旬コーデに「チェック」はマスト!

LEE

トラッド好きが愛してやまない「トラディショナル ウェザーウェア」の新作は、素材やサイズ感にリラックスムードが漂うものばかり。
抜け感のあるアイテムを取り入れて、手持ち服を今年らしい表情に変えて!

サイドボタンでシルエットが変化!
旬コーデにマストのチェックシャツ

トラディショナル ウェザーウェア
ビッグタックアップシャツ

¥21000

パンツ¥7900/アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店(サニーレーベル) バングル¥56000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 靴¥20000/デミルクス ビームス 新宿(カルツァイウオーリ フィオレンティーニ) バッグ/スタイリスト私物

ブリティッシュな雰囲気満点の赤×黒チェックのビッグシャツは、両サイドの裏にボタンが仕込んであり、それを留めることで腰まわりにクシュッとしたニュアンスが生まれる2WAY仕様。

サイドをタックアップすることで、新しいシルエットを楽しむことができます。

 

\ サイドボタンを外すと /

ボタンを外せば、シンプルなロングシャツに。細身ボトムやレギンスと合わせて。

【ビッグタックアップシャツ】詳しくはこちら!

レイングッズも大充実!

トラディショナル ウェザーウェア
折りたたみ傘 バンブーゴールド

(各)¥13800

レッド×ブラック

レイングッズも大充実しているトラディショナル ウェザーウェア。中でもロングセラーの折りたたみ傘は、表面にUV加工が施されているため、晴雨兼用で活用できる優秀アイテム。

バンブーハンドルと、そこに配されたゴールドプレートが高級感を漂わせ、シンプルなコーディネートのスパイスとなってくれます。

グリーン×ネイビー

ぬれた傘をコンパクトにしまえる、便利な共布のケース付き。

 

【折りたたみ傘 バンブーゴールド】詳しくはこちら!

公式通販LEEマルシェはこちらから!


撮影/菊地 哲(MUM)(モデル) 坂田幸一(静物) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/吉村友希 モデル/浜島直子(LEE専属) 取材・文/栗田瑞穂

投稿 旬コーデに「チェック」はマスト!LEE に最初に表示されました。

関連記事
  • 長くて重めな冬コーデも軽やかな白のスカートできれい見え!冬の着こなしはロングコートやダークカラーが多いと、ずっしりとした重い印象になりがちです。 そんな重見えコーデを解消してくれるのが、白いスカート。 ブラックやネイビー、ブラウンなどのダーク系カラーのコーディネートに一点白いスカートを投入するだけで、軽さと抜け感のある印象になります。 あたたかい厚手のウール素材でも白なら軽やかですトップスはブラウンベージュのカシミアニット。 UNIQLOメンズのSサイズを着ています。 数年愛用しているニットですUNIQLOのメンズ商品のいいところは、同じVネックニットでもVの開きが浅いところ、袖や着丈が長めなのでゆったり着られるところなどです。色の展開もウィメンズと微妙に異なっていたりするのでメンズ・ウィメンズ両方チェックしています。 足元はタイツ&レザーのショートブーツで締めたので、寂しい印象にならないようバッグは優しいピンクベージュを選びました。 サイドから見ても、女性らしい雰囲気のバッグがいいアクセントに。 通勤にも便利なボストンタイプで容量も◎ knit UNIQLO skirt STRAWBERRY-FIELDS boots AU BANNISTER coat SUIT SELECT bag ZAKKA-BOX バッグはこちらのサイトで購入しました↓ ★ZAKKA-BOX美女組No.161 愛のブログ
  • 2019年の目標は職場でも、プライベートでも、自分が上がるおしゃれを楽しむこと!2018年も貯金もせずに買い物を楽しんでいたのですが、30代に突入してもう少し考えたおしゃれがしたいなと思い。たくさんモノがあって、選択肢が無数にあって、ファッションもライフスタイルも多様化しているからこそ、「本当に自分のためになるお買い物」を考えてみたい。こういう買い物人生の人もいるんだな、と思って読んでいただけたら幸いです。第1回は部屋着。 家で着るものこそ、究極の自己満足、100%自分のための目線で選びたい。少しずつ買い足して集めているのが【araks】の肌着です。araks(アラクス)はNYのランジェリーブランドで、スタイリッシュななかに、ほんのり香るガーリーさのバランスが絶妙! そして何より、色と素材が素晴らしいんです。左のシルクスリップはひざ丈で、お風呂上りにさっと着てもさらりとしていて心地よい。シルクを纏って寝ると肌にいいなんて説もあったりして、密かに美肌効果も期待…!色も本当にきれい。スモーキーなローズピンクは、普段ネイビーや黒しか着ない私も気恥ずかしくなく、そして肌をきれいに見せてくれる。深めのフロントや、胸下にダーツが入ったデザインもセンシュアル。 右はリブのコットンタンクトップ。深いボルドーの色っぽさと辛口なレーサーバックのコンビにぐっときました。フリルのように波打ったふちのカッティングも可愛い。デザイナーのこだわりが感じられます。 冒頭に書いた通り、部屋着なのだから自己満足で選ぶのが正しい、と思います。でも、誰の目線も無くても自分が見ている!私自身はあまり(というか全然)美意識が高いほうではないのですが…それでも家で過ごす時に、誰かがこだわって作った服を着る、というだけで気持ちが変わります。休日もだらだら過ごすんじゃなく、いつもは読まない本を読んでみよう、とか、朝ごはんももう一品何か作ってみよう、とかそんな素敵女子の前向きマインドに!! リラックスしつつも、ちょっと気持ちがシャンとする。そんな部屋着を着て週末はクロゼットを整理しようと思います。(編集マフユ)
  • ほかにはない凛とした表情の白振袖。華やかな色が多い成人式の会場で、白地は逆に映えて存在感を発揮! とはいえ、顔まわりに色が少ないため、普通に着るだけじゃシンプルすぎて地味になってしまうことも。白地でもしっかり目立てて華やぐ選び方&着こなし方を解説するよ!多色帯と差し色小物で誰より印象的に着こなして!凛とした意志の強さ、清楚さ、可憐な雰囲気が主張できる白振袖。咲き誇る花々に鞠や熨斗(のし)が流れるように配置された優美な柄で成人式を素敵に盛り上げるよ。伝統的な一着なだけに、落ち着いた雰囲気になりすぎないよう、合わせる小物の色選びに注意。多色づかいの帯や衿元、目立つ色のバッグや草履で可愛く盛り上げて! カラフルな帯や衿元が可愛さアップのポイント!帯は赤や紫、水色が使われた多色づかいの華やかなデザインをチョイス。さらに淡オレンジの帯揚げや、ブルーの重ね衿、花刺繍の半衿を組み合われば、大人の気品と可愛らしさを感じるコーディネートで可愛く目立てちゃう! 帯は艶やかさが増すボリュームの出る結び方に。重心が高くなるのでスッキリ見え効果も。さらに、髪飾りも大ぶりの花を選んで、後ろ姿まで可愛く盛り上げて!お目立ち小物、筥迫(はこせこ)を差がつくアクセントに元は江戸時代の女性が振袖の胸元に差し込んで使っていた「ポーチ」のような役割だった“筥迫(はこせこ)”。ポイントになるカラーを選べば、成人式にも可愛いアクセントとしてお役立ち!  振袖姿をより華やかに見せてくれるからぜひチェックしてみて。振袖・帯(長襦袢込みセット価格)¥270000/鈴乃屋 半衿¥15000/ふりふ渋谷マルイ店 重ね衿・お花コーム×お花ピンセット髪飾り(ともに参考商品)/ジョイフル恵利 帯揚(参考商品)/オンディーヌ 帯締¥15000・バッグ¥30000・はこせこ¥11000/新装大橋(撫松庵) 草履¥42000/和風館ICHI(京都丸紅) ピアス¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)モデル/山田愛奈 撮影/齊藤晴香 ヘア&メイク/林由香里(ROI) スタイリスト/坂下シホ 着付け/きものさろん花子 構成・文/鈴木絵都子
  • 先日、マリソルメンバーでの忘年会に参加してきました!私にはなかなか機会の無いホテルディナー、 「何を着る??(;'∀')」考えた末に”いつもの私+アガるジュエリー”に決まりました☆安定のネイビーワントーンで!ラップパンツに袖コンシャスブラウス♡主役はジュエリーです☆顔合わせランチ会に参加できなかった大阪在住の私、 なかなか皆に会えなくて「日程が合うのなら忘年会には行きたいわ!!」 てなわけで、遠路遥々行ってまいりました。 毎度、マリソル行事を理由に「一泊+東京で会いたい人に会う」 を設定しての一人旅、楽しい!! しかし兵庫県のド田舎出身&常にオシャレに貪欲…てなわけでもない私は 焦ります!!すごーく焦ります!!(笑) 何を着ていいのやら…行く前から気後れ(;・∀・) いつも着る物に悩んだ時は友達にしつこく相談して意見を求め、 地味過ぎる、もっとはじけろ、顔周りが暗いetc. ごもっともなありがたいアドバイスを受け(笑) 本来の自分の感覚とかけ離れていき迷走・・・。 なので今回はスッパリと「地味でもいいから自分らしく!!」 をモットーに考えました。ここのところ黒に傾倒している私ですが 人生の半分以上は「私のベーシックカラーはネイビー」で来ました。 なので今回は制服の様に選んでしまう安定のネイビーに決定です☆ アガるジュエリーを主役に!!袖コンシャスブラウスで少し華やかに♡ブランドの違う上下をセットアップ風に☆手持ちのエリオポールのラップパンツに合わせて、 シルク混のアントネッリのとろみのある袖プリーツブラウスを調達しました。 袖プリーツ、私にしてはなかなかフェミニンでそわそわするところですが(;・∀・) そこは知的で上品見えが約束されているネイビー、許容範囲内かな? 少しの華やかは要るよね(;'∀')とこちらに決定。 そしてそして!! コーディネートの主役は「テンションのアガるお気に入りのジュエリー」です! 選んだのは存在感のある大きさと色、服が抑えめだからこそ活きてくるやつです☆ グリーンクォーツ アメジスト スモーキークォーツ ダイヤモンド 自分の定番服に変化を与えるなら、お気に入りのジュエリーを! サラッと着けられるようなおばあちゃんになりたい・・・ そんな話で盛り上がれる美女組同期&先輩ともお話しできて 話のネタにもなってくれた私のアガるジュエリー、主役にして正解だったかな? マリソル1月号の「今月の”一目惚れ”買い!」(18ページ)にも 「自分の手を見るたびにアガる! お洒落プロが一目惚れ買いした存在感抜群のリング」が紹介されていましたよね。 私のお気に入りは特別ハイな物でもなければ 必ずしも誰もが知るブランドの物ではありませんが、 やはり自分の手を見るたびに気分は上がります♡ 自分らしさをお気に入りジュエリーに託す、 そんなのもありじゃないでしょうか。 鞄はいつものアンテプリマ、靴は数年前の銀座かねまつ、 シルバーで華やかカラーですが、実はいつか書いたAQUABELLシリーズの物です。 お天気が不安だったため、余計に重宝!!他の画像を見る忘年会はウェスティンホテル東京のフレンチレストラン、ビクターズで♡ こんな華やかな席でこんな美味しいお料理、私には年1回ある?(笑) それぐらいの出来事です(;・∀・) この日は大きなツリーを三つ見てきましたよー!! レストランは最上階、お天気もどうにか持ち、東京タワーも見え、 ロケーション最高!! 会ったことのない初めましての同期&先輩達にも会え 心の中で「ブログで見た人~♡」なんて興奮しながら ホテルのスタッフの方々の手厚いサービスを受け、 あっという間にステキな時間が過ぎていきました(〃艸〃) 美女組の皆さん、ホテルスタッフの方々、ありがとうございました。 一泊二日、会いたい人にも会えたし、忘年会以外にも 予定詰め詰めで楽しんだ二日間、満喫してきました! また一つ良い思い出が増えたー☆ウェスティンホテル東京ビクターズ>>>私のアガるジュエリー記事>>>私の晴雨兼用パンプス記事(AQUABELLシリーズ)>>>美女組No.142 yoccoのブログ
  • メインによし、サブによし。ベージュとグレーがミックスされた「グレージュ」は、どんな肌の色味の人にも合う万能色。さらに、黒やネイビー、ブラウンといったベーシックカラーと合わせれば華やかさを添え、こっくりした濃密色などのさし色と合わせれば逆に落ち着いた上品な印象に見せてくれる、まさに大人のためのカラー。洗練された雰囲気を醸し出す、今季ぜひ取り入れたいグレージュのアイテムとコーデを一気にお届け!「アパルトモン」のボートネックニット スタイリスト 村山佳世子さん「ゆったりしたシルエットと首・袖のデザインがお気に入り。インにシャツを合わせて、チノパンとのワントーンコーデに。シンプルなのにしゃれたディテールや、薄すぎず濃すぎずのグレージュの色合いで、着回し力も抜群です」(村山さん)。少し高さのあるボートネックと、すそ広がりになった身幅のあるシルエットが今どき。あぜ編みで立体感があり、体型を拾わないのもうれしい。ニット¥49,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)「クリステンセン ドゥ ノルド」のカーディガン エディター 向井真樹さん「あいまいな色が得意なブランドなので、色幅の広いグレージュはお手のもの。大人なブランドだからカシミヤの手ざわりもスペシャルなんです! やや濃いめのグレージュは、今季なら黒と合わせてシャープに着たい」と向井さん。袖と身頃で変化をつけた編み地や、やや細く仕上げた袖、ゆとりのある身幅と絶妙なバランスの丈感など、計算されたフォルムの美しさは着やすさにもつながって。カーディガン¥79,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド)「アパルトモン」のニットパンツ スタイリスト 徳原文子さん体のラインを拾いにくい地厚なリブニットは、エクラ世代にうれしいポイント。「ニットパンツを探していて見つけた旬度の高い一本。すそにかけて広がるシルエットがきれいで、都会的なムードでカジュアルに着こなす予定! グレージュはおしゃれな半面、地味にもなりがち。このパンツに黒のニットとコンバース、チェーンバッグを斜めがけして、老けないようカジュアルに着こなしたい」(徳原さん)。パンツ¥38,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)他の画像を見る
  • アーティスティックなアプローチに磨きがかかり、個性豊かな提案が際立った 2 ADEAM アディアム流ナイトクラブ・スタイルはオフショルダーに男前ベストというミックスマッチ3 ANNA SUI ブロケードのセットアップに南国風のシャツドレスをイン。異国情緒漂う独自ワールドを展開4 CALVIN KLEIN 205W39NYC 映画『ジョーズ』(’75)と『卒業』(’67)に着想。遊び心あふれるアメリカン・アカデミックスタイル5 CLAUDIA LI 初ランウェイは故郷のニュージーランドに思いを馳せ、軽やかなリアルクローズを発表した6 COACH 得意のプレーリードレスはヴィクトリア風に進化。モカシンとフリンジバッグで味つけ7 ECKHAUS LATTA タイトなTシャツドレスなど90年代的アイテムをアーティなアプローチで洗練させた8 KATE SPADE NEW YORK ニコラ・グラスによる初コレクションは、ラベンダーやピンクで大人に似合う"可愛い"を描く9 LONGCHAMP スエードやフリンジ、パイソンを多用し、リュクスなウェスタンワードローブが続々登場10 MARC JACOBS ロマンスあふれるショーにはとろける質感のコートなどリアルに使えるアイテムも満載だ11 MARYAM NASSIR ZADEH アヴァンギャルドなウェアと相反するモダンでシックな靴とバッグの提案が粋12 MICHAEL KORS COLLECTION 世界のビーチに着想。ファーストルックのトロピカルプリントが陽気なムードを誘う13 MILLY NY流ネオンカラーは、スポーティかつエフォートレスな気分で取り入れたい14 MONSE ロープモチーフを主軸に定番服を再構築。サンダルはドクターマーチンとのコラボ15 PRABAL GURUNG ネパールのタルチョを彷彿とさせるカラーパレットをロング&リーンなシルエットにのせた16 PROENZA SCHOULER オーバーサイズのリラックス感とマニッシュなムードを携えて1年半ぶりにNYにカムバック17 SIES MARJAN コットンとレザー。異素材のワントーンルックは、新時代のワークスタイルを示す好例18 TELFAR 熱狂的なファンを獲得しているテルファーはストリートヴィンテージな究極のリアルクローズ19 TIBI マスキュリン&フェミニンをテーラリングとパステルカラーで軽やかに表現20 TOM FORD トム フォードウーマンはクロコダイルのセットアップとレースをミックスし、力強く歩く21 TORY BURCH メンズライクなシャツの上に、フリルのロングドレスを重ねた、意表をつくスタイリング22 ULLA JOHNSON NYのガーリーを牽引するウラ ジョンソンは南米のエキゾチックなテイストを取り入れた
  • ロマンティックとリアリティの両方を追求する新進ブランドが多数 2 BURBERRY リカルド・ティッシによる新生バーバリー。「キングダム」と題し、あらゆる世代に服を提案3 CHRISTOPHER KANE 「Sex in Nature」がキーワード。ビッグビジューのトップスとデニムの組み合わせが新鮮4 ERDEM ドレスアップすることで心が解き放たれるパワーに注目。華やかなヴィクトリアンドレス5 HOUSE OF HOLLAND パフォーマンスウェアとストリートウェアの融合を実現。ジャケットにテクニカルベストを6 JW ANDERSON 軽やかなストライプドレスにレースの襟を。彫刻家リンダ・ベングリスにオマージュを捧げて7 MARGARET HOWELL シャツを軸にスポーティなフィーリングを取り入れた。カーキのショートパンツがキュート8 MARY KATRANTZOU ブランドデビュー10周年を記念したレトロスペクティブなショー。アーカイブを昇華した9 MM6 MAISON MARGIELA ファッションが持つ社会的責任に言及。チャリティや古着(不用品)がコンセプト10 MOLLY GODDARD マーケットがショーの舞台。アイコニックなチュールドレスは可憐なギンガムチェックに11 NABIL NAYAL 2017年のLVMHプライズ ファイナリストになり注目を集める。ヴィクトリア朝が着想源12 NATASHA ZINKO ラングラーの協力のもと、ヴィンテージデニムを再構築。サステイナブルなモードを提案13 NICHOLAS KIRKWOOD ロンドンで初となるショー形式の新作発表。TVをモチーフにデジタル時代の反骨精神を表現14 PORTS 1961 夏の開放的なムードを反映。カラフルなチェックにワークパンツを合わせてイージーに15 REJINA PYO ノスタルジックなポルカドットのドレスで甘い夢を。美しい混沌をファッションに託して16 RICHARD QUINN ファーストルックはオールブラックのドレス。プリントを得意とするブランドの新境地を見せた17 ROKSANDA ベルトを巻いたオーバーサイズのブレザーがキーアイテム。エレガントな日常着が揃う18 SIMONE ROCHA デザイナー自身のルーツである中国に思いを馳せて。清王朝の女性のプリントや刺しゅうが登場19 TOGA サイクリングパンツにロココ調のプリントを。世界の都市で目にするさまざまな情景を取り入れた20 VICTORIA BECKHAM ブランド創立10周年を記念して、初めて祖国でショーを開催。モダンウーマンのための服
  • おしゃれなスタイルでワクワクさせてくれる人気スタイリスト辻直子さん。彼女がこの冬、訪れたのはのドイツ・ベルリン♡ ギャラリー・美術館巡りを中心にアクティブに過ごした5日間の旅のワードローブを拝見しました! 【スタイリスト辻直子さん】 "らしさ”のあるセンスあふれるコンサバかつモダンなスタイリングが絶大な支持を得る。本誌連載をはじめブランドディレクションなど多方面で活躍。旅先のファッションも、目的に合わせた自分らしいスタイルが素敵!色、素材、フォルムで余韻を残すワードローブDay1 ブライトカラーニットを主役にショッピングへ メンズを中心にいろいろなお店を回りました。ヨーロッパの街は石造りで落ち着いているので、派手なものが着たくて。多色使いのニットに赤いバッグ、デニム合わせでカジュアルにまとめました。Day2 夜遊びは軽快に。毛皮×Tシャツが定番 夜遊びの予定がある日は、軽快なスタイルで。アウターを脱いだらTシャツという、なんてことない格好が好きです。ショートボトムにニーハイブーツでアクティブに。色はシックな黒でまとめます。Day3 肩ひじ張らないニットワンピでディナー ディナースタイルは、一緒に行く友人の雰囲気に合わせることが多いです。この日はあまりドレッシーにする感じではなかったので、ニットワンピースで。色や足もとのパールで華やかさが出るように。Day4 歩きやすさを重視してギャラリー巡り ギャラリーや美術館を巡る日には、着心地のいいニット×レギンス、足もとはヒール太めのブーツを。グリーンのファーブルゾンは羽織るだけで雰囲気が出るから、シンプルなスタイルにもぴったり。Day5 街歩きのときはラフだけど印象的な柄アウターを ほかの日とは少し違ったテンションで、インパクトがあるものを着たくて選んだアウター。どこかメンズライクで存在感のある柄が気に入っています。そのぶんボトムは極シンプルにスリムな黒パンツを。Column コートを着込んでも映える耳まわりのジュエリーを多めに コーデに合わせてジュエリーも替えたいので多めにセレクト。耳もとのジュエリーをはじめ、半袖になったときポイントになるバングルも必ず。ネックレスは、ニットの上にできるものを。撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 ※BAILA2019年1月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND