¥78000/ココシュニック バッグ¥26000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(アシーナ ニューヨーク)細めのリブはしっかり厚手が品よく決まる ハリのある編み地で体がきれいに見える。カーディガン¥38000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥20000/スリードッツ 青山店(スリードッツ) パンツ¥19000/プラステ(ジェイ ブランド) 帽子¥70000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ネックレス¥38000/スタージュエリー表参道店(スタージュエリー) ストール¥13000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥59000/アルアバイル(エレメ) 靴下¥700/タビオ(靴下屋) 靴¥8000/アーバンリサーチ 神南店(アーバンリサーチ)アウターとしても使えるベルトつきガウン風カーデ ガウンのようにざっくり着流せる一枚は、中にインナーダウンを仕込める余裕も。編み柄が醸すニットの温かみに頼って、思い切ってコート代わりにする日があってもいい。着こなしを締めてまとめてくれるネイビーなら、着膨れも気になりにくい。カーディガン¥39000/UTS PR(インスタントファンク) ダウン¥4990/ユニクロ パーカ¥14000/セオリー スカート¥26000/アナイ タイツ¥5800/ステッラ(ピエールマントゥー) 靴¥81000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)トレンド感高めなビビッドカラーもなじむアルパカニット コーディネートの主役になる肌映えのいいオレンジ。ちょっと派手色を選んでも"盛りすぎ”感が出ないのは、ニットの持つやわらかさがあってこそ。カーディガン¥56000/アマン(アンスクリア) カットソー¥12000/デミルクスビームス 新宿(ルミノア×デミルクス ビームス) パンツ¥32000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ピアス¥36000/ココシュニック スカーフ¥7800/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/金谷章平 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/桐谷美玲 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年1月号掲載
  • 年末年始のパーティやスペシャルイベントには、トレンドを踏まえつつ、場を華やかにするようなドレスアップをして臨みたい。ハイセンスな私服に定評のある東京のファッション・インサイダー3人に、モードなパーティスタイルを披露してもらった。 鮮烈なカラーリングで場を圧倒! コート/ワイズ ピンク(ハイ アンド シーク別注アイテム) ドレス/ヴェトモン つけ襟/ドリス ヴァン ノッテン バッグ/ジャマン ピュエッシュ シューズ/セリーヌ ハイ アンド シーク ディレクター兼バイヤー 夏川イコさん 潔いまでに鮮やかな、真紅のドレスとターコイズブルーのつけ襟のカラーリングに目を奪われるドレススタイル! 「きらびやかな都会のパーティでは、華やかに装うのがマナー。ドレスを着るべきときにはきちんとドレスアップして、非日常な場を楽しみたいですね」と夏川さん。コートは、夏川さんの主催するセレクトショップ「ハイ アンド シーク」がワイズ ピンクに別注したスペシャルアイテム。ドレススタイルを盛り上げる、リュクスな生地感が魅力だ。実は、ラップドレスとつけ襟は、ともに前後逆に着用しているそう! 「ラップドレスは、ベストのようにゆるく羽織って着ることもできます。贅沢なビーズ刺繍が美しいつけ襟は、トレンチコートにつけても素敵」と夏川さん。ガラスのイヤカフはバカラのもの。左手首を飾るゴールドのカフブレスレットは、メゾン マルジェラ。本来はヒールカバーなのだそう。自由な発想を生かした装いが夏川さんらしい。アンティークジュエリーや母から譲り受けたというリングと合わせて。エレガントで品のある「モデスティ・ドレスアップ」 ドレス/アキラ ナカ ターバン/ユージニア キム バッグ/メアリ オル ターナ ブーツ/セレナテラ ファッション・コンサルタント 市川 渚さん 「最近、ムスリムの女性たちのような、肌や髪を露出しないファッションが素敵だと思う」と市川さん。ロングドレスにターバンを合わせ、モデスティ(慎しみ深い)なドレスアップスタイルを披露してくれた。ドレスは、「ロング丈でストレートなシルエット、かつ長袖のデザインは珍しい!」と市川さんもお気に入りのアイテム。「普段は前髪を下ろしているので、おでこを出して雰囲気を変えたい。ターバンは短い前髪を上げるのに便利です」。 「ちょっとしたパーティやレストランの会食では、アクセサリーで華やかさを出したいですね」と市川さん。ザラで見つけたというデコラティブなピアスで、スタイリングをパーティモードに変えて。足もとは、あえてハイヒールパンプスではなくブーツを選んでカジュアルダウン。黒いベロアと繊細なレース使いが美しいドレスに、あえてボーダー柄のソックスを合わせたところに遊び心が。ドット柄セットアップで全方位隙なくフェミニンに ブラウス・スカート/ウーア ブーツ/ペリーコ ウーア ディレクター 濱中鮎子さん パーティに招かれた際には、セットアップを着ることが多いという濱中さん。自身の手がけるブランド、ウーアのドット柄セットアップでフェミニンなパーティスタイルをつくった。スカートのたっぷりしたフリルが歩くたびに揺れ、ドラマティックな表情で場を盛り上げてくれそう! 「フォーマルなシーンにふさわしい張りと光沢があり、かつシワにもなりにくい素材なので便利です」と濱中さん。 フロントはハイネックだが、バックスタイルからは素肌がのぞき、後ろ姿まで美しいドレスアップスタイルが実現できる。ランダムに並んだドット柄が大人の可愛らしさを演出して。袖口に並んだボタンとふくらんだシルエットがフェミニンな印象。「カフス部分で切り替えるのではなく、タックを寄せることでニュアンスを出しています」と濱中さん。手前に写る左手首のカフブレスレットは、ティファニーのもの。 photography: Yuka Uesawa(夏川さん、濱中さん), Satoko Tsuyuki(市川さん) text: Chiharu Itagaki
  • 着るだけで素敵になれるカシュクール&ブルーグリーンに視線クギづけ!上品なカシュクールにすっきり見えのラップ風デザイン、シックに華やぐブルーグリーン。今季トレンドのジャンパースカートは大人っぽく見える要素が詰まってるから、品よくおしゃれを格上げできる♡ ひざ下丈のワンピースにロングブーツを合わせる、そんなあえて肌見せしないバランスも今っぽくて素敵でしょ? デートの日はチェック柄ベレー帽をポフッとかぶって可愛く仕上げて。ジャンパースカート¥24000/ベガ トップス¥11000/シップス 有楽町店(ヤング アンド オルセン) 靴¥22000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) バッグ¥16000(メゾン ヴァンサン)・ピアス¥16500(シャルロット ウーニング)/フラッパーズ 帽子¥2990/AG バイ アクアガール土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ ▼きれい色のコーデをもっと見る▼ 原文/鈴木絵美 撮影/来家祐介(aosora) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/石田 綾
  • こんにちは、チーム☆マキアのまりりんです!(^^)!早いもので2018年も残すところ、あと3週間余り。みなさんは今年中にやっておきたいことはありますか?私は今年買ったコスメの私的ベスコス2018をまとめたいと思っています。できれば、アイシャドウ・リップ・ベース関連の3枠を作りたい・・・・・・・・!日々バタバタと過ごしていますが、これだけは何が何でもやります(゚Д゚)ノさて、今回のブログのテーマは”目を大きく見せるテクニック”についてです。12月1日にInstagramに投稿したところ、イイネ数が約4,200件・保存数が7,000件・リーチ数が40万人を超え、今もなお、多くの方にご覧いただいています。(12月12日現在)多くの方の目に留まり、本当に嬉しいです!!見てくださった方々、ありがとうございます。私は昔から目を大きく見せることに人一倍こだわりがあり、中学生の頃はオデコにしわができるくらい常に目を見開いて生活し、高校の頃はメイベリンのマスカラが手放せず、大学時代はアイシャドウにどハマりし、二重幅をはみ出すほど極太の締め色を入れたりと、私なりにデカ目になれる方法を模索してきました。ただ、そんな私に転機が訪れたのは大学1年の冬—実家に帰省してソファで爆睡してた時のことでした。寝起きの私に、母から『目の上が真っ黒で殴られた人みたいだよ 』と一言。。。当たり前のことですが、鏡を映る自分を見るときは目を開けた状態だけが見えていますが、他人からは目を閉じているときももちろん見られている・・・メイク初心者だった当時の私は、母に言われて初めて、そのことに気がついたんです。それ以降、客観的に自分のメイクを見られるようになった気がします。Instagramでは、そんな私が研究しつくしたデカ目メイクのポイントをpostしました。まず、こちらの写真を見比べてみてください。右と左の目元に着目してみると、左の写真の方が目が大きく見えるような気がしませんか?もちろん好みはあると思いますが・・・実は、左の写真は目を大きく見せるためのテクニックを7つ取り入れているんです。これからご紹介する内容は、目の形に関わらず、どんな目の形にも応用できるテクニックだと思います。