【中村アンさんがお手本】つけるだけでこなれる!シルバージュエリー4選

HAPPY PLUS ONE
シンプルでオーセンティックな表情が、逆に女らしさを引き立てると評判なんです。
【HERMES(エルメス)】永遠の憧れブランドがブームの発信源!

1/4

【TOMWOOD(トムウッド)】新作はキャンディカラーのオパールリング

2/4

【ENFOLD(エンフォルド)】アートピースのようなピアスを耳元に

3/4

【RATHEL & WOLF(ラッツェル アンド ウォルフ)】日本初上陸のロンドン発ジュエリーブランド

4/4

【HERMES(エルメス)】永遠の憧れブランドがブームの発信源!

普遍的なチェーンモチーフをあしらった、エルメスのシルバージュエリー。おしゃれプロをはじめ「かぶり買い」が続出しているアイテムは、シンプル服が今っぽく見違える!と圧倒的な支持が。
【TOMWOOD(トムウッド)】新作はキャンディカラーのオパールリング

職人がひとつひとつ作り上げるシグネチャーリングから、イミテーションオパールを使用した鮮やかなカラーが25色登場。ぽってりとしたリングは、着け心地の良さも人気の理由。


【ENFOLD(エンフォルド)】アートピースのようなピアスを耳元に

洋服だけでなく、旬のムードを纏えるジュエリーも揃うエンフォルド。インパクトのあるデザインながら嫌味なく、普段使いできるデイリーさが魅力です。縦のラインを強調して小顔効果も狙って。
【RATHEL & WOLF(ラッツェル アンド ウォルフ)】日本初上陸のロンドン発ジュエリーブランド

構築的なフォルムが新鮮なイヤーカフは、耳のシェイプに寄り添う装着具のようなデザイン。他では見られない「身につけるアートジュエリー」が豊富で、今後脚光を浴びそうな予感大。
手持ちのジュエリーに+1したい、今どき顔になれるラインアップ。
関連記事
  • 大人のおしゃれを完成するために欠かせない、ジュエリー。でも、自分に似合うジュエリーの選び方や最旬のつけこなしなど、実は知らないことも多いのでは? ジュエリースタイリングの第一人者・伊藤さんが、自身も最も好きなジュエリーだと語る「ブレスレット」のスタイリッシュなつけこなし方法をレクチャー。<ブレスレット>最もスタイリッシュで自立した女性像をつくりやすいのが手首伊藤さん自身が最も好きなジュエリーアイテムがブレスレット。ジュエリーの中でも、特にスタイリッシュな女性像をつくりやすいパーツ。今、伊藤さんが夢中になっている新鮮なつけ方はこの2つ。片方だけじゃもったいない。両手首づけが新鮮! 両手首につける場合は、ボリュームに少し落差をつければおしゃれ。 ブレスレット〈左手・手首側から〉「シェーヌ・ダンクル」(ともにシルバー)¥175,000・¥146,000 ・「ニュー・ファランドール」(シルバー)¥161,000・〈右手〉「カヴァルリ」(レザー)¥102,000・リング〈中指上から〉「ヴェルティージュ・クール」(シルバー)¥81,000・〈中指+人さし指〉ダブルリング「ヴェルティージュ・クール」(シルバー)¥89,000・ピアス「ヴェルティージュ・クール」(シルバー)¥122,000/エルメスジャポン(エルメス) ワンピース¥90,000/ブラミンクモチーフの存在感をアップさせるあえての地金ミックス ヘビをモチーフにした「セルパンボエム」のブレスレット。1本でも存在感あるこのブレスレットをあえて2色の素材をつなげてダブル巻きに。ドレスアップにはもちろん、ふだんのカジュアルスタイルにも似合う素敵なつけこなし。 ブレスレット「セルパンボエム」(WG×D)¥3,150,000・(YG×D)¥2,850,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン) シャツ¥104,000・パンツ¥73,000/メゾン・ディセット(ポーツ 1961)撮影/長山一樹(S-14) ヘア/JUN GOTO メイク/fusako(OTA OFFICE) スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/田沢美亜 取材・文/大野智子 ※エクラ6月号掲載 ※この特集中の素材略記は以下のとおり。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、PT=プラチナ、D=ダイヤモンド。  
  • 女優やモデルからの指名が絶えない大人気ヘアメイクアップアーティスト、河北裕介さんがレクチャー!ベージュ流行りの今季も、いつもと同じメイクをしていない? コーディネートとは、服とメイクのトータルバランスのこと。ベージュが映える今どき美人メイクは、色や質感に抑えるべきポイントがあるみたい。ヘルシーな第一印象を与える日焼け色のワントーンメイク 肌に近い色だからこそ、質感や色が重いと顔の印象が強くなりアンバランスに。肌なじみも良い軽やかなワントーンメイクなら、ぐっと美人度が増すというわけ。カッパーブラウンの目元とさりげなく仕込んだ立体感が決め手 まずは、繊細なパールが目元を印象的に仕上げるジェルタイプのアイシャドウをチェック。血色感を与えるクリームチークや、スキンケア仕立てのツヤ感を演出するハイライトを駆使して。他の画像を見る服と一緒にメイクも日々アップデートすれば、自分プロデュースも思いのままに。
  • 「通勤用のはおりはとりあえずカーディガン」という人におすすめしたいのが、「裏地なしノーカラージャケット」。今っぽさときちんと感が出るだけでなく、着ていてラクなデザインが続々登場しているんです。これからの暑い通勤のお供をぜひ見つけてみて!ketty【ケティ】きちんと感と女っぽさを両立するホワイトノーカラー【裄丈】66㎝【着丈】47㎝【袖丈】57㎝【素材】ポリエステル100%【色展開】ホワイト、ネイビー【サイズ展開】S・M・L モデル着用サイズ Mクリーンなホワイトが映えるほどよい光沢と、肌ざわりのいい質感がこれからの季節にぴったり。シンプルでコンパクトなシルエットは、フェミニンなスタイリングをぐっと大人仕様にまとめてくれる。ジャケット¥22000/ケティ ワンピース¥33000(エリン)・スカーフ¥21000(キンロック)/デミルクス ビームス 新宿 ピアス¥67000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥110000/トゥモローランド(ワンダラー) 靴¥74000/ジミー チュウTOMORROWLAND collection【トゥモローランド コレクション】ウエストマークジャケットで普段の着こなしにもメリハリをつけて【肩幅】45.5㎝【着丈】65.5㎝【袖丈】52㎝【素材】ポリエステル69%、麻29%、ポリウレタン2%【色展開】黒、ベージュ、白【サイズ展開】34・36・38 モデル着用サイズ 36ステッチとポケットでジャケットのまじめさをほどよく引き算。すっきりしたフォルムと無造作なウエストマークは着やせ効果も! ジャケット¥34000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) Tシャツ¥11000/サンスペル 表参道店(サンスペル) デニム¥26000/ヒステリックグラマー メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) 時計¥17000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バッグ¥50000/エッセンス オブ アナイ(オーエーディー ニューヨーク)qualite【カリテ】【肩幅】41.5㎝【着丈】68.3㎝【袖丈】55.7㎝【素材】コットン35%、ポリエステル35%、麻27%、ポリウレタン3%【色展開】ブラック【サイズ展開】36・38(データは38)落ち着いた大人のブラック。洗練されて見える深いVカットの襟とフロントの留め具もポイント。¥32000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ)THE SUIT COMPANY【ザ・スーツカンパニー】【肩幅】38㎝【着丈】58㎝【袖丈】49㎝【素材】ポリエステル100%【色展開】ネイビー、オフホワイト、グリーン、ベージュ【サイズ展開】36・38・40・42(データは38)ベージュでオフィス映えを狙って。ウォッシャブル仕様で平日の相棒にもってこい!¥16000/ザ・スーツカンパニー 銀座本店(ザ・スーツカンパニー)Theory【セオリー】【肩幅】37.5㎝【着丈】54.7㎝【袖丈】52.9㎝【素材】麻62%、レーヨン36%、ポリウレタン2%【色展開】ホワイト、ブラック、ベージュ、ネイビー【サイズ展開】00・0・2・4・6・8・10・12(データは2)リネンのナチュラルな風合いとほどよいストレッチで着心地が抜群! 後ろがぺプラムデザインになっていて、バックスタイルも女っぽく。¥44000/セオリー撮影/三宮幹史(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/中村アン ※BAILA2019年6月号掲載
  • スタイリスト松村さんのショッピングリストを全公開!その買い物は、新しいおしゃれにトライする「攻め買い」? マイスタイルを支える「守り買い」?思いきって手に入れた「清きよ水みず買い」? 早い時期から新作をたくさん見ているスタイリストが、自分のワードローブに選ぶ自腹買いアイテムとは? スタイリスト 松村純子さんスタイリスト 松村純子さん「“ナチュラルでありながら女っぽい”スタイルが好き」な松村さん。「好きな服がシンプルなぶん、小物でアップデートしていきたい。例えばヘアバンドは自分的には挑戦アイテムですが、『好きなものは好き』と素直に購入しました。少しずつマイスタイルになじませていきたいです」▶︎攻め買いINSCRIREの薄手とろみトレンチ「実はかなり薄手で、光沢感のあるシアーな質感。なのに形はベーシックなトレンチ、という絶妙なバランスに惹かれました」。トレンチコート¥139,000/アマン(アンスクリア)▶︎清水買いhumチェーンブレスレット「少しずつ買い集めているハムのジュエリー。手持ちのバングルや時計との重ねづけをイメージしています」。チェーンブレスレット¥166,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)▶︎守り買いYLÈVEのオフホワイトニット「ざっくりした編み地のヘルシーな雰囲気がお気に入り。ワイドパンツと合わせたり、ワンピースなどとレイヤードしてもいい」。ニット¥42,000/アングローバル(イレーヴ)▶︎清水買いHERMÈSHのウォッチ4「この深みのあるパープルの色みに惹かれて購入。スタイリングは色で冒険しない私にとって、手もとのちょうどいいさし色になってくれます」。時計/エルメス(本人私物)▶︎攻め買いLa Maison de Lyllisのヘアバンド「私的にはかなり攻めアイテムですが、黒なら使いこなせそう」。ヘアバンド¥5,800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス)▶︎守り買いSergio Rossi & JIMMY CHOOのポインテッドパンプス「どんなにカジュアルな日も、足もとで女っぽさをキープ。ポインテッドトゥはヒールあり、なし両方そろえたい」。(右から)フラットシューズ¥87,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) パンプス¥88,000/ジミー チュウ▶︎守り買いFilMelangeパックTシャツ「特にこのブラウンの色出しが秀逸」。パックTシャツ(3P)¥18,000/ロンハーマン(フィルメランジェ フォー ロンハーマン)▶︎守り買いACNE STUDIOS BLÅ KONSTのストレートデニム「常に自分に合うデニムを探していて、いい出会いがあれば必ず購入」。デニムパンツ¥26,500/アクネ ストゥディオズ アオヤマ(アクネ ストゥディオズ ブロ コンスト)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/発田美穂
  • @BAILAで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ5を発表! 第5位~第1位をチェックしてくださいね。 ※対象:2019年5月15日(水)~5月21日(火)の新着記事【第5位】最旬スマホケース&ミニポシェットは憧れブランドでゲット♡加速するキャッシュレスの波…もはや、スマホと少しのカードがあれば事足りてしまうかもという今、憧れのブランドでも小さなポシェットが人気者。ヴィトンやエルメスなど6ブランドの最新アイテムをご紹介します! ★記事はこちらから>【第4位】<無敵トップス9選>辛め派OL派はトレンド感を取り入れたトップスをスパイスに♡ついついクセの強いトップスばかりを選んでしまう辛め派OL。トレンドの形なら色はベーシックにするなど、足し引きのバランスをよくすれば着まわししやすいトップスが手に入る! そんなこの夏頼りになるトップス&はおりをお届け。 ★記事はこちらから>【第3位】通勤&休日OK! 大流行中シャカシャカアウターは【ワークマン(WORKMAN)】が最強説梅雨どき、さらに秋まで活躍する薄くて高機能なはおりものとして、ナイロン製の“シャカシャカアウター”が大ヒット中。挑戦しづらいと感じている人は、話題の【ワークマン(WORKMAN)】で高コスパなシャカシャカアウターから試してみてください! ★記事はこちらから>【第2位】¥1900に見えない【しまむら】で2度見&即買いした2WAY大容量トートバッグ¥1900~¥2900のリーズナブルなプライスゾーンで、なかなか高見えするウェアや小物が多く揃う【しまむら】の春夏物。“しまパト(=しまむらパトロール)”で見つけて購入したレザー調高見え2WAYトートバッグをご紹介。 ★記事はこちらから>【第1位】ファッション誌編集者が本気でおすすめ【ワークマン(WORKMAN)】レディースアイテムはコレ!ファッション編集歴14年のエディターが【ワークマン】の服のなかでも「最もコスパがいい!」と信じて疑わないのがコチラ。カジュアルテイストで普段着としても着られる、ワークマンの“つなぎ”の実力を大公開。 ★記事はこちらから>過去のファッション人気ランキングを見る
  • 今季は、通勤でいつもはおっているカーディガンを裏地なしジャケットにチェンジしてみませんか? テーラードジャケットならきちんと感のある通勤スタイルも余裕でつくれます!これから暑くなる日の通勤も快適に過ごせる「裏地なしテーラードジャケット」は要チェック。AURALEE【オーラリー】かっちりしたセットアップも色と素材で軽やかに女らしくシフト!【肩幅】46cm【着丈】70.7cm【袖丈】59cm【素材】コットン100%【色展開】アイボリー、ライトブラウン、ブラック【サイズ展開】0・1 モデル着用サイズ 1肌なじみのいいライトブラウンと、さらっと羽織れる軽素材。ダブルジャケットの持つマニッシュな表情を生かしつつ、色と素材で抜けをつくって。オーバーサイズだから、袖をまくって少し着くずして着るのが今の気分。ジャケット¥48000・ニット¥20000・パンツ¥30000/オーラリー イヤリング¥5500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ¥49000/アマン(ア ヴァケーション)BEAUTY & YOUTH【ビューティ&ユース】トレンドカラーの受け皿になるネイビーのダブルテーラード【肩幅】39㎝【着丈】63㎝【袖丈】59㎝【素材】ポリエステル75%、リヨセル17%、麻8%【色展開】ナチュラル、ネイビー【サイズ展開】S・M モデル着用サイズ M着こなしにお仕事感を添えてくれる、頼れるネイビー。同系色ワントーンで合わせればトラッドなテーラードも今っぽく。ジャケット¥16000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ニット¥12000・スカート¥16000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥45000・ブレスレット¥50000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥138000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)LAGUNAMOON【ラグナムーン】【肩幅】37㎝【着丈】72㎝【袖丈】59㎝【素材】ポリエステル100%【色展開】アイボリー、ミックス(チェック柄)【サイズ展開】S・M・L(データはS)お尻がすっぽり隠れる丈感とビッグサイズできゃしゃ見えを約束。明るいアイボリーで顔もぱっと華やぐ。¥13500/ラグナムーン ルミネ新宿(ラグナムーン)MARGARET HOWELL【マーガレット・ハウエル】【肩幅】42㎝【着丈】66㎝【袖丈】50㎝【素材】コットン78%、シルク22%【色展開】ライトグレー、ブラウン【サイズ展開】1・2・3(データは2)シルクが入った生地で着心地がなめらか。リラックスしたシルエットはデニムやTシャツとも好相性。¥43000/アングローバル(マーガレット・ハウエル)AOKI【アオキ】【肩幅】37㎝【着丈】55㎝【袖丈】49.5㎝【素材】ポリエステル100%【色展開】白×紺、白×グレー【サイズ展開】5・7・9・11・13(データは5)さわやかなネイビーのストライプ。サッカー素材で肌当たりも涼しい。自宅の洗濯機で洗えるから、お手入れが楽ちんなのもうれしい。¥13000/AOKI撮影/三宮幹史(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/中村アン ※BAILA2019年6月号掲載
  • カーディガンって万能だけど、よほど着こなしを工夫しない限り「普通」っぽくなり過ぎる!と思ってたけれど…最近、通勤含めて頻繁に着てるのが【lappartement deuxiemeclass】のカーディガン↓実はコレ、アンサンブルにもなるよう販売されてて最初は中のニットだけ購入したんです。 カーディガンは苦手なVネックな上に着丈も長め…買っても、せいぜい肩がけか飾りとして手に持つかしか出番なさそうと思って。 けれど、色が独特のベージュゆえ色合わせが難しいのもあって、数日後に結局カーディガンも購入したのですが… 正直「あーあ、ちょっと勿体なかったかな?」なんて思ってました。 ところがですよ! このタプッとした感じ、やや長めの着丈が想像以上に使えるではありませんか♬裾のゴム編み部分がシッカリしてるので、気付いたらズルっと下がってチュニック状態なんて事もナシ。 ボタンを全部留めて軽くブラウジングするだけでカンタンに「こなれ感が出る」とでも言いましょうか… とにかく『肌寒かったので、とりあえず羽織りました』的な、カーディガンあるある状態とはワケが違う仕上がりに(^^)cardigan:lappartementdeuxiemeclasse inner:R(23区×高橋リタ) pants:theory shoes:giuseppezanotti bag:hermes sunglasses:fendi今までアンサンブルのカーディガンと言うと脇役で、 「揃いのニットとセットで着て初めて一人前」そんな位置付けでした。 もちろん、ワードローブの中には、それも必要。 けれど、最初から脇役と割り切ってしまうのは勿体ない。 『時に主役、時々脇役』そんな二役をこなしてくれるカーディガンもあるんだ!と気付かされました(^o^) 同じ買うなら、今度はそんなカーディガンを見つけてみませんか!? 美女組No.52bemiのブログ
  • ずっと憧れだった銀座ならではの風格や洗練された美意識。エクラ世代になった今だから触れてみたい素敵なもの、価値あるものを、黒田知永子さんがご案内。1.銀座歩きの始まりは、アートなウィンドウと展覧会から 「銀座メゾンエルメス」 ’01年に完成したレンゾ・ピアノによるガラスブロックの建築は、銀座の街を明るく照らす行灯のよう。ウィンドウ・ディスプレイもアーティスティックで、夢あふれるアプローチが銀座の地によく似合う。広々とした店内は居心地もよく、「ファッションだけでなく、インテリアも見入ってしまいます」。 アートな銀座を語るうえで欠かせないアドレス。メゾンの年間テーマに合わせて、さまざまなクリエイターが手がけるウィンドウ・ディスプレイは、「街にひらかれた劇場」(※写真の展示は終了)。さらに見逃せないのが8階の「フォーラム」での展覧会だ。現在、『「うつろひ、たゆたひといとなみ」湊 茉莉展』(~6/23)を開催中。古代からの人類の営みを彷彿とさせる、大胆かつパワフルな作品は圧巻。ファサードペインティングは6/2までの公開!中央区銀座5の4の1  ☎03・3569・3300  11:00~20:00(日曜は~19:00) 不定休 ※フォーラムは閉場30分前までの入場、入場無料 トレンチコート¥150,000(ザ ハイアリン)・ワンピース¥83,000(ポステレガント)/以上ストラスブルゴ ピアス¥108,000・ブレスレット¥66,000・バッグ¥353,000・バッグに結んだスカーフ¥86,000/エルメスジャポン(エルメス) 靴¥85,000/リエート(サントーニ)2.洋の東西を問わず、骨董と新しいもののマリアージュを楽しむ 「サンモトヤマ銀座本店 アート・ライブラリー」古伊万里とオールドバカラが現代作家の漆の器や竹のカトラリーと取り合わせられる。北欧の家具とペルシャの絨毯が和の感性によって配置される。その研ぎすまされたセンスが、このアート・ライブラリーの真骨頂だ。 「ここではアフリカのお面、秋田杉の照明、デンマークの家具も同列に扱っています。日本独自の“和えて見立てる”感性によって、さまざまな国の古いものや日本の現代のプロダクトが出会い引き立てあう。ここは文化の国際結婚の場だと思っているんです」と話してくれたのは、『サンモトヤマ』の茂登山貴一郎さん。これからの時代、個人の時間をどう豊かにしていくか? お客さまからも学ばせてもらいたい。そういう思いから、「アート・ライブラリー」という名をつけたという。 「友だちに教わってここを訪れるようになったのだけど、オールドバカラの小ぶりなコップや、カメルーンの鉄の貨幣の置物など、ほかにはない好みのものばかりでいつもため息が出ます。コンディションのよさも魅力ですね」と、黒田さんもうっとり。中央区銀座6の6の1銀座凮月堂ビル4F ☎03・3573・0030 11:00~19:00(日曜、祝日は~18:00) ㊡年末年始 http://www.sunmotoyama.co.jp/ ワンピース¥63,100/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ピアス¥78,000/ストラスブルゴ(サイモン アルカンタラ) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)3.聞香も体験できる、銀座の香文化の発信地 「香十 銀座本店」仏教とともに祈りのお香が日本に伝わり、やがて香道として和の生活文化に。その雅やかな香りの世界を身近にしてくれるのが、リニューアルオープンしたばかりの『香十 銀座本店』。 「畏まらずカジュアルにお香を体験していただけるよう、店の奥にバーカウンタースタイルの席を用意しました。まずは香木体験コースで、季節に合った3つの香木を電子香炉で楽しんでみてください」と、広報の伴在貴弥さん。  スタッフのかたに教わりながら、香炉を持ち、手で覆ってためた香りを深呼吸するように聞く黒田さん。 「繊細な香りに気持ちを集中させると、感覚が研ぎすまされ、浄化されるような感じがしますね。家でも掃除をしたあとに、お香を焚くんですよ。部屋の空気がさっぱりするし、不思議と気持ちが落ち着くんです」と話す。  ここではスティック状のお香から、名刺入れに入れる『名私香』、ルームフレグランスなど、和の香りを日常に取り入れるためのさまざまな商品がそろう。和の空間だけでなく、現代のインテリアや洋服にも合わせてみたい。中央区銀座4の9の1 B1 ☎03・6264・2450 11:00~19:00 ㊡年末年始 https://www.koju.co.jp/ ワンピース¥138,000/オンワードグローバルファッション(ジル・サンダー ネイビー) ピアス/私物他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/荒木大甫 ヘア&メイク/徳田郁子 スタイリスト/池田奈加子 モデル/黒田知永子 取材・文/山崎陽子
関連キーワード

RECOMMEND