【12closetのプルオーバー・オニール オブ ダブリンのケープ】こなれベーシック派・福ちゃんのデイリーコーデ2つまとめて公開!【2021-2022冬】

LEE

スタイリストアシスタント福ちゃん、年末年始の冬の着こなし2パターンをお届けします!

写真:福ちゃんのデイリーコーデSNAP/12closetのプルオーバーのコーデとO'Neil Of Dublin (オニール オブ ダブリン)フード付きケープのコーデ

LEE編集部で「着こなしが素敵!」と話題のスタイリストアシスタントの濱田福さん(通称 福ちゃん)。日々の着こなしを不定期でお届けしています!

今回は、冬の着こなし2021年年末から2022年年明けの2パターンをお届けします!


12closet 【洗える】サイドZIPダンボールスウェット

写真:福ちゃんのデイリーコーデ/12closetのピンクのプルオーバーにカーゴパンツに赤ソックス

「12closetのプルオーバーはどんなパンツとも相性がよく、シルエットもキレイでバランスよく着られるのが嬉しいです。ゆとりのあるデザインなのでタートルネックをインしても素敵ですし、サイドジップを開けると雰囲気が変わります。その日の気分やあわせるアイテムによって色んな着方を楽しめるのが魅力です!」(福ちゃん)

さすがポイントは…

写真:福ちゃんのデイリーコーデ後ろ姿/12closetのピンクのプルオーバーにカーゴパンツに赤ソックス

メンズライクなカーゴパンツ × 赤ソックスで、きれいめプルオーバーにアクセントをつけた着こなしがさすが!

12closet 【洗える】サイドZIPダンボールスウェット

O’Neil Of Dublin (オニール オブ ダブリン)
フード付きケープ

写真:福ちゃんのデイリーコーデ/O'Neil Of Dublin (オニール オブ ダブリン)フード付きケープの前を留めた様子・ボーダーのトップス・カーゴパンツ・ハット

「普段あまり着ることのないケープですが、オニールのフード付きケープはシンプルなデザインなので取り入れやすく、羽織るだけでいつものコーデがワンランク上がり洒落感も高まります!」(福ちゃん)

写真:福ちゃんのデイリーコーデ/O'Neil Of Dublin (オニール オブ ダブリン)フード付きケープ・ボーダーのトップス・カーゴパンツ・ハット

「胸元の金具を取るとショールのようにもなりいろんな羽織り方ができるのも嬉しいです!  今の季節はコートの上に重ねて楽しみたいです」(福ちゃん)

O’Neil Of Dublin
フード付きケープ

これからも、福ちゃんのコーデをゆるりとお届けしていきます! お楽しみに♪

LEEマルシェもチェック!

