直毛さんの悩みあるある「ピンがうまく挿せない…」を解消してヘアアレンジ上手に!

マキアオンライン

ピンを挿してもハネ返されてなかなか留まらない、髪がサラサラでピンがすべってしまう。ストレートヘアがうらやましい反面、アレンジがしにくい直毛さんの悩みにお応えします。

Image title太く硬い髪質の直毛さん。サラサラストレートは動きが出しにくいだけでなく、ピンもさしにくいため、まとめ髪も決まらないという悩みが。ピンが髪にからみやすい状態をつくることが大切です。

HOWTOはこちらからチェック!

プロセス【1】
26mmのアイロンでリバース(外)巻きにする。髪がまとまりやすくなると同時に、髪が絡まりピンが抜けにくくなる。

プロセス【2】
まとめたい毛束を2つに分け、ツイスト。ねじり終わりは1本にしてキュッと強くねじっておくこと。

もっと見る >

ボーダートップス ¥13,000(税抜)/レッセ・パッセ(☎03‐5790‐7203)

撮影/伊東祐輔(PEACE MONKEY) ヘア&メイク/KOMAKI(GARDEN Tokyo) スタイリング/城田望(kind) モデル/高橋莉絵香 取材・文/岩淵美樹

GARDEN Tokyo http://www.garden-hair.jp/garden_tokyo/index.html

2017年春夏 最旬ヘアカタログ

関連記事
  • 今回はフォーマルでもカジュアルでも簡単に高見えできるヘアアレンジをご紹介いたします。アクセントになるスカーフ用意するものはスカーフとヘアゴム2本のみ!スカーフの色味や柄、大きさでも雰囲気が変わるのでお好みでチョイスしてくださいね。個人的には結んだときにスカーフの方が長くなる大きさのスカーフがこなれ感がでておすすめです。コテやアイロンで巻くと◎時間がないときには、毛先とおくれ毛だけでもOK!私はクレイツのコテを愛用しています。あったまる時間も早くてしっかり毛を挟むことができるのでお気に入りです。アイロンでウェーブに巻くと頭部の毛を引き出しやすくてフェミニンな印象がアップします♡①低めの位置でポニーテールをします②結んだゴムにスカーフを通します(スカーフが長い場合は一度結びます)③髪を2分割してスカーフも合わせて三つ編みします(角度を下げて結んでいくと浮き上がらないのでおすすめです。)④毛先までいったらヘアゴムでとめて余ったスカーフを結んだり向きを調節して完成!アレンジに悩んだらぜひ参考にしてくださいね♡文 / KanaInstagrams
  • カジュアルにも、キレイめにも使えるジョガーパンツ【UNFILO】で、マンネリパンツスタイルを今年らしくアップデート。運動会の着回し妄想コーデもご紹介♪こんにちは。Kaaiです。 今日は、新しく購入したジョグパンツをご紹介♪ 運動会の季節が近いからか、ジョグパンツに目がいきまして…どれがいいかなぁとあれこれ見ていた中でピンときた【UNFILO】のコンフォートジョグパンツ!「アンフィーロ(UNFILO)」は、オンワード樫山から8月にデビューした40〜50代向けのECブランド。1万円以下のリーズナブルなものが多いのも魅力です^_^スウェット素材だと、カジュアル過ぎて、ほっこりし過ぎてしまい、パジャマ感が出てしまうのが悩みなのですが、アンフィーロのコンフォートジョグパンツは、ジャージー素材で体型を拾わず、センタープレスがあることで、キレイめにも着られるのが嬉しいところ。ウエストゴムなので、履き心地も楽チンです!ジョーゼット ジャージー ジョグパンツ ¥7,990 税込 ★リンクは画像をタップ実は、このUNFILOを見つけたきっかけは、同じくオンワードブランド#newansを見ていて、たどり着きました!アンクレイヴといい、最近オンワードでのお買い物が多いです。合わせたトップスは、先日の#newansのpop upレポートのブログでもご紹介した、共に作るプロジェクトのもの♡ ノンアイロンのイージーケアと袖口のゴムで、手洗いもし易い機能性がありながら、デザインは、トレンド感満載です。パワーショルダーのタックの入り方や、前は短めの丈も、話し合って計算されて作られたシャツです♪パワーショルダーはいろいろありますが、この背中が開いているところが、他にはないデザインで、遊び心がありますね。【共につくるproject】SOPHIE/ パワーショルダーブラウス ¥12,980 税込 ★リンクは画像をタップ裾スリットがあるだけで、シルエットが新鮮になり、ヒール合わせが新鮮に見える気がするのですがいかがでしょう?パンプスは、夏のセール戦利品のTSURU by Mariko Oikawaの5㎝ヒールのポインテッドトゥパンプス。こういった定番のものは、セールを狙うといいですよねーAdele ¥27,500 (税込) リンクは画像をタップ★tops: #newans bottoms: UNFILO shoes: TSURU by Mariko Oikawa bag: GIANNI CHIARINI そして最後に、運動会コーデを。今年はこんな感じで、ジョガーパンツを取り入れたコーデで考えました♪スニーカー合わせにしたら、カジュアルにも使えて、ジョガーパンツ重宝しそうです^_^tops: les petit basic ,uncrave bottoms: UNFILO bag: yum shoes: converse 今回写真をたくさん撮ってくれたのは、美女組の先輩Kumikoさん♡ お会いすると、毎回楽しくて時間があっという間です^_^Cafe Kitsune @表参道お天気も良くて、とってもリフレッシュできた3連休中日でした^_^ 皆さまも素敵な連休で身体を休めてくださいね♡ 最後までお読み頂きありがとうございました。 それではまた! KaaiNo.180 kaai
  • 自分の好みやテイスト、"似合う"に対する客観的な視点や目ざす女性像まで─コスパの判断基準は人それぞれ。安くてもコスパとは限らない? 重要なのはプライスよりも登場回数?おしゃれプロ3人のワードローブと実例から、実は奥深い「大人のコスパ」を徹底検証スタイリスト松村純子さん カジュアルもきれいめも、どこか女らしさが薫るスタイリングに定評あり。お買い物慎重派のフリをしつつ、40代に向けて"一生モノ"という名目のもと大物買いをしているとのウワサエディター塚田有紀子さんベーシックカジュアルをこよなく愛する、ガッツ系敏腕エディター。自他ともに認めるお買い物熟考派。Tシャツの微差やディテールにこだわるといった、メンズ的な視点も持ち合わせるエディター発田美穂さん お買い物好きを公言する、全方位全力エディター。ワードローブはちょい甘フェミニンとマニッシュカジュアルの2 軸構成。好きなテイストがはっきりしているので、似た服を集めがちプチプラで重要なのは出会い。値段で判断せず好きなものを 発田 “おせっかいコンビ”のお松さん(松村)と発田に加え、今回は堅実ベーシック派代表のつかぽん(塚田)もお迎えして「コスパ」について考えてみます。 塚田 「コスパ」と聞いて、やっぱりまず初めに思い浮かぶのは「プチプラアイテム」ですよねー。松村 ZARAやCOSなどは定期的にパトロールしてチェックします。 発田 私も! 打ち合わせが早く終わった時とか、スキあらば駆け込んでる。 塚田 若い時と大きく違うのが、「何か服が欲しいけど、予算がないからプチプラブランドで探す」という買い方ではないということ。 松村 確かに。いいものとの出会いがあれば即決しますけど、結局何も買わない日もよくあります。発田 私も宝探しみたいな気持ちでパトロールしてる。明らかにいいものはあっという間に売り切れるから、買う決断を急がないとだけど! 塚田 私はやっぱりベーシックアイテムが好きなので、ユニクロの+Jとかを買うことが多いです。実はCOSとか、決して安い! とは言いきれないプライスのものもあるけれど……。発田 そういった“ミドルプライス”のものって、プチプラよりも素材やつくりがしっかりしているものも多いから上手に使いたいよね。松村 それでも、ほかのブランドよりはお手ごろですしね。塚田 「コスパ」という意味では憧れブランドの夏物、例えばTシャツとかサンダルを狙うことも多いです。高級レストランのディナーは無理だけど、ランチなら行ける、みたいな(笑)。発田 それは賢い買い方だよねー。確実に上質なわけだしね。塚田 40代を迎えて、昔よりもリピート買いをするようになったのも、自分で感じている変化のひとつ。松村 似合うってわかっているものは、どうしても同じようなデザインが増えていっちゃいますよねー。発田 私の場合、バンドカラーワンピースなんですけど……。塚田・松村 よく着てる〜〜!! 発田 誰も言ってくれないから自分で言いますけど、似合うの、私(笑)。松村 発田さん、お似合いですよ。ずっと好きで登場回数も多ければそれが結果としての「コスパ」 発田 棒読み、ありがとう♡ やっぱり自信をもって着られるから、結局ヘビロテするわけ。タンスの肥やしみたいになってしまっているワードローブもたくさんある中で、こんなに着る回数が多いって、これこそ「コスパ」なんじゃないかってことに気づいたんだよね。 塚田 わかる! 私はベーシック大好きなので、人から見たらほぼ同じに見える白Tがいっぱい(笑)。でも私的にはちょっとの違いが重要で、どれもヘビロテしています! 松村 私はざっくり編まれたサマーニットが大好きで。 塚田・発田 確かによく着てる! 松村 サマーニットって、まったく着ないっていう人もいると思うんです。着る時期も短いし。でも私は、自分らしいスタイルになれるので毎年愛用しています。 