振り切りまくり! 埼玉県人必見の漫画『翔んで埼玉』が映画でパワーアップ!

HAPPY PLUS ONE
『翔んで埼玉』二階堂ふみ、GACKT
『翔んで埼玉』二階堂ふみ、GACKT
「パタリロ!」の魔夜峰央による話題のコミックを映画化した『翔んで埼玉』が、2月22日(金)より公開となる。まずは、W主演を務めた二階堂ふみとGACKTが、二次元の耽美的キャラクターにとことん寄せた、気合十分のビジュアルがインパクト大。さらに“ディスリ”を娯楽に進化させた作風が新しい。

ご存知、ストーリーは、埼玉県をとことんディスった内容だ。ずっと迫害を受けてきた埼玉県人は、身を潜めてひっそり暮らしている。二階堂が演じる主人公・壇ノ浦百美(だんのうらももみ)は、東京の名門高校・白鵬堂学院の生徒会長で、普段から埼玉県人を見下し、「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!」と、すさまじい暴言を吐きまくっている。

ある日、百美はアメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗(GACKT)と出会い、心をときめかせるが、実は麗が埼玉県人だという衝撃的事実が発覚。百美はショックに打ちひしがれつつも、麗と惹かれ合っていく。

とにかく笑いのトラップが散りばめられている本作。埼玉県人特有のポーズがあったり、埼玉県人かどうかをチェックする際に、「踏み絵」として埼玉県名物の草加せんべいが使われたり、海に面していないのに海が大好きな埼玉県人を罠にかける“埼玉県人ホイホイ”が登場したりと、たたみかけるような小ネタの応酬がたまらない。

監督は「のだめカンタービレ」や「テルマエ・ロマエ」など、人気コミックの実写化シリーズを数多く成功させてきた武内英樹監督。映画ならではの埼玉VS千葉という激闘の構図を入れ込み、さらに埼玉以上に悲惨な扱いを受けている群馬や茨城のネタにも爆笑必至。また、主演の2人と共に、ディープなキャラクターを作り込んだ伊勢谷友介、京本政樹の熱演も秀逸だ。

とびきり愉快な『翔んで埼玉』ワールドだが、観終わったあと、心地よい地元愛に包まれるのが、この映画の懐の深さだろう。ぜひ、映画館へ行って、多くの人と観て、声を上げて笑って!

『翔んで埼玉』
原作:「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」魔夜峰央(宝島社)
監督:武内英樹
出演:二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、京本政樹ほか
2019年2月22日(金)より全国ロードショー
http://www.tondesaitama.com/
©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

Text/山崎伸子
関連記事
  • プチプラで素敵なアクセサリーをご紹介します。Biju mam (ビジュ マム)というブランドのアクセサリーです。 全て職人さんによるハンドメイドで一点物! 天然石の石の色、形も様々で同じものが2つとありません。 自分だけ、オンリーワンのアクセサリー。デザインがシンプルなので 重ね付けしたり、アレンジしやすい! リングもバングルもフリーサイズの物が多く、調節可能な事も嬉しいです。 特に春・夏は、ポイントになるアクセサリーが大活躍しますね。 今までは、大阪や、福岡など関西方面にしかお店がなかったのですが、3/20(火) 銀座三越3F にBiju mam東京初の常設店舗がOPENしました。 どれを見ても可愛くて、いくつも欲しくなっちゃいます。 肌の色、質感、その人の持っている雰囲気が一人一人違うので、実際に色々試して選ぶのがとても楽しいですよ。 一緒に行ったお友達3人で、お互いに似合う物を1時間くらい選んでました。 天然石のアクセサリー、おすすめです。 美女組No.140 Yuのブログ
  • "ボーっと生きてんじゃねーよ!"のセリフで大人気のNHK「チコちゃんに叱られる」のキャラクター、"チコちゃん"のグッズを販売しているイベントが東京駅一番街いちばんプラザで開催中! 私も番組の大ファンで♡ 特にキョエちゃんが大好きなのですが、待望のキョエちゃんグッズもあると聞いて早速行ってきました!♡チコちゃんフェスティバル in東京駅一番街いちばんプラザ会場のフォトスポットでは、チコちゃんとカラスのキョエちゃんがお出迎え♡♡♡ かーわーいーいーーー\( ´ω` )/♡かわいすぎる♡ イベントは大盛況!! この日も整理券による入場制限&長蛇の列&完売アイテム続出…! 私は時間の都合で集合時間まで待てない&並べない…_(´ཀ`」 ∠)_と諦めかけていたところ、時間に余裕がある上司が代わりにグッズをゲットしてきてくれましたヽ(;▽;)ノ♡ うれしすぎるーーー! 絶対にグッズをゲットしたい方は時間に余裕を持って行くのがオススメです! ゲットしてきていただいたのは、チコちゃんのどらやき、メモ帳、チコ太郎飴の3つ♡♡♡かわいいすぎるー\( ´ω` )/♡ チコ太郎飴の中身をよーく見ると、いろんな表情のチコちゃんの金太郎飴が…♡ キョエちゃんももちろんいます!♡メモ帳のなかの絵柄は2種類! こちらもいろんな表情のチコちゃん♡ オフィスでもチコちゃんが大人気なので、仕事用のメモで使おうと思っています♩ そして、チコちゃんのどらやきはいちばん欲しかったもの!♡ パッケージもかわいいー\( ´ω` )/♡メロメロもちろん中身にもチコちゃんとキョエちゃんが!!♡ どらやきに焼印されています♡ 文明堂とのコラボでお味も間違いなし◎おうちが一気にチコちゃんワールドに\( ´ω` )/♡ どれもかわいすぎますー♡ 公式Twitterで整理券の配布状況や商品の在庫情報がお知らせされているので、ぜひ参考に遊びに行ってみてくださいね♩* 開催期間は3/28まで! 1合計3,240円以上のお買い上げかつ先着でオリジナルバッグをもらえる特典もあるそうなので要チェックです◎ 私も欲しかった靴下をゲットするべく、お休みの日にまたリベンジしに行きたいと思います!モアハピ部 No.510 MIYU のブログ
  • 今日は前いた投資の部署で とてもお世話になった先輩の結婚式 椿山荘へ 江戸川橋で降りたら 桜…!? 綺麗✨✨ 東京は桜咲くのが早いですよね江戸川橋から少し歩く&坂道なので タクシーに乗っても便利ですが 私は高校のOB OG会で一度 行ったことがあったので徒歩で行きました 昨日まではあったかかったけど 今日は冬のコート着込んできて正解! 主賓のご挨拶 「結婚生活の秘訣は 『譲る』 」 だそうです すべてをギブアップするのではなく 譲ることで自分の本当の要求は主張する なんだか結婚生活以外にも 活きてきそうですね…? ちなみに今日は披露宴から参加で 髪は美容師さんにやってもらいました 渋谷のお店渋谷 アイティア プレシャスセット専門のお店で ホットペッパーで探すと 土日は昼間限定で2000円のコースがあります どんなふうにしてほしい、の イメージ写真を探してもっていくと そのとおりにしてくれます! 私はシニヨンを少し横に流してもらいました後ろから見ると …うーんうまく映せてないけど 雰囲気こんなですパールのパッチン止めは持参。 お店は渋谷のヒカリエ側16c出口からすぐです 開発中の渋谷、工事してるので 少し余裕持って行くと焦らず到着できます 楽しくお祝い、 沢山写真撮って、 心配した雨も降らず、 感動のムービー、 新郎のご親戚の酒蔵の日本酒をご馳走になり すてきな式でした! お土産はうどんと、 そしてバームクーヘン お招きありがとうございました 容赦なく飛んできた 「旦那探しは進んでるか!?」 「こういう場だぞ!!」 「ほら!!今だーーー!!」 という職場の先輩たちの激励に 応えることはできないものの …ちなみに会場の向かいにあった、 とがった建物は教会のようです! 構内の一般見学可みたいなので 今度行ってみたいと思います! end モアハピ部 No.666 ぶり のブログ
  • 紫外線だけが日焼けの要因だと思っていませんか? 実は「暑さ」も日焼けとシミを加速させるそうなんです。外から守るだけではなく、内側からも日焼けを阻止することは、これからの美白の新常識になるかも。東京では桜も開花。ぐんぐん気温も上昇して、暑がりの私は、脱ぐ・羽織るが自在なコーデに毎日頭を悩ませています。 そんな折、ポーラが発表したショッキングなニュースを耳にしました。なんと夏の日焼けには、紫外線以外にも原因があったんです。そればずばり「気温」。温度が上がり、皮膚表面の温度が上昇すると、紫外線に肌が過剰反応。メラニン生成のサイクルが狂い、常に大量のメラニンを作り続けてしまうのだとか。 毎年のように暑くなっている日本の夏、どんなに紫外線から肌を守っても皮膚温までコントロールするのは難しい。私みたいな暑がりは、この「暑さヤケ」の深みにすでにはまっている気がしてなりません。 実は、ポーラはそれ以外にも皮脂が引き起こすシミ・くすみなど「夏にヤケやすい要因」を解明しています。そう、今や紫外線対策だけでは夏の肌悩みには立ち向かえないんです。じゃあどうすればいいんだろう……?の答えがこちら。ポーラが誇る美白、ホワイトショットシリーズに新たに仲間入りするホワイトショット RXSです。ポーラが新たに見出した「暑さヤケ」をケアする独自の新成分を配合。皮脂ヤケや抗糖化など、紫外線以外にもシミ・くすみを引き起こす要因を幅広くケアしてくれるジェルクリームです。真夏でも気持ちよく使える、プルンと美味しそうなこのテクスチャーからして素敵! のばした瞬間から肌をひんやり鎮めてくれます。とっても軽やかで、弾けるようなみずみずしさも魅力。うっかり日焼けしちゃって肌がごわついても、これならすんなり浸透してくれるはずです。弾け出したうるおいがしっかり肌におさまってくれるので、物足りなさを感じることもありません。1日中うるおって、乾きにくい柔らか肌を保ってくれます。ベタつかないので、夜だけではなく朝ケアにも使えるのがまた嬉しい。紫外線対策も大切だけど、それ以外の要因からもしっかり肌をガードしないと、美白肌のキープは難しいもの。絶対暑いであろう今年の夏が来る前に、暑さヤケ対策、知っておいて損はありません。 あー、これを連れてリゾートに高飛びしたい……(現実逃避)。ホワイトショット RXS[医薬部外品] 50g ¥12000、リフィル ¥11500/ポーラ<5月1日(水)発売> ●「POLA」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 10歳のときに子役として銀幕デビューを果たしてからわずか4年後、コーエン兄弟による『トゥルー・グリット』で映画賞を総なめ。2015年にアーティスト活動をはじめたかと思えば、ファーストアルバム『Haiz』が世界中で大ヒット。その才能は疑う余地がなく、かのテイラー・スウィフトがいち早くツーショットをインスタグラムにアップしたのは有名な話。 若手スターのなかでも頭一つ抜けた活躍を見せる、ヘイリー・スタインフェルド。弱冠22歳にしてベテラン女優の風格を漂わせる彼女が新たに挑んだのが、『トランスフォーマー』シリーズの最新作『バンブルビー』。3月22日の日本公開に先駆けて来日したヘイリーに、初インタビュー。撮影秘話から美容のこだわりまで、パーフェクトな女優像の陰に潜む、22歳の等身大の声をキャッチ。棒に刺さったテニスボールと撮影するのは、初めて!(笑)弱冠22歳にして、ロマコメからアクション、社会派ドラマまで、幅広い作品への出演経験を持つヘイリー。そんなハリウッドが誇る“オールマイティ女優”にとっても、『バンブルビー』は「試練続きだった」とか。 「肉体的にも精神的にも、たくさんのチャレンジがありました。なかでも一番大変だったのが、想像で演技をすること。だって撮影中のバンブルビーは、棒に刺さったテニスボールだったんです(笑)。ロスで開催された試写会で完成作を観るまでは、バンブルビーがどう動いて、どんな反応をしているか、まったく知らなかった。イマジネーションを膨らませる技術がかなり鍛えられました」。車が地球外金属生命体に変身する『トランスフォーマー』シリーズの最新作である本作。バンブルビーはヘイリー演じるチャーリーが初めて手にする、憧れの“マイカー”。劇中はバンブルビーを運転する様子が数多く描かれているが、それもまた、試練のひとつだったよう。 「プライベートでも毎日のように車に乗っているから、まったく問題ないと軽く考えていたの。アクションをしたり、セリフを言いながら運転をすることがこれほど難しいなんて、夢にも思わなかった。 これもまた、大きな発見だった」。ただのアクション、ただのヒューマンドラマに終わらないところが、本作の魅力舞台は1987年のアメリカ。愛する父を亡くした悲しみを乗り越えられないチャーリーは家族から孤立し、父の形見である車の修理にひとり没頭する毎日を過ごす。部品を購入するためアルバイトに勤しむが、高級車に乗る同年代の女子に引け目を感じたり……。10歳からショービズ界で活躍しているヘイリーは、そんなヒロインをどう思ったのだろうか。 「社会に対する困惑やフラストレーション、他人から誤解されていると感じる悲しさなどを抱えたチャーリーは、世のティーンエイジャーをリアルに表現していると思う。年を重ねて落ち着いたけれど、私も彼女と同じ年齢の頃には同じような悩みを抱えていたから、すごく共感できたの」。「チャーリーがバンブルビーと出会って強さや自信をつけていく様を演じて、学ぶことが多かった。だから、たくさんの人のインスピレーションにもなるはず。この映画のいいところは、そこに非現実的なアクションが混ざっていて、ただの青春映画で終わらないところ。重たくならないし、観終わったあとにスカッとするの」。音楽は世界の共通言語! 目を見て通じ合える人ほど、深い絆で結ばれていると思う戦いで傷つき、声を失っているバンブルビー。チャーリーと出会った当初はお互いを警戒するも次第に友情が芽生え、深い絆で結ばれるように。ふたりのように、言葉でのコミュニケーションなくして、深い信頼関係を築いた経験の有無を尋ねると、「もちろん!」という答えが返ってきた。 「むしろ見たり感じたりするだけで相手を理解できる関係こそ、最もパワフルな、深い絆で結ばれていると思う。私もこれまで何度か、そういった素晴らしい出会いを経験してきた。チャーリーとバンブルビーもそうだったけど、まず大事なのは、相手を信じて壁を取り除くことじゃないかな」。「それから私は、音楽を通してたくさんの友達ができた。好きな曲のプレイリストを作って渡し合うんだけど、それだけで相手をすごく理解できるの。作品にも描かれているけど、音楽はユニバーサル・ランゲージだって実感している」。コスメ大好き! 練習だとうまくメイクできるのに、本番で失敗するの(笑)「メイクが好きで、いろいろなコスメを集めてる。暇なときの練習ならうまくできるのに、外出する前にしようとすると失敗してばかり! 不思議でしょ(笑)」と笑いながら語る姿は、等身大の24歳。 とはいえ続々と大作に出演しながら、アーティストとしても活躍するなど、多忙な日々を過ごしていることは言わずもがな。美肌のキープ術が知りたいところ。 「とにかく毎日、たくさん水を飲むこと。日焼け止めは毎日欠かさずに塗って、しっかり洗顔する。 あとは保湿かな。とにかく移動が多い生活で、とくに飛行機に乗ると、肌がパリパリに乾燥しちゃう。つねにローズウォーターミストを携帯して、こまめにスプレーしてる」。ライブ衣装を選ぶようになって、スタイリングの幅が広がったティーンから絶大な人気を誇り、レッドカーペットやイベントなどでは、スタイリングも注目の的。「ファッションウィークのショーは必ずチェックしていて、気に入ったスタイルはスマホに保存。友達と出かける日などは写真を見直して、スタイリングの参考にするの」という若きファッショニスタに訪れた、ファッションの転機とは? 「2015年に音楽活動を初めてから、スタイリングの幅がぐっと広がった気がする。ライブの衣装を選ぶようになって、それまでのプライベートやレッドカーペットとは違ったテイストを取り入れるようになったからかな。とくに参考にしている人はいないけど、尊敬しているのはリアーナ、マドンナ、ケイト・モス。冒険心があって、人に媚びず、自分の好きな服を着る姿勢が素敵だから!」。自分を愛するのって、簡単なことじゃない。私は環境に恵まれていたと思う女性の美しさや素晴らしさ、また自己肯定の大切さをテーマにした楽曲を多く手がけ、パワフルなメッセージを発信。堂々とした振る舞いから自信が満ち溢れるヘイリーがもっとも感謝するのは、家族の存在だ。 「自分を愛するって、そう簡単なことじゃない。社会や人の理想に自分を当てはまらせようと苦しんでいる人は多いし、私もそのせいで自分らしさを失ったり、自分を愛せなくなった時代があった。それを乗り越えられたのも、まわりの人に恵まれていたおかげ。とくに家族は、私が幸せを探せるよう、励まし続けてくれた。だからこそ今、自分の才能を発揮できているし、一番落ち着く環境に身を置けている。すごくラッキーだと思うからこそ、そのぶん人を尊敬して、正直でいることを大切にしているの」。『バンブルビー』大ヒット公開中 https://bumblebeemovie.jp/ © 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.
  • 各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?Jマダムたちは、どんな瞬間に「持ってる」と感じるのか。「ほしいと思っているものを、よく知人からプレゼントしていただくことがある」(AU・47歳)、「旅の行く先を決めた後、必ずと行っていいほど、テレビの旅番組でその土地の特集が組まれる」(AK・52歳)……ふむふむ、運が向いている感じ。さらに、「念ずれば通ず」ってこともあるようで、「連絡しないといけないなと思っていた知り合いに、その日偶然、街で会ってびっくり、ということがよくある」(KS・54歳)、「退職した上司の後任の方について、面識がないにもかかわらず私が勝手に『あの方だったらいいな』と想像していた方が、本当に着任することに」(HH・51歳)、「憧れている建築家の建築作品を見に行き、いつかお逢いしたいと思っていたら、偶然眼の前に……。さらにその後、仕事でもお目にかかることに」(NT・49歳)。みなさん、持ってますねー。また、こんなエピソードも。「常日頃、東京で暮らしたいと思っていたら、子どもたち2人が東京の大学に進学。おかげで、理由をつけては東京に遊びに行けるように」(KT・54歳)、「子どもの受験の際、『ここ!』と直感した学校があり、どうしても入学させたいと3年間、強く思っていた。我が子の実力は合格ラインからは程遠かったけれど、なぜか私は『絶対に大丈夫、行ける!』。そう思い続けたら、子ども2人ともその学校に無事合格」(AU・50歳)。持ってる人のパワー、子をも動かす。恐れ入りました。 ちなみに、「念ずれば通ず」は、脳科学的にも説明がつくという説も。なんでも、強く念ずることで無意識に体が動き、その当然の結果として、夢が叶ったり目標を達成できたりするようなのだ。「2年ほど前からふと、『人生、抗うことをやめて訪れたご縁を楽しんでみよう』と思い人生を歩くようになってから、『和服美人100人』および『着物美人』に選ばれ、デジタル出版ではありますが着物姿が海外に配信された」(HI・50歳)、「3年ほど前、1年の目標として『英会話をもっと勉強する!』と書いた紙を鏡の前に置いて毎日確認するようにしたら、2ヶ月後、たまたま訪れた場所に英会話教室の貼り紙が。直ぐに連絡をしたら、あと1人で定員というところでギリギリ入ることができ、今も続けている。そこで外国の方とも知り合えて友人も増えた」(IT・52歳)。本人としては無意識だから「たまたま」と感じるのかもしれないが、「持ってる人」はやっぱり、それなりの努力や準備をしているのね。取材・文/鈴木裕子
  • グッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレは、わずか3年間のうちに、ファッションの流れを大きく切り換えた。世の中の価値やジェンダーの概念、さらにアイデンティティにまで、新しい視点をもたらしながら  5月の晴れ渡ったある日、アレッサンドロ・ミケーレと私は隣同士に座り、大きなガラス窓越しに、ロウアー・マンハッタンの一角を眺めていた。同じ景色を見ていたが、それぞれに受けた印象は違った。私の目には実用本位の雑多なビルの寄せ集めに映ったが、ミケーレはそこに物語と歴史とヘリテージを読み取った。できれば統一感をもたせたいと思う私とは違って、彼はありのままの自然体がいいと言う。活気はあるけれど乱雑だと私がつぶやけば、ミケーレはモザイクのようだと形容する。 「ヴィクトリア様式、1930年代のスタイル、この街にはたくさんのエレメントが織り込まれているんだ」と彼は感嘆した口調で語り出す。うっとりさせるような声で話すミケーレは、彼の友人ジャレッド・レトに劣らない俳優のように見えてくる。「美しいよね、素顔の感じがいい。ここは人々の生活が息づく街なんだ。みんなが心地よく暮らせるようにと、少しずつ築かれてきた街なのさ」。彼はニューヨークに来るたび、このホテルのスイートに泊まる。10階の高みから見渡せるこの景色のために。ローマの自宅を離れている間、ここが彼にとってのマイホームになるのだ。 アレッサンドロ・ミケーレ 2018年5月6日NYにて撮影  現在47歳のミケーレは、2015年1月にグッチのクリエイティブ・ディレクターに就任した。今回彼は、ふたつのイベントのためにニューヨークにやってきた。まず、このインタビューの前日に、ソーホーにグッチのニューショップがオープンした。ここは単に商品を買うだけの場所ではなく、あちこちを見て回り、のんびりと時間を過ごせるファッションの殿堂だ。円形ソファでくつろいだり、映写室で映画を観たり、1985年出版のマドンナが表紙を飾った『インタビュー』誌の復刻版をぱらぱらとめくったり、20数万円のレザーブーツを試したり(試さなかったり)しながら、ミケーレのイマジネーション溢れるにぎやかなカオスにゆったり浸ることができる。グッチは今、世界中のショップをこういったスタイルにリニューアルしているところだ。ショッピングするだけでなく、自分らしさを見つけ、くつろいで、夢を見られる場所にするために。  ふたつめの目的はメトロポリタン美術館コスチューム・インスティテュートのチャリティ・ガラだ。ミケーレには、俳優のジャレッド・レトと歌手のラナ・デル・レイが同伴した。ふたりの話をし始めると、ミケーレの口調は熱を帯びてくる。独創的な彼らは“なりたいと思ったとおりになる”という理念を体現した人たちだとミケーレは言う。彼らのようになるには自分の意思で生き、自分で決断していく必要がある。「ジャレッドはシャーマンみたい。ロングヘアで整った顔だちをしていて、クレイジーなスタイルをしている。ポップカルチャーの新イエス・キリストっていう感じかな。生き方そのものが外見に現れた人だよね」 「生き方」という言葉は、ミケーレが常に大事にしているコンセプトだ。このテーマをもとに彼は、影を薄めていたグッチの全面改変をし、最も話題性の高いブランドへと昇華させた。多くの顧客がショップに舞い戻り、グッチは再び、かつての文化的な威信と経済的な成功を取り返した。ミケーレはもちろん、服やスリッポン、バッグなどが売れることを望んではいるが、単に“もの”を売りたいわけではない。彼はそこに付随するエキセントリックで多様性に富んだ、開放的な感性を伝えたいのだ。そのメッセージを広く発信するために、ミケーレはあらゆるコミュニケーション方法を用いている。  彼が新しいグッチの世界に巻き込んでいるスターやコラボレーターも、その伝達役を担っている。元プロスノーボーダーのトレバー・アンドリュー、別名“グッチゴースト”は、2013年末から2014年にかけて、「GG」のロゴを使ったグラフィティをブルックリンやマンハッタンのあちこちに描いてきたアーティストだ。彼は無許可でロゴを使用していたが、ミケーレは著作権の侵害訴訟や停止通告をするどころか正式なコラボレーターとして招き、快諾したアンドリューとともに2016-’17年秋冬コレクションを手がけた。  グッチで2017年に発表された、ダークブラウンのミンクファーに、モノグラムプリントの巨大なバルーンスリーブがついたボンバージャケットは、80年代のハーレム伝説のデザイナー、ダッパー・ダンのコピーだと糾弾されて世間を騒がせた(註:ダッパー・ダンはハイメゾンのロゴなどを取り入れた服で人気を得たが、著作権侵害に問われ1992年以降、活動を休止していた)。非難を受けたミケーレは、コピーしたことを認めると同時に、それがダンへのオマージュだったことを説明した。 ダンへの敬意を示して、ミケーレは彼にコラボレーションのオファーをし、ジョイントラインも展開した。さらにはハーレムの、見事に改修されたブラウンストーンの角のビルの1階にダッパー・ダンのアトリエをオープン。華やかに装飾された入り口に足を踏み入れると、窓から通りを見渡せる、真っ赤なカーテンに囲まれたアトリエに通じる。「最初は冗談かと思ったんだ。シンデレラが、何頭もの馬が引く馬車を目にするまで、夢物語を信じられなかったようにね」。アトリエに立ち寄った私に、ダンはそう話してくれた。「でもそのあと僕は、まるでこれから舞踏会に向かうような、天にも昇る気持ちになったよ」  ミケーレが初めて監修した香水「グッチ ブルーム」を発表したとき、彼は既存の枠にとらわれずに、個性的な3人のミューズを選んだ。映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2015年)の中で、ロープで縛られ、ゆがんだ愛欲に翻弄される役を演じたダコタ・ジョンソン。フォトグラファーであり映像プロデューサーの若きカナダ人、ペトラ・コリンズ。そしてトランスジェンダーのモデル兼女優として活躍するハリ・ネフ。ミケーレは大声で人々に伝えたいのだ。彼が創り出すラグジュアリーの世界はどこまでものびやかで開放的なのだと。グッチは誰にでも居場所のあるパラッツォ(大規模な邸館)で、その華やかに飾り立てた空間では、誰もが仲よく肩を並べて暮らせるのだということを。(ミケーレによる常識破りなグッチが誕生するまで)SOURCE:「Alessandro Michele」By T JAPAN New York Times Style Magazine BY FRANK BRUNI, PHOTOGRAPHS BY MICHAL CHELBI, FASHION STYLED BY JAY MASSACRET, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO JANUARY 10, 2019 その他の記事もチェック 中沢新一が読み解く、アレッサンドロ・ミケーレの哲学的ファッション アートとファッションの異端児が仕掛ける、オリジナリティをめぐる展覧会 NYのベドフォードにて撮影。NYのベドフォードにて撮影。
  • 小さいころはなんだか煙に巻かれて納得がいかなかった「よそはよそ、うちはうち」。実は今の世の中の生きづらさをラクにする魔法の言葉だということが判明! この「よそうち」哲学が今必要とされる理由を、関西出身の有識者二人に聞きました!関西マインドに詳しい2人に聞いた!「よそうち」哲学6“よそはよそ、うちはうち”にいたるまでの考え方が大切なんですね。たとえばブランド品をたくさん持っている人がいたら、“いいなぁ”ではなく“あんなにジャラジャラつけとったら肩が凝るやろな”と考えるんです。これはカウンセリングでは“リフレーミング”と呼ばれているもの。違う枠組みでものごとをとらえ、自分にとってポジティブな面を見つけるんです。大阪のおばちゃんはこれがとてもうまい。(精神科医 名越康文さん) “幸せ”の尺度は、世間的にはお金や恋人の有無で判断されてしまう面があります。つい人と比べてしまいがちなんです。一方で“楽しさ”は、今おいしいものを食べているとか、テレビが面白いとか、目の前にあるもので、一人で満たせる気持ちです。大阪のおばちゃんは"楽しさ”で生きているんですよ。大阪のおばちゃんに“今幸せですか?”なんて杓子定規に聞いても、“どうやろなあ”と笑われる気がします。(精神科医 名越康文さん) 人と比べてしまうのは、“あの人が持っているものを、私は持っていない”という思いからきていますよね。でも大阪のおばちゃんは“これいくらやと思う? 100円やで!”と、自分が持っているものの安さを自慢する。マウントが自由なんですよ(笑)。さらに、うらやましいと思ってしまう相手に対しても“いつまでもいいことは続かへんで”と、サッと切り返すこともできます。(精神科医 名越康文さん) 関西の方って“オチは?”っていうじゃないですか。あれはつまり、起承転結を求めているんですね。幸せそうな“結”の部分だけを見ても、“しんどいことも乗り越えてんねんやろうな”とストーリーを考えられる。もし意地悪な人と出会っても“この人なんでこんなに性格悪くなったんやろか”と、考える。ひとつの事象を“女の人生”の一部として見られるから、細かく比べたりしないのかもしれません(ノンフィクションライター 森 綾さん)うらやましいなと思ったときは、口に出してしまうのが大阪のおばちゃん。なんなら“ええ服着てんなあ〜”ってベタベタさわりにくることもあります(笑)。暗くなったり、モヤモヤしてもしょうがない。それなら、明るく大げさに伝えてあげたらええねん!の精神です。大阪のおばちゃん同士は、感情を吐き出すことを許し合えているコミュニティで生きているので、悩む前に明るく本人に言えるんです。(ノンフィクションライター 森 綾さん)キラキラきれいな人を見たときに“あれをやり”って言われたらできるやろか、そんなずっと素敵でおるのは無理やなっていうところまで考えるんですよ。人のよさを素直に認めて、キラキラしている裏側には努力があるんやろうなって考える。そうすれば、“よそうち”の精神になれるんですよね。自分にはできない部分を認めることも大事。だってできへんことはできへんねんから!(ノンフィクションライター 森 綾さん)  教えてくれたのは…… 精神科医 名越康文さん 奈良県生まれ。情報番組「シューイチ」(日本テレビ系 日曜7時30分〜)をはじめとするテレビ・ラジオでのコメンテーターや、映画評論、漫画分析なども。 著書:『生きるのが "ふっと” 楽になる13のことば』朝日新聞出版 1400円 ノンフィクションライター 森 綾さん 大阪市旭区生まれ。スポーツニッポン大阪の新聞記者からFM802編成部員を経て、独立。人物インタビュー、エッセイ、コラムなどを女性誌を中心に連載中。 著書:『大阪のおばちゃんの人生が変わるすごい格言一〇〇』SBクリエイティブ 1200円 イラスト/香川尚子 取材・原文/東 美希 ※BAILA2019年4月号掲載
関連キーワード