4児のママが、気分転換に始めた「2つのこと」【シンプルで心地よい暮らしのコツ】

LEE

イヤイヤ期の2歳児双子&小学生低学年の2人、4児のママであるLEE100人隊No.001 himanaさん。

「最近、4人の子育ての大変さを痛感しております。平日はワンオペ。どんなにきつくても一人で家を回さなければいけないので、精神的にかなりハードな毎日です。少し前までは体力的にハードだったように思います。精神的にハードな方がキツイ……。夫に弱音を吐いたら、『1週間くらいどこかに旅行でも行って来たら?』と言われました。行けるものなら行きたい……。さすがに家を1週間も空けるわけにはいかないので(笑)」

日々、精力的に暮らしを楽しむhimanaさんですが、4児の子育てでハードさを実感しているそう。

そんな彼女が、旅行に出かける代わりに最近始めた気分転換とは?

「最近は気分を入れ替えるために、家を整えることに徹しています。各部屋色々整えているのですが、最近はキッチンとダイニングを整えることを主にやっていました」

 

試したこと1:トースター、電気ケトルの断捨離

「食パンをフライパンで焼くのにハマってから、トースターの出番がほどんどなくなってきました」というhimanaさん。

「しばらくなくして生活してみたら、全然不自由なくて。むしろ見た目的にキッチンが少しすっきりして気持ちが良くて。パンのリベイクは魚焼きグリル(我が家は魚焼きグリルでは魚は焼かない)やフライパンで美味しく出来ることも実証できたので、思い切って断捨離しました。そして、電気ケトルも。電気ケトルで沸かしたお湯よりも、直火で沸かしたお湯でいれたコーヒーの方がなんだかおいしい気がして。こちらも思い切って断捨離」

キッチンで求める使い勝手のよさは、各家庭によって異なってくるもの。
どこかのお宅では便利な必須アイテムも、わが家ではスペースを邪魔するもの、になってしまうことも。

誰かが“よい”と言っているから、ではなく、“わが家にとって本当に必要かどうか”を見極めることが重要なんですね。

試したこと2:シンボルツリーを購入

himanaさんが2つ目に試したのは、シンボルツリーをインテリアに追加すること。

インテリアで、見た目的な変化が欲しかった、というhimanaさん。

「双子たちに荒らされそうで躊躇っていたのですが、よく行くインテリアショップで『見た目的に変化を加えるなら、何を投入したらいいですか?』と相談したら、『グリーンですね!』と即答されて。なんだか背中を押されました(笑)」

選んだのは深い緑の葉が魅力のゴムの木。

「家に持ち帰って置いてみてびっくりしたのが、存在感はあるのに、前から居たかのようにスッとなじんでくれたところ。双子たちは『かわいいね~』と数日は興味を示していたものの、荒らすことなく。今のところ無害です。リビングに置くと気になるかもしれないと思い、あえてダイニングに置いたのですが、これがよかったかなーと思っています」

インテリアに追加するものは、家具や雑貨、家電だけでなく、グリーンという選択肢も。視覚的な効果だけでなく、癒しの効果もありそうですね。

himanaさん流暮らしのコツは、「家族が多いからこそ、物は少なく」

「我が家は6人と大家族なので、物は少なく、見た目的にすっきりを常に心がけています。収納も定期的に見直し、断捨離をしたりし、常に余白を持つことを意識しています」というhimanaさん。

こちらはリビングの一角にある、おもちゃのゾーン。4人の小さなお子さんがいるとは思えないくらい、スッキリと片付いています。

「わが家で見える部分に置いてあるおもちゃはこれだけです。あとはリビングに隣接する和室の押し入れの中か、子ども部屋のクローゼットの中にしまってあります。遊んでいる時に、ごっちゃりしてしまうのは仕方がないのですが、リセットしたときにすっきりしていたくて、今はこの形に落ち着いています」

いよいよ子どもたちの夏休みが始まる時期ですが、「少しでも(私が)穏やかに生活できるよう、引き続き家を整えることに徹します」とhimanaさん。

まだお子さんが幼く、双子ちゃんもいて、子どもの人数は4人、平日はワンオペ……と、大変そうな要素が重なっているにも関わらず、シンプルで心地よい暮らしを追求する姿は、とっても素敵。

毎日の育児をハードに感じたときは、himanaさんのアイデアを思い出してはいかがでしょうか。

関連記事
  • 今年の秋冬は、美味しそうなブラウン系の“カフェ色”が空前の大ブーム! コーデに取り入れるだけで、ガラリと今季らしくなると話題です。 そんな“カフェ色”のおすすめアイテムを使ったオン&オフの旬な着こなしをご紹介。   定番ベイカーパンツをコーヒーブラウンに変えて通勤コーデを秋仕様に! THE SHINZONE / ベイカーパンツ / ¥19,000 + 税 Demi-Luxe BEAMS / Demi-Luxe BEAMS / ドライギャバ ダブルジャケット / ¥36,000 + 税 人気のベイカーパンツを赤みブラウンにアップデートして、注目のダブルジャケットを羽織れば今季らしい通勤スタイルの出来上がり!   ROTHCO M-65 LINERS DS WASH / ¥8,800 + 税 THE SHINZONE / ベイカーパンツ / ¥19,000 + 税 相性抜群のカフェ色×カーキで休日コーデ。インナーとスニーカーで白を効かせてクリーンに決めて。   オフの日もチャイブラウンコートを気負わずに羽織って洗練カジュアル ! MICA & DEAL / ボア付きバッグトラックトレンチコート / ¥44,000 + 税 unfil / ローシルクリブジャージーTシャツドレス / ¥17,000 + 税 休日のスタメン”カットソーワンピ×スニーカー”にもさらっと羽織れば、こなれ感アップが簡単に叶います。頭に巻いたスカーフ、斜めがけポシェットで、コーデにアクセントを。   BEIGE, / MOVAL / ¥38,000 + 税 MICA & DEAL  /  ボア付きバッグトラックトレンチコート  /  ¥44,000 + 税 タイトスカート×トレンチで定番お仕事スタイル。無難な合わせでも、ダークカラーのチェックでぐっと今季らしいスタイルに!   その他コーディネートアイテムはこちらでご紹介です!
  • まるで焼いたようなくすみ感のある「ベイクドカラー」が今季のトレンド。ピンクやグリーンもブラウンコーデになじみやすいトーンになっているので、大人でも照れずに取り入れられるのが魅力。ブラウンワントーンに合わせたおしゃれ配色で秋のスタートを切ろう! WHAT 's ベイクドカラー? まるでベイクド=焼いたような、ニュアンスのあるくすみ色のこと。今季はきれい色もこのトーンが多く、大人も照れずに楽しめる。 焼き菓子のように美味しそうな、なじませカラーが秋のトレンド。(左上から)マスタード色、濃いくすみピンク色、淡いくすみピンク色、ピスタチオ色、オレンジ色、ラズベリー色 シナモンブラウン×ピンクが新鮮!いつものフェミニンがぐんとあか抜ける 黄み寄りのブラウンには同じ色調のくすみピンクが好相性。配色のムードを損なわないようコートは軽やかなベージュを。チャーミングな女らしさでコンサバを更新して。コート¥90000/ボウルズ(ハイク) ニット¥10000/トゥモローランド(マカフィー) スカート¥17000/ルーニィ バッグ¥48000/コード(ヴァジック) スカーフ¥5900/アルアバイル ピアス¥21000/ショールーム セッション(マリアブラック) 時計¥21000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(オリビア・バートン) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/中村アン 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 撮影協力/グリッチコーヒー&ロースターズ ※BAILA2019年10月号掲載
  • 只今発売中のエクラ10月号についているストラスブルゴのガーメントバッグ♪その多様性ったら!!私はずっと気になっていたキッチン用の手拭きと食器拭き用のふきんの収納ケースとして使ってみる事にしました♪昨年のこの時期にも付録についていたストラスブルゴのトートバッグとセットにしてスタイリッシュなキッチンへ。ふきんの収納って結構悩みませんか?私はずっと定位置が定まらず、食器棚の浅めの引き出しに入れても出し入れし辛く、最近はアイアンのラックに入れていたのですが、むき出しの為衛生面と景観が気になっていました。そこで今回のガーメントバッグに入れてみることに! アイアンラックに入れていた分全部収納出来ました。 パンパンになっても程よく伸縮してくれて違和感ないしいい感じ!オーブントースターの上は熱くなるので、乾物なども劣化が早そうで躊躇。ふきんを置くのにぴったりです!!ふきん掛けまでもすぐなので動線もバッチリ!昨年のバッグはキッチンツールカバーとして❤︎こんなにスッキリまとまり、ようやく定位置が見つかりました♡ガーメントバッグを旅行時や普段バッグとしても使いたいので、もう一冊買ってきました♪♪ 間に合って良かった〜✨ ❤︎Instagramはこちらです❤︎華組 宮原江里子ブログ
  • 毎年恒例の日帰りバスツアーに今年も親友と行ってきました! バスツアーは乗っているだけで色々なところに連れて行ってくれるし特典も沢山あるのでオススメです♪ 今回行ったバスツアーをご紹介します♪ スタートは東京駅に7:15分! (少し早めですが頑張りました) まずはじめの目的地は山梨県にある鳴沢氷穴! 鳴沢氷穴は青木ヶ原樹海にあり今から1150年以上前、富士山の側火山長尾山の噴火の際に古い寄生火山の間を灼熱に焼けた溶岩流が流れ下ってできたのが、このトンネル式になったもののことです。 中に入ると一周ゆっくり回っても15分ほどで回れます! ひんやり寒いので長袖必須! この時は0度でした。 中にはこんなに氷が。 それでもだんだん溶けてきているそうです。 続いてはお昼ご飯♪ ボリュームたっぷりのご飯でした〜! そしてお腹いっぱいになって向かった先が富士山五合目! 今回私たちは初の富士山五合目でしたが、、、なんと霧がすごくてこんな感じでした。。 神社を発見! おみくじも引きました♪ 富士山五合目にはメロンパンがあるそうでこちらのメロンパンを購入!ここでしか買えないそうで今回はHISのロゴ入り! パン活もしっかりしてきました! 富士山を後にし、最後はいよいよ巨峰狩り!! 巨峰を食べ放題ということで2人でもぎ取りながら食べました! 合計5房!! お腹いっぱいになり大満足!! 日帰りで色々なところに連れて行ってくれるバスツアー、秋はフルーツ狩りや紅葉などもあるのでオススメです♡
  • 運動も勉強も苦手で、恋にも奥手。そんな高校生の町田くんが得意なのは「人を愛すること」。彼の周囲には、隠れ町田くんファンがどんどん増えていくのでした!ラグビーワールドカップ、いよいよ始まりました~! むくつけき男たちの肉弾戦!!(字面がなんかいやらしい)シビレますね。4年前のイングランド大会では、五郎丸の麗しい勇姿に老いも若きもみんな夢中なりましたが、今回の日本大会でも素敵なラガーマンに出会えることを期待してま~す♪ さて、今週ピックアップするマンガ『町田くんの世界』は、肉食系ラガーマンとは正反対のポジションにいる高校生の町田くんが活躍する物語です。町田くんは、運動も苦手なうえに、テストも赤点。見た目も地味系で、キラキラ度ゼロ。少女マンガの主人公としては、ありえへんキャラです。 そんな彼の唯一の長所といえば、「人間が好き」というところ。人に興味があるから、周囲の人のことをとてもよく見てるし、自分のことのように考えられるんですね。だからクラスメートが悩んでいるとき、家族が困っているとき、救いの手を差し伸べることができるんです。町田くんに心のツボを押された人は、やがてみんな彼のファンになっていきます。 そんな中のひとりが、同級生の猪原さん。すごい美人で成績も優秀ですが、中学生のときにイジメられた過去を持つ彼女は人間不信で、授業もサボりがち。そんな彼女も町田くんのやさしさに触れ、次第に心をひらき、やがて町田くんに惹かれていくのでした。 じつはパクチー先輩は、世の中、斜めに見ている歪んだタイプなので、町田くんのような人が本来は苦手。いやいや、他人にそんなわかったふうな口をきいてほしくないとか、偽善的だわーとかとか、突っ込みたくなるわけですが、町田くんはちょっと別もの。彼は人づきあい以外は、からっきしダメな人間で、要領が悪くて、不器用なんですよ。「町田くんもいろいろ苦労してるんだなあ」と思うと、そのやさしさがホンモノのように感じられるのでした。 何より周囲の人にとって、町田くんのような人がどれだけ心の支えになることか……。そういえば私の友人S子は、現在、小学生の息子を子育てしていますが、「勉強も運動もそこそこでいい、とにかく『大丈夫?』と人に話しかけることができるように息子に教えこんでいる」と言っていました。「これが言えるようになったら将来、絶対モテるようになるから」と……。未来の町田くんを育てているようです。すごいぞ、S子!! 一家にひとり、ぜひ町田くんを!! それでは、試し読み、どうぞ~!他の画像を見るパクチー先輩漫画大好きライター。女性誌や男性誌でインタビューやカルチャー企画を担当。手塚治虫の「W3」でマンガ愛に目覚める。「パクチーが持つ効能のように、みなさんの体内の毒素を排出してくれるような漫画を紹介していきたいと思います」
  • 景色も良く立地も良い、美味しいお肉のお店で楽しい時間。朝晩は涼しくなりだいぶ秋めいてきましたね。 日中はまだまだ暑くてノースリーブがなかなか卒業できません。。。 来週あたりから長袖かな。 昨日、初めて美女組のMakiさんとランチに行きました。 実は美女組の方とお会いするのは初めて。 まきさんは共通の友人がいたり、男の子ママだったり共通点があり ご縁を感じていたので、お会いできるのを楽しみにしていました。 写真では拝見していたものの、実物が1000倍以上美しくて スタイル良くてビックリ!!! おまけに性格も良くてとっても楽しい時間でした❤︎ マリソルのご縁にも感謝です。 肉厚で濃厚ソースのハンバーグ。 写真を撮り忘れましたが、スープ、パンorライス、飲み物がついて コスパも良く、美味しいお店でした。美女組No.147 mikaのブログ
  • 「最近どこに行っても混んでいる」という京都を訪れた人の嘆きの声にお応えし、取材スタッフが現地で見つけたとっておきのお楽しみ情報をご紹介。京都の寺社や料理店に卸してきたききだしの老舗「うね乃」が、工場見学をスタート。手作業で行われる工程の手間ひまを見学できるだけでなく、利きだしのワークショップも受けられる!だしの老舗では工場見学や、昆布と削り節のだしの飲み比べも!ライター・天野準子さん代々受け継がれた削り機もいまだに現役。削り節を作る際、最近ではセラミックの刃を使うことが多いが、こちらではこまめな手入れを要する鋼の刃を使用。セラミックで削るより表面にキズが多くできるため、少量で多くのだしがとれるそう手軽でおいしいだしの魅力を再発見うね乃 本店京都の寺社や料理店に昆布やかつお節を卸してきただしの老舗。昨年、本店横に新工場が完成し、工場見学をスタートした。「工場といっても、オートメーション化されておらず、どの工程も手作業。削り節になるまでにこんなに手間ひまがかかっているのかと感動します」(天野)。見学後は本店内で利きだしワークショップを受けられる。簡単なだしのとり方や昆布だしの産地別の飲み比べなど、体験者のリクエストやだしに対する経験値によって内容を変えるそう。「こんなに簡単においしいだしをとれるなんて驚き。料理への活用法も勉強になります」。店内には寺社御用達の札がワークショップを行うキッチンスペースうね乃副社長、采野佳子さん【DATA】 京都市南区唐橋門脇町4の3 0120・821・218 9:00~18:00(土曜~16:00) ㊡日曜、祝日、第2土曜 「工場見学+利きだしワークショップ」 60分¥3,000 おみやげつき 開催日時は営業時間内で応相談 3日前までの2名以上の要予約>>「京都」 記事一覧はこちら撮影/内藤貞保 竹田俊吾 取材・原文/天野準子 ※エクラ10月号掲載
  • 実際に30代で好きな人と結婚した人はどこで出会ってゴールインしたの? 既婚者に「結婚相手との出会い」エピソードを聞きました。そこには、婚活の成功例がたくさん! 疲れてでもやる理由、あるのかもしれない! 恋愛対象外だと思った彼。嫌々デートで印象が激変 友達が主催してくれた合コンで、一次会の様子から苦手だと感じてしまい恋愛対象ではないと思っていた人。二次会で会話をして、「飲み友達としてならありかな?」と思い、連絡先を交換。最初のデートも嫌々行ったが、そこで落ち着いて気取らずに楽しく過ごせたこと、直球で「タイプだ、本気で好きになってもらえるように頑張る」と言ってくれたことが素直にうれしく思えて、いつの間にか連絡が待ち遠しくなっていた。結婚を決める前から相手の親に会い、どんな家庭で過ごしていたかを感じ取れたこと。32歳という年齢的に、結婚を前提にという言葉をいただいていたこと。この二つがよかった!(35歳・銀行員) 婚活サイトでマッチング! 即同棲からの半年で結婚 34歳のときに婚活サイトでマッチングしたので、会うことになった。つきあってすぐ同棲。一緒に生活してみて苦にならない人で、半年後には結婚。基本的に私の意見が通るので、やりやすくていい意味で遠慮しなくていい相手だと思ったことと、自分とは違う性格で自分に持っていないモノを持っていて、好きというよりは尊敬したのが決め手! あとは私が悪いときでも注意するだけで絶対怒らないところも好きです。(35歳・経理) 女性も有料のマッチングアプリ、頼れる! 32歳のときに、女性も有料のマッチングアプリを利用して出会い、半年で結婚。おつきあいをする時点で結婚前提と言ってくれた、嘘をつかない、感情の起伏がない、職業&年収・実家の生活レベルがだいたい同じなことが決め手に。特に好きかも!と思った瞬間はないですが、一緒にいて安心できる、一緒にいて無言が続いても気まずくない、感情表現が豊かで、私を気づかってくれて最高です。(33歳・事務) 35歳、彼とのゴールインは、女性ばかりのパン教室での紹介から! パン教室に通っていたころ、女性ばかりで年配の方も多かったので期待薄かなと思いつつ婚活中アピール!同じテーブルで長く一緒に作業していた女性から「うちに独身であなたより年上だけどいい人がいるのよ」と、今の夫を紹介してもらいました。これまで好きな人がいても我を通して自分の気持ちを優先にしてきた私ですが、夫を射止めようと思ったとき、我を抑えました。結婚を前提につきあい、3カ月で結婚。お見合いに近い感じです。ちなみにキューピッドの女性は夫といとこ同士なので、パン教室仲間から親戚になりました(笑)。(38歳・専業主婦) 婚活パーティでカップル成立! 31歳のときに参加した婚活パーティで、お互いが気になる相手でカップルに。1年9カ月のおつきあいのなかで、自分からライフプランを伝えました。リズムが合うし、返してほしい言葉を返してくれるし、相性がいい!(33歳・公務員) 結婚相談所の紹介でお見合い。住職OKフラグが効いた⁉ 登録していた結婚相談所で、住職の方からお見合い希望をいただきOKしたら、私に住職紹介OKフラグが立ったのか、住職である夫を紹介いただきました。お見合いだけど、なぜか胸がときめいたんです! また、結婚前提のおつきあいなので、仕事や家庭、子どものことなどを最初から話し合うことができたのもよかった。もしあの最初の住職のときにOKしていなかったら、今の夫に出会うこともなかったかも。(34歳・兼業主婦) イラスト/いいあい 取材・文/東美希構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2019年10月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND