【BAILA発!】旬の小物使いは首元にスカーフを+1

HAPPY PLUS ONE
大胆に効かせるよりも小面積で。キュッとバンダナのように結ぶのが今どき!
ゴージャスになりすぎないスカーフ使いが気分です

1/4

トレンチコートがもっと絵になる!スカーフ使いに注目

2/4

トップスと色を揃えたコーディネートが洗練見えの秘訣

3/4

普段着カジュアルにこそスカーフの出番です

4/4

ゴージャスになりすぎないスカーフ使いが気分です

首の詰まったトップスの首元に、キュッと巻いたスカーフが映える!コンパクトにたたんでゆるく固結びをし、両端をラフに差し込むだけ。簡単で誰にでもできるおしゃれテク。
トレンチコートがもっと絵になる!スカーフ使いに注目

きちんとした印象のアイテムにスカーフを巻くと、正直バブリーな印象が否めない…はずですが、ヨンアさんはとても素敵。バンダナのように小さな面積で取り入れるのがやっぱり正解みたい!
トップスと色を揃えたコーディネートが洗練見えの秘訣

統一感を持たせることで、スカーフの存在感が浮かずに目にとまります。やわらかいピンク〜ベージュにリズムがつき、よりドラマティックなムードを演出。
普段着カジュアルにこそスカーフの出番です

物足りないかな?と思ったらスカーフを投入。大判サイズなら、こんな風に二重に巻いて、結び目をサイドに流して。ビビッドな発色は、トレンドのテラコッタにも好相性です。
スカーフも巻き方次第で、コーディネートが見違えます!
関連記事
  • 今シーズンは、 デザインが豊富なワンピース。 私のお気に入りは、シャツワンピ♪ シンプルな白シャツワンピに アイボリーのレギンスをプラス。 さりげなくトレンドを入れたコーディネート。 ホワイト、アイボリー、ベージュのグラデーションにして、今っぽくしました☆ 12日に発売された【 BAILA6月号 】にも、 今季のワンピースがたくさん紹介されています! 今日から使える、ジュエリーポーチ付き♡ ぜひお手にとってご覧ください♪ @06ayaca__スーパーバイラーズ 水谷綾香のブログ
  • 仕事や恋愛、趣味のことなど、20代のころにがんばって目標を達成した人ほど、30代になって人生に飽きてしまう傾向が。「ある程度やりたいことはやってしまって目標がない」という読者の皆さんのコメントを集めてみました。 以前の記事はこちらからある程度目標を達成し、欲しいものも手に入れたら、飽きてしまった長く働いてキャリアを地道に積み、役職もつき、落ち着いた関係の恋人がいて、自由に旅行に行ったり友達と飲みに行ったりして、毎日が安定しています。だけど、大胆な行動をするタイプではないため、これから大きく人生が変わることはないと思う(32歳・会社員) 今後、代わり映えのしない生活をずっと続けていく気がして、飽きかけている。仕事の目標も手近なものはひととおり達成してしまった(29歳・学生/留学中) やりたいことはなんでもできるし、欲しいものはなんでも買えて、行きたいところにも行ける。そのせいか、目標がありません。幸せだからいいとは思うんだけど…(28歳・会社員)BAILA6月号では「近ごろ私、人生に飽きてる件」として、このモヤモヤした感情を特集しています。メカニズムを徹底調査し、専門家によるアドバイスも掲載。書店・コンビニで見かけたらお手にとってみてくださいね。 イラスト/いいあい 取材・文/東 美希
  • 昨年インドネシアで開催されて大好評を博した日本のアール・ブリュットの展覧会『ときどき、日本とインドネシア』が滋賀県にある「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」で6/2まで開催されます。インドネシアで展示した日本の8名の作品に加え、新たにインドネシアの3名の作品を初公開! アール・ブリュットの豊かな表現世界を堪能してみては。面白くて自由な発想はどこからくるの?『楽園』佐藤朱美 2015年  カラフルな作品、鳥や魚や人間……ぽい生物が勢ぞろいで、フェスティバルな雰囲気。謎の生物がたくさん登場するあたりから察するに、16世紀のヒエロニムス・ ボスの影響を受けてる? 「それはどうでしょうか。ここで紹介する作家は、従来のアートヒストリーの線上に連なる人たちではありません。専門の美術教育は受けたことがないけれども、独自の表現を生み出しているアール・ブリュットの作家さんたちです。アール・ブリュットはフランスの美術家ジャン・デュビュッフェが名付た呼称。〈生きの芸術〉と訳されます。デュビュッフェは、正規の美術教育を受けていない創作者や精神科病院で生み出された、規格外の作品を評し、この言葉で紹介しました」 と、教えてくれたのは社会福祉法人グローの山田創さん。アール・ブリュットのキーワードは「孤独・沈黙・秘密」で、実際に20世紀は人知れず制作している人が大半だったそう。でも、現代日本の作家さんたちは福祉のネットワークのなかから発掘された人が多く「必ずしも孤立しているわけではない」と、山田さん。天性のカラリストで、一切の破綻がない画面構成が特徴の佐藤朱美さんは、自宅の専用スペースで朝から夕方まで制作しているそうだし、木村茜さん(作品は下参照)は月に1 回、施設の絵画アトリエで制作。『無題』木本博俊 2011年 『下駄』木村 茜 2011年それは作家のみぞ知る。頭でごちゃごちゃ考えないでハートで感じて味わって全国的に作家を取り巻く環境はずいぶんと変わったらしい。「この10年で大きく変わりました。作品や表現をめぐる関係性が構築されたところもありますし、たとえ強迫観念から生まれた表現でも、客観的な評価を得ることによって、作家が自信やモチベーションを得る場合もあると思います」 マーカーを高速で走らせて、2~3分で一枚仕上げる木村茜さんも、国内外の展覧会の常連作家。この方の作品、生で見ると人間の根源的な喜びがビシビシ感じられる。フラフープをうまく回せたときとか、友達と両手をつないで高速でグルグル回るときの「キャー♥」な高揚感が伝わってくるのだ。「木村さんは楽しそうに描かれていますね。シュッシュッと描いたときに、マーカーが紙とテーブルの間の微妙な段差に落ちて、コトッて鳴る音も楽しいみたいです」 たぶん、その音やリズムも大事なんだろうね。制作行為によってゾーンに入るのが、心地よいんじゃないかな。『無題』ドゥイ・プトロ 2013年  『にっき』戸來貴規 2000〜2006年  一方、独自の規則性とこだわりに基づいて、日々の日課として描き続ける作家さんもいる。 「戸來貴規さんの『にっき』。これ全部、日付と気温以外は同じ内容なんです。強調して描いた文字の輪郭などを選んで塗りつぶしていくので、不思議な模様になり、最後は必ず同じ位置にひもを通します。この独特かつ複雑なルールのもとで描いて重ねる行為が、完全に彼のライフスタイルに溶け込んでおり、生きること自体とほぼ同義語ではないかと。私はそこにある種の崇高さと面白さを感じるんですよね」  確かに日々電車のダイヤグラムを引いている駅員さんや、原宿でクレープを焼き続けている人と近いものがあるかも。センスと情熱と桁外れな根気を併せ持つ作家さんが多いアール・ブリュットの世界。発想と表現が自由で楽しいね。 このアートはここで見よう!『ボーダレス・アートミュージアムNO-MA企画展 ときどき、日本とインドネシア』 昨年インドネシアで開催されて大好評を博した日本のアール・ブリュットの展覧会が帰国。日本人作家8名に加えて、新たにインドネシア人作家3名の作品も展示。まずハートで見て、次に解説を読むと二度おいしい。~6/2 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 滋賀県近江八幡市永原町上16 11時~17時 休館日/月曜 観覧料/¥300 問い合わせ 0748(36)5018http://www.no-ma.jp取材・文/KAORU 撮影/大西暢夫 ※BAILA2019年6月号掲載
  • BAILA6月号、お手に取られましたでしょうか? わたしは付録のジュエリーポーチを愛用中です♡ 個人的にはポケットも多くて収納力抜群なところがお気に入り。 仕事終わり、予定ありの日は付け替えアクセサリーを入れてます。もちろん、本誌も見どころ満載! ワンピース+フラットシューズがこんなに可愛いなんて♡ むくみと靴擦れと戦いながらヒールで走りまわっていた20代の頃には考えもしなかったです。笑 大人になったからこそ、無理をせず、今の自分の身の丈に合ったオシャレが楽しめるようになったのかな…と感じます^ ^スーパーバイラーズ 徳山仙恵のブログ
  • 薄着になる季節こそ「巻きもの上手になりたい!」という美玲さん。さりげないあしらいでデイリースタイルのしゃれ感を倍増させるスカーフ&ストールの簡単アレンジにフォーカス。 まだ照れるスカーフは小面積で始めてみる気張らずプラスしたいときには、細長いスカーフがおすすめ。キュッとコンパクトに巻くだけで、いつもの黒リブニットに個性を。足もとにもピンクを配すと首もとだけ浮かずにカラーバランスが整う。「スカーフと靴をリンクさせるとまとまりもよく、取り入れやすさも上がりますね。見慣れた黒ニットのマンネリ解消にも! ショートパンツもぐ んと大人っぽく見えます」(美玲さん)。スカーフ(5×85)¥7800(マニプリ)・靴¥44000(ネブローニ)/フラッパーズ トップス¥30000/スローン(スローン) パンツ¥34000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ピアス¥31000/トゥモローランド(レレサドゥギ) リュクスな2枚使いで女らしさ香るマニッシュルックコットンとシルク、素材違いのスカーフを編み込むことで表情が豊かに。「2枚巻きのゴージャス感も辛口スタイルにならアリですね」(美玲さん)。ピンクストール(20×160)¥18000/フラッパーズ(マニプリ) ブルースカーフ(25×120)¥9000(altea)・トップス¥42000(アンスクリア)/アマン パンツ¥12800(ヴィルーム)・ハット¥32000(クライド)/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 バッグ¥12000(カーナス)・リング¥32000(アンコモンマターズ)/デ・プレ イヤカフ¥24000(ヒロタカ)・フープピアス(大)¥23000(マリア ブラック)/ショールーム セッションラフにたらして定番デニムにこなれ感をTシャツ&デニムの王道コンビが見違える。「無造作なあしらいが意外でした。服とストールのトーンが合っていて、ほんのりレトロで可愛い。普段着がワンランクアップしますよね」(美玲さん)。ストール(68×68)¥16000/スローン(スローン) Tシャツ¥9000・パンツ¥21000(ともにRouje)・ベレー帽¥10000(ラ メゾン ド リリス)/メゾン イエナ ジャケット¥64000 (カバナ)・ベルト¥25000(参考価格)(アトリエ アンボワーズ)/アマン ピアス¥18000/ショールーム セッション(ヒロタカ) ネックレス¥54000/デ・プレ(レジェ) 靴¥51000/フラッパーズ(ネブローニ) 白黒ストールで肩を覆い大人の露出バランスにストールを三角に折り、片肩で結ぶだけ。清潔感のあるモノトーンストールが、肩と腕をアシンメトリーに覆い、肌見せも上品に。「リゾートでやってみたいスタイル。はおりもののように使うストールも新鮮です。この夏はカーデに頼らず、ストールを活用したいです」(美玲さん)。ストール(90×90)¥23000/アマン(altea) ワンピース¥50000/クルーズ(エリン) バッグ¥43000/スーパー エー マーケット(ヴァニーナ) ピアス¥ 25000・リング¥32000/サアガラ ショールーム(エース バイ モリザネ) 初夏のストールは、服とのバランスで2タイプ揃えるべき!冬用の厚手ストールは持っているけど、春夏に巻くものは実は一枚も持っていないんです。仕事で巻いてもらうたび「おしゃれだな、欲しいな 」と思ってはいるものの、そもそもどんなものを選んでいいのかがわからなくて……。今日の撮影で学んだのは、無地より色の入った巻きもののほうが実は合わせやすいってこと。手持ちのモノトーンのアクセントにもなるし、服の色とリンクさせても可愛いし。一方で、服の色が派手ならモノトーンのストールで引き締めるのもいいなって。服とのバランスで2タイプをそろえるべきだと確信! コンサバにはしたくないので、“Tシャツにサラリ”など、まずは自分が好きなカジュアルに加えてみたいです。(美玲さん)撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/桐谷美玲 取材・文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測した(縦×横)で単位は㎝です ※BAILA2019年6月号掲載
  • BAILAの今月号の付録は、フレイアイディーの華やかジュエリーポーチ! BAILAと比べてもコンパクトなサイズ感♡ フレイアイディーの花柄って、花柄だけど大人な感じでおしゃれなんですよね〜╰(*´︶`*)╯♡ そんなフレイアイディーの花柄が描かれている、ジュエリーポーチ。 レザー調で高見えするし、持ち運びにも丁度良いサイズ感! PVCバッグにIN! 人気のPVCバッグに入れても、おしゃれ度が上がっていい感じ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 小さいけど抜群の収納力☺︎ 小さいけど収納力があるので、旅行で服に合わせてアクセサリーを変えたい時にもぴったり♡ バッグからこんな華やかなポーチが出てきたら、可愛い〜ってなりますよね! 女子ウケ抜群のジュエリーポーチ。旅行やアフターファイブにぜひ使ってみてください✩°。⋆ スーパーバイラーズ 小野絵里のブログ
  • 先日のゴールデンウィークで行ってきた四国旅行!その旅行準備中に悩んだアクセサリーはどれ持っていこう問題皆さんきっと悩んだことがあるはず! 写真も撮るので残るし、 服や気分でアクセサリーって変えたくなるものですよね。 わたしは旅先に持って行くのにちょうど良いジュエリーポーチを持っていなかったので 仕切りも何もない普通のポーチにジャラジャラと入れて持っていきました。 これがとてもかさばるしアクセサリー同士がぶつかり合ったりで壊れないかが心配でした。 でも今月号のBAILAの付録でその悩みともおさらばできそう♡先日のブログでもちらっとご紹介した BAILA6月号付録 FRAY I.D レザー調 フラワージュエリーポーチ 可愛いラベンダーピンクはBAILAだけのオリジナルカラーだそう♡幅10cm×縦10cm×高さ4cm早速旅先に持っていきたいお気に入りのアクセサリーたちを収納してみました! 上下に分かれた収納はこちら。中は可愛いピスタチオカラー♡まず上の収納は ・リングホルダー ・ピアスフック ・ミニポケット2つわたしはピアスをあけていないので ピアスホルダーにはお気に入りのイヤリングを。 リングホルダーは指輪はもちろん、 絡みやすいネックレスもつるしてヘッド部分を下のポケットへ収納。 これで絡まらないし傷もつかない!そして下の収納。 ・ファスナー付きポケットぱっと見は下の収納のみに見えますが、 実は上下の仕切りが小さなポケットになっています。仕切りがわりのファスナー付きポケットには時計を。こちらも傷つけたくないものの収納にぴったり♡このポケットはアクセサリーだけでなく、 イヤホンなど細々したものも一緒に収納できちゃいます!仕切りを挟んで1ペアずつ持っていきたいイヤリングを収納して閉じればガチャガチャすることもなく安心して持ち運べそう♡ ポーチと同じ柄のFRAY I.Dのワンピースこう手に持つと意外とコンパクトですが 収納力は抜群! 過去に主人からもらった指輪を大事にしすぎるあまりに外で手を洗う度外していてまんまと失くした経験もあるので… これなら出先でアクセサリーを外したときの収納にも、 旅行へのお供にもちょうど良く使えそう♡ 皆さんも是非ゲットしてみてください☺︎ @rena674 スーパーバイラーズ 永里礼奈のブログ
  • 毎日使うスマホケースやお財布は憧れハイブランドで揃えたい! ディオールから登場の2アイテムはブランドを代表するバッグのひとつでもある「サドル」に着想を得て生まれたそう! 【Dior(ディオール)】人気のバッグがちっちゃくなった!? 可愛いコレクション背中にはなんとコインケースが付いていて使い勝手は抜群。iPhoneケース(iPhone X対応)¥73000/クリスチャン ディオール(ディオール)Dのメタルパーツがついたストラップつきで、開け閉めしやすい。コインケース(8×12)¥36500/クリスチャン ディオール(ディオール)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/松野裕子 取材・文/伊藤真知 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)で単位はcmです ※BAILA2019年6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND