【中村アンさんがお手本】つけるだけでこなれる!シルバージュエリー4選

HAPPY PLUS ONE
シンプルでオーセンティックな表情が、逆に女らしさを引き立てると評判なんです。
【HERMES(エルメス)】永遠の憧れブランドがブームの発信源!

1/4

【TOMWOOD(トムウッド)】新作はキャンディカラーのオパールリング

2/4

【ENFOLD(エンフォルド)】アートピースのようなピアスを耳元に

3/4

【RATHEL & WOLF(ラッツェル アンド ウォルフ)】日本初上陸のロンドン発ジュエリーブランド

4/4

【HERMES(エルメス)】永遠の憧れブランドがブームの発信源!

普遍的なチェーンモチーフをあしらった、エルメスのシルバージュエリー。おしゃれプロをはじめ「かぶり買い」が続出しているアイテムは、シンプル服が今っぽく見違える!と圧倒的な支持が。
【TOMWOOD(トムウッド)】新作はキャンディカラーのオパールリング

職人がひとつひとつ作り上げるシグネチャーリングから、イミテーションオパールを使用した鮮やかなカラーが25色登場。ぽってりとしたリングは、着け心地の良さも人気の理由。


【ENFOLD(エンフォルド)】アートピースのようなピアスを耳元に

洋服だけでなく、旬のムードを纏えるジュエリーも揃うエンフォルド。インパクトのあるデザインながら嫌味なく、普段使いできるデイリーさが魅力です。縦のラインを強調して小顔効果も狙って。
【RATHEL & WOLF(ラッツェル アンド ウォルフ)】日本初上陸のロンドン発ジュエリーブランド

構築的なフォルムが新鮮なイヤーカフは、耳のシェイプに寄り添う装着具のようなデザイン。他では見られない「身につけるアートジュエリー」が豊富で、今後脚光を浴びそうな予感大。
手持ちのジュエリーに+1したい、今どき顔になれるラインアップ。
関連記事
  • 夏のチェックとストライプには、コーデを重たく見せずに歯切れのよさを加える「白」の存在感が重要! シンプルなスタイルに遊びをプラスした、おしゃれマダムたちのTシャツ×チェック&ストライプスタイルをご紹介。“カーキT×ストライプでアーバンスタイルが完成”齊藤登紀子さん(三陽商会 宣伝課 プレス担当) 大ヒット中のエクラとのコラボT。齊藤さんはカーキを愛用中。「身長167㎝のやせ型だからか、体操着のように見えてしまうTシャツとパンツが苦手でした。でもこのコラボTは高密度でしなやかな素材に前後差をつけたので、インでもアウトでもバランスよく着られます。黒白のワイドストライプパンツでちょっと差のつく着こなしを楽しんでいます」。 Tシャツ・パンツ/エヴェックス バイ クリツィア“好きな配色のチェックで白Tの鮮度をアップ!”朝生育代さん(エクラ 華組) 大学生の息子さんの付き添いで買い物に出かけた際、上半身が華奢な体型にアクネのTシャツがぴったりなことに気づいた朝生さん。「首の詰まり具合やフィット感が理想的。チェックのパンツで大人トラッドに着てみたい」。レタードネックレスとネイビーのサドルバッグにもセンスが光る。 Tシャツ/アクネ パンツ/ドゥロワー ネックレス/カドー バッグ/クリスチャン・ディオール 靴/エルメス >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/目黒智子(朝生さん) 大瀬智和(齊藤さん) 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※エクラ8月号掲載 
  • ベージュやカーキ、テラコッタなどに代表される乾いた大地を連想させるカラーボトムに注目。カジュアルなTシャツにシックなニュアンスを漂わせること、間違いなし。アラフィー女性たちのこなれ感抜群なおしゃれスタイルを公開。“機能性にこだわったきれいめコーデを実践中”井波麻理さん(ヨシエ イナバ PR) 夏のTシャツスタイルは、機能性にこだわる井波さん。すっきり見える襟ぐりや二の腕をカバーするドルマンスリーブに加えて、身頃のステッチでおしゃれ感も出せる大人の白Tを愛用中。「着るだけで様になる白Tは私の必需品。くるぶし丈パンツは軽量で柔らかく、しわが目立ちにくい機能をもつライトタフタなので、見た目も着心地も涼しく一日中快適です」。 Tシャツ・パンツ・バッグ/ヨシエ イナバ“上品な透け感とパンツのハードさをおしゃれにMix”関戸智美さん(edit&co.代表、ファッションディレクター) 「シャリッとした梨地素材に惚れ込み、透け感を生かしたTシャツをつくりました。ボトムは本格的な仕様が気に入って長年愛用しているカーゴ。あえて黒のキャミソールを着て、ゴールドのジュエリーをしっかりつけることで、若いころとはひと味違う大人の着こなしに」。存在感のあるバッグとヌーディな足もとで。 Tシャツ/アデルクチュリエ カーゴパンツ/グリーン バッグ/セリーヌ 靴/ア・デタシェ“こっくりとした配色を黒とシルバー小物で辛口に”鈴木たま江さん(エクラ 華組) 「今シーズンのTシャツは、黒やモカ茶といったコクのある色をきれいめに着たくて」と鈴木さん。きめが細かく光沢のあるノースリーブを、テラコッタ色のフレアスカートとヒールサンダルで。「ジュエリーはゴールド派ですが、黒とシルバーでエッジを効かせてコンサバ感をセーブします」。 Tシャツ/エストネーション スカート/シンゾーン ベルト・バングル・バッグ/エルメス 靴/ピッピシック >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/大瀬智和 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※エクラ8月号掲載 
  • エルメス、ティファニー…20代からの手もとに大人の時計とジュエリーをそろそろ、長く愛せるアイテムが欲しい。でもその気持ちが強ければ強いほど慎重に選びたい! そこでモア世代の編集Aが、おしゃれな先輩たちに「20代におすすめのウォッチ&ジュエリー」をしっかり聞いてきました。HERMÈS エルメス老舗メゾンの研ぎ澄まされたセンスには、凜とした大人の女性になるためのヒントが。アンカーチェーンに着想を得たブレスレット「シェーヌ・ダンクル」、メゾンを象徴する2連デザインとハートモチーフを合わせたピアス、ルーツである馬具をかたどった時計……。個々のアイテムにストーリーがあって、聞くほどに不思議と親しみがわく。つくり手を意識させられるアイテムとの初めての出合いは、人生の記憶に残るはず。ブレスレット「ニュー・ファランドール」¥161000・ピアス「ヴェルティージュ・クール」¥162000・時計「ギャロップ ドゥ エルメス」¥417000/エルメスジャポン「ブレスレットを筆頭に、今おしゃれな人の間で大注目の『エルメス』のジュエリー。ひねりのきいたモダンなデザインは、これからもカジュアルコーデを上げる存在として重宝するはず」(スタイリスト・高野麻子さん)「知的な手もとを演出する名品ウォッチは、ピンと来たものがあったらゲットして。私の愛用品は『Hウォッチ』。高級メゾンの時計としては手が届きやすい価格帯、かつ毎日使うものなのでまさに価値ある投資です」(スタイリスト・松村純子さん)TIFFANY & CO. ティファニーその時代ごとに女子のハートをつかむキャッチーなアイテムを打ち出す、愛されジュエリーの代名詞。リング、時計、ネックレスと重ねてつけてもどこまでも品がいいから何個でも欲しくなる。時計「ティファニー イースト ウエスト ミニ」¥435000・ブレスレット「ティファニー ハード ウェア ミディアム リンク ブレスレット」[シルバー]¥73000・リング(右)「ティファニー T トゥルー ワイド リング」[K18 ローズゴールド]¥174000・リング(左)「ティファニー T トゥルー ナロー リング」[K18 ホワイトゴールド]¥109000・ネックレス「エルサ・ペレッティ ダイヤモンド バイ ザ ヤード ネックレス」[プラチナ×ダイヤモンド]¥495000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)「流行に左右されない『バイ ザ ヤード』の繊細さは20代にもお似合い。お手入れしながら大事に使う経験を今のうちからしてみて」(スタイリスト・大平典子さん)「上質な時計やジュエリーが手もとにあると、たちまち洗練された印象に。モダンなデザインで、気負わず使えるのもうれしい」(スタイリスト・森 由美江さん) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/上澤友香 スタイリスト/辻村真理 撮影協力/TITLES UTUWA ●本文中( )内の数字はバッグおよび小物のサイズ(縦×横×マチ)、または靴のヒールの高さで、単位は㎝です
  • Tシャツの人気カラー御三家ともいえる黒、白、ネイビー。定番色だからこそ、更新感のある“なじませ&効かせ”テクをマスターしたい! アラフィー世代のおしゃれさんたちが、クールビューティーな涼しげスタイルをお披露目。“ぴったりの白Tを揺れる黒やシルバー小物で軽快に”近藤和子さん(エクラ 華組) 30代からTシャツはプチバトーひとすじ。肩のラインが少し内側に入る16歳用をピッタリと着るのが近藤さん流。「黒のリネンスカートでシンプルに着たいので、シルバージュエリーで華やかさを添えます」。テニスやピラティスで鍛えたボディに潔い着こなしが映える。 Tシャツ/プチバトー スカート/シンゾーン ネックレス・バングル/エルメス バッグ/ヘレンカミンスキー 靴/カール ラガーフェルド“小物でエッジを効かせる黒×ネイビーのワントーン”福田亜矢子さん(スタイリスト) 今年はモードに着る黒Tが欲しかった福田さん。「黒ボトムでの全身ブラックも素敵ですが、今日は光沢のあるネイビーのマキシスカートで揺れ感とツヤ感をプラスしました。靴やバッグ選びは一歩間違えるとPTA風になってしまうので、エッジの効いたハードめのデザインを選びました」。 Tシャツ/エイトン スカート/イレーヴ バングル/ジバンシー バッグ/ジル・サンダー 靴/マルタン・マルジェラ“流行のサイズ感を味方にほどよいモードを意識”松本千登世さん(ビューティエディター) 「白と黒の色違いを大人買いしたTシャツは、ほどよいゆったりサイズが気に入りました。女っぽさとマニッシュさのバランスをとるためにスカートにはレギンスを重ねて、メンズライクなミュールで足もとを重めに仕上げます」。バッグは黒でそろえずキャメルで軽さを。 Tシャツ/シンメ スカート・バッグ/ジル サンダー ラリエット/シャルロット シェネ 時計/カシオ 靴/ロベール クレジュリー”ロゴTが主役の大人ワントーンでシックに”豊田真由美さん(エクラ 華組) いくつになってもTシャツとデニムが似合う女性が理想という豊田さん。「子供が小さいころからときどきのぞくようになったザラ キッズで見つけたロゴT。夏はデニムをリネンに替えてワントーンでまとめました」。Tシャツをインして、大好きだというジャケットを肩かけにした着こなしが170㎝の長身にお似合い。 Tシャツ/ザラ キッズ ジャケット/ザラ パンツ・ベルト/エンポリオ アルマーニ バッグ/エルメス >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/目黒智子(福田さん、松本さん、豊田さん) 大瀬智和(近藤さん) 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※エクラ8月号掲載 
  • こんばんは!神谷です。BAILA8月号、もうご覧になりましたか?Tシャツスタイルの中村アンちゃんの表紙が目印です☆ 今回も気になる記事を少しご紹介します♪ 【大人の女っぽカジュアル・ルール】 最近、「カジュアルがキマらない」というアラサーのお悩み。 これ、すっごくわかります・・・! 私は今32ですが、1年前くらいからきれいめな着こなしの方が何となくしっくりくるようになりました。 しかし、夏は特にカジュアルなものを着ざるを得ない季節。 アラサーでも「無理なく似合う」カジュアルを知りたい! 小物選びのアイデアや・・・ おすすめのカラーなど! なるほどと思えるルールがたくさん!詳しくは是非誌面にて(^^♪ 【大人のユニクロルール4】 ファッションエディター伊藤真知さんによる「ユニクロ」着こなし講座。 誰でも手に取りやすいからこそ、少しの工夫でもっと高見えが叶うならとっても嬉しいですよね♡ 例えば▷rule3「スカート丈は”長め丈”が絶対!」 「シンプルな服は数センチの差がおしゃれに響く」って、確かに・・・! スカートはロング丈を選ぶのがベストのようです。早速、ユニクロにスカートを見に行っちゃいました笑 他のruleも是非誌面をご覧くださいね! そして今月号の付録は! 今月号の付録は、「レペット×BAILA PVCトート&レオパードポーチ」 女性らしいイメージのレペットがこんなスポーティーなアイテムになるなんて!と早速のお気に入りに♡ こちらについては、また次回のブログで書きたいと思います^^ *Instagramもやってます。よろしければご覧ください*
  • 夏はゆったりシルエットのチュニック。さらに黒リネンで涼しく。 このリネンのチュニックは、一昨年、娘とのショッピングで、自分では多分気がつかない、割と若い人向けのお店で、ビビッと来て購入したもの。 素材はリネンで前後Vネック、ゆったり、ふんわりしたシルエットなのでパンツに合わせたらいいかなと思い購入したのですが、もしかしたらワンピースなのかもしれません。 色違いの白も一緒に購入しました。 細身のパンツを合わせると無難に決まるので、とても便利で度々登場するお助けアイテムです。 服はいつもの如くシンプルなので、バッグや靴は大人感が出るインパクトのあるものを合わせました。 バッグはエルメス、靴はレペットのトラ柄。ハートのペンダントはバカラです。 この日は、緑の並木が気持ちの良い、丸の内仲通りにあるル・ブール・ノワゼットで、華組ランチでした。 美味しいランチと楽しいおしゃべりで時間があっという間に過ぎました。 みんなで並んで記念写真。 (右から、まゆみさん、りえさん、史さん、私) それにしてもみんな背が高い。167センチの私が一番低いという! 丸の内は大好きな街で、ランチにショッピングによく出かけます。その中でも仲通りの並木道は歩いているだけで気分がアップします。 Instagramもupしています。 ⇩華組 近藤和子ブログ
  • みなさん、最新号はもう読みましたか? 愛猫と一緒に♡ 持ち手をおもちゃと勘違いしています(笑) 表紙は中村アンさん! 今月は何と言っても、付録が豪華!レペットとコラボしたpvcバッグ&ポーチです。シンプルでどんなコーデにもマッチ&アクセントになるレオパード柄のポーチ付き!ポーチだけでも使えるし、バッグの中身次第でいろんなテイストの服に合わせられるので、早速重宝しています。 モードカジュアルにもしっくりくるpvcバッグ 先日バイラーズとのお茶にて。寒色のワイドパンツでゆるっとモードなコーデでまとめてみました。 Tops/united arrows Pants/roku Shoes/journal standard Bag/issey miyake レペットって可愛いイメージが強いですが、今回の付録は辛口めな服装が好きな私でも、とっても使いやすい!この日のサブバッグにもちゃっかり使いました。 まだまだ雨の日も続いているし、お手入れが簡単なpvcバッグは、ひとつ持ってるととっても便利ということが発覚!透明で中の物が見えるので、取り出したいものを簡単に見つけられるのも、荷物が多い私にはとっても嬉しいポイントです。 この日はGINZA SIXでシックなアフタヌーンティーを♩ バイラーズ・ももこちゃんとお茶をしたのは、GINZA SIX内・アパレルブランドJOSEPHが展開するカフェ「JOE’S CAFÉ」。 これで2人前 スタイリッシュな店内 ごろっといちごの入ったフルーツサンドが美味! スタイリッシュなカトラリーたちと、甘すぎない大人なスイーツですごく美味しかった!一般的なATよりも手ごろな値段でおすすめです♩   インスタでは他にも、おすすめのグルメを色々紹介しています↓↓↓ @mahal_mahar
  • きちんと感とモードな佇まいが共存するテーラード。上下別にも着られるから1セットは必携! 夏は袖を通さずに軽く羽織るだけでラフなスタイルを引き締める 半端丈のトラウザーやベスト型のトップスなど選択肢がますます豊富に! 全面に配されたチェリーモチーフが愛らしい。ジャケット、ビスチェ、パンツの3ピースはパーティにも最適な華やかさ。フロントのボタンをアクセントに。ジャケット¥440,000・ビスチェ¥135,000・パンツ¥160,000・ヘッドバンド¥67,000・パールネックレス¥363,000・ストロベリートップのネックレス¥80,000・タイツ¥20,000・サンダル¥102,000/グッチ ジャパン カスタマーサービス(グッチ) 0120-88-1921ダブルブレストのマスキュリンなデザインに袖口のファーが遊び心をプラス。首元にスカーフを巻いてより淑女的にアレンジを加えて。ジャケット¥362,000・パンツ¥115,000・中に着たTシャツ¥127,000・スカーフ¥20,000・ブーツ¥127,000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 03-3514-6187オーセンティックな生地感にミリタリーのユニフォームを思わせるラインが目を引く。ジャケット¥278,000・パンツ¥130,000・中に着たボディスーツ¥36,000・ブーツ¥140,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ) 03-5725-2414爽やかなショーツのボトムスが新鮮。暑い季節から軽やかに着こなしたい。ブラウスを重ねればどこか貴公子のような品格が漂う。 ジャケット¥300,000・ショーツ¥126,000・ブラウス¥189,000・ネックレス¥47,000・バングル(太)¥80,000・バングル(細)¥40,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 03-4335-1750ほどよく主張するチェック柄をシルク素材で仕立てている。ジャケット¥400,000・パンツ¥220,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 03-6274-7070サイドが開閉できる仕様のベストは 通気性も抜群。パンツはウエスト位置を調整できるボタンタブつき。ベスト ¥258,000・パンツ¥179,000/ザ・ロウ・ ジャパン(ザ・ロウ)  03-4400-2656涼しげな五分袖とクロップド丈でフレッシュに。直線的なシルエットが洗練されている。ジャケット¥198,000・パンツ¥103,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー) 0120-919-256 >>4|使える! Tシャツにプラスワン
関連キーワード

RECOMMEND