愛する服を再生させる。「マコン・エ・レスコア」のユニークなアプローチ

LEE

愛着ある洋服を長く着るために誕生した、ユーモアあるブローチやワッペン

パリ発の刺しゅうビジューブランド「マコン・エ・レスコア」。ユーモア溢れるモチーフをブローチ、ワッペンなどに仕立て、今年でデビュー10周年を迎えます。

モチーフの選び方もさることながら、コンセプトがユニークなのも同ブランドの特徴。誰しも傷んで着ることができないけれど、手放せない愛着のある洋服の1枚や2枚持っているはず。そういったシミや虫食い穴を隠すブローチとワッペンを作ることがブランド誕生の出発点となっています。

その「マコン・エ・レスコア」がブランド設立10周年を迎えるのを記念し、こちらも今年10周年を迎える現代のリサイクルショップ 「パスザバトン」とコラボレーションイベントを開催中。

コラボイベントが行われている「パスザバトン」表参道店内の様子。

期間中はモデルのモトーラ世理奈さんやグラフィックデザイナーの長嶋りかこさんたちの愛用品を、「マコン・エ・レスコア」がアレンジして生まれ変わらせたスペシャルアイテムの展示・販売、アーカイブコレクションの販売をしています。

イベントに合わせて来日したデザイナー2人に、ブランドを立ち上げたきっかけから、個人的に実践しているサスティナブルな取り組みかまでうかがいました。

デザイナーのマリー・マコンさん(左)と、アンヌ= ロール・レスコアさん(右)。

軍服の装飾に使われる技法を、もっとハッピーな形で広めたい

ーー「マコン・エ・レスコア」は、コンセプトがユニークです。その発想の元はなんでしょうか?

私たちは同じデザイン学校の同級生で、卒業後はお互いフリーランスのプロダクトデザイナーとして、それぞれ働いていました。ある時医療用ネット包帯を手がける企業で一緒に仕事をすることに。そこで「マコン・エ・レスコア」で採用しているカンティーユ(細い金属線をぐるぐると巻きつけ、フェルト地に手刺しゅうを施す技法)の職人と出会ったのです。

会場ではカンティーユ技法で作られたアーカイブが多数並んでいます。

彼らは軍服の肩章を作っていました。職人にもっとユーモアのある仕事をしてほしい、職人もユーザーもハッピーになれるアイテムを作れないか、と考えたこともこのブランドが誕生したきっかけの一つです。

2つのワッペンを貼り付けた長嶋りかこさん提供のトップス。¥30000

ーーアフリカだったり動物だったり、モチーフもユニーク。デザインインスピレーションはなんでしょうか?

インスピレーションは旅先で得ることが多いですね。身近なものやユーザーが想像できるもの、メッセージ性があるものをモチーフにしていますが、当たり前なものはいや。インドを旅行した時、何かに噛まれ、非常に脚が腫れたことがありました。現地の方に「大きな赤いアリに刺されたんだね」と指摘された、それをモチーフにしたことも(笑)。

インドでの経験から誕生した赤いアリのブローチ。

ひねった形で表現したいし、その気持ちを大事にしています。だからテーマが地元のパリだった時は、有名なものばかりでひねるのに非常に苦戦しました。

ーー日本でモチーフに使えそうなものはありましたか?

たくさんあります。でも誰しも知っているものは避けたいので、よく見ると日本のものだったという形で表現したいですね。例えばサムライがしないことをさせたい。卓球をしたり、ローラースケートをしたりとか。ガイドブックのようなモチーフではなく、私たちが体験したこと、感じたものを作品に取り入れていきたいです。

会場内には日本と聞いて思いつくモノやコトを書き込むスペースが、この中から「マコン・エ・レスコア」の新たなアイテムが誕生するかも!?

服以外のアイテムを手がけられたのが新鮮だった

ーー今回のコラボイベントをすることになった時の気持ちを教えてください。

単純にうれしいです。服以外につけるワッペンを作るのは初めてだったので、ここから新たに生まれた発想もありましたし。

ーースペシャルアイテムでお気に入りのものはどれですか?

椅子はプロダクツデザイナーとしてなじみがあるアイテムですが、「マコン・エ・レスコア」では手がけたことがなかったので新鮮でした。

コンテンポラリーデザインスタジオwe+が提供した椅子の背に「マコン・エ・レスコア」のカバーをかけて一新。¥46000

また私たちが暮らすノルマンディ地方では男性の人魚が有名で、それをスーツケースで融合できたのもおもしろかった。

演出家・若槻善雄さんが愛用していた「ゼロハリバートン」のスーツケースにワッペンを。¥74000

リサイクルよりもパッケージ自体を減らすこと

ーー日本でもサスティナブルという言葉をよく耳にするようになりました。モノを大切にするという点で、お二人が普段の生活で心がけている取り組みはありますか?

住んでいる町では洗剤やオリーブオイルの量り売りの店があり、積極的に利用しています。そして由来が明確なオーガニックのものをできるだけ買うようにしていますね。19歳の我が子の世代は意識が非常に高く、子どもも肉を食べないベジタリアン。それが刺激になり、私たちも自宅では肉を食べないようにしていますし、野菜を洗ったあとの水を花にあげるなどをしています。

モトーラ世理奈さん提供のブルゾンには、ワッペンを置くほか穴やほつれも修復しています。¥38000

ーーお二人から見て日本人が環境のため、どのようなことを心がければいいと思いますか?

リサイクルは大事だけれど、それよりも元々のパッケージ自体を減らさないといけないと思います。私たちは基本的に加工食品を買いませんが、買ったとしても包装してもらわず、プラスティックのカトラリーはもらいません。おしぼりは日本のいい文化だけれど、使い捨てだともったいない気持ちになりますね。

株式会スマイルズ代表取締役社長・遠山正道さん提供のトップスには、様々なモチーフのワッペンをプラス。¥38000

フランスではスーパーのビニール袋は法律で禁止されており、エコバッグを持っていかなければなりません。この法律が決まった当初は面倒くさいと思ったけれど、慣れてしまえばなんてことはないです。環境問題は国として取り組まなければいけないこと。フランスも投票率が下がっているけれど、環境問題に熱心な政治家に投票してほしいです。


着られなくなった大好きな洋服をブローチやワッペンで再生させるというコンセプトはもちろんのこと、くすっと微笑んでしまうユニークなクリエーションも魅力。「マコン・エ・レスコア」のアイテムが日本でここまで揃うことは、なかなかありません。ファンはもちろん、気になる方もぜひお店まで足を運んでください。

MACON & LESQUOY X PASS THE BATON「愛着のある洋服たちの救世主」

会期:〜2019年 4月28日(日)

場所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F

問い合わせ:03・6447・0707

「マコン・エ・レスコア」の公式サイトはこちら!

「パスザバトン」公式サイトはこちら!

関連記事
  • こんにちは! みなさん夏のお買い物はされましたか? 今日は、何かもう1アイテム買い足したい…手軽に夏の主役アイテムをゲットしたい…そんな気分にぴったりなアイテム特集♪♪ トレンドに敏感なFLAG SHOPのバイヤーが、1万円以下で購入できるアイテムをピックアップしたので、ご紹介します!   ◎フラミンゴがキュート♡ 一枚でサマになるプリントTシャツ Droite lautreamont/フラミンゴTシャツ フラミンゴモチーフをスパンコールで刺繍した、遊び心溢れるTシャツ。 程良い厚みの綿素材で、リゾートに活躍間違いなしの1枚。   ●今季一枚持っておきたい!ロゴのインパクトがハズし役に suadeo/RITA for suadeo フルーツオブザルームTシャツ【WESTSEDONA】/¥5,800+税 【人気ブランドRITAとのコラボレーション】 大胆ロゴが新鮮で今っぽくおしゃれを底上げ   ●マキシ丈のスカートやロング丈ワンピの透け防止に! FABRIQUE en planete terre/【別注】コットンリネンペチスカート/¥4,900+税 ありそうでなかったロングタイプを一から別注オーダー! 軽くて吸水性のよいコットンリネン素材は、蒸れを感じずに気持ちよくはけます。 膝下丈の長さなので、ロングスカートにぴったり!   ●軽くて持ち運びもらくらく!スクエアの形が愛らしい2WAYバッグ DANTON/ユーティリティショルダーバッグ/¥7,800+税 ショルダーとトートになる2WAY仕様で、広めのマチで収納力も抜群なユーティリティバッグ。 たっぷりサイズなのでデイリーから、旅行やアウトドアなど様々なシーンで活躍します。   ●付けるだけで耳元に存在感を放つ!2WAYパールピアス France Luxe/【L. Erickson】ダブル パール ツーウェイ ピアス/¥9,500+税 垂れる大粒パールがゆらゆら揺れて存在感を発揮。 一粒パールとしても使えるツーウェイはON OFF問わずに活躍間違いナシ!   《敏腕バイヤー厳選!4桁プライスで買える夏のスタメン》特集ページにはまだまだおすすめアイテムがいっぱい! 今すぐチェックしてみてください♪
  • ————————————————————————————————————– LEEマルシェのインスタに投稿された人気アイテムをご紹介! 12closet/【洗える】リネン調テーパードパンツ/¥12,000+税 ————————————————————————————————————–   View this post on Instagram デスク仕事の日は、座って楽ちん、立ってきれい見えパンツでGO! . 原稿が入る日や会議の日など、座り仕事の日はとにかく下半身にストレスとをかけず、そして冷えないように楽ちんパンツを選びがち。 今日もそんなわけで今月号に掲載の12closetの新作パンツでした。 . タックとギャザーで腰回りはゆったり、膝下はすっきりなシルエットで作ったので、長い時間椅子に座っていても股関節のリンパに負担もなく、シワにもならず、疲れが違います。 . そしてリネンの風の素材なので、デニムとも、とろみ系素材とも違ったニュアンスがあり新鮮。選んだカーキはトップス次第でカジュアルにも、きちんとにも対応してくれていい感じです。 週3はいてしまいそう・・。(A子) . #LEEマルシェ #12closet #週3パンツ #身長160㎝ A post shared by @ leemarche on Jun 13, 2019 at 8:07pm PDT   【ここで買える!12closet/【洗える】リネン調テーパードパンツ/¥12,000+税】
  • 今回は夏のファッションもですが、白浜!アドベンチャーワールドをレポートします!みなさま、こんにちは! モアハピ部431うたうゆきここと、シンガーソングライターの梶有紀子です。 今回はファッションに加えて、白浜旅行。アドベンチャーワールドについてレポートしたいと思います。アドベンチャーワールドといえば! 少し前にパンダの赤ちゃんが誕生したニュースがありました。 今回は家族旅行に久々の白浜を選び、小さい頃にも行った場所に再訪してきました。 早速入り口ではパンダのモニュメントがお出迎え! béret...kangol outer...and A denim...UNIQLO ブルー×ブラックの色合わせにしました。 トップスに水色を持ってきて、ブルーのボーダーのアウターを。 丈感と、グラデーションのデザインが特徴のアウター。気に入っています。 夏らしい雰囲気が好きです。今回は焦らさず早速!パンダちゃんを紹介していこうと思います。 この子が父親の永明です。活発に動き回っていて、 写真は氷の枕(岩ですね)に手をついているところです。 この日も天気が良く暑い日だったので、涼しそうな光景がみられました。そしてこの子が...!!! 子パンダの彩浜ちゃんです...!!! 可愛い...!!! 丁度、女の子でも抱っこできそうな大きさでした。 動き回ってはいませんでしたが、気持ちよさそうにスヤスヤと眠る様子が とにかく愛くるしかったです! 肉眼で呼吸をして鼻が少し動く姿も確認できて、本当に可愛くて ずっとみていられるなと思いました...!!!ちなみに、LUNCHにはこちらがおすすすめ! ふたごパンダ肉まん&パンダバーガー みんなでシェアして食べました。 敷地内には他にも、カレーやオムライス、いろんなメニューが パンダ!になっていてとても可愛らしいので、行った際は是非迷ってみてくださいね!引き続き、次回もアドベンチャーワールドついて!!! モアハピ部431.うたうゆきこ こと、シンガーソングライターの梶有紀子がお届けしていきます。 次の更新をお楽しみに!モアハピ部 No.431 うたうゆきこのブログ
  • WEB限定記事第3弾は、街歩き。旅の拠点となるルクセンブルク市は、ヒストリカルな旧市街と、国際都市たるモダンな新市街の両方の側面を持ちます。街に緑も多く、要塞都市であるからこそできた高低差のある風景も独特!街の中心地に、こんなに気持ちがいい自然があるなんて!旅の拠点となるのは、国際空港がある首都のルクセンブルク市。城塞で囲まれたヒストリカルな旧市街と、豊かな自然、そしてモダンな国際都市が共存するこの街は、旅に欲張りなエクラ世代をも満足させてくれる。ルクセンブルクは、963年、岩山に建設された小さな砦がルーツ。「小さな砦」を意味する「リュシリンブルフク」が、国名の語源になったとも。その後、壮大な城壁が築かれ要塞都市となり、国家が形成、大公国へと発展した。天気がいい日はテラス席でランチやお茶を。レストランの看板も個性的で可愛らしい。アルゼット川から見上げる要塞跡は大迫力。かつての屈強な城壁は、今は緑の渓谷に。国民一人当たりのGDPが世界一の富裕国となった現在も、要塞時代の面影はそこかしこに。内部に全長約20kmの地下道や武器庫まで掘られている屈強な要塞は、解体まで実に16年も要したのだとか。そんな街並みは世界遺産に登録され、各国からのツーリストを迎え入れている。街の散策は、まずは旧市街の中心部から。大公宮殿の周囲には、立ち寄ってみたくなるデリやレストラン、カフェ、ブティックが点在。テラス席があるレストランが並ぶ石畳の通りは、ゆっくりとランチを楽しむにはぴったりのスポットだ。城壁に造られた遊歩道から眼下を眺めれば、川岸にグルント地区の絵画のような街並みが。ペトリュス渓谷に架かるアドルフ橋。橋の上からの渓谷までの高低差は約50m。要塞の下にあるグルント地区まで歩けば、ゆったりと流れる川の岸辺に修道院や美しい住宅が並ぶ絵画のような街並みが。崖を利用して造られた高低差のある街全体の風景は、立体的かつ独特。ヨーロッパのどの街でも見たことがない風景に、心が奪われる。旧市街に建つノートルダム大聖堂。祭壇の上には、繊細な描写のステンドグラスが。谷間にあるグルント地区と旧市街のエスプリ広場を繋ぐエレベーターからの眺めは絶景!そんな旧市街とは対照的な風景を見せるのが、新市街。世界有数の金融センターでもあり、EUの拠点もあるモダンな街を歩けば、そこかしこで、いろいろな言語を耳にする。それもそのはず、ルクセンブルクは人口約61万人のうち、半数近くが外国人というコスモポリス。公用語であるルクセンブルク語とフランス語、ドイツ語の3言語に加え、英語を話すのもごく日常的なことなのだ。新市街にある美術館「MUDAM」。ユニークな現代アートのコレクションに好奇心が刺激される。お土産を探すなら、旧市街の中心部にある「ルクセンブルクハウス」へ。果実酒にマスタード、ワイン、民芸品などが揃う。外国人のツーリストにも優しく、治安も良く、美しいルクセンブルク。ぜひ次のデスティネーション候補に入れておきたい。“ルクセンブルク版・養命酒”とも呼べそうなBUFF。炭酸水と割れば、消化を助けるための食後酒にも。■ショップ情報 Luxembourghouse ルクセンブルクハウス 住所/2 Rue de l'Eau, 1449 Luxembourg City ☎+352・26262627 http://www.luxembourghouse.lu/ <<第2回/ルクセンブルクは美食がいっぱいの国!撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • 偶然のようで必然20代の頃にフランスはパリに住んだことがあります。 当時、入学した語学学校で私よりも先に座っていた日本人らしき女子のお隣にピン!ときてつかさずお隣に座りました。 その頃からのご縁が続き今もたまに会っています。 類は友を呼ぶ…なんですかね?! この日のランチは、その頃を懐かしむかのようにそば粉のクレープとお互いお供にはもちろん迷わずシードルを選んでました。毎回、ランチだけでは話が尽きないのでスイーツまで行きます。 この日は、奇跡のパンケーキ! 私が前から気になっていた行列店です。行列も恰好のおしゃべりタイムだから♡
  • メイクパーツの中で、最もハードルが高いとされる眉。まさに、この眉次第で顔は劇変します。今回は、悩める読者の眉を、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんがわかりやすい簡単テクニックで一気に解決!国内大手化粧品会社でのメイク・エステ講師、美容ライターを経て、“美眉アドバイザー”に。セミナーや雑誌の眉企画の監修などで活躍。アイブロウの技術者資格「ブロウティスト(R)」を保有。マキア公式ブロガー mayaさん 「地眉は、かなりの下がり眉。いつも地眉に沿ってメイクするので、いつも困り顔な印象に。プライベートではそれでもいいけれど、仕事のときは、やっぱりキリッとしたデキる女感が欲しいです!」 セルフ眉→玉村眉メイクでこう変わる! 「困った眉=下がり眉の大きな特徴は、眉頭が眉山よりも高いこと。これを解消することで印象が劇的に変わります。あとは、眉尻が眉頭より低くならないように設定すれば一挙解決!」(玉村さん) お直しプロセス>> 【すっぴん眉】眉山がまったくなく、眉尻は眉頭よりもかなり低めの位置にある。眉頭が細く、眉尻側の毛も少しまだら感があり薄い印象。1.まずは眉山を決める。眉頭より1〜2mm高く、黒目より外側の位置に眉山を設定。そこに点打ちし、眉山〜眉尻にかけてをAのパウダーで描く。眉尻は眉頭より下がらないようにすることを厳守。2.下がり眉のひとは眉頭の位置が高いひとが多いので、眉頭の上側は描き足さず、眉頭の下をパウダーで描き足して、眉頭の重心を下げる。眉の下辺が直線的になって知的な印象に。3.仕上げに、ノーズシャドウをON。ブラシにAのいちばん薄いブラウンのパウダーを軽く取り、眉頭と鼻筋をつなぐようにふわっと自然にのせる。このとき、目頭より下には入れないよう注意して。 使用したプチプラコスメはこちら! A ハイライト、ノーズシャドウを含む4色入り。小顔に見せるトリッキーな色合い。インテグレート ビューティートリックアイブロー BR631 ¥1000(編集部調べ)/資生堂 B ふんわりナチュラルに仕上がるマスカラ。スタイリッシュアッシュブラウン。インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR773 ¥800(編集部調べ)/資生堂▼このテクニックをワンポイント解説!撮影/アベユキへ ヘア&メイク/相馬久美子、玉村麻衣子(眉) 取材・文/靍田由香 動画制作/zona 企画/佐藤 陽(MAQUIA ONLINE)
  • ファッションメディア「ELLE」が 主催となり開催している、 仕事を持つ女性たちを応援するイベント★ 《ELLE WOMEN in SOCIETY 2019》へ 行ってきました!バラエティ豊かなコンテンツが盛り沢山!今年のテーマは、 ~New Era, New World~ 新時代の女性を生きる美容やファッション、食やライフスタイルなど、 様々なワークショップやブース、 さらには著名人によるトークショーがあり、 コンテンツ盛りだくさんでした!映え度抜群!フォトスポットも♪♪お土産もたくさん♡♡私はまだ子どもいなければ結婚もしてないので、 バリバリ働けるのは当たり前だけど、 家庭をもって子育てしながら働く女性は、 ほんとにすごいなあと思います。【No.576】*Ayane* Instagram料理専用Instagramはこちら★モアハピ部 No.576 *Ayane* のブログ
  • これまで豊胸や豊尻など、さまざまな美容整形の経験談を明かしてきたカーディ・B(26)。ところが、昨年受けた脂肪吸引が原因で体に重大なトラブルが発生! ついに整形手術からの卒業を宣言した。 Photo:Getty Images 昨年7月にカルチャーちゃん(0)を出産したカーディは、体型を戻すために脂肪吸引を決行。産後とは思えないスリムなボディを披露し、ファンを驚かせていた。しかし、十分に回復していない状態で仕事に復帰したからか、体に大きな負担がかかってしまっていたよう。 Photo:Instagram(@iamcardib) 今月始め、パンパンに腫れた足の写真をインスタグラムに投稿したカーディ。「飛行機に乗るたびにこうなるの」と悲痛なコメントをつけ、原因が脂肪吸引であることをほのめかした。もちろんドクターストップがかかり、予定していたコンサートやライブは全てキャンセルに。 I been working out for the past 2 weeks cause bitch I ain’t getting surgery again but let me tell you I haven’t got a headache ever since . — iamcardib (@iamcardib) 2019年6月12日 そんな状況を反省したのか、数日後に更新したツイッターでは「二度と整形しない」と宣言。最近ではリスクのある整形から健全なジム通いにシフトしたそうで、体の調子も徐々に回復に向かっているとか。 また脂肪吸引については、「簡単に痩せられると思われがちだけど、回復までには長い時間がかかるし、苦しいこともあるわ」というアドバイスを発信。悩める女性たちに、軽い気持ちで受けないようにと忠告した。 Photo:Splash/アフロ 実は、以前にも整形で失敗を経験しているカーディ。お金がなかったストリッパー時代には違法な豊尻手術に手を出してしまったらしく、「想像を超える痛みで気を失いそうだった。しかも5日後にお尻から謎の液体が漏れてきたわ」とショッキングなエピソードを明かしている。その後も整形願望が止まらなかったカーディだが、今回の一件はさすがにこたえたよう? 元気になってステージに戻ってくることに期待! 「お直し」疑惑から仰天告白も!比較写真とともに振り返る人気セレブの美容整形エピソード(外部サイト) 60歳マドンナのお尻が不自然にボリュームアップ! 整形疑惑が浮上(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
関連キーワード

RECOMMEND