【寒さの底はこれから!】おしゃれと防寒を両立する「レイヤード」上手になりたい

HAPPY PLUS ONE
比留川 游さんみたいに、着込んでもスマートな装いを目指したい!
【ジャケット編】コートの下に着込んでも重たくならない黒コーデ

1/4

【ジージャン編】今の時期から春アウターを投入しても◎

2/4

【パーカ編】男子ウケもする優しげカジュアルコーデ

3/4

【レザーブルゾン編】気分も華やぐお気に入りのブラウスと

4/4

【ジャケット編】コートの下に着込んでも野暮ったくならない黒コーデ

身頃にゆとりのあるコートなら、ジャケットにパーカ、シャツ… このくらい着込んでも意外と余裕。レイヤード=野暮ったい、そんな概念は黒で払拭!パーカからのぞく少しの白が、ストイックな黒コーデの抜け感に。
【ジージャン編】今の時期から春アウターを投入しても◎

コートの色も選ばずに、着こなしのポイントになってくれるジージャンをフル活用して。あったか見えするスヌードで季節感をプラスすれば、気分のアガるオフィス服が完成♡
【パーカ編】男子ウケもする優しげカジュアルコーデ

ソフトな肌触りのニットパーカなら、カジュアルでいて女らしい最強のバランスに。親近感がある、と男子ウケの良いボーダーとも好相性です。ボトムスはスカートでも、いつものデニムでもOK。
【レザーブルゾン編】気分も華やぐお気に入りのブラウスと

少しワイドなデニムやかごバッグ、フラットシューズ… ジェーン・バーキンみたいなフレンチカジュアルも、春を待たずしてコートの下で楽しみましょう。ニット1枚よりもおしゃれの幅が広がります。
コートの下にアウターを挟むだけで印象が変わる! そんなマンネリ打破&防寒対策、明日からのコーディネートに役立てて。
関連記事
  • 通年を通してデニム率8割の私。軽めのフレアとややゆとりのあるスキニーが今の気分です。デニムといえばファッションアイテムのド定番。 ただ定番だからこそちょっとのシルエットの差で 今っぽいかそうでないかが表れるアイテムかもしれません。 という事で春に向けて購入したのが こちらの2つ。 YANUKのライトなフレアと upper hightsのちょいユルスキニーです。 YANUKは冬のセールで見つけました! 春になったら着ようと思い少し寝かせて 2月後半あたりから活躍しています。 やりすぎ感のないゆるいフレアは 古っぽくならないギリギリのところ。 upper hightsは色が大好き! 別のシルバーのボーイフレンドを持っているのですが もう少し細身が欲しくて 今回はTHE RIPSTICKという型を購入。 この形でシルバーの作りが無かったので 今回はプラチナムという色です。両方ともトップスにはロング丈を合わせています。 ワッフルのロングワンピに ショート丈のジャケットでお手軽コーデ。 ロング丈のシャツも欲しい。 いつもなら無地を選ぶんだけど花柄もいいかも。 全体の色がベーシックなので 小物で何かさし色があったらいいかな~。 それとも大好きなメタリックカラーで とことん無彩色にこだわるか。 服も心も軽くなる春。 ファッションを考えるのが楽しいですね。 美女組No.101ようこのブログ
  • アラフォー女性に似合う黒コンバースコーデをハイカットとローカットタイプ別にご紹介。パーカやTシャツを合わせて大人カジュアルに、ワンピースやジャケットを合わせて抜け感をプラスするなど、1足持っているとコーデの幅が広がる黒コンバース。お気に入りの黒コンバースコーデを見つけて。【目次】 ・黒コンバースのハイカットスニーカーコーデ ・黒コンバースのローカットスニーカーコーデ【1】黒コンバースのハイカットスニーカーコーデ■黒コンバースのハイカットスニーカー×パーカ&ワンピースコーデ花柄ワンピースは、ユニクロのパーカーやコンバースなどのスニーカーに合わせると「老け見え防止」になります。ハイカットに入った白がスカートの花びらとマッチして、黒でも重くなりません。(美女組Akaneの高見えプチプラファッション)▶老けて見えない花柄ワンピースは体型カバーで5,000円■黒コンバースのハイカットスニーカー×Tシャツ&デニムパンツコーデロゴTシャツには、やはり合わせたいブルーデニム。ロゴが少しあるだけで少し抜けた感じに。 ■黒コンバースのハイカットスニーカー×Tシャツ&プリーツスカートコーデ黒のスカートでラフでも女っぽく。■黒コンバースのハイカットスニーカー×ジャケット&パンツコーデTシャツのロゴに合わせてアイテムを黒でまとめて全体の統一感。白を目立たせてTシャツが主役に。■黒コンバースのハイカットスニーカー×Tシャツ&白パンツコーデホワイトデニムはラフでもさわやかな上品さ。▶すごい!が凝縮。Tシャツ1枚でなれる「普通」なのにおしゃれな人 ■黒コンバースのハイカットスニーカー×パーカ&プリーツスカートコーデパーカーやスニーカーでフェミニンを崩して。▶春の美人度2倍増し!着回せてコーデが広がるのはこの色です■黒コンバースのハイカットスニーカー×黒ニット&プリーツスカートコーデオールブラックに合わせても白が映えます。▶今すぐ持ちたい春バッグNo.1!これで誰でも即おしゃれ見え■黒コンバースのハイカットスニーカー×ジャケット&パンツコーデ黒ジャケットを羽織り、パンツにハットを合わせて。▶デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります■黒コンバースのハイカットスニーカー×トレンチコート&パンツコーデトレンチに合わせれば、カジュアル回避で仕事にも。■黒コンバースのハイカットスニーカー×ワンピースコーデデニムの「ハイ」で上品なワンピースを着崩す。■黒コンバースのハイカットスニーカー×黒ニット&チェック柄パンツコーデブラックのハイは、10年履いているパンツの黒線にリンクして「まとまり」感が出ます。▶合わせる靴がない!足元の悩みを完全解決するこの1足■黒コンバースのハイカットスニーカー×白Tシャツ&スカートコーデ白Tシャツと黒スカートに重ね着できるニットを巻いて。■黒コンバースのハイカットスニーカー×ベージュニット&デニムパンツコーデ短めのニットに重ね着しても、チラ見えの白がさわやか。▶今着る服に困る!秋コーデが2倍素敵になる、誰でも持ってるこの1枚■黒コンバースのハイカットスニーカー×ショートパンツコーデタンクトップにカーディガンを羽織って大人のショートパンツコーデ。▶ショートパンツ、大人はどう履けばいい?? ■白コンバースのローカットスニーカー×ブルゾン&赤パンツコーデカジュアルに押されず、「締めるところは締めさせて頂きます」な、引き締めバッグがいい感じ。▶かぶらないおしゃれTシャツは、メンズ「S」に隠れてます【2】黒コンバースのローカットスニーカーコーデ■黒コンバースのローカットスニーカー×パーカ&ワンピースコーデマウンテンパーカーとコンバースでカジュアルに着ても大人可愛い。▶トレンチの下は何を着る?花柄ワンピなら1枚で簡単にオシャレ見え!■黒コンバースのローカットスニーカー×モッズコートコーデモッズコートに合わせて。黒なら負けずにコーデがまとまる。▶スニーカーも白と黒!※商品は販売を終了している場合があります
  • 「日本で初めてのことしたいです」ロマのリクエストで釣り堀に。ビギナーズラックで池の主が釣れちゃう!?職場にきた新しい講師ロマは、弟みたいに人なつっこい。マニアックなチョイスに笑いつつ、スポーティなボーダー&デニムでおつきあい。定番スタイルも、今期らしいアースカラーのマウンテンパーカをはおると新鮮なムードに。足元はハイテクスニーカーで抜け感を。釣り経験者の彼氏にも来てもらって3人で釣り堀を楽しんでいたけれど、ロマの意外な釣果に一緒に行った彼がなんだかご機嫌斜め……。(絵美里)トップス¥13000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(メゾン シャントワーズ) ピアス¥27000/ビームス ハウス 丸の内(グリン) スカーフ¥11000/ スピック&スパン ルミネ有楽町店(オズマ) バッグ¥11000/アダム エ ロペ 靴¥12000/アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) (ロマ)カットソー¥14000・コート ¥59000/エイトン青山 パンツ¥14000/ヘリーハンセン原宿店(ヘリーハンセン) ニット帽¥6000/カシラ ショールーム(カシラ) 靴¥6300/シップス 渋谷店(スペルガ×シップス ジェットブルー)  時計¥17000/ウエニ貿易(ヘンリー ロンドン) ウエストポーチ¥12000/フェイス(キルナ) 靴下/私物【今月のPROFILE】フランス語学校のコーディネーター・絵美里 フランス文化センターのスクールコーディネーター。講座やイベントの企画運営、講師のアテンドなどで多忙な日々。彼氏とはつきあって3年目、そろそろ結婚も意識。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着映えトップス】肌見せボーダーバックがVあきで、ヘルシーな肌見せができる! ¥13000/ジャーナル スタンダード  レリューム ルミネ新宿店(メゾン シャントワーズ)【薄はおり】しゃかしゃかアウターギャザー入りのマウンテンパーカ。今っぽいスポーティMIXも簡単。アースカラーで旬度高く。¥36000/フラッパーズ(ティッカ)【春のシンプルワードローブ】インディゴデニムどこか上品で可愛げのあるハイウエストデニム。¥17000/UTS PR(ジェーン スミス)「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】FABRIQUE en planete terre 長袖ボーダーカットソー ¥6,900+税【関連商品】RED CARD Anniversary Highrise ¥19,000+税撮撮影/森脇裕介(絵美里)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中村未幸〈roraima〉 スタイリスト/大平典子  モデル/絵美里、ロマ・トニオロ 取材/久保田梓美 文/衛藤理絵
  • そろそろ春になるし小物から新しいものに変えようかな~、靴?バッグ?と思っているとき・・・ MORE4月号掲載のなかで「あ!これ可愛いな~、店頭に見に行こうかな~?」と思ったアイテムがありました! BLUE LABELとMOREコラボ ミニ「コロン」バッグ♡ブルーレーベルと言えば思いつく、このチェック柄・クレストブリッジチェック このチェックが可愛くて店頭で何度足を止めたことか、、、 そのバッグが今回MOREとコラボ!! 素敵すぎる~ オリジナルのロングセラー商品であるミディアムサイズのコロンをミニサイズに! ワンハンドルバッグかつ 取り外し可能なショルダーも付いて斜めがけも出来る! プチプラコーデもコロン持つだけでワンランクアップ!・nikoand...(ニコアンド) Vネックリブニット ・nikoand...(ニコアンド) ツイルトレンチロング MORE4月号掲載の春服の組み合わせが可愛かったのでトレンチを取り入れたコーデ。 モノトーンチェックがコーデを締めてくれる感じがします! 春になるとよく履くようになるデニムともあわせてみました・ANDJ(アンドジェイ) カシミヤタッチカーディガン ・UNIQLO(ユニクロ) デニムこれから一番しそうなカジュアルコーデもコロンを持つだけで今っぽさが加わりワンランクアップコーデに。 24日までブルーレーベルクレストブリッジ店舗や公式オンラインでキャンペーンも開催しているようです! この機会にぜひお手に取ってみてはいかがでしょうか? モアハピ部 No.396 miRaiのブログ
  • シャツやカットソーを一枚で着ることも多くなるこの季節、プラスしたくなるのがネックレス。でも、安易に頼るのはNG。「大人にふさわしいつけ方が必要です」とは、ジュエリーの第一人者の伊藤美佐季さん。そのおすすめのアイテムと装い方を公開!伊藤美佐季さん 本誌をはじめ、さまざまなテイスト、年代の雑誌で活躍中のスタイリスト。上質かつモード感も忘れない、高い美意識が漂うスタイリングで女優やモデルからの指名も多い。ジュエリーディレクターとしても活躍中。1.TIFFANY & CO. 胸もとの上質感はロング×ロングで表現上質なチェーンネックレスに、ボールが印象的な同じコレクションのロングペンダントを重ねれば、洗練された胸もとに。「ティファニー ハード ウェア ラップ ネックレス」(YG、チャームつき)¥1,850,000・ネックレスにつないだ「ティファニー ハード ウェア リンク ブレスレット」(YG)¥390,000・「ティファニー ハード ウェア ボールペンダント」(YG)¥385,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) シャツワンピース¥39,000/ザ・ウォール ショールーム(リト)2.CHANEL 首もとに添うようにカーブしたモチーフがグラフィカルチョーカーのように短いチェーンの先には、ふわりと舞い降りてきたかのように軽やかな、ゴールドとダイヤモンドで表現されたカメリアの花。オープンワークとカーブの要素を組み合わせることで、大きめながら心地よい着用感を実現。まるでタトゥーアートのような存在感を肌にプラスしてくれる。ネックレス「カメリア コレクション」(YG×D)¥975,000/シャネル オールインワン¥61,000/エストネーション(シャイナ モート)3.VAN CLEEF & ARPELS あえて内側はクールなオニキスで引き締めて大人の甘さを演出する「アルハンブラ」。ホワイト&グレーマザーオブパールやオニキスのモノトーンでコーディネートすると、シックな表情に。「マジック アルハンブラ ロングネックレス 16モチーフ」(YG×ホワイトMOP×グレーMOP×オニキス)¥2,550,000・「マジック アルハンブラ ロングネックレス 1モチーフ」(YG×オニキス)¥610,000(ともに予価)/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) オールインワン¥47,000/ミュラー オブ ヨシオクボ他の画像を見るeclat4月号掲載 撮影/宮㟢裕介(SEPT/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/JUN GOTO メイク/中野 賢 スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/田沢美亜 取材・文/大野智子 ※記事中の略号は以下のとおり。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、RG=ローズゴールド、D=ダイヤモンド、SV=シルバー、MOP=マザーオブパール。
  • グッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレは、わずか3年間のうちに、ファッションの流れを大きく切り換えた。世の中の価値やジェンダーの概念、さらにアイデンティティにまで、新しい視点をもたらしながら  5月の晴れ渡ったある日、アレッサンドロ・ミケーレと私は隣同士に座り、大きなガラス窓越しに、ロウアー・マンハッタンの一角を眺めていた。同じ景色を見ていたが、それぞれに受けた印象は違った。私の目には実用本位の雑多なビルの寄せ集めに映ったが、ミケーレはそこに物語と歴史とヘリテージを読み取った。できれば統一感をもたせたいと思う私とは違って、彼はありのままの自然体がいいと言う。活気はあるけれど乱雑だと私がつぶやけば、ミケーレはモザイクのようだと形容する。 「ヴィクトリア様式、1930年代のスタイル、この街にはたくさんのエレメントが織り込まれているんだ」と彼は感嘆した口調で語り出す。うっとりさせるような声で話すミケーレは、彼の友人ジャレッド・レトに劣らない俳優のように見えてくる。「美しいよね、素顔の感じがいい。ここは人々の生活が息づく街なんだ。みんなが心地よく暮らせるようにと、少しずつ築かれてきた街なのさ」。彼はニューヨークに来るたび、このホテルのスイートに泊まる。10階の高みから見渡せるこの景色のために。ローマの自宅を離れている間、ここが彼にとってのマイホームになるのだ。 アレッサンドロ・ミケーレ 2018年5月6日NYにて撮影  現在47歳のミケーレは、2015年1月にグッチのクリエイティブ・ディレクターに就任した。今回彼は、ふたつのイベントのためにニューヨークにやってきた。まず、このインタビューの前日に、ソーホーにグッチのニューショップがオープンした。ここは単に商品を買うだけの場所ではなく、あちこちを見て回り、のんびりと時間を過ごせるファッションの殿堂だ。円形ソファでくつろいだり、映写室で映画を観たり、1985年出版のマドンナが表紙を飾った『インタビュー』誌の復刻版をぱらぱらとめくったり、20数万円のレザーブーツを試したり(試さなかったり)しながら、ミケーレのイマジネーション溢れるにぎやかなカオスにゆったり浸ることができる。グッチは今、世界中のショップをこういったスタイルにリニューアルしているところだ。ショッピングするだけでなく、自分らしさを見つけ、くつろいで、夢を見られる場所にするために。  ふたつめの目的はメトロポリタン美術館コスチューム・インスティテュートのチャリティ・ガラだ。ミケーレには、俳優のジャレッド・レトと歌手のラナ・デル・レイが同伴した。ふたりの話をし始めると、ミケーレの口調は熱を帯びてくる。独創的な彼らは“なりたいと思ったとおりになる”という理念を体現した人たちだとミケーレは言う。彼らのようになるには自分の意思で生き、自分で決断していく必要がある。「ジャレッドはシャーマンみたい。ロングヘアで整った顔だちをしていて、クレイジーなスタイルをしている。ポップカルチャーの新イエス・キリストっていう感じかな。生き方そのものが外見に現れた人だよね」 「生き方」という言葉は、ミケーレが常に大事にしているコンセプトだ。このテーマをもとに彼は、影を薄めていたグッチの全面改変をし、最も話題性の高いブランドへと昇華させた。多くの顧客がショップに舞い戻り、グッチは再び、かつての文化的な威信と経済的な成功を取り返した。ミケーレはもちろん、服やスリッポン、バッグなどが売れることを望んではいるが、単に“もの”を売りたいわけではない。彼はそこに付随するエキセントリックで多様性に富んだ、開放的な感性を伝えたいのだ。そのメッセージを広く発信するために、ミケーレはあらゆるコミュニケーション方法を用いている。  彼が新しいグッチの世界に巻き込んでいるスターやコラボレーターも、その伝達役を担っている。元プロスノーボーダーのトレバー・アンドリュー、別名“グッチゴースト”は、2013年末から2014年にかけて、「GG」のロゴを使ったグラフィティをブルックリンやマンハッタンのあちこちに描いてきたアーティストだ。彼は無許可でロゴを使用していたが、ミケーレは著作権の侵害訴訟や停止通告をするどころか正式なコラボレーターとして招き、快諾したアンドリューとともに2016-’17年秋冬コレクションを手がけた。  グッチで2017年に発表された、ダークブラウンのミンクファーに、モノグラムプリントの巨大なバルーンスリーブがついたボンバージャケットは、80年代のハーレム伝説のデザイナー、ダッパー・ダンのコピーだと糾弾されて世間を騒がせた(註:ダッパー・ダンはハイメゾンのロゴなどを取り入れた服で人気を得たが、著作権侵害に問われ1992年以降、活動を休止していた)。非難を受けたミケーレは、コピーしたことを認めると同時に、それがダンへのオマージュだったことを説明した。 ダンへの敬意を示して、ミケーレは彼にコラボレーションのオファーをし、ジョイントラインも展開した。さらにはハーレムの、見事に改修されたブラウンストーンの角のビルの1階にダッパー・ダンのアトリエをオープン。華やかに装飾された入り口に足を踏み入れると、窓から通りを見渡せる、真っ赤なカーテンに囲まれたアトリエに通じる。「最初は冗談かと思ったんだ。シンデレラが、何頭もの馬が引く馬車を目にするまで、夢物語を信じられなかったようにね」。アトリエに立ち寄った私に、ダンはそう話してくれた。「でもそのあと僕は、まるでこれから舞踏会に向かうような、天にも昇る気持ちになったよ」  ミケーレが初めて監修した香水「グッチ ブルーム」を発表したとき、彼は既存の枠にとらわれずに、個性的な3人のミューズを選んだ。映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2015年)の中で、ロープで縛られ、ゆがんだ愛欲に翻弄される役を演じたダコタ・ジョンソン。フォトグラファーであり映像プロデューサーの若きカナダ人、ペトラ・コリンズ。そしてトランスジェンダーのモデル兼女優として活躍するハリ・ネフ。ミケーレは大声で人々に伝えたいのだ。彼が創り出すラグジュアリーの世界はどこまでものびやかで開放的なのだと。グッチは誰にでも居場所のあるパラッツォ(大規模な邸館)で、その華やかに飾り立てた空間では、誰もが仲よく肩を並べて暮らせるのだということを。(ミケーレによる常識破りなグッチが誕生するまで)SOURCE:「Alessandro Michele」By T JAPAN New York Times Style Magazine BY FRANK BRUNI, PHOTOGRAPHS BY MICHAL CHELBI, FASHION STYLED BY JAY MASSACRET, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO JANUARY 10, 2019 その他の記事もチェック 中沢新一が読み解く、アレッサンドロ・ミケーレの哲学的ファッション アートとファッションの異端児が仕掛ける、オリジナリティをめぐる展覧会 NYのベドフォードにて撮影。NYのベドフォードにて撮影。
  • マンパ、Gジャン、トレンチコート、この春買うべきアウターはコレ! 1枚投入するだけでぱっと目を引く春コーデにアプデできる♡ - 目次 - » マンパコーデ     » Gジャンコーデ     » トレンチコートコーデ   マンパ 1着は持っておきたいマウンテンパーカ。スポーティーなアイテムだけど、はおるだけで簡単にこなれカジュアルが叶うよ!   Gジャン ゆるっと着るビッグGジャンはこの春もトレンド。旬アイテムをあわせたお手本コーデを今すぐチェック♡   トレンチコート 春アウターといえば、定番のトレンチ! 今季は素材や丈感などデザインが豊富だから、カジュアル派もフェミニン派も必見♪ マンパ 1枚で旬のスポーツMIXが即完成。トレンド上手になれるスポーティーアウターで、定番ボーダーが一躍キャッチーに。白のマンパでラフな抜け感を演出。グリーンワンピと赤のバレエシューズのバランスをとってくれる優秀アイテム◎。春のトレンドアウターとして1着持っておきたいのがマウンテンパーカ。カジュアル度高めのデザインだから、合わせるアイテムはきれいめにまとめるのが正解。他の画像を見る Gジャン デニムonデニムは爽やかな色選びがカギ! 肩が落ちたGジャンとクリーンで上品な白いワイドデニムがあれば、カレッジ風のパーカだってこなれて見えるね。これからの時期の軽アウターとして活躍するビッグGジャン。こなれて見える色落ちで差がつく着こなしができそう。ノンウォッシュGジャンにギンガムチェックのロングスカート。春の鉄板コーデはベレーで効かせた赤でリフレッシュ。他の画像を見る トレンチコート ふんわり揺れるスカート+トレンチの王道レディなコンビ。裾広がりの華やかさを生かしつつ、逆に重さは軽減してくれる新鮮バランス!定番のトレンチも色で遊べばおしゃれ感UP。スウェットあわせで大人っぽコーデにラフなニュアンスを。大人トレンチを主役に、足元はメンズライクなレースアップシューズでバランスをとって。他の画像を見る
  • さて、どれでしょう?私が生まれる前に母が着ていたアイテムがこの中にあります春らしいカラーコーデに挑戦。 ベーシックなトレンチコートも持っているけれど、たまにはこんなカラートレンチで冒険してみたい。そう思っていたところ、こちらのコートを意外な場所で見つけました。「それは母のクローゼット。」 といえば、そんなに意外ではないかもしれません。 「もう着ないから、着てくれるならあげるよ。」そんなやりとりはお互いにあります。 ところが今回はクローゼットではなく、まさに処分されようとしていた服の中から発見! 聞けば、私が生まれる前(!)に着ていたコートなのだそう。 え?でもシルエットも丈もなんだか今っぽい。 肩パッドが入る前の時代とのことで、トレンド1回転(もっと?笑)してリバイバル。 光沢があってハリのある生地で、ほつれなども全くありません。 ずっときれいに保管してくれていたからだなぁと。 大量生産の今と違い、品質が良いものが多かった時代のコート。袖を通すたびに背筋が伸びる気がします。バックスタイルも素敵。 ベルトループの位置が高めで、シワになりにくい素材なのもポイント高!インナーはビジューがポイントのカーディガンに、ボタニカル柄×プリーツのコンビスカート。 実はこのカーディガンも母から拝借(正確には、私が着ていたニットとトレード)しました。バッグはちょっとくすんだダスティブルー。 ちょっと強めのオレンジ系と合わせても調和がとれます。cardigan SNIDEL skirt TONAL pumps PELLICO coat TOKYO STYLE bag VASIC新しいものばかりに目を向けがちですが、古くても品質がよくて上品なデザインのものは、時が過ぎても色あせることはないですね。 古くても新しくても、安くても高くても、いいものはいい。 見極めて選ぶことが大切だなと改めて思いました。 美女組No.161 愛のブログ
関連キーワード