【動画】Barbour×LEEスペシャルコラボ ロゴ入り「3ポケットキャンバストート」完成!

LEE

【LEE1月号特別付録】Barbour×LEEスペシャルコラボ!ロゴ入り「3ポケットキャンバストート」完成!

シンプルなデザインに使い勝手のよさも考え抜いたこだわりのトートバッグがLEE1月号の付録!
デイリースタイルに合わせて思い思いに楽しんで。

詳しい魅力はこちらの記事で!

【LEE1月号特別付録】Barbour×LEE「3ポケットキャンバストート」がついてくる!

※コンパクト版には「3ポケットキャンバストート」はついていません。

 

●3ポケットキャンバストートに関するお問い合わせ=付録対応事務局

0120・108・280

受付時間:平日10時〜17時
(土・日・祝日・2019年12月28日〜2020年1月5日を除く)
受付期間:2020年3月6日まで

最新号の試し読みはこちらから

 

関連記事
  • 2020年1月15日(現地時間)に公開されたYouTubeの動画で、イギリス王室のシェフを長年務めたダレン・マグレディ(58)がエリザベス女王(93)の好物を明かすと、カロリーを度外視したわんぱくな食生活であることが発覚! Photo:Chris Jackson/ゲッティエリザベス女王のほか、フィリップ王子(98)、ダイアナ妃(享年36)、ウィリアム王子(37)、ヘンリー王子(35)のシェフも担当していたというダレンによると、キャサリン妃(38)は甘党であるのに対して、エリザベス女王は意外にも肉好きなのだそう。 なかでもお気に入りは、ガーリックステーキのようなクラシックな料理。通常はビーフテンダーロインで作るのだが、エリザベス女王には、好物の鹿肉も添えていたとのこと。 鹿肉は女王の私邸があるノーフォーク州にあるサンドリンガムや、女王が夏休みを過ごすスコットランドのバルモラルで狩りをして調達。付け合せやクリームベースのソースに使う野菜も、領地内で採れたものを使っていたという。 Photo:twitter(@DarrenMcGrady)当時を振り返り、「すべての料理にクリームやバター、脂肪をたっぷりと」使っていたと語ったダレン。「料理にはクリームとバターを好きなだけ使うことができて、それだけで素晴らしい味になります。まさに伝統的なフランス料理ですね」と、女王のフレンチ好きを明かした。 Photo:Handout/配布資料/ゲッティそんなカロリー度外視な食を好んだエリザベス女王だが、デザートに関しては節制していたよう。「食事やアフタヌーンティーの際に、女王のために大きなチョコレートケーキを用意しましたが、女王が小さなひと切れしか食べなかったのには驚きました。女王はケーキをもっと食べたいと思ったかもしれませんが、翌日まで待つでしょうね」と、適度な食事を心がけていた様子。 Photo:instagram(@kensingtonroyal)93歳になった今も、元気に公務に勤しんでいるエリザベス女王。健康の秘密は、カロリーを気にせず好きなものを食べることなのかも!? >>エリザベス女王が69年間連れ添った夫と手をつながない理由とは? >>メーガン妃がハリウッド復帰へ!? ディズニーのナレーション契約に署名していた text: Saki Wakamiya
  • 一緒に過ごす相手によって、また場所に合わせて、相応な大人であるためにマリソル世代が準備しているモノとは? さまざまな職種の女性たちの予定がある日の"バッグ&ポーチ"の中身を見せてもらいました! ※紹介するものはすべて私物で、現在販売されていないものもあります スタイリスト 吉村友希さんスタイリスト 吉村友希さんマリソルをはじめとするファッション誌で、トレンド感のあるこなれカジュアルなファッションを提案シーン:スタイリスト仲間とおしゃれ女子会コンパクトなバッグでおしゃれに。身だしなみアイテムはサブバッグへスタイリストの友人たちはみんなおしゃれの目利き。私もトレンドを意識したファッションになりますね。【バッグの中身】バッグはロエベのハンモックの小ぶりサイズ。斜めがけにも、手持ちにもできて便利です。バッグの中身はAeta×THREEのコラボポーチ(1)を。上部にはコスメをIN。ちなみにシャネルのアイパレット(6)とセルヴォークのリップ(5)です。下段のジッパー部分は三段仕切りになっていてジュエリーを入れるのにちょうどいい! ジェンマ アルスのイヤリング(3)、hum(4)やユアソル(2)のブレスレット、アルスのネックレス(7)を、TPOに合わせてプラスすることで、着ていた服を、仕事からプライベートモードにシフトできるんです。【ポーチの中身】 美容ポーチは主に身だしなみアイテムをこのポーチもAeta×THREEのコラボ。仕切りが多く、細かいアイテムを入れやすい! 中身はイソップの歯磨き粉(8)やリップ、歯ブラシはビジュアル買いしたノンブランド(11)。ランドレスの静電気用スプレー(10)やビュリーのコーム(12)、スプリナージュのマルチオイル(9)など清潔感キープアイテムをセットして。【サブバッグの中身】 サブバッグにはポーチや大物アイテムをメルボルンの紅茶ショップで爆買いしてきた(笑)トートバッグは、大きな荷物がある時に便利。仕事用のファイルや手帳(13)など、女子会に不要なものを入れたり、夜の食事会用に履き替えるネブローニの赤のヒール(14)を入れたり。右の身だしなみポーチもこのサブバッグに入れて、いつもクロークや受付に預けてしまいます。【Marisol1月号2019年掲載】撮影/さとうしんすけ(物)構成・文/松井美千代
  • BAILA2月号発売中! みなさん こんにちは! 最近ちょっとバタバタしておりまして、気がついたらもうBAILA2月号が発売されていました! 今月号の表紙はヨンアちゃん♡ 付録は乾燥するこの時期に嬉しいシートマスクです︎︎︎︎︎☺︎ 前回のブログでは、私の乾燥対策アイテムを紹介しております↓↓ 乾燥肌さんはヒルメナイドローションを!保湿力抜群で乾燥肌改善 さて、今回はBAILA2月号を参考に、着やせ配色コーデをしてみました。 是非ご覧ください! 冬の着やせは"なかよし配色"で! 冬はニットを着たりダウンを着たり、なんだか着ぶくれしがちですよね。 そんなときは、"なかよし配色"でカラーを馴染ませ、縦ラインを強調するとすっきりとしたIライン配色が完成するので着やせできるそうです。 今回はグレー×白の着やせ配色コーデに挑戦してみました。 着映えするZARAニット グレーのトップスは、こちらのZARAニット。 パールが可愛くて、着映えするので、シンプルなパンツやスカート、ワンピースとよく合います。 最近のお気に入りでかなりヘビロテ中! このニットにUNIQLOの白パンツを合わせるとこんな感じになりました。 少しボリュームのあるニットですが、この配色にするとスッキリ見えますね。 これなら通勤服としても良いのではないでしょうか。 今月号には他にも着やせ配色やアイテムが紹介されているので、是非チェックしてみてください! ここまで読んでいただき、ありがとうございました♬︎♡ ✦✧Instagram✦✧
  • ノンノ3月号の表紙は馬場ふみか♡ オフショット&インタビューを公開 1月20日発売ノンノ3月号は、馬場ふみかが目印。実は、2つの衣装があった表紙撮影。お蔵入りしてしまった「もうひとつのふみか」を見られるのはココだけ! 春色をまとい柔らかい表情を見せるふみかは、どちらも素敵すぎて胸キュン必至♡ 果たしてどちらの衣装が選ばれたのか...? インタビューでは、この冬のふみか的HITアイテムや、愛してやまない火鍋について語ってくれたよ。最後までお見逃しなく!   ‪今月号のテーマは、「今日から出番! おしゃれのモチベがアガる服」。ゆんふみが着こなす「推せる春色」服や、新木優子&西野七瀬&渡邉理佐の「今→春スライド着回し」など、今から春まで使える春服&コーデをご紹介。カバーガール特集「馬場ふみかに聞きたい50のこと。」では、ノンノ公式SNSで募集した質問に、ふみか本人が誠心誠意答えているよ♡ その他、今年も神過ぎる"GU"の春新作や、新モデル・堀田真由の春待ちワンピースなど盛りだくさんでお届け。
  • ベストコスメでもおなじみ♪スペシャルケアでフェイスラインもテンションもUP↑↑ご縁があって現在アンバサダー活動をさせて頂いている、 POLA Red B.A。 その中から、週2、3回ご褒美マスクとして使っているナイトマスクを紹介します♪ こちら。コントゥアテンションマスク 1月号のMarisol、ベストコスメでも紹介されていたマスクです。むくみは29歳頃を境に、目元とフェイスラインに現れだします。 このむくみがたるみの原因に!   POLAオリジナルの複合保湿成分、RED-CTエキスがむくみに働きかけ、 引き締まった印象の肌をつくりだします。 美容成分も配合されているので、透明感やハリ感も◎実際に使ってみると、こっくりとした重めのテクスチャーです。 “バンテージングソリッド感触”という名のとおり、 バンテージのように、引っ張られるように引き上がる感覚。最初に開けた時に撮影したものなので、実際はだいぶ使っております。スパチュラ付きなので、老廃物を流すようマッサージしたり、 コリをほぐしたりしています。 週2、3回のご褒美としてのケアはもちろん、顔のむくみが特に気になる、朝の応急処置にも使えるんです◎ 過去のインスタグラムに使用動画も載せているので、よろしければご参照ください♪⏩使用動画はこちらです -----ootd ♪outer:JOURNAL STANDARD knit:UNITED ARROWS pants:PLST⏩カラーコート着回しはこちら♪⏪--------------------------- 最後までお読み頂き、ありがとうございました♪ インスタグラムもお気軽にフォロー頂けると嬉しいです♪ ご意見・ご要望もお待ちしております:)  ↓↓↓⏩my instagram⏪美女組No.171 実果のブログ
  • 2020年1月15日(現地時間)に公開されたYouTubeの動画で、イギリス王室のシェフを長年務めたダレン・マグレディ(58)がエリザベス女王(93)の好物を激白。カロリーを度外視した、わんぱくな食事情が明らかに! Photo:Chris Jackson/ゲッティエリザベス女王のほか、フィリップ王子(98)、ダイアナ妃(享年36)、ウィリアム王子(37)、ヘンリー王子(35)のシェフも担当していたというダレンによると、キャサリン妃(38)は甘党であるのに対して、エリザベス女王は意外にも肉好きであることが発覚。 なかでもお気に入りは、ガーリックステーキのようなクラシックな料理。通常はビーフテンダーロインで作るのだが、エリザベス女王には、好物の鹿肉も添えていたそう。 Photo:twitter(@DarrenMcGrady)鹿肉は女王の私邸があるノーフォーク州にあるサンドリンガムや、女王が夏休みを過ごすスコットランドのバルモラルで狩りをして調達。付け合せやクリームベースのソースに使う野菜も、領地内で採れたものを使うことが多いとのこと。 Photo:Handout/配布資料/ゲッティ当時を振り返り、「すべての料理にクリームやバター、脂肪をたっぷりと」使っていたと語ったダレン。「料理にはクリームとバターを好きなだけ使うことができて、それだけで素晴らしい味になります。まさに伝統的なフランス料理ですね」と、女王のフレンチ好きを明かした。 Photo:instagram(@kensingtonroyal)そんなカロリー度外視な食を好んだエリザベス女王だが、デザートに関しては節制していたよう。「食事やアフタヌーンティーの際に、女王のために大きなチョコレートケーキを用意しましたが、女王が小さなひと切れしか食べなかったのには驚きました。女王はケーキをもっと食べたいと思ったかもしれませんが、翌日まで待つでしょうね」と、適度な食事を心がけていた様子も発覚。 93歳になった今も、元気に公務に勤しんでいるエリザベス女王。健康の秘密は、カロリーを気にせず好きなものを食べることなのかも!? >>エリザベス女王が69年間連れ添った夫と手をつながない理由とは? >>メーガン妃がハリウッド復帰へ!? ディズニーのナレーション契約に署名していた text: Saki Wakamiya
  • 大人カジュアルをつくる、ツヤアイテムの魅力皆さまこんにちは。 さて、 Marisol2月号のテーマは 「私たちのおしゃれにはツヤの力が必要だ!」 ツヤのある素材感は 大人ラグジュアリーな雰囲気づくりには欠かせない要素。 この、TATRASのツヤありダウンもそう。ジャケット:TATRAS ニット:ユニクロ パンツ:PLST バッグ:LONGCHAMP パンプス:モードエジャコモ中に着たコーディネートは 少しメンズライクな組み合わせですが ツヤ感あるダウンによって 女性らしさとのバランスがとれているかも。 カジュアルテイストな ユニクロのスフレヤーンモックネックニットと ツヤ感あるセンタープレスパンツの場合も。ニット:ユニクロ パンツ:nano universeカジュアルテイストを格上げしてくれる ツヤの素材感。 大人カジュアルコーディネートに このキーワードを使わないわけにはいかないですね! さらなるツヤ感の魅力と コーディネート6パターンは 動画似て語りました。 よろしかったらご覧ください♪【ユニクロ/UNIQLO合わせ】Marisol2月号「私たちのおしゃれにはツヤの力が必要だ!」 最後までお読みいただきありがとうございました!➡My YouTube チャンネル【Maris chanel】美女組No.165 Marikoのブログ
  • お買い物が楽しい季節ですね。この時期、おしゃれな人が行っているのは、“ワードローブの定番”の更新」。3人の更新アイテムをご紹介します! 1:靴(白コンバース、バレエシューズ) 定番靴をセールで新調 「セールは最終シーズンだけ本気で覗くのが最近のお決まりコース。定番で長ーく使えそうな靴を2足、セールで買い足しました」 「オデット エ オディール、ディープバレリーナ。TB パパリナちゃんのクリップを見てからずーっと気になっていたこちら。2年履いた甲浅の黒いバレエシューズもへたってきており、こちらに更新しました。やや甲深のモデルで安定感もバッチリ。バレエシューズはしばらくプチプラで凌いできたので久々のちょっといいやつ、に少々ビビっております(笑)」 「コンバースチャックテイラー。真っ白に黒ラインのこちらが前から欲しくて!オリジナルのソール・リアクトが入っているとこんなに履き心地が違うの!とびっくり。『コンバースは汚れてる方がカッコいい』説が自分の中で定着していましたが、これはいつまでもキレイな姿で履きたいな」 2:カーキのミリタリーパンツ 私の定番アイテムにあの名品が仲間入り 「100人隊ブログ内はセールの戦利品情報で賑やかですね~。私はというと、全然セールじゃないのですが、貯まったポイントが使えたのでこちらのパンツを購入していました。100人隊でもおなじみ、THE SHINZONEのカーキベイカーパンツ」 「カーキのミリタリーパンツは、私のワードローブに不可欠な存在。今はDeuxieme Classeのグルカパンツを愛用していますが、よく履くからこそ、擦れてきたり色褪せたり、また形もお気に入りながら少し飽きてもいたので、新しいものを探しておりました。いくつか候補はあれど、幼児&乳児がいてなかなか外出が難しい今、ネットで買うことがほとんどで試着ができない…。試着なしでも間違いのないものが欲しい……。ということで、悩んだ結果、間違いないだろう!とこちら名品のベイカーパンツに決めました。実際履いてみて、適度なハイウエスト、きれいなライン、やっぱり間違いなかったです」 「今履いているグルカパンツと比べると、色は明るめで、グルカパンツは丸みのあるシルエットなのに対し、ベイカーパンツはシュッとテーパード気味のきれいなラインとどちらもそれぞれいいところがあって使い分けできそうです。ネットでパンツを買う際に一番困るのがサイズ感。私も今回、実際に購入した方のレビュー(TBマルさんのクリップも参考にさせてもらいました!)を読みまくってサイズを決めたので、今後購入する方の役に立てばということでまとめてみました。私のスペック:160cmで産後何もしてないので下半身は膨れ気味ですが、体重的には授乳中ということもあり太くも痩せてもいないベスト体重といえます。ユニクロのカーブフィットジーンズは23をぴったりめで履いております。そして購入したベイカーパンツのサイズは34。結果、32でも良かったかな~と思いました。34だと、ニットをインして着るにはベストなのですが、Tシャツだと少し緩いかも。また、着るうちに緩くなっていくというレビューも見たので、それを考えると32でもよかったかな、と。パンツの丈は私のようにペタンコ靴中心であれば、一つ折りくらいでちょうどよい感じ。ヒールに合わせたければ折らずにそのままでちょうどいいかなと思います」 「早速コーデ。主に春夏活躍予定のパンツでありますが、今着るのであれば……。モヘア混のカーデを合わせて柔らかく」 「大好物ネイビー×カーキ。今年40歳。これまで、ギャル(はほとんど通ってませんが)、コンサバ、きれいめ、カジュアルなどなど数々の流行を経験し、たくさん失敗し、だんだん自分の好みや自分に似合うものがわかってきたからか、あまりお買い物で失敗をすることがなくなりました。たまには普段の自分とは違うテイストのものに挑戦してみたいものですが、このような自分好みの名品を長く大切に履いていけたらな~と思います」 3:デニム 今年最初のお買い物はYANUKのデニム 「今年初めてのお買い物はずっと更新をしたかったデニムパンツです。最新のLEE2月号でも今の旬の形、カラーなどが参考になりました。色々な情報を駆使した上で、自分が欲しいのはカラーが濃い目。まだまだ子育て中の慌ただしい時期、動きやすい機能的な物。40代に突入して何だかお肉の付き方が変化したのか(笑)、ピッタリしたラインよりも程よくピッタリで足がキレイに見えるタイプに落ち着きました。地元のセレクトショップにて試着をしました。で、結局購入したのは長年に渡り愛用しているYANUKに落ち着いた次第です(笑)。デニムも流行があるのは承知なんですが、自分の好きな形を履き続けるタイプ。YANUKに関しては4本愛用していましたが、1本は昨年の春にあまりに履きすぎて、ヒップが敗れてしまい泣く泣くお別れすることに。今回、購入したのはHighWaist ANNTEE。股上深めのストレートタイプ。締め付けがなく柔らかい生地。ストレッチが入っていますが、生地が柔らかくて軽いからか、動きやすい。適度なゆとりもあり、脚の形に自信のなさを上手くカバーしてくれるライン。縦にも横にも伸びる機能的なデニムに今の自分の生活スタイルに合わせやすいな‥と感じたのでした。今まではKAYという形ばかり愛用していたのですが、最近は体型の変化からか、若干股上が浅いからか、お腹のお肉が乗っかるようになった気が(笑)。今の自分に合ったデニムを探したいと思って購入に至りました。こちらはwarm生地で保温性もあり、特に秋冬にはオススメとのことした。色々な情報を元に自分の納得いくものをお迎えできて満足です」 ◇スニーカー、バレエシューズ、ミリタリーパンツ、デニム。カジュアル派に欠かせない定番4アイテムを更新していました。クローゼットの見直しと共に、定番の更新、いかがでしょうか?
関連キーワード

RECOMMEND