初心者でもできました! DIYではじめてのマイ本棚作り

LEE

NやすのDIY

自分の部屋に合うサイズで、本を大量に収納できる棚を探していたのですが、なかなか予算内で見つけることが難しく、それなら作ってしまおう! ということで家具づくりにチャレンジしてみました。

[作り方]
1、作りたい棚の設計図を作成。
2、ホームセンターなどで、板をサイズに合わせてカットする。
3、カットし終えた板に水性ステインを塗り、色付けする。
4、底板の側面の板を接合したのちに、下段から一段ずつ丁寧に組み立てる。
5、好みのモノを添え

\\\\\\ 完成 //////

なんとか棚として使えるものができました。

これで床に置いていた本を収納できるので、暮らしもですが、気持ちまで整うはず!

反省点:サイズがタテ185mm×ヨコ185mmと、かなり大きく、室内で組み立てた後に気づきました。デカ過ぎて部屋から出せないと…(Nやす)

#magazinelee
#LEEweb
#LEE編集部のお買い物
#DIY

関連記事
  • 2019年度(今年度は12/6金16:59までです)の締めくくり!LEE100人隊&LEEキャラクターパーティが開催されました。その様子&感想を、100人隊クリップでご紹介します! 「速報!今日は年に一度のLEEパーティ!全国各地のLEE100人隊が一堂に会するキラキラな一日です。今年のシークレットゲストさんは優木まおみさん。キャーの声が響き渡りました。ケータリングはSHUNKO KITCHENさん」(No.018 なおっちさん) 「料理はSHUNNO KITCHENさんのケータリング。今月、LEE12月号の『食を仕事にしたわたしの選択』は本当にじっくり、じっくり読んだページだったけれど、そのインタビューものっていた二部桜子さんの料理がいただけるとは!!改めて帰ってじっくりインタビューページを熟読しました。料理の想いを知り改めて凄い料理だった!と思います」(No.089 mimiさん) 「ドリンクもおしゃれ♪ 私はゆずレモンの炭酸割りをいただきました」(TB 季絵さん) 「年に1度のお楽しみLEE100人隊パーティ!!今日の、この日をずっと楽しみにしてました!!熱気ムンムン♡パワー全開!さすが100人隊。おしゃれでかわゆい皆皆様ばかり! 日頃ブログで見てる方々と交流ができるって嬉しい!!そしてサプライズでなんと、TBPVトップ賞を頂いてしまいまして……嬉しすぎます♡」(TB パパリナさん) 「今回も、装花が秋らしくて華やかで素敵!おいしいカラフルなテーブルでおもてなししていただきました。サラダチキンのハンバーガーと、スプラウトの乗ったお肉のハンバーガーがおいしかったな〜〜。かぼちゃサラダもおいしかった!」(TB いくぽんさん) 「普段、手にとって見られないLEEマルシェのお洋服たち。ぜひ!と思い、パーティ前の展示会に参加してきました。まず、一番心惹かれたのが、ベルト付きあったかパンツ。12closetと福田麻琴さんコラボ商品です。ハイウエスト、ベルトマーク、太めのラインだけど、テーパード×センタープレスで脚長効果。短足の私でも皆様にお近付きになれそう!そしてトップに合わせたのが、12closetのスタンドカラーブラウス(ネイビー)。天使のようなLEEキャラクターの方々に褒められたコーディネート」(No.079 エペさん) 「ケータリングは”SUNNNO KITCHEN”。“旬の食材を使ったニューアメリカンスタイルの料理を得意とする食のコミュニケーター。食を通じて、美味しさ、喜び、四季を伝える“伝え手”です” とのことで、人と地球に優しいお料理を提供されています。小さな森みたいなサラダバー」(No.043 ミキティさん) 「今年のサプライズゲストは優木まおみちゃん!!同世代だなんて信じられないー!!かなり近距離で見ていたのに、毛穴見つけられなかった!!かわいくてキレイでキラキラしてました☆もはやノースリーブなんぞ着れないわたしの二の腕。まおみちゃんと比べるとかわいそうになる」(TB MOGIさん) 「いつもはネット上で見ている素敵女子達が目の前に!お買い物が大好きでファンになった隊員さんともお話ができてとても楽しいひと時でした。10年間続けてきた100人隊も今年度で卒業します。なので、パーティーも今回で最後。最後だと思うと寂しくてたまりませんでしたが、会いたい方たちに会って、たくさんおしゃべりできた今年のパーティーも最高に楽しかったです。会場でお話ししてくださった皆様、どうもありがとうございました」(TB コロンさん) 「ルスルスのクッキーと、美味しいバナナもらったから、甘いもの欲は満たされた!しかし、パーティーが終わった途端に、なんか実感が湧いてきました。長いことこの窓を見てきてくださった、見えない読者の皆さんと……本当にお別れなんですね、もうじき。というわけで、あと3週間、よろしくお付き合いください」(TB yuki*さん) 「圧巻のサラダバー。こちらをオリジナルカップに入れてお好みのドレッシングをかけるという楽しくて食べやすいスタイル。旬のフルーツもたっぷりあってとっても贅沢な内容です」(TB nahoさん) 「翌日が食べ頃になるようにうまーく調整していただいたお土産のバナナはイルカさんにして。美味しくいただきました。他にも豪華なお土産がいっぱい!楽しみに使いたいと思います」(No.083 Maiiiさん)
  • 【sergio rossi 】 「人気モデルにフラット登場! 女っぷりはそのままに進化」(ライターE)  2018年に初登場して以来、アイコンとなっている「srミラノ」シリーズにフラットシューズがデビュー。ブランド名の刻印プレートを施したスクエアヒールもポイント。「フラット派にうれしいニュース!パンチのある色、柄にもときめきます」。靴「srミラノミア」(1)各¥87000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)☎0570-016600 端正なレクタングルフェイスとTモチーフが印象的な最新作。ダイヤモンドもラグジュアリーに。「ドレスにもカジュアルにも合う振り幅の広さにほれぼれ」。時計「ティファニー1837メイカーズ22㎜ウォッチ」(RG×ダイヤモンド×アリゲーター)¥1200000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)■0120-488-712 アイコンバッグ「クロエC」より、バッグ1型、ウォレット4型が日本限定カラーで登場。「やわらかなベージュにペールゴールドが華やか。収納力のある長財布とコンパクトなミニ、どちらにするか悩みます」。財布「クロエC」(大)(9.5×19.5×3.5)¥63000・(小)(9×11.2×3.5)¥48000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)☎03(4335)1750 ジュエリーブランド「ヒロタカ」が、東京・丸の内ブリックスクエアに2店舗目となる直営店をオープン。新作からグリーンの色石を使ったイヤジュエリーをピックアップ。「深いグリーンがモダン。アクセントになりますね。」(右から)シングルピアス(K10×エメラルド)¥53000・イヤカフ(K10×マラカイト)¥28000/ヒロタカ 丸の内店(ヒロタカ)☎03(6273)4511 日本発ジュエリーブランド「オー」が18金ブラウンゴールドを使ったリュクスな新作を発表し、エストネーション銀座店で先行発売中。「シンプルだけど重厚感たっぷり。ブラウンダイヤのピアスもリッチ」。シングルピアス(K18BG×ブラウンダイヤモンド)各¥190000・ネックレス(K18BG)¥168000/ハルミ ショールーム(オー)☎03(6433)5395 撮影/さとうしんすけ スタイリスト/松野裕子 取材・原文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールドの略です ※BAILA2019年12月号掲載
  • 参加者は、親子合わせて160人超と史上最多人数! 楽しみのケータリングはSHUNNO KITCHENさん 会社の会議室に春と秋がいっきにやってきたような美しさ。 みんな写真を撮る手が止まりません そして今日イチの盛り上がりはスペシャルゲスト 優木まおみさんの登場時に! 360°どこから見てもパーフェクトなかわいさと美しさ。 ピラティスで整えられたスタイルにみんなため息の連続でした ちなみに、現在絶賛発売中の #LEE12月号 の特集 「『食』を仕事にした私たちの選択」に #shunnokitchen 二部桜子さんの インタビューを掲載中です。ぜひチェックを!   当日のお土産をご紹介します! クロックス @crocsjp の秋冬コレクションより、クラシックスリッパ。ふわふわしたクッションのソールなあったかくて心地いいスタッフも早速編集部ではきかえ、お揃いに!   また、肌の水分量を高めてくれるSOFINA iP クロロゲン酸 飲料 EX、ベースケア セラムとインターリンク セラムがセットになった「ダブル美容液システム」は肌の乾燥が気になる時期に重宝間違いなし! ラボン シャレボン オシャレ着洗剤 @lavons_insta は植物由来の洗浄成分で服のダメージを抑えながら洗えて抗菌効果も抜群! ユニフルーティの「こだわリッチバナナ」は何と一房! 甘い!美味しい!と子どもたちにも大人気でした! そして菓子工房ルスルスのクッキー詰め合わせは猫と星がフォトジェニック #crocs #クロックス #おうちクロックス #classicslipper #sofinaip #飲むiP #美容ドリンク #いきなり2つの美容液 #ダブル美容液システム #土台美容液 #ラボン #lavons #シャレボン #菓子工房ルスルス #LEE100 #magazinelee #LEE web
  • SPUR1月号の「“ワン”ダフル開運財布」特集、年末までにお財布を買い替えたい!という方は必見です。変化の大きい年と言われている2020年は願望をかなえるためのアクションを取るにはうってつけ。SPURではおなじみ、真木あかり先生にそのポイントをレクチャーいただきました。導き出された4つのポイントを、イラストレーター、foxcoさんが描くおばけ犬とともにお届けします。 photography: Daisuke Kusama〈impress-k〉個人的に気になったお財布は、こちらのエルメスのもの。「丁寧な生活を送りたい」という願望をブーストしてくれます。真木先生による「落ち着いたカラーや、ゆとりのある収納力が幸運をつかむきっかけに」というありがたいお言葉を体現する、理想の一点です! 外側は上質なカーフレザー、内側には華やかなシルク生地が配されていて、持っていると心が弾むアイテムです。たっぷりとした14ポケットも収納力抜群。 また、守護星別の開運財布もあわせてご紹介しています! パーソナライズされたポイントから選ぶのもおすすめです。おばけ犬ゆるっと癒されながら、ぜひ新年に向けて財布を一新しましょう! SPUR1月号「“ワン”ダフル開運財布」を試し読み(外部サイト)
  • エストの新しいスキンケアは、 3ステップで循環力を高める! 「エストから、[美の起動][防御][充満]の3ステップで美のサイクルを生み出す新しいスキンケアが誕生。私、エストのロゴを見るだけで『肌がきれいになりそう!』と思ってしまうほど信頼しているブランドなので、新商品というだけでも気になるのですが、“循環力”を高めて肌を根本から美しくしてくれるなんて、なんとも魅力的。これは試さずにはいられません!」(LEEweb担当・タラコ) エスト エスト GPサイクルセラムケア 左から、エスト セラム ワン90g¥12000、エストG.P. コンディショニング セラム100mL¥12000、エストG.P. エンリッチド セラム80g¥12000(価格は税抜) エストが着目したのは、「循環力」。肌や体には、表皮代謝、真皮代謝、角化、血流などさまざまな循環があり、これらが滞るとエイジングは加速すると考えらえています。 そこで、この「循環力」を高めて、肌全体をスムーズに機能させ、トラブルが起きにくいバランスのいい肌に整えるために誕生したのが、「エスト GPサイクルセラムケア」シリーズ。 エストは、「循環力」を高めるためには、「血管力」と「タンパク質循環」の2つにアプローチすることが大切と考え、[美の起動][防御][充満]の3ステップのスキンケアアイテムを開発しました。   STEP1 美の起動 エスト セラム ワン(写真左) 血管から肌に栄養や酸素を供給するために、肌の機能全般を起動させるためのケア。 炭酸泡の美容液が、潤いのあるやわらかな肌へと整えます。 STEP2 防御 エストG.P. コンディショニング セラム(写真中央) 未然に肌を防御するためのケア。 ローション状のセラムで、たっぷりの潤いが乾燥ダメージから肌を守り、しっとりした肌に保ちます。 STEP3 充満 エストG.P. エンリッチド セラム(写真右) 肌の機能を高め、不要なタンパク質の分解をスムーズにし、新しいタンパク質の産生を促すケア。 乳状のセラムが、贅沢な潤いで肌を満たし、ハリ感のある肌に導きます。   「まず、STEP1のエスト セラム ワンにおどろき! こっくりした泡状のセラムがぴったりと肌になじみ、この段階ですでに潤いたっぷりに。 そこにSTEP2のエストG.P. コンディショニング セラムをつけると、すでに潤っている肌がみずみずしいテクスチャをしっかり受け止めるような感覚。ステップを踏んだおかげで、ローションの潤い成分を肌が逃さずキャッチし、しっとりした肌に! 最後にSTEP3のエストG.P. エンリッチド セラムを。しっとりと整った肌に、このセラムでしっかり潤いを閉じ込めような感覚です。伸びの良いテクスチャーなので塗布しやすく、それなのにクリームのようにしっかりと肌を守ってくれるんです。 ステップで使うことで、潤いだけでなく、ハリ感も感じられて、お手入れを続けたあとの肌が楽しみです」(LEEweb担当・タラコ)   DATA DEBUT || 2019年11月8 日(金) BRAND || エスト ITEM || エスト GPサイクルセラムケア CATEGORY || 美容液 KEYWORD || #循環力を高める #美しいサイクル #ハリ不足に PRICE ||  各¥12000(税抜) TEL ||  0120-165-691 HP || エスト (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/渡辺有紀子)
  • OurAgeの人気連載「ハッピー女神プロジェクト」を執筆してくださっているのは、オーガニックのスペシャリスト、吉川千明さん。「閉経と女性ホルモンが教えてくれたこと」など、まさに私たちの美容と健康の疑問にこたえてくれる記事が人気です。今でこそ、オーガニックを大切にする吉川さんですが、実はここに至るまでにはたくさんのターニングポイントを経てきたのです。前編は、キャリアのスタートのお話です。吉川千明(よしかわちあき)/美容家、サスティナブルライフ水先案内人1959年生まれ。自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案。オーガニックビューティの第一人者として知られる美容とは関係ないキャリアのスタート実家は、祖父の代から中央区にある鉄問屋だったという吉川さん。隅田川に架かる勝鬨橋の鉄は、吉川さんの実家が卸した鉄で造られたのだそう。大正時代から続く老舗でしたが、吉川さんが25歳の時につぶれてしまいました。「時代は変わって商社の時代になっていましたからね。過去にすがったり、時代を読まないとダメなのだ、とこのときに学びました。この経験は、のちにとても役立ちます」大学生の頃は就職など何も考えず、卒業式にみんな就職が決まっていてびっくりしたというくらい、人生設計がなかったと言います。「それで、友人の紹介でリクルートにアルバイトに行ったんです。人事教育事業部といって、企業研修のトレーナーさんたちを管理するセクション。2年ちょっといたかな。最初は世間知らずで、トップのトレーナーさんが、書類の書き方から何から、手取り足取り教えてくれました。そこに『自ら機会をつくり、機会によって自らを変えよう』というプレートが一人に1個あったんです。これがね、あとで重要になるの。そのあとに、アルフレックスというイタリア家具の会社の設計事務所に入って。美容は全然関係ないでしょ。そこで2年半くらいアシスタントをしてました。当時はお客様向けのプレゼンといっても、雑誌の切り抜きなんかをボードに貼ったりしていたので、私は毎日外国雑誌の切り抜き作業。天井くらいまで高く積み上げられたインテリア雑誌があって、それを朝から晩まで見て、素敵だな、と思う写真を切り抜いてました。名建築に家具の名作など、ものや空間に対する“美意識”のようなものを学んだと思います」美容は、というと、時間を少し遡ります。「学生時代から化粧品がものすごく好きで、“ずっと眺めていられる”という理由から、ソニープラザでアルバイトしていたんです、大学生の頃。誰にも邪魔されず、ゆっくり見たかったから。まだ二十歳そこらなのですが、海外のラグジュアリーブランドのものとかが大好きで、背伸びをして、あれこれ構わず顔に塗ってたんですね。そうしたら、肌がとんでもないことになってしまって。まだまだ必要がない年齢だったのに、最高級のアンチエイジングものを使っていたのだから、肌はびっくりしたのでしょう。それでまわりの人から勧められる聞いたこともないような怪しい(!)アングラなコスメを次々と使ってみるんですが、私が加減を知らなくてやり過ぎてしまうのか、どんどんひどくなっていって。お薬も使っていましたが、それでも良くならなかったんです。化粧品は、何にも入っていないような無香料無着色のものばかり選ぶようになっていました」今の吉川さんからは想像できないような、美容初心者の時代。ところが、吉川さんの「学び力」が目を覚ましたのです。エステの学校からジュリークに出会うまで設計事務所を辞め、それからしばらくして結婚し、1991年に出産。カメラマンだった夫と、撮影スタジオとスタイリストやヘアメイクのブッキングエージェントを始めます。「設立時は私が社長でスタートしました。でもやっていたことは、子育てや仮払金の精算をしたり、みんなのお世話を。でも『これから先、自分はどうするんだ。人の世話だけでなくて、自分の道も作っておきたいな』って考えたとき、やっぱり美容が一番、化粧品が一番だと気づいたんです。それで美容の勉強することにしたんです。やるのだったら徹底的に頂上を目指した方がいいと助言してくださる人がいて、アドバイス通り学校に通うことに。中央区の佃に住んでいたのですが、銀座に滝川という理美容の世界では大手の会社のエステの学校がありました。子育て中だったけど自転車で通って、朝10時から夕方5時まで、計200時間の授業が毎日毎日あるという、厳しくもレベルが高い学校でした。人材育成に力を入れていて講師陣も超一流。皮膚生理学から解剖学、色彩学、栄養学、アロマテラピー、リンパドレナージュ。当時まだ聞いたこともないタラソテラピーという授業もありました。あの頃は、骨の名前1本1本、すべて言えるほど勉強して、美容の全てを学びました。それから3年の現場での実地をして、講習を受け続け、CIDESCOというエステテシャンの国際ライセンスを取得。エステの国際ライセンスは本当に大変で、勉強をスタートしてから資格取得まで5年の歳月がかかりました」その学校の栄養学の講師だったのが医学博士で管理栄養士の本多京子先生。ご主人は九段下にあった「ハーバートハウス」というアロマの学校を立ち上げた栗崎小太郎さんで、日本で最初にアロマテラピーを始めた人と言われています。「本多先生が、『うちの主人が“これからはアロマテラピーの時代だ”と大学を辞めてイギリスに留学したの』とおっしゃって、その時にアロマという言葉を初めて聞きました。『アロマって何?』と調べ始めるうちに、人の紹介でニールズヤードレメディーズの梶原夫妻と出会いました。ご夫妻も直々にアロマテラピーを広げていらして、直接授業やお話しを聞く機会に恵まれ、その世界観を知ったときに“香りの世界はなんて素晴らしいんだろう!!これからは、自然の産物の時代がくると!“と直感しました。その頃、我が家は代官山で美容室をはじめていましたが、梶原さんの奥様に講習会をしていただいたり、アロマテラピーは本当に大好きで、すぐに美容室にも取り入れました。ある日、美容の勉強仲間の友人がジュリークの製品をくれたんです。すごくいいから使ってみてって。その頃は、学生時代からの無茶なスキンケアで化粧品が怖くなっていたので、初めてのものを顔に乗せるのも嫌だったの。でも、その人が信用できる人だったから恐る恐る使ってみたんです。そうしたらすごく感じが良くてもうびっくり。クレンジングとトナーと、デイリーエクスフォリエイティングという特殊な洗顔料を使ってみたのですが、かぶれるどころか肌がどんどん良くなっていって。なんだか“肌がうるおって、元気になって、頰に紅をさしたような自分”がそこにいたんです。これがニールズヤードに続く、オーガニックコスメとの出会いになりました」事業は爆発的に大きくなったけれど自身の肌でジュリークを使い始めて、その良さを伝えたい、とマンションの1室で“一人エステサロン”をスタート。内装から全部手作りで、このときにアルフレックス時代に磨かれた美的感覚が大いに役に立ったのだそう。ところが、お客さんは誰もこない日が続きます。マンションの郵便受けにポスティングしたり、苦戦したそう。「当時はインターネットもSNSもないし。ところがある日、美容ジャーナリストの倉田真由美さんがフィガロという雑誌で取材に来てくれたんです。それは小さな記事だったのですが、それで今度は予約が3ヶ月先まで埋まってしまって一気に忙しくなって、時間も人手も足りなくなることに! そのときにお店を手伝ってくれて、以降約10年サロンを支えてくれたのが、今のTe・Luce(テ・ルーチェ)のオーナー、宮澤輝子さんです。スタイリストの地曳いく子さんはご近所に住んでいたご縁もあって、うちの子どもと遊んでもらったり、家具を買いにつきあってもらったり、東急ハンズに材木を買いにつきあってもらったり、本当にいろんな方々にお世話になりました」サロンは順調で、3ベッドルームある、大きな場所へ移転することに。「ジュリークの製品も人気が出ますが、買えるところがないということで、いよいよジュリークショップ青山がスタートします。ところが‥‥」後編に続きます。
  • ママ友たちと3人で台湾旅 土曜日のLEE100人隊パーティの余韻が冷めやらぬタイムラインを眺めつつ、#LEE編集部のお買い物 投稿です。 少し前にママ友たちと3人で台湾旅に出かけてきました。ママ友の台湾在住の友人の皆様に案内いただいて、とっても充実した旅(ほぼ食い倒れ!)に。今日は買い込んだ大量の食べ物を限界枚数までご紹介しますね。 まず1枚めは、台湾の手土産といえばはずせないパイナップルケーキ!わたしも大好きでいろいろ食べ比べていますが、お気に入りは左下の #宮原眼科 の米粉製。そして下段中央は、ママ友の台湾の友人がこれが一番人気!とわざわざ行列に並んで持たせてくれた #佳徳米羔餅 のもの。ほどよい甘さのパイナップルとサクッとしたクッキーのバランスが絶妙でした。 そして2枚めはおなじみ #手天品 。こだわり抜いた素材を使った香ばしさのあるクッキー地が素晴らしい2個入る赤いボックスも買えてちょっとした手土産にぴったりですよね 3枚め:暮らしのヒントで、ライターの上紙さんも紹介してくれていた#神農生活 の辣油醬各種。鍋に冷奴に、餃子やシュウマイのつけダレにと大活躍。辛いもの好きなのでたくさん買い込んで、辛いもの仲間たちへのお土産に。 4枚め:一昨年も訪れた #林華泰茶行 のお茶。前回ワタナベマキさんに教えていただいた梨山茶はもちろん、ジャスミン茶と台湾産の紅茶もちょっといいものを奮発。紅茶以外は日持ちするように真空パック詰めにしていただいたので、ゆーっくり楽しむつもりです 5枚め:今回、わいわいと酸菜鍋を食べに行って、あぁこれ毎日食べたい……と呟いた私に、あるよ!と台湾の友人が。スーパーで見つけた酸菜鍋の素です。もったいなくてまだ食べてないので食べたらご報告……するかも……もう十分?   宮原眼科の映えスイーツ 6.7.8枚めは台中まで足を伸ばした思い出を。宮原眼科の映えスイーツ、店内。そして近所の三明治(サンドイッチ)が有名なパン屋さんで買って帰った食パン(つぶさないよう持ち帰るのたいへんでした) そして最後。すっかり台湾熱が再燃した私。先日コレド室町の誠品生活にて、まだお買い物を。レシピ本まで買っちゃいました。これで買い込んだ調味料と食材を活用したいと思います   栗原はるみさんの「ピータン豆腐」 あ、ほんとの最後はこれ。現在好評発売中の #LEE12月号 の付録 #栗原はるみ さんの中華別冊のなかから私の一番のお気に入り「ピータン豆腐」を作りました。#誠品生活 で買った #台湾ピータン はねっとり美味しくてこちらのレシピにぴったり しばらくヘビロテが止まりそうにありません。   食品だけでもこの倍以上は買い込んだうえに、台湾ジモティの皆様との食い倒れ写真も数々ありますので、もしリクエストがありましたら、また書きますねー。ちなみに文鳥占いも面白かった(HT子) #台湾 #台湾土産 #magazinelee #パイナップルケーキ #大人女子旅 #ママ友旅
  • 春~♪な会場のテーマはガーデニングやflowers 会場に入った途端、わぁ〜っっと テンションが上がった お洋服と花のコラボレーションが とっても素敵だったマリメッコの展示会。 テーマはガーデニングやflowers。 撒いた種が芽吹いていく過程や それを楽しむ人々の情熱に着目、 また60〜70年代からのアーカイブプリントは、 花を被写体にした写真集「flowers」からインスピレーションを受けて ピックアップしたそう! これから冬を迎える前に 少しだけ春らしさを感じ、 ほんとに素敵な 気持ちが華やぐひとときでした フクヘンAH #marimekko #マリメッコ #flowers #gardening 素敵なお花の装飾は #ルベスベ #magazinelee #leeweb
関連キーワード

RECOMMEND