ヴェレダの万能お守りクリーム・スキンフードからリップ専用バーム誕生

LEE
ヴェレダのロングセラーアイテムと言えばマルチユースのクリーム・「スキンフード」。
子供から大人まで、顔にもボディにも使える乾燥対策アイテムは、我が家でも毎年「冬場のお守りアイテム」としてこの時期に活躍してくれています。
そんなスキンフードからリップバームが出たといううれしいニュース!
これまたロングヒットになりそうな予感♪(編集・オダッコ)

スキンフード リップバター 8mL ¥1200(税抜)

定番クリーム・スキンフード同様、パンジーやカレンドラ、ローズマリー、カモミールの4つのハーブエキスが、荒れやすい唇をいたわり、天然油脂が守る処方。乾いた空気や冷たい外気をものともしない唇が目指せます。
心地よい香りが楽しめるのもうれしいポイント。
塗ると、グロスのようなツヤも出るから、口紅の上から塗るのもよさそう!
ビジュアルも可愛いから、ちょっとしたギフトにも喜ばれるかも♪(編集・オダッコ)

 

DEBUT || 2019年1月10日(木)
BRAND || ヴェレダ
ITEM || スキンフード リップバター
CATEGORY || リップケア
KEYWORD || #スキンフード #ロングセラー #ハーブ
TEL || 0120-070601
HP ||  ヴェレダ

(撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)

関連記事
  • 最近の家族集合ごはんの定番はニューオータニ の「THE SKY」究極のビュッフェ✨スーパーあまおう&スーパーメロン ホテルニューオータニ「VIEW & DINING THE SKY」✨ すべてのお料理がメインディッシュ⁈な、究極のビュッフェレストランです✨ 大トロのお寿司、フォアグラ、車海老の天ぷら… 楽しみはたくさんありますが、何と言っても「SATSUKI」のスーパーショートケーキがいただけること❣️ ビュッフェなら老若男女、各々のお腹と相談して、みんながhappy♡ということで、わが家の外食の定番になりつつあります。 草月流✨近々ではGW中のお伺いでした ニューオータニでの楽しみはもう一つ、ロビーの装花です✨ 他の流派のいけ花は、とても勉強になります✨だいぶお腹も目立ってきた頃。 日本のマタニティ服は20-30代向けのものが主流です。 ここまでは手持ちのお洋服でなんとかやりくり PUCCIのチュニックは大活躍しています✨ (パンツのチャックは全開)笑 アラフォーのプレママがワードローブに加えたマタニティ服は海外ブランドばかり。 こちらにつきましては、またあらためてご紹介できたらと思います。美女組No.88momoのブログ
  • アラフィーが、Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツに合わせたい小物をピックアップ。メソッド2:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。ボーダーと相性抜群のパール。小玉で短いものをさりげなく「定番のコンパクトな黒×白のボーダーTシャツにパールを小さく効かせる、そんなフレンチレトロな雰囲気がかわいくて。パールは小玉、襟ぐりの内側に収まるぐらいの短さでカジュアルに楽しみたい」(村山さん)。 Tシャツ¥9,000/アニエスベー パールピアス¥161,000・パールネックレス¥348,000/TASAKI パンツ¥38,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) バッグ¥415,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 単純なワンツーコーデが多くなりがちな時期だけど、今年はひと手間かけたトレンドのレイヤードテクでおしゃれに変える!前開きのロングはおりで作る夏のレイヤード見本帳。「長いものは長いものと合わせる」のが旬コーデの最新ルール。A ロング&ロングがネオナチュ気分を後押し 人気急上昇の透かし編みニットカーデは、ヴィンテージっぽい花柄ワンピと好相性。親しみやすいフェミニンなムードに。 カーディガン¥6900/ROYAL PARTY ワンピース¥12000/エクラン ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1200/お世話や(Osewaya) バッグ¥29500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) サンダル¥7900/RANDAB 気楽なシルエットの服はレイヤードでメリハリUP ゆるシルエットの旬アイテムは重ね着で全身コーデにリズムをつけて。 シャツワンピース¥4990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 カットソーワンピース¥7500/ビームス ボーイ 原宿(グッドウェア) リブワイドパンツ¥1990/GU イヤリング¥2547/CHIPPI&CUU バッグ¥6900/COO(LAUGOA) サンダル¥6900/REZOYきれい色ロングカーデで今っぽグッドガール ブラウス、カーデ、スカートというグッドガールの定番コーデも、カーデやスカートの丈が長いと今っぽさ急増。 カーディガン¥7900・ブラウス¥6900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 スカート¥3980/ViS イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥12000/アンビリオン(ペルケ) 靴¥12800/グランデ(エンチャンテッド)シンプルカジュアルは透け感で色気をプラス 足元に重さのあるワイドパンツは、揺れ&透けるガウンで軽やかに仕上げる。 ガウン¥14500/Noela ニット¥1990/UNIQLO パンツ¥3980/ViS イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) バッグ¥7800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 スニーカー¥7000/コンバースインフォメーションセンターいつものデニムが見違える落ち着いたムードの花柄 夏の鉄板デニムコーデを、ブラウンの花柄で奥行きを出す。 ロングシャツ¥6980/EMODA ルミネエスト新宿店 ニットタンクトップ¥6800/リリー ブラウン デニムパンツ¥8900/ROYAL PARTY イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥16000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)モデル/西野七瀬 岡本夏美 撮影/横山創大 ヘア&メイク/飯嶋恵太(mod’s hair) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 今イチバン気になる女の子Kōki,さんにアレコレきいちゃいましたたくさんの質問一つ一つに、真っすぐに答えてくれたKōki,さん。なんと今回特別に、バッグの中身まで見せてくれました♡セットアップ ドレス(カメリアつき)¥352000・ハット¥131000/シャネル カスタマーケア美肌の秘訣を教えて! 乾燥するとすぐ肌荒れしてしまう敏感肌タイプなので、気づいた時にこまめに保湿クリームを塗ったり、おうちの中でもエコロジカルな水筒を持ち歩いて、常温のお水を飲むようにしています。私にとっての美容の先生は、お母さん。「洗顔料は必ずふわふわに泡立てて、こすらずに優しく」とか、「スキンケアは顔だけじゃなく首やデコルテまで塗るのが大切よ」とか、「クリームもマッサージしながら塗ったほうがキレイになれるのよ」って教えてもらってからは、それが定番に。 今のマイブームをズバリ 英語の詩に、ピアノでメロディーをつけることですね。7歳から作曲しているんですけど、時々煮詰まってしまうことがあって、何か違うアプローチ方法はないかな?と思った時に思いついたんです。私にとって音楽は、本当にかけがえのないもの! 自分では無意識なんですけど、お仕事などで緊張している時は必ず鼻歌を歌っているらしくて。余裕に見えるみたいなんですけど、むしろ真逆(笑)。そんな時も音楽が支えてくれているんですよね。おうちでも必ず誰かが何か曲をかけていて、様々なジャンルの曲にいつも触れています。 カーディガン¥251000/シャネル カスタマーケア最近のプレイリストTOP3は? 1950年代や’60年代の古いJazzを聴くことが多いのですが、ナンシー・ウィルソンさんの『I Wish You Love』、エラ・フィッツジェラルドさんの『For Sentimental Reasons』、チェット・ベイカーさんの『I've Never Been In Love Before』かな。なかでも特によく聴くのはエラ・フィッツジェラルドさんで、『All Of You』っていう曲もすごく好きです。 オススメの語学勉強法は? 聞くこと、かな。その国の音楽を聴いたり、映画を見たり。字幕もわざと外国語で! それから、脳内翻訳もオススメです。たとえば「これ可愛い」って思った時に、フランス語だったらどう言うかな?って。自然と習慣化してトレーニングになるはずです。あと、意識的に話すことも心がけています。勉強するの、結構好きなんです。新しいことを知るのって、楽しい! ドレス¥502000/シャネル カスタマーケア好きなファッションは何? デニムのカジュアルなスタイリングが定番ですが、ドレスアップするのも好き。たとえばディナーショーやお食事に行く時は、 ジャケットをはおったりしています。いつか欲しいなぁって憧れているのが、シャネルのツイードジャケット。小さい頃にお母さんのクローゼットに掛かっていたのを見て、あまりの素敵さに心奪われてしまって。ただ、わたしは肩がしっかりしたジャケットが好きなんですけど、お母さんが肩パッドを外しちゃって。「なんで取っちゃったの~!?」って怒ったんです(笑)。いつか、自分で買える日が来たらいいな♡ ※すべて本人私物(ブティックへのお問い合わせはお控えください)バッグの中身が見たい! お懐紙とハンカチとばんそうこうを入れたポーチ、チョコレート、ジュエリーケース、フリスク、シャネルのルージュ ココ フラッシュ60番、シャネルのアリュール、リファのマッサージローラーです。香りはお仕事の日と普段用で分けていて、いつもはガブリエルをつけてスイッチを切り替えているんですけど、箱ごと持ち歩くのがこだわりなんです! この香水瓶のお部屋みたいだし、箱自体も可愛くて大好きだから……♡ お懐紙は「食べ物をおすそ分けする時用に」って、お母さんに渡されたのがきっかけで持つように。マッサージローラーは顔だけじゃなく肩をほぐすのにも愛用しています。このバッグ、見た目はコンパクトなのにすごく入るんです(笑)。 モデル/Kōki, 撮影/三瓶康友(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/早川すみれ(KiKi inc.) 構成・原文/森山和子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • こんにちは。 ライター川口ゆかりです。   東京は最高気温27度。 今朝、天気予報を見るなり「梅雨明けしたんだっけ?」と主人。確かに確かに。そう思ってしまう陽気。今日も暑くなりそうですね。     こう暑い日が続くと困るのが洋服選び。 時間のない朝はワンピースか、だいたい袖のないタンクトップに涼しげなボトムスが最近の定番です。なかでもつい手にとってしまうのがプリーツスカート。   秋冬の重めニットにあえて軽やかなプリーツスカートを合わせる着こなしが好きで、ここ数年、溺愛してるんですがはいていると必ず褒められるのがこちら。 ASTRAETのもの。今季の春夏物です。深いパープルに深いターコイズブルー。カラー切り替えがあることで単調になりがちな夏の着こなしを格上げしてくれる!さらに細いプリーツが縦のラインを強調するので、自然とスタイルアップも叶う。まさに一石二鳥アイテム。 タンクとプリーツのワンツーコーデ スカート/ASTRAET  トップス/Ronherman  サンダル、ブレスレット/HERMES  ピアス/ASOKO この日は、ネイビーのタンクトップを合わせてすっきりと。小物は白で統一して、見た目だけでも涼しげにまとめてみました。ガーリーに傾きがちなプリーツスカートもカラー切り替えがあるぶん、モードな雰囲気に。 好きな色に囲まれる暮らし。 そういえば、自宅に飾るお花も深いパープルばかり。好きな色って、ついつい手にとってしまうようです、、、笑笑     皆さんは何色がお好きですか??     日々の暮らし、私服はInstagram yucari kawaguchiまで。 いつもありがとうございます^ ^  
  • 長らく水着を封印していた人に朗報! 今季はアラフィーたちが愛する大人ブランドから、続々と水着が登場。アラフィー世代にも人気の「エンフォルド」をディレクションする植田さんが’18年にスタートさせた「ナゴンスタンス」。発色のよい色や柄、吟味された素材を使用した、ただ隠すだけでないメリハリのあるデザインは、大人にも優しいものばかり!någonstans【ナゴンスタンス】休日に必要な服として大人のための水着と水際アイテムをスタート’18年デビューした「ナゴンスタンス」は、エクラ世代にも人気の「エンフォルド」をディレクションする植田みずきさんがデザインするブランド。 「3人の男子の母として休日服に必要性を感じていたんです。“någonstans”はスウェーデン語で、“どこかへ”という意味。日常とは違う休日を過ごすための服を思い描いてつけました。水着をつくったのもその延長。出産を経験して若いころとの体型の変化を感じつつ、それでも子供と安心して海やプールで遊びたかったし、おしゃれも楽しみたくて。ただ隠すだけでなく、発色のよい色や柄、素材を吟味し、背中や肩は大胆に出したデザインでメリハリをつけています。洋服のように着られる水際アイテムを充実させたのも必要性を感じたから。だから、多くのかたに大人に優しいと思ってもらえるのは本当にうれしいです」1.とろみ感のあるやや厚めの生地を使用。オフショルダーでケープをまとっているかのようなデザイン。カップとショーツつきで、これ一枚でOK。オールインワン¥33,000 2.アンダーバストの幅が広めで、動いてもずれにくく安心。トップ¥11,000 3・9.上下別売りになっているので、色の組み合わせが自由に楽しめる。ボトム 各¥11,000 4.まるでリネンのような生地は乾きやすい素材で、泳がずにビーチやプールサイドで過ごすのにぴったり。取りはずし可能なインナーブラつきで一枚でも着用可能。トップ¥28,000 5.同素材のボトムは、すそ幅が広めで、脚がすっきりと見える大人向けのデザイン。ショートパンツ¥26,000 6.1と同素材で洋服見えするカップつきのキャミトップ。キャミソールトップ¥15,000 7.ボクシーなシルエットの同素材のショートパンツ型。中に水着ショーツつき。ショートパンツ¥15,000 8.アメリカンスリーブタイプですっきりとヘルシー。クロプトトップ¥13,000 10.街ではニットとしても着られるというスタイリッシュなラッシュガード。水にぬれても軽く払うだけで乾きやすいのが特徴。ニット¥20,000 /ナゴンスタンス  11.ロンハーマンとの別注のオールインワン。鮮やかな色と表情のある生地が目をひく。カップとショーツつき。オールインワン¥27,000/ロンハーマン【Profile】 någonstans デザイナー 植田みずきさん ’11年「ENFÖLD」のクリエイティブディレクターとしてブランドを立ち上げる。’12年に「någonstans」のクリエイティブディレクターに就任しブランドを立ち上げ、’18年にブランドデビュー。撮影/佐藤 彩(静物) スタイリング協力/土田麻美 スタイリング・取材・文/松井陽子 ※エクラ7月号掲載
  • アラフォー以降に増えてくるトップがつぶれるのにうねる髪。その対処法をプロがレクチャー☆教えてくれたのは…美容師 CHIEさん 美容師 CHIEさん マリソル世代から人気のサロン・代官山『PearL』主宰。ヘアケアにも精通つぶれるうねり髪は芯を強くするのが必須 「ペタンとうねる髪は髪自体が弱くなり、まっすぐ立っていられなくなっている状態、と想像してください。髪は内部のコルテックスやメデュラ、表面のキューティクルでほぼ構成されています。もっている素材はどんな髪質もみな同じですが、その割合が違うんです。弱くなっている髪はその内部構造やキューティクルの厚みがもろくなり、湿気の影響を受けやすく、またダメージを受けてもうねりやすくなります。ですからこのタイプにおすすめしたいのは、髪自体を強くするケアとスタイリングなんです」(CHIEさん・以下同)テクニック①『インバスケア』で髪を補修して強くする「髪内部の栄養が少なくなっているので、しっかりと内部補修できるヘアケアを始めましょう。とはいえ、若いころに使っていたダメージケア系の重くなる仕上がりだとよけいに髪がつぶれてしまいます。大人の女性は内部補修をしながら、軽い仕上がりのシャンプーを選ぶのが大切です」1)『奇跡の一滴』と呼ばれるCHIEさんおすすめアイテム。オラプレックス No.4 ボンドメンテナンスシャンプー 250㎖¥2,800/プロジエ  2)髪内部の構造を補強。セグレタ シャンプー 430㎖(オープン価格)/花王 3)ノンシリコンながら補修力が高い。モイストシャンプー 230㎖¥2,800/エトヴォス 4)髪の立ち上がりをサポート。オージュア エクイアルシャンプー 250㎖¥3,500[美容室限定品]/ミルボンテクニック②『アウトバスケア』は、湿気をはじく軽めオイルを「白髪対策のためカラー頻度が多くなっているアラフォーの髪は、キューティクルが薄くなっています。そんな髪には浸透力の高い軽めオイルをアウトバスに。しっかり栄養を入れスカッとした髪を補修できるけれど、ベタッと重くならないライトなオイルがベストです。湿気をはじいて髪をガードし、うねりにくい髪にしてくれますよ」1.洗髪後タオルドライをしたら、適量を手に広げ、オールバックにしながらトップ→毛先へON02.手に残ったオイルは、もみあげ、前髪、生えぎわなど、うねりやすい部分に重ねづけをして☆Items❸美容成分配合の植物オイルを贅沢にIN。スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オ イル R 20㎖¥3,000/THREE❷顔にも髪にも使えるオイル。アスタキサンチンなど贅沢成分を 配合。スプリナージュ スパスージングオ イル 40㎖¥3,800/アリミノ ❶乾燥ダメージを補修し軽い仕上がりに。リクイール グローヘアオイル 60㎖¥2,500 /カネボウ化粧品 テクニック③『形作り』はブラシつきドライヤーで立ち上げドライ「うねり髪は寝ている間の汗でも形が 崩れるので、朝リセットするのがおすすめ。つぶれやすい髪質はテクニックいらずで根元を立ち上げやすい"ブラシつきドライヤー"でセットするのを推奨! 立ち上げブローやストレートのブローを簡単に、サロン仕上がりのようにつくることができます」01.うねり髪の元凶である、ハチ上の根元部分をミストスプレーなどでしっかりとぬらして02.いつもの分け目とは反対へ大胆に分け、風を横から当ててドライ。その後は反対側も同様に03.頭皮に対して毛束が90度になるように、根元から引っぱるようにまっすぐブローする04.最後に冷風モードに変え、毛束を落ち着かせるようにブロー。まっすぐの髪をFIXする☆Items5種のブラシつきで、立体感のある髪型がつくりやすい。くるくるドライヤー ナノケア EH-KN99(オープン価格)/パナソニックニット¥10,000/イトキン カスタマーサービス(MK ミッシェル クラン)【Marisol7月号2019年掲載】撮影/藤澤由加(人物) 岩谷優一(vale./CHIEさん、masatoさん) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/コンイルミ(ROI) スタイリスト/程野祐子 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/松井美千代
  • 今までは一点使いが定番だったきれい色も、この夏は上下で楽しむのが新鮮。ちょっぴりスモーキーな淡色を選ぶのが成功するコツ。【ブルーワントーン】淡色デニムに色を寄せるだけ。今っぽさも、こなれ感も上々!ブルーのワントーンは淡色デニムを軸にすると簡単。デコルテ映えするブラウスやスクエア型のミニバッグが、デニムのカジュアル感をやわらげて品のある表情を引き出して。仕上げにはブラウン小物でメリハリをオン。ブラウス¥26000/ebure パンツ¥31000/エフユーエヌ(フォンデル デニム) ショルダーバッグ¥43000/フルラ ジャパン(フルラ) ネックレス¥46000/エスケーパーズ(タプレイ) 時計¥20000/ポール・スミス リミテッド(PSポール・スミス) バッグ¥57000(ア ヴァケーション)・靴¥48000(ペリーコ)/アマン【オレンジワントーン】スモーキーなトーンでまとめれば明快なオレンジもレトロシックに旬のオレンジをワントーンで楽しむなら肌なじみのいい、くすんだ色みを選んで。アンサンブルとロングスカートのレディな装いにレトロさが加わって鮮度がアップ。ニット¥23000・カーディガン¥37000/エフユーエヌ(フォンデル) スカート¥30000/クルーズ(ELIN) サングラス¥34000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥1990/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) 時計¥26000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バッグ¥29000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(カユ) 靴¥48000/トゥモローランド(ロク)【スカイブルーワントーン】揺れるプリーツと涼感のある小物がアイシーなブルーをぐんと印象的にひんやりとしたブルーは夏こそ堪能したい色。揺れ感のあるスカートでリズムを出しつつ、PVCバッグや白のパンプスなど、涼しげな小物でアイシーな色の魅力をきわだたせて。Tシャツ¥5000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥18000/ロペ マドモアゼル ジャケット¥16000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) イヤリング¥22000・リング¥14000(ルーチェ マッキア)・靴¥56000(ジョセフ)/シジェーム ギンザ バッグ¥27000/コード(ヴァジック)【ラベンダーワントーン】グラデーション風の組み合わせでやわらかなラベンダーに奥行きをほのかな甘さを感じさせる色だから、端正なシャツとベルトつきパンツでスタイリッシュに。肩がけスウェットが立体感をプラスしてバランスアップ。シャツ¥29000/ebure スウェット¥18000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ゲミニー) パンツ¥17800/メゾン スペシャル メガネ¥40000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス( 1 個)¥14000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥32000/オルサ(オルセット) 靴¥37000/エフユーエヌ(チェンバー)【グリーンワントーン】注目のミントグリーンはなじみベージュでやわらかさを増量最旬カラーも定番色との組み合わせなら失敗知らず。カットソー¥4000/フィルム(ダブルスタンダードクロージング) スカート¥16000/メゾン イエナ(イエナ ラ ブークル) ジャケット¥28000/トゥモローランド(マカフィー) サングラス¥55000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥17000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) 時計¥22000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バッグ¥96000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)【イエローワントーン】チアフルなイエローはフィット感のある一着で女っぽく夏らしく快活なイメージを牽引するイエロー。体にやさしくフィットしつつ顔映えもかなえるリブニットとやや太めのテーパードパンツでメリハリ感を意識すれば、女っぽさがふわりと香る大人のイエロースタイルが完成する。ニット¥15000(イエナ)・バッグ¥20000(メゾン エヌ アッシュ パリ)/メゾン イエナ パンツ¥32000/セオリー スカーフ¥16000/アマン(アルテア) ピアス¥13000/アガット リング¥24000/エスケーパーズ(タプレイ) 靴¥48000/トゥモローランド(ペリーコ)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/比留川游 取材・文/野崎久実子  ※BAILA2019年7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND