しっかり眉さんでもナチュラルな仕上がり!日本製眉ティント「MAYU LINE」
マキアオンライン

2018年2月15日に発売する、日本製眉ティント『MAYU LINE ―落ちにくい眉墨―』の発表会イベントへ先日お伺いしました。


Image title


メイクアップの中でも、最も難しいと感じる人が多いパーツといえば、「」ではないでしょうか。

左右のバランスや角度、太さ、濃さなど、元々の眉にお悩みの方も多く、しかもメイクでも上手く理想どおりに描くのが難しい……


眉の印象だけでも顔全体の雰囲気が変わるから、失敗しないように、と毎日のメイクアップでも気を使うもの。


そんな悩みを解決するアイテムとして、最近さまざまなメーカーから発売され注目されているメイクアップアイテムが眉ティント


Image title


眉ティントとは

パウダーやペンシルで肌の上に色をのせるのではなく、肌表面を染めて発色するアイブロウの一種。

眉毛に塗ると角質部分が染まり、まるでアートメイクのように眉毛に色をつけることができる化粧品。


①塗る

②乾かす

③剥がす

簡単な3ステップだけで、数日間キレイな眉をキープすることができます♪


Image title

安心安全の日本製。韓国製の製品が多い中、「MAYU LINE」は日本国内の工場で一貫製造しており、
肌につける商品だからこそ、安心・安全へのこだわりが込められているのがポイント。


さらに、高級まつげ美容液にも配合されている育毛成分「Widelash®」が配合されており、

元々の眉毛が薄い生えなくなってしまった……というお悩みを解消する、、眉毛の養毛効果も期待できるそう!


私は元々の眉毛がしっかりめに生えているタイプなのですが、左右の形が非対称なのと、眉山の下部分が生えてこなくなってしまった状態。


いつもアイブロウで描き足している部分を染めながら、生えてきて欲しい部分の養毛効果が期待できるというのは嬉しいところ♪


肌を染めて数日キープ……となると、失敗したらどうしよう!と心配になりますが、綿棒などですぐにはみ出した部分や失敗した箇所をふき取れば、残らないので気軽にトライできます♪

Image title



商品をおみやげにいただき、早速使ってみました!

濃いブラウンと薄いブラウンの2色で展開されており、私は地の眉が黒い方なので、濃いブラウンの方が馴染む感じ。

Image title


【眉ティント前】

Image title


【眉ティント塗布】

Image title

眉部分の油分や水分をふき取って、毛の流れに沿って眉頭から眉尻の方へ向かって、好みの形に塗ります。


【剥がす】

Image title

15分~2時間くらい待ち、剥がします。

長く置けば置くほど、7日間ほど色持ちすることが期待できるようです。


眉毛が抜けるのが気になる……という方は、ぬるま湯で軽くふき取ってもOK!!


【仕上がり】

Image title

残ったMAYU LINEをキレイにふき取って、完成!


アートメイクのように濃く色づいたらどうしよう……と少しドキドキでしたが、うっすらと眉の下にガイドラインができる感じ!


気になっていた、眉山下の毛が足りない部分も、生えているように自然に色がついていて、スッピンでも左右の眉の形が均一に見えるのが嬉しい!!


色持ちの期間について

個人差はありますが、乾いて20分くらいで剥がすと約3日2時間置いてから剥がすと最長で約1週間持つと言われています。


最初は色の濃さに少々ビックリしますが、思い切ってしっかりと色をたっぷり乗せて乾かしても、剥がすとニュアンス程度に色が付くので、ご安心を♪

その方が、きちんと色が持つようです!


スッピンでも理想的な眉がキープでき、

メイクをする時には毛流れを整える程度に少しペンシルで描き足したり、マスカラを足す程度でOK!

時間がかかりがちな眉メイクも、毎朝時短&楽にメイクができるようになります。


眉ティントは、眉が薄い、細い……という人だけでなく、しっかり眉の人でもこのように使い勝手が良いアイテム。


肌への安心・安全性や、毛を育てたい!などの+α効果も期待できるのは、国産眉ティント「MAYU LINE」ならではの特徴かな、という感想。


眉ティントに興味はあるけれど、どれを選んだら良いかわからないという方。

ぜひ参考にしてみてください♪


国産眉ティント「MAYU LINE」>>

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND