錦織一清さん × 七海ひろきさん対談がLEEwebで実現!

LEE

錦織一清さんが演出する舞台
『フランケンシュタイン-cry for the moon-』のお稽古がいよいよスタート!

写真:黒いスーツでたたずむ錦織一清さん

先日、マキシシングルリリース時に取材させてただいた錦織一清さん。後編でお話しいただいた舞台『フランケンシュタイン-cry for the moon-』のお稽古に入られるということで、早速お話を伺ってきました!

主演、七海ひろきさんとの2ショット対談が実現!

写真:写真撮影に応じる七海ひろきさん

今回は贅沢なことに、主演の怪物役、七海ひろきさんとの2ショット対談が実現!

詳しくは後日、LEEwebで公開する記事、ライター堀江純子さんのテキストとフォトグラファー菅原有希子さんの写真を楽しんでいただくとして、まずは撮りたてホヤホヤ、取材のバックステージショットをお届けします。

笑いの絶えない取材に

写真:錦織一清さん×七海ひろきさん対談する様子

なんとこの取材が、お二人の初対面という貴重なタイミングだったのですが、お芝居への姿勢も含め、すでに今後が楽しみになる息の合い方!笑いの絶えない取材となりました。お二人の私服ファッションも、下半身が双子コーデみたいでびっくりですよね。

ジャニーズ、宝塚というそれぞれ随一のエンタメ集団で鍛え抜かれたお二人が、演出家と主演俳優としてどんな化学反応を観せてくださるのか、今からわくわくが止まりません!(LEEweb HT子)

舞台『フランケンシュタイン-cry for the moon-』
の公式ウェブサイトはこちらから

関連記事
  • これまで、あらゆる物事に果敢に挑戦しながら己の信念を貫き、ストイックに生きてきた男。自らの力で成功体験を積み重ね、ぶれない“らしさ”を確立。さらなる高みを目指し、主演ドラマ「となりのチカラ」で新境地に挑む松本さんが、今語る言葉とは── 。 松本 潤 まつもと じゅん●1983年8月30日、東京都出身。A型。1996年にジャニーズ事務所に入所。数々のドラマや映画、舞台出演を経て、2016年、2018年に主演したドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」シリーズも話題に。現在、主演映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』が公開中。2023年放送の大河ドラマ「どうする家康」では徳川家康を演じる。 人間関係でいちばん難しいことは、失った信頼を取り戻すこと! 「人とコミュニケーションを深めていくには、信頼がないと何も始まらない。何が好きで何が嫌いか、何が許せないのかをある程度知っておかないと、関係性が壊れてしまうこともあると思う。価値観が近しい人ほど、ストレスなく一緒にいられるし、やっぱり仲よくなりやすいものだよね。だからこそ、自分は相手に対して、信頼を失うようなことはしないと心がけています」 主人公チカラに相談したいこと?今はないかな(笑) 「悩みがあっても、僕は誰かに相談したりはしません。ただ、チカラくんみたいに話を聞いてくれる人がそばにいたらいいんだろうなぁ。愚痴が言えるだけでも、気持ちが整理できたりするかもしれないし。たいていそういうものだよね。聞いてもらうことが重要ではなくて、話して満足できるときもあるわけだから」「僕が演じる中越チカラは、何もできないけど、お節介やきで、周りの人が気になってしまうという、ちょっと変わったヒーロー。“頼りなくて中腰の男がみんなと向き合って、強いつながりを持っていく”という役を演じるのは、すごく面白いなと思いました。このドラマは、“同じマンションに住む個性豊かで、ワケありな住人たちのいろんな人間模様を描いていく”がテーマになっています。誰もが抱えている問題に、真摯に向き合っていく“チカラ”という人間を描きたいという話を、脚本家の遊川和彦さんに言われました。オリジナル脚本だし、僕自身もどういう作品になっていくのか、台本を読んでいて楽しみでもありました。ただ、いざ撮影が始まるとひたすらチカラがしゃべってるので、だいぶ大変ですね……。遊川脚本というのは、こういうことなのかと(笑)。遊川さんからの挑戦状にどうこたえていこうかと奮闘しているところです。」「今までこういったホームドラマをあまり経験してこなかったので、僕にとってはすごく新鮮なことが多いです。上戸さん演じる奥さんがいて、子どもも二人いるという設定なので、家族で過ごすシーンもたくさんあって、楽しい時間を過ごしています。」「ドラマのいちばんの見どころは、“人間愛”や“家族愛”です。チカラが周りの人を大切に思う気持ちを、自身の身のまわりに置き換えて感じ取ってもらえたらいいなって思います。少しでも心が温まったりほっこりしたり、こんなことができるのかもという想いが見ている方の心に芽生えたらとても嬉しいですね」 木曜ドラマ『となりのチカラ』 出演/松本 潤、上戸 彩、小澤征悦、映美くらら、ソニン、清水尋也、長尾謙杜、浅野和之、風吹ジュンほかテレビ朝日系 木曜21時~ 思いやりと人間愛にあふれるが、何をしても中途半端で半人前な男、“中腰の”中越チカラを松本さんが演じる。ちょっぴり“中途半端な男”が、孤独に生きる現代人の心を救う社会派ホームコメディドラマ。 取材・原文/山中ゆうき ※BAILA2022年2月号掲載
  • 初公開日:2019年11月1日羽生結弦 Yuzuru Hanyu1994年12月7日生まれ、宮城県仙台市出身。 身長172cm。 オリンピック2連覇、グランプリファイナル4連覇、世界選手権で2回優勝したほか、ショート、フリーの歴代最高得点など、これまで幾度も記録を塗り替えてきた絶対王者。 2018年、個人最年少での国民栄誉賞受賞。 国内外を問わず多くの人々を魅了する、日本が誇る世界的スーパースター。2020年四大陸選手権優勝により、ジュニア、シニアの主要国際大会完全制覇の“スーパースラム”を達成。前人未踏の4回転アクセルの習得と、自分らしいスケートを追い求め、日々挑戦を続ける真のアスリート。 日本人選手初。冬期オリンピック金メダル獲得の栄光まで4歳の時、姉のスケート教室についていったことをきっかけにスケートを始める。ジュニアの頃から数々の表彰台に上がり、2012年にフランス・ニースで開催された世界選手権では、初出場にして銅メダルを獲得。その時演じた「ロミオとジュリエット」での演技は世界中に衝撃を与え、“ニースのロミオ”として、ファンの間で伝説となっている。 ▶レジェンドプログラム「ロミオとジュリエット」 その後、4回転の安定を目指して、バンクーバーオリンピック金メダリスト・キム・ヨナを指導した、ブライアン・オーサーコーチの元へ。カナダのトロントにあるクリケットクラブへと拠点を移した。 2013-2014シーズン、激しい争いとなった全日本選手権を勝ち抜き、ソチオリンピックの代表権を獲得。 オリンピック本番では、初出場ながらジェフリー・バトルが振付を担当したショートプログラム「パリの散歩道」で、当時の世界最高得点をたたき出し首位に。フリープログラム「ロミオとジュリエット」ではミスを重ねたものの、ライバル・パトリック・チャンとの優勝争いを制し、見事冬のオリンピックでは日本人選手初となる金メダルに輝いた。 ▶ブライアン・オーサーとチームクリケット史上初となる総合得点300点を突破、異次元の領域へ2015-2016シーズン、ショートはジェフリー・バトル振付の「バラード第一番」、フリーは名振付師シェイリーン・ボーンが手掛けた「陰陽師」の曲を使用した「SEIMEI」と、最強の布陣で挑んだNHK杯。ノーミスの演技で史上初の総合300点を突破、自身の持つそれまでの世界最高得点を大幅に塗り替えた。 しかしそのわずか2週間後のグランプリファイナルでは、その記録をさらに塗り替える異次元の滑りを披露。圧巻の演技で、絶対王者として不動の地位を確立した。 ケガを乗り越えオリンピック2連覇達成。王者の強さを世界に見せつけた迎えた2度目のオリンピックシーズンである2017年の11月。 練習中に負った右足のケガで、グランプリシリーズ、全日本選手権を欠場し治療に専念。 平昌オリンピックという大舞台で、4か月ぶりに氷上に帰ってきた王者羽生結弦は、世界中が固唾をのんで見守る中ノーミスの演技を披露。男子シングル66年ぶりとなるオリンピック連覇を達成した。 その功績で、個人で最年少となる23歳で国民栄誉賞を受賞した。 2017-2018シーズン中は棄権が続き、試合の順位によるポイントが得られなかったことにより、世界ランキングは3位に。 しかし2014年のソチオリンピックから4年間、ケガや病気など様々な困難に立ち向かいながら、世界ランキング1位の座を死守し続けた偉業は、今もなお世界中で語り継がれている。 連覇後は、自分の原点に立ち戻るスケートを五輪連覇後の2018-2019シーズンは、"自分のために滑る"をテーマとして掲げた羽生選手。 子どもの頃から憧れだった2人のスケーターの名プログラムを、リスペクトを込めてオマージュして披露した。ショートは、その美しさに衝撃を受けたという、アメリカのジョニー・ウィアーのプログラム「秋によせて」。フリーは、幼少期から髪型をマネするほど敬愛していたロシアの皇帝・エフゲニー・プルシェンコの「ニジンスキーに捧ぐ」をモチーフとしたプログラムで、「起源」の意味を込め「Origin」と名付けた。 グランプリシリーズ2戦目のロステレコム杯の公式練習中に右足を痛め、気迫の演技で優勝したものの、2019年3月の世界選手権まで休養と治療を余儀なくされた。4か月ぶりの復帰となった2019年日本開催の世界選手権では、総合得点でパーソナルベストを更新するが、ノーミスの演技で世界最高得点を更新した ネイサン・チェンに及ばず、銀メダルという結果に。 2019-2020シーズン。グランプリシリーズ初戦となったスケート・カナダでは、2位に60点近い点差をつけ、圧巻の演技で優勝。過去3回出場するも、惜しくも優勝を逃してきたこの大会で、ついに念願の勝利を手にした。 3年ぶりの出場で王座奪還を目指したグランプリファイナルでは、難易度の高い4回転ルッツを含む、4種類5本の4回転ジャンプを組み込んだ、自身最高難度の演技構成で挑むも、最後のトリプルアクセルからの連続ジャンプにミスがあり、2位という結果に。 数々の偉業を達成しながらも、さらなる高みを目指す姿に世界中が称賛を送った。 12月に開催された全日本選手権は、連戦で調整が十分にできなかったこともあり、フリーでミスが続き2位に。しかしこの結果をもって、4年ぶりの四大陸選手権と世界選手権への出場を決めた。 ※その後新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界選手権は中止に 伝説のプログラムで、スーパースラム達成2020年の四大陸選手権の舞台である韓国は、オリンピック2連覇を果たした思い出の地。プログラムをその時と同じ「バラード第一番」、「SEIMEI」に急遽変更して、初の四大陸選手権のタイトル獲得に挑んだ。 ショートは世界最高得点でフィニッシュ。フリーではミスがありショートのように納得の演技とはいかなかったものの、ついに四大陸選手権のタイトルを手にした。 この優勝により、男子選手で初めてジュニア、シニアの主要国際大会を制覇する“スーパースラム”を達成。 これまでの輝かしい戦績に、新たな1ページを加えた。 ▶2020年四大陸選手権の見どころはコチラ孤独のなかで自分と向き合った2020-2021シーズン新型コロナウイルス感染拡大の影響でカナダへ入国できず、コーチ不在での練習を強いられた2020-2021シーズン。 ウイルスが依然として猛威を振るう状況の中、感染リスクなどを考慮しグランプリシリーズの欠場を選んだ羽生選手。 葛藤の末出場を決めた初戦の全日本選手権では、ショート、フリーともに新プログラムを披露。 10か月ぶりの実戦とは思えない圧倒的な演技で会場の空気を掌握すると、国際スケート連盟(ISU)非公認ながらその時のシーズン世界最高得点で優勝。5年ぶり5度目のチャンピオンの座に輝いた。その後3度目の優勝を狙い出場した世界選手権。ショートで堂々の首位に立つも、フリーでジャンプが乱れ、総合3位に。とはいえ、鍵山優真選手とともに、来る北京オリンピック出場枠最大の「3」を確保した。シーズン最終戦は、「誰かの光になれるように」という思いで出場を決めた国別対抗戦。チームの銅メダル獲得に貢献し、大会後のエキシビションの練習中には、4回転アクセルへのトライも見せた。このシーズン、北京オリンピック出場を目指すかどうかについて明言はなかった。すでにオリンピック2連覇という歴史に残る偉業を達成しているからには、ただ思い描く4回転アクセル成功への道を歩んでほしいという気持ちがありながらも、「SEIMEI」の系譜を引く、最高のプログラムを携えて迎えるオリンピックシーズンに、否が応でも周囲の期待は高まった。 いざ前人未到の大技へ。2021-2022シーズン2021-2022シーズンのショート「序奏とロンド・カプリチオーソ」オフシーズン中は精力的にアイスショーに出演し、幕を開けた3度目のオリンピックシーズン。初戦はグランプリシリーズNHK杯を予定。「4回転半をNHK杯で決めたい」と明言していたが、直前に右足を負傷し、出場を断念。続くロステレコム杯も棄権を余儀なくされた。結果的にこのシーズンも初戦となったのは全日本選手権。オリンピック代表選考会も兼ねた特別な大会である。 本番を前に、初めて北京オリンピックを目指すことを明言。覚悟を決めた勝負師が挑む、8か月ぶりの実戦。注目は新ショートプログラムのお披露目と、フリーでの4回転アクセル挑戦だった。ショートはピアノにのせて美しく舞う「序奏とロンド・カプリチオーソ」。羽生選手のピアノプログラムといえば、オリンピック2連覇に導いた、傑作中の傑作『バラード第一番』があり、ピアノの旋律と溶け合った演技の素晴らしさは、すでに世界中が知るところ。しかし、今大会の銀盤の上で羽生選手が披露したのは、“溶け合う”というよりも、むしろ曲を支配し尽くすような、恐ろしさすら感じさせる迫力の演技だった。冒頭の4回転サルコーは、4.57点の加点がつく出来栄え。残る2つのジャンプも完璧でシームレスな着氷。「音楽の解釈」では、満点の評価を得た衝撃的な“初演”だった。2021-2022シーズンのフリープログラム『天と地と』スケートファンのみならず、全世界が固唾をのんで見守ったフリー。 冒頭の4回転アクセルは両足着氷となり惜しくも認定されなかったが、その後は“越後の龍”上杉謙信が降臨したかのような圧倒的な演技を披露。 4回転アクセルは、回転が足りずダウングレードと判断され、その成功は北京の大舞台へと持ち越されることになったが、結果は、ISU非公認記録ながら、ショート、フリー、総合ともにシーズンの世界最高得点で優勝。3度目のオリンピック代表の座を手にした。 4回転アクセルはもう夢ではなく、現実に。そして新たな武器に。 いざ決戦の地へ。唯一3連覇の権利を有する絶対王者が北京へと向かう。様々な顔をもつ羽生選手。そのギャップが人気の秘密!これまで様々な偉業を達成してきた羽生選手。 その人気はワールドワイドで、出場するショーや試合には世界各国からファンが押し寄せる。世界中から愛される魅力の秘密は、圧倒的な技術と表現力だけではなく、そのギャップ。 演技中は鋭い目つきで高難度の構成を次々と決めながら、演技後、得点結果を待つキス&クライでは、相棒のプーさんのティッシュケースと戯れる姿を披露。 アイスショーでは、フリルのついた美しい衣装で、客席を煽るような男らしい姿を見せ るなど、その振れ幅に虜になってしまうファンも多い。 また、アニメやゲームにも造詣が深く、大好きだというアニメ『東京喰種』で主人公の声優を務める花江夏樹さんのラジオに出演したことも。試合の練習直前には、某アニメの主題歌を口の動きで曲が特定できるほど、大胆にエア熱唱している姿も話題に。 今シーズンのプログラムは?SP:「序奏とロンド・カプリチオーソ」 FS:『天と地と』 全日本選手権で初披露されたショートプログラム。曲は以前からいつか使ってみたかったというカミーユ・サン゠サーンスの「序奏とロンドカプリチオーソ」のピアノバージョン。バイオリンの演奏が有名なこの曲をあえてピアノ曲にアレンジしたのは、そうすることで「自分らしくなるのでは」と考えたから。編曲・演奏は、以前アイスショーで「春よ、来い」の伴奏を務めて以来交流のある、清塚信也さんに依頼。振付には、羽生選手の数々のショートプログラムを手掛けてきたジェフリー・バトルに加え、フリープログラムを担当してきたシェイリーン・ボーンも参加。コーチ陣にもアドバイスを求めたというこのプログラムは、これまで羽生選手のスケートをともに作り上げてきた賢者たちのアイディアが結集したスペシャルな作品。どこまでも静謐な空間に身を置き、暗闇で光を模索するようにスタートする前半。後半に向かうにつれ旋律は激しく、力強くなり、それに呼応するかのようにステップも激しくなる。最後は無我夢中で何かを掴み取るかのようにフィニッシュ。静かな冒頭から大地を震わすエネルギーで圧倒するラストまで、一瞬の隙もない構成。新型コロナウイルス感染症拡大以降、一人で孤独にフィギュアスケートに向き合ってきた日々を昇華するようなプログラムとなっている。フリー『天と地と』は昨シーズンより継続、昨年の初披露時点ですでに完成されていた珠玉のプログラムに、今季は4回転アクセルが加わった。帯や手袋も紺から黒になるなど衣装全体もブラッシュアップ。注目すべきは、人類史上初の大技が入っても尚、プログラム自体の完成度は変わらないこと。すべてのジャンプがプログラムに溶け込んだシームレスな演技で唯一無二の世界観を見せてくれる。 これまでのプログラムは?2020-2021シーズンのフリープログラム『天と地と』【2020-2021シーズン】SP:「Let Me Entertain You」 FS:『天と地と』 例年通り、ショートはジェフリー・バトル、フリーはシェイリーン・ボーンが担当、リモートで振付指導を行った。 ショートは「Let's Go Crazy」以来、4シーズンぶりとなるロックナンバー。オールバックのヘアスタイルに上下黒の衣装に身を包んだ姿は、さながらロックスターのよう。自分でアレンジを加え、試行錯誤しながら完成させたというプログラムには、「パリの散歩道」でもお馴染みのへの字のようなポーズをとって滑るランジ、通称“へランジ”や、音楽にぴたりとはまったトリプルアクセルからのハイキックなど、見どころが盛り沢山。アップテンポのメロディに合わせて会場を一体化させるようなエンターテイメント要素満載のプログラムとなっている。 「SEIMEI」に続き和を基調としたフリーは、故・冨田勲さんが作曲を手掛けた大河ドラマのオープニングテーマを使用。戦国武将・上杉謙信の半生を描いた作品『天と地と』を序盤と終盤に、『新・平家物語』を中盤に使用する形で編曲されている。 「義」を重んじ、戦いに生涯を捧げた謙信。その生きざまを弦の音色がドラマティックに描き上げ、自分の進むべき道を貫く姿勢や、確固たる価値観が羽生選手自身のスケートに対する思いと重なる大作。 2019-2020シーズンのプログラム 2019-2020シーズンのプログラム SP:秋によせて FS:Origin 昨シーズン怪我で試合数が少なかったことと、完璧な演技ができていなかったことを理由に、昨年のプログラムを持ち越し。ショート・フリーともに完璧な演技で、“パーフェクトパッケージ”の完成を目指す。フリーでは、ヴァイオリンを弾くような振付が追加されるなど、さらに芸術性を増した演技にも注目。 これまで数々の"不可能"を”可能”にし、伝説を残してきた羽生選手。今季は人類がまだ到達したことのない“4回転アクセル”という大技の習得に期待が高まる。 SP:バラード第一番 FS:SEIMEI 2020年四大陸選手権より、ショート、フリーともに平昌オリンピックの時のプログラムに変更。 フリーは平昌の時より30秒演技時間が短縮されているため、印象的なシーンは残しつつ、その分ジャンプの助走を大幅に削った構成。さらにジャンプの難易度も大幅に上げ、史上最高の「SEIMEI」の完成を目指す。 シーズンの成績 2020-2021 ● 全日本選手権 優勝 ● 世界選手権 3位 ● 国別対抗戦 SP2位/FS2位  2019-2020 ● オータムクラシック 優勝 ● 【GPシリーズ】スケートカナダ 優勝 ● 【GPシリーズ】NHK杯 優勝 ● 【GPシリーズ】グランプリファイナル 2位 ● 全日本選手権 2位 ● 四大陸選手権 優勝 ▶ 羽生結弦の記事をもっと見る写真/アフロ  取材・文/轟木愛美 Web構成/内山英理
  • グッチが、俳優の志尊淳がグローバル・ブランドアンバサダーに就任したことを発表した。東京都出身の志尊は1995年生まれ。2011年のデビュー以来、映画、ドラマ、 舞台とさまざまなステージで活躍してきた。特にNHK連続テレビ小説『半分、青い。』や、主演を務めた映画『さんかく窓の外側は夜』での演技で多くのファンを獲得。2022年は俳優のみならず、短編映画で初監督にも挑戦。今春公開のアニメーション映画『バブル』では、主人公の声優を務める。 グローバル・ブランドアンバサダーの志尊淳 Courtesy of Gucci今回の抜擢についてグッチは、ブランドの掲げる「インクルージョン」および「自己表現の自由」というメッセージとの共鳴を理由に挙げた。志尊は昨年6月、新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者へ向け、日本赤十字社と共同募金会へ合計1,000万円を寄付。また、外出自粛期間中には等身大のメッセージをライブ配信するなど、社会との関わりを模索するポジティブな姿勢が、グッチの価値観と重なり合ったという。 グローバル・ブランドアンバサダーの志尊淳 Courtesy of Gucci今回発表されたビジュアルでは、カラフルな花々を背景に新作ルックに身を包んだ志尊が登場。フェザーやスパンコールを取り入れた華やかなルックを堂々と着こなしている。これまでもソーシャルメディアなどを通じてファッションを表現し、プライベートでもグッチを愛用していたという志尊。今後どのような活動を見せてくれるのか、グローバル・ブランドアンバサダーとしての彼の活躍から目が離せない。 グローバル・ブランドアンバサダーの志尊淳 Courtesy of Gucci グッチ ジャパン クライアントサービスhttp://www.gucci.com/0120-99-2177 text: Fuyuko Tsuji ⇩グローバル・ブランドアンバサダーの志尊淳のビジュアルをチェック!
  • 韓国で大きな反響を呼び、当初より1話追加して放送された大人気ロマンス時代劇『赤い袖先(原題)』や、『賢い医師生活』のチュ・ミナ先生役で注目を集めたアン・ウンジンが主演を務め、Red Velvetジョイも出演している現在放送中のヒューマンドラマ『一人だけ』など、2022年も良作韓国ドラマが目白押し。今観ておきたい、知っておきたい最新ドラマ4作品を韓ドラ班が早速レビュー!『赤い袖先(原題)』KNTVで3月11日(金)20:00〜22:30にて第1・2話先行放送。※4月本放送スタートNetflixシリーズ『静かなる海』独占配信中ディズニープラス 「スター」にて日本最速独占配信中! © 2021 Disney and its related entities【韓国ドラマ ナビゲーター】さすらいのライター 山崎敦子『最高の愛 〜恋はドゥグンドゥグン〜』より韓国ドラマに魅せられ、日々最新ドラマをリサーチするさすらいのライター。さまざまなジャンルを渡り歩き、今では美容記事に携わること多し。サバイバルオーディションも大好物で、今の推しはENHYPEN。推しの俳優は絞りきれないほど多数。エクラwebでも韓流連載執筆中。 韓ドラ追っかけ班/エディターK母の影響により第1次韓流ブームの火付け役となった『冬のソナタ』から韓国ドラマの世界にどっぷり浸かり、気付けば韓流ドラマ歴18年。ドラマに加え、アイドル、コスメ、ファッションなど、日々韓国まわりの情報をキャッチアップ。永遠の推しは俳優ソン・ジュンギ。若手女優&俳優の発掘が趣味の領域に。赤い袖先(原題)/韓国で大きな話題を呼んだ最新時代劇!『赤い袖先(原題)』KNTVで3月11日(金)20:00〜22:30にて第1・2話先行放送。※4月本放送スタート以前ご紹介した『恋慕』しかり、『哲仁王后』しかり、最近は秀作時代劇が大豊作で、時代劇ファンとしてはメチャ嬉しい限り。架空の人物や時代設定、タイムトラベルものなど、いわゆるフュージョン時代劇と言われている創作ものが韓流時代劇には多いのですが、本作は史実をベースに実在の人物を描いた本格派時代ロマンス。主人公となるのは朝鮮王朝第22代正祖イ・サン。身分や出自にとらわれない人材登用など、さまざまな改革政策を断行した人気の名君で、壮大な大河ドラマ『イ・サン(全77話)』をはじめ、これまでも数々のドラマや映画で描かれてきた人物です。彼の名君としての手腕はもちろんですが、私的に最も興味を惹かれるのが世紀のロマンスとも称される彼の恋物語。正祖には正妃と4人の側室がいたのですが、彼自らが妻として望んだのは後宮(側室)の宜嬪成氏(ウィビン ソンシ)だけだと言われています。彼女はソン・ドクイムという宮廷に仕える宮女(クンニョ=女官)出身で、実は正式な後宮となるまでにイ・サンの申し出を2度も固辞しているという史実も。最近では、そうした彼女に関連する研究も進み、最も歴史に近いキャラクターとして新たに描き出されたのがこのドラマ。名君と言われるイ・サンは固辞するドクイムを、なぜそこまで激しく求めたのか。ドクイムは王の申し出をなぜ固辞したのか(王への固辞は死にも値する行為)。ドラマは、史実を盛り込みながら、ふたりの世紀のロマンスにぎゅーっと焦点を絞って脚色し、それぞれの愛のあり方を繊細にドラマチックに紡ぎ出していきます。ドクイム役を務めるのは子役出身の演技派として知られるイ・セヨン。彼女が演じる聡明でたくましいドクイム像は、現代に生きる私たちにも通じるところが多く、だからこそ彼女の大いなる愛とやるせない想いが胸に響き……。そして、そして、なんと言ってもイ・サンを演じたジュノ(2PM)。21代名君英祖へのトラウマ(サンの父は英祖に米びつに閉じ込められ餓死)、政敵ばかりの宮廷で常に命を脅かされている境遇、苦しむ民を救いたいと願う強い信念。自分にもまわりにも厳しかったというイ・サンの複雑な心のうちを狂おしいまでに激しく表現した圧倒的存在感。そんなジュノ・サンに惚れずにはいられません!! 号泣必至の世紀のロマンス。ぜひ、じっくりと。(さすらいのライター山崎) 『赤い袖先(原題)』KNTVで3月11日(金)20:00〜22:30にて第1・2話先行放送。※4月本放送スタート スノードロップ/交わらない恋と、物語の行く末はいかにディズニープラス 「スター」にて日本最速独占配信中! © 2021 Disney and its related entities前回こちらの記事でご紹介した本作の舞台は、1987年のソウル。ホス女子大学の寮生ウン・ヨンロ(ジス)は、同室のオンニに誘われた合コンで出会ったイム・スホ(チョン・ヘイン)に恋に落ちるのですが、実はスホが大学院生を装った北のスパイで、極秘任務のために南(韓国)へ足を踏み入れていることなどつゆしらず……。 とある夜、作戦に失敗し、国家安全企画部(通称安企部)に追われ大怪我を負って血まみれとなったスホが逃げ込んだ先がヨンロの女子大寮。兄ヨンウが過去に学生運動に参加して残酷な拷問を受けたこともあり、スホを民主化運動に参加する学生だと勘違いしていたヨンロは、自身の部屋207号室で匿うことに。ヨンロと違って気持ちにブレーキをかけていたスホも、次第に抑えきれない思いに葛藤していくように……。寮生から恐れられる怪しい空気感ムンムンの寮長ピ・スンヒ(ユン・セア)や、寮の電話番として働くケ・ブノク(キム・へユン)の『SKYキャッスル』コンビの目も欺き、一度は無事にスホを寮から脱出させることに成功。これでお別れね……とお涙シーンがありつつも、その後の寮での「再会」からが本当の物語の幕開け。心臓バックバクの銃撃戦あり、心理戦ありで「これどうなるの?」とポカーン状態。そしてヘインのリア恋してます!?並のジス(ヨンロです)を見る目が優しく切なく……ときめいて仕方ありません。『ある春の〜』とも『奢ってくれる〜』とも『ユ・ヨル〜』とも違うヘインの滲み出る“オッパ”感。ああ、もっとふたりががっつり接近(イチャコラ)する画が観たいわ〜なんて思いつつも、ジスの父ウン・チャンスが安企部部長という事実が発覚し、ふたりの関係性は絶望的。というより、後から知る真実に驚きまくりで、もはや視聴者としてもふたりの恋どころではない! 出世しか頭にない政治家ナム・テイルとチャンスの蹴散らせ合いや、3人の奥様方のマウンティングバトル、それを静かに見守りながら実はテイルの愛人でほくそ笑んでいるカン・チョンヤ(ここにユ・インナ!)と、ドロドロしすぎて目が離せない。さすがチーム『SKYキャッスル』。 最後に、本作で注目すべきはヨンロのルームメイトでオンニのヨ・ジョンミンを演じたキム・ミス氏(享年29)の演技。『ハイバイ、ママ!』の主演キム・テヒの妹役がとっても印象的で、個人的にも大好きでした。遺作となった『スノードロップ』。物語の行く末をしかと見守らせていただきます。(エディターK) ディズニープラス 「スター」にて日本最速独占配信中! © 2021 Disney and its related entities  静かなる海/宇宙にしかない月の水“ウォルス”は人類にとって幸か不幸か?Netflixシリーズ『静かなる海』独占配信中1本の細い糸がぴんと張り詰めたままラストまで続く……そんな緊張感。衝撃的な変事が次々と襲い来るにもかかわらず、どこまでも静かで、そしてどこまでも深淵。音も光も遮断された広大な宇宙の中にぽつんと取り残された月面基地が舞台だから、そんな感覚に陥ってしまうのでしょうか。我らがコン・ユが『トッケビ』以来、4年ぶりの主演ドラマとして選んだのは、なんとSF。それが吉と出るか、はたまた……。ドラマの背景となるのは、近未来の地球。大干ばつによって地球は砂漠化し、飲む水さえ不足、配給制によって決められた量だけ配られるという厳しい状態。しかも、その配給量は階級によって違うという理不尽さも……。そんな状況を打開すべく、韓国政府は月面基地に残された“あるサンプル”を回収するため、探査チームを派遣します。コン・ユが演じるのはそのチーム隊長ハン・ユンジェ。彼はある目的のため、政府の任務を遂行することを最優先するのですが、そんなハン隊長と対立するのが、任務より真相が知りたいもうひとりの主人公、ペ・ドゥナ演じるソン・ジアン博士。彼女の姉は5年前、月面基地での任務遂行中に基地関係者が全滅するという大事故で死亡。政府はその原因を放射能事故と発表していたのですが、基地にたどり着いたハン隊長ら一行が見つけた遺体に放射能反応は認められず、遺体の状況から死因が溺死であることが濃厚に……。はたして、その真相は? 5年前に基地でいったい何が起こったのか……。そのカギを握るのが、月にしか存在しない“水”。さらに、基地にはその水を守ろうとするある少女の存在が……。派手なSFアクションを期待していると、肩透かしをくらうかもしれません。コン・ユが演じるユンジェも、だから無敵のスーパーヒーローではありません。登場人物たちそれぞれのドラマにはとって付けた感ありありではありますが、極限下における人の選択と倫理と、あえてSFの体裁をとりながら映し出される人間の真理に迫るメッセージは、よりスリリングに、より衝撃的に胸に迫ります。生命の深淵と重なるような深い静寂に包まれた月面の映像、緊張感を募らせる音楽のあしらい方、息を詰めて魅入ってしまうミステリアスな展開、そして謎の少女の強烈なる存在感は心奪われること必至。続きを連想させるラストなだけに、シーズン2にも期待です。(さすらいのライター山崎) Netflixシリーズ『静かなる海』独占配信中一人だけ/自分の人生にとって“たった一人”の存在とは『一人だけ』photo : Instagram(@eunjin___a)「余命宣告されたら、その先どうやって生きるか––?」。病を患う3人の女性たちが終の住処ホスピスで出会い、一人の男性の死によって、自分にとってのたった“一人だけ”を見つけていくストーリー。切ないヒューマンドラマ(『マイ・ディア・ミスター』『ナビレラ』『ムーブ・トゥ・ヘブン』あたりがお好きな方には刺さるはず)……なのですが、ここにサスペンスを滲ませる脚本、演出、そして主演ふたりの演技が素晴らしく、号泣必至のロマンス部分と、展開が読めないスリラー部分が共存して、心臓がドゥグンドゥグン! すでに7話で号泣したこともあり、上記作品と並ぶくらいの名作になるのではと思っている次第です。主人公のピョ・インスク役は『賢い医師生活』でお馴染みのアン・ウンジン。母は離婚を機に家を出てから消息不明。父は自分の母にインスクを預けて我が道を歩む身勝手な自由人。幼い頃からずっと貧しいながらも祖母と精一杯生きてきたインソクはある日、脳腫瘍で余命数ヶ月と宣告を受けます。海外に旅行すると祖母に嘘をついてホスピス“朝の光”で暮らし、最期の時を迎えることに。「ホスピスは死を待つ場所ではなく、生きる場所」と言う院長の数々の言葉が深すぎて何度も頭のなかでリフレインし、1話から目頭が熱くなるので要注意。と、物語の触りだけでも心がえぐられるように切ないのですが、そこで出会うインフルエンサーのソン・ミド(ジョイ)、主婦のカン・セヨン(カン・イェウォン)の物語にも涙し、そしてインスクと恋に落ちるミン・ウチョン(キム・ギョンナム)の過去も嘘みたいに切ない……。さらに幼少期のとある事件の恩人がインスクだと気付いたウチョン、当時を思い出したインスクの言動に、止まることを知らない涙……。そして冒頭で触れた一人の男性の死というのは、インスクの妹のような存在“サナ”の父親。これがまたえげつないクズっぷりでして(演じているのは『ハピネス』でもクズ役を披露したペク・ヒョンジン)、サナの身に危険が迫ったその時、「どうせ死ぬんだから、スレギ(韓国語で「ゴミ」の意味)を一人連れて行ったっていいでしょう」と彼を手にかけることを決めるインスク。ただこの展開には裏の裏があり、さらにこの事件を基に新たな事件が……早く結末を知りたいような、ロスを危惧して終わって欲しくないような……。(エディターK) この投稿をInstagramで見る 안은진(@eunjin___a)がシェアした投稿
  • なにわ男子って青春!キラキラなビジュアルとわちゃわちゃな空気感。そしてデビューの夢をつかんで走り続ける姿がまさに“青春”な、なにわ男子。激動の2021年を過ごした彼らが今感じる“エモ”な話、聞いてみました。7人が感じた“エモいこと”、教えて! エモにまつわる7の質問。青春真っただ中な7人が考えるエモなことって? 7つの質問でひもといてみました!道枝駿佑[“エモい”と聞いて思い浮かぶもの]フィルムカメラ風の写真。スマホアプリでエモい夜景を撮るのが趣味なんです。[エモい曲]King & Princeの『今君に伝えたいこと』。不器用な男子の片想いって感じの歌詞が最高で。自分も奥手なタイプなので共感![エモい味]缶のコーンポタージュ。Jr.時代、レッスン後の帰り道でよく買ってました。疲れた体にしみたなぁ。[エモい場所]毎年舞台をやってた大阪松竹座。青春が詰まってます。[“エモい”と聞いて思い浮かぶメンバー]エモが好きそうなのは流星くんやけど、素がエモいのは丈くん。夢を熱く語ってるイメージ。[アイドル人生最大のエモ]デビュー発表後に自分の作詞した『Time View』を歌った瞬間。「いつかデビューした時に歌いたい」と願ってたので、感極まって号泣でした。[憧れのエモ恋]ドラマで見るような、本当は両想いなのに知らずにいるふたりってめちゃエモい! 僕もそういう人と夜の公園でブランコに乗りたい(笑)。Shunsuke Michiedaみちえだ・しゅんすけ●2002年7月25日生まれ、大阪府出身。愛称はみっちー。メンバー1の高身長ボーイ。12月30日公開の映画『99.9—刑事専門弁護士—THE MOVIE』に出演高橋恭平[“エモい”と聞いて思い浮かぶもの]吉沢亮さん。僕、本当に吉沢亮さんが大好きで憧れなんです。いつか会えた時のことを考えると、今からエモい気持ちが止まらない存在。[エモい曲]ドラマ『ブザー・ビート 〜崖っぷちのヒーロー〜』の主題歌『イチブトゼンブ』(B'z)。バスケを始めたキッカケの作品なので。[エモい味]ガリ。一生好きだと言える食べ物です![エモい場所]地元の公園。バスケットゴールでよく練習してました。[“エモい”と聞いて思い浮かぶメンバー]流星くん。「エモい写真を撮るのがうまい!」って自分でよく言ってるから(笑)。[アイドル人生最大のエモ]Jr.時代に出たジャニーズWESTさんのコンサートで立ち位置を盛大に間違えたこと。内心めっちゃアセってたんですけど、ステージにいたみんなが大笑いしてくれて今ではいい思い出に。[憧れのエモ恋]バスケ部の先輩と後輩の恋。オレが後輩で先輩のほうがうまくて、部活が終わった後に残って教えてもらう、みたいなのが青春感あって憧れますね。Kyohei Takahashiたかはし・きょうへい●2000年2月28生まれ、大阪府出身。愛称は恭平。天然発言多めの愛されキャラ西畑大吾[エモい曲]関西ジャニーズJr.の『My Dreams』。関ジャニ∞の大倉(忠義)くんと安田(章大)くんがつくってくれた楽曲で、何度も歌わせていただきました。今後もJr.のコたちが歌い継いでいく姿を見るのが楽しみ。[エモい味]高校の近くにあったお店のたこ焼き! 今はもう閉店していて食べられへんからこそ、思い出の味。[エモい場所]大阪松竹座。僕をアイドルとして育ててくれた場所です。[“エモい”と聞いて思い浮かぶメンバー]流星。彼が小学生の時から一緒なので、今ハタチだと思うと……エモい。[最近プライベートでいちばんエモかったこと]『ベストヒット歌謡祭』に出演した後、Sexy Zoneの(佐藤)勝利から電話がかかってきて。勝利がなかなか切らないので、結局勝利の家に行きました!(笑)。[アイドル人生最大のエモ]入所前から憧れだった二宮(和也)くんに初めて会えたこと。2013年11月23日っていう日付も覚えてます(笑)。[憧れのエモ恋]幼なじみとの恋! 長い期間を共に過ごしてる存在ってだけで“エモ”でしかない!Daigo Nishihataにしはた・だいご●1997年1月9日生まれ、大阪府出身。愛称は大ちゃん、大吾。俳優としても活躍中。2022年新春放送のスペシャルドラマ『必殺仕事人』(ABCテレビ・テレビ朝日系)、3月18日公開の映画『KAPPEI カッペイ』に出演長尾謙杜[“エモい”と聞いて思い浮かぶもの]今ハマってるフィルムカメラ。最近撮った、“車のミラー越しのオレ”の写真はエモい! [エモい曲]kZmさんの『But She Cries Remix (feat.BIM)』。夕日を眺めながらのドライブに合う! [エモい場所]母校の中学校。釣り用の虫をとったり、いたずらばっかしてました(笑)。[“エモい”と聞いて思い浮かぶメンバー]オレ!(笑)。数年前から、友達と“夕焼けハンター”って言って、夕焼けを定期的に観にいってるので。[最近プライベートでいちばんエモかったこと]小学生の頃、一緒にスケボーをしていた友達と偶然再会したこと。一緒に写真を撮って、昔話をしてエモくなりました。[アイドル人生最大のエモ]事務所のオーディション! 今でも会場の近くに行くたびにその時のことを鮮明に思い出します。[憧れのエモ恋]幼稚園の同級生と偶然再会して始まる恋。しかも、そのコは今バンドを組んでて、ギター背負っていたらいいなぁ。Kento Nagaoながお・けんと●2002年8月15日生まれ、大阪府出身。愛称は謙杜。なにわ男子の末っ子。主演を務めるAmazon Original映画『HOMESTAY』が2月11日から、世界同時独占配信大西流星[“エモい”と聞いて思い浮かぶもの]レトロカメラ風に加工したメンバーの写真。いっぱい撮ってるんやけど、どれもお気に入りです。[エモい曲]Sexy Zoneの『ぎゅっと』。歌詞と振付けが可愛いんです。最近よく聴くのは、きゃないの『コインランドリー』。一日の最後に聴くとホッとします。[エモい味]早朝の市場で食べたオムライス。子供の頃おじいちゃんが連れていってくれたんやけど、最高においしかったんです。[エモい場所]小学校の通学路。たまに通ると、友達と葉っぱを側溝に流して競争したこととかが思い出されてグッときちゃう。[“エモい”と聞いて思い浮かぶメンバー]大ちゃん。コンサートの締めの言葉がいちいちエモくて。言葉選びが素敵なんです。[最近プライベートでいちばんエモかったこと]仕事に行く途中、レインボーブリッジから見た朝焼け。朝日がキレイすぎて感動。[憧れのエモ恋]スーパーでお買物しているカップルやご夫婦を見るとキュンとしちゃいます。日常を共有できるパートナーって憧れる♡Ryusei Onishiおおにし・りゅうせい●2001年8月7日生まれ、兵庫県出身。愛称は流星、りゅちぇ。キラキラスマイルの頭脳派。1月スタートのドラマ『夢中さ、きみに。』(MBSテレビ・TBS系)で主演を務める藤原丈一郎[“エモい”と聞いて思い浮かぶもの]関ジャニ∞さん。オレが入所したのは関ジャニ∞さんがデビューした年やし、めっちゃお世話になってるので名前を聞いただけでグッときちゃいます。[エモい曲]事務所のオーディションで踊ったKAT-TUNさんの『ノーマター・マター』。当時ダンス未経験だったので、必死に覚えました。[エモい味]おかんの弁当。大好きな占いつきのグラタンをいつも入れてくれてたんです。[エモい場所]神ちゃんとしげ(ジャニーズWESTの神山智洋&重岡大毅)と、レッスンの行き帰りで乗ってた電車の連結部分。思い出が詰まってます。[“エモい”と聞いて思い浮かぶメンバー]ずっと一緒に活動してきた大橋。苦い&恥ずかしい思い出もあるけど、エモとキモは紙一重(笑)。[最近プライベートでいちばんエモかったこと]Sexy Zoneの勝利とバッタリ遭遇。10年ぶりに会ったのに、そんな感じがしなくて、うれしかった。[アイドル人生最大のエモ]横浜アリーナで『Time View』を歌った時。歌詞の一字一句がしみました。Joichiro Fujiwaraふじわら・じょういちろう●1996年2月8日生まれ、大阪府出身。愛称は丈くん。メンバー最年長の頼れるお兄さん大橋和也[“エモい”と聞いて思い浮かぶもの]駄菓子屋さん。お手伝いをしてもらった100円で、「たこせん」買ってたなぁ。[エモい曲]初めてテレビに出させていただいた時に踊った『勇気100%』。[エモい味]小学生の頃お留守番していた時によく作った、塩ラーメン雑炊。インスタントの塩ラーメンにご飯を入れて、最後にバターをたっぷりのせたら完成! ほんまに罪な味。[エモい場所]僕を育ててくれた大阪松竹座。年に3回、10年以上も舞台に立たせてもらってたので。後輩の公演を観にいくと、懐かしい気持ちになります。[“エモい”と聞いて思い浮かぶメンバー]よくバンドTを着てる謙杜! 「そんなバンドおったなぁ」ってエモくなるんです。[最近プライベートでいちばんエモかったこと]家族と久しぶりに“タコパ”をしたこと。[アイドル人生最大のエモ]デビュー前日に出演した音楽番組で、関西ジャニーズJr.のみんなと『関西アイランド』をパフォーマンスしたこと。Kazuya Ohashiおおはし・かずや●1997年8月9日年生まれ、福岡県出身。愛称ははっすん。包容力バツグンななにわ男子のリーダー関連記事>>【なにわ男子】“キラコテ”CDデビューイベント PhotoGallery>>なにわ男子・道枝駿佑の妄想インタビュー特集 - もしも一緒に暮らすことになったら?>>なにわ男子 大橋和也さん&藤原丈一郎さんの、爆笑"腹筋"トーク! ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/上村祐子 衛藤理絵 海渡理恵 構成・企画/西脇素子(MORE)
  • 6年9ヶ月間、私たちにたくさんのときめきと憧れをくれた西野七瀬がノンノモデルを卒業します。『non-no』3月号では、表紙・巻頭特集・別冊付録で卒業をお祝い!"ノンノモデルの西野七瀬"を数字とともに振り返ります!ノンノスタッフが贈るだから私たち、なぁちゃんが好き!ブラウス¥97900・帽子¥40700/エミリオ・プッチ ジャパン(EMILIO PUCCI) なぁちゃんとはお笑いの話をすることが多く、おもしろい芸人さんのYouTubeをたくさん教えてもらいました。特に、まだTVであまり見かけない方にも詳しくて、しかもその芸人さんたちがどんどん有名になっていくのが本当にびっくりです! 私は『グータンヌーボ2』が好きで全部見ていたので、グータンの話を聞かせてもらうのもすっごく楽しかったです♡ ヘア&メイク・吉﨑沙世子さん(io) 誰かと話す時間をとても大切に思っているのが伝わります。いろんなことをうれしそうに話す姿が印象的で、好きなもののプレゼンも上手。僕の知らない芸人さんやホラーゲームの話を、目をキラキラさせながら教えてくれるので、気になってネタや、ゲーム動画などを見てしまっていました(笑)。 カメラマン・熊木優さん(io) 初めてインタビューさせてもらった時に着ていた私服のモッズコートの色やデザインまで、いまだにはっきり覚えています。それくらい可愛さの第一印象が衝撃的でした! 「ななせるふ。」を通して感じるなぁちゃんは、言葉にウソのない人。自分をよく見せようとせず、本当の気持ちを包み隠さず話すことができるのは、やはり"強さ"を持った人だからこそだ、と憧れずにはいられません。衣装やヘア&メイク、写真のコンセプトやスタッフとのおしゃべり……撮影現場を構成する一つ一つの要素をすべて積極的に楽しもうとする姿も印象的でした。初期からどんな質問にも一生懸命誠実に答えてくれていましたが、回を重ねるにつれて、自分から「実は最近こんなことにハマっていて……」と新しい情報を教えてくれたり、インタビューが終わった後もしばらくその場に残っておしゃべりしたり、「人と話すことが楽しくなってきた」というなぁちゃん自身も何度も口にしていた変化を手に取るように感じていました。 ライター・吉川由希子さん スタジオでクリスマスのくじ引きをした時のこと。明らかにここが当たりですよ、と分かるようなくじの配置だったのに、深読みして違うところばかり引いて、ハズれていて。さすが、謎解き女子は考えすぎて単純には引けないのだな、と思いました(笑)。そして、あんなにきゃしゃなのに朝からちゃんとおにぎりをとても幸せそうに食べます。ある時「この具のおにぎりをいつかお母さんに作ってもらいたいから」と、おにぎりの写メを撮っていたのが可愛かった♡ ライター・道端舞子さん 撮影に差し入れた和菓子をとても喜んでくれて、その後もいちご大福やピスタチオ大福でテンションが上がる姿にきゅんとしました。漫画の話もよくしましたが、なぁちゃんが「気になる」と教えてくれた作品は、しばらくするとブレイクすることが多く、本当に見る目が確かです! すごい! Web編集長K 初めてお会いした時からずっと、誰にでも優しくて丁寧な方! つけていた衣装のアクセサリーを私に戻す時、いつもアクセが落ちないよう片手を私の手の下に添えてくれて。さりげない気づかいに西野さんの人柄が出ているなぁ、と感じます。私がどうでもいい話をスタンバイ中の西野さんにしているとケラケラと笑ってくれて、その姿を見ると幸せになるのでついつい話しかけちゃいます! そしてお笑いの話をしている時は目が輝いています。芸人さんのギャグなどもサラッとやってくれるチャーミングなところも大好きです♡ スタイリスト・ミクさん 自分が思っていないことは、普段の下らない会話の中でも、インタビューなどでも絶対に言わない。それは誠実だし、筋が通っていてすごく気持ちがいい姿勢だなと思っています。 副編集長N フォトブックの企画でお父様と対談した時のこと。誰しも、家族の前の自分と、仕事相手を前にしたかしこまった自分って少なからず違うと思うので、「なぁちゃんのまだ知らない一面が見られるかも」と楽しみにしていました。ですが、お父様を前にした彼女は、普段ノンノの現場で見せる姿と何も変わらず……! どこまでもフラットで自然体のなぁちゃんに驚かされたし、もっと好きになってしまいました! また、この卒業企画の撮影日、なぁちゃんは多忙ななか、編集部の一人一人にお手紙を準備してくれました。お礼を伝えると「毎年誕生日に、ノンノの皆さんがメッセージカードを書いてくれるのがすごくうれしかったから、私も」と。以前、ノンノで行った映画&舞台『あさひなぐ』の齋藤飛鳥さんとの対談で、飛鳥さんがなぁちゃんについて語った"人に愛される力、そして受け取った愛を返す力を持っている"という言葉をふと思い出しました。その意味が今はよく分かる気がします。 編集N なぁちゃんから出てくる言葉に刺激をたくさんもらっています。メイク中に映画や漫画の話をよくするのですが、ストーリーや人物像についての洞察力が鋭く、いつもドキッとさせられる質問をしてくれるので、人生についてたくさん話してしまいました(笑)。大切なお仕事をいくつも抱えながら日々頑張っているなぁちゃんが、うれしかったこと、葛藤や悩みなど、素直な気持ちを話してくれたことがとてもうれしかったです。 ヘア&メイク・中山友恵さん 撮影の空き時間に、ノンノの占いページを真剣に読んでいた七瀬さん。「結構、信じるほうなんです」とスタッフさんに笑いかけていたその姿にきゅんとしました。 編集H 出会った頃から変わらないのですが、自分が使ったビューラーなどを必ずきれいに拭いてから戻したり、使ったものは必ず自分で元の場所に返したり……なぁちゃんの身の回りはいつも整っています。意図せず行っている行動だと思うのですが、一つ一つの物事に丁寧に向き合う姿勢が、お仕事に向き合う姿勢とも重なり、その姿を見るたびに毎回"素敵な女性だな、美しいな"と感じています。また、以前一緒にモンハンをやったことがあったのですが、ゲーム中でもとっても優しい! すぐ力尽きる、動きの遅い私をゆっくり移動して待っていてくれたり……その時は、なぁちゃんが神に見えました(笑)! ヘア&メイク・野口由佳さん(ROI) ▶西野七瀬卒業SPの記事をもっと見る3月号特別付録の中身をチラ見せ! \「西野七瀬のななせるふ。complete book」付き / 永久保存版 non-no3月号 好評発売中! 「non-no」3月号を試し読み モデル/西野七瀬 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/ミク web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 2021年、間違いなく一番「すごかった」小説『夜が明ける』 西加奈子・著 ¥2035 新潮社 15歳の時に出会った俺とアキ。社会に出てそれぞれの道に進むも、パワハラ、差別、貧困……社会のあらゆる困難が二人に襲いかかった。この社会で生きることの困難さと、二人の唯一無二の友情を迫力ある文章で描く長編小説。  ひさしぶりに言葉に表せないくらいのすごい小説に出会ってしまった。暗くて、重くて、決して読んでいて楽しい本ではないのだけど、それでも息をするのも忘れてるんじゃないかというくらい夢中になって、徹夜で一気に読んでしまった本。それで仲のいい本好きの書店員友達に聞いたらやっぱりみんな「これは2021年でいちばんすごかった本」だと口々に言っていたので、もう勝手にこれがナンバー1だということにさせていただきます!  私たちの社会はキラキラと楽しいことばかりだけじゃなくて、貧困や差別を「自己責任」と言われて苦しめられている人がたくさんいる。いや、私たちも自分の苦しさを仕方ないことだと思わされていたり、あるいは苦しい社会を再生産して誰かを苦しめてしまっているのかもしれない。  ひとりで暗い一本道を走り続けるようなこの読書は、走り終えたとき、夜が明ける前の光を感じさせてくれる。その光を感じたとき、あなたも「この本を読んでよかった」ときっと思ってくれると思う。 社会の苦しさの中で懸命に生きる人の物語『おおあんごう』 加賀翔・著 ¥1540 講談社 お笑い芸人「かが屋」の加賀さんによる初の小説。岡山の田舎町を舞台に、暴力的な父親の支配に振り回され苦しみながら、友情に力づけられ「笑い」に希望を見いだしていく少年の姿を爽やかに描く半自伝的小説。『やさしい猫』 中島京子・著 ¥2090 中央公論新社 シングルマザーと8歳年下の自動車整備士。二人が恋をして手に入れた普通の幸せがある日突然奪われたのは、彼が外国人で不法滞在の扱いを受けたから。日本の入管の差別問題と、人々の温かさを描く家族小説。 ●はなだ ななこ HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長。著書に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』がある。▶「ハタチブックセンター」をもっと見る選書・原文/花田菜々子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 俳優の吉沢亮さんの対談連載。「名作照明の下で語り明かそう」をテーマにお届けしています。今月のゲストは、大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)で徳川家康役を演じる北大路欣也さん。 ※この記事は2021年12月発売のSPUR 2月号に掲載したものです。 (吉沢さん)ジャケット¥90,200・パンツ¥59,400/BIRTHLY(BED j.w. FORD) シャツ¥38,500/エドストローム オフィスFORSOMEONE) ベルト/スタイリスト私物   花束をもらったとき、胸が詰まって涙が出た 北大路 お会いするのはこれで4回目ですか。吉沢 はい。撮影でご一緒する場面がないので、ほとんどお会いする機会がなくて。 北大路 そうなんですよ。この前にお会いしたのが僕の撮影の最終日で、お花をいただいたんです。いや、びっくりしましてね。栄一さんからお花をいただいたと思ったら、涙が出てきちゃって。吉沢 えっ、そうだったんですか!?北大路 何だか胸が詰まってしばらくものが言えなくてね。それくらい感動させてもらったんですよ、栄一さんの生き方に。僕なんかは少し立場が違うけれども、素晴らしい作品に参加させてもらって本当によかったなと感謝しています。吉沢 こちらこそ、あの家康さんは間違いなく北大路さんじゃないとできなかったと思います。反響もすごかったですよね。家康さんが出たときが一番盛り上がっているんじゃないかな、というぐらい(笑)。北大路 最初は悩みましたよ。僕はどうしたらいいんですかと尋ねたら、俯瞰の目で見てくれと言われてね。今まで役者をしていて俯瞰の目で作品を見るということは一度もなかったので、演じるまではドキドキでしたよ。吉沢 北大路さんでも緊張することがあるんですか?北大路 ありますよ。どんな作品でも演じる前はいまだに緊張します。それでね、徳川の時代を開いた家康さんは、その先どうなっていったか、すごく気になっていたと思うし、日本の近代化に向けて奔走する栄一さんの姿はきっとうれしかっただろうなと思うんです。僕もひとりの視聴者として、亮さんは本当にすごい人物を演じているなと思って見ていました。そう思わせてくれたのは、やっぱり亮さんが栄一さんの素直で飾らない心をストレートに演じてくれたからで、それが僕らの胸を打った。だから、お花をもらったときに涙が出ちゃったんですね。 今までの俳優人生で一番幸せな台詞 吉沢 今度の放送でついに最終回を迎えます。最後の家康さんも素晴らしかったです。北大路 素晴らしい言葉を考えていただいて、僕の全生命を懸けてその言葉を言わせてもらいました。この先はわかりませんが、今までの役者人生で一番幸せな台詞でしたね。そう思える作品に少しでも携わることができたことは本当に幸せでした。そして何より、この状況で主役として1年間やり切ることは、とても大変なことだったと思います。だから、亮さんには心からご苦労さまと言いたいし、感動をありがとうと言いたい。吉沢 そんな……。こちらこそ本当にありがとうございました。北大路 何だか僕ばっかり話してしまってごめんなさいね。ちゃんと気持ちを伝えたかったんです。吉沢 とんでもない、ありがたい言葉ばかりで本当にうれしいです。 今月の名作照明 デンマークデザインの黄金期を象徴するような、幾何学的でモダンな佇まいが美しい、GUBIの「マルチライト ペンダント」。その特徴的な形状は、向かい合った可動式のパーツで成り立つシェードで形成される。それぞれを個別に動かすことで多様に変形し、まるでアートライトのように光の拡散を自在に操れる機能美を有する。色は力強い存在感を放つ「ブラック×ブラス」。¥118,800/ トリシュナ・ジバーナ(グビ) Profileよしざわ りょう●1994年、東京都生まれ。大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)では主人公の渋沢栄一を演じている。待機作に舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』(2022年1月28日開幕予定)がある。 Profileきたおおじ きんや●1943年、京都府生まれ。近年の作品に「半沢直樹」や「記憶捜査」などがある。大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)では、物語をナビゲートする徳川家康役を演じている。 SOURCE:SPUR 2022年2月号「吉沢 亮のGathering in the Light」 interview & text: Masayuki Sawada photography: Takemi Yabuki 〈W〉 styling: Daisuke Araki (Ryo Yoshizawa), Reiko Ogino (prop) hair & make-up: Masanori Kobayashi 〈SHIMA〉(Ryo Yoshizawa), Eiko Oikawa (Kinya Kitaohji)  >>吉沢 亮さんの連載をもっと見る
関連キーワード

RECOMMEND