マスクLOVER必見! 美賢者がコスパで選ぶ&一発逆転に愛用しているシートマスクは?

マキアオンライン

「MAQUIA」10月号では、美容賢者たちがどんな時にどのシートマスクを使っているのか、気になる愛用マスクをご紹介。

Image title

マスクLOVER必見!こんなとき、これ使います

美賢者の愛用シートマスク図鑑

デイリー使いも一発逆転にもOK。今、シートマスクラバーが急増中。そこで美容賢者はどんな時にどのシートマスクを使っているのか、気になる愛用マスクを徹底チェック!


惜しみなく使える

美容家 小林ひろ美さん

Q.マスクを使う頻度は?
A.肌が乾燥したり、調子がいまいちだと感じた時にいつも使用。

Q.一番重視してるのは?
A.その時々で補いたいものや、求めている肌状態を、一回の使用でも実感できること。

Image title

「肌の調子がいまいちな時に連日使用してもコスパが良い!」36枚入 ¥1500/グライド・エンタープライズ


ビューティライフスタイリスト 神崎恵さん

Q.マスクを使う頻度は?
A.うるおい不足、ハリ不足など、肌に不足を感じた時はいつも。

Q.一番重視してるのは?
A.肌の内側からうるおいやツヤ、ハリを感じられるようなスペシャル感があること。

Image title


「肌の内側から湧き出るような透明感を湛えた艶肌に」22㎖×4枚入¥1200(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア


ビューティエディター 安倍佐和子さん

Q.マスクを使う頻度は?
A.基本は週1回。夏の間は週2〜3回。特別な日の朝は必ず。

Q.一番重視してるのは?
A.夏の間は美白ケアをテーマに。ルーティンは保湿、特別な日の前はリフトアップ、ハリケアも。

Image title


濃密エッセンスが浸み込んだマスクが28枚も入っているので連日使える」28枚入 オープン価格/資生堂


美容家 山本未奈子さん

Q.マスクを使う頻度は?
A.その時の肌の状態と相談して使用します。

Q.一番重視してるのは?
A.肌力を高めたい時や疲れている時なども、瞬時に肌をリセットしてくれること。

Image title


「つけている間は取れづらく、肌がゆらいでいる時にも使用でき、こっくり潤う」28枚入オープン価格/資生堂


美容家 石井美保さんさん

Q.マスクを使う頻度は?
A.お肌に元気がないなと感じた時にテコ入れとして使用。

Q.一番重視してるのは?
A.つけ心地と速効性。マスクを外した時に肌の違いを実感するとやみ付きに。

Image title

「オイル処方で肌の奥までやわらかくほぐしてくれます」30㎖×5包入¥1500/グライド・エンタープライズ


美容ジャーナリスト 小田ユイコさん

Q.マスクを使う頻度は?
A.原稿を書きながらや、撮影がある日の朝はマスト。

Q.一番重視してるのは?
A.基本原稿を書きながらなので、密着力が高く、すぐに乾いてこないものを選んでいます。

Image title

「赤みやカサつきがおさまって、調子の良い肌が復活」22㎖×4枚入¥1200(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア


美容エディター・ライター 平 輝乃さん

Q.マスクを使う頻度は?
A.夏場、日差しを多く浴びたと感じた日はできるだけ毎日。

Q.一番重視してるのは?
A.夏の間は美白ケアをテーマに。ルーティンは保湿、特別な日の前はリフトアップ、ハリケアも。

Image title

顔にペタリ塗って、コーヒーを入れて飲み終わるまで10分。すぐメイクできる状態に整う」32枚入 ¥1300/BCL


美容エディター 藤井優美さん

Q.マスクを使う頻度は?
A.予定の前日3~5日間はマスクケアをするのが基本。

Q.一番重視してるのは?
A.肌へのフィット感や液ダレしないこと、サイズ感など、マスク中にストレスがないこと。

Image title

「プチプラなのにマスクするとギューッと肌に入っていくような実感がたまらない」1枚(22〜27㎖)¥176〜¥204/ ロハス製薬


美容ライター 長田杏奈さん

Q.マスクを使う頻度は?
A.肌の元気をもうひと押ししたいときなど、週2〜3日使用。

Q.一番重視してるのは?
A.アゲマスク、ながらマスク、リカバリーマスクなど、用途に応じて使い分けています。

Image title

「一定じゃない肌コンディションに合わせて、自由に選べるのが好き」1枚(22〜27㎖)¥176〜¥204/ロハス製薬


【次のページをチェック!】一発逆転!!マスクはこちら!  》》

一発逆転!!

美容家 小林ひろ美さん

Image title

「ふっくら感、透明感、キメ、ツヤなど、どれをとっても最高の肌に!」23㎖×4枚入 ¥11000/エスティローダー


ビューティライフスタイリスト 神崎恵さん

Image title


「なめらかな肌触り、満ちる艶、湧き出るハリ、肌の総合力をぐいっとあげてくれる」26㎖×1枚入 ¥1500/カバーマーク


ビューティエディター 安倍佐和子さん

Image title

「濃密なローズのネクターを注入しているような満足感」28㎖×6枚入¥20000/パルファン・クリスチャン・ディオール


美容家 山本未奈子さん

Image title

「肌への密着力が高く、肌の奥まで潤いで満たされ、ふっくらとしたハリのある肌に」上下4セット入¥36000/ゲラン


美容家 石井美保さん

Image title

「首までシートがつながっていて、一緒にエイジングケアでき、シワっぽさが1回で解消」4枚入 ¥6800/エムスタイルジャパン


美容ジャーナリスト 小田ユイコさん

Image title

「全然乾かないので長時間し続けると、翌朝、嘘のように晴れ晴れとした肌になります」16㎖×6枚入 ¥9000/ランコム


美容エディター・ライター 平 輝乃さん

Image title

「肌をふっくら立ち上がらせてくれる」(クリーム+シートマスク4枚入)¥35000/ヘレナルビンスタイン(9月1日発売)


美容エディター 藤井優美さん

Image title

「使った直後から数日後までキメと透明感へに満ちた肌へと導いてくれる絶対的な効果感に信頼」1 枚入¥1700/SK-Ⅱ


美容ライター 長田杏奈さん

Image title

「潤い、ハリがみなぎり、肌の最高値が瞬時に引き出される」[医薬部外品] 1包入 ¥1800/資生堂インターナショナル


MAQUIA10月号

撮影/橋口恵佑(物) 取材・文/平沢朋子 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


関連記事
  • ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが、夕方以降もいきいきとした印象に見せるお直しテクを伝授! メイク直しを怠った夕方には、毛穴おちやベタつき、テカリで清潔感を失いがち。そんな“ドロドロ肌マダム”は、美容液オイルを肌復活に役立ててみて![ドロドロ肌マダム]からの復活!ファンデーションの進化で、以前のような雪崩(なだれ)現象は減ったものの、直さないまま一日過ごせば、夕方には毛穴落ちや、ベタつき、テカリで清潔感を失いがち。ドロドロ部分を美容液オイルでオフ →ミストで保湿して厚塗り回避「脂取り紙やティッシュで押さえただけでは、汗・皮脂と混ざったドロドロや、毛穴落ちしたファンデーションまではオフできません。夕方ぜひ使ってほしいのが、美容液オイル。ドロドロもオフできますし、同時に保湿もかないます。夕方からの肌復活に最適なのはクッションファンデ。夕方老け脱出のために、ひとつ持っておくと便利です」(広瀬さん)美容液オイルを指にとり、ドロドロ部分になじませる美容液オイルを少量指にとり、毛穴落ちやテカリ部分に、小さな円を描くようになじませる。流れ毛穴を下から持ち上げるようにクルクル。ティッシュで軽く押さえる。 良質なオイルと潤いで、肌疲れをレスキュー。カプチュール ユース インテンス R オイル 30㎖ ¥11,500/パルファン・クリスチャン・ディオール美容液ミストを、少し高い位置から「降らせる」ファンデーションの密着をよくする化粧直し用の美容液ミストを吹きかける。額より高い位置でプッシュすると、ふわりと均一に潤いをまとえる。4プッシュが目安。 ジェリー状の美容液が細かいミストとなり密着。みずみずしいツヤ肌に。ベネフィーク ハイドロミストジーニアス57㎖ ¥2,600(編集部調べ)/資生堂クッションファンデは中ブタで量を調節ドロドロをオフしたところを中心に、クッションファンデをスタンプづけ。パフにとったら中ブタで押さえ、量を調節しながらなじませると、きれいな薄づきに。 ハリのある均一な透明肌に。テカリとは別ものの、いきいきとしたツヤが蘇る。ル ブラン クッション SPF30・PA+++ 全5色 各¥7,500/シャネル広瀬流くずれないベースメイク「朝やるポイント」パウダーファンデーションをブラシづけしておくとドロドロになりにくい!朝はパウダーファンデーションのブラシづけがおすすめ。ブラシにファンデーションをとったら、まず汗、皮脂でベタつきやすいこめかみにトントンと。ブラシに残ったもので額や頰にすべらせるようになじませる。 1.肌当たりが優しく、トントンづけも、すべらせづけもテクニックいらず。コアカバレッジ ブラシ ¥3,500 2.カバー力とヌーディな仕上がりを両立。ベアプロパウダー ファンデーション SPF15・PA++ 全10色 各¥4,200/ベアミネラル毛穴落ちしやすい部分には専用下地を仕込んでおく 1.パウダー状の皮脂コントロール下地。エンリッチシルキープライマー ¥2,500/エトヴォス 2.毛穴を消し、毛穴落ちを防止。タン イドル ウルトラ ウェア ブラー ¥5,000/ランコム NG!毛穴落ちをそのままにお粉バフバフはさらなるドロドロを招く いきなりフェイスパウダーをはたくと、汗・皮脂が混ざった下地やファンデーション、粉が混然一体に。厚塗りで老け見えするうえ、すぐにまたドロドロに。【Profile】 ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん 大人のウイークポイントをなかったことにするメイクテクは天下一品。『スマイルメイク -5歳で引き寄せ力UP!』(世界文化社)も好評。撮影/玉置順子(t.cube) 久々江満 ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/小田ユイコ イラスト/進藤やす子 ※エクラ7月号掲載
  • ただいま子育て真っ最中の美容ライター・大木さんのスキンケアを救ったのはこのアイテムでした2.0.1.8オイルクラッシュウォーターこちらはオイルが配合された化粧液。なのにスプレータイプで塗布方法が簡単という魅力的な一品なんです。何を隠そう現在、片時も目が離せない、年子の育児中。本当に忙しい時などはこれ一本を顔全体にスプレーするだけでお手入れ完了な日も多々あって、手軽だけれどローションよりも保湿力が高いところもありがたい。産後嗅覚が敏感になり、今では五感に素直に働きかけるこんな植物の自然な香りが本当に好き。癒されます!オイル2 :ローション8 で配合された、高機能保湿液。2種のオイルをひとつのナノカプセルに閉じ込めた、世界初のオイルクラッシュ製法を採用。機内持ち込み可能なサイズで、機上保湿にも最適。98㎖¥6,000/Hug&Smile美容ライター 大木知佳さん 【Marisol7月号2019年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
  • \輝きパワーでまなざし強化/ キラキラが盛れるアイシャドウ大賞 | ポイントメイク部門SHISEIDO オーラデュウ プリズム 04 肌、目元、リップなどどこにでもステキなきらめきを♡ ¥3600/SHISEIDO 上品なラメでうるみ目に変身大粒のラメ入りなのに、とても上品。輝きがとても美しく、まぶたにさっと軽くのせるだけで瞳に光が入り、魅力的なまなざしに! (中山さん)。 イヤリング¥5500/ステラハリウッド 〈20歳のカワイイを知り尽くした最強審査員!(五十音順)〉 ●美容ライター 浦安真利子さん ●美容エディター 小川由紀子さん ●ヘア&メイク 河嶋希さん(io) ●ヘア&メイク 北原果さん ●ヘア&メイク KUBOKIさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク Georgeさん ●美容ライター 通山奈津子さん ●ヘア&メイク 中山友恵さん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 野口由佳さん(ROI) ●ヘア&メイク paku☆chanさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 林由香里さん(ROI) ●美容ライター 松井美千代さん ●トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん ●美容エディター 森山和子さん ●美容コーディネーター 弓気田みずほさん ●ヘア&メイク 吉﨑沙世子さん(io) ●non-no美容担当 編集K・編集H モデル/鈴木ゆうか 撮影/神戸健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル 撮影協力/UTUWA 
  • “ツヤ”が気分の今期を象徴するアイテム! 「MAQUIA」8月号から、2019年上半期のベスト・メイクアップ大賞を、多くの美容賢者が惚れ込んだその声とともにお届けします。 ベスト・メイクアップ大賞光を集め、眩しいほどの 輝きとカラーを唇に選んだのは・・・ 安倍 伊藤 長田 加藤 河北 神崎 木下 KUBOKI 齋藤 George 清田 芹澤 髙橋美智子 高見沢 巽 千吉良 長井 paku☆chan 火箱 藤井 藤原 松本 山崎 山下 湯田 吉田昌佐美 吉田百合 若菜512点シャネル ルージュ ココ フラッシュ 各¥4000ワンストロークで叶う輝きと鮮やかな発色。戻ってきた「唇にツヤ」と、「快適性の追求」というトレンドど真ん中のリップスティックは、27色の圧巻のカラーバリエーション。誰もが必ずお気に入りのシェードを見つけられるはず。まばゆい光に包まれながらも、色も輝きも唇から浮かずに溶け込んで、隠しようもない品格が漂うのも多くが惚れ込んだ理由。気分に合わせて選べるよう、何色も手に入れたくなる。ここが自慢!シャネル PRディレクター 増川美和さん□“ツヤ”が気分の今期を象徴するアイテム。豊富なカラーが揃う。 □リップバーム要らずのツヤツヤな仕上がり、保湿成分によるなめらかさも自慢。美容エディター 松本千登世さんが解説!百人百様の顔を楽しめる時代への、牽引役シャネルのルージュ ココ フラッシュが大賞に輝いたのは、女性たちが真の自分らしさに目覚め、「自信」と「自由」を手に入れた証に違いないと感じました。ここのところ続いていたリップコンシャスブームは、赤だったり、マットだったりと、どこか一方向に向かうもの。そうでなくちゃ、お洒落に見えない、モテも叶わない……、と。でも、ルージュ ココ フラッシュの誕生は、そのムードとはまったく違う次元で、本能と個性に正直に、「もっとあなただけのメイクを楽しみましょう」という新鮮なメッセージをくれた。シアーな発色、艶めく輝き、滑らかなつけ心地は、ヌーディなベイビーピンクもいい、パッションを感じるレッドもいい、フェミニンなコーラルもモードなブラウンも、と27色すべてにわくわくさせられる。ファッションやトレンドに翻弄されすぎることなく、インスタ映えや男性受けだけを狙うでもなく。自分らしさを軸に、もっともっと女性たちが解き放たれて、百人百様の顔や美しさを心底楽しめる時代がやってきた! その火付け役になる気がしてならないのです。「グロスなみの軽さと輝きでも高発色で、美しい色揃い。ひと塗りで表情が華やぐ」 ――千吉良恵子さん 「柔らかい塗り心地なのにしっかりと色づき、上質なツヤ感がまさに旬」 ――KUBOKIさん 「品のあるウルウルとした唇に。光が当たるとみずみずしく輝く」 ――藤原美智子さん 「カジュアルなのにちゃんと上品。ツヤ感、色づき、すべてが絶妙でオシャレ!」――paku☆chanさん「形よりも唇の質感、風合いこそがにぎる存在感。色を最大限引き立てながらも、さらなる美しさを狙える」 ――神崎 恵さん 「ひと塗りでつややかな唇。単色でも組み合わせでも使える『今』なリップ」――河北裕介さん「クリアなツヤと輝き。こなれ感と華やかさを両立しドレスにもTシャツにも映える」 ――長田杏奈さん「大人っぽいツヤ感が唇に品格を。うるおいももたらす、ポーチの必需品」 ――安倍佐和子さんMAQUIA8月号撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 岡﨑恒彦 橋口恵佑(製品) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/コギソマナ〈io〉(モデル) 山本瑶奈(製品) モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/巽 香 構成/火箱奈央(MAQUIA)【MAQUIA8月号☆好評発売中】
  • 開発構想15年を経て、ついに誕生した極限美容液を多くの美賢者が絶賛! 「MAQUIA」8月号から、2019年上半期のベスト・スキンケア大賞に輝いた「オバジC25セラム ネオ」をご紹介します。ベスト・スキンケア大賞実現不可能だった ビタミンC濃度25%を実現選んだのは・・・ 安倍 石井 伊藤 犬木 鵜飼 岡部 長田 小田 小田切 風間 柏谷 加藤 神崎 木下 倉田 小林 齋藤 清田 芹澤 平 貴子 髙橋美智子 高橋里帆 高見沢 巽 谷口 轟木 中島 野崎 萩原 火箱 藤井 藤原 前野 松井 摩文仁 水井 森山 山崎 山下 山本 弓気田 湯田 吉田昌佐美 吉田百合 若菜761点オバジC25 セラム ネオ 12ml ¥10000/ロート製薬毛穴やシミ、ハリ、キメ、シワなどにマルチにアプローチするビタミンC。そんなビタミンCは、濃度が高くなるほどエイジングへの効果がアップするとあり、オバジがその限界に挑戦。開発構想15年を経て、ついに極限美容液が誕生した。何より美容賢者の心をつかんだのは、その早い効果実感。個々の肌悩みへスムーズに働きかけ、結果を出すその仕事っぷりにほれ込み、リピートする人が続出中!ここが自慢!オバジ PR 阿部由美子さん □評判の高かったオバジC20セラム以上の効果実感をもつ美容液が完成。 □約15年の歳月をかけてビタミンCを安定化させる技術を確立。美容エディター 安倍佐和子さんが解説!規格外の効果で美容の歴史に残るであろう傑作 美白ケア? 美肌ケア? それともエイジングケア? いいえ、それらすべてを包括しながら、私たちの常識をはるかに超えた次元で、“今期最高峰”といえるのが、ロート製薬のオバジC25セラム ネオだろう。安定配合は至難の業といわれるピュアビタミンCを前代未聞の史上最高濃度、25%配合に成功。15年もの歳月を費やし、完成した極限美容液だ。オバジC25セラム ネオ誕生以前は、20%以上の高濃度ビタミンCが肌にどんな効果をもたらしてくれるかは未知の世界。高濃度であるがゆえに使い心地の良さを諦めなくてはと思っていたのに、それがどうだろう、使用感に一切のストレスなし。むしろ浸透力の良さは感動的なほど。目の前にあるのは、私たちの想像をはるかに超えるドラマチックな肌効果だけなのだ。毛穴にシミ、ハリやキメ、シワなどあらゆるエイジングのサインまで。きっと、ビタミンCの強靱なパワーに改めて開眼した人も多いはず。オバジC25セラム ネオは、性別や年齢を超え、あらゆる現代人の肌に奇跡をもたらす傑作といっても過言ではない。「これさえあれば、生涯〝老けない肌〟で過ごせる予感」 ――小田ユイコさん 「くすみ、頬のダレ毛穴、しぼんだキメが一掃! 今期もっともパワーを実感」 ――弓気田みずほさん 「ビタミンCの効果をこれほどまでに感じられるものはかつてなかった」 ――貴子先生「限界濃度25%の威力をひしひしと毎日実感。もうないと不安なぐらい」 ――石井美保さん 「肌質を選ばず、全方位で肌クオリティが底上げされる実感大」 ――平 輝乃さん 「今年、最速で肌の変化を実感したスーパー美容液。使うのをやめるのが怖い」 ――摩文仁こずえさん「ビタミンCが〝万能美肌薬〟であることを再確認させてくれたアイテム」 ――加藤智一さん「ビタミンCをここまで濃厚に閉じ込めたセラム、前代未聞!」 ――山本未奈子さんMAQUIA8月号撮影/大原敏政(角版) 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/木下理恵(MAQUIA)【MAQUIA8月号☆好評発売中】
  • Bom dia マキアトップブロガーpinkmimiです♫ インスタグラムを見て下さっている方はご存じだと思いますが、6月初めからブラジルへ来ています♫こちらにきてから、はじめましての人に必ずと言っていいほど言われること お肌がきれい!美容ブロガーにとって最高の褒め言葉でとっても嬉しいことです♫地域にもよると思うのですが、  滞在している町では日焼け止めを塗るという習慣があまりないそう。なので私くらいの年齢のになると60歳くらいのシミが出没している人も多いことに驚きました。肌老化の8割を占めるといわれる紫外線!紫外線対策はやはり美肌に必須だと再認識。こちらを持参しています。マキアビューティオフ会のお土産でただいたこちらU・vlock 30日分 6,500円【税抜】愛用中のピーリング石鹸“スキンピールバー”を取り扱うサンソリットから発売され、マキアでもおなじみ美容家 "石井美保"さんも著書にてご紹介されています。少し大人価格だけど、絶対シミにしたくない!リカバリー時間がかかる大人女子は紫外線指数高い時期だけでも飲みたいですね。U・vlockの何が良いかって1日1粒でよいから手軽に始められるところ。何粒も飲まないといけないとなると他のサプリとの飲み合わせ時間も気になりますしね。一粒で24時間紫外線からお肌を守ってくれると臨床実験でも証明されているみたい。 こまめに塗り直しが出来ない日も、忙しい朝も飲んでおけば安心です。 続きます》》》主成分はグレープフルーツ由来のシトラス成分&ローズマリー由来のハーブ成分。ビタミンCやビタミンDなど美肌成分にUVケア成分250mgを配合。皮膚科クリニックのみで取り扱い、よく耳にする成分なので安心してます。移動時間が長くマメに塗り直しができないのと、環境の変化で日焼け止めが合わないってこともあったらいけないと思い肌負担を避けたかったのでU・vlockが大活躍!毎日ノースリーブでお散歩してるけど、日焼け止めとサプリのW攻めで"焼けないねぇ"と言われるし、自分でもそう感じるから効いてるのかな♡Instagram (♡をタップ)お気軽にフォローいただけるとうれしいです♫
  • 歯科の専門的治療以外にも、日々のケア、歯に対する考え方を変えていくことも大事です。OurAge世代が意識すべきポイントを佐藤由紀子先生と天野聖志先生のお二人に挙げてもらいました。未来の健康のために今から実践を!Yukiko Sato佐藤由紀子さんナグモ歯科 赤坂クリニック副院長、歯科医師。予防歯科を中心に嚙み合わせ、審美歯科、歯科カウンセリングを行う。日本アンチエイジング歯科学会理事。著書に『「口もと」をキレイにすれば120%美人に見える』(大和書房)。http://nagumo-akasaka-perio.comKiyoshi Amano 天野聖志さん天野歯科医院院長、歯科医師。米国歯学修了、米国補綴歯科学会認定医、ドックベストセメント認定医、国際歯科学士会フェロー。メディアにも数多く登場。『歯を削らない、抜かない、だから痛くない、むし歯・歯周病の治し方』(現代書林)も話題。https://amanodental.com/痛くなってから診療はNG。 3カ月に一度はメンテ受診を歯科医院は苦手、と痛くならないと行かない人が多いのでは。「でも、年齢を重ねるほど、歯周病も増えます。嚙み合わせも悪くなり、プラークもたまりやすくなります。3カ月に1回はプロにチェックしてもらい、プラークの除去が必須ですね。また、過去に治療した歯が傷んでもろくなっている世代でもあるので、メンテナンスでそうした部分もきちんとケアしてもらうことも、忘れずに行うといいでしょう」(天野先生)歯も更年期も同時にケア、が理想的OurAge世代は、頭痛、肩コリ、めまい、耳鳴り、イライラ、口が乾くなどの症状が出やすい特徴があります。「実は、これらの更年期にありがちな不定愁訴と同様のことが、"嚙み合わせの悪化"でも起こります。ですが、更年期による症状とも考えられるため、見極めにくいのがこの世代の特徴です。婦人科でのHRTなどの処方、歯科領域のケア、ストレスの対処というように複合的にケアを考えることも大事ですね」(佐藤先生)Lがつく言葉で、 "Lポジション"トレーニング「嚙み合わせが悪かったり、ストレスがあると人はくいしばります。すると歯や顎がく関節に負荷を与え、筋肉が緊張→血行が悪化し、痛みが生じます。そこでくいしばらないように舌をいつもリラックスポジションのLの発音の形をキープします。Lは、上前歯の裏に軽く舌先をつける位置。私は、Lポジションと呼んでいます。キープするだけでなく、Love、LuckyなどLがつく幸せな言葉で笑顔をつくるのもおすすめです」(佐藤先生)普段、口の中で舌先はどこについていますか? 上の歯の付け根なら正常ポジション。でも、舌の位置が落ちていたら、口内劣化は始まっています。舌力をつけるLポジショントレーニングを。次回は、”口内劣化”を食い止めるトレーニングをご紹介します。イラスト/内藤しなこ 取材・原文/伊藤まなび
  • 毎日使うものだからこそ、徹底的にこだわりたい! 人生のパートナー 化粧水大賞化粧水は洗顔後、真っ先に肌になじませるものだからこそ自分にとってベストのものを使いたい! そこで、美容のプロたちに「これまでに出合った最愛の化粧水」を徹底取材しました!!審査員のみなさま ※50音順ヘア&メイクアップアーティスト 甲斐美穂さん 河嶋 希さん paku☆chanさん美容エディター&ライター 石橋里奈さん 浦安真利子さんMORE編集部編集アツ(全22名)肌が急に敏感になると不安になるもの。評判がよくて効果が確実なものを知っておいて、ゆらぎ肌への備えを万全にしておこう!1 ディセンシア アヤナス ローション コンセントレート125㎖¥5000低刺激なのにエイジング効果も期待できる欲張りな化粧水(河嶋 希さん)ストレスが皮膚温の低下を引き起こし、バリア機能が低下。外部刺激を受けやすくなりエイジングが加速……といった一連の負のスパイラルに、血行促進、抗炎症、コラーゲン産生促進などの成分で、ストレス×エイジングケアを実現! 「肌がどうにもピリピリする日の駆け込み寺的存在。痛いほど乾燥している時も使え、ごわついた肌を整えます」(甲斐さん)2 オサジ フェイシャルトナー「ムク」200㎖¥2100/日東電化工業30代に突入して、人生で初めて経験した敏感肌を救ってくれた!(浦安真利子さん)角質細胞の仕組みにそって、ミネラルたっぷりの温泉水で製造。肌自体が水分を抱きかかえられる機能を回復させ、タンニン酸が活性酸素を吸収して毛穴をキュッと引き締める! 「さっぱりとしたテクスチャーですが、数回重ねてつけるとしっとり! 保湿力が高まるから、その日のコンディションに合わせてつけ方をカスタマイズします」(編集アツ)3 キュレル 化粧水 Ⅲ[医薬部外品]150㎖¥1800(価格は編集部調べ)/花王生理前や寝不足が続いた時にハンドプレスで入れ込みます!(石橋里奈さん)肌荒れやカサつきを繰り返しがちな乾燥性敏感肌のための『キュレル』はアルコールフリー、弱酸性、無香料、無着色がうれしい。ユーカリエキスがじっくり浸透しうるおいを与え、肌荒れしにくく。「調子がイマイチな時のモデルさんの肌もしっかり保湿できます。あとに引きずらないテクスチャーなので、思う存分使えるのも利点」(paku☆chanさん) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/浪花真理子 撮影/恩田はるみ スタイリスト/大島有華 撮影協力/AWABEES UTUWA
関連キーワード

RECOMMEND