発田 思いっきり個性が出るけれど、確かにそれぞれの「マイ・偏愛アイテム」ってあるのかもね!松村 あとはやっぱり、長く大切に使えるものは「コスパ」ですよね。塚田 頑張って高いものを買う時には、おばあちゃんになっても愛用できるか考 えるようにしています。実際にちゃんと使い続ければ、相当な「コスパ」!発田 買い物の言いわけにもよく使うけど(笑)。でも確かにバッグとかジュエリーは、「一生もの」という視点も大切。松村 これから目ざす女性像を託せるアイテムであれば、多少高くても手に入れたいな、って思います。塚田 それから、ずっと好きであろうマイスタイルに必要な脇役にも投資したいですね。私はカジュアルを格上げしてくれるピアスを手に入れました!発田 こう考えてみると「大人のコスパ」の、「コス(ト)」と「パ(フォーマンス)」のバランスはひとつじゃない、ってことだよね。松村 ある程度、登場回数が多いことは大前提ですけど、プライスはいろいろなパターンがあっていいんですよね。塚田 「コスパ」にもそれぞれ個性が出ておもしろいですねー。話してたらショッピングに行きたくなっちゃいました!発田 いつでも付き合うからね〜(笑)。夏冬合わせると、10枚以上のバンドカラーワンピースを所有しているという発田さん。「コットンの白のものだけでも、数えてみたら5 枚持っていました(笑)。人から見たらどこが違うの? って感じかもしれませんが、好きだからこそ微差が大事。どれもこれも、それぞれのディテールへの愛があるのです」松村さんが4年以上愛用しているという、ZARAのドットスカート。「甘さがありながら、タイトシルエットやシャーリング使いなどのエッジがきいていて、実はありそうでないデザイン。毎シーズン必ず何回か登場するし、これからも着続けると思います」 ずっとシャネルのバッグに憧れていて、3年前にようやく手に入れたという松村さん。「カジュアルに合わせることで自分らしく持てると思い、ヴィンテージのような素材感のものをあえて選びました」 発田さんが11年前に買ったハリー・ウィンストンのピアス。「一生使えるダイヤモンドのスタッズピアスを、と購入。トレンドに応じて登場頻度は変わりますが、ずっと愛用しています。今はイヤカフとの組み合わせがお気に入り」結論! 大人にとっての“コスパ”とは--あくまでも買う理由は「安いから」ではなく「素敵だから」。コスパを目的に、コスパ服を探しに行かないのが成功の秘けつ。トレンドを超えて、ずっと大好きなもの。コレクター的に買ってしまうもの。似合う自信があるから登場回数も増え、結果コスパにも通じる。昔も今も絶対的に好きな「自分らしい」もの、あるいはこれから目ざす女性像を託せるもの。長く愛用することで、特別な個性に変えていきたい。【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 目黒智子(人物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) 取材・文/発田美穂
  • 自分の好みやテイスト、"似合う"に対する客観的な視点や目ざす女性像まで─コスパの判断基準は人それぞれ。安くてもコスパとは限らない? 重要なのはプライスよりも登場回数?おしゃれプロのワードローブと実例から、実は奥深い「大人のコスパ」を徹底検証スタイリスト&エディターが白熱ディスカッション!「安い=コスパ」という考え方はNG? アラフォーの「コスパ」との付き合い方、これが正解!「大人のコスパ」との付き合い方、これが私の実例! スタイリスト 松村純子さんの場合ヘルシーな女らしさをコスパアイテムで表現 <"コスパ"だからといって何か新しいものに挑戦したりはせず、あくまでも自分らしいものを選びます。我ながらブレがない(笑)。私の場合、直球の女らしさは派手になってしまうので、ヘルシーさや抜け感をトッピングできるアイテムがマスト。その役割を果たしてくれるものが、私的"コスパ"なのだと思います。>スタイリスト 松村純子さんスタイリスト 松村純子さん素敵に着る プチプラ服 ■COSのワンピース <プチプラアイテムは安いからではなく、あくまでもデザインや素材感が気に入って買うことが大前提。このワンピースも高見えする素材感と細リブ、カジュアルなデザインが購入の決め手。>汎用性が高いシンプルなワンピースはCOSのもの。「COSはプチプラとしては縫製がよく、カットソー素材のものも確実に高見えしてくれるので頼りにしています。LOEFFのフリルブラウスの甘さを、ワンピースのストイックなデザインがうまく中和。カジュアルと女らしさがちょうどいい、好きなスタイルに着地しました」 One-piece:COS Blouse:LOEFF Bag:THE ROW Shoes:J&M DAVIDSON自信をもって着られる偏愛アイテム ■カレンソロジーの透けニット コットンやリネン素材のサマーニットが昔から大好き。タンクワンピやキャミと重ねることで肌見せの調節をしつつ、透け感やヘルシーなムードが手に入るところがお気に入りです。「今回の鼎談で、サマーニットを持っていない人も多いのでは、と言われて確かにそうだな、と。でもだからこそ、そういうアイテムを着ていることでしか出せないスタイリングの奥行き、みたいなものが好きなんだなと改めて実感しました。ニットならではのゆるさや透け感が、自分らしい女らしさの表現には欠かせないものなのです」 Knit:Curensology One-piece:Curensology Bag:Maison Margiela Shoes:LAOCOONTE Ear-cuff:MARIA BLACK Ring:Hermès自分らしさを表現する 長く使うもの■CP SHADESの白リネンスカート <マキシスカートの女性らしさ、リネン素材のヘルシーさ、ホワイトのクリーンな華やかさー。私が目ざす女性像がギュッとつまった理想のデザイン。年齢を重ねてもきっとはいていると思います。>モノトーンでまとめた女っぷり指数高めのスタイリングで、キレよくシャープに。「リネンのラフな素材感が、私の目ざすヘルシーな女性像にフィット。これがもしもコットン素材だと、甘くなりすぎてしまうと思います。小物もシックな黒でまとめて、華やかだけれど派手ではない、という好みのバランスに仕上げました」 Skirt:CP SHADES Shirt:Hanes Bag:Anita Bilardi Shoes:MANOLO BLAHNIK Sunglasses:EYEVAN Necklace:MARIHA Bracelet:SYMPATHY OF SOUL Style季節もシーンも問わず、さまざまなスタイリングが楽しめるのもこのスカートの魅力。「色ものをあまり着ないので、白は私にとってのベースカラーでもあり、さし色でもあります。きれいめのノーカラージャケットで、足もとにカジュアルなスポサン。こんなミックステイストを受け止めてくれるのも、白というクリアな色だからこそ」 Skirt:CP SHADES Jacket:YLÈVE T-shirt:SLOANE Bag:PELLICO Shoes:CAMINANDO Necklace:MARIHA※紹介されたアイテムはすべて私物です。販売終了している場合もあります【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 目黒智子(人物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) 取材・文/発田美穂
  • サングラスにさし色バッグ、レオパード柄シューズで楽しさハジけて♪連休ラストは、白T×デニムの気負わないカジュアルでのんびり過ごす一日に。最近買ったフレアデニムは楽ちんなのに美脚見え。白Tも秋仕様の長め袖&オーバーサイズを新調して今どきに。王道だけどおニューの服ってだけで、ちょっとテンション上がるよね♪ 時間がある休みのうちに、秋のお出かけコーデを完成させておこう。まずは、ふわっと可愛げなケーブル編みのニットベストをON! レイヤードコーデを楽しみたいこれからの季節にぴったりだし、白T×オフ白ニットの表情豊かなワントーンも新鮮でしょ。さらにレオパード柄のバレエ靴にオレンジ色のミニバッグ、サングラスで遊び心いっぱいに♡デニム¥27500/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) ベスト¥38500/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) Tシャツ¥1500/ユニクロ(ユニクロ ユー) 靴¥35200/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店 バッグ¥35200/アルファ PR(アエタ) サングラス¥37400/モスコット トウキョウ イヤカフ(右耳)¥13200・(左耳)¥5500/ボウルズ(ハイク) ブレスレット¥7700(MEX)・リング¥1870(シースキー)/ロードス飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>【関連記事】>>[飯豊まりえ主演]着回しまとめ「フレンチシックな夏の黒」コーデ全部見せます!>>飯豊まりえの美容特集【2021最新】 - 色っぽボディの秘訣やスキンケア、愛用コスメを聞いてみた!>>「今日のコーデ」1週間分おさらい! 9/13(月)からのコーデの参考に♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江 企画・原文/岡谷真唯子(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 「MAQUIA」10月号では、100人の私物ポーチの中身からわかったことをランキングで発表します。人気のブランドやアイテムなどコスメトレンドが見えるかも!? 愛が詰まった小宇宙♡ 美容好きさんのメイクポーチ 怒涛の100連発! 100人のポーチの中身を徹底分析!美容好きさんのポーチまとめ メイク直しで一番気になるポイント=肌。お粉などベースメイクアイテムはほとんどの人が持ち歩きしているよう。また塗り替えが手軽で印象チェンジが可能なリップも人気。目元はアイカラーだけではなく、ライナーやマスカラなどのアイテムをポーチインしている人も。 「持っているだけでテンションが上がる!」とブランド力を見せたシャネル。ベースからリップなど幅広いカテゴリーで支持されたのも1位の理由。アイパレットやライナーなど目周りのアイテムに強いキャンメイク、ポーチでもランクインしたディオールが3位に。 マスク生活の影響か、きちんとリップメイクをする人としない人に大きく分かれた模様。最高所持数はTakassyさんと野口由佳さんの6本。また自宅には数多くのリップを持っていても、ポーチには朝メイクした1本だけを入れ持ち歩いている人も多かった。 1位に輝いたのはディオール。しかも6人全員が大容量のノベルティポーチを愛用しているという結果に。続く2位の無印良品は、コスメを無駄なく収納できる機能性とシンプルさに定評。同数3位にはポーチブランドのほかに、ハイブランドもランクイン。 かぶり率No.1は、17人が愛用するNARSのクッションFD。持ち歩きに便利、さらにリタッチ向きな重ねても濁らないピュアな仕上がりが熱い支持に。2位はイプサの保湿美容液。スティックタイプが好評。3位はプチプラとは思えない高機能っぷりに賞賛の声が。 最多数は吉田朱里さんの51個! 自身でコスメのプロデュースも行うため、研究をかねて日々持ち歩くコスメ数は断トツに。2位のTakassyさん、3位の矢吹奈子さんは、撮影でセルフメイクを行うことが多いので一式持ち歩くことも。ちなみに、平均は12.8個でした。 MAQUIA10月号撮影/久々江 満 岩城裕哉 さとうしんすけ 奥村亮介 イラスト/eve 取材·文/轟木あずさ 風間裕美子 構成/横山由佳、萩原有紀(MAQUIA)
  • 少しずつ涼しくなってきたものの、秋冬の重量感あるアウターを着るにはまだ暑い。そんな季節の変わり目にちょうどいい、軽やかに秋っぽくなれるはおりものをピックアップ!【目次】 ①Tシャツコーデにプラスする初秋アウター ②ワンピースのスタイリングに幅を出すアウター①Tシャツコーデにプラスする初秋アウター  【着込まず、肩がけするニットが秋のはじめにちょうどいい】1.V-neck Knit ニットを肩がけする"はおり使い"が新鮮。ニット¥25,300/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥9,680/スローン スカート¥29,700/マリハ バッグ¥39,600/ヴァジックジャパン(ヴァジック) チェーンネックレス¥37,400(モダン ウィーヴィング)・リング¥11,000(フィリップオーディベール)/プルミエ アロンディスモン  【ちょっとした温度調整にベストな薄軽フーディ】 2.Sheer Cotton Hoodie Tシャツ+デニムスタイルも、透け感のあるフーディをはおれば、ほんのり女らしく。フーディ¥35,200/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) Tシャツ¥11,000/イレーヴ(イレーヴ) パンツ¥42,900/アーク インク(ザ・ニューハウス) バッグ¥20,900/アパルトモン 青山店(アパルトモン) メガネ¥34,100/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥39,600・チェーンブレスレット¥39,600/マリハ ネックレス¥29,700/アダワットトゥアレグ(アダワットトゥアレグ)   【甘めなコーディネートは、辛口アウターでバランスをとる】▼ Take off!3.Military Jacket 薄手のミリタリージャケットをはおると、甘めスタイルもこなれ感がぐっとアップ。