• 映画「クレイジーリッチ」の影響でどうしてもシンガポールに行きたくなり、一泊二日で旅行してきました。 丸1日かけて出かけたスポットとお買い物情報をお届けします。こちらは後編です!オーチャードのDFSへ移動して、shopping♪シンガポール旅行後編です!さてさてチャイナタウンから戻り、一旦ホテルに荷物を置いて、次はホテル隣のDFSへ。ローファーがあったら欲しいなぁ、くらいで覗いてみたのですが、ブランド数も品揃えもよくて結局こちらでも購入。GUCCIのローファーと迷っ担ですが、フェラガモのスリッポンを購入しました!リボンがかわいい!これからの季節にヘビロテ決定です。TWGで自宅用の紅茶とマカロンを購入♪夕飯まで時間があったので、せっかくだからシンガポールの紅茶ブランドTWGでお茶したい!と思い、IONオーチャード内にあるTWGを訪れたんですが、さすがアフタヌーンティーのお時間。超混雑でティータイムを早々に諦め、自宅用の紅茶とマカロンを購入しました♪通常のお茶も美味しいんですが、せっかくなのでクリスマスブレンドに!フルーティーなお味のブレンドでした。美味しい!そしてマカロンは、全種購入!こちらもクリスマス限定のマカロンも!うちに帰って紅茶と一緒にいただきました。贅沢なお味♡夕飯はIONオーチャードにあるフード・オペラで!シンガポールの人は、朝、昼、晩全て外食するのがスタンダードということで、どの時間帯もお店は大混雑!お昼もフードコートだったけど、夜もフードコートをチョイス。今回は食よりも手軽に食べられて時間を節約することを優先しました。で、フード・オペラでいただいたのだラクサ!シンガポールに来たならどうしてもラクサを食べたいと思っていたので、ホテル近くで探して行きついたのがここでした。思ったより辛くなく、ちょっと甘めで日本人にも合うお味でした。マリーナ・ベイ・サンズのSPECTRA〜光と水のシンフォニー〜へこの時点で19時を過ぎていたので、マリーナ・ベイ・サンズで毎晩行われているSPECTRA〜光と水のシンフォニー〜を観に行くために地下鉄をかっ飛ばします!このショーは、20時と21時の2回行われているそうで、私は20時の回が間に合わなかったので、21時の回を観ました。それまではマリーナ・ベイ・サンズの中をウィンドウショッピング。すでにクリスマス感が満載でツリーや装飾がキラキラ!そして時間が近づいてきたので、外に出て場所取り!と思ったのですが、それほど大混雑でもなく、運よく真ん中の前の方に座ることができました。ショーの間は何度も光の色が変わったり、噴水の中を光の鳥が舞ったり見とれてしまいました。音楽も壮大で、あっという間の15分間でした。まだ元気があったら、マリーナ・ベイ・サンズの55階にあるチーズ & チョコレートバーにも行ってみたかったんですが、それはまた次回の機会に・・・!早朝から動き回って、すごく長い1日でしたが大満喫!たった1日でもこれだけ満喫できるので、今度はまたゆっくり落ち着いて行きたいと思います♪最後に、チャンギ空港のラウンジでまたラクサを食べて帰りましたw
  • ハーブを飲んでストレスケアにも♡こんにちは。寒くなってきましたが、皆さま体調は大丈夫ですか?うちの近くの学校ではすでにインフルエンザで学級閉鎖のところも。フィトテラピーを勉強中の私は試したいハーブやアロマはたくさんありますが、今の時期にオススメなのはエキナセア!免疫力を高め抗菌力のあるキク科のハーブ。風邪予防だけでなくストレスケアにも良い。昔はハーブティーの匂いも味も好きではなかったのに、今はホッとする。飲んで癒され、さらに自然治癒力を高めてくれるなんて、植物の自然の恵みに感謝です。皆さまもよかったら飲んでみて下さい^ ^
  • LEEオフィシャルブロガー100人隊のブログより、今もっともHOTな4記事をお届けします。 今回は服からクリスマス関連アイテムまで、お買い物クリップが4記事揃いました! <今日のお買い物> ■008 なもさん「顔色アップの12closetニットと、リヨンちゃんとデートのお話」 【福田麻琴さんコラボ】【洗える】Aラインホールガーメントニットを購入しました。 LEEパーティのとき、LEEマルシェ試着コ
  • リースの代わりに、クリスマスカラーのフレッシュレイを作りました♪わが家のクリスマスのテーマはハワイアン。本来であれば、首元に掛けるレイですが、部屋に掛けておくだけでも、フレッシュレイから漂う香りに癒されます。ラフィアという天然素材のヒモに、バランスを考えながらくるくると巻き付けていくwiliスタイルのレイを作りました♪そして〜ハワイアン熱が止まらず、少しお休みしていたハワイアンキルトを復活!(私にとっては)大作に手を出してしまったので、進みの遅いこと…。そんな私を見捨てずレクチャーくださる先生に感謝♡お正月ではかどるかなぁ…。冬ごもり、チクチクがんばります❣️Mele Kalikimaka✨
  • 寒い日本を離れて、暖かいアジアで心身をリフレッシュ! トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんが、冬から春にかけておすすめのデスティネーション・モルディブへの旅を全5回でリポート。前回に引き続き、モルディブ渡航で利用 […]
  • 寒い日本を離れて、暖かいアジアで心身をリフレッシュ! トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんが、冬から春にかけておすすめのデスティネーション・モルディブへの旅を全5回でリポート。前回に引き続き、モルディブ渡航で利用 […]
  • 「声のアンチエイジング」にまつわる情報には、ウソかホントかわからないものが多いもの。 今回はエクササイズ系のウワサについて、真偽をジャッジ!     ●腹式呼吸だけで老化防止になる →ホント &nbs […]
  • わんこLIFE ポール & ケイトのデイリーライフ #11「ケイトのお顔アップ! 何かを考えてる様子だね。お散歩のこと? それともゴハンのことー?」ポールなまえ:ポール&ケイトポール(左):2009年9月に家族の一員になった保護犬のポール(男の子/推定年齢13歳)。お医者さん曰く、マルチーズとミニチュアダックスのMIX犬です。とにかく甘えん坊で、ドライブとお散歩が大好き!ケイト(右):2017年5月にポールの妹として家族の一員になった保護犬のケイト(女の子/7歳)。穏やかな性格のヨークシャテリア(にしては体が大きい)。ポール兄ちゃんが大好きで、足がとっても速いです!
  • 12月の前半、鎌倉に滞在していました。鎌倉へは、しょっちゅう遊びに行っている我が家ですが、今回の目的は、観光ではなく、、、12月の前半、鎌倉に滞在していました。鎌倉へは、しょっちゅう、遊びに行っている我が家ですが、今回の目的は、観光ではなく、、、「暮らしのお試し!!」実は、今、本気で鎌倉に移住しようと思っておりまして、ならば、数日、試しに暮らしてみよう!ということになったのです。ですから、今回は、ホテルではなく、一軒家のゲストハウスに仮住まい。私は、普通に、料理や洗濯もし、夫は、鎌倉から都内へ出勤^^;子どもたちは、毎日、公園へ行く感覚で、海辺で遊ぶ。日常であり、日常でないような、、、面白い経験となりました^^「人生で、これやってみいたいな!」と思うことは、たくさんあるけれど、私の場合、海のそばに住む、もその一つ。数日、暮らしてみて、一つわかったのは、案外、やろうと思えば、できるなってこと^^鎌倉は、海あり、山あり、自然豊かで、江ノ電の走る景色は、ノスタルジックな雰囲気もあり、体験してみたことで、住んでみたい〜!という気持ちはより強くなった。さぁ、ここから!この「やってみたい」を叶えるために、具体的に動いていきます^^
  • アラフォーともなれば肝も据わってインド出張も楽しめたりします('ω')ノインド出張と言うと90%の人が眉をひそめて大変だね、とか大丈夫?とか聞かれるのですが、アラフォーともなれば肝も据わるもの。。。私は割と楽しめちゃう方です。さすがに自分の身は守りつつですが、今回は街に繰り出してみました。さて、私は2度目のムンバイ。弊社の支店は2か所あるのであちこちへ。距離的にはとっても近いのに渋滞のせいで片道1時間とかかかってしまいます。移動は危ないので手配した車を使います。インドではいつもホテルと会社の往復ばかりでしたが、今回は繁華街へ出かけてきました。さすがイギリス領だっただけあって、イギリスの雰囲気が色濃く残る建造物がたくさん。それでも夜8時くらいに出歩く女性は少なく、ドライバーさんに「女性が本当に少ないですね」と話してみたところ、女性は配偶者と出歩くのが普通なのだそう。旦那さんを置いて出張に来てしまった私は失笑するばかり。ちなみにインドのライトアップは全体的に暗くってしかも色んな色でド派手にライトアップされていました。赤青黄色と様々な色に怪しく輝くムンバイの夜。更にドライバーさんが「タージマハール」と何度も言うので「いやいや、タージマハールがここにないことくらい私にはわかるよ」と思っていたら、タージマハールという名前の有名ホテルだったそうで、しかも数年前に同時多発テロの現場となり200名弱が亡くなった現場でした。英語ができるだけでなく、危険地域をよくわかっている方ならオススメしますが、けっこうな危険地域でございました。インドではいまだにおなかを下したことはなく、すられたこともなく、税関では2時間近く待たされるのでいつもイライラしてしまいますが、それ以外は本当に快適で皆さん本当にお世話好き。今回はカレーのガラムマサラを買おうとショッピングセンターに向かったのですが、レートがよくわからず、米ドル換算をお願いしたら、お店中10名ほど全員で調べてくれるという感動の対応。結局一番最初に売り子のお姉さんが言った額が正しかったということで一件落着しました。カレースパイス100gが400円でしたwこんな危険な出張が必要かどうか知りませんが、ママになっても仕事を続けるってとっても楽しいんです。ってことをお伝えしておきます。
  • 小さな工夫と引き算の料理でシンプルながらエレガントな味に。料理とシャンパーニュがお互いに引き立て合う最強のマリアージュレシピを料理家・平野由希子さんが提案! タルタルステーキの切り落としを締めのごはんに。牛肉と春菊の混ぜごはんタルタルステーキの切り落としを締めのごはんに。熟成感ある大徳寺納豆の塩味がアクセント。なければ塩昆布でも。材料(4 人分)ごはん....................... 茶碗4杯分タルタルステーキで切り落とした肉春菊...............................2/3束しょうゆ、みりん.........各大さじ1塩.................................... 少々大徳寺納豆.........................適量作り方1.切り落とした肉は1㎝程度の角切りにする2.フライパンにしょうゆ、みりんを熱し、煮詰まってきたら1を加えてからめる。3.春菊は軸と葉を別にして、塩ゆでし、小口に細かく刻む。塩をふって2 〜 3分おき、水気をしっかり絞る。4.温かいごはんに2、3を加え混ぜ、大徳寺納豆を添える。合わせたいおすすめシャンパーニュ(右)ドメーヌ・ルネ・ジョフロワ プルミエ・クリュ・キュミエール・ロゼ・ド・セニエ1600年代からぶどう栽培も手がけるジョフロワ家。シャンパーニュ地方で最も日照時間の長さを誇り、黒ぶどうの濃密な熟成感は秀逸。「セニエ方式で造られるロゼは複雑妙味で、世界一のロゼと称賛されているほど。食中酒に最適です」(平野さん)。¥8,500/ヴァンパッシオン 問☎03・6402・5505(左)アグラパール ブラン ド ブランテロワール エクストラ ブリュット自然と対話しながらの畑仕事を行い、醸造には極力手を加えないテロワール至上主義の生産者による、シャルドネだけで造られた一本。「ぶどうの熟成度が高く加糖を最小限にした、白ワイン感覚でいただけるブラン・ド・ブランの銘品です」(平野さん)。1本¥11,000/豊通食料 問☎03・4306・8539教えてくれたのは……ひらの ゆきこ●料理研究家。フレンチとワインをこよなく愛し、各メディアでシンプルでおいしいレシピを紹介。飲食店のプロデュース、企業の商品開発も。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。’17年フランス農事功労賞シュバリエを叙勲。ワインバー『8huit.』オーナー。平野由希子・年末の華やぐフレンチレシピ 記事一覧撮影/三木麻奈 スタイリスト/肱岡香子 取材・文/北村美香
  • 小さな工夫と引き算の料理でシンプルながらエレガントな味に。料理とシャンパーニュがお互いに引き立て合う最強のマリアージュレシピを料理家・平野由希子さんが提案! 今回は力強いロゼシャンパーニュと味わいたい、素材の味が生きたタルタルステーキをご紹介。タルタルステーキ牛肉を切ったら、たたいたり練ったりは御法度。調味料は最小限に。素材の味を生かした料理に華やかで力強いロゼシャンパーニュが合う!材料(4 人分)牛赤身肉(もも、ランプなど)..........400gルッコラ.......................................適量パルミジャーノチーズ......................適量オリーブオイル..............................適量塩、黒こしょう........................... 各少々ウスターソース...........................2〜3滴マスタード....................................適量作り方1.牛肉は焼く直前まで冷蔵庫に入れておく。焼く前に水気をキッチンペーパーでふく。2.フライパンにサラダ油(材料外)を熱し、塩、こしょうはせずそのまま強火で牛肉の表面を焼く。すべての表面に焼き色がついたらアルミホイルで包み、すぐに冷凍庫に入れて、1時間ほど冷やす。3.まわりの焼いた部分を削ぎ落とす(削ぎ切った部分は混ぜごはんに使う)。4.赤身肉を薄切りにし、細切りにしたあとに細かく切る。粘りが出てしまうので、たたかない。5.4にオリーブオイル、ウスターソース、塩、黒こしょう少々を加え混ぜる。6.皿に平たく盛りつけ、ルッコラ、ピーラーで削ったパルミジャーノチーズをのせ、オリーブオイルを回しかけ、塩、黒こしょうをふり、マスタードを添える。合わせたいおすすめシャンパーニュ(右)ドメーヌ・ルネ・ジョフロワ プルミエ・クリュ・キュミエール・ロゼ・ド・セニエ1600年代からぶどう栽培も手がけるジョフロワ家。シャンパーニュ地方で最も日照時間の長さを誇り、黒ぶどうの濃密な熟成感は秀逸。「セニエ方式で造られるロゼは複雑妙味で、世界一のロゼと称賛されているほど。食中酒に最適です」(平野さん)。¥8,500/ヴァンパッシオン 問☎03・6402・5505(左)アグラパール ブラン ド ブランテロワール エクストラ ブリュット自然と対話しながらの畑仕事を行い、醸造には極力手を加えないテロワール至上主義の生産者による、シャルドネだけで造られた一本。「ぶどうの熟成度が高く加糖を最小限にした、白ワイン感覚でいただけるブラン・ド・ブランの銘品です」(平野さん)。1本¥11,000/豊通食料 問☎03・4306・8539教えてくれたのは……ひらの ゆきこ●料理研究家。フレンチとワインをこよなく愛し、各メディアでシンプルでおいしいレシピを紹介。飲食店のプロデュース、企業の商品開発も。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。’17年フランス農事功労賞シュバリエを叙勲。ワインバー『8huit.』オーナー。平野由希子・年末の華やぐフレンチレシピ 記事一覧撮影/三木麻奈 スタイリスト/肱岡香子 取材・文/北村美香
  • 小さな工夫と引き算の料理でシンプルながらエレガントな味に。料理とシャンパーニュがお互いに引き立て合う最強のマリアージュレシピを料理家・平野由希子さんが提案! 塩味の衣でシンプルに味わう大人味の牡蠣フライはシャンパーニュにぴったり。牡蠣フライ衣の卵に塩味を加えるのが味の決め手。添えるのはシンプルな卵サラダだけ。ソースも添えず、大人味のフライがシャンパーニュにぴったり!材料(4 人分)牡蠣(加熱用)...........................400g薄力粉、卵、生パン粉................. 各適量塩.......................................小さじ1/2揚げ油.........................................適量卵サラダ卵.............................................. 2個マヨネーズ...........................大さじ1/2塩、こしょう.............................各少々レモン.....................................1/4個作り方1.卵は水からゆで、沸騰してから11~12分ゆでる。白身と黄身を分ける。白身1個分は残し、黄身2個と白身1個分を使う。白身はなるべく細かく切り、黄身とともにマヨネーズ、塩、こしょうを加えてよく混ぜる。2.牡蠣は片栗粉と塩(ともに材料外)をふり入れてもみ、水をかえて何度か洗う。3.卵をよく溶きほぐし、塩小さじ1/2を加え混ぜておく。4.牡蠣を薄力粉、3、生パン粉の順につけて、180℃の油で揚げる。5.揚げたてのフライに1の卵サラダ、切ったレモンを添える。合わせたいおすすめシャンパーニュ(右)ドメーヌ・ルネ・ジョフロワ プルミエ・クリュ・キュミエール・ロゼ・ド・セニエ1600年代からぶどう栽培も手がけるジョフロワ家。シャンパーニュ地方で最も日照時間の長さを誇り、黒ぶどうの濃密な熟成感は秀逸。「セニエ方式で造られるロゼは複雑妙味で、世界一のロゼと称賛されているほど。食中酒に最適です」(平野さん)。¥8,500/ヴァンパッシオン 問☎03・6402・5505(左)アグラパール ブラン ド ブランテロワール エクストラ ブリュット自然と対話しながらの畑仕事を行い、醸造には極力手を加えないテロワール至上主義の生産者による、シャルドネだけで造られた一本。「ぶどうの熟成度が高く加糖を最小限にした、白ワイン感覚でいただけるブラン・ド・ブランの銘品です」(平野さん)。1本¥11,000/豊通食料 問☎03・4306・8539教えてくれたのは……ひらの ゆきこ●料理研究家。フレンチとワインをこよなく愛し、各メディアでシンプルでおいしいレシピを紹介。飲食店のプロデュース、企業の商品開発も。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。’17年フランス農事功労賞シュバリエを叙勲。ワインバー『8huit.』オーナー。平野由希子・年末の華やぐフレンチレシピ 記事一覧撮影/三木麻奈 スタイリスト/肱岡香子 取材・文/北村美香
  • 小さな工夫と引き算の料理でシンプルながらエレガントな味に。料理とシャンパーニュがお互いに引き立て合う最強のマリアージュレシピを料理家・平野由希子さんが提案!苦味と甘味、ナッツのクリスピーな食感でシャンパーニュがすすむおもてなしサラダを。洋梨とチコリのサラダフルーツとシャンパーニュはグッドコンビネーション。苦味と甘味、ナッツのクリスピーな食感でシャンパーニュがすすむおもてなしサラダ。材料(4 人分)チコリ.............................................1個クレソン..........................................2束洋梨...............................................1個ロックフォールチーズ........................50gクルミ........................................5~6粒オリーブオイル........................... 大さじ2ワインビネガー............................小さじ2塩、こしょう.................................各少々作り方1.チコリは葉をはがし、食べやすい大きさに斜め切りにする。クレソンはザク切りする。洋梨は皮をむき、いちょう切りにする。クルミは1粒を3〜4片に手で割る。ロックフォールチーズは手でほぐす。2.食べる直前に、1の野菜と洋梨、ロックフォールチーズをオリーブオイル、ワインビネガー、塩、こしょうであえる。器に盛り、クルミを散らす。合わせたいおすすめシャンパーニュ(右)ドメーヌ・ルネ・ジョフロワ プルミエ・クリュ・キュミエール・ロゼ・ド・セニエ1600年代からぶどう栽培も手がけるジョフロワ家。シャンパーニュ地方で最も日照時間の長さを誇り、黒ぶどうの濃密な熟成感は秀逸。「セニエ方式で造られるロゼは複雑妙味で、世界一のロゼと称賛されているほど。食中酒に最適です」(平野さん)。¥8,500/ヴァンパッシオン 問☎03・6402・5505(左)アグラパール ブラン ド ブランテロワール エクストラ ブリュット自然と対話しながらの畑仕事を行い、醸造には極力手を加えないテロワール至上主義の生産者による、シャルドネだけで造られた一本。「ぶどうの熟成度が高く加糖を最小限にした、白ワイン感覚でいただけるブラン・ド・ブランの銘品です」(平野さん)。1本¥11,000/豊通食料 問☎03・4306・8539教えてくれたのは……ひらの ゆきこ●料理研究家。フレンチとワインをこよなく愛し、各メディアでシンプルでおいしいレシピを紹介。飲食店のプロデュース、企業の商品開発も。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。’17年フランス農事功労賞シュバリエを叙勲。ワインバー『8huit.』オーナー。平野由希子・年末の華やぐフレンチレシピ 記事一覧撮影/三木麻奈 スタイリスト/肱岡香子 取材・文/北村美香
  • 小さな工夫と引き算の料理でシンプルながらエレガントな味に。料理とシャンパーニュがお互いに引き立て合う最強のマリアージュレシピを料理家・平野由希子が提案! まずは白ワインでマリネしたイクラと水きりヨーグルトを合わせたタルティーヌを。イクラのタルティーヌイクラを白ワインでマリネするので、生ぐさみなし! ヨーグルトがイクラとシャンパーニュの橋渡し役に。シンプルな材料で見事にまとまった味わい。材料(4 人分)パンドカンパーニュ........................... 2 枚ヨーグルト......................................150gイクラ(塩漬けまたはしょうゆ漬け)....100gイタリアンパセリ、ディル、万能ねぎ(すべてみじん切り)........ 合わせて大さじ1白ワイン.....................................大さじ1作り方1.ヨーグルトはザルにキッチンペーパーをのせて、6時間〜ひと晩おき、しっかりと水きりする。2.1にイタリアンパセリ、ディル、万能ねぎのみじん切り(万能ねぎは小口切りではなく、みじん切りにすること)を加え混ぜる。3.イクラに白ワインを加え混ぜ、マリネしておく。4.パンに2を塗り、3をのせる。合わせたいおすすめシャンパーニュ(右)ドメーヌ・ルネ・ジョフロワ プルミエ・クリュ・キュミエール・ロゼ・ド・セニエ1600年代からぶどう栽培も手がけるジョフロワ家。シャンパーニュ地方で最も日照時間の長さを誇り、黒ぶどうの濃密な熟成感は秀逸。「セニエ方式で造られるロゼは複雑妙味で、世界一のロゼと称賛されているほど。食中酒に最適です」(平野さん)。¥8,500/ヴァンパッシオン 問☎03・6402・5505(左)アグラパール ブラン ド ブランテロワール エクストラ ブリュット自然と対話しながらの畑仕事を行い、醸造には極力手を加えないテロワール至上主義の生産者による、シャルドネだけで造られた一本。「ぶどうの熟成度が高く加糖を最小限にした、白ワイン感覚でいただけるブラン・ド・ブランの銘品です」(平野さん)。1本¥11,000/豊通食料 問☎03・4306・8539教えてくれたのは……ひらの ゆきこ●料理研究家。フレンチとワインをこよなく愛し、各メディアでシンプルでおいしいレシピを紹介。飲食店のプロデュース、企業の商品開発も。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。’17年フランス農事功労賞シュバリエを叙勲。ワインバー『8huit.』オーナー。平野由希子・年末の華やぐフレンチレシピ 記事一覧撮影/三木麻奈 スタイリスト/肱岡香子 取材・文/北村美香
  • 誰かに贈るだけでなく、自分にも何か迎えたい、そんな時期。 本日はLEE100人隊が最近リアルに買った、この冬のちょっと特別なアイテムをご紹介。 お買い物に出かける前に、ぜひチェックしてみてくださいね!  
  • この時期限定♡“ホリデーコレクション”てトキメキますヾ(*´▽`*)ノ前回のハッピーターン “大人のラムレーズンバター風味”に続きまたまた“期間限定”食べ物ネタです(๑◕ˇڡˇ◕๑)先日、またまた嬉しいお土産を頂きまして、とっても可愛くて嬉しかったのでご紹介いたします。ホノルルクッキーが、オリジナル巾着入りなんです!しかも、ホリデーコレクション!!そう、もちろんこの時期だけの限定!!!(わたしがグアムに行った時期は黄色い巾着でした。お土産にいくつか購入したのに写真撮り忘れてます〜 スミマセン)これからのクリスマスシーズン、ハワイに行かれる方ぜひチェックしてみてくださいね!他にもホリデーコレクションいろいろあるようですよ。いよいよ寒さも本格的クリスマスプレゼントなどもそろそろ準備しなくてはですね。いろいろと忙しい年末みなさま車の運転などにもお気をつけ下さいね。素敵なホリデーをお迎えください。みっきーでした
  • お酒好きにはたまらないこれら、すべてクリスマスのオーナメントです 白い陶器で知られるアスティエ・ド・ヴィラットのデザイナー、イヴァンとブノワが世界中からセレクトしたユニークなオーナメントが、12月末まで表参道のH.P.DECOに勢ぞろいしています。可愛らしいものからなぜこれを…的な謎なものまで、驚くほどのアイテム数!クリスマスツリーのひとクセアクセントになること間違いなしです ✨(編集SH)#astierdevillatte #hpdeco #クリスマスオーナメント #エクラ
  • LEE編集部のお買い物。クロス&クロスオリジナルのキャニスター。 少し前(10月はじめ)のお買い物情報ですみません。雅姫さんのお店、クロス&クロスでガラス作家蠣﨑マコトさんのキャニスターを購入しました。雅姫さんのブログでレモンのシロップが入っている写真を見てときめき、まんま真似させていただきました クロス&クロスのオリジナルサイズとのことで、小さすぎず、大きすぎないサイズが絶妙! この時期いただ
  • 寒い日本を離れて、暖かいアジアで心身をリフレッシュ! トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんが、冬から春にかけておすすめのデスティネーション・モルディブへの旅を全5回でリポート。今回から2回にわたり、モルディブ渡航 […]