LEEマルシェには、ファッションから日用雑貨までさまざまなアイテムが揃っています。こちらもお見逃しなく。

LEE公式通販LEEマルシェ
はこちらから

福ちゃんの過去のコーデはこちらから▽

【福田麻琴さん × 12closet】こなれベーシック派・福ちゃんのデイリーコーデ【2021-2022】

LEE編集部で大評判!こなれベーシック派・福ちゃんのデイリーコーデ【トラディショナルウェザーウェア/12closet】


関連記事
  • おしゃれな人には、ブレないその人らしさがある! 現場でいつも私服が素敵なモデル、スタイリスト、エディターのMyベーシックなコーディネートのルールを拝見。 【目次】 ①モデル・RINAさん ②モデル・稲沢朋子さん ③スタイリスト・徳原文子さん ④エディター・坪田あさみさん ⑤スタイリスト・望月律子さん ⑥スタイリスト・小川ゆう子さん ⑦エディター・松井陽子さん ⑧エディター・東原妙子さん ①モデル・RINAさん「最愛の白シャツをモノトーンで。同じ白×黒の配色でも、いろいろなイメージで楽しめます」「昔はいろいろな服を買っていたけれど、40代になった今は、好きなテイストが定まって、気づけば白か黒の服ばかり! 特にユニセックスの白シャツを女っぽく着るのが好きです。上下の白&黒が逆転するだけでも印象は変わるから、モノトーンでも意外と遊べるんです」Item list Coat:Y’s Shirt:Y’s BANG ON! Pants:AMI Shoes:ZARA Tie:SAINT LAURENT白が多めのマニッシュなスタイルは、ディナーに行く日に。「冬に白のスタイルって映えますよね。髪を短くしてから、タイをさらっと巻くスタイリングにハマっています。シャツだけでなくTシャツにも!」。Item listTops:BOGNERShirt:Y’sPants:Ground YShoes:Y’s PINKすそが2重になったデザインの効いた白シャツは、今、一番お気に入りのブランドY’sで。「Y’sは、シャツの仕立てがとても美しい。カジュアルな日は、黒でシックにまとめます。落ち感のきれいなブラックパンツもMy定番アイテムです」。 ③モデル・稲沢朋子さん「ストールは、毎年必ず買い足してしまう定番。素材のよさやアレンジ力で好きなブランドを指名買い!」「首に巻くだけでなく、さし色的に手持ちしたり、バッグのカバーにしたり。コーディネートに欠かせないストールは、お店が開けるくらいたくさんあります(笑)。車移動が多いので、本格コートよりも、さっとはおってアウターがわりになるストールがとても便利なんです。夏は日射し対策でリネンのストール。一年中活躍しています」Item list Knit:HYKE One-piece:Ron Herman Stole:johnstons of Elgin Bag:Globe-Trotter Shoes:THE ROW 「淡いアイスブルーのカシミヤストールは、ブルーのワンピースと同系色でリンクさせて。大判で暖かく、色も合わせやすいので、今季登場頻度はNo.1!」。ジョンストンズのストールは、毎年ハウントの別注カラーをチェックしているそう。Item list (from right)  Scarf:HERMÈS Scarf:HERMÈS Stole:Joshua Ellis Stole:johnstons of Elgin Stole:ASAUCE MELERシーズンレスに使えて旅行にも最適なエルメスの大判のカシミヤシルクスカーフは色違いで。ジョシュアエリスでは、アイコニックなチェック柄をチョイス。左のアソースメレ×スタイリスト・辻直子さんコラボは、付属のピンでとめればケープ風に。 ③スタイリスト・徳原文子さん「ほぼ毎日ロングスカート派ですが今季はいつもより少し女っぽく着こなしたい気分です」「季節を問わず、ここ数年、外出時はマキシスカートしかはいていない! 毎日足もとがスニーカーなので、ボトムはパンツよりスカートのほうがカジュアルになりすぎず、合わせやすいんです。今季は、なんだかより女っぽく着こなしたい気分。定番のフレアに加え、タイトスカートもよくはいています」Item list Coat:Chaos Tops:AURALEE Skirt:CP SHADES for Ron HermanBag:BOTTEGA VENETAShoes:Maison Margiela ベロアのフレアスカートは、毎シーズン色と素材を替えて展開するCP SHADES for Ron Hermanのもの。「重くなりがちな冬こそ色を着たくてブルーを選びました。いつもならフレアスカートにはスニーカー&ダウンですが、今季はブーツとロングコートでクラシカルに」。Item listCoat:REMI RELIEF×ChaosTops:AURALEESkirt:ChaosBag:AetaScarf:HERMÈSShoes:NIKE×sacai足もとが定番のスニーカーの日は、スカートのシルエットを更新。「フレアスカートが多かったけれど、今季はトップスにボリュームがあるので、スカートは対照的にタイトなものを選ぶことが増えました。上下の対比でスカートのシルエットがスマートに引き立ちます」。 ④エディター・坪田あさみさん「今年、気づけばニットはジャスト丈ばかり! 手持ちのボトムも新しいバランスに」坪田あさみさん「少し前まで、ゆるっと腰下まであるルーズシルエットのニットばかりだったので、このつかず離れずなジャスト丈のニットを着たとき、とても新鮮に見えて色違いで購入しました。この丈のニットに合わせることで、手持ちのフレアスカートやワイドパンツもすっきりバランスよく、また新しい着こなしを楽しめています」Item list Jacket:INSCRIRE Knit:CABaN Skirt:FLOML Muffler:Deuxieme ClasseBag:PolèneShoes:Gianvito Rossi ジャスト丈ニットに開眼するきっかけとなった、キャバンのコットンカシミヤニット。「素材や色、サイズも豊富にそろっているので、何枚も欲しくなります。まずは使える白と黒を購入」。この時季は、マンネリ解消に、柄のフレアスカートを合わせて。Item list(from top)Knit:JOHN SMEDLEYKnit:JOHN SMEDLEYKnit:CABaNジョンスメドレーの「コモンフィット」シリーズは、メンズのフィット感を女性に落とし込んだ、ほどよくゆとりのあるジャスト丈。「ウールで暖かいけれど、薄くてさらっとしているので、カットソー感覚で重ねられて便利」。 ⑤スタイリスト・望月律子さん「トレンドはデザインよりも素材合わせや配色の妙で“今”のムードを取り入れて」「ベーシックが好きなので、私らしいスタイルのまま、グレージュ、カーキ、ボルドーといった旬のニュアンスカラーを重ねることでトレンド感を取り入れました。大人は体型的にものっぺりした印象にならないよう、メリハリを意識するのがポイントです」Item list Knit:ATON Skirt:Rick OwensBag:HERMÈSShoes:ZARA ふわふわ起毛感のあるニット×光沢スカートのコーディネート。対照的な質感同士の組み合わせでメリハリある印象に。「カーキはもともと好きな色。ワントーンでも単調に見えないよう、色でしっかり濃淡をつけるようにしています」。重めの足もとで旬のムードをプラス。 ⑥スタイリスト・小川ゆう子さん「昔からレイヤードスタイルが好き。今季は特に重ね着アイテムのバリエーションが広がって楽しい!」「レイヤードは今季トレンドということもありますが、個人的にもずっと好き。いろいろな服を重ねることで、おもしろい発見があるんです。今季は、ボウタイやデニムシャツ、パーカ、ジャケットなどアイテムの幅が広いので、テイストMIXの重ね着を楽しんでいます」Item list Jacket:Maison Margiela Cardigan:THE HANDSOMEShirts:THE HANDSOMEInner:INSCRIREPants:ShinzoneBag&Shoes:Maison Margiela 薄手カットソーの上に、シャツ、ニットカーディガン、ジャケットと4枚を重ねた上級者スタイル。「色のトーンを統一するのが、無理なく上手にレイヤードする秘訣。アウターは重ね着前提でビッグシルエットを選ぶことが多いですね」。この日もメンズのジャケットを。 ⑦エディター・松井陽子さん「おしゃれが手抜きになりがちな冬こそ自分目線で「好き!」と思える心地のいい良品をハンティング」「寒さが本当に苦手なので、冬は防寒に徹するけれど、おしゃれの手抜きはしたくない。だから、ふわふわの着心地とか、ぱっと肌映えする色とか、何かしら自分の気持ちを上げてくれるアイテムしか身につけたくなくて。常に“コンフォタブル”かどうかで選んでいます」Item list Cardigan:Curensology Knit:ATONPants:MADISONBLUEStole:ASAUCE MELERBag:LOUIS VUITTONShoes:CLERGERIE 堅いツイードジャケットのかわりにニットカーディガン。インナーはテンセルカシミヤ、ストールはカシミヤと、肌に優しい素材にこだわって。スエードパンツもストレッチが効いていて、窮屈感なし。「日焼け肌がくすんで見えないよう、顔まわりの白で明るく見せます」。 ⑧エディター・東原妙子さん「楽で着映えるセットアップが好き。今季は、色のトーンをそろえた異素材セットでアップデートを」「コーディネートに迷わないセットアップが大好きです。一般的にセットアップというとトップス×ボトムのイメージですが、例えば、コート×ニットや、ボトム×ストールといった、素材が違うアイテムを色のトーンをそろえて着るセットが新鮮です」Item list Coat:uncrave Knit:uncraveShirts:uncravePants:uncraveScarf:HERMÈSBag:VASICShoes:Le Talon GRISE ウールのニットアップと、リバーコートを同系色の濃淡でまとめて。ベーシックカラーではなく、絶妙なブルーグレーが鮮度の高い印象。「中に白シャツを重ねることで、ワントーンにクリーンな抜けが生まれるのと同時に、ニットパンツをルーズに見せない役割も」。    ▲ページトップに戻る▼その他のおすすめ記事もチェック 撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE(RINA、徳原さん、小川さん、東原さん) YUMBOU(ilumini./稲沢朋子、坪田さん、望月さん、松井さん) 取材・文/東原妙子 ※エクラ2022年2月号掲載
  •   すっきりとしたラインと遊び心のあるシルエットが人気のEVA MANN(エヴァマン)の新作ブラウス4点が先行予約受付中。どのブラウスも上質かつ、全方位フェミニンでキュートに決まるアイテムです! 終了前にぜひご予約を。 EVA MANNBlouse¥39,600 ご購入画面へ さらりとした肌ざわりの生地に明るいカラーの極細ストライプをのせた、フェミニンキュートなブラウス。ひじ上で切り替えたボリューミーなパフ袖や大きめのラウンド襟、後ろ身頃の裾あしらいなど、こだわりのディテールが光ります。細ストライプを引き立てる比翼仕立てもポイント。       EVA MANNBlouse¥36,300 ご購入画面へ チュニック感覚で楽しめる比翼仕立てのロングブラウス。シンプルなデザイン×ベーシックなカラーでコーディネートしやすく、ボトムスやレッグウェアと組み合わせながらデイリーに愛用できます。マオカラーを彩るひとつボタンや、バック長めのイレヘムがスタイルの鮮度を高めます。 EVA MANNBlouse¥39,600 ご購入画面へ いつものボトムスに合わせるだけで今年顔にシフトできる、ケープ襟の個性派ブラウス。共生地の大きめケープがインパクトを発揮し、可愛らしさのなかにモード感の薫るスタイルに仕上がります。シックなカラーで対応力もあり、コーディネートの幅が広がります。 EVA MANNBlouse¥37,400 ご購入画面へ 柔らかな肌ざわりの上質生地を使った、旬フェミニンなブラウス。リラクシーなサイジングで着心地も良く、多彩なボトムスにマッチします。ポイントは、ドロップショルダーのふんわり袖を彩る共生地の幅広リボン。抜群の対応力で、ロングシーズン愛用できます。              EVA MANNのブランドページはこちら!今すぐチェック!   mirabellaトップへ The post 一枚で決まる![EVA MANN(エヴァマン)]最旬ブラウス♪新作アイテム先行予約受付中!! first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 1週間の「BAILA今日のコーデ」をまとめてお届け【1月21日(金)〜1月27日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 1月21日(金)のコーデ ふわふわのカーディガンと揺れるプリーツスカート。グッドガールな組み合わせにビットローファー、かっちりしたバッグ、チェック柄ストールのハンサムトラッドな小物をオン。少し辛口で大人っぽく引き締めつつ、おしゃれにハズして今っぽく。 1月22日(土)のコーデ 満を持して真冬のカンフル剤、白のアウターを投入すると、それだけですっと姿勢を正したくなる。ケープ型のコートに同色系の美シルエットのパンツを合わせたワントーンコーデで、とことんカッコいい女性を目指すのも新鮮。白の分量を増やしたら少量の黒を効かせてほどよく引き締めるのも忘れずに。 1月23日(日)のコーデ 上下のシルエットにメリハリをつけるのは体をきれいに見せる方法の王道だけど、だからこそアップデートが必要。「ぴたふわ」から「ゆるぴた」へ。2022年の気分に合わせたシルエットバランスでカジュアルコーデを今っぽく見せて。光沢あるナロースカートで女らしさもほんのり。 1月24日(月)のコーデ デニムライクなシャンブレーシャツをニットの袖口と裾からのぞかせ、レディなプリーツスカートをカジュアルダウン。キャップやラインソックスなど小物も効かせてこなれ感を倍増。色を抑えているから、ラフなのに印象はあくまで上品。コートは袖を通さず肩にかけて洗練されたムードに。 1月25日(火)のコーデ 会社へ行く日の相棒は気分が上がる明るい色のニットをご指名! ベリーのような深いパープルで今っぽさも大満足。ウール100%で暖かく、ソフトな肌触りも嬉しい。きれい見えするボリュームスカートを合わせたら、ロングブーツでしっかり防寒。見た目も着心地も寒さを感じさせないコーデに。 1月26日(水)のコーデ 黒のタートルニットとデニム、冬の定番ワンツーコーデもシャツを1枚重ねればぐっと新鮮なイメージに。シャツがメインだからクリーンな印象も簡単に。ショルダーバッグやスニーカーを合わせてアクティブな印象にまとめて。 1月27日(木)のコーデ カッコよさと華やかさを同時にかなえてくれる、みずみずしいグリーンは大注目のカラー。落ち感がありながらも、タックが効いた立体的なシルエットで洗練感のある着こなしが思いのまま。マキシ丈のコートをさらっと羽織ってより一層こなれたムードに。
  • 思わずはっと目が留まる印象的な“冬の白”を味方に、その日なりたい自分に。カジュアルか、きれいめかの鍵を握るのは白の割合! 白が少ないほどカジュアルで、多くするほどきれいめになる簡単な法則を教えます。 着たのはこれ!【7枚で作る、マンネリ知らずの着回し実用書】 《WHITE 10%》 カーディガンから“ちらりとのぞく白”でおしゃれな抜け感は簡単につくれるごく少量をポイント使いすると白のクリーンさとヘルシーさが印象的に際立って、決して子どもっぽくならない理想のカジュアルが簡単に。フーディをインナーにした高感度な重ね着は、首もとから見える大きめのフードがアクセント。横顔や後ろ姿までなんだかおしゃれっぽく見えるから、カーディガンとプリーツの組み合わせもまた嬉しい気持ちで着られる。カーディガン¥46200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) スカート¥41800/ボウルズ(ハイク) フーディ¥16000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥135300/ロンハーマン(トッズ) 《WHITE 25%》 白のざっくりニットをひと巻き。気張らない日は小物感覚で楽しんでも色や素材が重ためになる季節に、白はさし色としても効果的。ニットをさらりとたすきがけにすれば、シャツワンピースもどこか“ゆるむ”感覚。さりげなく、おしゃれな大人のこなれ感をアピールできるのも素敵。シャツワンピース¥39600/プルミエ アロンディスモン 肩に巻いたニット¥33000/スローン 中のカットソー¥12100/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(キャストコロン) ピアス¥13200/グリン ジャパン(グリン) バッグ¥33000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥24200/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 《WHITE 50%》 トップスの白は親しみやすいクリーンさ。コートを重ねても軽やかでいられる白のハイネックブラウスは今の気分のクリーンさがいい。ニュアンスカラーのコートやスカートも優しさを残したまま、しゃきっと見違える。スカート¥27500/インターリブ(サクラ) ブラウス¥20900/STYLEVOICE.COM(ブリゼ フォー チエコ クロダ) コート¥32000/ノーク バッグ¥62700/フルラ ジャパン(フルラ) メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス(右耳)¥38500・(左耳)¥26400/リューク 靴¥23100/グラビテート(カミナンド) タイツ/スタイリスト私物 《WHITE 90%》 上下をつないだ“ほぼ白”コーデなら背すじがすっと伸びる都会的なイメージに満を持して真冬のカンフル剤、白のアウターを投入すると、それだけですっと姿勢を正したくなる。ケープ型のコートに同色系の美シルエットのパンツを合わせたワントーンコーデで、とことんカッコいい女性を目指すのも新鮮。白の分量を増やしたら少量の黒を効かせてほどよく引き締めるのも忘れずに。タートルニット¥2990/ユニクロ パンツ¥17600/アンクレイヴ コート¥165000/ル フィル NEWoMan 新宿店(ル フィル) バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥46200/ゲストリスト(ルチェンティ) 撮影/遠藤優貴 ヘア&メイク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2022年2月号掲載
  • プレス&ライターのお仕事黒アイテムをリサーチ。カジュアルにも、コンサバにも。組み合わせ方で表情が大きく変わる黒ニットにはプロたちそれぞれのコーディネート論があった! Mila Owen プレス 川村らいむさん 「実はセットのニットとキャミワンピ、相性がよくないわけがないんです」くしゅっとたるませても甲まで隠れる長い袖に可愛さが宿るモノトーンコーデ。サイドスリットがチェックワンピをたっぷり見せてくれて脚長効果も。 Knit&One-piece / Mila Owen Coat / Mila Owen Shoes / Mila Owen Bag / Mila Owen Pierce / GVGV L'Or ディレクター 楫真梨子さん 「ざっくりした編み地のケープが主役のお気に入りコーデです」ボリュームのあるケープには、ボトムをすっきりとさせるのがコツ。ひじまで見える袖は、白のブラウスを選ぶと全体が重たくならずメリハリがつく。 Knit / L’Or Tops / GALLARDAGALANTE Pants / UNIQLO Shoes / ZARA Bag / GIANNI CHIARINI Ear cuff / Vollmond für Mariko Kaji TOMORROWLAND プレス 金竹麻姫さん 「黒ニット×柄スカーフでシックなまま顔まわりが華やぎます」モノトーンコーデなら大胆な小物の2点投入も無理なくできて楽しい。黒の入った小物ならニットとリンクして、目を引く柄でもすっとなじんでくれる。Knit / MACPHEE Pants / GALERIE VIE Scarf / vintage Shoes / Dries Van Noten UNITED ARROWS プレス 家城麻依子さん 「強いアイテム同士を合わせると全身にメリハリが生まれます」シルエットの大きい黒アイテムには明るい色を合わせて重たい印象を回避。ビタミンカラーのセンタープレスパンツがさらっとしていて動きやすい。 Knit / UNITED ARROWS Pants / H Beauty&Youth Shoes / F.LLI Giacometti Pierce / JIL SANDER uncrave ディレクター・エディター 東原妙子さん 「オールブラックに明るい緑を合わせると新鮮に見えます」Vネックのニットはタイムレスに着られる一枚。そこになめらかな肌触りの鮮やかなグリーンストールと黒のロングブーツが今年らしさを添えてくれるKnit / uncrave Denim / MINEDENIM Stole / Joshua Ellis Shoes / Le Talon GRISE Bag / BOTTEGA VENETA ライター 榎本洋子さん 「モヘアの柔らかい質感の黒にブルーのさし色で気分爽やかに」堅く見えてしまいかねない黒は、優しさをくれるモヘアを。定番の白より新鮮なブルーシャツを重ねて、目上の人に会いにいけるきれいめコーデの完成。Knit / Deuxième Classe Shirts / GALLARDAGALANTE Pants / CEPIE. Shoes / Rupert Sanderson Bag / Saint Laurent Earring / IRIS 47 ビームスサロン・ジョエブ ディレクター 三條場夏海さん 「デザイン性と短い丈がデニムとの相性抜群です」コロンとした木のボタンのニットカーディガン。ローゲージの気張らない雰囲気が好印象。1枚で着てもサマになるし、羽織りとしても使える。Knit / BEAMS LIGHTS Denim / BEAMS LIGHTS Shoes / Lisa conti Pierce / MARIA BLACK ライター 石黒千晶さん 「つい集めちゃう黒リブニットは毎年少しずつ更新しています」くしゅっとしたときにムードが出る絶妙な太さのリブニット。人と会う日のベーシックなコーデには、まろやかな色の小物を選ぶことで抜け感をプラス。Knit / ATON Coat / GALERIE VIE Skirt / three dots Shoes / ZARA Bag / Danse Lente Pierce / MARIA BLACK 撮影/イマキイレカオリ ※BAILA2022年2月号掲載
  • 1月下旬、1年の中で最も寒い時期ではありますが、そろそろ重たい冬物にも飽きてきて春ファッションが気になっているという方も多いのでは? そこで、今回は春ファッションの主役とも言える「春のアウター」をご紹介します。今季はビッグシルエットやドルマンスリーブなど、リラクシーなムード溢れるデザインが豊富に登場!トレンドのフード付きブルゾンや軽めに羽織れるトレンチコート、2WAYで着られるタイプなど幅広く集めました。 空気のように柔らかく軽く纏うだけで様になるトレンチコート SACRA (サクラ)SHEAR CLOTH ライトトレンチコート¥61,600 ご購入画面へ ほんのり透け感のある素材感とドレープ性が絶妙なニュアンス感を演出。軽やかな羽織り心地で春にぴったりの一着です。ラフに羽織るもよし、ウエストをキュッと絞ってドレスのように着こなすのも、どちらもバッチリ決まります! 機能性にも優れたスポーティなムード漂うブルゾン Chaos (カオス)【新色&追加予約】プリズムライトブルゾン¥52,800 ご購入画面へ 形状記憶でありながら撥水性を持たせるため糸の状態で撥水加工を施した人気の素材を使用。襟に収納可能なフードがついていたり、腰ポケットでパッカブルになる仕様も嬉しい。今季の新色「ライトグレー」にも注目! ドレープの効いたテントラインのシルエットがポイント Shinzone(シンゾーン)COTTON CLUB COAT¥63,800 ご購入画面へ シャリ感としなやかさが上品な強撚ツイルを使用。ふんわりとしたテントラインのシルエットで、パンツスタイルにぴったり。Shinzoneが今シーズンのキーカラーとするグレイッシュなベージュも素敵。 ドルマンスリーブが特徴的なテーラードコート UNITED ARROWS (ユナイテッドアローズ)<UNITED ARROWS>R/P ドルマン テーラードコート W †¥41,800 ご購入画面へ 袖にゆとりのあるドルマンスリーブは、インナーのサイズ感を気にせず着用できるのも嬉しい。インナーに厚手のニットも着られるので、まだ寒さを感じる時期から活躍します。袖口のベルトを調節してお好みの袖丈にアレンジが可能。 細部まで丁寧に作りこまれた定番トレンチコート DRESSTERIOR (ドレステリア)コットンシャンブレートレンチコート¥99,000 ご購入画面へ ブランドの定番であるトレンチコートを改めて再解釈した一着。ダブルストームフラップ(ガンフラップ)や顔回りが華やかに見える大きめの衿ディテールなど、ドレステリアならではのデザインを継承しています。高い縫製技術による仕立ての良さは、着用した時に凛とした雰囲気を演出してくれます。 WOOLRICHのレディースコレクションを代表するANORAK WOOLRICH (ウールリッチ)ANORAK¥53,900 ご購入画面へ ゆったりとしたコクーンシルエットにドルマンスリーブの、リラックスムード溢れるケープ型ブルゾン。フェミニンな印象ながら、ミリタリーステッチなどをはじめとするWOOLRICHならではの本格ディテールで、絶妙な甘辛バランスを実現した一着。 ショート丈で羽織りやすく軽快に仕上げた一着 BARBOUR (バブアー)PEACHED SPEY CASUAL¥41,800 ご購入画面へ フライフィッシング用に開発されたアーカイヴのSPEY JACKETをベースに、街着として着易いようアレンジしたモデル。ナイロン、ポリエステル、コットンの3種混の生地にブラッシュド加工を施し、うっすらと起毛させたピーチスキンも特徴のひとつ。 ドロップショルダーのミリタリーコート「SKYE PARKA」 MACKINTOSH (マッキントッシュ)SKYE PARKA SHORT SS¥75,900 ご購入画面へ 女性らしいAラインのフォルムとパフスリーブが特徴。ウエストと裾のドローストリングでシルエットのアレンジを楽しめます。撥水性、防水性、透湿性に優れた3層構造の高機能素材を使用し、シームテープを全体に施した完全防水仕様です。 こんなデザインも! コーディネートの幅が広がる2way仕様のトレンチコート GALLARDAGALANTE (ガリャルダガランテ)2WAYトレンチコート¥86,900 ご購入画面へ ボタンで裾部分を取り外せばショート丈のジャケットにもなるロングトレンチコート。ニットの上に羽織ってももたつきにくいオーバーシルエットのデザインです。 コートにもベストにもなる!着回し力抜群の一着 ADAM ET ROPE’ (アダム エ ロペ)2WAYミリタリーショートトレンチ¥29,920 ご購入画面へ 程よいスポーティーさとオーバーサイズが決め手のショートトレンチコート。袖を取ればベストにもなるという嬉しい2WAYデザイン。 HAPPY PLUS STOREでは、2022春夏先行予約会を開催中!本命アウターは、ご希望のサイズ&お好みのカラーが揃っている予約会でのお買い物がおすすめです。今なら!『返品・交換送料無料チケット』プレゼント特典付き!是非チェックしてくださいね。 \今から押さえておきたい/春アウター! 2022春夏先行予約会 HAPPY PLUS STORE The post 【2022春トレンド】今からチェックしておきたい春の本命アウター集めました first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 日々、仕事で最新トレンドに接している人だからこそ知っている、今の注目ブランド。スタイリスト&ショップスタッフに、個人的に気になっているブランドを聞き、そのアイテムを使ったスタイリングを見せてもらった。セルフ撮影形式のスナップをチェックして、これからのショッピング計画の参考にしよう!  英国発・新進ブランドのカットアウトニット&スヌードニット・スヌード/ステファン クック 中に着たタートルネックトップス/ガニー スカート/キャロリーナ ヘレラ ブーツ/カチム イヤーカフ/ノウハウ スタイリスト 武田亜利紗さん (@arisatakeda) 武田さんが今、注目しているブランドは、ロンドン発のステファン クック。メンズウェアブランドではあるものの、ジェンダーにかかわらず挑戦してみたくなるようなエッジの効いたアイテムを発表している。今回は、同ブランドのニットとスヌードを使ってスタイリング。「ニットには花びらのようなカッティングが。レイヤードするトップスによって表情を変えられるのが魅力です」。写真ではマーブルカラーのタートルネックトップスをイン。カットアウトの場所によってトップスの色みが微妙に異なっているのが面白い。「『冬でもカラフルに!』が私のテーマ。柄ものが大好きですが、ごちゃっとしすぎないバランスをいつも大切にしています」 スヌードはケープのように巻いたり、ストールのように羽織ったりと、さまざまなアレンジを楽しむことができる。「首まわりのアイテムが大好きなので、一目惚れでした」と武田さん。繊細な素材とシルエットを堪能できるコート&ワンピースコート・ワンピース/ガブリエラ コール ガーメンツ(スーパー エー マーケット別注アイテム) ニット/トゥモローランド ビー スーパー エー マーケット 青山 スタッフ 高橋 悠さん(@__takahashi.h__) 高橋さんは、ガブリエラ コール ガーメンツのコート&ワンピースをセレクト。この春で10シーズンになる、スペイン人デザイナーによるブランドだ。「丁寧に選び抜かれた贅沢な生地と、腕を通したときに生まれる美しいシルエットは、着ているだけで満たされるものがあります。今回、スーパー エー マーケットで生地別注したコートは、ロロ・ピアーナ社による撥水性のある素材『レインシステム®️』を使用。こんなに美しい佇まいのレインコートは、他を探してもないと思います」 コートの中は、明るい色で春らしく。「深く開いたVネックのワンピースは、レイヤードの楽しみがいのある一着。こちらもロロ・ピアーナ社の最高峰ウールを使用していて、なめらかさがたまりません」と高橋さん。ポジティブな気分を運ぶ、ニューフェイスの日本ブランドワンピース/アイ ネックピース/メリル ロッゲ シューズ/アレキサンダー・マックイーンスタイリスト 早川すみれさん(@sumire_hayakawa_stylist) 早川さんの着たドレスは、2020年にデビューしたジャパニーズブランド「iI(アイ)」のもの。「セレクトショップのバイヤーを務める森口愛さんがデザインしているブランドです。年齢、肌の色、体型にとらわれない、だ着やすいデザインが魅力的。愛さんのもつ洋服への熱意やポジティブなマインドが、服に反映されています」。現在は、シーズンにとらわれず厳選されたアイテムを少量ずつリリース中。今後が楽しみなブランドだ。 「ポイントは服のボリューム感。気負いすぎない、適度なボリューム感が気に入っています」と早川さん。ロマンティックになりがちなロングドレスだが、大きな襟にはモードな表情が漂って。スニーカーのクリーンな白と、首もとに差した鮮烈な赤をアクセントにして、スタイリッシュにまとめた。人気の北欧ブランドのベレー帽をアクセントにベレー/ガニー アウター/ロック 中に着たトップス/ヴィンテージアイテム ショーツ/ミュウ ミュウ  LITMUS(リトマス)バイヤー 綾部 帆乃香さん(@honokaayabe) 綾部さんが選んだのは、ガニーのベレー帽。ロマンティックなアイテムが日本でも人気のコペンハーゲンブランドだ。「鮮やかな色使いやプリントが多く、着用していてとてもハッピーな気持ちにさせてくれるブランドです。また、環境に配慮した生産背景がありながらも、そこを強調せずにごく当たり前に取り組んでいるところも魅力のひとつ。2022年春夏シーズンは、定番アイテムはもちろん、ガニーのもつ“クラシック”な面によりいっそう注目しています」。水色のベレーを主役に、ボーダー柄トップスとショートパンツで軽快に。モノグラム柄ジャケットとバッグには、クラシカルなムードも漂って。 この冬に初めて挑戦したアイテムだというベレー。「ニット特有のチクチク感がないので、かぶっていてストレスフリー。なおかつ暖かいところがお気に入りです」と綾部さん。 text: Chiharu Itagaki
  • 「白」面積多めのモノトーンで真冬コーデのマンネリ解消! 満を持して真冬のカンフル剤、白のアウターを投入すると、それだけですっと姿勢を正したくなる。ケープ型のコートに同色系の美シルエットのパンツを合わせたワントーンコーデで、とことんカッコいい女性を目指すのも新鮮。白の分量を増やしたら少量の黒を効かせてほどよく引き締めるのも忘れずに。コート¥165000/ル フィル NEWoMan 新宿店(ル フィル) ニット¥2990/ユニクロ パンツ¥17600/アンクレイヴ バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥46200/ゲストリスト(ルチェンティ) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/遠藤優貴 ヘア&メイク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2022年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND