「SENS de MASAKI vol.11」本日発売です!

LEE

 

『ハグ オー ワー』20周年記念号!

「SENS de MASAKI vol.11」は、『ハグ オー ワー』20周年記念号!です。

雅姫さんが初めてLEEに登場したのが1999年。そのときの記事が大反響になり、その年の10月には自由ヶ丘に9坪の『ハグ オー ワー』の小さな店舗を出すことに。それから20年の間、雅姫さんのライフスタイルや着こなし、暮らし方は、LEE読者のバイブルのようでした。

年齢を重ねることで、提案する洋服やスタイルは進化しているけれど、その軸の部分にはブレがありません。Vol.11は、そんな雅姫さんが洋服を作り始めたころの想いやこだわり、大切にしていることなどがわかる、ファンにとっては貴重な1冊になっています。

最初のカタログのために雅姫さんが手描きしたラフコンテ。商品の説明も丁寧で思いが伝わります。

 

 


雅姫さんがディレクションしたカタログは、10周年まで多いときは年4回も制作。

 

ゆららちゃんやオープン当初からのファンも登場!

大学生になった娘のゆららちゃんもモデルとして共演。

ゆららちゃんは古着のデニムにハグのハイネックニットを着こなしています。親子で、同じアイテムを着こなせるのも魅力ですね。
また、『ハグ オー ワー』を、オープン当初からずっと愛用しているファンも登場。


世田谷にある人気店「カフェ ロッタ」のオーナー桜井かおりさんもそのひとり。最初にできた9坪のお店で買った子供服を、今でも大切にとってあります。
「カタログもカードもすべてとってあるんですよ。もったいなくて捨てられない~」と、かおりさん。そんな風に長くブランドとつきあっているお客様がたくさんいるのも強みです。

 

付録は雅姫さんデザインのバッグ!

そして、雅姫さんが感謝を込めてデザインしたバッグが付録になりました。
トレンド感のあるサークル型で、高級感のあるレザータッチの素材、持ち手の長さが調節でき、取り外しも可能な3WAY仕様に。エレガントなボルドーカラーは、シックな装いの華やかなアクセントにもなってくれます。内ポケットが付いているので、使い勝手もいいですよ。

さらに、そこには20周年記念のタグがプラスされていて、特別感が満載です。

 

見逃せないこの記念号、ぜひ、手に取ってご覧ください。

 

Amazonで購入

楽天ブックスで購入

関連記事
  • ご覧いただきありがとうございます◡̈*❤︎ バイラーズの中島です。 ようやくコートが活躍する気温になりましたね! 今年は新たにコートを購入しました★ 持っていない色と形、デザインと機能性、 価格も含めていくつか比較検討した結果、 納得の行く一着と巡りあえました…♡ N.O.R.C /ノーカラーリバーウールコート 今年の春、立ち上がった新ブランド 「N.O.R.C」(ノーク)のリバーコート。 N.O.R.Cは、個人的にも 注目しているブランドの一つなんです! 今季のトレンドでもある、“バサッと感”と、 フロントのデザインがシンプルで 綺麗に見えるものを探していたので、 まさに理想通りでした…! サイドにはスリットも入っているので、 抜け感も出て、レイヤードも楽しめる デザインとなっているんです♪ しかも、ウールコートなのであたたかい♡ ポケットも大きめなのって嬉しいですよね…! 写真では付属の共布ベルトは垂らしていますが、 もちろん前で結ぶことも可能です^^ 色味はグレージュ。 珍しいカラーにも惹かれました…❤︎ グレージュは、POPUP限定で販売していた 別注カラーだったそうで、 再販のタイミングで運良く出会えたのが嬉しい…。 タイプ的にイエベなので、 グレーだと顔がくすみがちな色なのですが、 こちらはグレージュなので私にも肌馴染みの良いカラー。 顔周りを明るくしてくれる効果も…♡ 九品仏浄真寺の紅葉。 見頃でとても綺麗でした! 着用してみて実感したのは、 シンプルで品の感じる デザイン性の高さはもちろんのこと、 上質なので着心地にも優れている点。 それでいて、N.O.R.Cはお値段が とってもリーズナブル! このクオリティでこのコスパだなんて本当に凄い。 今は密かに、デニムが欲しいな〜 なんて狙っています…笑 春の新作も今から楽しみです。 N.O.R.C公式 \過去のファッション記事はこちらにも◡̈*❤︎/ 【GU×女っぽスカート】冬のプチプラ2コーデ 【女っぽコーデ】ニット×くすみブルーのプリーツスカート \Instagramもやってます◡̈*❤︎/ 中島 真亜沙のInstagram
  • フェミニンとも、マスキュリンともつかないアンドロジナスな容姿、そしてスタイリスト顔負けの抜群のファッションセンスで、モデルのみならず幅広い活躍を見せる畠山千明さん。モードシーンで支持を集める原宿のヘアサロン、ワルシャワでスタイリストとして活躍する畠山遥さんと結婚したのは2014年のこと。「結婚式にはそもそも興味がなかったんです。式を挙げようとは思ってませんでした」。 なぜ5年越しで式を挙げることを決意したのだろう。そんな素朴な疑問を聞くと、こんなエピソードを話してくれた。「去年の10月に、大好きだった母方の祖母が亡くなったんです。その時に、大好きな人と、もっとたくさんの思い出を作りたいと強く感じました。私の花嫁姿を見たら、きっと喜んでくれただろうな、って。両親やおじいちゃん、おばあちゃんを喜ばせたい。それが大きな理由でした」。結婚式を挙げると決めたら、導かれるようにすべてがいい方向へ固まっていったそう。「祖父母のことを考えると何よりも早くしたかったので、準備期間はほぼ2カ月! 会場は知り合いに紹介された原宿のカフェがイメージにぴったりで即決。ドレスも1カ月でオーダーメイドで作ってくれるブランドに出合えたんです」。 アニー・レノックスかと見紛う鮮烈なオレンジヘアに、シンプリシティを極めたホワイトの “ローブ ドゥ マリエ”。足元には彼女らしい、「Maison Margiera(メゾン・マルジェラ)」の “Tabi” ブーツを合わせている。ポートレートを撮るからと、カメラの前に案内すると、普段モード誌で見かける強い視線を向ける。何だろう、花嫁っぽくない。 もう少しラフに、ウェディングなんだから、と指示を出すと「結婚式的な写真、苦手なんですよね」と笑う。そう、彼女はいわゆる世間一般でいう “女性らしさ” と一味異なる、独自のスタイル美学を持っている。 そんな彼女が、晴れの日に選んだのは、オーダーメイド専門のドレスメーカー「Quantize(クォンタイズ)」で誂えたサテンのドレスだ。「とにかくシンプルなもの、と要望して作ってもらいました。バックスタイルとトレーンにとことんこだわりました」。 profileヴィンテージショップのスタッフなどを経て、モデルとしてインターナショナルで活躍中。美容師の畠山遥さんとは2014年3月に結婚。4歳になる愛娘キカちゃんとともに、2019年11月10日、原宿のカフェ「Ones Jingumae(ワンズ 神宮前)」にて50名を招待し結婚パーティを行った。二次会は同会場で、150名のゲストがお祝いに駆けつけた。ワンズ 神宮前 http://onesholdingcompany.com/クォンタイズ http://www.quantize-dressline.com/メゾン・マルジェラ https://www.maisonmargiela.com/jp ドレスに合わせたハンドアクセサリーは、スタイリストの仙波レナさんのアイデアによるものライブイベントのフライヤーかと見紛うウェルカムボード。写真は5年目の結婚記念日に撮影した会場となった、原宿のワンズ 神宮前式が始まる前に会場に入ると、ネームプレートをひとつひとつテーブルに置く千明さんの姿が。
  • 夜のパーティは、同じく原宿のカフェで開催。ゲストの負担にならないよう、自由な時間に来てもらう形式にしたそう。「これまで仕事でかかわってきた方など、たくさんの方が駆けつけてくれ、みなさんに感謝を伝えられる場になりました」。 10代の頃から、エッジの効いたファッションセンスで、ストリートシーンで異彩を放っていた千明さん。その独自のスタイルは、結婚し、母親となった今でも健在だ。 「少し前のこと、キカがふとこう言ったんです。私も大きくなったら、ママみたいにオレンジの髪の毛にして、お耳にいっぱい金色の輪っかつけたいって。自由にファッションやメイクを楽しんでいる姿が、キカのインスピレーションになる。それを実感し、すごく感動しました」。将来のことを聞くと、いつか自分のブランドを始めたい、と夢を聞かせてくれた。「洋服が大好き。ファッションが大好き。幸運にも、私は仕事でファッションと密接に触れていられる。この経験を生かして、もっと多くの人たちに、ファッションの楽しさを伝えたいです」。モデルとして、ストリートシーンのアイコンとして、そして妻であり母親として、生き方を謳歌し、挑戦し続ける彼女から今後も目が離せそうにない。 「わたしらしく」装ったゲストたちのパーティスナップ公開↓
  • 三菱電機のコードレススティッククリーナー「ズバキュー」が毎日の掃除の負担を軽減してくれるかも!? 現在発売中のLEE1月のP148「ポートレイト、子どもの絵・工作…「家族を飾る」アイデア」にて、お宅を取材させていただきましたモデルのasacoさんが、三菱電機のコードレススティッククリーナー「iNSTICK ZUBAQ(ズバキュー) HC-JD1J」の発表会に登壇されたので取材してきました!   使いやすさと見た目のスタイリッシュさのどちらも◎な掃除機でした! 収納せずともリビングなどに置いておく事ができ、インテリアとしてもなじむ高級感のあるデザインが特徴です。 asacoさんの自宅ではリビングに置いているそうで、すぐに使えるのでお子さんが床を汚しても自分で掃除をするようになったそうです。 使い方は簡単で、写真のように手前に引くと通常のスティッククリーナーとして、上に引くとハンディクリーナーとして使用できます。 モーターとダストボックスが上部に付いているので(目からウロコ)、床ギリギリまで手持ち部分を降ろすことができるます。ベッドやソファの下のお掃除も楽々です。スイスイほこりを取る事ができましたよ♫ ヘッドブラシには絨毯のごみを掻き出すためのブラシ、アレルギー物質を抑制するブラシなどが合わさった優れもの。そして、回転ブラシを引き抜くと、絡みがちな髪の毛をワンタッチで除去できる機能も。 ゴミを吸い込むのが掃除機なのに、なんとフィルターを通したきれいな空気を排出して落ち葉やサッシの埃を掃き出すエアブロー機能付き!     掃除機って、吸うだけじゃ無かったのか… 標準モードでは約40分の連続運転ができるそうなので、これ一台であらゆる掃除のシチュエーションに使いこなせそうな予感がしました。 実際に試してみないとわからない事だらけでしたので、気になった方はぜひお試しあれ〜。(Nやす) #magazinelee #LEEweb #掃除機 #掃除 #コードレススティッククリーナー @hiratoko_asaco さん #年末の掃除 #zubaq #instick
  • 久しぶりのZARAパトロールでみつけたワンピースとバックのご紹介ですZARAは、実店舗が生活圏内にないため、 通販で利用する事が多いのですが 久しぶりに店舗に足を運んで購入したモノを ご紹介させていただきます。バックとワンピースがZARAです先ずは時間がない朝にも助かる ワンピース 画像だとちょっと目がチカチカして申し訳ないのですが 細かいチェック柄 置き画だとわかりにくいですが 袖はパブスリープ ウエストの切り替えが ハイウエスト部分にあるので スタイルUP効果もあります バックスタイル後ろから見ても、首もとにリボンがあったり バックスタイルもキレイです。 置き画より 着た方がスタイルUP効果もあり ラインもキレイなワンピースです。仕事ではジャケットを重ねます1枚でも素材も柔らかく、袖にボリュームがあるので、ラインがキレイです あえてお伝えするべき事は 薄手なので、これからの時期は ロングカーディガンを重ねたり アウターもロング丈のものを 重ねないと足が寒いかもしれません。 今はタイツなどや あったかインナーも 増えているので 個人的にはあまり気になりませんが。。。 ご参考までにリンク貼っておきますね↓プリーツワンピース◀◀◀続いてバックのご紹介です。 普段バックは あまりプチプラで取入れる事は ないのですが、 ZARAのバックは 手っ取り早くトレンドを 取入れる事ができるので たまにチェックします。 少しエッジがきいたデザインで 斜めがけにしても使えて、 ショルダー部分が太くて カラーも意外とどんな色ともマッチする 「ボルドー」なので カジュアルコーデにも重宝しています。横からのフォルムもツボ中も二つに仕切られていています財布、携帯、ハンカチ、リップなど 最低限の荷物は入れる事ができるので ミニバックになれている方なら 違和感なく使えると思います。 こちらもリンク貼っておきますね↓ミニマルミニクロスボディバッグ◀◀◀ 驚くべきは、お値段!!! 二つとも 4990円(税込) 二つ買っても 1万円しないって驚きですね。 だからZARAはやめられない(笑) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・My Instagram ←←←☆アメブロはこちら←←←☆美女組No.100Macoのブログ
  • 物を大切にしたい気運が高まる今だからこそ、情熱がほとばしるような買い物体験がしたい。そこで、おしゃれ賢者たちがどうしても欲しかったあのアイテムの、魂がふるえるほどのエピソードを教えてもらおう。ディオールの「サドル」バッグバッグ「サドル」〈H20×W25.5×D6.5〉¥400,000・ストラップ¥115,000/クリスチャンディオール(ディオール) 女優・新木優子さん メゾンの美学をデイリーに楽しむ メゾン初の女性アーティスティック ディレクター、マリア・グラツィア・キウリによって蘇った「ディオール オブリーク」。全面にブランドロゴを配した革新的なデザインは、1967年にマルク・ボアンが考案したもの。最高級のエジプト綿に描かれた、立体感のある総刺しゅうが特徴的。 「ディオール オブリークは、ヴィンテージも集めているほど大ファン。マリア・グラツィアのモダンな新解釈で毎シーズン刷新され、いつも心奪われています。乗馬に着想を得た『サドル』バッグも愛用していますが、新作は今までよりもソフトな作りで、とても使い勝手がいいんです。スタイリングの仕上げにメゾンの美学が詰まったバッグを持つと、装いがアップグレードされるのと同時に、自然と背筋が伸びる感じが好き。これぞトップメゾンの持つパワーだと思います。ストラップをつけ替えたり、イニシャルを入れて、パーソナライズできるのもうれしい」 フォロワー数320万人を誇る新木さんのインスタグラムでは、シンプルできれいめな私服もチェックできる。「ブルーが基調のオブリークは、デニムとの相性も抜群。デニムonデニムなどの上級スタイリングのスパイスとしても大活躍。洋服がカジュアルなときも、バッグやアクセサリーは少しリッチに、が私のおしゃれポリシーです」 新木さんはディオールのショーを現地で見る機会も多い。「マリア・グラツィアへのご挨拶とお礼を兼ねて、毎回バックステージにうかがっています。オートクチュールのときには、お着物を羽織っていらしたのがとても素敵で印象に残っています」。2児の母でもあるマリア・グラツィアのデザインは、自由で開放的でありながらどこかやさしく、女性ならではの繊細さと機能美を兼ね備えている。実際に使う私たちの気持ちに寄り添うバランス感覚こそ、今の時代に求められるものなのかもしれない。「メゾンの歴史をリスペクトしつつ、常に新しい発想で私たちを驚かせてくれるマリア・グラツィア。次のクリエーションも楽しみですし、彼女の仕事に対する姿勢は、自分の励みにもなっています」 新木優子/Yuko Araki2014年に『non-no』の専属モデルとなり、一躍人気に。ドラマや映画など、女優としても活躍中。現在放送中のフジテレビ系ドラマ「モトカレマニア」(毎週木曜夜10時〜)では主演を務めている。マメの「タートルネックニット」とイシカワの「洋服ブラシ」タートルネックニット¥78,000/マメ カスタマーセンター(マメ) 最高級生地も傷めずほこりを落とす尾脇毛を使用。洋服ブラシ¥50,000/シンフーライフ(イシカワブラシ) 作家・朝吹真理子さん 好きすぎて旅先へも一緒に 「友人に『きっと似合うよ!』とすすめられて以来、よく着ているブランドのマメ。デザイナーの黒河内真衣子さんを尊敬しているのと、彼女の服飾の未来に対する真摯な姿勢にも共感しています」と語る朝吹さん。「昔から黒のタートルネックが好きで、できれば一年中着ていたいくらい。ハイゲージのぴったりしたものを愛用していたのですが、今季は久しぶりにオーバーサイズに惹かれました。スタイリストの清水奈緒美さんから、さらにワンサイズ上げたら、とアドバイスいただいたので、大きめのサイズ3をセレクトしてみました。ネイビーと黒、二色買いするほど惚れ込んでいます」 極上のカシミヤが抜群の着心地をかなえるタートルネックニット。長く使えるよう、ディテールまでこだわってデザインされているのが魅力だ。一見するとシンプルなシルエットながら、いざ着てみると絶妙なニュアンスが生まれ、すとんとしたIラインになるところがお気に入りだそう。「ゆるめのストレートパンツに合わせています。マニッシュに着こなすのが気分です」 マメのニットの手入れにも愛用しているというイシカワブラシは、馬の稀少な尾脇毛で作られた世界最高峰の洋服ブラシ。「友人や母など、周りの人たちが絶賛するので、ずっと気になっていて、最近購入。木目がひとつずつ違うので気に入ったものを吟味しました。出かけるときや帰宅したときなど、こまめにブラシするのがいいらしいのですが、力がいるし面倒だなあと思うこともあります(笑)。ただ、お手入れをしていると、どうしてこの服が好きなのかとか、この服を着て出かけたときの思い出なんかが浮かんできて、楽しい。最終的には無心になり、かけ終るとスッキリする。ちなみにブラシをかけるのは下手らしいのですが、自己満足で楽しんでいます」。今では、ハイブランドからユニクロまで、可能な限りなんにでもこのブラシを使っているとか。「着たらブラッシングして、ちょっと陰干し。毛玉ができにくくなったし、クリーニングの頻度が減りました。あまりに気に入ったので、旅行にも持参しています」 朝吹真理子/Mariko Asabuki1984年、東京都生まれ。2009年に「流跡」を発表し、作家デビュー。2010年に同作でドゥマゴ文学賞を、2011年に「きことわ」で芥川賞を受賞。近著に、小説『TIMELESS』(新潮社)、エッセイ『抽斗のなかの海』(中央公論新社)がある。グッチの「シルヴィ 1969」バッグゴールドチェーンを取りはずせば、クラシカルなワンハンドルバッグに。プレキシガラスバッグ「シルヴィ 1969」〈H15.5×W20×D5.5〉¥343,000/グッチ ジャパン(グッチ) DJ/クリエイティブ・ディレクター/着物スタイリスト マドモアゼル・ユリアさん 装いに私らしいインパクト 日本を代表するファッションアイコンとして、国内外で活躍するマドモアゼル・ユリアさん。ハイモードにも精通する彼女がラブコールを送るブランドのひとつがグッチだ。「クリエイティブ・ディレクターがアレッサンドロ・ミケーレに代わってからの新生グッチは、カラフルで華やかだけど、毒っ気やオタク感もあって、われながら相性がすごくいいんです(笑)。ヴィンテージ調のレトロな雰囲気がありつつも、描かれている女性像はとても現代的。アートや音楽など、さまざまなカルチャーを積極的に取り込んでいる姿勢も時代の気分に合っていて素晴らしいと思います」 そんなアレッサンドロが手がけた新作バッグは、ブランドを象徴する「シルヴィ」の1969年アーカイブスにトリビュートを捧げたデザイン。「なんといっても色と形、素材使いにひと目惚れ。ポップなピンクのプレキシガラスが、40年代にはやった樹脂素材のルーサイトバッグみたいで、絶対に欲しいと思いました。ベビーピンクのドレスに濃いピンクのアクセントとして投入したり、ピンクから赤のグラデーションでまとめた着こなしの名脇役として愛用しています。チェーンとリンクしたゴールド系のアクセサリーを合わせて少しリッチなムードもプラス。大人だからこそ、思いきりスウィートな着こなしを凛としたアティチュードで楽しみたい」 着物スタイリストでもあるユリアさんならではの提案も。「ゴールドチェーンを取りはずして和装にも合わせてみたいんです。先述したヴィンテージのルーサイトバッグもお着物にとてもよく合うので、プレキシガラスもモダンなアクセントとして活躍してくれるはず」 モードをこよなく愛するユリアさんにとって、ファッションは自分を表現するツールのひとつ。「パリコレやブランドのパーティ、DJイベントのような“魅せる”装いが求められるシーンに招かれる機会も多いのですが、そのときそのときのドレスコードに寄り添いながらも自分らしいスタイルを提案するように心がけています。私らしい要素といっても、いろいろありますが、なかなか言葉で表現するのは難しい……。あえて言うなら、“内面を見せること”。もしかするとパーティガールなイメージを持たれているかもしれませんが(笑)、人生とは日々勉強です」ときっぱり。多忙なスケジュールの合間をぬって、週末は大学で歌舞伎や着物などの日本文化を学んでいる。「モードを着こなすには、知性もすごく重要な要素だと思っているので、これからも好奇心を持って学び続けていきたい。私にとって買い物は楽しみであり、義務。令和も魂がふるえるショッピングに邁進します!」 マドモアゼル・ユリア/Mademoiselle Yulia10代からDJとして活動をスタート。現在はデザイナー、コラムニスト、着物スタイリストなど多彩に活躍するファッションアイコン。現在BSテレ東で放送中の「ファッション通信」ではアンバサダーも務める。バレンシアガの「ドット柄ロングドレス」ストレッチのきいたベルベット素材が官能的なボディラインを演出。ドット柄イブニングドレス¥309,000/バレンシアガクライアントサービス(バレンシアガ) スタイリスト・伊藤順子さん 女度MAXなドレスアップをかなえる パーソナルスタイリストとして、膨大な量のファッションアイテムに触れる伊藤さん。確かな審美眼で選び抜いた今季のベストドレスは、バレンシアガのイブニング。「このドレス、素敵でしょ? ボトムにかけて優美なフレアシルエットになった細身のマキシ丈。フィッティングしてみて驚いたのがバックスタイルの美しさです。単刀直入に言うとお尻がプリッと上がって見える! ボディラインにごまかしがきかないスパルタドレスという点にも、チャレンジ精神をあおられて購入を即決」 ゆるやかに広がってなびくトレーンが、夜の装いにドラマティックなストーリーをもたらしつつ、カジュアルに仕上げたクルーネックやストレッチ素材のドット柄など、バレンシアガらしい遊び心のある上級バランスが魅力。「シルエット勝負のドレスは、さらっと一枚で着こなしたい。輝きのあるジュエリーをプラスしたいですね。年末はニューヨークで過ごすつもりなのですが、お招きいただいているイヤーエンドパーティで披露する予定です」 ハートを撃ち抜かれたきっかけは、デムナ・ヴァザリアがアーティスティック・ディレクターに就任して初めてのショー。「ファーストルックを飾ったアワーグラスジャケットに恋して以来、挑戦的なシルエットや、ボリュームの操り方に心酔しています。実はこのドレスに先駆け、アシンメトリーな袖が特徴的なリトルブラックドレスも購入。こちらはシアーなストッキングにレースアップブーツを合わせて楽しもうと思っています」 仕事柄、ドレスアップには独自のセオリーも。「自分の気分が上がることはもちろん重要ですが、ドレスアップする理由がポイント。装うことは、お会いする方、または伺う場所への敬意です。さらに自分の年齢や体型を加味し、仰々しくなりすぎないように気をつけています。言い方を換えると、悪目立ちしないこと。私は40代ですが、残念なことに圏外になってしまう洋服は年々変化します。客観性を持って検証するように心がけています」 モードなショッピングは仕事でもあり最大の趣味でもあると言いきる伊藤さん。「文明の発達ありがとう!と心から感謝するほどネットショッピングは不可欠なものに。が、それ以上に愛しているのがお店でのお買い物。どれほどマニアックにファッションが好きでも、ショップの方以上にそのブランドに精通することは不可能なのでは。信頼できるスタッフの方のアドバイスと自分の感性のコラボレーションこそ、オフライン・ショッピングの醍醐味。ショッパーを持ってお店を後にする高揚感から、当分逃れられそうにありません……!」 伊藤順子/Junko Itoパーソナルスタイリスト。自他ともに認めるモード好きで、癒やしはレッドカーペットウォッチングとネットショッピング。最近のヒットはSKIMSのSHAPEWEAR♡ >>私を熱くした「お買い物」エピソード集
  • トレンド意識♡でも主張し過ぎないそんな感じをイメージして^_^これから年末年始、イベント続きで人に会う機会が増えそうですね。 先日のランチ会、案内が来て、まず何着ていこう…ドレスコードがないとなると、何を着て行くか1番悩むところ。 パーティーじゃなくて、ランチ会、気合いを入れ過ぎたドレッシーな格好はきっと浮いてしまうかな?と思って、普段のランチっぽいけど、オシャレ女子が集まるならと、私なりにトレンド感を意識した今年らしいコーディネートを、考えてみました☺︎ ♣︎トレンドのホワイト✖️キャメル ♣︎オーバーサイズのニット✖️マキシ丈スカート ♣︎ファー巾着バッグ ♣︎カラーコートはい、自撮り下手ですみません(^^;tops: barnyardstrom skirt: Mila Owen bag: sense of place coat: spick&span今季は、やっぱり白が気になります^_^毎年かもしれませんが。Marisolでも特集してましたね!白ハイネックは、着回しNO.1!いろいろなブランドから、似たようなデザインが出ていました。その中で、私が選んだのは、barnyardstromのもの。首周りを立てても着られること、背中にラインと切り込みがあって、スカートとのバランスも良かったこと、白といってもオフホワイト寄りな柔らかな色が気に入って、こちらに決めました。 キャメルスカートは、アシンメトリーで揺れると華やかな感じが少し特別感があるかなと選びました。先輩方に便乗して、編集長とお写真撮らせて頂き光栄です。はじめましての同期メンバー。 この歳で同期ができたこと嬉しいです♡@Longrain@恵比寿ガーデンプレイス主婦の私は、そんなにお金も使えないので、着回しできるベーシックなものを選びがちで、昔からファッションはコンサバです。 なんてことないコーデのようで、主張し過ぎずトレンドを意識する、初対面で好印象な柔らかいイメージが伝わればいいなと考えてみました(╹◡╹)♡ 着回して、年末年始乗り切りたいです!最後に余談ですが、ランチ会の後、母が出場したフラダンスの大会に駆けつけました!なんと、母のチームは優勝 ずっと練習してきた成果、仲間と喜び合い、自分の世界でキラキラする母から、私もそんな風に歳をとりたいなと刺激を受けました。おめでとう! そして、1日子守をしてくれた夫に感謝です♡ 最後までお読み頂きありがとうございました! kaai美女組No.180 kaaiのブログ
  • オシャレして出かけても、お店に着いてコートを脱いだら途端に〝冴えない人〟!?アウター脱ぐ前提の日、私のトップス選びは…クリスマスに忘年会…イベント目白押しの12月、オシャレして出かける機会がグンと増えますよね♬ そんな時いつも、 「コートを脱いでもステキな着こなし」に悩まされます。 一枚で着映えるトップスは、アウターを羽織るのに不向きなものが多い。 ボリュームあるタートルネックのローゲージや、タップリしたフレアスリーブのニットなどなど一枚で着るにはステキですが、アウターを羽織るとなると…(^^;; やはり、アウターをスマートに着こなすにはハイゲージもしくはリブのタートルネックなどシンプルで細身のニットがベスト。 ストールを巻くなら尚更です(^^) しかしですよ、その手のニットは〝あくまで他を引き立てる脇役〟であって、〝主役〟を張るには力不足… で、「待ち合わせ」して「コートを脱ぐ」日のコーデに悩むわけです。 しかーし、 今シーズンその両方を叶えてくれるニットに出会いました(^o^)たまたま試着して、今まで味わった事ない上質感に一瞬にして心を奪われたニット。 試着室でチラッと値札を見て、 そっと戻して帰りました。(笑) それ以来ずーっと頭の片隅にあって、事あるごとに思い出してはタメ息ついてましたが、なんと!セールでラストの1枚を発見! コレはもう運命だとばかりに、迷わずゲットしました(^-^)v ピュアカシミアが醸し出す極上の素材感、それを引き立てるニュアンスカラーによって〝着映え力〟は抜群! それに加えて、コートを着ても着膨れしない付かず離れずなシルエット。 まさに〝主役と脇役が合わさったパーフェクトニット〟なのです(^_−)−☆ 「着映え重視」と「使いやすさ重視」でニットを2枚買うのなら、こんな極上の1枚も候補に入れてみてはいかがでしょう!?先日【ファッションお茶会】を開催しました♬ カフェでお茶して、その後ショッピングクルーズ。 モチロン着ていったのは、このニット❤︎ 華やかに彩られた神戸の街で、楽しい時間を過ごしてきました。アメブロも更新しています↓bemi's small&simple Style美女組No.52bemiのブログ
関連キーワード

RECOMMEND