赤いニットを着て、アニエスさんを思い出す 福田麻琴

LEE

2月号のフレンチベーシックでパリロケをさせて頂いてから早3ヶ月。
すでにパリが恋しいです。

今日は色々なプレスで、アニエスさんに会えたなんて!と、羨ましがられました~♡

私自身、あのパリロケが忘れられず、すでにアニエスロスに陥っております…。

あの企画、最高すぎました。

まさか大好きな街で、大好きな人に会えるとは。。。
忘れられない思い出です。

あのエネルギー、パッション、LOVE!
会ってますますファンになりました。
憧れの女性像がますます固まった気がします。

今日はあのロケでも着用した、思い出の赤いニット。
これを着るたびにあの素晴らしい時間を思い出すことでしょう。

普通だけど、ちょっと特別。

今、私達が求めているものはそういうものではないでしょうか。
そして、今のパリジェンヌはまさにそんなお洒落を楽しんでいる人達ばかり。

改めて今のファッションの在り方を考えさせられます。

今年はますますそんなファッションを心がけていきたいと思います!

デヴィッドソンでゲットしたレオパードのミニポシェット。手帳やら財布やらをミニマム化して、小さなbagを持てるようになりました。
ちょっとのことですが、チラリとのぞかせるボーダー。たかがインナー、されどインナー。こういうものに気をつかえるお洒落をしたいものです。普通の服をちょっと特別に!

Today’s Outfits

ニット : アクネ ストゥディオス
ボーダートップス : ドゥーズィエムクラス
パンツ : ナゴンスタンス
ベルト : J&M DAVIDSON
バッグ : J&M DAVIDSON
ブーツ : メゾン マルジェラ

関連記事
  • 2都市のストリートから見えてきたこの夏のリアルトレンド。洋服から小物まで、キーワードとともに最旬の着こなしをお届け■「こなれブラウンとベージュ」 秋も人気続行確実のトレンドカラーはアウターからワンピまでさまざまなアイテムで登場。きかせるだけで、瞬時に旬顔スタイルに。  ☆ジュリア/レザーメーカー勤務/ミラノ マンゴのシャツワンピを太ベルトで締めてスタイルアップ。☆シャロン/ショップスタッフ/ミラノブラック×ブラウンのシックな色合わせが大人顔。足もとはコンバースで抜けを作って。 ☆ヴィルジニア/ブランドマネージャー/ミラノコートはヴィンテージ。華やかなスカーフをはさむことでクラシカルに昇華。 ☆ジョセフィーヌ/モデル/パリベージュのスカートはスリット入りでより旬感を。☆ニーナ/靴デザイナー/ミラノ日本で購入したコーチジャケットをタイトスカートで女っぽく。 ☆アマリー/学生/パリベージュのジャケットはモノトーンの着こなしと好相性。【Marisol9月号2019年掲載】撮影/新村真理(パリ) 中島 誠(ミラノ) 富田 恵(五明さん取材) コーディネーター/酒井祥子(パリ) 建野みどり(ミラノ) 取材・文/野崎久実子仕事帰りは首周りすっきりブラウングラデでカラーリングしに美容院へ【2019/9/18コーデ】トレンドのブラウンはグラデーションでコーディネイト。ひとさじピンクが効果絶大!
  • 周りの目を気にせず思いきりおしゃれを楽しみたい日には、太ヘアバンドでイメチェンするのがおすすめ。結び目は低めに結ぶ&おだんごはルーズにつくるのが鉄則で、前髪の両サイド・こめかみ・襟足の3ヵ所の後れ毛を出すことでこなれた印象に。動画もあるので参考にしてみて。 イメチェンしたい女子会は【太ヘアバンド】で洒落感up 後ろのテールをまとめるだけ 自分ファーストなファッションに浸りたい日は旬デザインのヘアバンド×ルーズおだんごでこなれ感を狙って。 計算ずくのルーズ感と大胆なヘアバンド使いがカギ 1.アイロンでベースを適当に巻いてクセづけたら、装着するヘアバンドを首にかけるところからスタート! 2.手ぐしで全体を襟足の少し上あたりにまとめてゴムで結ぶ。最後の一周で毛束を通し切らずにストップ 3.2でゴムから飛び出ている毛先を、数回に分けて結び目に挟む。そしておだんごを指でほぐしてルーズに 4.1で首にかけておいたヘアバンドを引き上げて装着。おでこの生えぎわが隠れる位置にくるように調整して 5.前髪の両サイド、こめかみ、襟足の3カ所の髪をひとすじずつ指で引き出して後れ毛を作る ここがポイント ヘアバンドは最初から首に引っかけておく 結び目は低め&おだんごはできるだけルーズに 3カ所の後れ毛でこなれ感を演出して 髪色になじむ落ち着きカラーで大人っぽさ重視 レオパード柄はそれだけで主役級の存在感。¥3500/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店(ブランク×ビーミング by ビームス) 光沢感のあるネイビーが大人っぽさをお約束。ターバン¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) カーキなら誰よりこなれた印象に。¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) ビスチェつきワンピース¥31000/シップス 渋谷店(ミュラーオブヨシオクボ) ピアス¥24900/シップス グランフロント大阪店(ナタリーシュレッケンベルグ) シルバーリング¥22000・オーバルモチーフリング¥10000/アガタ ジャポン(アガタ パリ) 撮影/熊木 優〈io〉(人)、細谷悠美(物) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/三枝こころ 取材・原文/石橋里奈 構成/北村聡子〈BAILA〉 ※BAILA2019年10月号掲載
  • ブラウンシャツジャケット 肩落ちのゆるシルエットで抜け感が簡単に手に入る。ベルトは取り外し可能。コーデュロイ素材で秋のムードも加速。 シャツジャケット¥6900/SPIRALGIRL柄とゆるシルエットで今っぽさを盛れる着回しアイテムはこの6つゆるタートルニット たぷんとしたフォルムで女っぽさが際立つ♡  ニット¥27000/シップス 渋谷店(アダワス)フェミニンブラウス 上品さが漂う、フェミニンな赤紫色で季節感と甘さを添えて。 ブラウス¥12000/Noelaグレーパーカ 着回し力抜群。カジュアルにも女の子らしくも自在。 パーカ¥9500/レイ ビームス 新宿 他の画像を見る  シャツジャケット+6着で 秋のトレンド着回し10daysは non-no11月号で チェック!モデル/馬場ふみか 撮影/柴田フミコ 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/ギャラリー猫町 森岡書店
  • 苦手な茶色も暖ブラウンなら女性らしくきれいめに。ZARAのトップスで初秋の箱根へ。今年の秋はブラウン真っ盛り。キャメルが超絶似合わない私にとってハードルの高い秋(笑)。 でも今月号のエクラに載っている「暖ブラウン」なら大丈夫かも・・・とチャレンジしてみましたZARAパトロールで見つけたこのブラウス。本当はチュニックなのですが、ウエストマークしてキレイ目に。スカートは去年買ってヘビロテ中のこれもZARA。アクセやバッグもゴールドや茶系でまとめて。靴はやっぱり大好きなレオパードに合わせたい♡ tops・・・zara skirt・・・zara belt・・・tomorrowland bangle・・・no bland bag・・・jamin puech shoes・・・christian louboutinこの日は箱根の岡田美術館へ。ここは入り口に巨大な「風神雷神図」のファザードが迎えてくれて、来る度テンションが上がる場所。お目当ては「金屏風展」。狩野派、長谷川派、琳派などの絢爛豪華でかつ繊細で精巧な屏風がズラリと並んでいて、それはそれは壮観でした。岡田美術館の所蔵のものは若冲や東山魁夷をはじめ、結構ツボなものが多くて好きなんです。美術鑑賞の後は、敷地内の「開化亭」へ。ここでは庭園を眺めながら、食事やお茶をすることができます。 中でも私のオススメはこれ。ここのコーヒーや紅茶には全て「岡田美術館チョコレート」が付いて来るんです。この日は「風神」さまの右下部分(私の写真の左上に写ってる部分でした笑)。このチョコはミュージアムショップでも買えますが、風神雷神セットは4800円なのでこれはお得感ありです。もちろんお味はお墨付き。コーヒーにもすごく合います!美術館は広くて疲れるので、私のような体力なし子には足湯カフェがあるのも嬉しいポイント。美しいファザードを眺めながらの足湯、極楽です〜。 ここは食事だけでもカフェだけでも足湯だけでもOKなので、美術鑑賞をする人もしない人も楽しめます。芸術にちょこっと触れながらの秋のお出かけにぴったりですよ。華組 有村一美ブログ
  • スタイリスト・村山佳世子さんが、秋の最旬ミニマムアイテム使った着こなしをご紹介。引き続き大ブレイク中のブラウンは異素材をミックスしてワントーンコーデを完成!異なる素材感を組み合わせ、ブラウンのワントーンを完成「引き続き大ブレイク中のブラウン。異素材をミックスしてワントーンコーデを完成しました。このコートはベルトをはずすとガラリと表情が変わる。モード派からフェミニン派まで、あらゆるテイストに合う一枚です」。 ネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) バッグ¥648,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)コート¥98,000/ストローラーPR(ラシュモン)ニット¥27,000/カオス丸の内(カオス)パンツ¥75,000/ロンハーマン(エリカ カバリーニ)>>村山流秋の最旬スタイル 一覧はこちら撮影/長山一樹(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/浜島直子 取材・原文/磯部安伽 ※エクラ10月号掲載
  • 今年の秋冬は、美味しそうなブラウン系の“カフェ色”が空前の大ブーム! コーデに取り入れるだけで、ガラリと今季らしくなると話題です。 そんな“カフェ色”のおすすめアイテムを使ったオン&オフの旬な着こなしをご紹介。   定番ベイカーパンツをコーヒーブラウンに変えて通勤コーデを秋仕様に! THE SHINZONE / ベイカーパンツ / ¥19,000 + 税 Demi-Luxe BEAMS / Demi-Luxe BEAMS / ドライギャバ ダブルジャケット / ¥36,000 + 税 人気のベイカーパンツを赤みブラウンにアップデートして、注目のダブルジャケットを羽織れば今季らしい通勤スタイルの出来上がり!   ROTHCO M-65 LINERS DS WASH / ¥8,800 + 税 THE SHINZONE / ベイカーパンツ / ¥19,000 + 税 相性抜群のカフェ色×カーキで休日コーデ。インナーとスニーカーで白を効かせてクリーンに決めて。   オフの日もチャイブラウンコートを気負わずに羽織って洗練カジュアル ! MICA & DEAL / ボア付きバッグトラックトレンチコート / ¥44,000 + 税 unfil / ローシルクリブジャージーTシャツドレス / ¥17,000 + 税 休日のスタメン”カットソーワンピ×スニーカー”にもさらっと羽織れば、こなれ感アップが簡単に叶います。頭に巻いたスカーフ、斜めがけポシェットで、コーデにアクセントを。   BEIGE, / MOVAL / ¥38,000 + 税 MICA & DEAL  /  ボア付きバッグトラックトレンチコート  /  ¥44,000 + 税 タイトスカート×トレンチで定番お仕事スタイル。無難な合わせでも、ダークカラーのチェックでぐっと今季らしいスタイルに!   その他コーディネートアイテムはこちらでご紹介です!
  • ブルガリが、アレキサンダー ワンとコラボレートしたカプセルコレクション「アレキサンダーワン × ブルガリ」を2019年9月23日(月・祝)より発売する。ブルガリの「セルペンティ」モチーフを再考し、ワンのシグネチャーであるハイ&ローのアプローチを織り交ぜたコレクションとなった。 「ベルトバッグ」〈W18.5×H13×D6.5cm〉(カーフ/ブラック)¥250,000/ブルガリ ジャパン(アレキサンダーワン × ブルガリ)ワンは「高級品を購入する時に、日々見落とされているアイテムに焦点を当てたコレクションを作り、それを世界のあらゆる年齢の消費者にとって魅力的に映るものに変えたいと思った」とコメント。ウォッチのボックスやショッパーといったブルガリのパッケージングに、1950年代のブルガリのスネークヘッドのモチーフをあしらった6種類のアイテムを完成させた。素材はホワイト、ブラックおよびミントグリーンの柔らかなカーフレザーのほか、艶やかなパイソンスキンやシャイニーリザードなど多岐にわたる。 「ショッピング」ミディアムサイズ〈W21×H28×D8cm〉(カーフ/ホワイト)¥225,000/ブルガリ ジャパン(アレキサンダーワン × ブルガリ)「ベルトバッグ」には、取り外し可能なベルトストラップ兼ショルダーストラップのほか、ハンドル及びチェーン×レザーのストラップが付き、4WAYで楽しめる。また、「ショッピング」は3サイズ展開で、ワンらしいウィットを感じさせるモダンなデザイン。そして新しい「ミノディエール」は宝石箱を思わせる四角いシェイプで、付属品である「セルペンティ」のブレスレットには、ブランドのアイコニックな「トゥボガス」が用いられた。そんなスペシャルなカプセルコレクションをあなたのワードローブに加えてみては? 「ミノディエール」〈W12×H12×D5cm〉(カーフ/ブラック)¥655,000/ブルガリ ジャパン(アレキサンダーワン × ブルガリ)ブルガリ ジャパンhttps://www.bulgari.com/ja-jp/03-6362-0100 text: Fuyuko Tsuji ⇩「アレキサンダーワン × ブルガリ」のカプセルコレクションをチェック!
  • 気になるトレンドアイテムを、旬の要素はそのままに大人が着やすいシルエットやディテールにアレンジ。毎日のおしゃれで頼りになるのは、まさにこんなアイテム!スタイリスト徳原文子さんと考えました! ■コーデュロイスカート <大人気スカートの秋冬バージョンには、旬の細畝うねコーデュロイをチョイス。素材に表情があるから、ニットとのワンツーコーデが簡単におしゃれ見えします>すっきりした腰まわりにこだわった着やせシルエット春夏に大ヒットしたマキシスカートを、秋素材に変更して再登場。広がりすぎずにすとんと落ちるよう計算しつくされたパターンが光る。テラコッタオレンジは、ダークカラーが増えがちな秋冬スタイルの主役にぴったり。サイドスタッズブーツ¥37,000/ファビオ ルスコーニ バッグ【BERLINリングスモールショルダーバッグ】¥35,000/SHOP Marisol(ベルメール) ニット・ピアス/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【徳原文子さんコラボ】コーデュロイマキシスカートカラー:テラコッタ、ブラウンサイズ:1、2¥28,000 マリソル編集部と考えました!■スウェット女っぷりが上がるゆるっとしたシルエットハイウエストパンツやマキシスカートなど、トレンドのボトムに合わせやすいよう少しだけ短めの丈感に。そのぶん身頃や腕まわりにはゆとりがあり、着るだけで絶妙な"ゆるシルエット"が完成。カジュアルになりすぎず着回しやすい。ベイカーパンツ¥19,000/シンゾーン バッグ¥19,000(アロン)・カシミヤ大判ストール¥62,000(ジョンストンズ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【編集部と考えました!】大人ゆるスウェットカラー:ブラック、カーキ、オフホワイトサイズ:F¥9,500 マリソル編集部と考えました!■シャツワンピース素材の上品なツヤ感がマルチに着回せる理由ドロップショルダーとゆとりのある身幅により、着るだけで即旬のシルエットに。上質なウールならではのしっとりとしたツヤがあり、ベルトでウエストマークすればお仕事シーンも対応可能。ゆったり快適な着心地で、真冬のタイツ合わせまで活躍するはず。バッグ【PIASKI NEW CALF】¥30,000/ベルメール ショートブーツ【CATTLEYA】¥42,000/SHOP Marisol (ペリーコサニー) 帽子/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【編集部と考えました!】バンドカラーワンピースカラー:カーキ、ネイビーサイズ:F ¥19,000 【Marisol 10月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂
関連キーワード

RECOMMEND