LEE8月号はともさかりえさんの季節連載“4 Colors”Basicが登場!

LEE

 

LEE8月号はともさかりえさんの季節連載“4 Colors”Basicが登場! カーキです!

季節ごとに色にまつわる、ベーシック名品を紹介する、ともさかりえさんの“4 Colors”Basic。夏のカーキをお届けしています!

本誌の撮影をしたのは、出演されている舞台「キネマと恋人」のお稽古をされている頃。そして先月は東京公演が連日行われ、7月は九州、兵庫、名古屋…と各地での公演へ。7/20、21盛岡劇場、7/26〜28りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館と続きます。

いまも梟島で暮らしてるんだりね!と、舞台「キネマと恋人」の町とその方言を思い出しながら、LEE8月号、カーキのムードを纏うりえさんにうっとり。ばりんこ素敵です!お見逃しなく!私はまず掲載されているグローサリー・トートを買う予定です。(S子)

#ともさかりえ さん
#4ColorsBasic
#季節連載
#カーキ
#LEE8月号
#次は11月号
#キネマと恋人
#LEE連載チームで観劇できた思い出
#カーキの奥深い魅力に気づきました
#magazinelee
#LEEweb

関連記事
  • LEE×ラシットのコラボバッグは、子連れお出かけにも◎ 発売中の10月号でも紹介しているラシット @russet_official とのコラボバッグ。 LEEコラボ限定でひとまわり大きくしたトートは、何かと持ち物が多くなる子連れ時にもあれこれ詰め込める包容力のあるサイズ感です。 そして、セットのショルダー付きポーチは、ストラップを短くすれば、子どものポシェットにも! 親子おそろコーデになって、娘も嬉しそうでした 写真2枚目のようにストラップをトートのほうに付け替えれば、斜めがけできて両手がフリーに。 これまたベビーカーを押したり、子どもの手を引いたりするときに大助かりです! ラシットならではのしなやか素材は、ほどよく体に寄りそってくれるから、斜めがけ心地も快適。 上質感があるのにとっても軽いから、肩も凝りません ・ 先日ミツコがアップしていたネイビーもシックで惹かれましたが、このベージュモノグラム×スモーキーピンクのツートーンは、大人の可愛さも漂う上品配色で、服にも色のなじみよし。どちらも絶妙なカラーリングで、迷っちゃいますね〜。 秋の行楽シーズンがスタートするこの時季、新調バッグにいちおしです!(M美) #ラシット #トートバッグ #ナイロントート #magazinelee #LEE10月号 に掲載中! 本誌で #蛯原友里 さんが持っている写真、とっても素敵なので必見!!
  • 季節連載「平井かずみさんが訪ねる 私たちがここに住む理由」の取材で北海道の洞爺湖にきました! 心配していた天気も大丈夫で、平井さんもノリノリ。撮影快調です!   (HT子) 掲載は #LEE12月号 #平井かずみ #私たちがここに暮らす理由 #洞爺湖 #ラムヤート #anancoffee #magazinelee
  • アウトドア大好きAYUMIさん登場!   アウトドアブランド「モンベル」会員向けの大人気イベント、「モンベルクラブ・フレンドフェア2019秋」横浜が開催され、AYUMIさんのトークショーが! 家族で登山やキャンプを楽しんでいるAYUMIさん。心に残る言葉がたくさんありました。 涼しくなってきて、秋の気配が感じられるようになったら「キャンプに行きたいね」とAYUMIさんの子どもたちが言い出して、季節の空気を家族で感じられて、自然と共有できるのは良いことだなと思ったというお話。形あるものでなくても、何かしなくても、みんなで秋の気配を共有できたということに幸せを感じられる。そうありたいなと思いました。 また、いつも丁寧な食生活を送っているAYUMIさん。でもアウトドアクッキングは、本当に簡単なものでいい、疲れているときに手を抜けるものを用意しているというお話も参考になりました。キャンプごはんは特別に考えてしまいがちですが、みんなで作ったり、役割を分担したりという時間を楽しめばいいんだと改めて思いました。5連泊キャンプをしたときは、用意してきたもので「足らせる」「足りさせる」、あるものの中で「足らせる」料理をしたというお話も心に残りました。 AYUMIさんが大切にしていることが優しく、トークショーの40分間が癒しの時間となりました! 具体的な登山のお話やレシピももちろんとても参考に。ステキな時間をありがとうございました!   イベントは楽しい催しが盛りだくさん! モンベルクラブ・フレンドフェアは、カヤック、クライミング、アスレチックなどの体験ができたり、全国の観光や特産品などのブースを回ったり、盛りだくさんの内容で、我が家も毎年楽しみにしています。小さい子たちがストライダー体験している姿も可愛かった! 次は、2019年11/2、11/3に大阪で開催! 発売中のLEE10月号でも「秋キャンプ服」特集をしています。AYUMIさんとスタイリスト福田麻琴さんと富士西湖の近くで撮影しました! こちらもぜひ読んでください。S子 #AYUMI さん #montbell #モンベル #モンベルフレンドフェア2019 #magazinelee #LEE10月号 #秋キャンプ服
  • スタイリストの松村純子さんの素敵な秋コーデ この数日間ですっかり秋らしくなりましたね 秋本番の着こなしがしたくなってきたところ、 スタイリストの“まつじゅん”こと、 松村純子さんからとっても素敵なコーデが届きました ・ ひとつは茶のモックネックニットに ネイビーのフレアスカートという 上品ながらも旬の色合いを効かせたコーデ。 トートもダークブラウンで色リンクすることで 全体がとてもまとまった印象に♪ もうひとつはちょっとしたお出かけにぴったりな カーキのきれいめワンピに 黒のショルダーバッグ。 ウエストを少しだけ絞ることでメリハリのある シルエットに仕上がりつつ、伸縮性のある カットソー地と背中のゴム使いで 「すごく着心地が楽!」とまつじゅん。 ちなみにバッグはショルダーを外してクラッチ風にアレンジ こちらはアフタヌーンティー・リビングとLEE&松村純子さんとコラボでつくりました! それでは、みなさん 素敵な秋をお過ごしくださいね!フクヘンAH #magazinelee #LEEweb #AfternoonTea #AfternoonTeaLIVING #アフタヌーンティー#アフタヌーンティーリビング #コスパ のよさも自慢です #LEE10月号 #松村純子
  • 美人、現在進行形──。その秘密とこだわりに迫る! 安達祐実という奇跡今、あらためて多くの女性から支持を集めている、安達祐実さん。年齢を重ねるほどに美しく、愛らしく、そしてナチュラルに進化し続けている。そんな美の秘密をたっぷり教えてくれました!「ナチュラルなメイクにポイントカラーをきかせるのが好き」(安達さん)どんな時も気分を大切に。ポイントを絞ったメイクで“今の自分”を表現する!安達祐実さんの愛用コスメ❶美しく透き通った素肌のように仕上げてくれる。軽やかなつけ心地も魅力。ロングラスティング リキッドファンデーション SPF22・PA++(全10色)30㎖¥9000/アンプリチュード ❷気になる肌悩みに合わせて、色を使い分けられる。TV&MOVIE モイストミネラルコンシーラーUV SPF50+・PA++++¥4000/ナチュラピュリファイ研究所❸豊富なカラーバリエーションが魅力のシリーズ。確かな発色で、視線を引きつける印象的な目もとに仕上がる。スモール アイシャドウ ルール¥2500/M・A・C❹植物由来オイル高配合で、肌に溶け込むように密着。大人の遊び心を感じるカラーと絶妙な発色で、目もとメイクが楽しくなる。ヴォランタリー アイズ 28¥2000/セルヴォーク❺頬にほどよい血色感を演出。ノンパールでマットな仕上がり。ザ ブラッシュ 011¥2800/アディクション ビューティ❻上品なパール感とほんのり感じる青みが魅力のピンクチーク。単色使いはもちろん、ほかのカラーと組み合わせて使用すれば、イメージを自在に操れる。インジーニアス パウダーチークス N 01¥3000/RMK Division❼唇の水分によってピンクに色づき、ナチュラルな口もとを叶えてくれる。単体で使用するのはもちろん、手持ちのリップを重ねづけしても。ストールンキス エンハンサー 001¥2800/アディクション ビューティ❽べたつかず、しなやかでなめらかなつけ心地。潤い成分配合で、ふっくらとした口もとを演出。リップグロス N 1675¥3100/NARS JAPAN安達祐実さんのメイク方法20代のしっかりフルメイクから、素顔を生かしたシンプルメイクへとシフトした安達さんの今のメイクテーマは、“シアー”。「素肌っぽい肌を目指して、ファンデーションは、『アンプリチュード』(①)のリキッドを半年前くらいから使っています。美容成分が入っていて肌への負担も少ないそう。コンシーラーは、『TV&MOVIE』(②)。ニキビあとは隠すけど、くまは隠さないナチュラル派(笑)。厚塗りして見えたり、小ジワが際立つのが苦手なので、光で飛ばすことを狙って、色味は肌の色に近いトーンではなくて、あえて白めを選んでいます」チークの塗り方にもこだわりのワンテクニックがある。「自然な血色感を出すために、まず『アディクション』(⑤)のピンクチークを頰の中心に丸く入れます。次に、『RMK』(⑥)の青みがかったピンクを、はじめに入れたチークのまわりにふわっとぼかすように入れます。どちらも薄く入れるとキツく見えないんです」リップも、今は“シアー”が心地よいのだそう。「最近、お仕事で濃いカラーのリップをつける機会が多くなり、その反動か、プライベートは唇がほんのり色づく程度のリップにシフト。特にお気に入りなのが『アディクション』(⑦)のリップ。これだけの時もあれば、この上から『NARS』(⑧)のベージュ系グロスを塗り重ねることもあります。読書も、同時に何冊も読み進めるのが苦手なタイプで(笑)。今日もバッグに入っているのはリップ1本だけです」そんなシアーメイクを愛する一方で目もとにはカラーを仕込み、ポイントとしてきかせる。「リップやチークは存在感を控えめにして、目もとにポイントカラーを持ってくるのが好きなんです。ついつい使いがちなカラーは、オレンジ。色味が絶妙な『M・A・C』(③)や『セルヴォーク』(④)のアイシャドウを使うことが多いです。今後は、パープルや鮮やかなイエローのアイライナーで、目尻にちょこっとカラーラインを入れて、遊んでみたいと思っているところです」YUMI ADACHIあだち・ゆみ●1981年9月14日生まれ。東京都出身。2歳で芸能界デビュー。94年に主演したドラマ『家なき子』が社会現象になるほど話題を呼ぶ。その後も、ドラマ、映画、舞台などで幅広く活躍。ドラマ『警視庁ゼロ係 〜生活安全課なんでも相談室〜 SEASON4』に出演中。また、素顔が垣間見えるデビュー35周年アニバーサリーブック『YUMI ADACHI A to Z』(双葉社)も好評発売中!新著『肌がきれいになる石けんオフメイク』が、9月20日に発売予定。石けんでオフできる、肌にやさしいメイクテクを学べる。(文藝春秋 ¥1400) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/海渡理恵 撮影/岩谷優一(vale.) ヘア&メイク/TORI. スタイリスト/船橋翔大(DRAGON FRUIT)
  • ニュージーランドのスーパーフルーツを使った、エイジングケアも叶えるスキンケアコスメ 「私たちにとってナチュラル&オーガニックコスメの聖地であるコスメキッチン。肌にのせたときの安心感がたまらない! その中でもLEE世代が注目したいのがニュージーランド生まれの「アンティポディース」。というのは、ナチュラルながらも使うとしっかり肌実感があり、エイジングケアにも働くから。オーガニックコスメにありがちな、物足りなさや不快感が見事にゼロ。使用後からすぐに肌がふっくらしたり、明るくなったりと変化してくれるから、ケアするのが楽しいんです! しかも、肌が敏感に傾いたときにも使える処方と、大人肌にとって至れり尽くせり!」(ビューティエディター・マリリン) アンティポディース (左から順に)オーラ マヌカハニーマスク 75mL ¥4500、ホザナ プランプセラム 30mL ¥4500、マヌカハニー ライト デイクリーム 60mL ¥6200、キウイシードオイル アイクリーム 30mL ¥5500(税抜) アンティポディースは、汚染の心配のない肥沃な土壌で生まれた栄養豊富な原料を使用。そこに、抗菌・防菌・抗酸化成分として期待できる、熱帯雨林の植物エキスを配合しています。さらに特徴的なのは、キウイ、ブドウ、ボイセンベリー、ブラックカラントなどのスーパーフルーツから抗酸化成分を抽出して作られた成分「ヴィナンザ」をエイジングケア製品に処方していること。肌が老化してしまう大きな原因のひとつである酸化に対して、さまざまな角度から働きかけ、若々しい肌をサポートしてくれるのです。 特に肌変化がわかりやすいのが写真の4点。 洗顔後すぐに使いたいクリーム状のマスクは、抗菌効果の高いマヌカハニーを含み、肌を潤しながら吹き出物や赤みを鎮静。使用後は肌がふっくら柔らかくなり、ワントーン明るく! 30代手前から落ちてくる肌の保水力をサポートしてくれるのが美容液。しっかりと保湿し、汚染や環境による酸化ダメージからも肌を守ります。 乾燥肌からオイリー肌まで、どんな肌でも使えるデイクリームは、マヌカハニーがクリアな肌へも導きつつ、ソーヴィニヨンブランのブドウ種子から抽出した抗酸化成分が肌を健やかに。しかもハチ毒がリフティング効果までもたらしてくれるのだとか! そして、早めに対処しておきたい目もとのエイジングケアには、ビタミンC豊富なキウイシードオイルを配合したアイクリームを。コラーゲンの生成を促進するアボカドオイルなどが、目もとのしわやしみなどにもアプローチ。 「香水やボディクリームなどで香らせたい朝に使うデイクリームや、鼻に近い部分を集中的にケアするアイクリームは無香料で使いやすい! 一方、マスクやセラムはフレッシュながらラグジュアリーな香り! 実はこの香りはエッセンシャルオイルフレグランスによるものなのだとか。人工的な香りではないから本当に心地よく、植物のエネルギーが感じられます。 オーガニックコスメを使いたいけれどエイジングケアのパワーが物足りない……と思っていたみなさん、ぜひ一度お試しあれ!」(ビューティエディター・マリリン) DATA BRAND || アンティポディース CATEGORY || スキンケア KEYWORD || #オーガニックコスメ #スーパーフルーツ #抗酸化 PRICE || ¥4500〜¥6200(税抜) TEL ||  03-5829-4712 HP ||  アンティポディース インスタグラム (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
  • 夏服をフレッシュに着るためにも、そろそろ秋を意識したい時期。重く見えない軽やか素材や秋の色を取り入れて、 少しずつおしゃれをスライド!事務所の先輩の舞台千秋楽の日。レース+ワンピで花屋さんへ♡ レースのトップスにワンピをはおったフェミニンな着こなしを、座っていて楽なデニムでカジュアルダウン。お気に入りの花屋さんに寄って花束をオーダー。待ち合わせに早く着いちゃった。秋服投入でご機嫌にお出迎え! 軽やか素材のスカートも、パーカとソックスを合わせれば途端に秋顔に。ソックスの色をベージュに合わせたのもおしゃれポイント。友達に誘われて地元のバーへ。ゆるシャツでこなれ感たっぷりに バーへは気張りすぎず肩の力の抜けたおしゃれをアピールしたいところ♪ さらっとはおったニュアンスのあるシャツの威力で、デニムコーデもグッと女っぽくなる仕組み。他の画像を見る▶︎▶︎ふみかのワードローブをチェック! [9/9]ピアス¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)[9/11]ピアス¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) 靴下¥1000/Tabio(タビオ)[9/13]ヘアピン(2本セット)¥300/SPINNS[9/17]ネックレス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ)[9/19]イヤリング¥2500/サンポークリエイト(mimi33) モデル/馬場ふみか 撮影/東京祐(tokyojork・モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/道端舞子  web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/コトリパン LUFF Flower&Plants WORKS
  • おしゃれプロをも虜にするsaquiの服から伝わるのは、デザイナーの深い愛情と冒険心、そして丁寧な仕事ぶり。 今季、LEEマルシェがセレクトした珠玉のラインナップをご紹介!   トップス&パンツをセットで揃えておけばいざというときも頼りになること請け合い saqui/ファリエロサルティ地 プルオーバー/¥19,000+税 手首がのぞく袖丈のプルオーバートップスは、タックアウトも絵になるサイドスリット入り。落ち感があるので、前だけインも難なく決まります。   saqui/ファリエロサルティ地 テーパードリボンパンツ/¥26,000+税 トップス(商品コード:330186)とセットアップで着用すると、ぐっときれいめに仕上がるのが大人気のテーパードパンツ。ブランド誕生からわずか3 年目にして、延べ3000本以上の売り上げを記録するベストセラーです。ゴム+グログランリボンのウエストでリラックス感がありながら、見た目はあくまできれいめ。日常から改まった席まで、幅広く使い回せます。ともにネイビーとブラックの2色。     ミニマムな美しさと着心地に感嘆の声続々! きれいめに装いたい場面でも大活躍するワンピース saqui/ファリエロサルティ地 ドルマンスリーブワンピース/¥31,000+税 老舗ブランドにも愛されるサルティ社製のバックサテンジョーゼットは、しっとりなめらかな肌触りが自慢。動きやすくてシワになりにくく、手洗いが可能な点も見逃せません。素材の質感を最大限に生かすため、デザインはごくシンプル。ワンピースはやや横広がりのネックラインや腕が動かしやすいドルマンスリーブ、細見えにきくコクーンシルエットが特徴です。saquiならではの立体的なパターンが、体をきれいに包み、すっきり見せに威力を発揮。やわらかい印象のネイビーと、シーンを選ばない万能ブラックの2色展開。     おしゃれの洗練感が一気に加速する、軽やかなチェックブラウス saqui/ロングタイ チェックブラウス/¥37,000+税 ブラウン×ブルー×白のトラッドなチェック柄と、上品な透け感が絶妙にマッチしたブラウス。生地をバイアス状に使うことで、体に沿った流れるようなシルエットが生まれます。一枚で着るのはもちろん、ジャケットやカーデのインにもおすすめ。ブラウンのインナーキャミ付き。長いボウタイは前でも後ろでも結べ、さらに結び目の位置の違いでも変化を楽しめます。 saqui/テーパードリボンパンツ/¥31,000+税 コットンシルクのパンツは、秋冬向けに丈を4.5㎝伸ばし、ウエストのグログランリボンを身生地と同じネイビーに変更した別注品。ゆったりとした腰から裾に向けてテーパードするラインはバランスがとりやすく、前中心と内側の接ぎが細くまっすぐな美脚ラインを演出します。ウエストはゴム+ドローコード仕立て。ファスナー付きで着脱もラクラク。     生地をたっぷり使ったワンピースは、すっきりとした着映え効果も申し分なし saqui/ラグランスリーブチェックワンピース/¥49,000+税 首に沿って少し立ち上がるスタンドカラーのワンピースは、ほんのり透ける細かいチェック柄の生地を使用。ラグランスリーブの切り替えに合わせ、身頃部分には裏地がついているので、透け感を気にせず着られる点も要チェック。首や肩まわりをコンパクトに仕立ててあるので、ボリューミーなフレアシルエットでも、すっきりきれいに着こなせます。素材はさらりとしたリネンシルクですが、季節を問わずに着られるのもうれしい限り。後ろのあきと袖口にはフランスのヴィンテージボタンが使われています。   下記特集ページでは、それぞれのアイテムの編集部ヘビロテユーザーが、おススメポイントをご紹介しておりますので、是非ご覧ください!  
関連キーワード

RECOMMEND