ティファニーの”Tコレクション”に、マイクロサイズが新登場!

LEE

Tコレクションが、さらに華奢に、フェミニンに

女性の一生に寄り添う名ブランド・ティファニー。

なかでもすっきりとした曲線でモダンな印象のTコレクションは、シンプルさとエレガントさ、女らしさとクリーンさという相反する雰囲気を兼ね備え、年齢を問わずファンが続出。デビューしたばかりのマイクロサイズはさらに華奢な印象が加えられ、どんなスタイルをもクラスアップさせつつ、フェミニンな魅力を放ちます。長く愛せるとっておきのジュエリーをぜひ手に入れてみて。

アイコニックなモチーフを、よりさりげなく。ティファニー T スマイル マイクロ ペンダント(写真上)ダイヤ付きタイプ 18K(左から)ローズゴールド・イエローゴールド・ホワイトゴールド(各)¥126000・(写真下)18K(上から)イエローゴールド・ローズゴールド(各)¥73000

 

問い合わせ=☎0120・488・712

 


LEE7月号『What’s New/今月の知りたい』から

投稿 ティファニーの”Tコレクション”に、マイクロサイズが新登場!LEE に最初に表示されました。

関連記事
  • DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、一週間のコーデを考えてみて♡トラッド+プリーツスカート=秋っぽ可愛い♡ざっくりチルデンニットベストに大きめフレームのメガネ、黒のレザー小物。正統派トラッドコーデならボトムはインディゴデニムやチェックのスカートを合わせるところだけど……この秋はプリーツスカートを採用! スモーキーなオレンジや実はアシンメトリーになった裾など、今までとはちょっぴり違うポイントが散りばめられてるから、まさに今っぽいコーデに仕上がるんだ♬▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!お仕事シューズにロングブーツがカムバック!お仕事コーデの足もとに、ロングブーツというお久しぶりの選択肢! 一足で途端にトレンド感が増すし、ショートパンツとのバランスも取りやすいし、美脚に見えるし高級感もあるし暖かいし……もういいことしかないじゃんっ♡ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!主役はオレンジ!……だけど実はワントーン!?内勤デー&夜は友達とラフな飲み会だから、スポーティでもOKな日。「彼のを借りてきちゃった♡」的なビッグスウェットに、変形プリーツスカート、ヘアバンド、大好きなコンバース。オレンジの鮮やかさに目が行きがちだけど、こんなにまとまりがいいのはスカートのブラウンやヘアバンドのベージュと同系色だから! 実は計算尽くのワントーンなんだな〜♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!特別な日には、女っぽモノトーン♡真っ白なプリーツスカートは、いつものコーデをちょっぴり特別にしてくれる。特別な日のコーデを、もっともっと特別にしてくれる♡ ただフェミニンに着こなすのは気分じゃないから、黒のハイネックトップスと白の甲深パンプスでトレンド感のあるモノトーンに。これ以上ない女っぽさで、彼をドキドキさせちゃうぞ♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!スポーツMIXには黄色のスカートが使える!ずっと大好きなボーダートップスと、秋のはおりにぴったりなマウンテンパーカでスポーツMIXを満喫。ここで大事なのは、あくまでも「MIX」だってこと! 美シルエットと明るい印象が手に入るイエローのスカートや、ミニショルダーの品の良さがあるからこそ、スポーティなアイテムが引き立つのです! ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!平日コーデまとめ、いかがでしたか? 今日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬☆今日のコーデ毎日更新中☆
  • 夏服をフレッシュに着るためにも、そろそろ秋を意識したい時期。重く見えない軽やか素材や秋の色を取り入れて、 少しずつおしゃれをスライド!事務所の先輩の舞台千秋楽の日。レース+ワンピで花屋さんへ♡ レースのトップスにワンピをはおったフェミニンな着こなしを、座っていて楽なデニムでカジュアルダウン。お気に入りの花屋さんに寄って花束をオーダー。待ち合わせに早く着いちゃった。秋服投入でご機嫌にお出迎え! 軽やか素材のスカートも、パーカとソックスを合わせれば途端に秋顔に。ソックスの色をベージュに合わせたのもおしゃれポイント。友達に誘われて地元のバーへ。ゆるシャツでこなれ感たっぷりに バーへは気張りすぎず肩の力の抜けたおしゃれをアピールしたいところ♪ さらっとはおったニュアンスのあるシャツの威力で、デニムコーデもグッと女っぽくなる仕組み。他の画像を見る▶︎▶︎ふみかのワードローブをチェック! [9/9]ピアス¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)[9/11]ピアス¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) 靴下¥1000/Tabio(タビオ)[9/13]ヘアピン(2本セット)¥300/SPINNS[9/17]ネックレス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ)[9/19]イヤリング¥2500/サンポークリエイト(mimi33) モデル/馬場ふみか 撮影/東京祐(tokyojork・モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/道端舞子  web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/コトリパン LUFF Flower&Plants WORKS
  • おしゃれプロをも虜にするsaquiの服から伝わるのは、デザイナーの深い愛情と冒険心、そして丁寧な仕事ぶり。 今季、LEEマルシェがセレクトした珠玉のラインナップをご紹介!   トップス&パンツをセットで揃えておけばいざというときも頼りになること請け合い saqui/ファリエロサルティ地 プルオーバー/¥19,000+税 手首がのぞく袖丈のプルオーバートップスは、タックアウトも絵になるサイドスリット入り。落ち感があるので、前だけインも難なく決まります。   saqui/ファリエロサルティ地 テーパードリボンパンツ/¥26,000+税 トップス(商品コード:330186)とセットアップで着用すると、ぐっときれいめに仕上がるのが大人気のテーパードパンツ。ブランド誕生からわずか3 年目にして、延べ3000本以上の売り上げを記録するベストセラーです。ゴム+グログランリボンのウエストでリラックス感がありながら、見た目はあくまできれいめ。日常から改まった席まで、幅広く使い回せます。ともにネイビーとブラックの2色。     ミニマムな美しさと着心地に感嘆の声続々! きれいめに装いたい場面でも大活躍するワンピース saqui/ファリエロサルティ地 ドルマンスリーブワンピース/¥31,000+税 老舗ブランドにも愛されるサルティ社製のバックサテンジョーゼットは、しっとりなめらかな肌触りが自慢。動きやすくてシワになりにくく、手洗いが可能な点も見逃せません。素材の質感を最大限に生かすため、デザインはごくシンプル。ワンピースはやや横広がりのネックラインや腕が動かしやすいドルマンスリーブ、細見えにきくコクーンシルエットが特徴です。saquiならではの立体的なパターンが、体をきれいに包み、すっきり見せに威力を発揮。やわらかい印象のネイビーと、シーンを選ばない万能ブラックの2色展開。     おしゃれの洗練感が一気に加速する、軽やかなチェックブラウス saqui/ロングタイ チェックブラウス/¥37,000+税 ブラウン×ブルー×白のトラッドなチェック柄と、上品な透け感が絶妙にマッチしたブラウス。生地をバイアス状に使うことで、体に沿った流れるようなシルエットが生まれます。一枚で着るのはもちろん、ジャケットやカーデのインにもおすすめ。ブラウンのインナーキャミ付き。長いボウタイは前でも後ろでも結べ、さらに結び目の位置の違いでも変化を楽しめます。 saqui/テーパードリボンパンツ/¥31,000+税 コットンシルクのパンツは、秋冬向けに丈を4.5㎝伸ばし、ウエストのグログランリボンを身生地と同じネイビーに変更した別注品。ゆったりとした腰から裾に向けてテーパードするラインはバランスがとりやすく、前中心と内側の接ぎが細くまっすぐな美脚ラインを演出します。ウエストはゴム+ドローコード仕立て。ファスナー付きで着脱もラクラク。     生地をたっぷり使ったワンピースは、すっきりとした着映え効果も申し分なし saqui/ラグランスリーブチェックワンピース/¥49,000+税 首に沿って少し立ち上がるスタンドカラーのワンピースは、ほんのり透ける細かいチェック柄の生地を使用。ラグランスリーブの切り替えに合わせ、身頃部分には裏地がついているので、透け感を気にせず着られる点も要チェック。首や肩まわりをコンパクトに仕立ててあるので、ボリューミーなフレアシルエットでも、すっきりきれいに着こなせます。素材はさらりとしたリネンシルクですが、季節を問わずに着られるのもうれしい限り。後ろのあきと袖口にはフランスのヴィンテージボタンが使われています。   下記特集ページでは、それぞれのアイテムの編集部ヘビロテユーザーが、おススメポイントをご紹介しておりますので、是非ご覧ください!  
  • 今季代注目のブラウンカラーを通勤で取り入れるならワントーンスタイルがおすすめ。トップスに淡めトーンを持ってくるなら、ボトムは濃色を選んでコーデを引き締めれば、上品なグラデーションスタイルの完成。 淡めトーンのフェミニンブラウスを濃いめの腰高パンツでシャープにまとめて スタンドカラーやエアリーな素材でレディ見えするブラウスは、やさしげなキャメルで顔映りよく。そのぶん、ボトムは濃いめのモカブラウン&マニッシュなストレートパンツで甘いムードをしっかりと引き締めるのが正解。ブラウス¥21000/アンティット パンツ¥49000/アマン(アンスクリア) シングルピアス各¥13000/ユナイテッドアローズ お客様相談室(プリーク) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥69000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) 〈ルール〉トップス【淡】×ボトム【濃】グラデ [ 淡めでサンドイッチ!]◆トップスが淡めならボトムは濃いめ◆靴はトップスと同じ淡め◆バッグは全身を品よくまとめるグレー系ブラウンを ブラウス¥21000/アンティット  パンツ¥49000/アマン(アンスクリア)  靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥69000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里 取材・原文/野崎久美子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年10月号掲載
  • 舞台観劇には辛口フェミニンなジャケットスタイルで。偶然隣に座ったのは、高校の同級生! ネクタイ風のスカーフとさし色パンプスでおしゃれに決めた祝日。ゆるシルエットのジャケットが、すっきりまとめたニットトップス×デニムをクリーンにまとめてくれる。バッグやアクセは今っぽさを意識して、芸術鑑賞にぴったりな鮮度の高いスパイスをプラス。開場後早めに席についたら、隣に見覚えのある人が……。なんと高校時代に留学していった、ちょっと気になる存在だった彼と突然の再会! 観劇後に乾杯して、いいムードに♡  ジャケット¥51000/ポール・スミス リミテッド(PS ポール・スミス) ニット¥16000/フィルム(ソブ) デニム¥32000/サザビーリーグ(マザー) スカーフ¥1600/アダストリア(ラコレ) ピアス¥4900/キャセリーニ(ラピュイ) バングル¥7800/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥52000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥25000/ツル バイ マリコ オイカワ 【今月のPROFILE】広告会社のプランニング部勤務・花青山にある少人数の広告会社で、コピーや販促企画を手がける広告プランナー。週の大半は打ち合わせと営業で外出。恋愛はしばらくごぶさただったけれど……。 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 【"瞬間美人"見えアイテム】ボックスダブルジャケットゆとりあるシルエットで、羽織れば旬のバランスに。肩は細身に作られていて上品。¥51000/ポール・スミス リミテッド(PS ポール・スミス) 【ベーシックアイテム】Vネックニット 襟元のボタンがアクセントになった、フィットする細身ニット。一枚で着て女っぽく。¥16000/フィルム(ソブ) 【ベーシックアイテム】スキニーデニムすっきりとしたブラックスキニー。¥32000/サザビーリーグ(マザー) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/藤原 宏〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/川上さやか  モデル/松島 花 取材/久保田梓美 企画/渡辺真衣 WEB構成/衛藤理絵
  • だいぶ過ごしやすい季節になりました! 湿気もなく、気持ちいいお天気が続くとおしゃれも更新したくなりますね♪ 今回は、季節のはじまりに大活躍してくれる「旬トップス」をご紹介します! 大人の女性が程よくトレンド感を出せるブラウス、どんなボトムスにも合う万能トップスまで、今買ってすぐ使えるスグレモノ、集めてみました!       \今年らしさを出しつつきれいめにまとまる!/ M7days /とろみバンドカラーブラウス/¥13,000+税 今年らしく、クローゼットにないトップスならこれ! 衿もとにギャザーを入れたバンドカラーのパフスリーブブラウスです。 ドロップショルダーで身巾や袖にたっぷりとゆとりのあるシルエットですが、ソフトで落ち感の良いバックサテンジョーゼットの素材でフェミニンなドレープがきれいに表現されています。 肌触りもソフトで、ニットカーデやジャケットのインナーとしても着やすいブラウスです。 袖ボリュームはやりすぎると子供っぽくなりがちですが、きれいに落ち感のある素材だからこそ大人が着やすく仕上がっています。         \着心地最高!の極上万能ニット/ M7days/太リブクルーネックニット/¥13,000+税 ベーシックで使いやすい形のリブニット。 縦シルエットを強調してくれるリブ素材ですが、アラフォーが体型を気にせず着られるよう、ピタッとしないリブにこだわりました。 着ると身頃にも袖にも少しゆとりを感じるボックスシルエットなので、二の腕ピチピチ!になることもなく、すっきりきれいに着こなせます。 ネックのつまり具合も今年らしく、合わせるボトムスも選びません! シルク混のなめらか素材なので、着た瞬間しあわせな気持ちになる極上の1枚です。   使えるネイビーと秋らしいモカブラウン。 1枚あると毎日のコーディネートに重宝してくれます!         \大人が着られる上品スウェットできました!/ M7days/【編集部と考えました!】大人ゆるスウェット/¥9,500+税 大人も着られるゆるスウェットはニットの前の季節に活躍してくれます! カジュアルアイテムのスウェットをアラフォーが着やすいように、極限までシンプルにしつつ、着たときのゆるっと感とこなれ感を出すことにこだわりました! 袖と身頃にはオーバーサイズ感を出しつつも、丈はだらしなくならないように&ボリュームボトムとの相性を考え、着やすいちょっと短い丈にしています。 「あると便利!」と編集部もイチオシしているアイテムです!   使えるブラック、秋らしいカーキ、女性らしいオフホワイトの3色展開です♪           \大人が先買いするならニットパーカー/ M7days/きれいめニットパーカー/¥16,000+税 色々な世代で人気のパーカーを、アラフォーが着やすいニットで作りました! スウェット素材に比べカジュアル感が抜け、大人も上品に着こなせるのがポイントです。 チクチク感のないなめらかな上質ウール素材を使っているので、着心地はもちろん品の良いニットアイテムに仕上がりました。 縫い目のないホールガーメントで仕上げているので、体への馴染み感もよく大人が着やすい印象になっています。 きれいめな印象のネイビーと今年らしい温かみのあるマルーン(レッドとブラウンを混ぜたようなカラーです)の2色展開はどちらも使いやすくておすすめ!   お届けは、10月上旬を予定していますが、予約販売を実施中ですので、気になる方はお早めにチェックしてください♪       まだまだSHOP Marisolには『旬トップス』がたくさん! 是非チェックしてください♪
  • 象徴的なTモチーフにジェムストーンが印象的な最新作。「エレガントでモダンな手もとに」。リング「ティファニー Tスクエア リング」(K18RG×ブラックオニキス)¥161000・ブレスレット「ティファニー T ワイヤー ブレスレット」(K18YG ×ブラックオニキス)¥225000 /ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)■0120-488-712 【ZANELLATO】 「イタリアブランドらしい風格と今年らしいアニマル柄に惹かれて」(ライターE)  イタリアのバッグブランド「ザネラート」が9/20(金)大丸心斎橋本館にオープン。アイコンバッグ「ポスティーナ」の限定、レオパードに注目。ベージュ×黒のノーブルな配色とポニー素材がラグジュアリー。「レオパード小物は上質感にこだわります。小ぶりなサイズも気分」。バッグ「ポスティーナ」(14×19×10)¥98000/アマン(ザネラート)☎03(6427)6601 【Paul Smith × GLOBE-TROTTER】 「品格のあるトロッターもポール・スミスらしい色使いが斬新」(ライターE)  クラシックなブラックボディにポール・スミスのシグネチャーストライプからインスパイアされた8色のコーナーレザーがモダン。「コラボならではの存在感にひと目ぼれ。グレーのリネンライニングも素敵なんです」。トラベルケース(42×55×18)¥297000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス × グローブ・トロッター エディション2)☎ 03(3478)5600 【Emiri× Le Talon】 「なじみやすい絶妙な色合いが上品。これぞ大人のためのレオパード」(編集K) バイラでも活躍中のモデル、絵美里さんとのコラボシューズ第1弾が発売。高感度なレオパードに加え、ノーブルなトープもあり。「浅めのカッティングとシャープなトゥが女っぽい。ほんのり起毛感があるから秋冬のタイツ合わせも楽しみ!」。バレエシューズ(1.8)¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(エミリ×ル タロン)☎03(6738)3731 撮影/さとうしんすけ スタイリスト/松野裕子 取材・文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※YG=イエローゴールド、RG=ローズゴールドの略です ※BAILA2019年10月号掲載
  •   アクセサリー収納難民でした 収納が苦手で、特に形がいろいろあって収納しにくいアクセサリー類の保管にずっと悩んでいました。 雑な収納のまま何年も過ぎ、ネックレスも指輪もイヤリングも、絡まり合って朝の身支度にピアスが片方しか見つからない、ということも・・・。 そんな私の改心のきっかけは、現在進行中のLEE11月号で、整理収納アドバイザーのご自宅へ取材に伺って、クローゼットの中を見せてもらったこと。 多かったのが、やはり無印良品のベロアの内箱を使った収納術。チェストの引き出しのサイズに合わせて、内箱を組み合わせたキレイな収納、素敵だなあと。 ベロアの内箱は、一面タイプのものを私も長年引き出しに入れて使っていたのですが、物量が増えてぐちゃっとなってしまいどうしようかと思っていたのでした。 取材後、改めて無印良品に行き、収納を見直し。ベロアの内箱が、アクリル収納ケースにピタリとはまるサイズだということを認識しておらず、数種類を買い足して、思い切って外置きのアクセサリーボックスに。格子型のタイプは指輪やピアスの分類がラク。アクリルケースは重ねることもできるし、必要に合わせて買い足せるし、毎朝の支度が楽しみになりました。 来月発売の11月号には60ページの別冊、収納BOOKがついています! 読めば片付けたくなること間違いなし。大充実の1冊になっていますので、現在発売中の10月号に続いて、ぜひお見逃しなく!(K子) #LEE編集部のお買い物 #LEE10月号発売中! #まだ先だけど11月号は収納BOOKが付いてます! #無印良品 #アクセサリー収納 #アクリルケース
関連キーワード

RECOMMEND