アラフォーでも結果が出る!太もも張りもみるみる変わる美脚トレーニング

マキアオンライン

「MAQUIA」6月号では、整体師・ダイエットトレーナーの小山圭介さんのパーツ痩せエクササイズを大公開!

Image title


骨格を整えて
美脚作りをサポート

小山圭介さんの
『大転子美脚トレーニング』

Image title

整体師ダイエットトレーナー
小山圭介さん

ダイエット合宿「LAVAヴィレッジ伊豆高原」、ホットスタジオLAVAなどで指導を行うダイエットのスペシャリスト。心・食・体の全側面からアドバイス。


Image title

滞在型ダイエット合宿施設。LAVAと共同し2つのプログラムを展開中。座学も含め小山さんが指導・プロデュースしている。


Image title

LAVAヴィレッジ伊豆高原
●静岡県伊東市八幡野1298-99 営11:00〜21:00(月〜火) 不定休 
http://lavavillage-izu.com/


1万人を見たダイエット王子が、
骨格美脚を応援

 どんなに運動やダイエットに精を出しても、上太もも横の骨が張り出していることによる“太もも張り”解消は、難しいですよね?
「そんなことはありません! 骨格は遺伝と諦めている人にこそ、大転子美脚トレーニングに挑戦してほしい。ポイントとなるのは、立ち方・歩き方に関わる『姿勢』、『セルフ整体』『トレーニング』『もみほぐし』の4つ。姿勢を正すことで筋肉や脂肪のつき方のクセをなくし、セルフ整体で体のゆがみをリセット。張り出しの原因になっている脚の骨の上部“大転子”もセルフで調整可能です。内・裏ももは引き締め、前・外ももはもみほぐす。これらを毎日続ければ、必ず美脚が手に入りますよ」


太もも張り削り&引き締めに40歳が挑戦!

Image title

BEFORE
むくみと贅肉でムチムチの脚。全体的に太く、隙間ゼロの太ももがとくに悲しい。

AFTER
内太ももに待望の隙間が! サイズ的には微差だが隙間ができるだけで印象に大きな差が。


Image title

憧れの引き締まったレッグライン!


立ち方が何より大切!

正しい立ち方・歩き方をマスターすれば、筋肉を正しく使うことができ、脂肪がつきにくくゆがみにくい体に。まずは立ち方から習得を。

Image title

立って足元を見た時…

足が半分見えたら、正しい重心で立てている証拠。歩く際はかかと→拇指球→つま先の順に脚を運んで。


太もも麺棒ほぐし

Image title

余計な筋肉や脂肪をつけたくない前ももと横ももは、もみほぐしてそけい部に向け流すマッサージを。麺棒を使うとより楽に行える。

各脚5分ずつ


もまない方の足裏を太ももに当ててマッサージすると、力を入れやすい。毎日すること!

太もも張り解消

セルフ整体

整体時に左右の脚の長さが違うと指摘されたことはありませんか? それを自分で調整できるのがこちら。壁に手をついて立ち、片脚を前後に大きく振ります。


椅子や壁などに手をつきまっすぐ立つ。下腹とお尻の穴を締めて。

脚を大きく前後に振る。できるだけ大きく、体がふらつかない程度に力強く。

片脚ずつ10往復

太もも張り解消

大転子調整

太ももの骨の上部、骨盤に収まっているべき大転子。これが外側に張り出して太ももが張って見えるのを、解消するテクがこちら。


横向きに寝そべり、大転子と床との間に丸めたタオルを入れるだけ。この状態でリラックスしているだけでも効果はあるが、体を浮かせてゴリゴリと押すとより効果的。

15〜30分


丸めたタオルを用意

バスタオルを縦に2回折り、端からクルクル巻いて約20センチの円筒状に。大転子の下に入れる。


大転子の位置の目安

Image title

立って手を横に下ろしたとき、手首の位置あたりにあるのが大転子。外重心で歩くと、この大転子が外側に張り出してしまう。

もっと見る >


MAQUIA6月号

撮影/藤澤由加 永躰侑里 ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/中村美保 モデル/香川沙耶  構成・文/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

関連記事
  • 【連載第1回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『ご機嫌悪くない側の女(Side結花)』版権:y_seki/Shutterstock.comやっと席に戻って来た妻を、ニコニコ顔で立ち上がって迎える人のよさそうな旦那さんと、その隣にぴったりと照れくさそうに寄り添う須藤さん。 送りがてら挨拶しにいった真木と3人で談笑するその姿を、フロアを挟んだ遠くから、私と理沙はじっと見つめる。 理沙が言う。 「初恋の相手が初Hの相手で、結婚相手で子供が出来るってすごくない?」 「ほんとね」 「生涯、Hする男性が1人っていうのは、惜しい気がしないでもないけれど」 「その1人が抜群にあう人だったら文句なしよ」 「1人しか知らなかったら、比較のしようがなくない?」      「比較なんてしなくて済むならそっちの方がいいの」 「結花の旦那さまは?」 「結婚相手は、そちらの相性だけで決めるわけじゃありません。私のことはいいのよ」 「44で自然妊娠。やるね、須藤女史」 「そうね」 「高齢出産」 「うん」 「産む前からちょっと大変そうだけど、無事に産んだら産んだで、その先も“子育て楽ありゃ苦もあるさー”が続くわけでしょ」 その通り。言うまでもなく、産んでからの方が比較にならないほど大変だ。 壮絶な痛みに耐えて、出産という大仕事を無事に終えたというのに、その成し遂げた達成感や余韻、感慨にゆったり浸る余裕もないまま、産後すぐに始まる授乳やおむつ替え、沐浴に寝かしつけに夜泣き対応……。一生続くわけなどなくても、その時は、この過酷なしんどい時間が一生続くような気がして、発狂しそうだった新生児育児の日々。 自分で言うのはおこがましいけれど、幼い頃から成績優秀、何ごとも段取りよく計画的に確実にクリアしてきた私が、こと子供に関してだけは、破格に次元が違うダントツの「思い通りに行かなさ度」を、生まれて初めて経験することになった。どうやってもまだ意思疎通の出来ない命ある生き物と向き合うことなんて、なかったから。 2人、産んで育てて、しばらくたった今ならば、当時の自分に向けて、子供と向き合う実は貴重なその濃密な時間をこそ「ぜひ肩の力を抜いて楽しんで」なんて言えるけれど、あの時はそんなこと、もし誰かが言ってくれたって、私の耳には届かなかったはずだ。そしてある時、じたばたしながら、はたと気づくのだ。そうか。出産は「ゴール」じゃなく、長く続く「子育て」というものの「スタート」に立った、ってことだったんだなと。 ともすると人は、受験勉強中は合格がゴール。就活中は就職がゴール。婚活中は結婚がゴールで、妊活中は妊娠がゴール。そしていざ妊娠すると出産がゴール。そう思ってしまう。 でもどれもこれも、そのゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタートで、長い人生においては、ひとつのマイルポストでしかない。 そしてどのマイルポストも、だいぶ通過してからはじめて、そこに到達するまでの努力や経験、喜びや悲しみといったその時に味わったさまざまな感情を、懐かしく大切な記憶としてまるごと慈しむことができるようになるのだと、私は思う。 だから今は、須藤さんの「出産」というひとつのマイルポストが、いつの日かこの上なく愛おしく大切な時間として素敵に輝くように一同級生として願うばかり……。 ▶︎次回は12月16日(日)22時更新予定■じゃない側の女番外編記事一覧■汗が止まらない側の女(Side真木)【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう! 【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります? 【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々 【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね… 全10話を読む > ■酸化に負けない側の女(Side理沙) 【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女 【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと 【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに 【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先? 全12話を読む > ■現役をおりない側の女(Side結花) 【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある 【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です 【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない? 【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました… 全11話を読む > ■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子) 【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が… 【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので 【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか 【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック… 全8話を読む >■ご機嫌悪くない側の女(Side結花) 【Vol.1】受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート 【Vol.2】自分ひとり好き勝手に生きてりゃ、誰からも感謝なんてされるわけない虚しい人生?(12/16配信予定) 【Vol.3】どこで間違ったんだろう?あれ?間違ったのかな?今いるここは間違いなのか…(12/17配信予定) 【Vol.4】人生100年時代に向け、ヒトゴトではなく、自分ゴトとして(12/18配信予定) 毎日22時配信中!最新話を読む > - 登場人物 - 植田真木(うえだ まき) 44歳 金融会社勤続20年の管理職。「アラフォー独身女」でいることに疲れ、39歳で「可もなく不可もない男」と駆け込み結婚をしてみたものの…。 結婚してない側の女(全14回)を読む ▶ 谷原理沙(たにはら りさ) 44歳 某有名ブランドのバイヤーとして、月の半分近くを海外で過ごす。後輩が次々と妊娠して産休に入るたび、「快く」送り出しているつもり、だけれど。 産んでない側の女(全15回)を読む ▶ 畠山結花(はたけやま ゆか) 44歳 ゼネコン勤務の一級建築士。同業のハイスペック夫と2人の子供、瀟洒な一軒家。「すべてを手に入れて」順風満帆な人生を突き進んでいるように思われるが…。 あきらめない側の女(全14回)を読む ▶ 須藤慶子(すどう けいこ) 44歳 結婚14年目の専業主婦。夫が出張のたびに「とあるサービス」を利用していると知り、ショックを受ける。 満足させてもらえない側の女(全8回)を読む ▶
  • 地味すぎたり、男前すぎたり、貫禄が出すぎてしまったり・・・働くアラフォーのジャケットコーデって難しい・・・。もっと女らしく、もっと素敵にジャケットを着こなすテクニックをジャケットコーデ記事ランキングでチェック!【1位】チェック柄ジャケット×デニムパンツコーデ 今季絶対欲しいチェックジャケット。ブラウンベースでさらに旬度高めを狙って。Tシャツ+デニムに合わせるだけでサマになる便利さは見逃せない。▶秋の気分を味わうなら、まずはトレンドの「チェック」アイテムを投入して!【2位】ジャケット×艶ブラウスコーデ 秋の気分を先取りできるうえ、注目のチェック柄と相性のいいテラコッタブラウン。繊細なギャザーは華やかなうえ、肌に張りつかず快適。▶いま狙うべきは秋のトレンド「艶ブラウス」。 買い足すべき4つの理由とは?【3位】ジャケット×薄手カラーニットコーデ ハンサムな女性像へ導くくすみピンク×インディゴカラーのデニムパンツ。長め丈のジャケットをさらりと肩がけし、きれいめ仕上げに。▶体がきれいに見えて気分が上がる「最旬ニット×デニムコーデ」。今年のBest3はこれ!【4位】ネイビージャケット×ロングチノスカートコーデ 薄い色みのカーキと深みのあるネイビーの組み合わせは、上品さの香り立つ大人配色。ロングチノスカートで今っぽさを確保しつつ、小物で随所に白をさして、軽やかさも演出。▶“シンプルだけど素敵”な配色は「カーキ×ベーシックカラー」!【5位】ジャケット×パイソン柄ブーツコーデ パイソン柄はやや難易度の高いアイテムだけど、うまくはまるとそのおしゃれ効果は絶大! パイソン柄と同系色のワンピースでなじませて、ジャケットを羽織ればかっこいい大人のフェミニンスタイルが完成。▶黒ブーツの次に投資するなら? おしゃれに差がつく「格上げブーツ」4タイプ【6位】ジャケット×パンツコーデの旬度をUP トラッド指数の高いチェックパンツも、なじみやすいグレーベースと足首がのぞく丈感なら、マニッシュすぎず着こなしやすい。足もとも、コンサバなフラットパンプスではなく男靴にシフトして、より旬度を上げて。▶秋の新定番「細身くるぶし丈パンツ」はフェミニンに着るのが今の気分!【7位】旬のダブルジャケット×ブラックデニムコーデ 締め色・黒とほっそりラインの強力タッグが、今年らしいジャケットをすっきりバランスよく仕上げて。▶プロが断言! この秋、デニムは“ブラック”がいい理由【8位】ブラウンジャケット×ワイドパンツコーデ ジャケットはシックなブラウン地にブルーの繊細なヘリンボーン柄ストライプの配色。ネイビー×パープル配色に、ブルーストライプがネイビーになじむジャケットで、秋色コーデが完成。▶働く日のワードローブに使える!薄軽パープルニット×ネイビーパンツで着まわし3Days【9位】キャメルのテーラードジャケット×タイトスカートコーデ タイトスカートでコンサバにキャメルのテーラードジャケットを着こなす。スカート以外は同系色で品よくまとめ、優しげに。▶「キャメルのテーラードジャケット」が一枚あったら、どんなシーンも今っぽいムードに決まる【10位】ベージュのダブルジャケット×パンツコーデ ジャケットのインにソフトな表情のグレータートルを配し、上品なキャメル小物を加えるニュアンスカラーの着こなし。▶好感度の高い「ベージュのジャケット」を着回し! 秋の“きちんとキレイな通勤コーデ”【11位】ジャケット×きれい色スカートコーデ 濃い色を使わず、ターコイズグリーンのスカートでフレッシュさを加えたクリーンな配色コーディネート。きちんと感も与えたいので端正なジャケットはマスト!メンズライクなジャケットがあれば、甘いスカートも配色もキレよく仕上がる。▶気の流れがよくなる最強きれい色コーデで運命の出会いを引き寄せて【2018/9/19コーデ】【12位】紺ジャケット×デニムパンツコーデ デニムと紺ブレのコーデ。夏は白のTシャツを合わせるけれど、季節的にもちょっと秋めいた雰囲気にしたくてインナーをボウタイブラウスにシフトしてみる。ウール、デニムとの異素材合わせでダークトーンに奥行きを与えて。▶インナーを白Tシャツ→ボウタイブラウスにチェンジして秋モードに【2018/9/2コーデ】【13位】ジャケット×グレーパンツコーデ ブラウン系ジャケットのインにはワントーン濃いめのブラウンのハイネックブラウスで引き締めて。グレーパンツにもブラウンにもなじみがいいグレージュの小物で、抜け感を出せば、粋な印象に仕上がる。▶コーヒーブラウンの大人ブラウスで上質感が漂うオフィスコーデに【2018/10/1コーデ】【14位】ブラックジャケット×タイトスカートコーデ 確実にきちんと見えるブラックのジャケットをチョイス。Vカラーはテーラードよりも柔らかくフェミニンな印象になるのがお気に入り。インはニットとスカートをベージュでつなげることで、全身がすっきりバランスよく見える。▶まろやかベージュトーンにしなやか黒ジャケットで小粋なコーデに【2018/10/18コーデ】【15位】ノーカラージャケット×ガウチョパンツコーデ ノーカラージャケットとリブのボートネックの組み合わせは、顔まわりをすっきり見せるバランスがお気に入り。シンプルでも寂しく見えないよう、白パールのネックレスを襟もとになじませつつ、立体感をプラスしてみて。▶終日会議三昧の日は脚のむくみが気にならないガウチョパンツコーデで【2018/9/20コーデ】※2018年8月7日~2018年11月30日集計 ※商品は販売終了している場合があります
  • 日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のライフスタイル記事。人気のあった記事を見れば、毎日がハッピーになるヒントが見つかるかも!? ということで、12/8(土)~12/14(金)のライフスタイル人気ランキングを発表しちゃいます!※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。♡第3位♡第95回箱根駅伝の見どころ なんと、気がつけば3週間後にせまった2019年の「箱根駅伝」。各校の注目選手や、区間ごとの見どころなどをしっかり予習しましょ★ ▶︎▶︎予想を超えるドラマが♡第2位♡ホテルのスパトリートメント 自分へのごほうびにぴったりなホテルのスパ。注目の『ロクシタン』、『エビアン』『シスレー』のスパトリートメント体験レポをチェック! ▶︎▶︎ロクシタンスパってこんな感じ!♡第1位♡【美尻専門ジム】に潜入♡ ライターみかりんが本気で挑戦したヒップアップトレーニング。“正しい努力をすれば、美しいカラダになれる”と身をもって伝えてくれています! ▶︎▶︎おしり以外も引き締まる!あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるライフスタイル情報を更新中。いつもチェックして、いつもの生活をもっと楽しんで♬→先週までの「ライフスタイル人気ランキング」はこちら!
  • スイッチオン!で本格的なケアを可能にしてくれる美容家電。多忙&肌悩みの尽きないアラフォーこそ、テクノロジーに頼るべきだと思うんです。そこで年末のプチご褒美を探しに、Panasonic Beautyのこんなイベントに出かけてはいかが?美容家電、大好きです。例えばドライヤー。“髪を乾かす”という毎日の当たり前の行為を行いながら、髪質を整えてくれるトリートメントが同時進行できるんですから。そんな一石二鳥以上の“ながら美容”を叶えてくれる「パナソニック ビューティ」のイベントが表参道で開催中です。内覧会に潜入すると、エントランスにはこんなキラキラの看板が。まずはこちらのブースへ。「Beauty Recipe Maker」は、簡単な質問に答えるだけで一人ひとりに最適なビューティプランを提案してくれる診断システム。さっそく答えてみましょう!いくつかポチッと選ぶだけで診断完了。さて気になる結果は……「朝は起きるだけで精いっぱい、夜はとにかく早く寝たい」……私の生活、覗いてますか?っていうくらい的確な結果が。適当ケアを見破られた私へのおすすめアイテムがこちら。会場内のどこで試せるか、滞在時間に合わせた順路まで提案してくれます!欲張りな私はもちろん、心ゆくまで製品を試せる「じっくりコース」へ。こちらは「Mind Beautyエリア」。ゆったり体を伸ばしてリラックスできる、素敵なリクライニングソファを独り占め! 存分にケアに集中できそう。座れば目の前には、スチーマー ナノケアにRF美容器に……スターアイテムがずらり。テーブルの右側にあるタブレットで見られるのは、マインドフルネス×美容家電を融合した特別美容メソッド「Panasonic Beauty -Fulness」を実践するためのムービー。操作方法もちゃんと盛り込まれていて、じっくりと自分に合ったケアを正しく実践できました。時間はあまりないけれど、最先端の美容家電を試したい!という方も大丈夫。「Body&Quick Face Careエリア」ではボディ用の光美容器など、おすすめアイテム9種類を効率よく試せます。“30秒 髪質改善”(!)なんていう攻めてるコーナーもありますよ。さらにさらに、ホッとひと息つけるカフェスペース「Panasonic Beauty Stand」も。お兄さん、癒しの目線、ありがとうございます♡こちらでいただけるのは「ルピシア」とコラボした“Panasonic Beautea”。細かいところまで凝っています。と、駆け足でご紹介しましたが、このほかにもアンケート回答でプレゼントがもらえたり、SNS投稿で豪華賞品が当たる抽選など、コンテンツ盛りだくさん。お仕事帰りや待ち合わせの合間に、ちょっと立ち寄ると、あなただけのきれいのヒントが見つかると思います。何より、これだけ多彩な美容家電をお試し放題というチャンスはなかなかないはず。クリスマスの夜まで実施していますので、ぜひお立ち寄りくださいね!「Panasonic Beauty SALON 表参道」 ■開催期間:12月14日(金)~12月25日(火) ■営業時間:13:00~20:00 ■場所:表参道ヒルズ 本館 B3F スペース・オー ●「Panasonic Beauty SALON 表参道」詳しくはこちら「Panasonic Beauty」公式サイトもチェック >>> WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 秋も深まりおしゃれが楽しい11月。コートなどのアウターやニットがそろそろ欲しい季節。この秋冬選ぶべきアイテムやおすすめのコーディネート、定番のオフィスコーデ記事などがランクイン!平成最後の11月に人気だった記事を総まとめ。【1位】ネイビーが戻ってきた!おしゃれプロがキープしたこの冬の「本命コート」清潔感と上品さならネイビーに勝るものなし。グレー系やブラウン系のトレンドを経て、今季はネイビーを指名買いする人多数。長め丈でシックに着られるものが人気。▶記事の詳細はこちら【2位】「私たち本気で狙っています!」マリソルスタッフのお気に入りアイテム表面を叩いたような質感が、モダンな印象を放つジュエリー。シックで深みのある色合いが魅力のラピスラズリとオニキスだから、カジュアルを大人っぽく仕上げてくれる。▶記事の詳細はこちら【3位】 今シーズンの相棒はどれ? 秋冬のおしゃれを託す新作コートノーカラーのジップアップデザインで、ダウンの量やステッチの入り方が計算されているためボリューム感が出すぎずすっきり着られる。もちろん素材はダウンだから暖かさは十分。レーススカートと合わせた、こんなフェミニンなカジュアルに仕上げるのがおすすめ。▶記事の詳細はこちら【4位】ほっこりさせず、女っぽく仕上げたい!「シャギーニット」を大人はどう着る?体のラインの見え方や配色に気を配り、シャープな女らしさを目ざすことで、ぐっとこなれて見える!ふわふわとした量感が特徴の毛足の長いシャギーニットには動きのあるニュアンスやクリアな色を加え、NOTほっこりに。▶記事の詳細はこちら【5位】今年の冬は改めてダッフルコートが着たい人が続々!大人は「淡色」が狙い目トラッドブームの影響で、大人になった今、改めてダッフルが着たいという声が続々。あえて白やベージュなのど柔らかい色で脱・スクール風に取り入れるのが肝。▶記事の詳細はこちら【6位】アラフォーの肌をきれいに見せてくれる「パープル&ブルーニット」を味方につけて!数あるきれい色ニットの中から、アラフォーの肌をくすませず、ぱっと顔映りのいい寒色系のレンジを編集部が厳選!▶記事の詳細はこちら【7位】一度履いたらやみつき!?より細かいお悩みに応えてくれる高機能なタイツNEWS毎年たくさんの新商品が発売されるタイツ。アラフォーこそ更新が必要です!▶記事の詳細はこちら【8位】デニール別、今こそ買うべき6タイプの「グレータイツ」はこれ!同じダークグレーでも透け感や質感が変われば、まったく違う表情に。▶記事の詳細はこちら【9位】黒ブーツの次に投資するなら? おしゃれに差がつく「格上げブーツ」4タイプ合わせやすく飽きのこないベーシックカラーだけど、ひと味違う女らしさや抜け感が手に入る格上げブーツをベストコーデで紹介。▶記事の詳細はこちら【10位】デニール別万能「ダークグレータイツ」と、その持ち味を生かしたアラフォー的ベストコーデ今年は、昨年にも増して丈の長いボトムがはやっていることもあり、いかにスタイルよく見せるかが大きな課題に。悩み多きアラフォーは何を選び、どう履くべき?▶記事の詳細はこちら【11位】スタイルアップならやっぱりハイヒール!5.5cm以上の走れるパンプス【ベーシックカラー編】スタイルアップ効果を狙うなら、やっぱり5.5㎝以上のハイヒールにかなうものなし。安定感を高めるヒールまわりの工夫やクッションを施した機能的なインソールを狙い撃ち!▶記事の詳細はこちら【12位】体がきれいに見えて気分が上がる「最旬ニット×デニムコーデ」。今年のBest3はこれ!一枚で華やかに着映えするトレンドニットを主役に、旬デニムで着こなしを女っぷり高く盛り上げて!▶記事の詳細はこちら【13位】「レッド~ピンク」のさし色ニットで冬の大人のきれいと華やかさを引き寄せてアラフォーにとって、もう何度目かのトレンドとして迎えるレッドは彩度の高いものの中から、レンジを広く取り入れられるのがいい。さし色を楽しむなら、形はベーシックなタイプを選ぶのも、年齢を重ねた私たちのルール。▶記事の詳細はこちら【14位】投資の価値あり!エレガントな黒ブーツ4選黒ブーツは秋冬コーディネートのマストアイテム。ピンヒールやポインテッドトゥなど女らしいブーツに投資するならこの4足!▶記事の詳細はこちら【15位】スカートに合わせたい“ほどゆる”ミドルゲージニット上半身がきれいに見えるシンプルなミドルゲージニットさえあれば、気になるトレンドボトムに挑戦してもコーディネートがしっくり決まる。今季は身頃にゆとりがあり、少し長め丈ですその位置を調整しやすい"ほどゆる"タイプが使える!▶記事の詳細はこちら【16位】断然使える“ほどゆる”ミドルゲージニットで旬ボトムに挑戦!正統派な黒タートルの袖から見せたのは、繊細な黒のレースブラウス。このさりげないレイヤードが、ほんのり光沢のあるパープルパンツとのエレガントな"つなぎ"としてきいてくる。黒のバレエ靴で甘さもひとさじ。▶記事の詳細はこちら【17位】ショップマリソルで買えます!人気4ブランドのスニーカーナイキ、ニューバランス、アディダス オリジナルス、コンバース。この秋も絶対活躍してくれる4ブランドから、ショップマリソルが選んだ大人のスニーカーをご紹介!▶記事の詳細はこちら【18位】プレゼンや会食、仕事帰りに予定がある日などさまざまなシチュエーションにフィット!M7daysのお仕事スタイルマリソル世代が仕事服に求めるもの――きちんと感、清潔感、ほどよいトレンド感、快適な着心地。「エムセブンデイズフォーオフィス」なら、そのすべてがかなう!ジャケット、パンツ、コートをご紹介。▶記事の詳細はこちら【19位】5.5cm以上ハイヒールを2万円台以下で!走れるパンプスを探せ!【カラー編】マリソル編集長イシダが5.5cm以上ハイヒールを全部試着して、そのはき心地を検証!▶記事の詳細はこちら【20位】ブランドの粋を集めた珠玉の一足!ベーシックな黒ブーツ4選「世界で最も美しい乗馬ブーツ」とも評されるサルトルのアイコン的存在。絶妙なシルエットにバックのクロスベルトがモダン。360度どの角度から見てもパーフェクトな美しさ。▶記事の詳細はこちら※2018年11月集計 ※商品は販売終了している場合があります
  • ポインテッドトゥのブーツと細身のブラックデニムをつなげればスラリと美脚効果も主役は真っ白なコートなのでインのコーデはニット&デニムで極力シンプルに。ポインテッドトゥのブーツとクラシカルなボックス型バッグでレディ度を高めにエレガンスを匂わせて、姪と両親へのギフト選びにあちこち表参道でショップめぐりを。コート¥82,000(グローバーオール)・デニムパンツ¥19,000(レッドカード)/ゲストリスト ニット¥28,000/リエス バッグ¥110,000/ロンハーマン(ODP) サングラス¥55,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブーツ¥95,000/アルアバイル(ニナ・リッチ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼デニムコーデをもっと見る
  • 「だるい」「リフレッシュしようとしても体がついてこない」…実はその原因は脳にあるかも。脳の疲労はためずに、その日のうちに解消を! 「疲れ→老化」の流れを可能なかぎり阻止する10の方法を専門医が伝授!脳疲労をためない10のコツ1.3食しっかり食べる。特に朝食は必須朝は、目覚まし時計のけたたましい「音」ではなく日の光とともに自然に起きるのがよいそう。そのうえで、「朝食は体をきちんと目覚めさせるスイッチ。忙しいときも、せめてフルーツぐらいは口に入れましょう。血糖値の上がり下がりが大きくならないよう、規則的に3食しっかりとるのが大切です」。また、しっかり噛むほうが、自律神経にも好影響が。2.仕事は要領よく、「手抜き」する自律神経のパフォーマンスが下がっている分を経験でカバーするのが、エクラ世代が目ざすべき生き方。「すべてに全力投球して100点を目ざすことはやめましょう。へとへとになって疲労がたまります。物事の優先順位と重要度を勘案してスケジュールを決め、明日できることなら今日はやらない、というのが大事ですね」。例えば日中にしっかり家の掃除をと決めたなら、それに合わせてペットのシャンプーは必要、疲れを見越して夕飯は作らず外食にし、洗濯も日中ではなく夜にまわすなど、注力のバランスを決めて。3.飽きたと感じたら、休む、違う作業に切り換える「飽きる」のは、脳からの「疲れた」というサイン。「そのまま続けると活性酸素がどんどん発生します。飽きを感じたら、ひと休みを。あるいは、別の種類の仕事をしてみましょう。企画を考える→回覧書類に目を通す→調べものをするなど、使う脳の場所を変えることを意識してください。仮に、2時間で終わる仕事が3種類あるなら、2時間ずつ続けるよりも、1時間ごとに順繰りに取り組むほうが脳の疲労はたまりにくいといえます」。4.長時間座るときは1時間ごとに立ち、歩く現代は、座り仕事が圧倒的に多い。「同じ姿勢を長時間続けるのは、疲れがたまるもと。つらくなる前に立つ、を心がけましょう。目安は1時間に1回。さらに歩くとなおよいです。飲み物やトイレなど、何か用事をつくって」。会議などで立つのがむずかしい場合は、座ったままかかとの上げ下げをするのもおすすめ。5.リラックスできる方法を見つけておく3のひと休みをより効果的にする、自分なりの方法をいくつか用意しておくとよい。甘いものを少し口にする、音楽を聴く、リラックスできる香りをかぐ、ペットと遊ぶなどして、気持ちをリセット。「人間の活動は、思いのほか視覚中心です。パソコンのデスクワークを続けたあとに“スマホを見ながら昼食”では、脳は休めません。例えば昼休みの終わりに、10分程度目をつむる。これだけでも自律神経の状態を整えられます」。6.イミダペプチドを含む食品を積極的にとるポリフェノールやビタミンCなど、抗酸化物質は数あれど、脳内で再合成され、脳疲労に対してきちんと効果を上げるのはイミダペプチドだけ。「鶏のむね肉にダントツに多く含まれるので、一日に100gを目安にとりましょう。ほかに多いのは豚肉やカツオです」。イミダペプチドは調理法を選ばないが、「水溶性なので、汁物に入れる場合はスープも飲んでください。鍋の具にするなら、締めは雑炊にするほうが効率的に摂取できます」。ただし、タンパク質の摂取は動物性と植物性をバランスよく。7.運動は汗をかかない程度。90分以内で、週2~3回ワークアウトやエクササイズは人気だけれど、「過剰に汗をかいて自律神経に負荷をかけるのは、活性酸素を発生させるだけなので好ましくありません。ヨガなどの軽い運動でも疲労因子FFが体内に発生し、疲労回復因子FRがそれを打ち消します。激しい運動では、FRの効き目が追いつかないことがあるので、要注意です」。外での運動は、目の角膜が受ける紫外線刺激も疲れを招く一因となる。日焼け止めだけでなく、UVカットのサングラスやメガネも着用したい。よい睡眠に入るためのルーティン3夕食は就寝の3時間前、入浴は同じく2時間前に済ませ、副交感神経を優位にする行動習慣を決めておこう。脳疲労から回復するために、質のよい睡眠を心がけて。8.ぬるめのお湯で10分程度の半身浴を冷える冬こそ湯温高めのお風呂に入りたくなるものだが、のぼせて体温調整が必要になるのは、交感神経が優位になってしまって逆効果。「38~40℃程度のお湯で、半身浴を心がけてください。“半身”といっても、腰から下という意味ではありません。首まではつからず、みぞ落ちから心臓くらいまでの高さを目安にして10分程度にしましょう。のぼせないことが大切です」。9.眠る前はやや暗めの部屋で、オレンジ色の照明に蛍光灯やLEDの白い光は明るすぎて交感神経を優位にしがち。「室内灯は昼光色などの暖色で暗めにするか、間接照明を心がけてください。そうすることで副交感神経が優位になります」。読書だからと電子書籍を手にするのは禁物。光の刺激は控えめに。「寝酒に頼るのは睡眠が浅くなるのでNG。寝る前は白湯程度にしましょう」。10.睡眠は6時間以上。右向き寝で、いびき対策を「理想の睡眠時間は?とよく聞かれるのですが、個人差があるのではっきりとはいえません。目安として6時間以上です。特に最初の3時間を大切にしてください。死亡率からいって、6時以前の早起きをする必要はありません。少しまどろんで、起き出すくらいが自律神経にいいでしょう」。また、エクラ世代から増えるといういびきに効果的なのは、横向き寝だそう。「右半身を下にするといびきが出にくいので、気になっているかたはぜひ試してください。症状が重いかたは治療によって睡眠の質は改善しますので、医師に相談を」。【いびきの簡易チェックはスマホでも】 いびきの有無を確認できるアプリは意外に豊富。睡眠中のいびきがあるかどうかだけでなく、質のよい眠りをサポートするものなどもあるので、自分に合ったアプリを探してみて。撮影/細谷悠美(クリニック取材) イラスト/きくちりえ(Softdesign) 取材・文/本誌編集部 ※エクラ2019年1月号掲載
  • 本格的な秋が訪れる10月。秋冬に揃えたいトレンドアイテムやファッション記事が勢ぞろい!10月に発売したスタイリスト 村山佳世子さん初のスタイルブック『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』関連の記事もランクイン。平成最後の10月に人気だった記事を総まとめ。【1位】スタイリスト村山佳世子が愛用する「一生もののプチプラ名品」BEST4ロープラブランドではベーシックなものを探すことが多いのですが、ユニクロでは、デザイナーズブランドとのコラボアイテムを毎シーズン欠かさずチェックします。写真右はトーマス・マイヤーのシャツ、左はJ.W.アンダーソンのボーダートップス。「次はどのデザイナーと組むのかな?」とワクワクします。▶記事の詳細はこちら【2位】高さ4㎝前後が秋冬のトレンド。「プチヒールパンプス」カタログプチヒールパンプスの代表ともいえるのが、日本限定で発売されて以降またたく間に人気となったセルジオ ロッシの4.5㎝ヒール「sr YURI」。肌になじむカーキのスエードは真っ先に狙いたい。▶記事の詳細はこちら【3位】ヒールの太さで印象も変わる!この秋一押しの女っぷり「ショートブーツ」レオパード柄も、顔から離れた足もとでなら取り入れやすい。▶記事の詳細はこちら【4位】アラフォーの欲しい!を詰め込んだM7daysの新作トップス&ブルゾンコーデ通勤にも休日にも、とにかく使える!ハイネックブラウス。少し横に広いハイネックが、クラシックな可愛さを演出。しっとりなめらかなスエードタッチが秋らしく、冬にはニットとのレイヤードもおすすめ。▶記事の詳細はこちら【5位】冬の景色に明るく映える優しげなカラーに心酔【おしゃれプロの「自腹買いアイテム」】「どうしてもダークカラーが多くなる秋冬、今年は柔らかで女性らしいきれい色に惹かれています。なかでも私のスタイルのカギとなりそうなのがピンク。グレイッシュだったりこっくり深みがあったり、大人が気負わず着られるトーンが豊富でムートンコートからリブニットまで幅広くキープずみ。デイリーに出番が多そうなダウンやパンプスはベーシックなモノトーンで手堅く」▶記事の詳細はこちら【6位】スタイリスト村山佳世子の「何度でも買い続ける名品」5品これまでに何度くたくたになるまで履いて、何度同じものを買い足したかわからないのが、レペットのバレエシューズ。フラット靴のジジもマイケルも同じくそう。好きすぎて、まったく同じものをリピートする。これこそ名品のあるべき姿だと思うんです。バレエシューズって不思議な靴で、あるシーズンはやったかと思ったら、ぱったり履かなくなるシーズンもあったりして、でも絶対に戻ってくる。そう、それも名品!▶記事の詳細はこちら【7位】実は相性抜群!ときめきが倍増する「カーキ×きれい色」コーデ色みの似たカーキとグリーンはもともと好相性。深みのあるグリーン小物が、カーキワンピースに映えつつ、全体を大人っぽく引き締めてくれる。▶記事の詳細はこちら【8位】今秋、ネイビーを新鮮な気持ちで着こなすなら「ツヤありネイビー」を選んで ツヤネイビーがあるからシンプルカジュアルも女らしく。ほんのりツヤを放つネイビーパンツは、女っぷりカジュアルの強い味方に。▶記事の詳細はこちら【9位】着まわし力抜群!確実に“使える”M7daysの新作ボトムス&セットアップコーデをチェック!レース×ボーダーという大好きアイテムの鉄板コーデ。オフの日には、レーススカートをあえてカジュアルにスタイリングするのもおすすめ。シックなネイビーだからあくまでも上品にまとまるのがいい。ボーダートップスやかごバッグ、フラットシューズでリラックスムードに。▶記事の詳細はこちら【10位】お仕事バッグは肩がけできて収納力抜群の“B4サイズ”がちょうどいい!思わず自慢したくなる高機能。ビジネスバッグのお手本。中にも外にも大小のポケット、キャリーにセットできる仕様など充実の機能性。ポーチ、ストラップつき。▶記事の詳細はこちら【11位】合わせる色の濃淡を選ばないから使える!大人にオススメの差し色「グリーン」「トレンドのアースカラーから派生したグリーンは、こっくりとした深い色を選ぶと、カーキの延長で使えて、取り入れやすいです。黒やネイビーとも相性がいいからふだん色を手に取らない人にもおすすめ。スタンダードな服をグリーンに変えるだけでいつもとちょっと違う自分を楽しめます。」▶記事の詳細はこちら【12位】今年の冬は改めてダッフルコートが着たい人が続々!大人は「淡色」が狙い目GLOVERALLのダッフルコートは、トグルの位置が横ぎみだったり、取りはずし可能なフードにスタッズがついていたり、王道と革新のバランス具合が絶妙!▶記事の詳細はこちら【13位】2万円台以下の“走れる”5センチローヒール【ベーシックカラー編】全体は漆黒のスエード、爪先のみに黒パテントをあしらって輝きをプラス。こちらも流行のキトゥンヒール。▶記事の詳細はこちら【14位】働くアラフォーの強い味方「腰高ワイドパンツ」のシーン別着こなし具体例ライトグレーのベルテッドフルレングスワイドは、ハンサムな女らしさが持ち味。だからこそ、スモーキーピンクのギャザー入り透けブラウスを合わせても甘くなりすぎず、大人にちょうどいいフェミニンスタイルがかなう。流行のファーつきチェーンバッグや、女っぷりのいい黒ヒールサンダルなど、華やかな小物使いで気分を盛り上げて。▶記事の詳細はこちら【15位】アラフォーの体に合うものだけ!「細身くるぶし丈パンツ」の“細見え名品”スニーカーを履く日こそ、パンツできれいめ感をプラス。撚(よ)りを強くかけた二重織素材で、シワになりにくくかつなめらかな肌ざわりに。ゴムパンには珍しい、豊富なサイズ展開も魅力。▶記事の詳細はこちら【16位】スタイリスト村山佳世子が提案!「大人の名品の楽しみ方」3選もうずいぶん前から、マルジェラは大好きなブランド。エッジのきいたモードなデザインも素敵ですが、シンプル好きの私はもっぱらベーシックなお洋服を選んできました。ですから、つま先が割れた、文字通り「足袋」のようなTabiシリーズが出てきた時、「わ~すごい!」と思いながらも、すぐに飛びつくことはありませんでした。でもそこに、このバレエシューズタイプとの出会い。迷わず白を買いました。いつものバレエシューズと同じ感覚で、いろんなコーディネートに合わせられます。でもそこに必ず、ちょっとした「遊び」が生まれる。この唯一無二の抜け感、Tabiシューズは「新しい名品」と言えそうです。▶記事の詳細はこちら【17位】秋のオフィススタイルはおまかせ!M7daysの新作トップス&ジャケットこれぞ秋冬ワードローブの影の主役! ジャケットのインに、一枚で、週末にはデニムと合わせて、とヘビロテ確実。ネック部分をゆるく編み上げてあるので、首が締めつけられず快適。▶記事の詳細はこちら【18位】リッチブランドのチェーンバッグでエレガントに昇華【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】「これさえあれば」の鉄板バッグは、優しげなキルティングに人気集中!ごくカジュアルなコーデも、サンローランのショルダーでぐっとクールモードな印象に。▶記事の詳細はこちら【19位】1点でスタイルが決まる。2018年秋、ハイブランドのアイコンバッグおしゃれを更新してくれる素敵なバッグが続々と登場!見ているだけで心躍る、ハイブランドから届いた新作アイコンバッグ。一点で持つ人の女性像そのものを決定づける、その存在感はやはり格別。▶記事の詳細はこちら【20位】上品見えも細見えもかなう! 3大人気ブランドのブラックデニム×秋の最旬コーデインディゴよりもきれいめに着こなせて、ほっそり見えると評判のブラックデニムが、この秋おすすめ!よく伸びてよく戻る、新開発のストレッチ素材を使用しているので細身シルエットもノンストレス。さらにももまわりの色落ち加工が脚を立体的に見せてくれる。すっきりとした横顔だからオーバーサイズのシャツと合わせてもスマート。▶記事の詳細はこちら※2018年10月集計 ※商品は販売終了している場合があります
関連キーワード

RECOMMEND