※もちろん、人によって微調整は必要です!詳細は次のページをご覧ください。まずは、【目が小さく見えるメイク&理由】からご覧ください。◆細眉 →目と眉の間隔が離れていると目力が弱まるため、目を大きく見せたいときは細眉は不向きだと思います。◆アイシャドウを塗る範囲が狭すぎる →眉と目の間隔が狭まらず、目が小さく見えてしまいます。またアイシャドウの主張が少ないため、メイクしてる感も出にくく、おとなしい印象になりがち。◆締め色のぼかし不足 →締め色のブレンディングが足りないと、目のキワの輪郭が固定されてしまうため、膨張率が落ちてしまいます。また、伏し目になったときにメイク下手な印象を持たれるキケンも。◆控えめマスカラ →マスカラは目の縦幅を広げるために欠かせないため、まつ毛メイクで手を抜くのはもったいないと思います!◆下まぶたを締め色で囲う →素の目の形に沿って目を囲うと、それ以上目を大きく見せることができなくなり、目が小さく見えてしまいます。◆涙袋なし →下まぶたに重みがないためスッキリとした印象にはなりますが、どこか寂しげな感じも。◆目尻のアイライナーなし →目の横幅が広がらないため、目がコンパクトに。続いてはお待ちかね!【目を大きく見せるメイク&ポイント】◆太眉 →太眉にするときは下側に太さを出していきます。(上に足してしまうと、より眉と目の距離が広がって目が小さく見えてしまうため)◆ミディアムカラーをアイホールより広く塗る →私は最近瞼が痩せてきたので、今回はサーモンピンクの上からベージュを重ねて、ふっくら感を出してみました。彫りを深く見せたいときや瞼の皮膚を薄く見せたい場合は、赤みのないベージュやトープ系のシャドウを広めに使うと瞼がスッキリ&彫り深顔に見えるのでオススメです。◆締め色はよくぼかす →目を大きく見せるためには締め色の使用は必須。締め色を入れる幅は好みで変えられますが、念入りにぼかすことで実際の目の1.5倍は大きく見えます。◆マスカラは2度塗り以上 →根元から上に向かってスーッと塗ります。根元からしっかり塗ればインライン代わりにも◎◆涙袋をぷっくり仕上げる →涙袋の有無は好みが分かれると思いますが、涙袋があると目の範囲が広がり、面長のカモフラージュにも効果的です。◆下目尻の三角ゾーンを埋める →デカ目メイクによってミディアムカラーを多用した瞼は、下瞼の三角ゾーンを締め色で埋めることでメリハリがつき、バランスが良くなります。◆目尻にアイライナーを引く →目尻にラインを引くと、目の横幅が広がり、デカ目に。まつ毛の隙間が気になる場合は、アイライナーで点を打つようにしてまつ毛の生え際を埋めると、まつ毛のスカスカ感をカバーできます。次ページでは、今回のデカ目メイクに使用したコスメとメイクプロセスをご紹介します!【今回使用したコスメ&プロセス】【使用コスメ】 ❤A.cosmedecorte アイグロウジェム PK881 ❤B.cosmedecorte アイグロウジェム BE387 ❤C.cosmedecorte アイグロウジェム BR387 ❤D.kate ダブルラインエキスパート . . 【メイクプロセス】 ❶Aをアイホール(目のキワ〜眼球の真上の骨)よりやや広めに入れる。 ❷Bを二重幅より広め、Cを目のキワに入れ、よくブレンディングして馴染ませる。 ❸下まぶた全体にA、下目尻にCを入れる。 ❹ニコッと笑ったときに膨らむ部分の真下にDでラインを引き、影を作る。→(涙袋メイク)今年2月にリニューアルされ、カラー展開がグッと広がったアイグロウジェム。10月に一時国した際にカウンターで悩みに悩んで、この3色をゲットしました やっぱり、人気アイテムなだけあって、肌への溶け込み方やグラデの作りやすさ、上品なキラキラ感など、計算しつくされていて、ものっすごく使いやすかったです。BE387はピンクっぽいベージュなので肌色問わず、万能に馴染むカラー。PK881は目周りの肌トーンを上げてふっくらさせたいときにピッタリ。BR384は赤みが控えめなブラウンなので締め色にもってこい!やっぱりアイグロウジェム大好きです♡ぜひ、みなさんもご自身のお目元で微調整しながら、ベストマッチなデカ目メイクを研究してみてください(^^♪Instagramはコチラ⇒https://www.instagram.com/mari_loves_beauty/
  • *イエローのグロスが欲しかった。*雪の結晶が好き。ということで、買わざるを得ませんでした。 ■ RMK ティンティッド オイルフィットグロス 全4色 5.5g 2,700 円(込)12/7(金)限定発売のティントタイプのオイルグロス。HANKYU BEAUTY ONLINEで全色完売だったので、半分諦めてたのに、カウンターでは全色普通にありました。(※12/13時点 うめはん)ブルーグロスが人気のRMK(RMK リップジェリーグロス 03 ベビーブルー/11 ワンダーブルー)。このシリーズも、01 ウィンターレイク、そして03 チョコレートミントティーのご指名が多いそうですが、この02 スノーロッジもなかなかの人気だとか。(ただ公式サイトでは、04 クリスマスドリームだけが品切れ中。)いずれも見てるだけでテンションの上がる可愛さ、鮮やかさ!イエローはメイプルシロップの美味しい香りです。塗ってしばらくすると、水分量に反応し、ナチュラルな血色感を発揮。【左】塗ってすぐ。【右】塗って数分後。ティントタイプなので、ティッシュで拭っても、ほんのりピンクが残ります。何よりサラッと軽いテクスチャーが私好み!(イエローグロスが欲しくて、某ドラコスのリップオイルを店頭で試したのですが、思いの外べったりで見送りました。。)平べったいチップタイプ。柔らかくしなって、とっても塗りやすい。しかもボトルの口のところでしごかれるので、適量がとれて、直塗りしてもムラ付きしません。使う人によって発色が変わりますが、私の場合は、、、青みピンクに重ねると、アプリコットニュアンスが加わって、いきいきヘルシーな印象に。ベージュブラウンはミルキーなオレンジで、可愛らしい印象。うるっとしたツヤ感が持続しますが、重くないので、本当に使いやすい。オリーブオイルやアーモンドオイル配合。表面的なうるっと感だけでなく、唇自体がちゃんと潤ってくれます。(ティントタイプが荒れやすい私でも、皮むけなしでした。)個人的には、このシーズンのグロスには多少のキラキラ感が欲しいので、ラメ入りだともっとよかったかなという感じ。まあ、ラメなしの方がオールラウンドに使えるし、荒れにくいのでよしとします。これだけ可愛いと早々の完売が予測されますので、気になる方はお早めに!
  • 2018・2019年の冬、パンツ×靴、パンツ×アウターの組み合わせは?冬はタイツが便利なのでスカート派!という人が増える中、「冬もパンツ派!」というあなたに捧ぐパンツコーデカタログ。 今年の冬、どんな丈感のパンツがいい? 足元はブーツ、それともフラット靴? パンツの丈に合うアウターの長さは? あなたに似合うパンツコーデを探してみてくださいね♡チノパン×フーディ 実はきれいな色のほうがおしゃれで使いやすいんだって知ってた? チノパンと好相性な赤をチョイス。 パーカ¥5980/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 中に着たカットソー¥1380/無印良品 池袋西武 パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店 バッグ¥7900/ココ ディール 靴¥32000/銀座ワシントン銀座本店(ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン) イヤリング¥1800/お世話や リング¥18000/UTS PR(ル フェール)パンツ×モヘア調ニット ベーシックカラーを買ったら2枚目はきれい色で、プチプラで♡ 思いきって濃いめのトーンを選んだほうが大人っぽく、今っぽく着られる。TシャツINでカジュアルに合わせて。 ニット¥8900/ディスコート 東京ドームシティラクーア店 中に着たTシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店 パンツ¥16000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店 バッグ¥2769/ザラ・ジャパン メガネ¥27000/モスコット トウキョウ ピアス¥11000/ジュエルチェンジズ 新宿店 時計¥9500/カシオ計算機 きれい色パンツ×スニーカー 実は女っぽいボルドーのパンツは、ジャケットとチルデンニットのハンサムなムードをかけあわせて上級者風に。 パンツ¥8990/キャン(Monique) ジャケット¥27000/ジュエルチェンジズ 新宿店 ニット¥30000/ショールーム セッション(アダワス) 靴¥6500/VANS JAPAN バッグ¥5500/バナー バレット 渋谷ヒカリエシンクス店 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 青山 イヤリング¥1300/お世話やデニム×ラインニット ユニフォームライクな着こなしも、知的なネイビーでまとめれば職場で浮く心配なし! 広くあいたVネックや鮮やかなパープルのピンヒールで、さりげなく女性らしさをアピって♡ とはいえ今日は打ち合わせや買い出しで外回りメインの一日。ダッフルコートにスポーティなキャップやリュックで、あったか可愛くアクティブな仕上げを♪ Vネックラインニット¥14800/シップス プライマリーネイビーレーベル デニム¥31000/シンゾーン ルミネ新宿店 ダッフルコート¥82000/ボウルズ(ハイク)パープルパンプス¥32000/銀座ワシントン銀座本店(ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン) リュックサック¥15000/ザ・ノース・フェイス3(マーチ) キャップ¥7600/ビショップ(サイ) ゴールドイヤリング¥12000/デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店(イリス47)デニム×ジャケット デニム通勤には「ジャケット&パンプス」が大人のルール。だけど手持ちのトップスを着回すだけじゃマンネリぎみに......。ベーシックなニットからシャツの衿を立てて見せたり、シンプルなバッグにスカーフを巻いたり、トレンドカラーの靴下を忍ばせたり。おしゃれだなって思わせるひと手間を惜しまないで! 全身にちりばめた”ちょこっとテク”でコーデにメリハリも生まれて一石二鳥♪ ジャケット¥34000/TOMORROWLAND(MACPHEE) ニット¥11800/ビショップ(モリス&サンズ) シャツ¥13000/HUMAN WOMAN パンツ¥28000/エスストア(シー) 靴¥35000/FUN Inc.(チェンバー) バッグ¥26000/ジオン商事(ドレスレイブ/ポップコーン ミラノ) イヤリング¥1200・ネックレス¥600/お世話や スカーフ¥11000/スピック&スパン ルミネ新宿ブラウンのパンツ×パープルのシャツ トレンドのきれい色=パープル、トレンドのベーシックカラー=ブラウン、トレンドの柄=チェック。11月最後の一日はこの3大トレンドを欲張って、誰より今どきなおしゃれを楽しもう! パッと目を引く色柄だから、シャツ×パンツの王道カジュアルが気取ってなくてちょうどいい。白のハイネックカットソーをインに仕込んだら、袖口のレイヤードで抜け感アップ。フープイヤリングやフラットパンプスで女らしさはさりげなく盛るのが今日の気分♪ シャツ¥2000/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい パンツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) カットソー¥10000/スローン 靴¥8900/ルクールブラン バッグ¥12500/スローブ イエナ 自由が丘店(エンシャラ) イヤリング¥1800/お世話や ストール¥22000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ新宿店(リア)デニム×きれい色ニット デニムにスカーフ、ポシェット。いつもの赤ニットなら王道のパリっぽいコーデだけど、あえてのオレンジで“いい意味での違和感”が実現。 ニット¥6990/プラステ パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店 靴¥45000/FUN Inc.(チェンバー) バッグ¥2990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード スカーフ¥7800/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥900/お世話や 時計¥21000/ピークス(ロゼモン)ユニクロのデニム×キルティングコート カジュアル気分の日はこなれ感のあるキルティングコートを相棒に! ちゃんと衿つきでほんのり光沢もあって、ひざにかかる長め丈だから、大人の女性のデイリーユースにぴったり。ブルーニット×濃紺スキニーのクールな着こなしには、女らしさをちょい足しして通勤仕様に。首もとからのぞくフリルや美脚見えのヒール靴で、いつものカジュアルをさりげなくきれいめに昇格させて♡ コート¥46000/シンゾーン ルミネ新宿店 ニット¥14000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ハーレー オブ スコットランド) ブラウス¥6990/クチュール ブローチ パンツ¥3990/ユニクロ 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥15800/ショールーム セッション イヤリング¥11000/UTS PRチェック柄パンツ×きれい色ニット この秋鉄板のクルーネックニット×チェック柄パンツも、11月半ばを過ぎたらマンネリぎみに!? そう感じたら配色でリフレッシュしてみて。誰もがひと目惚れするピンク×上品なグレイのグレンチェックなら、甘すぎないのに女らしくて好感度ナンバーワン♡ ふわっと巻いた大判ストールもグレイで揃えて後ろ姿まで素敵に。ビジューピアス、ピンヒール、ミニバッグ、レディな小物で盛り上げれば、定番ワンツーコーデが見違える! ニット¥14800(ハーレー)・ピアス¥10000(ドソン)/リフラティ シップス ルミネ横浜店 パンツ¥35000/シップス 有楽町店(セラー ドア) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥7900/キャセリーニ ストール¥14000/Stola.チャコールグレイのパンツ×チェック柄ストール チャコールグレイのワントーンに、チェック柄ストールをさらりとまとわせて。靴もバッグもブラックレザーでちょっと辛口に女っぽく、ダークトーンにストールの赤がより映える。タートルの衿もとは隠さず、フェイスラインを引き締めて見せて。 ストール¥23000(スコティッシュ トラディション)・バッグ¥52000(ミミ)/ビショップ ニット(メンズ)¥2990/ユニクロ スカート¥18000/アナディス(アナカノワー) 靴¥19500/カルネ(ダニエラ&ジェマ) ブラウンのパンツ×コンバースのスニーカー 感度の高さをアピールできる“オールブラウン”コーディネート。靴はパキッと鮮やかな赤のコンバースで。 靴¥5800/コンバース ニット¥1990/GU カットソー¥16000・Gジャン¥34000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店 バッグ¥26000/ショールーム セッション(アシーナ ニューヨーク) ピアス¥1490/アメリカンホリック バングル¥29000/HEMT PR(ノース ワークス)グリーンのパンツ×赤いファーのビッグクラッチ ベーシックカラー感覚で合わせやすいグリーンのパンツには、ボーダーと赤いファーのビッグクラッチを合わせて冬のマリンを楽しんで。 バッグ¥30000/デミルクス ビームス 新宿(オーエンバリー) ニット¥23000/スローン Gジャン¥2990/アメリカンホリック パンツ¥9990/キャン(モニーク) 靴¥58000/シップス 有楽町店(バルダン) イヤリング¥8500/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店デニム×きれい色ニット 赤タートルニット、デニム、ダッフルコートのトリオで、パーフェクトな“トラッド&カジュアル”に♬ 赤タートルニット¥25000/スローン デニム¥31000/シンゾーン ルミネ新宿店 ダッフルコート¥82000/ボウルズ(ハイク) レースアップシューズ¥62000/ボウルズ(ハイク) リュックサック¥15000/ザ・ノース・フェイス3(マーチ) ニット帽¥5800/ビショップ(オーシバル) チェック柄ストール¥14800/リフラティ シップス ルミネ横浜店(グレン プリンス) タッセルイヤリング¥9800/UTS PR(ルフェール)ブラウンのパンツ×イエローのアウター シックな着こなしを軽やかに見せたいなら、この冬の主役は形よりも色。それも、ぱっと目を引く鮮やかカラー。着映えも、コーデのメリハリも、これ一着で叶う! コート¥45000/ローズ バッド(ミチ) ニット¥19000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) パンツ¥37000/エスストア(シー) 靴¥64000/シップス グランフロント大阪店(マルティニアーノ) バッグ¥22000/ロードス(トーヴ) ピアス¥19000/TOMORROWLAND(LIZZIE FORTUNATO)デニム×マニッシュなチェック柄アウター グレンチェックのノーカラー。シンプルなおしゃれがさまになる。 コート¥19900/オンワード樫山(シェアパーク) シャツ¥19000(アッパーハイツ)・カットソー¥11000(ルミノア)/ゲストリスト パンツ¥21000/ワークノットワーク アーバンリサーチ キッテ丸の内店(ワーク ノット ワーク) 靴¥18000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥22000/アルファ PR(アエタ) ネックレス¥42000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(シンパシー オブ ソウル スタイル) 時計¥32000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(マーチ) パンツ×きれい色フーディ いつものカジュアルのひとつ上を狙いたい時だってある。チェックのステンカラーが持つ王道の安心感があれば簡単! コート¥46000/ビショップ(オーシバル) パーカ¥11500/Champion For Her Shinjuku LUMINE EST(チャンピオン) スカート¥18000/アナディス(アナカノワー) 靴¥36000/TOMORROWLAND(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥42000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店(ミミ) ピアス¥14000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)オフ白のパンツ×チェック柄アウター 取引先との大事な打ち合わせは、茶×オフ白の大人シンプルなパンツスタイルでデキる感をアピール。ニットと色をリンクさせたスカーフ使いや美人なパンプスで手堅くきれいめに。そんな日の仕上げはかっちり着られるチェスターコート! モノトーンの真面目さと大ぶりチェックの華やかさで印象アップ間違いなし。急な夜のお誘いだって、このコートをはおっていればおしゃれにぬかりなしって自信が持てる♪ コート¥27000/スローブ イエナ メゾン自由が丘店(デザイナーズ リサエティ) ニット¥19000/TOMORROWLAND(BALLSEY) パンツ¥21000/コンバース トウキョウ 代官山 靴¥25000/銀座ワシントン銀座本店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥16000/スーペリア クローゼット(マルコ ビアンキーニ) イヤリング¥1100/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥16000/スローンチェック柄パンツ×ラベンダーのきれい色ニット 買ったばかりのチェック柄パンツは、こなれ感を出したくて太めをチョイス! 平日はきれい色ニットを合わせて、手軽なワンツーでもちゃんと華のある通勤カジュアルに。色も形も甘すぎないラベンダーのタートルニットなら、男の子っぽいパンツとも好相性だし、ちゃめっ気も出せて好印象。メガネやローファーで全体をマニッシュなテイストにまとめると、きれい色が映えていっそう素敵♡ パンツ¥16000/ケレン ニット¥27000/スローン 靴¥25000/メゾン イエナ(ダニエル レポリ) バッグ¥8800/ココ ディール メガネ¥28000/ハウス/バディオプティカル イヤリング¥7000/パティエラ ヘアピン/私物品のいいハンサムパンツ×甘いブラウス ベースは大人に似合う品のいいカジュアル。でもその中にちゃんと今っぽさもある、そんなちょうどよさが支持される理由。甘いブラウスとハンサムなパンツでプランドらしい上品カジュアルが完成。 「安心感と新鮮さ、毎シーズンそのバランスが絶妙で頼りになるんです!」(スタイリスト・石上美津江さん) コート¥70000・ブラウス¥19000・パンツ¥17800・靴¥26000/シンゾーン ルミネ新宿店 バッグ¥8500/レイジースーザン 新宿ミロード店 スカーフ¥7800/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥6800/ルーニィ 靴下¥600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)コットン地パンツ×ジャケット ブランド名の読み方は「アンスクリア」。メンズからイメージされた服は、余裕を感じさせる大人カジュアルを完成させる。ロゴTを主役に、ゆるい雰囲気のコットン地パンツをジャケットで締めた絶妙バランス。 「おしゃれのツボを押さえたアイテムが揃っていて思わずたくさん購入しました!」(スタリスト・高野麻子さん) ジャケット¥89000・Tシャツ¥23000・パンツ¥17000/アマン(アンスクリア) 靴¥21000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ソル サナ) バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) 帽子¥8300/UTS PR
  • 先月発売のMAQUIA1月号、もう読破されましたか?わたしはやっとゆっくり読めました・・・!今月号は、2018年下半期ベストコスメの発表号という事もあり、すごいボリューム感でした!いつものように、スキンケア・メイク・プチプラ・ボディケア等、細かく部門に分かれたベストコスメが発表されていて、欲しいものだらけになること間違いなし。しかも、ただベストコスメを発表するだけでなく、その活用法まで教えてくれるのが嬉しい。美容のプロが使う、スキンケアのベストコスメ活用法は必見!さらに、ベストコスメのメイクアップアイテムを使ったメイクレシピも。こちらは4種類の顔立ち別に紹介されているので、自分にぴったりなコスメ&メイクが見つかると思います❤付録は、神崎恵さん監修の、オリジナルリボンターバン❤これ目当てで買う人もいるんじゃないかと思うくらい可愛いターバンです❤ラベンダーカラーで大きなリボンなんだけど、ストライプ柄が入っているおかげで甘すぎなくて大人可愛い感じになっています♪リボンが大きいから、なんだか相対的に小顔効果もあるかも?(笑)洗顔~スキンケアのすっぴんタイムのテンションをあげてくれる素敵アイテム。前髪をピンでとめるだけより、ターバンでグイッと髪をあげてしまったほうが、隅々までケア出来ますね♪さらに、カバーマークのサンプル3種、かなり太っ腹な量ついてます❤大人気のトリートメントクレンジングミルクのミニサイズ、モイスチュアヴェールLXの1週間分のサンプル&スポンジ、そしてモイスチュアサージセラムが3日分♪クレンジングは帰省に持っていこうかなー!カバーマークはスキンケアもベースメイクも定評があって、わたしも何度か使ったことがありますが、すごく良かったのを思い出し。。また使いたくなりました♪アクセーヌの化粧水も貼り込みでついてますよ!来週には2月号が発売になるので、1月号を入手していない方はお早めに!!!
  • アイテムはカジュアルでもどこかに女らしさとヘルシーさを漂わせるのがカジュアルコーデのルール!2018年秋冬に人気だったカジュアルコーデ記事をランキングでお届け。【1位】余韻のあるプリーツスカートとシャギーニットを合わせて 両手をすっぽりと入れられるハンドウォーマーポケットがついた、保温性の高いカシミアニット。優しい素材感のおかげで、キャメルの柔らかさがいっそう増すよう。着こなしはモダンなチェックの揺れるプリーツスカートで今の気分を表現しつつ、“カジュアルになりすぎ”を回避。▶ほっこりさせず、女っぽく仕上げたい!「シャギーニット」を大人はどう着る?【2位】肩落ちのグレータートルニットはコーデュロイタイトスカートで旬度アップ ネックと袖の細リブ使いで、肌見せ部分の華奢感がきわだつグレーのタートルニット。一枚でボリュームがあるので、細見え効果のある前スリットのタイトスカートを合わせて抜け感を。グレー×くすみピンクの配色や、ニット×コーデュロイの異素材MIXでシンプルな1 ・2 コーデを鮮度高くアップデート。▶スカートに合わせたい“ほどゆる”ミドルゲージニット【3位】ライダースジャケット×スニーカーコーデ Tシャツやライダースジャケットなど全体をカジュアルにまとめたところに、細身パンツのきれいめ感を投入したMIXコーデ。スニーカーと合わせた時こそ、このパンツの細見え力を実感!▶いま買うべきは、秋まで使えて細見えする「センタープレス入りテーパードパンツ」 【4位】太めのチェックパンツを合わせて白タートルの新境地を開拓 白のタートルニット、アラフォーには甘すぎる? と思うなかれ。こんな太めのタック入りチェックパンツにスニーカーを合わせた、ちょっぴりスポーティなスタイルも新鮮!▶断然使える“ほどゆる”ミドルゲージニットで旬ボトムに挑戦!【5位】キャップとスニーカーでキレイめカジュアルコーデ この秋注目の立ち襟ロングシャツをGUでみつけました。一枚あると秋~春まで3シーズン使えて着回し力抜群!(美女組No.100 Macoのブログより)▶GUの隠れた名品 着回し力抜群のシャツ【6位】思いきったスポーツMIXも細見えパンツならうまくいく! ポンチ素材のパンツは、合わせるトップスしだいできれいめにもカジュアルにもいける振り幅の広さも魅力。▶はいていて楽ちんなのに美脚も叶えてくれる「ストレッチ入りシガレットパンツ」【7位】グレー肩落ちカーデ×ドット柄プリーツワンピースコーデ ウエストのギャザーからすそにかけてランダムに揺れるプリーツが美しいドット柄ワンピース。一枚で着てももちろん素敵だけれど、淡めグレーのニットカーディガンをゆるっとはおるだけで女っぽさが急上昇。肩落ちのシルエットやくしゅっとさせて決まる袖、大きめのポケットなど、体の華奢さを引き立てるデザインに惚れ惚れ。▶ゆるっとリラックス感が大人っぽい。ニットカーデ×ワンピースは“長め丈同士”が旬!【8位】上質感漂う大人のこなれコーデが完成 "品格"を感じさせるアイテム同士、パールとトレンチコートの相性は格別。ただしコンサバに合わせると場合によっては古く見えてしまうので、あえてカジュアルコーデに投入するのがおすすめ。▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【後編】【9位】オーバーサイズを生かし、ゆるっと女っぽく フレンチメリノウールをていねいに編み上げたアランニット。エクリュカラーのたっぷりとしたビッグシルエットで、体が泳ぐ優雅なボリューム感がありながら、軽い着心地が最高。カットオフのスキニーデニムと合わせ、エフォートレスなムードに包まれたい。▶シャープな女らしさを目ざすことで、ぐっとこなれる!アラフォーはフィッシャーマンズニットをこう着る【10位】トレンチコートをもっと素敵にアップデート! 彼のものを借りたような大きめサイズをバサッと羽織るのも今年の気分。タイトなカットソー&デニムで華奢なボディラインを引き立てて。色はモノトーンでシックに。▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【前編】※2018年8月7日~2018年11月30日集計 ※商品は販売終了している場合があります
関連キーワード

RECOMMEND