こじはるが大賞FDでワントーンメイクにTRY! 今したいのは色気が滲むヌーディなツヤ肌

マキアオンライン

これまではダークリップを使うことが多かったという小嶋陽菜さん。「MAQUIA」1月号では、大賞FDでつくる上質なツヤ肌を主役に、ヌーディピンクのリップにTRY! 
Image title


ベストコスメを使ってセルフメイク
マキアモデルの
受賞コスメで、今したい顔

ずらり出揃ったベストコスメの中から、おなじみの4人が本気で欲しいアイテムをピックアップ。今の気分が詰まったメイク、ぜひご覧あれ。


Image title

上質なツヤが広がる肌を主役に、
ヌーディな色気がじんわり滲む
カシミヤのようなワントーンメイク

今まではダークリップがお決まりだったけど、こんなデリケートなヌーディピンクもいいかもって。目元にのせたオレンジゴールドは特に好きで、のせると影がじんわり色づくんですよね。この2つのワントーン感を強調するために、あえてチークは塗らずにベースを活かすのが気分です。

 ベスト・メイクアップ大賞 

クレ・ド・ポー ボーテ
タンクッションエクラ

「このクッション、ツヤもしっとり感も大好き。カバー力も高くて肌が整うので気合が入ります」。全6色 12g SPF25・PA+++ 各¥9000/資生堂インターナショナル

 アイカラー部門1位 

NARS
クワッド アイシャドー 3972

「どれも捨て色がなくて、パールやラメが程よいから大人も使えちゃうのがいいですよね。特に右上のオレンジゴールドがすっごくお気に入りです」。¥5800/NARS JAPAN(ECサイトのみで発売)

もっと見る >


MAQUIA1月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉 ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/SHOCO モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/森山和子 構成/木下理恵(MAQUIA)

【MAQUIA1月号☆好評発売中】

関連記事
  • シンプルをベースにしながら、 パールボタンや裾プリーツやデザインが素敵でオンオフ使える「CIROI」(シロイ) 今回2019年春夏展示会にお邪魔してきました。CIROI 2019Spring/Summer exhibision CIROI の春夏はオリエンタルなデザインが多かったです。 ロゴまでもなんだかオリエンタル調季節はこれから真冬に向かいますが… ファッションはもぉ春夏ですね。 来春夏の「CIROI」はオリエンタル がテーマのようで… オリエンタルなデザインや柄モノが豊富でした。 その中で、 一目惚れしたのが、シワ加工のワンピース(*^o^*)CIROIの展示会場入って一目惚れした 右側のワンピース。一目惚れワンピース。写真のベージュとネイビーがあります。 丈が絶妙で即決。膝下丈のストンとしたシルエットで、 スッキリキレイなデザインが今までみたことなくて… 試着前から既に即決でした(笑) サイズと丈感は着てみたほうが良いと言われ… 着てみて…さらに惚れ込んだワンピースです。 そして、一部今秋冬も出ていて、その日に持ち帰ることができて… こちらでは ジャンスカにこれまた一目惚れ。CIROIの今期秋冬も一部持ち帰れました。「季節問わず使えて、洗えます!」 「夏ならTシャツと合わせてもいいですよ。」 の言葉たちに惹かれて再度試着室へ。 オススメ通り、 カジュアルな夏スタイルに♬ 裾のフリルデザインが可愛すぎて。 すぐレジに向かったのはいうまでもありません。CIROI今期秋冬モノのジャンスカと 定番のTシャツを合わせてみて…今回も使えるモノをオーダー&持ち帰りできて、大満足の展示会でした。 嗚呼冬を越えて春夏が待ち遠しいです。"CIROI " はこちら美女組No.98ayaのブログ
  • 年末年始のパーティやスペシャルイベントには、トレンドを踏まえつつ、場を華やかにするようなドレスアップをして臨みたい。ハイセンスな私服に定評のある東京のファッション・インサイダー3人に、モードなパーティスタイルを披露してもらった。 鮮烈なカラーリングで場を圧倒! コート/ワイズ ピンク(ハイ アンド シーク別注アイテム) ドレス/ヴェトモン つけ襟/ドリス ヴァン ノッテン バッグ/ジャマン ピュエッシュ シューズ/セリーヌ ハイ アンド シーク ディレクター兼バイヤー 夏川イコさん 潔いまでに鮮やかな、真紅のドレスとターコイズブルーのつけ襟のカラーリングに目を奪われるドレススタイル! 「きらびやかな都会のパーティでは、華やかに装うのがマナー。ドレスを着るべきときにはきちんとドレスアップして、非日常な場を楽しみたいですね」と夏川さん。コートは、夏川さんの主催するセレクトショップ「ハイ アンド シーク」がワイズ ピンクに別注したスペシャルアイテム。ドレススタイルを盛り上げる、リュクスな生地感が魅力だ。実は、ラップドレスとつけ襟は、ともに前後逆に着用しているそう! 「ラップドレスは、ベストのようにゆるく羽織って着ることもできます。贅沢なビーズ刺繍が美しいつけ襟は、トレンチコートにつけても素敵」と夏川さん。ガラスのイヤカフはバカラのもの。左手首を飾るゴールドのカフブレスレットは、メゾン マルジェラ。本来はヒールカバーなのだそう。自由な発想を生かした装いが夏川さんらしい。アンティークジュエリーや母から譲り受けたというリングと合わせて。エレガントで品のある「モデスティ・ドレスアップ」 ドレス/アキラ ナカ ターバン/ユージニア キム バッグ/メアリ オル ターナ ブーツ/セレナテラ ファッション・コンサルタント 市川 渚さん 「最近、ムスリムの女性たちのような、肌や髪を露出しないファッションが素敵だと思う」と市川さん。ロングドレスにターバンを合わせ、モデスティ(慎しみ深い)なドレスアップスタイルを披露してくれた。ドレスは、「ロング丈でストレートなシルエット、かつ長袖のデザインは珍しい!」と市川さんもお気に入りのアイテム。「普段は前髪を下ろしているので、おでこを出して雰囲気を変えたい。ターバンは短い前髪を上げるのに便利です」。 「ちょっとしたパーティやレストランの会食では、アクセサリーで華やかさを出したいですね」と市川さん。ザラで見つけたというデコラティブなピアスで、スタイリングをパーティモードに変えて。足もとは、あえてハイヒールパンプスではなくブーツを選んでカジュアルダウン。黒いベロアと繊細なレース使いが美しいドレスに、あえてボーダー柄のソックスを合わせたところに遊び心が。ドット柄セットアップで全方位隙なくフェミニンに ブラウス・スカート/ウーア ブーツ/ペリーコ ウーア ディレクター 濱中鮎子さん パーティに招かれた際には、セットアップを着ることが多いという濱中さん。自身の手がけるブランド、ウーアのドット柄セットアップでフェミニンなパーティスタイルをつくった。スカートのたっぷりしたフリルが歩くたびに揺れ、ドラマティックな表情で場を盛り上げてくれそう! 「フォーマルなシーンにふさわしい張りと光沢があり、かつシワにもなりにくい素材なので便利です」と濱中さん。 フロントはハイネックだが、バックスタイルからは素肌がのぞき、後ろ姿まで美しいドレスアップスタイルが実現できる。ランダムに並んだドット柄が大人の可愛らしさを演出して。袖口に並んだボタンとふくらんだシルエットがフェミニンな印象。「カフス部分で切り替えるのではなく、タックを寄せることでニュアンスを出しています」と濱中さん。手前に写る左手首のカフブレスレットは、ティファニーのもの。 photography: Yuka Uesawa(夏川さん、濱中さん), Satoko Tsuyuki(市川さん) text: Chiharu Itagaki
  • 着るだけで素敵になれるカシュクール&ブルーグリーンに視線クギづけ!上品なカシュクールにすっきり見えのラップ風デザイン、シックに華やぐブルーグリーン。今季トレンドのジャンパースカートは大人っぽく見える要素が詰まってるから、品よくおしゃれを格上げできる♡ ひざ下丈のワンピースにロングブーツを合わせる、そんなあえて肌見せしないバランスも今っぽくて素敵でしょ? デートの日はチェック柄ベレー帽をポフッとかぶって可愛く仕上げて。ジャンパースカート¥24000/ベガ トップス¥11000/シップス 有楽町店(ヤング アンド オルセン) 靴¥22000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) バッグ¥16000(メゾン ヴァンサン)・ピアス¥16500(シャルロット ウーニング)/フラッパーズ 帽子¥2990/AG バイ アクアガール土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ ▼きれい色のコーデをもっと見る▼ 原文/鈴木絵美 撮影/来家祐介(aosora) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/石田 綾
  • こんにちは、チーム☆マキアのまりりんです!(^^)!早いもので2018年も残すところ、あと3週間余り。みなさんは今年中にやっておきたいことはありますか?私は今年買ったコスメの私的ベスコス2018をまとめたいと思っています。できれば、アイシャドウ・リップ・ベース関連の3枠を作りたい・・・・・・・・!日々バタバタと過ごしていますが、これだけは何が何でもやります(゚Д゚)ノさて、今回のブログのテーマは”目を大きく見せるテクニック”についてです。12月1日にInstagramに投稿したところ、イイネ数が約4,200件・保存数が7,000件・リーチ数が40万人を超え、今もなお、多くの方にご覧いただいています。(12月12日現在)多くの方の目に留まり、本当に嬉しいです!!見てくださった方々、本当にありがとうございます。私は昔から目を大きく見せることに人一倍こだわりがあり、中学生の頃はオデコにしわができるくらい常に目を見開いて生活し、高校の頃はメイベリンのマスカラが手放せず、大学時代はアイシャドウにどハマりし、二重幅をはみ出すほど極太の締め色を入れたりと、私なりにデカ目になれる方法を模索してきました。ただ、そんな私に転機が訪れたのは大学1年の冬—実家に帰省してソファで爆睡してた時のことでした。寝起きの私に、母から『目の上が真っ黒で殴られた人みたいだよ 』と一言。。。当たり前のことですが、鏡を映る自分を見るときは目を開けた状態だけを見ていますが、他人からは目を閉じているときももちろん見られている・・・メイク初心者だった当時の私は、母に言われて初めて、そのことに気がついたんです。それ以降、客観的に自分のメイクを見られるようになった気がします。Instagramでは、そんな私が研究しつくしたデカ目メイクのポイントをpostしました。まず、こちらの写真を見比べてみてください。右と左の目元に着目してみると、左の写真の方が目が大きく見えるような気がしませんか?もちろん好みはあると思いますが・・・実は、左の写真は目を大きく見せるためのテクニックを7つ取り入れているんです。これからご紹介する内容は、目の形に関わらず、どんな目の形にも応用できるテクニックだと思います。※もちろん、人によって微調整は必要です!詳細は次のページをご覧ください。まずは、【目が小さく見えるメイク&理由】からご覧ください。◆細眉 →目と眉の間隔が離れていると目力が弱まるため、目を大きく見せたいときは細眉は不向きだと思います。◆アイシャドウを塗る範囲が狭すぎる →眉と目の間隔が狭まらず、目が小さく見えてしまいます。またアイシャドウの主張が少ないため、メイクしてる感も出にくく、おとなしい印象になりがち。◆締め色のぼかし不足 →締め色のブレンディングが足りないと、目のキワの輪郭が固定されてしまうため、膨張率が落ちてしまいます。また、伏し目になったときにメイク下手な印象を持たれるキケンも。◆控えめマスカラ →マスカラは目の縦幅を広げるために欠かせないため、まつ毛メイクで手を抜くのはもったいないと思います!◆下まぶたを締め色で囲う →素の目の形に沿って目を囲うと、それ以上目を大きく見せることができなくなり、目が小さく見えてしまいます。◆涙袋なし →下まぶたに重みがないためスッキリとした印象にはなりますが、どこか寂しげな感じも。◆目尻のアイライナーなし →目の横幅が広がらないため、目がコンパクトに。続いてはお待ちかね!【目を大きく見せるメイク&ポイント】◆太眉 →太眉にするときは下側に太さを出していきます。(上に足してしまうと、より眉と目の距離が広がって目が小さく見えてしまうため)◆ミディアムカラーをアイホールより広く塗る →私は最近瞼が痩せてきたので、今回はサーモンピンクの上からベージュを重ねて、ふっくら感を出してみました。彫りを深く見せたいときや瞼の皮膚を薄く見せたい場合は、赤みのないベージュやトープ系のシャドウを広めに使うと瞼がスッキリ&彫り深顔に見えるのでオススメです。◆締め色はよくぼかす →目を大きく見せるためには締め色の使用は必須。締め色を入れる幅は好みで変えられますが、念入りにぼかすことで実際の目の1.5倍は大きく見えます。◆マスカラは2度塗り以上 →根元から上に向かってスーッと塗ります。根元からしっかり塗ればインライン代わりにも◎◆涙袋をぷっくり仕上げる →涙袋の有無は好みが分かれると思いますが、涙袋があると目の範囲が広がり、面長のカモフラージュにも効果的です。◆下目尻の三角ゾーンを埋める →デカ目メイクによってミディアムカラーを多用した瞼は、下瞼の三角ゾーンを締め色で埋めることでメリハリがつき、バランスが良くなります。◆目尻にアイライナーを引く →目尻にラインを引くと、目の横幅が広がり、デカ目に。まつ毛の隙間が気になる場合は、アイライナーで点を打つようにしてまつ毛の生え際を埋めると、まつ毛のスカスカ感をカバーできます。次ページでは、今回のデカ目メイクに使用したコスメとメイクプロセスをご紹介します!【今回使用したコスメ&プロセス】【使用コスメ】 ❤A.cosmedecorte アイグロウジェム PK881 ❤B.cosmedecorte アイグロウジェム BE387 ❤C.cosmedecorte アイグロウジェム BR387 ❤D.kate ダブルラインエキスパート . . 【メイクプロセス】 ❶Aをアイホール(目のキワ〜眼球の真上の骨)よりやや広めに入れる。 ❷Bを二重幅より広め、Cを目のキワに入れ、よくブレンディングして馴染ませる。 ❸下まぶた全体にA、下目尻にCを入れる。 ❹ニコッと笑ったときに膨らむ部分の真下にDでラインを引き、影を作る。→(涙袋メイク)今年2月にリニューアルされ、カラー展開がグッと広がったアイグロウジェム。10月に一時国した際にカウンターで悩みに悩んで、この3色をゲットしました やっぱり、人気アイテムなだけあって、肌への溶け込み方やグラデの作りやすさ、上品なキラキラ感など、計算しつくされていて、ものっすごく使いやすかったです。BE387はピンクっぽいベージュなので肌色問わず、万能に馴染むカラー。PK881は目周りの肌トーンを上げてふっくらさせたいときにピッタリ。BR384は赤みが控えめなブラウンなので締め色にもってこい!やっぱりアイグロウジェム大好きです♡ぜひ、みなさんもご自身のお目元で微調整しながら、ベストマッチなデカ目メイクを研究してみてください(^^♪Instagramはコチラ⇒https://www.instagram.com/mari_loves_beauty/
  • *イエローのグロスが欲しかった。*雪の結晶が好き。ということで、買わざるを得ませんでした。 ■ RMK ティンティッド オイルフィットグロス 全4色 5.5g 2,700 円(込)12/7(金)限定発売のティントタイプのオイルグロス。HANKYU BEAUTY ONLINEで全色完売だったので、半分諦めてたのに、カウンターでは全色普通にありました。(※12/13時点 うめはん)ブルーグロスが人気のRMK(RMK リップジェリーグロス 03 ベビーブルー/11 ワンダーブルー)。このシリーズも、01 ウィンターレイク、そして03 チョコレートミントティーのご指名が多いそうですが、この02 スノーロッジもなかなかの人気だとか。(ただ公式サイトでは、04 クリスマスドリームだけが品切れ中。)いずれも見てるだけでテンションの上がる可愛さ、鮮やかさ!イエローはメイプルシロップの美味しい香りです。塗ってしばらくすると、水分量に反応し、ナチュラルな血色感を発揮。【左】塗ってすぐ。【右】塗って数分後。ティントタイプなので、ティッシュで拭っても、ほんのりピンクが残ります。何よりサラッと軽いテクスチャーが私好み!(イエローグロスが欲しくて、某ドラコスのリップオイルを店頭で試したのですが、思いの外べったりで見送りました。。)平べったいチップタイプ。柔らかくしなって、とっても塗りやすい。しかもボトルの口のところでしごかれるので、適量がとれて、直塗りしてもムラ付きしません。使う人によって発色が変わりますが、私の場合は、、、青みピンクに重ねると、アプリコットニュアンスが加わって、いきいきヘルシーな印象に。ベージュブラウンはミルキーなオレンジで、可愛らしい印象。うるっとしたツヤ感が持続しますが、重くないので、本当に使いやすい。オリーブオイルやアーモンドオイル配合。表面的なうるっと感だけでなく、唇自体がちゃんと潤ってくれます。(ティントタイプが荒れやすい私でも、皮むけなしでした。)個人的には、このシーズンのグロスには多少のキラキラ感が欲しいので、ラメ入りだともっとよかったかなという感じ。まあ、ラメなしの方がオールラウンドに使えるし、荒れにくいのでよしとします。これだけ可愛いと早々の完売が予測されますので、気になる方はお早めに!
  • 先月発売のMAQUIA1月号、もう読破されましたか?わたしはやっとゆっくり読めました・・・!今月号は、2018年下半期ベストコスメの発表号という事もあり、すごいボリューム感でした!いつものように、スキンケア・メイク・プチプラ・ボディケア等、細かく部門に分かれたベストコスメが発表されていて、欲しいものだらけになること間違いなし。しかも、ただベストコスメを発表するだけでなく、その活用法まで教えてくれるのが嬉しい。美容のプロが使う、スキンケアのベストコスメ活用法は必見!さらに、ベストコスメのメイクアップアイテムを使ったメイクレシピも。こちらは4種類の顔立ち別に紹介されているので、自分にぴったりなコスメ&メイクが見つかると思います❤付録は、神崎恵さん監修の、オリジナルリボンターバン❤これ目当てで買う人もいるんじゃないかと思うくらい可愛いターバンです❤ラベンダーカラーで大きなリボンなんだけど、ストライプ柄が入っているおかげで甘すぎなくて大人可愛い感じになっています♪リボンが大きいから、なんだか相対的に小顔効果もあるかも?(笑)洗顔~スキンケアのすっぴんタイムのテンションをあげてくれる素敵アイテム。前髪をピンでとめるだけより、ターバンでグイッと髪をあげてしまったほうが、隅々までケア出来ますね♪さらに、カバーマークのサンプル3種、かなり太っ腹な量ついてます❤大人気のトリートメントクレンジングミルクのミニサイズ、モイスチュアヴェールLXの1週間分のサンプル&スポンジ、そしてモイスチュアサージセラムが3日分♪クレンジングは帰省に持っていこうかなー!カバーマークはスキンケアもベースメイクも定評があって、わたしも何度か使ったことがありますが、すごく良かったのを思い出し。。また使いたくなりました♪アクセーヌの化粧水も貼り込みでついてますよ!来週には2月号が発売になるので、1月号を入手していない方はお早めに!!!
  • 【GU(ジーユー)】が2019年春夏シーズンの新作コレクションを発表しました! 来春夏のジーユーは「イージー」をテーマに、着回しのしやすさや着心地のよさ、お手入れのしやすさなど、忙しい私たちのライフスタイルに寄り添ってくれるコンセプトのアイテムを豊富に揃え、スタンダードすぎない洒脱でこなれたスタイリングを楽しめるラインナップです。今回は、400型を超える新作のなかから、働く30代女子にとくにおすすめしたいジーユーのニュースなアイテム12選をお届けします。働く30代女子にイチ推し【GU(ジーユー)】2019春夏の12大ニューススポーティテイストのアイテムが豊富 手持ちのベーシックスカートに「+1」するだけでたちまち旬のコーデが楽しめるウィンドブレーカーやパーカ、スウェット、スニーカーなどが豊富! 一部商品はすでに店頭に並びはじめているので、年末年始のお買い物ついでに早めにチェックすべし!現在も爆売れ中のダッドスニーカー、カラバリが増加! この冬ジーユーでも大人気のダッドスニーカー(=休日にお父さんが履いていそうなゴツめデザインのボリュームスニーカー)。春夏はホワイト、ブラック、ベージュのほか、写真のようなマルチカラータイプが登場するなど、カラーバリエーションが豊富に!ワンカラーorワントーンでおしゃれが決まるアイテムが増加! パープル、ピンク、グリーン、イエロー、ブルーなど、春夏シーズンにぴったりのきれい色アイテムが豊作! 写真のように、トップスから足もとまでワンカラーでそろえるコーディネートが改めて注目されています。通勤OKの春色トップスが大豊作! 通勤服にぴったりで、オンもオフも回しやすい華やかシンプルトップスが豊富! スタイルアップも今っぽさもかなえてくれる袖コントップスやゆるシルエットのVネックニット、カーディガン、レーストップスなどが売れそうです。完売警報発令! ミモレ丈のレースフレアスカート 高見えレース素材をあしらい、インナーが透けにくいように裏地をきちんとあしらった、通勤やデートコーデにぴったりレーススカート。これまでは膝丈タイトスカートが主流でしたが、この春は控えめフレアタイプが登場! 同素材のトップスと合わせてセットアップのように着てもおしゃれですね♪モデル&インフルエンサーに大人気! セミフレアタイプの「#GU神デニム」 毎シーズン“神”とあがめられるジーユーのデニムですが、展示会を訪れるファッションモデルやインフルエンサーの皆さんが「可愛い!」と口を揃えていたのがこちらのセミフレアタイプ。お値段も¥2490(予価)という神プライスです。大ヒット中のレギンス、色もデザインもより進化 ¥590~というプチプラと、お値段以上のクォリティの高さで大人気のジーユーのレギンス。2019年春夏は、ベージュや淡きれい色の服に似合うオフホワイトや、ワッフルorリブ素材が売れそう。写真のようなダッドスニーカーと合わせた足もとが春夏の正解コーデです。発見したら即買うべし! 重ね着にもぴったりのリブワイドパンツ レギンスと並んで大人気なのが、写真のリブワイドパンツ。適度な厚みで体のラインを拾いにくいうえ、¥1990(予価)で、一枚でももちろん、ワンピースやロングシャツなどの下に重ねて、重心を下に据えたコーディネートも楽しめる、着回しのきくパンツです。マシュマロパンプスに、丸いチャンキーヒールタイプが仲間入り インソール・かかと・つま先のクッション&足の動きにフィットする形で抜群に歩きやすい“THE・走れるパンプス”に、約3㎝ほどの高さの太ヒール&ラウンドトゥの新作が登場。甲浅のカッティングも女らしく、大ヒットの予感しかしない!よりカラフルに進化したPVC素材のベルトやバッグを着こなしのアクセントに クリア素材がコーデに新鮮な表情をもたらす、人気のPVC小物。ジーユーでは2019年春夏、カラフルなデザインをベルトやバッグでプラスし、アクセントにするスタイリングを提案しています。お安く簡単に旬のおしゃれがかなうので、ぜひ一度お試しを!コーデュラ®ナイロン素材使用! サコッシュでアウトドアテイストをミックス ナイロンの7倍もの強度を持つといわれる耐久性に優れた繊維「CORDURA(コーデュラ)®」を使用したサコッシュがジーユーに登場。ダッドスニーカー同様、Tシャツやシャツ、デニムなどのベーシックアイテムに合わせるのがおすすめです。パジャマ&ラウンジウェア&ランジェリーが可愛すぎた! サテン風のつやつやプリントパジャマやふわふわ&もこもこ素材のセットアップ、ブラ&ショーツ、ナイトガウンなど、大人っぽい可愛らしさにあふれるリラックスウェアも大人気! GUのパジャマを着て「パジャマパーティ」するのがおしゃれ女子の間で流行中らしいので、試してみませんか?いかがでしたか? 今回ご紹介した2019年春夏新作のなかには、12月中旬からすでに店頭に並び始めているものも! とくに、レギンスやダッドスニーカー、サコッシュ、フーディなど、スポーティな要素を持つアイテムをミックスするコーディネートは、今すぐ真似できておすすめ。ホリデーショッピングの際は、先出しの春物新作もぜひ合わせてチェックしてみてくださいね! 2019年春夏新作入荷スタート!【GU(ジーユー)】公式サイトはこちらから【合わせて読みたい】30代のためのGU(ジーユー)着こなし徹底ガイド取材・文/沖島麻美 ※一部商品は12月中旬より先行発売、および4月中旬より発売予定。また、価格帯は2018年12月中旬時点の計画であり変更の可能性があります。
  • アイテムはカジュアルでもどこかに女らしさとヘルシーさを漂わせるのがカジュアルコーデのルール!2018年秋冬に人気だったカジュアルコーデ記事をランキングでお届け。【1位】余韻のあるプリーツスカートとシャギーニットを合わせて 両手をすっぽりと入れられるハンドウォーマーポケットがついた、保温性の高いカシミアニット。優しい素材感のおかげで、キャメルの柔らかさがいっそう増すよう。着こなしはモダンなチェックの揺れるプリーツスカートで今の気分を表現しつつ、“カジュアルになりすぎ”を回避。▶ほっこりさせず、女っぽく仕上げたい!「シャギーニット」を大人はどう着る?【2位】肩落ちのグレータートルニットはコーデュロイタイトスカートで旬度アップ ネックと袖の細リブ使いで、肌見せ部分の華奢感がきわだつグレーのタートルニット。一枚でボリュームがあるので、細見え効果のある前スリットのタイトスカートを合わせて抜け感を。グレー×くすみピンクの配色や、ニット×コーデュロイの異素材MIXでシンプルな1 ・2 コーデを鮮度高くアップデート。▶スカートに合わせたい“ほどゆる”ミドルゲージニット【3位】ライダースジャケット×スニーカーコーデ Tシャツやライダースジャケットなど全体をカジュアルにまとめたところに、細身パンツのきれいめ感を投入したMIXコーデ。スニーカーと合わせた時こそ、このパンツの細見え力を実感!▶いま買うべきは、秋まで使えて細見えする「センタープレス入りテーパードパンツ」 【4位】太めのチェックパンツを合わせて白タートルの新境地を開拓 白のタートルニット、アラフォーには甘すぎる? と思うなかれ。こんな太めのタック入りチェックパンツにスニーカーを合わせた、ちょっぴりスポーティなスタイルも新鮮!▶断然使える“ほどゆる”ミドルゲージニットで旬ボトムに挑戦!【5位】キャップとスニーカーでキレイめカジュアルコーデ この秋注目の立ち襟ロングシャツをGUでみつけました。一枚あると秋~春まで3シーズン使えて着回し力抜群!(美女組No.100 Macoのブログより)▶GUの隠れた名品 着回し力抜群のシャツ【6位】思いきったスポーツMIXも細見えパンツならうまくいく! ポンチ素材のパンツは、合わせるトップスしだいできれいめにもカジュアルにもいける振り幅の広さも魅力。▶はいていて楽ちんなのに美脚も叶えてくれる「ストレッチ入りシガレットパンツ」【7位】グレー肩落ちカーデ×ドット柄プリーツワンピースコーデ ウエストのギャザーからすそにかけてランダムに揺れるプリーツが美しいドット柄ワンピース。一枚で着てももちろん素敵だけれど、淡めグレーのニットカーディガンをゆるっとはおるだけで女っぽさが急上昇。肩落ちのシルエットやくしゅっとさせて決まる袖、大きめのポケットなど、体の華奢さを引き立てるデザインに惚れ惚れ。▶ゆるっとリラックス感が大人っぽい。ニットカーデ×ワンピースは“長め丈同士”が旬!【8位】上質感漂う大人のこなれコーデが完成 "品格"を感じさせるアイテム同士、パールとトレンチコートの相性は格別。ただしコンサバに合わせると場合によっては古く見えてしまうので、あえてカジュアルコーデに投入するのがおすすめ。▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【後編】【9位】オーバーサイズを生かし、ゆるっと女っぽく フレンチメリノウールをていねいに編み上げたアランニット。エクリュカラーのたっぷりとしたビッグシルエットで、体が泳ぐ優雅なボリューム感がありながら、軽い着心地が最高。カットオフのスキニーデニムと合わせ、エフォートレスなムードに包まれたい。▶シャープな女らしさを目ざすことで、ぐっとこなれる!アラフォーはフィッシャーマンズニットをこう着る【10位】トレンチコートをもっと素敵にアップデート! 彼のものを借りたような大きめサイズをバサッと羽織るのも今年の気分。タイトなカットソー&デニムで華奢なボディラインを引き立てて。色はモノトーンでシックに。▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【前編】※2018年8月7日~2018年11月30日集計 ※商品は販売終了している場合があります
関連キーワード

RECOMMEND