歴史がテーマのファンキーな楽曲、気づけば口ずさんでしまうかも!?

LEE

『ムキシ』
レキシ

歴史がテーマのファンキーな楽曲気づけば口ずさんでしまうかも!?

清少納言、鎖国に奈良の大仏。日本史でおなじみのワードを題材にした歌詞をファンキーなサウンドに乗せて歌う独自のスタイルでファンを増やしているレキシ。歴史にちなんだ"レキシネーム"を命名されたゲストが豪華で、今回のアルバムもビッグ門左衛門(三浦大知)、カモン葵(手嶌葵)、オシャレキシ(上原ひろみ)らが参加。憎いのはその歌詞も楽曲も文句なくカッコいいこと。一度聴くだけでお気に入りのフレーズを口ずさんでしまうはず!(カラフルレコード)

『カンタンカンタビレ』
奥田民生

アナログ機材を使って、ボーカルをはじめ楽器演奏&録音、音のミックス作業まで、すべてひとりで行うDIYレコーディング、通称"カンタンカンタビレ"によって制作。『BEAT』や『モグラライク』など他アーティストへの提供楽曲のセルフカバーが聴けるのもうれしい。(ラーメンカレーミュージックレコード)

『What A Wonderful World』
堀込泰行

1曲目の『WHAT A BEAUTIFUL NI GHT』から心の奥深くに染み入るようなやさしく甘い歌声が。キリンジからソロになって早4年。2枚目のアルバムでもその歌声は健在。なにげないシーンも彼の音楽をBGMにすれば、ドラマティックに見えてくる!? 日常を彩る力のある音楽をぜひ体験して。(日本コロムビア)

『ブライター・デイズ』
シガーラ

2015年のデビューシングルでいきなり全英シングルチャート1位を獲得したイギリスのDJ&プロデューサー。踊れる&ノれるダンスポップミュージックだけど、ピアノで奏でられるメロディの美しさにも注目したい。さわやかなトロピカルサウンドで、寒い季節、おうちでもリゾート気分に。(ソニーインターナショナル)


取材・文/古川はる香

関連記事
  • 長らく水着を封印していた人に朗報! 今季はアラフィーたちが愛する大人ブランドから、続々と水着が登場。当時「cher」のオーナー兼バイヤーであった山崎さんは、自身のショップに展開したことをきっかけにカルフォルニア発の「Seea」の魅力に惹かれるように。波の中での動きに耐えられるタフな機能性と、フェミニンでエレガントなデザインに注目!Seea【シーア】注目のサーフブランドの水着は、大人が納得のデザインと機能が魅力カリフォルニア発の「Seea」は、’11年にサーフィンをこよなく愛する女性が立ち上げた水着ブランド。それを現地在住の友人に紹介され、いち早く日本で展開したのが、当時「cher」のオーナー兼バイヤーだった山崎嘉子さん。「七里ガ浜の『CherShore』で取り扱ったのですが、私もサーフィンをするのでそのよさが実感できたんですね。以来、愛用していて、ショップを閉じた今も日本のPRを引き受けサポートしています。過剰なデザインはサーフィンのじゃまになるし、日焼け対策や、脱げにくさなどの波の中での動きに耐えられるタフな機能性も必要。それをクリアし、海でも映えるフェミニンでエレガントなサーフウエアに仕上げているところがこのブランドの魅力。それは大人の水着選びにも共通しているなって思って。サーフィンするしないにかかわらず、トライしてほしいです」メリハリ配色は色白さん向け。リバーシブルなのもうれしいUVカット機能のしっかりとした素材で美しく日射しをガード。メリハリのあるモノトーン柄と、着映え感のあるカラーパターンの2WAYで着られる。 スーツ¥22,700/シーア華奢な人はグラマラス見えする素材とデザインを要チェック(右)起毛感のある柄でグラマラスな印象に。スーツ¥20,000・(左)高いホールド力でバストを美しくキープ。 トップ¥12,400・ボトム¥9,700/シーアヒップが気になる人は、ホールド力の高めなボトムを選んでしっかりとホールド力のある生地感が心地よさの理由。コンパクトなシルエットと、ウエストまわりのディテールで華奢な印象に。 トップ¥11,000・ボトム¥11,700/シーアバストがふくよかな人はブラタイプが◎。ベロア素材も登場新作のベロア素材は、着るだけでリッチ感もひときわ。 (上から)ボレロ¥12,400・トップ¥11,000・ボトム¥9,700・トップ¥11,000・ボトム¥7,600/シーア【Profile】 Seeaセールス&PR 山崎嘉子さん ’95年、原宿で「cher」をスタート。代官山に続き、’08年に鎌倉・七里ガ浜に「CherShore」をオープン。海辺の人気ショップは惜しまれつつも’17年に閉店。現在はサーフィンを楽しむ中「Seea」に携わる。撮影/佐藤 彩(静物) スタイリング協力/土田麻美 スタイリング・取材・文/松井陽子 ※エクラ7月号掲載
  • こんにちは小野アムスデン道子です。“全米一美しい小さな町”にも選ばれたガリーナという町をご存知でしょうか?ダウンタウンに19世紀のレンガ造りの建物が並ぶイリノイ州のガリーナとイリノイ最大の町シカゴで、フォトジェニックにときめいた旅をご紹介します。レトロな雰囲気の看板が飾るダウンタウンのショップ街、そこから階段で上ると小高い丘までの間には一度は住んでみたいと思うようなかわいい家が並んでいる町がガリーナ。日本から直行便で約11時間50分のシカゴから車で約3時間、列車(アムトラック)で4時間40分のところにある田舎町です。“全米で最も美しい小さな町”の一つに選ばれたことのあるガリーナには、まるで映画のセットみたいな建物が並びます。でもここは、アメリカ第18代大統領で南北戦争の北軍将軍として有名なグラントが住んだ家が今も残る、本物の歴史的な町です。そんなガリーナの町をこれまたかわいい赤いトロリーバスで回る「トリ・ステート トロリーツアー」。「あれが有名なアメリカの第16代大統領リンカーンが1856年に演説した『デソトハウス』のバルコニーだよ」と地元愛たっぷりにあれこれ解説してくれます。トリ・ステート トロリーツアー Tri State Trolley Tourshttp://tristatetravel.com/galena-trolley-toursこの演説の前年、1855年にオープンした「デソトハウス」では、ビクトリア調のインテリアのホテルやレストランが今も営業しています。1階に入るルートビア(ノンアルコール炭酸飲料)専門店はいろんなラベルのルートビアを取り揃えていて、ちょうど母の日に訪れたのでこんなかわいいルートビアも。デソトハウス DeSoto Househttps://desotohouse.com/デソトハウスのあるダウンタウンのメインストリートからは坂道、階段で住宅街へ。階段の途中には、目の前でマジックショーを見せるわずか24席の小さな劇場「PT マーフィー・マジックシアター」や5代続くイタリアンレスストラン「ビニー・バヌッチ」など味のあるお店が見つかります。町にマジシャンが住んでいるなんて!レトロなガリーナならでは。PT マーフィー・マジックシアター  PT Murphy Magic Theaterhttp://www.ptmurphy.comビニー・バヌッチ Vinny Vanucchi’shttp://www.vinnysgalena.comガリーナには、ミシシッピ川の支流であるガリーナ川が流れていますが、アイオワ州が対岸に見えるミシシッピ川もすぐ近く。雄大な川を目の前にした眺望が開けます。ガリーナ湖を望む「イーグルリッジ・リゾート&スパ」には4つもゴルフコースがあって、レストランやスパの入ったホテルはとてもきれいなところです。中にある「ストーンドリフト・スパ」は、約560㎡もある施設でトリートメント室10室を備えています。ハンガリーのオーガニックスキンケア「エミネンス」のアプリッコットボディオイルを使ったボディマッサージにホットストーンを使ったケアが心地よく、旅の疲れを癒してくれます(50分$135)。イーグルリッジ・リゾート&スパ Eagle Ridge Resort & Spahttps://www.eagleridge.comイリノイ州と言えば、空の玄関口でもあるシカゴが有名ですが、ちょっと郊外に出れば、こんな歴史と自然に囲まれた町があるのです。「イーグルリッジ・リゾート&スパ」では5月〜10月には、空からそんな美しい風景を眺められる気球ツアーも開催されるそうです。さて、日本からガリーナに向うのには、シカゴを経由していくと思いますが、摩天楼の大都市シカゴにも絵になる風景がいっぱい。都会的なセンスにあふれたシカゴのフォトジェニックなグルメをピックアップします。まずは、高感度なシカゴのビジネスマンや女性達にも大人気のレストラン「バートン G.ザ・レストラン」。黄金のゴリラや猿のモチーフなどを使ったエキゾチックでハイスペックなインテリアがお洒落だと思っていたら、それだけではありません。料理やカクテルも驚くほど個性的。この大きなドル札と共にゴールドに包まれて出て来るチョコレートガナッシュとアイスクリームは、味も見た目もリッチでした。バートン G.ザ・レストラン Barton G. The Restauranthttps://www.bartong.com/シカゴに来たら朝食代わりに立ち寄りたい、とびきりおいしいドーナツショップが「ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー」。メープルベーコンドーナツは絶対のおすすめ。カリカリのベーコンを甘いドーナツと一緒にほおばると、塩甘加減がたまりません。ここには珍しいグルテンフリードーナツなどもあります。ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー  Do-Rite Donuts & Coffeehttps://www.doritedonuts.comミシガン湖遊覧船の発着ターミナルで、お土産探しにぴったりのショップやレストランが揃うネイビーピアにある「リバ・クラブハウス」というレストランは、店名になっている蟹や海老をはじめシーフードがご自慢。入り口のオブジェがまたかわいい。リバ・クラブハウス Riva Crab Househttps://www.rivanavypier.comそして、最後に地元の人が「今、いちばんのトレンディエリアだから」というので、車で20分ほどかかるローガンスクエアへ。まず、ごく普通のビルのような入り口を開けるといきなりトロピカルなティキ風のカクテルバー「ロスト・レイク」。これでもかというぐらい盛り盛りデコレーションのカクテルですが、バーテンダーの腕は確かで、どれもおいしいです。ロスト・レイク Lost Lakehttp://www.lostlaketiki.com/その後に食事に行ったレストラン「ロングマン&イーグル」は、地元素材を使った創作料理が人気。キャベツのサラダの上にこの豚の骨付き肉が突っ立ったお料理は見た目もボリュームもすごく、アメリカらしい一品でした。ロングマン&イーグル Longman & Eaglehttp://www.longmanandeagle.com/ガリーナとシカゴ、それぞれに趣きは違いますが、アメリカらしさを満喫できる旅でした。取材協力/イリノイ州観光局 https://www.enjoyillinois.com/jp/シカゴ観光局 https://www.choosechicago.com/jp/
  • こんにちは小野アムスデン道子です。“全米一美しい小さな町”にも選ばれたガリーナという町をご存知でしょうか?ダウンタウンに19世紀のレンガ造りの建物が並ぶイリノイ州のガリーナとイリノイ最大の町シカゴで、フォトジェニックにときめいた旅をご紹介します。レトロな雰囲気の看板が飾るダウンタウンのショップ街、そこから階段で上ると小高い丘までの間には一度は住んでみたいと思うようなかわいい家が並んでいる町がガリーナ。日本から直行便で約11時間50分のシカゴから車で約3時間、列車(アムトラック)で4時間40分のところにある田舎町です。“全米で最も美しい小さな町”の一つに選ばれたことのあるガリーナには、まるで映画のセットみたいな建物が並びます。でもここは、アメリカ第18代大統領で南北戦争の北軍将軍として有名なグラントが住んだ家が今も残る、本物の歴史的な町です。そんなガリーナの町をこれまたかわいい赤いトロリーバスで回る「トリ・ステート トロリーツアー」。「あれが有名なアメリカの第16代大統領リンカーンが1856年に演説した『デソトハウス』のバルコニーだよ」と地元愛たっぷりにあれこれ解説してくれます。トリ・ステート トロリーツアー Tri State Trolley Tourshttp://tristatetravel.com/galena-trolley-toursこの演説の前年、1855年にオープンした「デソトハウス」では、ビクトリア調のインテリアのホテルやレストランが今も営業しています。1階に入るルートビア(ノンアルコール炭酸飲料)専門店はいろんなラベルのルートビアを取り揃えていて、ちょうど母の日に訪れたのでこんなかわいいルートビアも。デソトハウス DeSoto Househttps://desotohouse.com/デソトハウスのあるダウンタウンのメインストリートからは坂道、階段で住宅街へ。階段の途中には、目の前でマジックショーを見せるわずか24席の小さな劇場「PT マーフィー・マジックシアター」や5代続くイタリアンレスストラン「ビニー・バヌッチ」など味のあるお店が見つかります。町にマジシャンが住んでいるなんて!レトロなガリーナならでは。PT マーフィー・マジックシアター  PT Murphy Magic Theaterhttp://www.ptmurphy.comビニー・バヌッチ Vinny Vanucchi’shttp://www.vinnysgalena.comガリーナには、ミシシッピ川の支流であるガリーナ川が流れていますが、アイオワ州が対岸に見えるミシシッピ川もすぐ近く。雄大な川を目の前にした眺望が開けます。ガリーナ湖を望む「イーグルリッジ・リゾート&スパ」には4つもゴルフコースがあって、レストランやスパの入ったホテルはとてもきれいなところです。中にある「ストーンドリフト・スパ」は、約560㎡もある施設でトリートメント室10室を備えています。ハンガリーのオーガニックスキンケア「エミネンス」のアプリッコットボディオイルを使ったボディマッサージにホットストーンを使ったケアが心地よく、旅の疲れを癒してくれます(50分$135)。イーグルリッジ・リゾート&スパ Eagle Ridge Resort & Spahttps://www.eagleridge.comイリノイ州と言えば、空の玄関口でもあるシカゴが有名ですが、ちょっと郊外に出れば、こんな歴史と自然に囲まれた町があるのです。「イーグルリッジ・リゾート&スパ」では5月〜10月には、空からそんな美しい風景を眺められる気球ツアーも開催されるそうです。さて、日本からガリーナに向うのには、シカゴを経由していくと思いますが、摩天楼の大都市シカゴにも絵になる風景がいっぱい。都会的なセンスにあふれたシカゴのフォトジェニックなグルメをピックアップします。まずは、高感度なシカゴのビジネスマンや女性達にも大人気のレストラン「バートン G.ザ・レストラン」。黄金のゴリラや猿のモチーフなどを使ったエキゾチックでハイスペックなインテリアがお洒落だと思っていたら、それだけではありません。料理やカクテルも驚くほど個性的。この大きなドル札と共にゴールドに包まれて出て来るチョコレートガナッシュとアイスクリームは、味も見た目もリッチでした。バートン G.ザ・レストラン Barton G. The Restauranthttps://www.bartong.com/シカゴに来たら朝食代わりに立ち寄りたい、とびきりおいしいドーナツショップが「ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー」。メープルベーコンドーナツは絶対のおすすめ。カリカリのベーコンを甘いドーナツと一緒にほおばると、塩甘加減がたまりません。ここには珍しいグルテンフリードーナツなどもあります。ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー  Do-Rite Donuts & Coffeehttps://www.doritedonuts.comミシガン湖遊覧船の発着ターミナルで、お土産探しにぴったりのショップやレストランが揃うネイビーピアにある「リバ・クラブハウス」というレストランは、店名になっている蟹や海老をはじめシーフードがご自慢。入り口のオブジェがまたかわいい。リバ・クラブハウス Riva Crab Househttps://www.rivanavypier.comそして、最後に地元の人が「今、いちばんのトレンディエリアだから」というので、車で20分ほどかかるローガンスクエアへ。まず、ごく普通のビルのような入り口を開けるといきなりトロピカルなティキ風のカクテルバー「ロスト・レイク」。これでもかというぐらい盛り盛りデコレーションのカクテルですが、バーテンダーの腕は確かで、どれもおいしいです。ロスト・レイク Lost Lakehttp://www.lostlaketiki.com/その後に食事に行ったレストラン「ロングマン&イーグル」は、地元素材を使った創作料理が人気。キャベツのサラダの上にこの豚の骨付き肉が突っ立ったお料理は見た目もボリュームもすごく、アメリカらしい一品でした。ロングマン&イーグル Longman & Eaglehttp://www.longmanandeagle.com/ガリーナとシカゴ、それぞれに趣きは違いますが、アメリカらしさを満喫できる旅でした。取材協力/イリノイ州観光局 https://www.enjoyillinois.com/jp/シカゴ観光局 https://www.choosechicago.com/jp/
  • 現在、アイルランドを訪問しているオランダ王室のマキシマ妃(48)。夫ウィレム=アレクサンダー国王(52)と出席した晩餐会で、ゴージャスなドレス姿を披露! Photo:Getty Images 「エメラルドの島」と呼ばれるアイルランドにちなみ、全身をグリーンで統一したマキシマ妃。この日のドレスは、お気に入りのオランダ人デザイナー、ヤン・タミニオが担当。美しいリーフ柄のレースとフェミニンなシルエットで、王室らしい華やかさを見せた。 そんなドレスを一層引き立てているのが、エメラルドがセッティングされた煌びやかなジュエリー。中でもティアラは1899年に作られ、オランダ王室に代々受け継がれてきた特別なアイテム。今回のような特別な場にはまさにぴったり! Photo:Getty Imagesイギリスのキャサリン妃(37)&メーガン妃(37)、スペインのレティシア妃(46)、モナコのシャルレーヌ妃(41)などと並び、ファッションアイコンとしても有名なマキシマ妃。2013年に王妃に即位して以来、そのセンスあふれる着こなしで人々の心をつかんできた。 Photo:Abaca/アフロ 近年で注目を集めたスタイリングのひとつが、2018年6月、小児病院設立のイベントに出席した際のルック。フラワーモチーフが描かれたフレア袖のワンピースに落ち着いたグリーンのつば広ハットとベルトを合わせ、気品漂う王室スタイルに。 Photo:WENN/アフロ また、同年7月に夫婦でカリブ海にある島を訪れたときには、鮮やかなオレンジのワンピース姿が話題に。麻素材のヘッドピースに同系色のアクセサリーで、エレガントなコーディネートを披露した。 Photo:picture alliance/アフロそんなマキシマ妃は、アマリア王女(15)、アレクシア王女(13)、アリアーネ王女(12)と3人の娘をもつ母親。昨年夏に撮影されたファミリーフォトでは、ウィリアム王子(36)&キャサリン妃一家に負けない幸せぶりをキャッチ! またキャリアウーマンだった経験を活かして、国際連合のプロジェクトに携わったり、人権擁護活動をサポートしたりとあらゆる活動に取り組んでいるという。「ヨーロッパで最も注目すべき王妃」とも評されるマキシマ妃から、今後も目が離せない⁉︎ 何度見ても美しい! キャサリン妃、故・ダイアナ元妃のティアラをつけて公務に登場 (外部サイト) 英キャサリン妃も羨望⁉︎ スペイン王室レティシア妃のプリンセス・ダイアリー(外部サイト) 総勢35名のロイヤルキッズを網羅! 世界の麗しきプリンス&プリンセス図鑑(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • ドクターマーチンが、イギリスのロックバンド、ザ・フーとのコラボレーションアイテムを全国のドクターマーチンショップと公式オンラインショップにて発売中。1967年にザ・フーのギタリスト、Pete Townshend(ピート・タウンゼント)が「1460」8ホールブーツをステージで履いたことで、それまでワークブーツのブランドとして知られていたドクターマーチンに大きな転機が訪れたことは有名。今回はそんな音楽シーンとの繋がりを生んでくれた、ザ・フーとの記念すべき初コラボレーションとなった。 ザ・フーコレクションピースは、すべてユニセックス展開。ザ・フーの象徴的な3色の「ターゲットマーク」があしらわれている。インソールには、ドクターマーチンとザ・フーのロゴがダブルネームで刻印され、ドクターマーチンのアイコンディテールであるヒールループとウェルトステッチは、特別仕様のレッドで統一。 (左から)1460 THE WHO SMOOTH ¥28,000、ADRIAN THE WHO SMOOTH ¥24,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン「1460」8ホールブーツ、「1461」3ホールシューズ、「ADRIAN」タッセルローファー、「PRESSLER」キャンバススニーカー、「TOOMEY」キャンバススリッポンなどのフットウェアが取り揃うだけでなく、シューズボックスもオリジナル仕様に。ほかに、バッグ、Tシャツ、ソックスなどバリエーション豊かなラインナップとなっているので、ファンならずとも要チェックだ。 (左から)THE WHO LOGO TEE ¥9,000、SMALL THE WHO BACKPACK ¥48,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパンドクターマーチン・エアウエア ジャパンhttps://www.drmartens.com/jp/03-5428-4981 text: Fuyuko Tsuji ⇩「ドクターマーチン」とザ・フーとのコラボレーションのラインナップをチェック!
  • 「どうやって自分をスタイリングするのか。それが大事なんだ」 2019年3月末、日本の媒体ではSPURだけの独占インタビューが実現。貴重な肉声を届ける。 2019年プレフォール、新たなラインTHE MARC JACOBSが誕生。それは精力的なコラボレーションを展開しながら"マークらしい"美意識に立ち返るコレクション。デビューから33年、モードの第一線を走り続ける彼は今、何を考えているのか。スペシャルロングインタビューとともに新作をいち早く公開する。 取材当日はコージーないでたち。「今日の僕のスタイルはノースタイル。フーディに、マーク・ジェイコブスのカシミヤシルクスウェットシャツ。牡牛座のネックレスは、Sarah-Jane Wildeが贈ってくれて以来、気に入って一度もはずしてない」 「来週結婚するんだ」とさらっと言ったマーク・ジェイコブス。衝撃の発言にびっくりしたが、ゴージャスなウェディングケーキも話題となった盛大な結婚式の1週間前に、NY・ソーホーのオフィスにてこれから立ち上げるTHE MARC JACOBS(以下「THE」)について聞く非常に貴重な機会に恵まれた。2018年のリゾートコレクションでは1993年に発表されたグランジコレクションを25周年を祝して復刻したり、結婚、新ラインの立ち上げなどマーク・ジェイコブスが公私ともに、大きな節目、進化の時期を迎えている。この記念すべきときに、彼の世界観を改めて語ってもらった。  グランジとは、多様なアイテムを自由に組み合わせること 「グランジコレクションを発表したのは、25周年に何かいつもと違うことがしたかったから。それにMARC BY MARC JACOBSや、グランジコレクションが生まれた頃のエネルギーや美意識を復刻させたら、どんなふうに受け取られるのかを見るいいタイミングだとも思った。僕がいつも好きだった服を見返してみるのも面白いしね。ランウェイとは違う種類の服を集めて、その中からいろいろなアイテムを合わせて着る、ということをまたしたくなった。つまりグランジとは、そういうものなんだ」 「THE」ではそのスピリットが活かされ、誰もが愛する彼のシグネチャーといえるスタイルが新鮮な視点で蘇っている。 リアルなヴィンテージ感漂うスウェットシャツ。ペパーミント パティやルーシーが配されたものも。¥33,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) 「初めに作ったのは、スヌーピーのスウェットシャツ(2)だった。『THE』のウィメンズコレクションの責任者でもあるオランピア・ル・タンが、60年代後半から70年代初期のヴィンテージのスヌーピーのスウェットシャツを持ってきてね。着古されてボロボロだったけれど、みんなすごく気に入ったんだ。オールドスクールなスヌーピーがね。それからソフィア・コッポラが『ルイ・ヴィトン時代のドレスが好きだったから、プリントでまた欲しい』と言ったからドレスを作ったし『MARC JACOBSでお気に入りのセーターとコートがあった』とも言うから、それも製作することになった。意見を交換しながら、みんなが一番好きなものを形にした。サーマルスウェットシャツに、40年代風ドレス、ピーナッツスウェットシャツ。そうやってコレクションができていったんだ」 「THE」の画期的な点は、スヌーピーのスウェットシャツが好き、という出発点から、ピーナッツとのコラボレーションを実現したことだろう。 Schottとコラボレーションしたピンクのジャケットに、シルクパジャマを合わせた全身ワントーンのスタイル。質感の対比をきかせる 「もっともこだわったのは、本物を追求するということ。つまり“ピーナッツっぽい”ものは作りたくなかったから実際に声をかけたんだ。ピンクのモーターサイクルジャケットも絶対に欲しいと思ったから、Schottと一緒に完璧なものを作った(3)。ただ『THE』では、コラボレーションだけを展開したかったわけじゃない。全体のさまざまな要素の一部としてピーナッツのアイテムがある、というのが理想的だった。いろいろなピースを合わせたときに、より折衷的で、スタイルを重視したコレクションになるようにね」 個性を浮き彫りにするミックススタイル 4 年代もさまざまな双子が登場するキャンペーン。撮影は気鋭のフォトグラファー、Hugo Scott5 グランジライクなセーターに加えて、やわらかなカラーのコーデュロイパンツもマークのお気に入り みんなが大好きなマークのアイテムを集めた「THE」。新たな視点をもたらす重要な役割を担ったのは、ロッタ・ヴォルコヴァによるキャンペーンのスタイリングだった(3〜5)。 「彼女はすごくクールだよね。バレンシアガでの仕事を知っていたんだ。僕もチームのみんなもすでに自分たちの言語を熟知している。だから別の視点を持った人と仕事してみるのはよいと思って。たとえば『2色のカラーストッキングを作るのはどう?』とかね。シンプルな提案から、クールで新しい視点を生み出してくれる人。それによってナイスなエッジが生まれる。彼女がいなかったら思いつかなかったようなことがたくさんあった」 それでは、マークが考える「THE」を着こなす理想の女性像とは? 「僕らがやりたかったことは、さまざまな年代の双子をキャストしたビジュアルにも表れていると思う。大事なのはパーソナリティなんだ。いかに自分のスタイルをつくり上げるのかということ。キャンペーンでは、ダイバースな視点を持って、個性を服に反映することを実験してみたかったんだ。だから、このコレクションにおける僕の理想は、ランウェイピースのコートに、スヌーピーのスウェットシャツを着てくれるようなことかな。そのほうが面白いし、若々しいし、コンテンポラリーだから。僕は常にミックスするのが好きなんだ」 ちなみに、彼自身のお気に入りアイテムは、やはりグランジに回帰する。 「僕が一番好きなルックは、裾がグランジらしい、ストライプのセーター(5)。カート・コバーンが着ていた古いセーターに似ているんだよね。僕自身も昔こういうセーターをよく着ていた。もうオーダーして、受け取って、本当に大好きなんだ(笑)」  永遠に守り抜くもの、変わり続けるもの 羽根が舞うドレスなどなどますますクチュールライクに美しく進化した2019-’20年秋冬コレクション 最近のランウェイコレクション(6)はとりわけ絶賛されているが、新たな表現の場があることで、ランウェイへの視点もさらに定まったのだろう。 「ランウェイはもちろん僕が一番好きな場所だ。もっともルールがなくて、もっとも夢が見られる場所だから。音楽で、モデルのキャスティングで、ビジョンを創造することで、ルックで、ファンタジーを表現できる。ランウェイはクリエイティビティという意味で、もっとも抑制のない自由がある場所。『THE』のようなことができる限りは、ランウェイはスペシャルなものであっていいと思うんだ」 またファストファッションが当たり前のように存在している今、「僕がやりたいからだけではなくて、ランウェイを保存していく責任があると心から感じている」とも語る。 マーク・ジェイコブスは、世界観を通して今では多くの人が口にする“ダイバーシティ”を、誰よりも先に提示していたのだと思う。それが今回、より明確になったような気がする。 「フレグランス、ビューティ、『THE』、そしてランウェイ。すべてがあって、MARC JACOBSの世界が完成するのが好きなんだ。それぞれが大事だし、すべてが揃ってパーフェクトであることも美しいと思う」 結婚も控えたこの日、最後にマーク・ジェイコブスの未来への展望を聞いた。 「今の目標は、ここで頑張ること。MARC JACOBSが今日どうあるべきなのかを考えて、実現のために一生懸命働くことかな。新しいフレグランスのローンチもあるし、リテイルやオンラインショップの位置づけも再定義したいね。世界の風景は、変わり続けるから。永遠なんてものはひとつもないし、過去のほうがよかったと言ったところでいいことはない。だから僕は、環境や世界の変化とともに進化したいし、それに敬意を表して生きたいんだ。自分なりに心地よい方法で関わっていきたい。あと個人的に大きな出来事は、来週結婚すること。家を買ったから改装しないといけないし、家具を見つけて、引っ越しもしなくちゃ。それに、また体を鍛えたい。ジムに通って、健康的な食事をして、筋肉のある引き締まった体になりたいね(笑)」THE MARC JACOBSは夢を見る マーク・ジェイコブスが「THE」で提案するのは、日常で着られるファンタジー。自由なスタイリングによって、装う人のパーソナリティを浮き彫りにする。ニューコレクションをいち早く日本でシューティング。 ドレス¥93,000・ヘッドバンド¥26,000・タイツ(参考色)¥14,000・ブーツ〈ヒール9㎝〉¥79,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)「THE PRAIRIE DRESS」と名付けられたドレスのノスタルジックな花柄プリントを主役に。STEPHEN JONESとコラボレーションしたヘッドバンドとレースアップのヴィクトリアンブーツを合わせて、力強いロマンスを描き出す。バイカラーのタイツがウィットに富んだ裏切りもプラス。凛とした立ち姿にモードの愉しみがあふれる。 ジャケット¥79,000・ミニスカート¥51,000(参考価格)・ヘッドバンド¥26,000・ベルト¥43,000(参考価格)・タイツ¥14,000・靴〈ヒール10㎝〉¥51,000(参考価格)・手に持ったストール¥57,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)デニムセットアップのピーナッツのコミックから引用したプリントに心をくすぐられる。色褪せたような質感がヴィンテージライク。肩の立体的なフォルムと大きめのラペル、マイクロミニ丈が可憐な表情もひとさじ。拡張コードがモチーフのベルト、携えたピーナッツのロングストールでプレイフルな女性像をさらに堪能する。 SPECIAL MOVIE PROFILE1963年、NY生まれ。名門のパーソンズ・スクール・オブ・デザインを卒業後、1986年に自身の名を冠したブランド、MARC JACOBSをスタート。1997〜2014年はルイ・ヴィトンのデザイナーも兼任していた。SOURCE:SPUR 2019年7月号「マーク・ジェイコブスの未来」interview & text: Akemi Nakamura (interview) photography: Naoko Maeda (interview),John Clayton Lee  styling: Tamao Iida hair: KOTARO 〈SENSE OF HUMOUR〉 make-up: NOBUKO MAEKAWA 〈Perle〉 model: Marland 
  • こんにちは、水ソムリエ&飲泉師の竹村和花です。日に日に、緑が輝きはじめました。イタリアでは空の色も、街の色も、夏に向かって鮮やかに輝いています。今回は今の季節、是非ヨーロッパの温泉リゾートでトライして頂きたい美肌トリートメントのご紹介です。<ヨーロッパの温泉地もTOPシーズンに>ヨーロッパの温泉地と言うと、有名なところではドイツのバーデン・バーデンやフランスのアヴェンヌ。さらにスイスのバードラガーツ、イタリアのサルソ・マッジョーレなど名前を挙げると切りがありません。日本の温泉が庶民の湯治場として発展してきたのに対し、ヨーロッパの温泉は王侯貴族の社交場として発展してきました。また歴史的な背景から、温泉施設にサウナを併設するヨーロッパの浴場文化は、春から夏場にかけてトップシーズンを迎えます。花も緑も色鮮やかに華やぐ春から夏にかけてのトップシーズンの旅行では、是非ヨーロッパの伝統的なSPAメニューや温泉地でのリゾートで楽しんでみましょう。<海の恵みを活かしたフランスのタラソテラピー>タラソテラピーは、フランス北西部にあるブルターニュ地方で生まれた自然療法の1つです。タラソはギリシャ語で海、テラピーは療法を意味することから、日本では「海洋気候療法」と訳されています。ブルターニュの海岸線沿いは、海流の関係で緯度のわりに比較的温暖な気候に恵まれています。タラソテラピーは、こうしたブルターニュならではの自然や気候、海水に含まれるミネラルなどを活用し、健康状態を改善させるウェルネスの1つです。タラソテラピーは、肩こりや慢性疲労、冷え性、美肌などに効果があるとされ、現地で行われている施術法には主に3つのアプローチがあります。海水のプールの歩行浴で身体の機能回復を図る「キネジセラピー(運動療法)」水圧を利用し代謝をアップさせる「ハイドロセラピー(水治療法)」海藻から作ったペーストを肌に塗る「アルゴセラピー(海藻療法)」このエリアは世界遺産モン・サン・ミッシェルへの観光アクセスも良いことから、今、フランスで最も魅力的なリゾート地の1つとなっています。<ドイツで人気のトリートメント>さて、ヨーロッパのほかの国で人気のトリートメントにはどのようなものがあるのでしょうか?それぞれの国の国民性もありますが、ヨーロッパの中でも最も先鋭的で革新的な考え方を持つドイツでは、伝統的なトリートメントよりも新しいタイプのトリートメントの方が人気です。特にここ数年の傾向としてはヨーロッパの人々から見た時に、異国情緒を感じるインドやアジア、オセアニア発祥のトリートメントに人気があります。ドイツのバーデン・バーデンでは、5-6年前からインドのアユールヴェーダやハワイのロミロミのコースが用意されていて人気です。太陽に恋い焦がれる北ヨーロッパの人々にとっては、“南国”のイメージそのものが癒しなのかもしれませんね。 <今月のおすすめ銘柄> GOCCIA di CARNIA(ゴッチャ・ディ・カルニア)イタリア北部・オーストリアとの国境付近にある、自治州フリウリ=ヴェネツィア・ジュリアのミネラルウォーターです。水源はフレオン山(ドイツ語でRaudenspitze)で、自然環境が厳重に保護された広大なカラマツ林の中に源泉があります。日本人に身近な地名でいうと、州都トリエステが最も知名度が高い町になります。ボローニャを始め北イタリアの都市で多く流通しており、すっきりとした発泡タイプのミネラル水は、夏場特におすすめです。【水タイプ】産地泉源:イタリア/フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア自治州湧水温度:未記載水タイプ:発泡 /無発泡知覚ほか:無臭/pH 8.3ミネラル:ナトリウム1.0mg,カリウム0.2mg,カルシウム19.6mg,マグネシウム4.0mg,硝酸2.0mg ※イタリア国内での分析による(per.L)<ショップ情報> 輸入食料品店、リカーショップほかインターネット・ショップなど【水ソムリエの飲み方レシピ】夏に向けてダイエットや筋力UPなど、カラダを作りはじめられた方も多いと思います。水分補給が最も大切になるシーズンですが、同時に食べるものにもちょっぴり意識を向けてみましょう。初夏からのおすすめは、色とりどりのフルーツやレタス、ラディッシュなどを軽くドレッシングで和えた美肌サラダ。ビタミンCは過剰摂取によるカラダヘの影響についても心配がなく、むしろカラダの内側から肌の美白を促し、免疫力を高めてくれる働きがあります。ミネラル水の味が気になる時は、クエン酸やビタミンC顆粒を少し加えるとレモンっぽい酸味が加わり飲みやすくなります。
  • こんにちは、水ソムリエ&飲泉師の竹村和花です。日に日に、緑が輝きはじめました。イタリアでは空の色も、街の色も、夏に向かって鮮やかに輝いています。今回は今の季節、是非ヨーロッパの温泉リゾートでトライして頂きたい美肌トリートメントのご紹介です。<ヨーロッパの温泉地もTOPシーズンに>ヨーロッパの温泉地と言うと、有名なところではドイツのバーデン・バーデンやフランスのアヴェンヌ。さらにスイスのバードラガーツ、イタリアのサルソ・マッジョーレなど名前を挙げると切りがありません。日本の温泉が庶民の湯治場として発展してきたのに対し、ヨーロッパの温泉は王侯貴族の社交場として発展してきました。また歴史的な背景から、温泉施設にサウナを併設するヨーロッパの浴場文化は、春から夏場にかけてトップシーズンを迎えます。花も緑も色鮮やかに華やぐ春から夏にかけてのトップシーズンの旅行では、是非ヨーロッパの伝統的なSPAメニューや温泉地でのリゾートで楽しんでみましょう。<海の恵みを活かしたフランスのタラソテラピー>タラソテラピーは、フランス北西部にあるブルターニュ地方で生まれた自然療法の1つです。タラソはギリシャ語で海、テラピーは療法を意味することから、日本では「海洋気候療法」と訳されています。ブルターニュの海岸線沿いは、海流の関係で緯度のわりに比較的温暖な気候に恵まれています。タラソテラピーは、こうしたブルターニュならではの自然や気候、海水に含まれるミネラルなどを活用し、健康状態を改善させるウェルネスの1つです。タラソテラピーは、肩こりや慢性疲労、冷え性、美肌などに効果があるとされ、現地で行われている施術法には主に3つのアプローチがあります。海水のプールの歩行浴で身体の機能回復を図る「キネジセラピー(運動療法)」水圧を利用し代謝をアップさせる「ハイドロセラピー(水治療法)」海藻から作ったペーストを肌に塗る「アルゴセラピー(海藻療法)」このエリアは世界遺産モン・サン・ミッシェルへの観光アクセスも良いことから、今、フランスで最も魅力的なリゾート地の1つとなっています。<ドイツで人気のトリートメント>さて、ヨーロッパのほかの国で人気のトリートメントにはどのようなものがあるのでしょうか?それぞれの国の国民性もありますが、ヨーロッパの中でも最も先鋭的で革新的な考え方を持つドイツでは、伝統的なトリートメントよりも新しいタイプのトリートメントの方が人気です。特にここ数年の傾向としてはヨーロッパの人々から見た時に、異国情緒を感じるインドやアジア、オセアニア発祥のトリートメントに人気があります。ドイツのバーデン・バーデンでは、5-6年前からインドのアユールヴェーダやハワイのロミロミのコースが用意されていて人気です。太陽に恋い焦がれる北ヨーロッパの人々にとっては、“南国”のイメージそのものが癒しなのかもしれませんね。 <今月のおすすめ銘柄> GOCCIA di CARNIA(ゴッチャ・ディ・カルニア)イタリア北部・オーストリアとの国境付近にある、自治州フリウリ=ヴェネツィア・ジュリアのミネラルウォーターです。水源はフレオン山(ドイツ語でRaudenspitze)で、自然環境が厳重に保護された広大なカラマツ林の中に源泉があります。日本人に身近な地名でいうと、州都トリエステが最も知名度が高い町になります。ボローニャを始め北イタリアの都市で多く流通しており、すっきりとした発泡タイプのミネラル水は、夏場特におすすめです。【水タイプ】産地泉源:イタリア/フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア自治州湧水温度:未記載水タイプ:発泡 /無発泡知覚ほか:無臭/pH 8.3ミネラル:ナトリウム1.0mg,カリウム0.2mg,カルシウム19.6mg,マグネシウム4.0mg,硝酸2.0mg ※イタリア国内での分析による(per.L)<ショップ情報> 輸入食料品店、リカーショップほかインターネット・ショップなど【水ソムリエの飲み方レシピ】夏に向けてダイエットや筋力UPなど、カラダを作りはじめられた方も多いと思います。水分補給が最も大切になるシーズンですが、同時に食べるものにもちょっぴり意識を向けてみましょう。初夏からのおすすめは、色とりどりのフルーツやレタス、ラディッシュなどを軽くドレッシングで和えた美肌サラダ。ビタミンCは過剰摂取によるカラダヘの影響についても心配がなく、むしろカラダの内側から肌の美白を促し、免疫力を高めてくれる働きがあります。ミネラル水の味が気になる時は、クエン酸やビタミンC顆粒を少し加えるとレモンっぽい酸味が加わり飲みやすくなります。
関連キーワード

RECOMMEND