横浜の複合ビル「アソビル」でDIYや小物作り。ハンドメイド体験ができる「MONOTORY」に注目!

HAPPY PLUS ONE
横浜駅東口にオープンしたばかりの、複合型エンターテイメントビル「アソビル」。最新テクノロジーやものづくりなど、フロアごとに異なるテーマの体験型コンテンツが楽しめる!と、早くも話題です。

3月15日(金)に誕生した「アソビル」は、“遊べる駅近ビル”をコンセプトに、新感覚のエンターテインメントコンテンツを展開。1階では横浜の人気飲食店のグルメ、2階では最新テクノロジーを生かしたエンタメ体験など、地上4階と屋上から地下1階の各フロアでさまざまなエンターテイメントが体感できる。

なかでも注目は、“ものづくり”に特化した3階「MONOTORY(モノトリー)」。1フロアに、ものづくりのワークショップが行われるアトリエのほか、イベントスペース、セレクトショップが集結。ワークショップは、アクセサリーやキャンドル、陶芸、シルバー・クレイアートなど20ジャンル以上が毎日開催。計150人以上ものオフィシャルアーティストが日替わりで登場するので、訪れるたびに新しい発見がありそう。基本は予約制、当日参加OKものもあるので公式サイトでチェックを。

セレクトショップとしては、ドライフラワーや造花などものづくりに活躍する花々を展開する「横浜ディスプレイミュージアム Flower&Display SHOP」をはじめ、体験型DIYショップ「DIY FACTORY」が手がけるツールショップ「DIY TOOL SHOP by DIY FACTORY」、クラウドファンディングで商品化した小物やハンドメイド製品などを展示・販売する「Makuake SHOP@MONOTORY」の3ショップが登場。自宅で挑戦したいハンドメイドやDIYに使える資材や工具を、同じフロア内でスムーズに入手できるのが嬉しい。

このほか、音楽ライブとアートが融合したイベントや、クリエイターやアーティストが作品を展示・販売する「てづくり市」などのイベントも随時開催するので、お見逃しなく。
<DATA>
アソビル MONOTORY

オープン日:3月15日(金)
営業時間:10:00~22:00
定休日:施設に準じる
住所:神奈川県横浜市西区高島2-14-9アソビル3F
アクセス:横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2分
text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
関連記事
  • アウトドア大好きAYUMIさん登場!   アウトドアブランド「モンベル」会員向けの大人気イベント、「モンベルクラブ・フレンドフェア2019秋」横浜が開催され、AYUMIさんのトークショーが! 家族で登山やキャンプを楽しんでいるAYUMIさん。心に残る言葉がたくさんありました。 涼しくなってきて、秋の気配が感じられるようになったら「キャンプに行きたいね」とAYUMIさんの子どもたちが言い出して、季節の空気を家族で感じられて、自然と共有できるのは良いことだなと思ったというお話。形あるものでなくても、何かしなくても、みんなで秋の気配を共有できたということに幸せを感じられる。そうありたいなと思いました。 また、いつも丁寧な食生活を送っているAYUMIさん。でもアウトドアクッキングは、本当に簡単なものでいい、疲れているときに手を抜けるものを用意しているというお話も参考になりました。キャンプごはんは特別に考えてしまいがちですが、みんなで作ったり、役割を分担したりという時間を楽しめばいいんだと改めて思いました。5連泊キャンプをしたときは、用意してきたもので「足らせる」「足りさせる」、あるものの中で「足らせる」料理をしたというお話も心に残りました。 AYUMIさんが大切にしていることが優しく、トークショーの40分間が癒しの時間となりました! 具体的な登山のお話やレシピももちろんとても参考に。ステキな時間をありがとうございました!   イベントは楽しい催しが盛りだくさん! モンベルクラブ・フレンドフェアは、カヤック、クライミング、アスレチックなどの体験ができたり、全国の観光や特産品などのブースを回ったり、盛りだくさんの内容で、我が家も毎年楽しみにしています。小さい子たちがストライダー体験している姿も可愛かった! 次は、2019年11/2、11/3に大阪で開催! 発売中のLEE10月号でも「秋キャンプ服」特集をしています。AYUMIさんとスタイリスト福田麻琴さんと富士西湖の近くで撮影しました! こちらもぜひ読んでください。S子 #AYUMI さん #montbell #モンベル #モンベルフレンドフェア2019 #magazinelee #LEE10月号 #秋キャンプ服
  • 秋のモードをいち早く先取りするなら、まずは人気ブランドのアクセサリーをチェックして。ステイトメントなイヤリングや旬な胸元レイヤードを叶えるネックレス、レディなスタイルにマッチするブローチなど。カンバセーションピースにもなりそうな心ときめくアイテムで、おしゃれスタートダッシュは完璧。最旬レイヤードを演出する3連ネックレス【DIOR】「テディ・ディー」ネックレス¥220,000今秋も人気続行中なのが、ネックレスのレイヤードスタイル。チェーンやレジンパールなど、トレンド素材を自由奔放にハイブリッドしたディオールの3連ネックレスなら、着けるだけで瞬時に旬な胸元コーディネートを叶えてくれる。バタフライやメゾンを象徴するスター モチーフが、キャッチーなアクセントに。 クリスチャン ディオール https://www.dior.com/0120-02-1947 ‘80sのエッセンスが詰まった球体ピアス【LOUIS VUITTON】イヤリング¥61,00080年代の美学を引用した彫刻的フォルムが目を引くルックには、天体を彷彿させるビッグサイズの球体イヤリングをオン。マルチカラーのクリスタルがミラーボールのようにきらめき、フェイスラインに視線を集中させる。幾何学的なボリュームがコンテンポラリーなムードをアピール。 ルイ・ヴィトン クライアントサービスhttp://www.louisvuitton.com/0120-00-1854ミケーレ流デコラティブを体現【GUCCI】ブローチ各¥113,000ダブルGモチーフをセンターに、色鮮やかなストーンを飾った装飾豊かなブローチ。単品で着けるのではなく、エキセントリックなイヤーモチーフのブローチや色柄と掛け合わせ、テイストやルールを超越したスタイルに落とし込むのがアレッサンドロ・ミケーレ流。デイリーに取り入れるなら、トレンドのボウタイやスカーフの結び目にさりげなくあしらうのもおすすめ。 グッチ ジャパン クライアントサービスhttps://www.gucci.com/0120-99-2177可憐なフラワーでロマンスを薫らせて【PRADA】 フラワーイヤリング¥55,000(予定価格)クラシック&レディなムードにトレンドがシフトした今秋冬は、フェミニンなフラワージュエリーに注目。プラダがフラワーモチーフで描いたのは、強さと儚さ、ロマンティックと危険、夢と現実が織りなすロマンスの物語。フレッシュカラーに彩られたコサージュイヤリングが、シックなブラックドレスに華やぎを添える。 プラダ クライアントサービス http://www.prada.com/0120-45-1913 装いをアップデートするリボンの魔法【LOEWE】ピアス各¥39,000(1ピース)エレガント回帰の流れの中、リボンも気になるモチーフのひとつ。ノスタルジックにならず、今っぽく取り入れたいなら、ロエベが提案するリボンジュエリーをチェックして。インパクティブなビッグサイズのリボンピアスは、細いレザーにクリスタルをあしらったもの。繊細なシャンデリアタイプとは一味違う、エッジの効いたデザインが主役級の存在感。 ロエベ ジャパン カスタマーサービス https://www.loewe.com/03-6215-6116洗練のロゴブレスレットをアクセントに【BALENCIAGA】ブレスレット¥104,000カフのようにつけたいオーバーサイズのブレスレット。フロントにはヴィンテージゴールドのBBロゴ、バックにはエッフェル塔モチーフが描かれ、どこから見てもスタイリッシュ。重厚なボリュームながらシンプルなので、今季主流のクラシックなBCBGスタイルから、スポーティ&ストリートなルックまで幅広いスタイルにマッチ。 バレンシアガ ジャパンhttps://www.balenciaga.com0570-000-601 アイキャッチーなオイスターに注目【BURBERRY】ピアス¥82,000海にまつわるモチーフが多用された今季のバーバリー。オイスターモチーフのブラウスには、まるで本物のようなリアルなフォルムのオイスターピアスを合わせ、プレイフルなスタイルを完成。クラシカルなパールジュエリーの概念を再解釈し、貝殻の陰影までも美しく表現したデザインは、まるでアート作品のよう。 バーバリー・ジャパンhttps://jp.burberry.com/0066-33-812819 グラマラスに揺れるタッセル【SAINT LAURENT】イヤリング¥60,000イヴ・サンローランの生涯のミューズ、ルル・ド・ラ・ファレーズのスタイルを彷彿させるイヤリング。メゾンらしいタッセルがしなやかに揺れるデザインは、シャープな直線的シルエットが、女性らしい繊細さとグラマラスな華やかさを演出。フープディテールをチェーンで装飾しているのも今シーズンらしい。 サンローラン クライアントサービスhttps://www.ysl.com0120-95-2746凍った海がインスピレーション源【CHLOE】イヤリング¥60,000クロエらしいボヘミアンな香りのするアクセサリーが豊富に揃った今季。凍った海をインスピレーション源にした繊細なイヤリングが、秋冬のスタイリングに新鮮に映える。ゴールドとシルバーをミックスしたデザインは、他のジュエリーとミックスコーディネートしても楽しい。クロエ カスタマーリレーションズhttps://www.chloe.com03-4335-1750恋人たちをピンキーリングで詩的に描いて【VALENTINO】リング¥47,000見つめ合う恋人たちがバロックパールをそっと優しく包み込むポエティックなリングは、ヴァレンティノが描く麗しきロマンティシズムを体現。まるでアンティークのような趣きのデザインは、あえてピンキーリングとして着けるのがこなれて見えておすすめ。 ヴァレンティノ インフォメーションデスクhttps://www.valentino.com03-6384-3512イヤージュエリーの進化系【GIVENCHY】ピアス¥104,000アシンメトリーな耳元レイヤードはもはやスタンダードだが、今秋冬は“異なるデザイン”同士を1点ずつ組み合わせた耳元スタイリングが新鮮。フリンジという共通点をベースに、地金の色や素材、レングスに変化をつけたピアスは、力強くもエレガントに生きる現代女性のワードローブにお似合い。 ジバンシィ表参道店https://www.givenchy.com03-3404-0360 バードモチーフで耳元に視線を集中【ISABEL MARANT】イヤリング¥69,000「そのモチーフは何?」と思わず声をかけてしまいそうな、存在感抜群のステイトメントなイヤージュエリー。デフォルメした鳥モチーフにスタッズを飾ったデザインは、プリミティブかつアーティスティックな魅力に溢れている。インパクト満点のビッグサイズだが、シルバートーンなので実は合わせやすいのも好ポイント。 イザベル マランhttps://www.isabelmarant.com/03-5772-0412 photo:iMAXTREE/Zeta image   text:Makiko Awata
  • おはようございます。 バイラーズの西田茉衣です。 9月に入ってあっという間に、ファッションやコスメは秋物の展開になっていますね! でも実際はまだまだ暑い日が続いていて、お洋服のシフトチェンジはなかなか難しい。。 ということで、私はネイルとイヤリングから、秋支度をはじめました。 まずはネイル。 こっくりしたテラコッタのお色味です。 秋はパーソナルカラーでもそうですが、明度・彩度ともに落ち着いたトーンの色が主役。 ブラウンやカーキ、マスタードももちろん取り入れたいのですが、まずはこっくりテラコッタを取り入れました。 とは言いつつも、少しクリアを混ぜてもらっているので、重すぎず。 秋支度に丁度いい、絶妙なカラーにしてもらいました♡ ネイルサロン filer さん、いつもありがとうございます^^♡ 以前の記事でも記載したのですが、 ネイルはパーソナルカラーに合わせるもよし、 あえて外すのもよし、だと思っていて。 もちろん、パーソナルカラーに合わせることで 肌なじみが良く、元々持っている魅力的な部分をより一層引き出してくれます。 手元からその人の持つ品がでたり。 でもその一方、パーソナルカラーをあえて外すことで、自分の肌から「目立ちます」。 「目立つ」ということは、1点、指し色にもなるということ。 メイクやお洋服と違って顔色を悪くすることもないので、 例えばパーソナルカラーオータム以外の方が、小物やネイルで秋色を取り入れると お洋服はご自身のパーソナルカラーでも、一気に季節感がでます。 お洋服やメイクにパーソナルカラーを使って、相手に好印象を与えつつも、 しっかり季節感をとりいれられるのはおいしいですよね♡ ぜひ、トータルの組み合わせを考慮して、ネイルカラーも遊んでみて下さい♡ そしてイヤリングはこちら。 KINARIYAのものを。 “Natural×Mode”をコンセプトに、 コットンやウッドなどのナチュラル素材と幾何学的なフォルムをメインとしたアクセサリーブランドなのですが、 コンセプト通り、ナチュラルなのに少しだけ攻めたデザインが今の気分にあっていて、一目惚れしました。 個性的なデザインですが、意外にもいろんなコーデに合わせやすいので、重宝しています。 つけるだけで秋らしくなるのも嬉しい。 イヤリングが遠くて申し訳ありません。。 今の季節はこんなコーデに合わせたりしています。 BAILA10月号、発売されましたね♡ 今月号もときめくページがたくさん。 特にブラウンのワントーンコーデの特集が可愛すぎる…♡ 今月号のBAILAを参考に、お洋服の方も、どんどん秋へシフトチェンジしようと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました!   ▶︎▶︎▶︎Instagram♡ ▶︎▶︎▶︎Twitter ▶︎▶︎▶︎パーソナルカラーサロン saison des fleurs ホームページ     パーソナルカラーについてや、私の日常など更新しているので、ぜひ遊びに来てください☺︎
  • フィンランドに惚れ込み、ユニット活動のkukkameri(クッカメリ)として2018年にトラベルガイドブックまで出版してしまった私、新谷麻佐子の田園ツーリズム紀行。最終回は前回に続き、エストニアです。サウナ&スイミング、テニス、料理、クラフトなどの体験ができるファームステイ先で見つけた、かわいいものを紹介します。取材・文/新谷麻佐子Profileあらたに・あさこ●イラストレーター&編集者。2009年以降、毎年のようにフィンランドに通い、2014年にムーミンの作者トーベ・ヤンソンが暮らした島「クルーヴハル」に、友人でライターの内山さつきと1週間滞在したのをきっかけに、kukkameri(クッカメリ=フィンランド語で「花の海」の意) を結成。以後、フィンランドの小さな町や四季、暮らしと文化をテーマに取材を続けている。著書に『とっておきのフィンランド』(ダイヤモンド社)がある。http://kukkameri.com自然に囲まれたファームステイで待っていたのは、おいしいごはんとかわいいお部屋今回の旅では特にエストニアで、かわいいものにたくさん出会いました。なかでもこちらのルフトレ・ツーリズム・ファーム http://www.luhtre.ee/ には、素敵なものがぎゅっと詰まっています。畑では、旬のジャガイモやハーブの収穫体験もできました。野菜は全てオーガニック!こちらの宿では、手づくりのフレッシュな野菜を使ったお料理が人気で、ここのごはんを食べたくて泊まりに来る人も多いそう。それもそのはず、女主人のマルイェさん(下の写真)は、首都タリンで28年間暮らし、ケータリングでおいしいごはんを提供してきたため、舌の肥えた都会の人たちが満足する味を知っているのですから!こちらがオーナーのマルイェさん。この日は、ソーセージづくりを教えてくれました!朝ごはんの様子。盛りつけも美しくって見とれてしまいます。朝から、デザートのケーキまでしっかり食べてしまいました! 写真右端のピッチャーの中にちらっと見えるのは、連載第4回でも紹介したカマ。お部屋はこんな感じです。花柄の壁紙がかわいい、カントリー調の空間。聞きそびれてしまったのですが、ベッドカバーのパッチワークはきっとこちらの宿の手づくり!(その理由は、後ほど)ミトンに帽子、あみぐるみ、パッチワークのクッション等、ぜーんぶ、91歳のおばあちゃんの手づくり!母屋のすぐ隣にある、こちらの小さな小屋は、お土産屋さんです!一歩中に入ったら、たくさんのかわいいが詰まっていました。ぬいぐるみなんて、ずっと買っていなかったけど、なんだか久々に買いたくなってしまいました。手のひらサイズなので、本棚や玄関にちょこんと置いてもかわいい。ミトンや帽子など、実用的なものも充実。こちらが、私が買ったミトン。ああ、冬が待ち遠しい!この手袋に合うコートがほしくなってしまうのでした。パッチワークのベッドカバーやバッグも。ここで販売されていたハンドメイドのアイテムは全て、こちらのファームを経営するご家族の91歳(!!)のおばあちゃんがつくったものだそう!帰国後、写真を見ていたら、部屋のベッドカバーもパッチワークだったことを思い出し、「きっと部屋のベッドカバーもおばあちゃんの手づくりに違いない!」と思ったのでした。ここに限らず田園エリアに行くチャンスがあったら、地元のおばあちゃんたちの手編みのミトンは、ぜひチェックして。つくった人から直接購入できるかもしれないですし、観光客で賑わう町中よりずっとお手頃価格だと思います。まるでおしゃれなヴィンテージショップ! ミュージアムに並んだ家族の愛用品お土産屋さんの隣には、小さなミュージアムもありました。洋服、テーブルウェア、レコードなど、およそ100年前からこちらのファームで代々使われてきたものを展示しています。どれもこれもさりげなく並べられているけど、とってもおしゃれ。レース使いが素敵です。展示品なのに買いたくなってしまう!ルフトレ・ツーリズム・ファームは、首都のタリンから車で1時間ほどのところにあります。敷地内には、サウナやプール、テニスコートもあり、また、予約をすればキャンドルづくりや、ガラスペインティングなどクラフト体験もできるので、ここで何日も過ごせそう。ちなみに、ガーデン・ウェディングもできるんですって!全8回に渡ってお届けした、フィンランド、ラトビア、エストニアの田園ツーリズム。いかがでしたか?洗練された都市でお買い物や食事も楽しいけれど、田園エリアでサウナに入ったり、ハイキングをしたり、伝統的な夏至祭を体験したり。これまでヨーロッパに何度も足を運んできたけれど、どれも今まで体験したことのないものばかりでした。今回の連載を通してどれかひとつでも、皆さんが「いつか行ってみたい!」と思う旅のアイディアが見つかったらうれしいです。取材協力:CAITOプロジェクト(田園ツーリズムプロジェクト)https://balticsea.countryholidays.info/フィンエアーhttps://www.finnair.com/jp/jp/
  • こんばんは☻ あっという間に三連休最終日、、! 皆さんは満喫できましたか??✨ 私は今日横浜に用事があったので 帰りにずっと気になっていたお店に 寄ってきました\(^o^)/❤︎ それがこちら、、絶品ピザのお店❤️『SPONTINI』です!!!こちらのお店は 横浜駅の地下直結の抜群の立地✨ 「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」 内にあります◎ フードコート初出店の、 新業態スタイルで展開しているのだそう。 日本国内には3店舗あり、 横浜の他には 東京(原宿)、福岡にお店があります☻ 私がオーダーしたのはおトク❤️なBセット♬Bセットには、 ◆マルゲリータ(ノルマーレサイズ) ※直径約50cmの8分の1サイズ ◆ソフトドリンク ◆サラダ の3品がついてきます。 こちらの3品で¥850+税という おトクなプライス❤️! ノルマーレサイズが想像していたよりも 意外と大きかったです、、! お昼や夕飯にサクッと食べて帰るのにも 大満足のボリューム…✨ちなみに、、明日はマルゲリータ1ホールが限定価格❤️!マルゲリータの1ホールが 9/17限定で¥1,600+税で 買えるようです\(^o^)/✨ かなりおトクですよね、、!⑅⁺˖- - - - - ⋈ - - - - -˖⁺⑅ こちらのSPONTINI、 また横浜に来た時は是非 寄りたいなぁと思います❤︎! 気になった方は是非 行ってみてくださいね♬カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • 大人のパーティーにはドレスコードがありました。 台風上陸当日のホワイトコーデはこんな感じでした!元同僚たちが集まって、友人のバースデーパーティが開催されました。 ドレスコードは『白』 どんなファッションで行くか悩んでいたら・・・。 この日は関東に台風が上陸するという。 悩みに悩んで、 先日ご紹介したオーガンジーのトップスを着て行くことにしました。 一緒に写っているのは、いつも素敵なスタイルでセンスのいいMちゃん。この日も素敵でした!!コーデのボトムスはネービーのタイトスカートとネイビーパンプス。 アクセサリーは シルバーのブレスレットにイヤリング。 かなりシンプルなスタイルです。 カーディガンは無しで行きました。実はこの時、足の薬指骨折中!!サンダルは会場付近で履き替え。(こんな時に・・・・)ミントグリーンのメロンのショートケーキ!! 会場は 『駒沢食堂』というテラス席も素敵なレストラン。 パークハイアットの総料理長もなさっていたシェフがこの日も腕をふるってくれました。 50名以上が集まっていた(と思います) パーティの皆さんがなさっているホワイトコーデは とっても華やかで素敵でした。 同期のみんなで記念撮影 カジュアルなパーティスタイル まだまだ勉強中です!! 美女組No.154 吉 ちえりのブログ
  • 革製品だけでなく、アクセサリーも魅力的なものばかりですよ!こんにちは、らんです。 エルメスで良く購入するもの。 革製品はもちろんなのですが、アクセサリーもとても素敵なのでご紹介します、 こちらは、ブリッドドゥガラという柄のエナメルバングルです。 エルメスは、エナメルアクセサリーが充実しています。バングルだけでなく、ピアス、ネックレスでもエナメルアクセサリーのお作りがあります。 色や柄も豊富で、わたしは、このブリッドドゥガラ以外にも、数本違う柄、色味のバングルを所持しています。 このバングル1本で、手元がグッと華やかになりますよね。 ステキなバングルをお探しの方、エルメスのエナメルバングル、オススメですよ^ - ^美女組No.151 らんのブログ
  • このプチプラを買わずして、わたしの秋は始まらない。このショップ、やっぱりすごい!今日は、1秒でも早くこのアイテムをお伝えしたいので、前置きナシで書きます!先日「ロペピクニック」で、このニットワンピースに出会いました↓ か、かわいい!!この秋、「このショップはすごい」と感じているプチプラは、ずばり「ロペピクニック」です。1日で、ビビっときた商品を3点もみつけ、一気にまとめ買いしました。 今回から3回連続で、「ロペピクニック」で掘り出してきた秘蔵のアイテムをご紹介させて頂きます★ 「何がすごいのか」を挙げるならば、「色」が素敵です。特にブラウン系の展開がとても魅力的で、「ミルクココア」のようなマイルド系から濃いめのチョコレート色まで、「普通っぽくない」ブラウンが揃っています。今回買った3点のアイテムも、全部がブラウン系なんです♪ その中で最初に見つけたのが、このワンピース↓ ニット生地&プリーツスカートの女性らしいデザインに、色は優しく秋めく淡ブラウン。頭の中にはこんなイメージが広がりました↓この時期に1枚で着るなら、同色のサンダルやハット、アニマル柄のバッグなどを合わせたり… それにしても、4,990円(+税)という価格に驚きです。値札を確認するまでは、6,900~7,900円くらいかな、と想像していたので、5,000円以下はありがたい!ストレッチのあるニット素材なので、とてもこの価格には見えない高見え感です。 ニットワンピースは、素敵だと思っても、着てみると「重たい」と感じることが時々あるため、試着は欠かせません。この生地はそれほど厚手ではないので、ワンピースにしてはとても軽やかな着心地で安心しました。 色は、もう1色ブラックがあり、正直迷いました。黒もシックでとても素敵なのです。悩み抜いた結果、秋らしいブラウンに決定。手持ちの服ともコーディネートしやすい、ミルクココア色の柔らかさが決め手でした。「重量」はクリア。次に気になるのは、「ニットのプリーツ」という点です。どんなに好みのデザインでも、シワになったらお手入れが面倒。そんな事をじ~っと考えていると、そこに、偶然このワンピースを着用した店員さんが登場。思わず質問をしてみると、「お洗濯をしてもシワになりにくいですよ」と、うれしい情報を頂きました。これを聞いて、買う気は100%♪ 家でお洗濯できるのは、ポイント高いですよね。早速試着をしてみると、想像通りやっぱりかわいい!丈もマキシで理想的。少し想像と違ったのは、ウエスト部分です。ストンとしたシルエットだと思っていましたが、お腹回りが4.5cmくらいの太いゴムで切り替えになっているため、ウエスト部分でキュっと引き締まり、上からニットが少し重なるようになります。ノースリーブワンピースは、今の時期に買っても「長く着られないのではないか」と思いますが、ノースリーブならではの利点を活かせば、とても長い間活躍させられます。袖がないため、ジャケットやカーディガンなどの上着を合わせても、肩がもたつかずスッキリ。1枚で着る時期が終わっても、そこからまた違った着方が楽しめます。ニットを上から重ねれば、単品のプリーツスカートのようにも見え、着回しのバリエーションが更に広がります(ネイビーのニットも、昨年秋のロペピクニックです)↓様々な素材のワンピースの中でも、ニットは女性らしさが特に増しますよね。ノースリーブならではの着回しやすさを活かし、この秋はかなりのヘビロテアイテムになりそうです♪【Day1】ブラウン×ブラックの2色で引き締めて↑淡いブラウンのワンピースは、小物も同色で合わせると、まとまり感はあっても印象がボヤけがち。羽織りものや小物に、ブラックなどの濃い色を入れて引き締めます。ブラウンと相性が良いレオパード柄もよく合いますね。シューズとバッグに入っている黒に、カーディガンの色をリンクさせ、全体をブラウンと黒の2色のみでまとめました。【Day2】ジャケットを羽織ってお仕事コーデ ↑ノースリーブは、ジャケットを羽織っても、肩や袖がもたつかないのでスッキリ着られます。トレンドのジャケットも、気負いなく着られますよ!これからの季節は、ロングブーツを合わせても秋らしいですね。このジャケットは、もうすぐご紹介する予定ですのでお楽しみに~♪【Day3】肌寒い日はロングカーディガンを合わせて↑ロングカーディガンを合わせると、女性らしい雰囲気がさらに増します。ニットワンピース&ニットカーディガンは重たく見えそうですが、ワンピースの生地が薄手なので大丈夫です。「ヴェルメイユ」のカーディガンは、色もデザインも女性らしく、1枚あると重宝します。【Day4】上からニットを重ね着して↑ノースリーブの良さは、ニットを上からかぶせられることもありますね。「かさばり」もなく、スカートのように着回せます。ブラウンに相性のよい赤を合わせれば、華やかな秋を感じるスタイルに。【Day5】暑い日はワンピース1枚で↑とはいっても、まだまだ暑い日も多い9月は、1枚でも清楚な印象に。袖がなくても、ニット素材なので夏っぽさは感じません。シューズとバッグには、濃いブラウンとイエロー系の小物を合わせて引き締めました。イエローのポシェットは、本日の「オマケのプチプラ」をぜひご覧ください♪ ↓トップスが重なったシルエットは、セットアップのようにも見えそうです。ちなみに、この日は3点買っても合計15,000円ほどでした。増税を前にすると、ついつい「今のうち精神」が顔を出します(笑)今月はやっぱり「コート」、買っておこうかな!▶ROPÉ PICNIC(ロペピクニック)「ニットプリーツワンピース」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.57★ 「LUPIS(ルピス)のバッグ、アクセサリー(290円~)」 思えば、わたしは小学6年生くらいから、ファッション雑誌を切り抜いてオリジナルの「買い物マップ」を作り、週末になると1人で原宿や代官山を歩き回っていました。その中でも1番好きだったのは、小学生の聖地「竹下通り」。お年玉もお小遣いも、ほとんどをここで費やした記憶があります。 大人になり、娘と再び訪れるようになった今は、あの頃とはまた違った楽しみ方ができるようになりました。大人が使えるプチプラ雑貨を掘り出すのが、今とても楽しいです♪ この夏は、竹下通りの「WEGO」で見つけたネットバッグをご紹介しましたが、最近は「LUPIS(ルピス)」にて、3点の掘り出し物を見つけました。ここの激安っぷりには、毎回本当に驚かされます。ただ安いだけではなく、探してみると、高見えかつ大人っぽいデザインがいっぱい!高い金額を出すのをためらってしまう、トレンドのデザインやカラーも、躊躇なくトライできる価格です。わたしが今回選んだのは、「Day5」のコーデに合わせたマスタードイエローのチェーンポシェット。なんと1,800円! 激安では、あまり見かけない秋色の「マスタード」。ゴールドの金具もイエローに合っています。安っぽいレザー感はなく、デザインが小さくてとても素敵。アクセントにする小物としては、大合格でしょう☆見逃せないのが、ピアスやイヤリングです。これも、シーズン商品でかわいいものがいっぱい。300円も出せば、こんなに秋らしい大人のデザインが!今回は、グレーのタッセルと、グレンチェックのボタンイヤリングを見つけました。メンズライクなゆったりとしたニットを合わせ、耳元で女性らしさを楽しんでいます。1日つけても痛くならない、クッション付属の商品が多いのも助かります。 正直、このようなファブリック系デザインは、プチプラも高価なものも、それほど見分けがつかないですよね!全国に店舗はありますが、すぐに見に行けない時には、オンラインショップも便利です。「大人買い」必至なので、送料無料の2,160円なんて、軽く突破しちゃいますね!▶ 「LUPIS」公式サイトはこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
関連キーワード

RECOMMEND