アルテック×ミナ ペルホネンの大好評コラボ「スツール60」に、第2弾が新登場!

LEE

1930年代にアルヴァ・アアルトがデザインした不朽の名作、アルテックの「スツール 60」。その座面にミナ ペルホネンのインテリアファブリックdopが張られた「Stool 60 minä perhonen series」は、昨年秋に発表されて一躍話題に。
北欧やアルテック、そしてミナ ペルホネン好きなLEE読者のなかには、すでに手に入れたという人も少なくないのでは?

その大人気シリーズの第2弾が、このたび6月15日から発売されます!

このコラボレーション企画の醍醐味は、ミナ ペルホネンのデザイナー皆川 明さんによって、張地と、張地に調和する脚部のカラーリングが選ばれている点。
そして、インテリアファブリックdopは、長い年月使い込む過程で表面が擦れ、裏側の色が新たな表情として現れることで、経年変化を楽しむこともできます。

「偶然の調和」をコンセプトとしたシリーズ1に続く、シリーズ2のコンセプトは「暮らしの呼吸」。
ミナ ペルホネンのデザイナー皆川 明さんは、座面の生地と脚のカラーの組み合わせについて、「日々の暮らしの中で私たちは、大切な物のしつらえから所作をつくり、心を調え活力をもらいます。今回のStool 60 minä perhonen series 2は、路に咲く、さり気ない花のように、暮らしの和みになるような色を選んでいます」と語っています。

発売は、6月15日より、アルテック取り扱い店舗とミナペルホネン一部直営店およびオンラインショップにて。
シリーズ1で買い逃したという人、ずっと気になっていたという人は、チャンスです!

■Stool 60 minä perhonen series 2
各¥37000(税抜)

1. choucho スモーキーグリーン/脚:ストーンホワイトラッカー
2. choucho イエロー/脚:ナチュラルラッカー
3. choucho グリーン/脚:セージグリーンラッカー
4. choucho ライトブルー/脚:ホワイトラッカー
5. choucho ピンクベージュ/脚:ナチュラルラッカー
6. tambourine オレンジ/脚:ナチュラルラッカー
7. tambourine イエロー/脚:ストーンホワイトラッカー
8. tambourine オリーブ/脚:グリーンラッカー
9. tambourine ライトブルー/脚:クリームラッカー
10. tambourine ピンクベージュ/脚:ナチュラルラッカ ー

投稿 アルテック×ミナ ペルホネンの大好評コラボ「スツール60」に、第2弾が新登場!LEE に最初に表示されました。

関連記事
  •     …ということで、我が家でも出した瞬間「やった〜!」と歓声が上がった「枝豆とエビのとろみ和風そば」。 ・ 8月号「夏休み毎日麺カレンダー」より、#今井亮 さんの魅力的すぎるレシピです。 フォトジェニックで、見るからに美味しそうな組み合わせですよね。 ・ とろみをつけた和風だしのおかげで、ぷりっとしたエビとたくさんの枝豆が、麺とうまくからまります。 育児と暑さで疲れ気味の夜にも、ちゅるんと優しく胃に入って、癒される味。 ・ ネットスーパーで間違えて茹でてある枝豆を買ってしまった&冷凍エビしか売っていなかったため、正式なレシピよりかなり時短で作ってしまいましたが、それでもちゃんと美味しく作れました!(M美) ・ #LEE麺 #夏休み毎日麺カレンダー #magazinelee #LEEレシピ #LEEWEB       \ 麺カレンダーはLEEのインスタグラムでも毎日更新! ぜひフォローしてください / LEE 公式インスタグラム
  • 世界中の人たちから愛され続けている楽園、ハワイ。地球上にある唯一無二のこの存在に魅了され、取り憑かれ、通い続けてきた人もきっと多いはず。そんなハワイ通の方々に聞いた、ディナーにぴったりのおすすめのレストランをご紹介。徳原文子さん(スタイリスト)、坪田三千代さん(旅行ライター)推薦Hy’s Steak House(ハイズ・ステーキ・ハウス)記念日などにおしゃれして出かけたいステーキレストラン。フィレ肉の中でも希少なシャトーブリアンをキアヴェ炭でひとつひとつていねいに焼き上げたステーキは、さすが40年以上の歴史をもつだけあって、安定のおいしさ。「ストレートな味わいの正統派ステーキはここ。前菜も充実!」(坪田さん)、「お肉はもちろん、サイドのマカロニグラタンが大好き」(徳原さん)と肉以外のメニューの満足度も高い。シックな雰囲気のバーもおすすめ。分厚いガラス張りの向こうに、キアヴェ炭でステーキを焼くシェフの姿が拝める、中央のシートは人気。重厚なインテリアもまたここのよさ。ぜひおしゃれして訪れたいシャトーブリアンと野菜のロースト。注文は2人分以上から(1人分$65) 黒トリュフ、キングクラブ、マカロニのチーズグラタン($23)2440 Kuhio Ave., Honolulu ☎808・922・5555(17時以降は日本語対応可) 17:00~21:30(最終入店) 無休 ※ドレスコードあり(男性は襟つきシャツ、つま先の隠れる靴〈スニーカー可〉着用。サンダル、野球帽不可。子供も同様)。要予約。次は:ワイン×シーフードNo.1のレストラン飛田和緒さん(料理家)推薦Azure Restaurant(アズーア レストラン)ロイヤル ハワイアン ホテルのシグニチャーレストランは、ハワイ産の魚介類を味わいながらワイキキサンセットが楽しめる稀有なところ。日本人シェフ、桂真悟氏が腕をふるう繊細な料理と雰囲気が好きという飛田さんもこちらの常連。「今日のおすすめの魚介類と調理法が選べるメインがいいですね。ピンクシャンパンも旅気分をアップしてくれます」。バーセクションは予約なしでも気軽に入れるので夕暮れ時、ディナーの前の一杯にも。ピンクシャンパンや白、赤など、ワインの品ぞろえが豊富なことでも知られる。ペアリングのコースもありコナ産のロブスターの甘味をたっぷり堪能するひと皿($31)。きゅうり、ローカルラディッシュ、バジルなどを使ったソースをからめてキュートなピンクの壁にこの看板が目印2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・4600  17:30~21:00(LO)、 バー17:00~22:30 無休 ※スポーツウエア、水着、ビーチサンダルは不可。 予約がベター。次は:最終日ディナー候補No.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)推薦Merriman’s Honolulu(メリマンズ・ホノルル)レストラン横の青々とした緑生い茂る畑、入口前の小さな畑で揺れるハーブ。“農場から食卓へ”をコンセプトに、20年以上も前からハワイでいち早く地産地消を掲げ、賞賛され続けているハワイ島のメリマンズが、昨年、オアフ島に待望のオープン。「90%ハワイ産の新鮮な野菜、肉、魚介を使った料理は、どれも素材の味がしっかり感じられるもの。ぜひ最終日に訪れて、心にも体にもハワイの味を刻んでいってほしいです」と内野さん。高い天井と窓が、より気持ちのいい雰囲気を醸し出す店内目の前で、なます、しょうゆバターなどと合わせてくれるフレッシュな味わいのテーブルサイド・ポケ($16)さっとソテーした大粒のホタテは甘く、とろけるおいしさ。ダイバー・シー・スキャロップ($42)1108 Auahi St., Honolulu ☎808・215・0022 (日本語対応可) ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~21:00 (金・土曜~21:30) 無休次は:デザートのおいしさNo.1のレストランショーン・モリスさん(マーケティング&PR、フードライター)推薦MW RESTAURANT(エムダブリュー・レストラン)ハワイの名店『アラン・ウォンズ』出身の夫婦が切り盛りする、今のハワイを背負って立つハワイリージョナルキュイジーヌレストラン。オープンから5年がたつ今も、お客さんがひっきりなし。特別な日にも、デイリーにも使える気軽さもいい。ハワイ在住の日系4世、ショーンさんはここが大のお気に入り。特にデザートには思いが深く「デザートのおいしさはハワイいち。ディナーのあとにデザートだけ何種類も食べにくることもあるくらい」イチゴそのものを凍らせて削る、本格派のイチゴのシェイブアイス($12)これもショーンさんがイチ押しの、ガーリックマッシュルームソースが効いているジューシーなプライムリブアイステーキ($58)オープンキッチンまでの抜けが気持ちいい広々とした店内。客席との距離もゆったりで優雅な雰囲気1538 Kapi‘olani Blvd., Suite 107, Honolulu ☎808・955・6505 月~木曜10:30~21:00、金曜10:30〜22:00、土曜16:30~22:00、日曜16:30~21:00 ㊡元日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。次は:ローカル人気No.1のレストラン桐島かれんさん(モデル)推薦Maguro Brothers Waikiki(マグロブラザーズ・ワイキキ)かつて築地で働いていた日本人兄弟が切り盛りするマグロ料理の専門店。ダウンタウンにほど近いチャイナタウンで人気に火がつき、ここワイキキにもお店をオープン。目利きのふたりが選んだとろけるマグロめがけて開店前から列を成す大人気店だが、並ぶ価値はあり! マグロを中心に、ホタテやイカなどを合わせた丼物が種類豊富にそろう。桐島さんお気に入りの「中トロ&ポケコンボ」($15.52) 15時にチャイナタウン店を閉めてからワイキキ店をオープンする415 Nahua St., Honolulu, Pearl Hotel Waikiki 1F ☎808・230・3470 17:30~21:00 ㊡日曜 ※予約不可撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※eclat8月号掲載 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。
  • 2カ月ほど待ったイヤリング、ついに届きしました♡ フランスの《モイパリ》というブランドのもので、日本ではTOMORROWLANDや、恵比寿のマッセメンシュというショップで取り扱ってます☺ 私はピアス穴を空けてないので、イヤリングをしますが、長時間着けていると痛くて痛くて。。 でも、モイパリスのイヤリングはそんなことなくて1日中着けていられる!羽のような軽さのコットンパール🕊今回オーダーしたのは、この形。 (カラーと形を自分好みでオーダーできるイベントがマッセメンシュで年に2回くらいあるんだけど、店頭には、常時色々なタイプのアクセサリーが置いてるよ!) このパール、ほんっとうにびっくりするほど軽い!だから全然着けてる感覚がないの。 デザイナーは日本人の大友さんという方で、日本でこのコットンパールを見つけて、それからパリでブランドを立ち上げたみたい。後ろ姿もかわいい🌷ほとんどのイヤリングは後ろがネジバネ式になってたり、平べったい金具だと思うけど、これは後ろにもパールが♡ どの角度から見られても可愛い! 優秀〜〜!! ツヤ感のある真珠とは違って凹凸あるデザインなので、肌馴染みもよくて、カジュアルなファッションとも合わせやすくて使いやすい♡ マッセメンシュには、その他にもコットンパールを使ったネックレス、ブレスレット、フレンチファッションが好きな人にもおすすめなので、是非行ってみてください☺モアハピ部 No.633 未有 のブログ
  • おしゃれエリア・カカアコをぶらっとお散歩しながらお土産探し♪Fisher Hawaii KAKA‘AKO フィッシャーハワイカカアコ気分は宝探し。倉庫のような店内で可愛い文房具をハンティング広大な店内に所狭しと並べられたステーショナリーの数々は、見ているだけでもテンションが上がる! 書き味のいいペン($0.69)、クッション封筒($0.69)など使い勝手のいいアイテムも豊富。◆690 Pohukaina St. Honolulu ☎808・356・1800 月・火・木・金曜7:00〜18:00、水曜7:00〜20:00、土曜8:00〜17:00、日曜10:00〜15:00 休/祝日HERE. ヒアあれもこれも欲しくなる! 高感度なセレクトショップカカアコのランドマーク『SALT』内にある日本人女性オーナーが営むライフスタイルショップ。シンプルで使いやすく、さらに着心地にもこだわったアイテムが揃っているので“散財”に要注意!◆685 Auahi St. #2-115, Honolulu ☎808・396・2991 月〜土曜10:00〜18:00(日曜〜17:00) 無休Hawaii Modern ハワイモダン愛らしいヴィンテージアイテムをひとつ、旅の想い出にミッドセンチュリーなアイテムが揃うインテリアショップ。アートピースみたいな家具を眺めるだけでも楽しいし、レトロなフラワーベース($25〜125)の中から自分用のおみやげを見つけるのも素敵。◆527 Cummins St. Honolulu ☎️808・728・2040 金・土曜11:00〜17:00 休/日〜木曜●本特集のすべてのデータは2019年6月現在のものです●1ドル($)=約108円(2019年6月4日現在)です●日本から電話をかける場合は、①国際電話会社の番号、②010(国際識別番号)、③1(アメリカの国番号)の後にダイヤルしてください ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/熊谷 晃 コーディネーター/工藤まや
  • スタイリスト吉村友希さんは、一日中歩き回るためにフラット靴の出番が多いのだそう。うっかり子どもっぽくなりがちなフラット靴を、スタイルアップを意識しながら大人の雰囲気で着こなすコツを教えてくれました。 吉村友希さんバイラほか『LEE』や『Marisol』『éclat』などの女性誌やカタログで活躍するスタイリス ト。ベーシックを軸にした上品な着こなしにはファンが多数。この秋は「SONO」と オトナの旅コーデをテーマにしたコラボアイテムが発売されるそう。 【Rule 1】ボトムとシューズの色をつなげて上品に スカートの花柄から色を拾って、白のサンダルを合わせました。そうすることで全体がうまくまとまり、柄物コーデの抜け感にもなります。ボリュームスカートには、肌感の少ないサンダルで重ためにするとバランスがよく。 SHOES : Church’s T-SHIRT : YLÈVE SKIRT : MARIHA BAG : FLYNN 【Rule 2】夏も赤色はマスト。ぐっと華やかにしてくれます 赤の靴って華やかさがあって大好きなんです。靴で色をさしながらほかはベーシックでまとめるのが私らしいスタイル。カジュアルにもきれいめにも使えるようにスエード素材の赤を選ぶのがポイント。ベージュ合わせでやわらかさを足して。 SHOES : NEBULONI E. T-SHIRT : AURALEE PANTS : muller of yoshiokubo BAG : Meli Melo 【Rule 3】トングタイプは、長すぎるくらいのパンツで大人にシフト 小柄な私がトングを履くときにいちばん気にするのが、子どもっぽく見えないかどうか。地面ギリギリの丈のボトムで素肌を隠すと、ぐっと大人っぽく。黒トング×カーキのサロペットで配色も大人感にこだわっています。 SHOES : Melissa Odabash TOPS : SLOANE OVERALLS : SONO BAG : VASIC SUNGLASSES : EnaLloid 【Rule 4】遊びのある素材のフラットスタイルは配色にこだわって シースルーのフラット靴はトレンド感だけでなく、重たく見えがちなレギンスコーデを軽やかに見せてくれる効果も。こういう遊びのある素材は、ブラウン×黒のような大人の配色がマスト。 SHOES : SPELTA ONE-PIECE : PHEENY LEGGINGS : H BEAUTY&YOUTH BAG : CELINE 【Rule 5】スポサンは、女らしさのエッセンスがあるものを スイコックのスポサンは、厚底でスタイルアップしてくれるので毎年買い足しています。どれも別注ですが、金具がついたタイプだとタウンでも使いやすく、スポーティでも上品な印象になります。 (左から)SHOES : Suicoke× JOURNAL STANDARD L'ESSAGE SKIRT : STEVEN ALAN SHOES : Suicoke×L'Appartement SHOES : Suicoke×DEUXIÈME CLASSE 撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE〈nude.〉 取材・原文/昼田祥子 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年8月号掲載
  • こんにちは。インテリア雑貨バイヤーのminacciです。 インテリア雑貨はシーズンごとに変わるアパレルとは異なり、何年も売れ続けているロングセラーアイテムも多く、FLAG SHOPの中でも定番品として販売を続けている商品がいくつかあります。 そこで今回は、2016〜2018年の売れ筋データから分かった、毎年夏に必ず売れている生活雑貨を、MDの解説を交えてご紹介します!   まずは、食器から。 夏に売れているインテリア雑貨 食器編 ■1616 arita japan (イチロクイチロク アリタジャパン) TY パレスプレート 16cm 上に重なっているのが16cm 1616 arita japan/TY パレスプレート 16cm/¥1,500+税 花型フォルムが美しい、売れ筋ランキング定番のTYパレスプレート。 2016年から継続的に人気を保っています。 その人気の秘密は、繊細な形からは想像つかない独特の質感や色にあります。 ・ざらっとした手触り ・硬いのに重量を感じない ・真っ白なホワイトではなく、こなれた雰囲気のグレー そして、こんなにスタイリッシュなのに、電子レンジも食洗機にも対応できる有田焼という点は、類似品を探そうと思ってもなかなか見つかりません。   16cmは、ケーキ皿や取り皿として便利なサイズです。 家族分など複数買いの方が多いので、売れ筋となっています。   ■イイホシユミコさんの器 tamagoプレート イイホシユミコさんの器/【LEEマルシェ限定】tamagoプレート/¥1,200+税 LEEマルシェが、器作家のイイホシユミコさんにお願いして限定で作っていただいた「tamagoプレート」が夏も人気です。 希少性と手頃なプライス、箱付きなのでプチギフトにぴったり。 夏は羊羹などの水菓子やお漬物を乗せたり、カトラリーレストにもオススメです。   ■iittala レンピ(Lempi)のグラス ittala/レンピのグラス/¥1,800+税 夏の大定番!イッタラのレンピです。 なかなか繊細な厚みのため、割ってしまう人もちらほら。 そんな理由で、買い替えや家族分を揃えるために、皆さま1回の購入回数で平均2〜3個お求めいただいています。   夏はこんな感じで涼やかに食卓を演出してくれます。 実はたっぷり300ml近く入るので、ガブ飲みしたい時にも◎   短いですが、ステムが付いているのでワイングラスとしてもオススメです。   夏に売れているインテリア雑貨 インテリア雑貨編 ■fog リネンマッサージバスマット fog/リネンマッサージバスマット/¥3,900+税 こちらも定番品の常連!fogのバスマットです。 お風呂上がりに足裏がベタベタしたくない方へ、オススメの一品。 すっと水分を吸収してすぐに発散を始めるリネン素材は、特に夏を気持ちよく過ごすために欠かせない素材です。   あまり場所を取らないサイズ感も、集合住宅にお住まいの方々から支持されています。   洗い替え用にホワイトとナチュラルの両方をお買い求めいただく方も多く、夏の売れ筋となっています。   以上が、夏の売れ筋インテリア雑貨になります。 今回ご紹介した商品は毎年必ず人気のアイテムで、1度の購入に留まらず、2回 3回と買い足しされている方も多いです。 ぜひ、夏のお買い物の参考にしてみてください!   ★FLAG SHOP内の雑貨専門ページ【zakka market】   ★【zakka market】 インスタグラム もやってるよ!
  • アナ スイの最新ルックをまとったハローキティが手に入るのはここだけ! SPUR9月号の特別付録は「Hello Kitty×SPUR×ANNA SUI ステッカーセット」。ラップトップやノートなどに貼ってカスタマイズを楽しめます。 “胸きゅん”は、今号をつらぬくエモーション。少女漫画の金字塔「ときめきトゥナイト」でおなじみ、蘭世と真壁くんがモードにターンバック。『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD』に登場する志尊淳の艶めく姿には、ドキドキが止まらない! フモフモ編集長は、“羽生結弦氏”との奇跡の一瞬について語ります。そんなときめきを享受できるのは平和あってこそ。黒柳徹子のスペシャルインタビューを通じて、一番大事なことに気づかされるはず。どうぞお見逃しなく。ふと出合う言葉が、その時着ていた洋服との一生の思い出になることがあります。それは、服に込められたメッセージかもしれないし、これから生まれる詩や、デザイナーの名言かもしれません。今季のランウェイで愛を語ったヴァレンティノのように、モードはいま、ポエティックな引力で私たちをときめかせてくれます。ファッションと言葉の蜜月を、オムニバスなストーリーでご堪能ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  かつてのりぼん読者であるアラフォーなら一度は通ったはずの『ときめきトゥナイト』。なんと作者の池野恋先生は今年、作家生活40周年。秋冬の筆頭トレンドが“ダークロマンス”だった勢いもかりて、SPURは夢のコラボを実現しちゃいました。池野先生の貴重な裏話も満載で、あの頃ときめいた“魔界”のロマンスを再現します! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019-'20秋冬シーズンが到来! まずは新しい靴とバッグから。日常を彩るロマンティックな主役級から、シックな精鋭まで88アイテムがずらりと揃います。メゾンのとっておきには、心がときめくこと間違いなし。トレンドのタフネスシューズやレディ・バッグにも注目を。来る季節に向けて、ショッピングプランをぜひ立ててみてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  さんさんと陽光が降り注ぐまぶしい夏、照りつける日差しの中でこそ身に着けたいのが、この季節に似合うジュエリー。きらめくイエローゴールドに、ソリッドなシルバー、みずみずしいジェムストーン……夏の太陽と友達になれるプレイフルなジュエリーをご紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  人生100年時代の現代では、ファッションを本当の意味で味わえるのは、歳を重ねてからです。自分の好みを熟知し、スタイルを確立した後だからこそ、色や柄をふんだんに掛け合わせながら冒険できるはず。自由におしゃれを満喫する粋なグラニーをぜひスタイリングのお手本にして。これは、未来の私たちへの賛歌なのです! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  休日のモードなスタイルとお仕事服とのギャップが埋められなくて悩んでいたりしませんか? そんな人に朗報です。今季のトレンドは、ブルジョワライクなクラシックスタイル。オフィスでもオフの日も活躍度の高い“コンサバ服”が豊作です! 特集では、モードな人におススメしたいアイテムを厳選の二者択一でご提案。毎日のモチベーションをあげるリアル服がいっぱいです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  メンズ、レディースを自由に選べる時代。ジェンダーレスのビッグウェーブがSLGにも訪れています。そんなムードをバックアップしてくれる力強いカラーである「黒」。性別を問わず身に着けたい、頼れるブラックのレザーアイテムがずらりとラインナップ。定番の財布やフラグメントケースからエッジを効かせたニュータイプまで一挙ご紹介! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎シーズン、星の数ほど発売になる新色。その中から、「これぞ!」という一色を見極めるのは至難の業です。そこで、今回はヘア&メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、ビューティエディターの森山和子さん、スタイリストの矢内麻友さんが、使える新作について徹底討論。ビューティプロたちが実際に試して、思わず唸った、指名買いアイテムを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  洋服では、ジェンダーレスという考え方が当たり前になりました。でも実は、それってネイルでも起きつつあるってご存知でしたか。あのハリー・スタイルズもマニキュアをいつも素敵にまとっていますよね。性別や年齢に関係なく、ネイルアートはみんなのためのもの。今回シュプールでは、1本のマニキュアを二人でシェアするビューティ・ストーリーを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)   年に一度の誕生日だからこそ、とっておきのケーキと花束でお祝いしたいもの。気鋭のフローリスト「duft」の若井ちえみさんによるマッチング指南から、ピンクやグリーン、イエローなどのカラーコーディネートまで、バースデーケーキと花束の最高の組み合わせを提案します。大切な人に捧げる、しあわせを運ぶコンビネーションをぜひお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 目利き、100人隊のお買い物。 センスよし、お買い物上手でもある彼女たちが買ったアイテムは、どれも参考になるものばかりです。 本日取り上げるのは、LEEマルシェでの購入品。 4人分をまとめてご紹介します! 1:TB tanpopoさん……Marimekkoのキッチンタオル、fogのリネンキッチンタオル 「MarimekkoのKukkaketoは一目惚れ♡」 「fogのリネンキッチンタオルは他の柄ももともと愛用しているのですが、落ち着いた柄と乾きやすい素材で本当に使いやすいです」 2:037 ひろさん……MICA&DEALの【Leminor】コラボワンピース 「LEE3月号で里田まいさんがとっても素敵に着こなされていたこちらのワンピース♪ すっきりシルエットにスリットが入っている大人なボーダーワンピースです。スリットは深いですが150センチの私だと1番深いところでも膝は完全に隠れるので1枚で着ても安心です。しっかりした生地なので夏の屋外は厳しいですが、ショッピングセンターや映画館など室内では冷房で冷えがちなので私は着れそうです。プールに行くときも楽ちん。 bag/Hervé Chapelier shoes/TKEES 晩夏からはレギンスやジーンズを下に履いてみたり、ジレを重ねてみたりあれこれ着てみようと思います」 3:065 pukettiさん……WAKAOの晴雨兼用二つ折り傘 「日傘選びの条件は①軽いこと②持ち手がバンブーであること③折り畳みであること、が必須です。そんな条件を満たしてくれるのがLEEマルシェで取り扱いのあるWAKAOの日傘。くたびれてきたので同じものをリピートしました! 雨傘もWAKAOを愛用しているので使い勝手はお墨付き。これからの梅雨時期、上品に持つことができる雨傘もとてもおすすめです。雨の日に気分が晴れるよう、発色の美しい赤を使っています。日傘は、防水&UV加工を施した綿麻の生地感をはじめ、シンプルで使いやすいサイズが気に入っています。なによりも250gと軽いので持ち歩くのが苦になりません」 「共布のケースとタッセルの雰囲気も◎。傘を開くと径は小さめですがその小ささが逆に大人の持つ日傘といった印象で上品です。共布のケースや同色のタッセルも、大人の持つ日傘の雰囲気に一役かっています」 「バッグの中にも入ります! 建物内に入ってしまうと邪魔になってしまう日傘ですが、バッグの中に収納できるのがなによりも嬉しい♡ J&M DAVIDSONのミニ デイジーには、持ち手こそ出ますがバッグの中にしっかり納まります。A4サイズのバッグであれば本体部分は隠れるので、日傘+これだけ入れば十分です」 「便利なループ付き。折り畳むのが面倒な時や、少しの時間、傘を閉じたいという時は、傘を閉じる時とは別のループで留めるとキレイなシルエットのまま立て掛けたり、持ち運びができるので便利です」 4:TB なおじさん……(1)WAKAOの晴雨兼用二つ折り傘、UNITED ARROWS グリーンレーベル リラクシングのNFC ポインテッドレインシューズ 「pukettiさんが購入されていたWAKAOの晴雨兼用二つ折り傘がとっても素敵だったので、LEEマルシェで購入しました♡ 車に常備できる折り畳み傘(小さめ)、持ち手がバンブー、しかも軽い! それでいて大人が持っても素敵な折り畳み傘を探していました。pukettiさんはこちらを日傘として使うと書いてあったこともあり、晴雨兼用なんて一石二鳥!! と思ったわけです。日傘をさす習慣がなかったので日傘としてはあまり使わないかもと思ったのですが、日傘最高(笑)。この傘とっても軽いので、持ち歩いたりさすのがめんどくさくないことがいいです。日傘使うとちょっと涼しい。頭皮の焼けも気にならないし、今までなぜ使ってこなかったのか……そして何気に便利なのが、ループ。pukettiさんもおっしゃっていたように、傘をたたむのが手間と感じるときに傘を閉じるのとは別のループが上についていて、それで止めることができます。これがついていてよかった!! 色も重くない黒で気に入っています」 「そして昨年から愛用しているのがグリーンレーベルリラクシングのポインテッドレインシューズ。通年で発売されている商品なのかな?先ほどオンラインストアをのぞいてみたら発売されていました。普段23.5センチの靴を履いていてMでちょうどよかったです。甲幅が広めなのですが、こちらはきついといった感じはありません。もともとは旅行に持っていこうと思ってポーチ付きのこちらを選んだのですが、軽くて地味に歩きやすく、裸足で気軽にはけるので暑い晴れた日にも時々使っています(笑)」 4:TB なおじさん……(2)イイホシユミコさんのunjourシリーズ matin 27.8cmプレート 「TB eringoちゃんのおうちに名古屋メンバーとTB ミワコさん、TB マボさんで行ってきたんです。これがまた素敵なおうちで♡ eringoちゃんっぽかった!! そしてめっちゃ器が素敵だったんです!! 後日tannpopoちゃんからありがたいメールが。『イイホシユミコさんの器は和にもあうよ~』ということで、そこからイイホシユミコさんの器が欲しくなる現象が起きました(笑)。マボさんもイイホシユミコさんのボウルをお椀代わりにつかってもいいかも~と言っていたし!! もうこれしかない!! と、ポチってしまいました。unjourシリーズの27.8cmプレートです。おしゃれな人は持ってるイメージなお皿~! もともとnuitカップ、15.2cmプレート、とりさんはもっていたので同じ色味で購入。正直なところsunaのお色はちょっと傷がつきやすいけど、自分で使うものだしあまり気にしていません。この大きなプレートを購入したことで、もはや私の一人時間がとってもゴージャスに(笑)。和食に合わせたいな~と思っているのですが、おかずをどんどんのせればいいの?? いつもは20センチ前後のお皿にメインをのっけてあとは小鉢というスタイルをとっていたのでなかなか慣れませんが、朝食、特にパン系のメニューにはぴったりです!! このお皿をちょこちょこ集めて、いつかはボウルも欲しいな~」 購入のきっかけや、お気に入りのポイント、ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね!
関連キーワード

RECOMMEND