ジャケット¥16,940/ハッシュニュアンス Tシャツ¥9,900/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マルモア) パンツ¥22,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) バッグ¥37,400/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥30,800/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) ネックレス(ショート)¥30,800・(ロング)¥39,600/パサンド バイ ヌキテパ(ハルポ) バングル¥59,400/アダワットトゥアレグ(アダワットトゥアレグ)②ワンピースのスタイリングに幅を出すアウター【適度な涼感が欲しいときは淡色ストールをはおりに】1.Silk Linen Stole エクリュストールで軽やかに。ストール¥46,200/アイネックス(アソース メレ) ワンピース¥19,800/パサンド バイ ヌキテパ(ヌキテパ) パンツ¥23,100/エッセン.ロートレアモン(エッセン.ロートレアモン) バッグ¥30,800/クオリネスト(オーマイバッグ) ピアス¥30,800・ブレスレット¥52,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)【ワンピースのきちんと感をアップするノーカラージャケット】▼ Take off!2.Collarless Jacket 脱ぐとさわやか、着るときちんと。ジャケットの脱ぎ着で印象チェンジも。ジャケット¥64,900/ザ ストア バイ シー 代官山店(コキュカ) ワンピース¥19,800/アンクレイヴ バッグ¥30,800/カレンソロジー青山(メゾン エヌアッシュ パリ) 靴¥33,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) ピアス¥28,600・バングル¥94,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ネックレス¥11,000/アパルトモン 青山店(マリッサ メイソン)【ロング&リーンなシルエットを強調できるロングカーディガン】3.Long Linen Cardigan ワンピースの丈に合わせたロングカーデなら、夏らしいリラックスムードが急上昇。カーディガン¥27,500/カオス丸の内(カオス) ワンピース¥20,900/エイトン青山(エイトン) バッグ¥12,100/ザ ライブラリー 表参道店(ディミヌティーボ) サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) フープピアス¥35,200・コインネックレス¥25,300/マリハ 太リング¥47,300・バングル¥69,300/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)【Marisol 8月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) へア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 撮影協力/バックグラウンズファクトリー▼あわせて読みたい記事
  • SINME(シンメ)で秋のスウェット×デニムコーデ! バッグ¥13200/LEEマルシェ(バグマティ) メガネ¥39600/プロポデザイン(プロポ) L/Sスウェット ¥26400 (サイズ:M) 色バリエあり ボディラインを拾いにくい、しっかり地厚のスウェット素材を使ったクルーネックプルオーバー。肩を落としたオーバーサイズが、コーデの今どき感を盛り上げます。左胸にブランド名のチェーンステッチ刺しゅう入り。 L/Sスウェット スカラエンブロイダリーシャツ ¥29700 (サイズ:M) 色バリエあり 肌なじみのいいリヨセルコットン生地の白シャツは、衿元と袖口に飾られたスカラップフリルがアクセント。さらりと一枚で着るのはもちろん、スウェットやニットのインに重ねて、フリルを覗かせるのもおすすめです。 スカラエンブロイダリーシャツ モンローデニム ¥27500 (サイズ:26、27、28、29) 色バリエあり 女性らしいくびれとヒップラインを実現する腰高デニム。クセのないストレートレングスは、どんなテイストにもそつなくフィット。着こなしをモダンな印象に仕上げます。赤耳や2色ステッチといったこだわり要素も満載。 オフホワイト モンローデニム 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/西出健太郎 ヘア&メイク/中村未幸 スタイリスト/松野裕子 モデル/福田メイコ 取材・原文/葛畑祥子 ※商品価格は消費税込みの総額表示(2021年9/7発売LEE10月号現在)です。
関連キーワード

RECOMMEND