GUのイロチ買いトップス、saqui(サキ)の2019AW展示会へ…100人隊の注目4記事

LEE

LEEオフィシャルブロガー100人隊のブログより、今もっともホットな4記事をお届け。

今回は「今日のお買い物」「暮らし発見」「TBお題」の3カテゴリから!

<暮らし発見>
■057 pepiさん「母の日のプレゼントは、自由な時間と息子特製夕ごはん」
057 pepiさん

母の日のプレゼント。息子たちとパパからは、「お出掛けしてきていいよ」と「お楽しみごはん」でした。
結論、大満足の一日でした。

  • 「おひとりさま時間。ひととおりの掃除をしてから、お昼前から出かけることに。ちょうどsaquiの2019AWの展示会がやっているとのことだったので、それメインのお出掛けにしてみました。Saquiの洋服、この年齢になってきてから本当にこんなの欲しかった!って思うものばかりなので、展示会は初めてだったけれど、向かう電車の中からワクワクでした」

  • 「人気のモヘアコートもとっても素敵だったのですが(いや、多分発売されたら買うか真剣に悩むと思う)、私の好みにドンピシャ(表現、古い?)のリネンブラウスがあって。試着させてもらったら、コーデのイメージがいくつも頭に描けたのでこれは買いだ!と。それからモコモコ素材と控えめチェックが素敵だったスカートも一緒に予約しちゃいました。洋服が出来上がるまで頑張って働きます(笑)」

  • 「saquiのアトリエを後にしたら、同じ建物の一階にあるマーガレットハウエルのカフェでランチ。LEEの最新号読みながらのんびり、ゆったりと食事をとりました。うん、贅沢な時間だった!」

  • 「おひとりさま時間を堪能して帰宅した私が目にしたのは、子供たちの夕ごはんづくりの風景。何を作っているのか、薄々予想はできたけど(笑)、ここは分からないフリをして。母さん、楽しみだわー!なオーラを出しまくりで出来上がりを待っていました。特にお兄ちゃんが今回のメニューも考えてくれたようで。包丁さばきも上手になり、頼もしい限り。そして出来上がったのがこちら。餃子ピザ、トマトとアボカドのサラダ、そしてサーモンのクリームパスタ。どれも美味しくて、そして嬉しくて」

  • 「母さん、幸せな一日を過ごせました!」

◇貴重なおひとりさま時間にpepiさんが足を運んだのは、saquiの2019AW展示会! 購入アイテムのレビューも今から楽しみです。

【pepiさん】

<今日のお買い物>
■020 マッキーさん「THE NORTHFACEからIKEAまで。幅広く使えるテーブルウェア」

 

020 マッキーさん

暖かい、というより日中は暑い、という季節がやってきました。

  • 「冷たい飲み物の消費も早くなり……。なので、冷たい飲み物を冷たく飲めるカップを購入しました。THE NORTH FACE STANDARD限定。klean kanteenのステンレスパイントカップです。わが家は2サイズを購入しました(TOP画は小さいほうのサイズです)。昨年末くらいに購入していたので、ようやくこのステンレスカップが活躍する季節到来。氷を入れるとカララ~ンという響きも良い感じ」

  • 「そしてもう1つ。IKEAで見つけたホーロー素材のプレートとボウル」

  • 「どちらも先日のキャンプでもフル稼働。ホーローはニオイも付きにくく、丈夫なのでとても便利。青みがかったグレーもお気に入りです。そして、何より1枚が400円以下なので家族分揃えやすいのも◎。日常使いにも、キャンプにも使えてわが家ではオールマーティなテーブルウエアです」

◇家でも外でも使える便利な食器類。これからの季節を存分に楽しめますね!

【マッキーさん】

<2019年5月のお題>
■TB sayakoさん「GWは100人隊と笑いっぱなしの大阪デート!!」

TB sayakoさん

今月のTBのお題はゴールデンウィーク! 大型連休開始まもなく、平成最後のタイミングに、大阪で100人隊メンバーとランチ会をしてきました。メンバーはなんとTBのelionさんとTBのあきさん、そして今回、夢のようなランチ会を実現してくれたTBのこばん殿!! 超豪華メンバーですよね(自慢・笑)。
楽しいトークに、おいしいランチ、かわいいお店でショッピング。平成最後にとても充実した時間を過ごすことができたので、ご紹介させてください。

  • 「いつもオシャレで美味しそうなお店をブログで紹介している、こばん殿がリザーブしてくれたランチのお店は『食堂RUTA』さん。これが期待以上!さすが浪花の歩くミシュランガイド! 内装もとても素敵で、お料理ひとつひとつが繊細なのに、素材を生かした奥行きある味わい。前菜からデザートまで全てがおいしかったです。お客様も感度の高そうな女性ばかりで、人気店であることが分かりました。お店の方のお料理の説明もとても丁寧で、最後まで楽しむことができました」

  • 「野菜の色彩豊かなスープ。濃厚な味わいと、ゴロゴロと入った野菜がマッチして食べ応え十分」

  • 「お肉の前菜も、パスタもペロリ。お肉は柔らかくジューシーでしたが、シャキシャキのお野菜とともにさっぱりといただきました」

  • 「対してパスタはパンチのある濃厚さ。大満足の一皿でした」

  • 「パンも可愛いうえに、パリパリのフワフワで何個でも食べられるくらい美味しかったです」

  • 「デザートのパフェも感激のおいしさ! 見た目のキュートさとは裏腹に、さっぱりとしたフルーティーな大人仕様のパフェでした。数字の“4”はお店4周年の4なんですって! ドリンクも、女性に嬉しいハーブ系のものや自家製シロップを使ったものなど充実していて嬉しかったです。話が盛り上がりすぎて、写真が少なくて申し訳ないのですが……ぜひお店に訪れてみていただきたいです! こばん殿のさすがのセレクトでした!!」

  • 「ランチの後は、全てがかわいい『カヌレ堂』さんへ。以前、こばんちゃんのブログでも登場していたカヌレ専門店、『カヌレ堂』さん。なんと連れて行ってくれました~!!」

  • 「お店は入る前から“かわいい”・“素敵”・“オシャレ”が分かるたたずまい」

  • 「ショーケースの中には、宝石のようにキレイなカヌレが並びます。定番ものから季節限定ものまで……。選びきれなくて、思わずセットを購入しました。限定のサクラやクリームチーズ、抹茶あずきやゴマなど。ひとつひとつ個性があって、とても美味しかったです! 家に帰っても素敵な余韻を楽しむことができたので、買ってよかった! 憧れのお店にまたひとつ行けて、こばん殿には感謝です!」

  • 「最後はまさかのロッテリアでお茶をしました。なんだか新鮮!女子高生たちの隣の席で、超豪華メンバーと飲むタピオカ入りシェイクはとても美味しく感じたのでした。ロッテリアでも私たちのトークは止まらず、「あした腹筋が割れているかもしれない」と思うくらい、お腹をかかえて笑いまくりました。ひょっとしたらロッテリアでクールに休憩する女子高生たちに『おばさん達、元気よすぎ』って思われたかもしれませんね。でもね、楽しんだもの勝ちなんですよね!大人になってからの友達ってなかなか貴重なのですよ!また、ほんの数時間だけの自由時間はできるかぎり有意義に使いたいのだよ! きっと20年後には、女子高生たちにもこの感覚をがわかってくれるでしょう。私たちは結構な大人の女性ですが、最後までキャアキャアと楽しんだのでした(むしろロッテリアというシチュエーションでさらにテンションが上がりました)。
    今回の長いお休みは、大阪で100人隊とのデートを楽しむ夢を実現してくれた貴重なものとなりました。elionさんあきさん、こばん殿、楽しい時間を本当にありがとう!幸せな一日でした。これからもよろしくお願いします!」

  • 「オシャレな人からのお土産はやっぱりオシャレで美味しい!素敵なお土産もたくさんいただきました。大切に大切に、思い出にひたりながらいただいております」

  • 「また、こばん殿からは『sayako嬢に良いもの発見したからあげる!』と、プラスのお土産」

  • 「よくみると、阪神タイガースを彷彿とさせる飴ちゃんが入ってましたよ!ちゃんとトラ党の私にあわせてサプライズを用意してくれているんです!こういう粋なところも素敵!」

◇スペシャルなメンバーで過ごしたGW。sayakoさんがロッテリアで感じた「楽しんだもの勝ち!」という言葉、なんだか心にしみます!

【sayakoさん】

<今日のお買い物>
■022 こももさん「GUでイロチ買い!」
022 こももさん

衣替えの季節になりましたね。子供たちの服がことごとく小さくなってて!暑くなったらこれは、着るものがないーと、GUに行ってきました!!

そのついでに……。自分の服もちゃっかり見てお迎えしてきました♥

  • 「ボリュームギャザーブラウス です。他にも白・オレンジ・青があったのですが、私が選んだのは手持ち服に合わせやすそうな黒とグレーです︎︎︎︎。綿100%で肌触りも良く、丈もヒップが隠れるぐらいです。少し透け感はあるかな?」

  • 「プチプラには少ししっかりした小物を合わせてプチプラ過ぎない感じのコーデにしてみたり‪‪❤︎‬ ブラウス:GU パンツ:nicoand バッグ:mimiberry 靴:repetto ブローチ:minaperhonen
    暑い夏はあまり好きではありませんが、新しい洋服を購入して、コーデを考えてると夏も待ち遠しくなります」

◇ラストはこももさんの購入品! おしゃれさんのイロチ買いアイテム、参考になります!

【こももさん】

関連記事
  • こんにちは! blogを見て頂きありがとうございます❤︎ バイラーズの下里朋美です☺︎ 今までの記事はこちら❤︎ 最近は、暑かったり急に涼しくなったりで着るものも困っちゃいますね。 皆様、体調にはお気を付け下さい。 今回は秋を取り入れたコーディネートをご紹介したいと思います♪ 【カーキで大人カジュアル】 割と暖かい日にはカーキのタンクトップで秋色を♪ 一気に秋らしいコーディネートが出来ます! 足元はお気に入りのRepetto❤︎ tu_hacciのカップ付きタンクトップにreeditの薄手の羽織はこの時期とても便利なアイテムです♪ どちらもプチプラなのでぜひチェックしてみてください❤︎ 【上下GU ワントーンコーデ】 今季初めてのニットを購入❤︎ オーバーサイズのニットベストは今季注目アイテムです! この日はワントーンでまとめてみました! 上下ゆるっとしたコーディネートは大人のこなれ感が出てお気に入りのスタイルです♪ いかがでしたか? またおススメコーデご紹介したいと思います♡ instagramはこちら❤︎
  • 「しっかりとした物作りをしているブランドが好き」と言うスタイリスト村山さん。ここでは、その物作りを堪能できるジャパンブランドをフィーチャーしたマリソルから発売された初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が5万部に達する大ヒット! 高い審美眼と圧倒的なセンスに、ますます注目が集まる村山佳世子。彼女がマリソル世代に届けたい真の名品とは? まさに一生ものと呼べるアイテムだけが集結。 むらやま・かよこ●文化服装学院スタイリスト科卒業後、アシスタントを経てスタイリストデビュー。25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍する。その審美眼とセンスで、読者はもとよりファッション業界や人気モデルたちからも、圧倒的な支持を集めている SLOANE スローンのハイゲージニット仕事でもプライベートでも頼りっぱなし。名脇役のベーシックニット実はまだブランドの立ち上げから数年しかたっていないスローン。でも着ている人を見ると、"そのニット、スローンでしょ"って、すぐにわかっちゃうんです。こんなにベーシックなデザインなのに、それってすごいブランド力なんだと思います。アイテム数や素材のバリエーション、サイズ展開の豊富さもさることながら、"あくまでも名脇役でありたい"というブランドコンセプトにも脱帽。仕事でもプライベートでも本当に頼りにしています。ユニセックスで着られるベーシックなニットを、1 ~ 5 のサイズで展開。「同じ形のニットでもサイズが違うと雰囲気がガラリと変わるので、サイズ違いで着る楽しみもあります」と村山さん。定番のVネックカーディガンはシルク100%素材で、季節を問わず着られる一枚。モデル着用サイズは4 。カーディガン¥31,000/スローン パンツ¥38,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) TASAKI タサキのパールジュエリーモダンかつモードなパールを、日常のコーディネートにひとつパールはやっぱりジャパンブランドが秀逸だと思う。日本でパールを買う外国人が多いともよく耳にします。私はフォーマルな日にパールをつけるだけでなく、日常のコーディネートにカジュアルにパールをつけるスタイルが好きで、仕事のスタイリングにも欠かしません。TASAKIのパールはラグジュアリーながらもデイリーコーデに寄り添ってくれるモダンさがある。本来はクラシカルなはずのパールに、モードなムードを感じるのです。日本有数の老舗ジュエラーであるTASAKI。人気デザイナーのタクーンがデザインした「バランス」コレクションが、唯一無二の存在感を放つ。 パールネックレス(長さ約100㎝、18Kホワイトゴールド、あこや真珠約7㎜)¥736,000・ア シークレット ネックレス(長さ約40㎝、18Kイエローゴールド、あこや真珠約7㎜)¥452,000・バランス シグネチャー ネックレス(18Kイエローゴールド、あこや真珠約8.5㎜)¥435,000・バランス エラ リング(18Kイエローゴールド、あこや真珠約8㎜)¥215,000/TASAKI HYKE ハイクのミリタリージャケット見つけたら手に取ってほしい、メンズライクなのにどこか女らしい一枚ハイクの服って簡単には手に入らないんですよね。直営のショップも、オンラインショップもない。欲しいアイテムがある時は、頑張って探す。だから手に入れた時の達成感は格別なんです。オーセンティックなデザインを踏襲したミリタリージャケットは、こんなにメンズライクな本格派なのに女性が着やすいように絶妙にモディファイされている名品中の名品。大人の女性が袖を通した時にこそ、女らしさがきわだつ気がします。2009年以降、活動を休止していた人気ブランド「green」のデザイナー、吉原秀明氏と大出由紀子氏が、13年に「HYKE」をスタート。ミリタリー、アウトドア、ワークテイストのアイテムを中心に、レディス服を展開する。アディダスやザ・ノース・フェイスとのコラボレーションも話題に。ジャケット「M-51 TYPEFIELD JACKET(BIGシルエット)」 ¥38,000/ボウルズ(ハイク)EYEVAN アイヴァンのサングラスファッション性も実力もNo.1 。豊富な展開から好みの一点を見つけてアイヴァンの色や種類の豊富さを表現したくて、欲張ってたくさん撮影してしまいました(笑)。黒やブラウンをはじめ、カーキやベージュなど流行のニュアンスカラーがそろっているから、見事にどんなコーディネートにも寄り添ってくれるんです。さらには、そのファッション性もさることながら、メガネブランドならではの機能性ももちろん高く、私は車を運転する時、その実力を実感します。すごく視界が広い。ぜひ、試してみてください!1972年、"着るメガネ"のコンセプトのもとに誕生した日本初のファッションアイウエアブランド「EYEVAN」。そのクラフトマンシップを引き継ぎ、企画・デザイン・製造のすべてを日本で行う「EYEVAN 7285」を、2013年にスタート。 上から1 番目(ピンク)¥48,000・3 番目(カーキ)¥49,000・5 番目(ベージュ)¥46,000・6 番目(ブルー)¥48,000・7 番目(カーキ)¥55,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) 2 番目(アイボリー)¥36,000・4 番目(ブラウン)¥32,000・8 番目(ブラック)¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン)Harpo アルポのターコイズアクセサリー40歳からが本番。大人のための名品アクセサリー若いころ、年上のおしゃれな女性がターコイズのアクセサリーを身につけている姿を見て、なんて素敵なんだろうと思ったことを覚えています。ターコイズって大人の成熟した肌に合うのでしょうか。いつの間にか私にも、似合うようになってきたのを実感します。アルポはフランスのブランド。フランス人の目を通したインディアンジュエリーはエスニックテイストのほどよい引き算が上手で、洗練されたムードが手に入る。それぞれに個性があるので、運命の一点を見つける楽しみもあります。1971年にパリで創業した、ターコイズをはじめアメリカンインディアングッズを扱うセレクトショップ。洗練されたテイストに定評があり、日本での取り扱いも増加中。 ネックレス¥75,000/エスケーパーズ(HARPO) バングル(花型)¥25,000・(バー型)¥74,000/ウィム ガゼット青山店(HARPO) ニット¥49,000・パンツ¥45,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)【Marisol9月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア/shuco(3rd) メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹下玲奈 取材・文/磯部安伽 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • 幼少の頃から常に本と一緒に歩んできた私は、マンガも常に一緒。映画や小説と並び、マンガも大好き。少女マンガも少年マンガも、20代の頃は毎週何冊も買って夢中で読んでいたものです。今回、そんなマンガ好きのためにある、秋田県横手市増田の「増田まんが美術館」と、先日行った秋田県立近代美術館へ再度来館。まずは近代美術館で開催されている「ビッグコミック50周年展」、こちらへは前回一緒に行ったM子ちゃんとまた2人で。M子ちゃんも私と同じくマンガ大好き女史なのです。ビッグコミック展、嬉しいことに、なんと展示室全て写真撮影OK!ズラリと並んだ原画の数々、撮影した写真はSNSにどんどん載せてかまわないなんて、なかなかありませんよね。様々なメモ、赤ペンで書いたものなど、指示でしょうか、ほとんどの原画に何かが書かれています。吹き出しのセリフは、別の紙に打たれたものが貼られてました。なるほど、こんな過程で最終的にマンガ本となり、店頭に並ぶのだなと、興味深く見て、撮影してきました。色づけされた原画も、とても美しい作品でした。1968年創刊のビッグコミックには、藤子不二雄先生(現・藤子不二雄A先生と、故・藤子F不二雄 両先生のコンビ)、石森章太郎先生、手塚治虫先生、水木しげる先生、さいとうたかを先生など、ビッグネームがずらりとならんでます。1969年から始まった、さいとうたかを先生の「ゴルゴ13」は、言わずと知れたビッグコミックの顔とも言うべき連載でしたね。80年代頃のもので、私のど真ん中を突いたのは、紫門ふみ先生の作品群。月9と言われたドラマ、その他ドラマ化されたもの、たくさんありましたね~。最後の展示室にはズラッと並んだビッグコミック!!思わず「おお!」と声が出ました。ビッグコミックはその時その時の人気者の似顔絵を表紙にしていて、それも楽しみのひとつ。「芸能人とスポーツ選手、あとは政治家だねぇやっぱり。」と言いながら、眺めていたM子ちゃんが、「それ以外の表紙見つけた!」と。見ると、リカちゃん人形が。リカちゃんは私と同じ年齢なので、一緒に記念撮影。ぜ~んぶ撮影OKの「ビッグコミック50周年展」、こちらは9月8日まで。ゴルゴと一緒に撮影するのを忘れたのが悔やまれますが、とても楽しめました。原画は想像以上に見ごたえあり!次の日、私1人で増田まんが美術館へ。こちらは1995年に開館した、日本初の本格的まんが美術館。原画所蔵枚数は日本一を誇ります。2017年から2年間かけてリニューアルし、今年の5月1日から再開されました。自然の中の広々とした敷地にある、ひときわ目を惹く建物に、念願の初来館。入り口をくぐると正面の受付の後ろには売店があり、その壁の1枚を人気マンガのひとコマひとコマが集まり、ドーンと埋めています。売店前には、遊び心いっぱいの「ウオオオー」という文字のソファー。2階へ昇る螺旋階段から見つけて、思わずクスッと笑ってしまいました。入り口を通って振り返ると、リニューアルオープンに向けて依頼された里中満智子先生が、万葉集を題材として描いた「万葉の集い」が展示されています。「万葉の集い」が出来上がり、まんが美術館へとやってきたあとに、万葉集の梅花の歌からの出典である新元号「令和」が発表になり、この奇跡のような偶然に、職員の皆さん驚いたそうです。里中先生、すごい!1階にはマンガの蔵という所蔵庫があり、ここ増田出身の漫画家である矢口高雄先生の「釣り吉三平」の、三平くんが行く先々で案内をしてくれていて、ここでも三平くんがにこやかにご案内。以前紹介した蔵の町・増田、それゆえに「マンガの蔵」と名付けられた原画を保存するこの蔵内、撮影はできませんが、ここはぜひ見てほしい。大事な原画の保存においては、紙の専門家に相談をし、劣化を防ぐために厳重かつ細やかな気配りで温度・湿度管理をし、壁一面、床から天井までの引き出しには1枚1点とする原画が22万点以上保管されているそうです。容量としては、ガラス張りの開架倉庫に約30万点、見えない部分の閉架倉庫に約40万点原画を保管できる、大容量の所蔵庫。ヒキダシステムと名付けられた、ガラス張りになった引出しの収納は、自由に開けてその中の原画をじっくり見ることができます。服の柄などに使うトーンなど、綺麗に貼り付けられ、番号が書かれているのも確認。知らない世界をのぞいたようで、とても楽しい。蔵には原画をデジタルデータ化して保存するアーカイブルームがあり、何人かのスタッフさんが作業している姿が。そこでデジタル化された原画は大型タッチパネルで見ることができます。現在このマンガの蔵に作品を預けている作家先生は179名、その中でほとんどの作品を預ける大規模収蔵作家先生は8名。これからさらに増えることでしょう。「東京タラレバ娘」などで人気の東村アキコ先生の作品も預けられているそうです。東村先生は今年、コミック界のアカデミー賞ともいわれる、米国アイズナー賞最優秀アジア作品賞を受賞しました。素晴らしい!まんが美術館は、当初増田出身の矢口高雄先生記念館にする予定だったのですが、矢口先生が「記念館ではなくて、漫画家先生たちの原画などを集め預り、美術館のようにしたい」との一言で、今に至ったのだそうです。素敵なお話しです。館内には、いたるところにマンガ本が並んでいて、椅子、ソファー、寝転びスペースなどで、自由にマンガを読むことができます。本物のブナの木に画像が映りこむ、原画の展示室にも読書(読マンガ?)スペースが。近くで撮影はできませんでしたが、こちらの展示室には色鮮やかな原画などがたくさん壁に展示されています。74点しか展示できないため、120名の日本の作家先生の作品を定期的に替えながら、展示しているそうです。2階には、名台詞ロードと呼ばれる通路があり、様々なマンガの吹き出しでいっぱい!その中でも撮影スポットとして1番人気の「北斗の拳」、ラオウの名台詞前で、私もパチリ。案内してくた美術館職員の佐々木さんも、マンガのコマ前で、パチリ。ハリウッド女優のクリステン・スチュワートに似た雰囲気の美人さんです。2階にあるマンガライブラリーには、話題作や展示原画の作品などなど、なんと約25,000冊が揃い、その全てが読み放題!夏休みなので、お子さんたちも多かったのですが、大人も、特にシニアと見受けられる方々、多かったですね~。私と同じくマンガ好きさん、やはりたくさんいるんですね。仲間意識が湧いてきました。1階に戻り、マンガカフェを見学。カフェの壁には漫画家先生たちの直筆イラストがたくさんあります。これには驚きでした。直筆なんですから!白を基調にしたスッキリ広いカフェ、テーブルにはセリフの吹き出しが描いてあり、そのセリフを秋田弁にしたものなど、こちらにも遊び心が。メニューも、マンガにちなんだ楽しいものが盛りだくさん。マンガのコラボソーダが人気で、イラスト入りのコースターがついてきます。持ち帰り、もちろんOK。現在開催中のイベント、特別展示は人気マンガ「鋼の錬金術師」、9月29日まで。秋田県立近代美術館のビッグコミック50周年展と、こちらの鋼の錬金術師展、両方に行ってチケットを持参すると、ビッグコミック50周年のポスターと鋼の錬金術師オリジナルステッカーをプレゼント。先着300名様ですが、まだ間に合うそうなので、行ける方、ぜひ!今回はマンガを心から堪能できて、あらためて自分のマンガ好きを確認、今や日本の文化のひとつにもなったマンガ、その原画も見ることができて、童心にかえりつつ、大人の目で原画の緻密さや、線・色、初めて知ったアーカイブ作業を見て、深く楽しく感動してきました。近代美術館での次回の企画展は伊藤若冲、まんが美術館ではオノ・ナツメ先生の作品展示です。まんが美術館では作家先生のサイン会も開催されたりしますよ。ご興味のある方、下記サイトから調べてみてくださいね。秋田出身の漫画家先生も多く、まんが美術館には矢口高雄先生、高橋よしひろ先生、倉田よしみ先生、きくち正太先生、土田世紀先生、おおひなたごう先生、こちらの6名の秋田出身先生の作品も並んでいます。増田まんが美術館 秋田県立美術館
  • 黒に近いグレーの美脚デニムと赤い靴なら女っぽモードに仕上がって!イベントの準備や会場の下見で動きまわる日はデニムカジュアルで通勤♪ インディゴよりもきれいめにはけるダークグレーのスキニーパンツに、シックなキャメルブラウンのスタンドカラーブラウス。秋めく大人配色で定番ワンツーコーデを更新して。楽ちんなスリッポンもつやめく赤ならレディに昇格。仕上げにかごバッグ&ヘアバンドで可愛げを盛れば、仕事終わりにデートの予定があっても手抜き感なし!ブラウス¥9500/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 パンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード) 靴¥26000/アーバンリサーチ ロッソ グランフロント大阪店 バッグ¥19000/ロードス(イコット) ヘアバンド¥11800/シップス 渋谷店 ピアス¥15000/TOMORROWLAND(レレサドゥギ) バングル¥15000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ)土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/石上美津江
  • こんばんは☺︎ 本日9/17(火)、ハーゲンダッツから 昨年も大人気❤️だった新作アイスが 登場しています\(^o^)/♬ それがこちら、、華もち『吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ』♡♡!『2015年に登場した「華もち」は、 ハーゲンダッツの濃厚で滑らかな アイスクリームと柔らかなもちが ぜいたくなハーモニーを織り成す アイスクリームデザート』です❤︎!2015年、2017年と好評だった 『華もち「きなこ黒みつ」が、 きなこの種類やブレンド、煎り方に こだわることでさらにおいしく』なって 帰ってきたそうです☺︎❤︎どんな味、、?今回の新作、 吟撰きなこ黒みつは 『深煎りきなこを使用し、より香ばしさを 増した焦がしきなこアイスクリームに、 黒みつソースを混ぜ合わせ』ています。 『その上に柔らかなもちと、黄大豆に 黒大豆をブレンドし浅煎りすることで 濃厚な味わいと華やかな香りを存分に 引き出したきなこを重ね』ています。 『濃厚な味わいのきなこと黒みつが 織り成すぜいたくな和の味わいが楽しめ』る のだとか、、!❤️※公式HPより食べてみました❤️✌️実際に食べてみましたが、 まずカップを開けると 一面にきな粉が、、!✨ また、もっちりとした食感のおもちと 焦がしきなこのアイスクリームを 一緒に食べるとおいしさ倍増♡! 和スイーツ好きのわたしにとっては かなりグッとくる組み合わせです(´^ω^`)笑♡もうひとつ新フレーバーとして出ている ずんだの方も気になります…♬ お値段はどちらも税込¥319と なっています☺︎❤︎ 全国のスーパーやコンビニ、デパートで 売っていますので気になった方は 是非チェックしてみて下さい✨カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • 【20代におすすめ! 秋のシャツコーデまとめ】シーズン問わず大活躍のシャツ。シンプルに一枚で着たり、はおったり、人気のプリーツスカートとも好相性♡ お仕事OKなきちんとコーデから休日コーデまで、おすすめのシャツコーデはこちら! [目次] 【秋のシャツコーデ】20代におすすめのシャツコーデ 【秋のシャツコーデ】おすすめのアイテム ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【秋のシャツコーデ】20代におすすめのシャツコーデ【秋のシャツコーデ】仕事を頑張る日のシャツ×デニム。実はロングブーツで見えないおしゃれも!『ザ シンゾーン』のシャツ仕事が忙しい週末もおしゃれはあきらめたくなくて、淡いブルートーンのビッグシャツ×ワイドデニムで清潔感あふれるリラックスカジュアルに。ゆったりコーデをスタイルよく見せたいから、足もとは”動ける高ヒール”がマスト。そんな時、太めのパンツなら中にシンプルなロングブーツを仕込む手が使える! 見えないテクで脚長美脚がいとも簡単に叶うし、安定感のあるブロックヒールなら歩きやすさもお墨つき。ブーツとバッグ、さらにメイクも大人っぽいブラウン系で揃えたら、さりげなく秋のムードが高まる♡靴(7.5)¥76000/エリオポール代官山(ロートルショーズ) シャツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥15000/TOMORROWLAND(MACPHEE) バッグ¥45000/土屋鞄製造所(土屋鞄製造所) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】キリッと知的な外勤コーデ、だけどバンドカラーや細ヒールで女らしさも絶好調♪『カレンテージ』のシャツ取引先に後輩を連れて行く日は、白シャツ×チノパン×パンプスにジャケットも忘れず持って、きちんと頼れる先輩コーデ! クリーンな白・優しげなベージュ・おしゃれなブラウンのグラデーションで品よく柔らかな印象に仕上げれば、取引先の人にも後輩にも親近感を持ってもらえそう。シャープな衿よりバンドカラーで可愛げを、こなれたローファーよりヒールパンプスできれいめ感を。そしたらホラ、女性らしさもぐっと高まって♡ パンツと靴を茶系トーンでつないで脚長効果もばっちり!シャツ¥28000/ブランドニュース(カレンテージ) パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 ジャケット¥15990/イェッカ ヴェッカ 新宿 バッグ¥22000/ルーニィ メガネ¥37000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥1600/お世話や(リミテッドナンバー) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】印象的なシャツ&美脚ブーツの知的さでショーパンコーデを大人にシフト!『ビリティス・ディセッタン』のシャツ平日にショーパンがはきたいなら靴はきれいめが鉄板。だけどパンプスだとバランスが難しいし、ショートブーツだとふくらはぎが気になっちゃう。その点ベーシックな黒のロングブーツが一足あれば、気になる部分がぜ~んぶ隠せて脚もまっすぐきれいに見える♡ ストライプ柄のダブルカフスシャツも目を引くから、ショーパンの可愛げ以上にきちんと&知的なムードが際立って素敵でしょ。すっきり寒色コーデに、オレンジ色のバッグやビッグフープピアスで華を添えるのもお忘れなく♡靴(8.3)¥86000/エリオポール代官山(ペリーコ) シャツ¥48000/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) シャツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥49000/ジャーナル スタンダード 表参道(プッシュボタン) バッグ¥35000/アルファ PR(アエタ) ピアス¥16000/フラッパーズ(シャルロット ウーニング) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】シンプルシックな”ふわピタ”コーデをきれい色パンプスで感度高めに!『MP STORE』のロングシャツ職場の同僚の家でランチパーティー♪ そんな時はロングシャツ×クロップトパンツで、休日のリラックス感ときれいめ感を絶妙にミックスするのがおすすめ。シャツのボタンをきちんと上まで留めるだけで今っぽいバランスになるし、ネックレスや同系色カーデで奥行きのあるしゃれ感も演出できて。こなれたブラウンをシャープな黒で引き締めたシックな着こなしに、きれい色のパンプスでお呼ばれの特別感をオン♡ロングシャツ¥16000/MP STORE ルクア店 ニット¥28000/TICCA パンツ¥19000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 靴¥12000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 ショルダーバッグ¥12000/セムインターナショナル(バイスベルサ) トートバッグ¥6000/エスケーパーズ(オープン エディションズ) ネックレス¥7800/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】長いスカート、そろそろ飽きない?『グリーンレーベル リラクシング』のシャツ実はじわじわと増えているミニスカート。1ミリずつでも脚を出す勇気を出して早くはいた人の勝ち。絶対可愛いです。大丈夫! 秋になったらタイツもブーツもあるやん!(笑)。スカート¥22000/ティースクエア プレスルーム(テラ) シャツ(9月上旬発売予定)¥15000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) ニット¥15000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) リュックサック¥16000・時計¥9800/ハイ! スタンダード 帽子¥8700/CA4LA ショールーム ピアス¥17000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】オートミール色の次に気になる色。《グレーとグレー》『カレンテージ』のシャツ自然とマニッシュで、でも強すぎなくて。なんてことないのに、すごくおしゃれ。グレーは“普通のよさ”が詰まっている色。だから数年おきに、この色の魅力へ気持ちが戻ってきてしまうんです。Tシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥42000・シャツ¥28000・Gジャン¥32000/ブランドニュース(カレンテージ) 靴¥12000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 バッグ¥9900/メイデン・カンパニー(バッグス ユーエスエー) メガネ¥31000/アイヴァン 7285 トウキョウ ブレスレット¥36000/UTS PR(ルフェール) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】ロングシャツが着たい日はボタンを上まで留めて着こなしバランスを一新!『ヤン マッケンハウワー』のシャツすらっと縦長なロングシャツ×ワイドパンツの着こなしを新鮮に楽しむために♡ 今までのようにシャツの衿を抜かず、ボタンをきちんと上まで留めてみる。コクのある秋色をいち早く取り入れてみる。それだけでホラ、着慣れたコーデがこんなに素敵に生まれ変わる。おだんごヘアとストラップサンダルで上下にわかりやすい抜け感を作れば、布分量が多くても重たく見える心配ナシ。さらに柄ポシェットを斜めがけすれば、無地コーデにメリハリも出せてしゃれ感もぐっとアップ!シャツ¥37000/シップス プライマリーネイビーレーベル(ヤン マッケンハウワー) パンツ¥20000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 靴¥24000/ラ ジュンヌ ブティック(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥6473/ザラ・ジャパン イヤリング¥10000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) リング¥15000/モットハウス・トーキョー(ネッティ・ケント) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】トレンドのサファリシャツから鮮やかなグリーンをのぞかせて技あり!『ダブルネーム』のシャツ会議の日は気品あふれるベージュトーンのパンツコーデでさりげなく気合いを入れていきたいもの。フープイヤリングやパールネックレス、スカーフを巻いたレザーバッグでエレガントな大人の装いに仕上げて。今っぽいしゃれ感は、会議中も目に留まる上半身に足すのがポイント! 今季トレンドのサファリシャツを前あき広めにゆるっと着こなして、パキっと鮮やかなグリーンのカットソーをチラ見せ。それだけでなんだか頭が冴えわたって、新しいアイデアが浮かびそう♪グリーンのリブカットソー¥1490/コエ 渋谷店(コエ) ベージュの五分袖シャツ¥4900/ダブルネーム ベルトつきワイドパンツ¥9800/RD ルージュ ディアマン 黒パンプス¥4500/ダブルエー オリエンタルトラフィック(ダブルエー) ショルダーつきハンドバッグ¥5400/サック フープイヤリング¥1400/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) パールネックレス¥2500/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥1960/DHOLIC(DHOLIC LADIES+) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】この秋大流行のブラウンでおばさん見えしない方法1『ジェーン スミス』のシャツたとえばプリーツスカートならおじ靴。“コンサバにしない”が得策! はくだけで一気に女っぽさが増すブラウンのプリーツスカートは、足もとまできれいめなヒールパンプスにするとエレガントになりすぎて、ともすると老けて見えそう。おじ靴で重たくするほうがおしゃれなバランス。スカート¥26000/リエス 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) シャツ¥23000/UTS PR(ジェーン スミス) 帽子¥54000/CA4LA ショールーム(ジェームス ロック) ピアス¥18000/TOMORROWLAND(レレサドゥキ) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】この秋大流行のブラウンでおばさん見えしない方法2『エディット バイ イェッカ ヴェッカ』のシャツデコルテを出すと、大人っぽいを通り越して老け見えの危険信号が点滅! タートルネックをラフに伸ばして、重ねたシャツのボタンは上まできちんと留めて。“ちゃんと今の気分を知っている人”に見えるほうが老けないし、やわらかなブラウンだから重たくなることもなし。シャツ¥8990/イェッカ ヴェッカ 新宿(エディット バイ イェッカ ヴェッカ) ニット¥25000/インターリブ(サクラ) サングラス¥38000/アイヴァン PR イヤリング¥10000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】レオパード柄のスカートは可愛い+αの魅力あり!『アンスクリア』のシャツ花柄よりドット柄より、これからは。女っぽかったりカッコよかったり、新しい自分になれる柄を着たい。ストライプシャツと合わせるような新しいコーディネートで。スカート¥20000/ヌキテパ AOYAMA シャツ¥34000/アマン(アンスクリア) 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ ストール¥38000/シップス 渋谷店(ウーア) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】ローファーをコーデ全体のまとめ役に抜擢!『シンゾーン』のシャツストライプの大人っぽいシャツ、カジュアルなカーキのパンツ。足もとがヒールパンプスだとちょっと気取ってる感じになるし、スニーカーだとラフすぎる。そこでビットローファー! きれいだけどメンズっぽさやこなれ感もあって、全体を“ちょうどよく”まとめてくれる。靴(2.5)¥8500/Fin シャツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店 パンツ¥18000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) バッグ¥6990/ロコンド(MANGO) イヤリング¥7300/ロードス 時計¥18000/エイチエムエスウォッチストア 表参道 →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】旬のフォトTシャツにばさっとはおって『アナカ ノワー』のシャツ前を開けてもさまになるのがいいところ。フォトTときれい色プリーツで、休日に着たい高感度なカジュアルに。スカート¥26000/ショールーム セッション(アダワス) シャツ¥25000/アンシェヌマン(アナカ ノワー) Tシャツ¥11000/UTS PR(ジェーン スミス×マイク オマリー) バッグ¥42000/アルファ PR(アエタ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バングル¥1500/お世話や →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】季節が深まれば、タートルをインに重ねて『エメル リファインズ 』のシャツ肌寒くなったらタートルと重ねて。裾を前だけインすれば、プリーツの表情を生かしつつ好バランスに着こなせる。スカート¥22000/ルーニィ シャツ¥9900/エメル リファインズ ルミネ新宿店 カットソー¥9500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(アナトリエ) 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 代官山 ピアス¥17000・バングル¥25000/UTS PR →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】シンプルに一枚で、ただし裾はインしないこと『バナー バレット』のシャツブラウン×マスタードの今年らしい色合わせが映える着こなし方。スカーフやバッグなど小物でレディに転ばせて。スカート¥4990/スタディオクリップ シャツ¥14800/バナー バレット 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥18700/ビヨンドザリーフ アトリエ スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥2900/サンポークリエイト バングル¥1500/お世話や →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】トップスの中に仕込んで、着こなしにさりげない立体感を『グリーンレーベル リラクシング』のシャツ薄手ならインナーにもなってくれる。パイソン柄のスカートでシャープに。スカート¥9050/フリークス ストア渋谷 シャツ¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 カットソー¥23000/スローン 靴¥19800/アルアバイル バッグ¥49000/ビショップ カチューシャ¥600・イヤリング¥1400/お世話や サングラス¥30000/アヤメ 時計¥24000/オ・ビジュー →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】秋流行の大本命、ブラウンのシャツジャケット『ルーマー』のシャツ黒よりやわらかく、でもグレーより新鮮なブラウンはトレンドを“やりすぎず、あくまでさらりと”見せてくれる色。だから一枚で簡単に、そして絶妙に新しいおしゃれを楽しめる!こんなふうに一枚パッとはおるだけで気分が変わって、とびきりおしゃれに見えるのが理想的!シャツ¥22000/アルファ PR(ルーマー) パンツ¥14000/AKTE カットソー¥15000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥22000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(コルソローマ9) ネックレス¥8200/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) 帽子¥12000/CA4LA ショールーム →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】はおるだけで“ムードをまとえる”この秋いちばんのマスト!『カレンテージ』のシャツシャツよりシックで、ジャケットより軽やか。そんないいとこ取りの新星に、ブラウンの上品さや女性らしさが加われば無敵。Tシャツにはおるところから始めよう。シャツ¥49000/ブランドニュース(カレンテージ) Tシャツ¥12000/ミュラー オブ ヨシオクボ パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ ネックレス¥7800/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】ゆるシャツ&カーデの肩かけで余裕な表情に。勝負の日こそリラックス♪『ダブルネーム』のシャツ今日は社内コンペの勝負デー。シャツ×パンツのきちんとコーデが気合い入りすぎって思われたくないから(笑)、おしゃれな抜け感を作って正解! ストレッチ入りの美脚パンツになじみ色のサンダルで軽さをオン。上半身はベージュのゆるシャツをアウトで着たり、ネイビーのカーデをラフに肩かけしたり。大人シックな配色だから、ほどよく着くずした方がむしろ余裕が感じられて素敵でしょ♡ 仕上げにパールネックレスで上品さを、メガネで知的さと遊び心をプラスすれば、デキる感ばっちり!ベージュの五分袖シャツ¥4900/ダブルネーム ネイビーカーディガン¥2769/無印良品 池袋西武 センタープレスパンツ¥5643/アテニア オレンジサンダル¥5490/ロコンド(MANGO) ショルダーバッグ¥4400/アンビリオン(カシュカシュ) シルバーリング¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) パールネックレス¥2500/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) →秋のシャツコーデを詳しく見る▲【秋のシャツコーデ特集】トップに戻る 【秋のシャツコーデ】おすすめのアイテム【秋のシャツコーデ】コーデュロイ素材のシャツ『プラステ』のシャツ¥9990/プラステ →秋のシャツコーデを詳しく見る『ルーマー』のシャツ¥30000/アルファ PR(ルーマー) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】チョコみたいな甘めブラウンのシャツ『アッパーハイツ』のシャツ¥27000/ゲストリスト(アッパーハイツ) →秋のシャツコーデを詳しく見る▲【秋のシャツコーデ特集】トップに戻る 秋ファッション、秋コーデ関連特集もチェック♪【2019年】秋ファッションのトレンドは? - 注目のキーワードや、『ユニクロ』『ZARA』など人気ブランドの秋冬展示会ジャケットコーデ特集《2019秋》- トレンドのブラウンやチェック柄など、20代におすすめのレディースコーデ秋のオフィスカジュアル特集《2019年版》- 20代におすすめのコーディネートは?ブラウンコーデ特集《2019秋》- この秋大流行のブラウンでつくるトレンドコーデまとめチェック柄コーデ特集《2019秋》- 秋のトレンド! 大人っぽくてかわいいおすすめコーデまとめ
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり。そこでっ!! 今週人気のあったファッション・ビューティ・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます! 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェックしましょ♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!2019秋ファッションのトレンド☆ 女っぽさが高まる『GU』のトップスが上位独占【ファッション人気記事】♡第3位♡ 優れものと評判! 『コールマン』のトートバッグ No.684 amiさんが持っているのは、MORE10月号付録『コールマン』Wポケットつきキャンバストート。カジュアルなコーデにはもちろん、通勤バッグとしても収納力があって◎ とおすすめ。 ▶︎▶秋らしいブラウンコーデに合わせて ♡第2位♡ 『GU』のフロントボタンボリュームスリーブブラウス No.562 しょこたうるすさんは、『GU』で美シルエットのトップスにひと目惚れ。バルーンスリーブやデコルテラインなど、女っぽさと品の良さを一枚でゲット♡ ▶︎▶︎後ろ姿もきれい♡第1位♡ 『GU』レースブラウスで秋ファッション No.576 *Ayane*さんが紹介してくれた、レースコンビネーションブラウスの記事が2週連続1位の大人気。 秋のトレンドもプチプラファッションで楽しんじゃいましょ♪ ▶︎▶︎フェミニンなカジュアルコーデが完成『ダイソー』の新商品、“女優ミラー”♪ 秋コスメは新作リップが人気【ビューティ人気記事】♡第3位♡ 『ディオール』の新作リップ No.696 miyuさんは、「ルージュ ディオール ウルトラ リキッド」のローズ系カラーをおすすめ。マットリップでとにかく発色が良く、軽く柔らかいつけ心地なんだって♪ ▶︎塗りながら唇ケアも♡第2位♡ 『セザンヌ』のオレンジブラウンリップ No.684 amiさんは、ずっと気になっていた秋の新作リップを購入。初めてトライした“オレンジブラウン”は色が可愛くて、早速お気に入りに♪ ▶︎▶︎キャップの天面がミラーの替わりに♡第1位♡ 『ダイソー』で女優ミラーを発見 No.576 *Ayane*さんは、売り切れ必至のLEDライト付きミラーをゲット。便利なタッチオン/オフスイッチ、角度も調節可能とメイクのしやすさは感動モノだそう! ▶︎▶︎畳めるスタンドが嬉しい北海道1人旅、函館の人気バーガー店へ! 広島のおすすめカフェ も【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡伊豆の温泉、おすすめ宿 No.682 彩希さんは、『伊豆温泉ホテル 森の泉』に宿泊。露天風呂付和室で温泉を満喫し、金目鯛や和牛など食事もすごく豪華で大満足の旅に。 ▶︎▶︎ホテルの中庭ではライトアップも♡♡第2位♡ パフェや洋食が充実、広島のカフェ No.613 みおしーさんは、広島で訪れた、おすすめの老舗喫茶店「CAFE風車」をご紹介。立地が良く、広島駅付近のホテルに滞在するときに便利なんだそう♪ ▶︎▶︎フルーツサンドでモーニング♡第1位♡北海道・函館、 1人旅へ No.395 みそさんは、函館の人気ハンバーガー店『ラッキーピエロ』へ。看板メニュー「チャイニーズチキンバーガー」のセットをオーダーし、おいしさとコスパを絶賛! ▶︎▶︎店内のインテリアもユニーク★今回のランキングは9/9(月)~9/15(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • フードディレクターから一変し、夫のエルマー・ヴァインマイヤーさんが二十数年前に開いた『日日』を築100年余りの日本画家の旧邸で新たに始めたという奥村文絵さん。京都ならではの美しいお店で扱うのは、国籍や時代の流れに動じることなく生まれた工芸品や職人の手仕事でつくられた暮らしの道具。セレクトする品はもちろん、その見せ方にも注目です。ものづくりの世界へ誘う美意識がつまった空間『日日(にちにち)』奥村文絵さん夫のエルマー・ヴァインマイヤーさんが二十数年前に開いた『日日』を築100年余りの日本画家の旧邸で新たに始め、運営と企画を手がけている奥村さん。フードディレクターとして仕事をしていた東京を離れ、取り巻く環境は一変。ものを売る仕事も京都暮らしも初めての経験だった。「この建物は京都だから出会えた物件で、各分野に精通した職人さんにお力を借りて実現できた空間です。京都にルーツがない私たちが純和風の邸宅をどう使うか、暮らしの道具をどう見せるか、毎日通った改修の現場が楽しくて」座敷に目積畳を敷き詰めて天井照明を外し、木を植え、知恵を出しあい端正ですがすがしい空気が漂う空間をつくった。扱うのは国籍や時代の流れに動じることなく生まれた工芸品や、職人の手仕事でつくられた暮らしの道具。セレクトはもちろん、その見せ方にも妥協せず、漆盆を見せるための陳列箱をつくり、緊張感を放つ器には花を飾って空気を和ませている。トークイベントも開催され、作家の思いや情熱にも触れることができ、東京のスタイリストや器好きがこぞって通うアドレスに。「ものを売るだけでなく、つくり手の姿勢を伝えるのもギャラリーの務め。ものづくりの世界につながる道すじをつけ、足跡を残せる存在でありたいですね」会の主旨に合わせて展示の仕方も替え、信頼関係を築いた30名ほどの作家のものを扱う仁城義勝や角 有伊(かど ゆい)などの漆盆が収まる陳列箱奥村さんが生けた花とともに、器の個性や魅力を楽しむことができる食に関する企画や商品開発の仕事に携わってきた奥村さん。エルマーさんのポリシーを引き継ぎ、手仕事を伝える展示会を年7~8回企画している造園家・菅藤恵輔さんによって生まれた、明るく開放的な和の庭建物の一角に設けた喫茶『冬夏』。無農薬のお茶やカカオ、生菓子を作家の器で楽しめる。¥1,500~庭で季節を、空間で和を感じながら、ものづくりの世界へと引き込まれる京都市上京区信富町298 ☎075・254・7533 10:00 ~ 18:00 ㊡火曜 『冬夏』カウンター6席>>「京都」 記事一覧はこちら撮影/福森クニヒロ 取材・文/西村晶子 ※エクラ10月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND