キスマイ北山宏光が初主演映画でまさかの猫役! しかも感涙映画と話題に

HAPPY PLUS ONE
『トラさん~僕が猫になったワケ~』
『トラさん~僕が猫になったワケ~』
Kis-My-Ft2の北山宏光が、映画初出演にして初主演となる『トラさん~僕が猫になったワケ~』が2月15日(水)より公開となる。猫スーツ姿の北山を見て「完全にコメディだ」と思った。あながち間違ってはいないが、ここで油断すると、あとで大変な目に遭う。大慌てでハンカチを手にすることになるのだ。

原作は、板羽皆の人気コミック「トラさん」。北山が演じるのは、売れないマンガ家の高畑寿々男。ある日、突然、交通事故で死んだ寿々男が、猫の姿になって妻と娘の元に戻ってくる。なんだか猫顔に見えてくる北山と、明るい妻・奈津子役の多部未華子、子役ながらも自然体の表情がすばらしい娘・実優(みゆ)と、まず3人のキャスティングがいい。

もともと寿々男は、漫画家としての代表作が5年前に描いた「ネコマン」だけという一発屋で、しかも連載は中止され、最終回まで行ってないというダメ男だ。しかもギャンブル好きで、死に方もまぬけな感じなので、彼の死後もそこまで悲壮感がない。猫になって戻ってきた時も「もっとしっかりして!」と叱咤激励したくなるキャラクターだ。

寿々男自体も良き父、良き夫であろうと頑張るキャラクターではないし、演じる北山もそこをわかった上で、ナチュラルでフラットな演技を見せていく。だからこそ、観ているほうの目線も緩い。そしてその油断が、後半で一気に反転! 知らず知らずに積み上がっていた家族愛や親子愛などの愛の貯金が満期を迎え、涙のダムが一気に決壊することに。

メガホンをとったのは『Sweet Rain 死神の精度』(2008年公開)で長編映画の監督デビューをした筧昌也監督。「もし、ハリウッドなら猫はCGで完全にコントロールされていたでしょう。ですが、人間の想像力は無限大で、俳優の持つ表現力の豊かさは圧倒的です」と語っているが、大いに納得。

いやあ、完敗です。北山が演じる寿々男が、どこにでもいそうな平々凡々な男だからこそ、観ているほうも心から感情移入してしまう。そして、ささやかなほっこりする大切な人との日常こそ、何よりも尊いのだと、改めて実感させられる。くれぐれもハンカチ必携でどうぞ!

『トラさん~僕が猫になったワケ~』
原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧昌也
出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズムほか
2019年2月15日(金)より全国ロードショー
http://torasan-movie.jp/
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

Text/山崎伸子
関連記事
  • 10歳のときに子役として銀幕デビューを果たしてからわずか4年後、コーエン兄弟による『トゥルー・グリット』で映画賞を総なめ。2015年にアーティスト活動をはじめたかと思えば、ファーストアルバム『Haiz』が世界中で大ヒット。その才能は疑う余地がなく、かのテイラー・スウィフトがいち早くツーショットをインスタグラムにアップしたのは有名な話。 若手スターのなかでも頭一つ抜けた活躍を見せる、ヘイリー・スタインフェルド。弱冠24歳にしてベテラン女優の風格を漂わせる彼女が新たに挑んだのが、『トランスフォーマー』シリーズの最新作『バンブルビー』。3月22日の日本公開に先駆けて来日したヘイリーに、初インタビュー。撮影秘話から美容のこだわりまで、パーフェクトな女優像の陰に潜む、22歳の等身大の声をキャッチ。棒に刺さったテニスボールと撮影するのは、初めて!(笑)弱冠22歳にして、ロマコメからアクション、社会派ドラマまで、幅広い作品への出演経験を持つヘイリー。そんなハリウッドが誇る“オールマイティ女優”にとっても、『バンブルビー』は「試練続きだった」とか。 「肉体的にも精神的にも、たくさんのチャレンジがありました。なかでも一番大変だったのが、想像で演技をすること。だって撮影中のバンブルビーは、棒に刺さったテニスボールだったんです(笑)。ロスで開催された試写会で完成作を観るまでは、バンブルビーがどう動いて、どんな反応をしているか、まったく知らなかった。イマジネーションを膨らませる技術がかなり鍛えられました」。車が地球外金属生命体に変身する『トランスフォーマー』シリーズの最新作である本作。バンブルビーはヘイリー演じるチャーリーが初めて手にする、憧れの“マイカー”。劇中はバンブルビーを運転する様子が数多く描かれているが、それもまた、試練のひとつだったよう。 「プライベートでも毎日のように車に乗っているから、まったく問題ないと軽く考えていたの。アクションをしたり、セリフを言いながら運転をすることがこれほど難しいなんて、夢にも思わなかった。 これもまた、大きな発見だった」。ただのアクション、ただのヒューマンドラマに終わらないところが、本作の魅力舞台は1987年のアメリカ。愛する父を亡くした悲しみを乗り越えられないチャーリーは家族から孤立し、父の形見である車の修理にひとり没頭する毎日を過ごす。部品を購入するためアルバイトに勤しむが、高級車に乗る同年代の女子に引け目を感じたり……。10歳からショービズ界で活躍しているヘイリーは、そんなヒロインをどう思ったのだろうか。 「社会に対する困惑やフラストレーション、他人から誤解されていると感じる悲しさなどを抱えたチャーリーは、世のティーンエイジャーをリアルに表現していると思う。年を重ねて落ち着いたけれど、私も彼女と同じ年齢の頃には同じような悩みを抱えていたから、すごく共感できたの」。「チャーリーがバンブルビーと出会って強さや自信をつけていく様を演じて、学ぶことが多かった。だから、たくさんの人のインスピレーションにもなるはず。この映画のいいところは、そこに非現実的なアクションが混ざっていて、ただの青春映画で終わらないところ。重たくならないし、観終わったあとにスカッとするの」。音楽は世界の共通言語! 目を見て通じ合える人ほど、深い絆で結ばれていると思う戦いで傷つき、声を失っているバンブルビー。チャーリーと出会った当初はお互いを警戒するも次第に友情が芽生え、深い絆で結ばれるように。ふたりのように、言葉でのコミュニケーションなくして、深い信頼関係を築いた経験の有無を尋ねると、「もちろん!」という答えが返ってきた。 「むしろ見たり感じたりするだけで相手を理解できる関係こそ、最もパワフルな、深い絆で結ばれていると思う。私もこれまで何度か、そういった素晴らしい出会いを経験してきた。チャーリーとバンブルビーもそうだったけど、まず大事なのは、相手を信じて壁を取り除くことじゃないかな」。「それから私は、音楽を通してたくさんの友達ができた。好きな曲のプレイリストを作って渡し合うんだけど、それだけで相手をすごく理解できるの。作品にも描かれているけど、音楽はユニバーサル・ランゲージだって実感している」。コスメ大好き! 練習だとうまくメイクできるのに、本番で失敗するの(笑)「メイクが好きで、いろいろなコスメを集めてる。暇なときの練習ならうまくできるのに、外出する前にしようとすると失敗してばかり! 不思議でしょ(笑)」と笑いながら語る姿は、等身大の24歳。 とはいえ続々と大作に出演しながら、アーティストとしても活躍するなど、多忙な日々を過ごしていることは言わずもがな。美肌のキープ術が知りたいところ。 「とにかく毎日、たくさん水を飲むこと。日焼け止めは毎日欠かさずに塗って、しっかり洗顔する。 あとは保湿かな。とにかく移動が多い生活で、とくに飛行機に乗ると、肌がパリパリに乾燥しちゃう。つねにローズウォーターミストを携帯して、こまめにスプレーしてる」。ライブ衣装を選ぶようになって、スタイリングの幅が広がったティーンから絶大な人気を誇り、レッドカーペットやイベントなどでは、スタイリングも注目の的。「ファッションウィークのショーは必ずチェックしていて、気に入ったスタイルはスマホに保存。友達と出かける日などは写真を見直して、スタイリングの参考にするの」という若きファッショニスタに訪れた、ファッションの転機とは? 「2015年に音楽活動を初めてから、スタイリングの幅がぐっと広がった気がする。ライブの衣装を選ぶようになって、それまでのプライベートやレッドカーペットとは違ったテイストを取り入れるようになったからかな。とくに参考にしている人はいないけど、尊敬しているのはリアーナ、マドンナ、ケイト・モス。冒険心があって、人に媚びず、自分の好きな服を着る姿勢が素敵だから!」。自分を愛するのって、簡単なことじゃない。私は環境に恵まれていたと思う女性の美しさや素晴らしさ、また自己肯定の大切さをテーマにした楽曲を多く手がけ、パワフルなメッセージを発信。堂々とした振る舞いから自信が満ち溢れるヘイリーがもっとも感謝するのは、家族の存在だ。 「自分を愛するって、そう簡単なことじゃない。社会や人の理想に自分を当てはまらせようと苦しんでいる人は多いし、私もそのせいで自分らしさを失ったり、自分を愛せなくなった時代があった。それを乗り越えられたのも、まわりの人に恵まれていたおかげ。とくに家族は、私が幸せを探せるよう、励まし続けてくれた。だからこそ今、自分の才能を発揮できているし、一番落ち着く環境に身を置けている。すごくラッキーだと思うからこそ、そのぶん人を尊敬して、正直でいることを大切にしているの」。『バンブルビー』大ヒット公開中 https://bumblebeemovie.jp/ © 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.
  • グッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレは、わずか3年間のうちに、ファッションの流れを大きく切り換えた。世の中の価値やジェンダーの概念、さらにアイデンティティにまで、新しい視点をもたらしながら  5月の晴れ渡ったある日、アレッサンドロ・ミケーレと私は隣同士に座り、大きなガラス窓越しに、ロウアー・マンハッタンの一角を眺めていた。同じ景色を見ていたが、それぞれに受けた印象は違った。私の目には実用本位の雑多なビルの寄せ集めに映ったが、ミケーレはそこに物語と歴史とヘリテージを読み取った。できれば統一感をもたせたいと思う私とは違って、彼はありのままの自然体がいいと言う。活気はあるけれど乱雑だと私がつぶやけば、ミケーレはモザイクのようだと形容する。 「ヴィクトリア様式、1930年代のスタイル、この街にはたくさんのエレメントが織り込まれているんだ」と彼は感嘆した口調で語り出す。うっとりさせるような声で話すミケーレは、彼の友人ジャレッド・レトに劣らない俳優のように見えてくる。「美しいよね、素顔の感じがいい。ここは人々の生活が息づく街なんだ。みんなが心地よく暮らせるようにと、少しずつ築かれてきた街なのさ」。彼はニューヨークに来るたび、このホテルのスイートに泊まる。10階の高みから見渡せるこの景色のために。ローマの自宅を離れている間、ここが彼にとってのマイホームになるのだ。 アレッサンドロ・ミケーレ 2018年5月6日NYにて撮影  現在47歳のミケーレは、2015年1月にグッチのクリエイティブ・ディレクターに就任した。今回彼は、ふたつのイベントのためにニューヨークにやってきた。まず、このインタビューの前日に、ソーホーにグッチのニューショップがオープンした。ここは単に商品を買うだけの場所ではなく、あちこちを見て回り、のんびりと時間を過ごせるファッションの殿堂だ。円形ソファでくつろいだり、映写室で映画を観たり、1985年出版のマドンナが表紙を飾った『インタビュー』誌の復刻版をぱらぱらとめくったり、20数万円のレザーブーツを試したり(試さなかったり)しながら、ミケーレのイマジネーション溢れるにぎやかなカオスにゆったり浸ることができる。グッチは今、世界中のショップをこういったスタイルにリニューアルしているところだ。ショッピングするだけでなく、自分らしさを見つけ、くつろいで、夢を見られる場所にするために。  ふたつめの目的はメトロポリタン美術館コスチューム・インスティテュートのチャリティ・ガラだ。ミケーレには、俳優のジャレッド・レトと歌手のラナ・デル・レイが同伴した。ふたりの話をし始めると、ミケーレの口調は熱を帯びてくる。独創的な彼らは“なりたいと思ったとおりになる”という理念を体現した人たちだとミケーレは言う。彼らのようになるには自分の意思で生き、自分で決断していく必要がある。「ジャレッドはシャーマンみたい。ロングヘアで整った顔だちをしていて、クレイジーなスタイルをしている。ポップカルチャーの新イエス・キリストっていう感じかな。生き方そのものが外見に現れた人だよね」 「生き方」という言葉は、ミケーレが常に大事にしているコンセプトだ。このテーマをもとに彼は、影を薄めていたグッチの全面改変をし、最も話題性の高いブランドへと昇華させた。多くの顧客がショップに舞い戻り、グッチは再び、かつての文化的な威信と経済的な成功を取り返した。ミケーレはもちろん、服やスリッポン、バッグなどが売れることを望んではいるが、単に“もの”を売りたいわけではない。彼はそこに付随するエキセントリックで多様性に富んだ、開放的な感性を伝えたいのだ。そのメッセージを広く発信するために、ミケーレはあらゆるコミュニケーション方法を用いている。  彼が新しいグッチの世界に巻き込んでいるスターやコラボレーターも、その伝達役を担っている。元プロスノーボーダーのトレバー・アンドリュー、別名“グッチゴースト”は、2013年末から2014年にかけて、「GG」のロゴを使ったグラフィティをブルックリンやマンハッタンのあちこちに描いてきたアーティストだ。彼は無許可でロゴを使用していたが、ミケーレは著作権の侵害訴訟や停止通告をするどころか正式なコラボレーターとして招き、快諾したアンドリューとともに2016-’17年秋冬コレクションを手がけた。  グッチで2017年に発表された、ダークブラウンのミンクファーに、モノグラムプリントの巨大なバルーンスリーブがついたボンバージャケットは、80年代のハーレム伝説のデザイナー、ダッパー・ダンのコピーだと糾弾されて世間を騒がせた(註:ダッパー・ダンはハイメゾンのロゴなどを取り入れた服で人気を得たが、著作権侵害に問われ1992年以降、活動を休止していた)。非難を受けたミケーレは、コピーしたことを認めると同時に、それがダンへのオマージュだったことを説明した。 ダンへの敬意を示して、ミケーレは彼にコラボレーションのオファーをし、ジョイントラインも展開した。さらにはハーレムの、見事に改修されたブラウンストーンの角のビルの1階にダッパー・ダンのアトリエをオープン。華やかに装飾された入り口に足を踏み入れると、窓から通りを見渡せる、真っ赤なカーテンに囲まれたアトリエに通じる。「最初は冗談かと思ったんだ。シンデレラが、何頭もの馬が引く馬車を目にするまで、夢物語を信じられなかったようにね」。アトリエに立ち寄った私に、ダンはそう話してくれた。「でもそのあと僕は、まるでこれから舞踏会に向かうような、天にも昇る気持ちになったよ」  ミケーレが初めて監修した香水「グッチ ブルーム」を発表したとき、彼は既存の枠にとらわれずに、個性的な3人のミューズを選んだ。映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2015年)の中で、ロープで縛られ、ゆがんだ愛欲に翻弄される役を演じたダコタ・ジョンソン。フォトグラファーであり映像プロデューサーの若きカナダ人、ペトラ・コリンズ。そしてトランスジェンダーのモデル兼女優として活躍するハリ・ネフ。ミケーレは大声で人々に伝えたいのだ。彼が創り出すラグジュアリーの世界はどこまでものびやかで開放的なのだと。グッチは誰にでも居場所のあるパラッツォ(大規模な邸館)で、その華やかに飾り立てた空間では、誰もが仲よく肩を並べて暮らせるのだということを。(ミケーレによる常識破りなグッチが誕生するまで)SOURCE:「Alessandro Michele」By T JAPAN New York Times Style Magazine BY FRANK BRUNI, PHOTOGRAPHS BY MICHAL CHELBI, FASHION STYLED BY JAY MASSACRET, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO JANUARY 10, 2019 その他の記事もチェック 中沢新一が読み解く、アレッサンドロ・ミケーレの哲学的ファッション アートとファッションの異端児が仕掛ける、オリジナリティをめぐる展覧会 NYのベドフォードにて撮影。NYのベドフォードにて撮影。
  • 「DAILY MORE」のわんこにゃんこに新たに仲間入りしてくれた、ペルシャ・チンチラブルーのココンちゃん。大きな目と小さな鼻頭がチャームポイントです☆いつも、私(飼い主)のベッドにちんまり座っています。「これからよろしくだにゃん♡」■名前ココン■性別 女の子■猫種 ペルシャ・チンチラブルー■生年月日・もしくは推定年齢2015年3月27日■性格 穏やかでおとなしい、ビビリのくせにチャレンジしてみる■特技 ボールを投げると取りに行って持って帰ってくる■好物「にゃんにゃんカロリー」というチュールに似たペースト■マイブーム綿棒を転がして遊ぶ■チャームポイント 大きな目と小さな鼻頭
  • 文/KAORU星とエネルギーを読むカウンセラー兼アートライター。昔から運命と人間の可能性に興味があり、魂の輝きが感じられるアートや音楽が大好物初めまして。美術好きとアーティスト探究好きが高じて、もう20年以上、アートコラムを書き続けているKAORUです。私も心と体が揺らぎやすいOurAge世代ゆえ、アートと猫という心の美容液が日々、欠かせません。このコーナーでは、心をみずみずしく満たしてくれるイチ押し美術展をご紹介していきますね。『ヒグチユウコ展 CIRCUS』『ヒグチユウコ展 CIRCUS』は、GUCCIとのコラボでも話題を呼んだ画家で絵本作家、ヒグチユウコさん初の大規模な個展。猫のぬいぐるみが主人公の絵本シリーズなどで、幅広い世代を虜にしたヒグチさんの摩訶不思議な世界観は、見る者をたちまち非日常なファンタジーワールドに引き込みます。《ギュスターヴ若冲雄鶏図》2016年 ©Yuko Higuchi猫とタコなどの異なる生物から成る合体動物や、ワニの尻尾を持つ女の子、妖怪チックな謎の生き物など、彼女が生み出したキャラクターはとても個性豊か。そのたたずまいはユーモラスでかわいく、いじらしく、気高く、唯一無二の魅力を放っています。そんな生き物たちが互いに寄り添い、抱き合い、はしゃぎ、じゃれ合っている様は、まるで現代の鳥獣戯画。《アリス》2010年 ©Yuko Higuchiさらに、そこはかとない悲しみや喪失感、嫉妬や傲慢さのような毒も漂っていて、鑑賞していると心が忙しい!「ヒグチユウコの絵には、酸いも甘いも嚙み分けた大人ほどはまる」といわれているのにも納得です。甘 味や苦味だけでなく、いろんな味がするヒグチユウコワールドで、あなたも「心の探検」に出かけてみませんか。『ヒグチユウコ展 CIRCUS』《ねこのピエロ》2018年 ©Yuko Higuchi●開催中~3月31日(日)世田谷文学館東京都世田谷区南烏山1-10-1010:00~18:00 ㊡月曜☎03-5374-9111https://higuchiyuko-circus.jp/※6/15~9/1 神戸ゆかりの美術館へ巡回次のページにも、おすすめの展覧会をご紹介します。『クリムト展 ウィーンと日本 1900』生と性と愛を描き続けたウィーン19世紀末の巨匠グスタフ・クリムト。官能や歓喜を際立たせる金箔使いは日本の工芸や琳派の影響によるもの。妊娠や性行為などの生々しくも人間らしいテーマも多幸感いっぱいに描いたあたりは、情感豊かな蟹座ならでは? そんなクリムトの大回顧展です。グスタフ・クリムト 《ユディトⅠ》 1901年 ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館蔵 ©Belvedere, Vienna,Photo: Johannes Stoll●4月23日(火)~7月10日(水)東京都美術館東京都台東区上野公園8-369:30~17:30(金曜~20:00)㊡5/7、5/20、5/27、6/3、6/17、7/1☎03-5777-8600(ハローダイヤル)https://klimt2019.jp/『みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ-線の魔術』アール・ヌーヴォーを代表する芸術家で「線の魔術師」と称えられるアルフォンス・ミュシャ。女性をエレガントで華やかに描いた彼の表現は、グラフィックアートやロック、本の装丁や漫画にまで幅広い影響を与えました。ミュシャの作品と、彼をリスペクトする漫画家やアーティストの作品が一堂に。アルフォンス・ミュシャ《舞踏―連作〈四芸術〉より》 1898年 ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2019山岸凉子 《真夏の夜の夢》「アラベスク」 (『花とゆめ』1975年4月9号 付録ポスター用イラスト) 1975年 ©山岸凉子●7月13日(土)~9月29日(日)Bunkamuraザ・ミュージアム東京都渋谷区道玄坂2-24-110:00~18:00(金・土曜~21:00)㊡7/16、7/30、9/10☎03-5777-8600(ハローダイヤル)https://www.ntv.co.jp/mucha2019/原文/KAORU
  • リップってどのタイミングで何回ぐらい塗り直せばいいの?目もとの下がヨレるにはどうすればいいの? 30代のバイラ世代が抱えるメイクに関するお悩みあれこれ。ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさんが解決します。 教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん 芯のある知的な美しさを引き立てる骨格メイクと、パワーワードが炸裂する独自の美容哲学で「顔だけでなく人生まで変わった」と大人気! 小田切さんが返信。30歳のメイクお悩みQ&AQ PCに向かいっぱなしで過ごすと、とにかく目もとの下がヨレる。年のせいでしょうか? A 肌のハリと潤いが低下していることと、下を向いて長時間過ごす表情のクセが原因。シワをストレッチするような仕上がりのファンデーションを使えば、目立ちません。 ヨレ知らずのフィット感。コフレドール リフォルムグロウ リクイドUV SPF36・PA+++ 30㎖ ¥3500(編集部調べ)/カネボウ化粧品Q リップってどのタイミングで何回ぐらい塗り直せばいいの?直すときにはパサパサでのらない A リップメイクが薄れるのは皆同じだし、食事のあとと外出前にはリタッチしたほうがいいのも皆同じ。どうしても落ちやすいなら、リップ下地を取り入れるのがおすすめ。唇が乾燥してのらない人は、一品で保湿ケアも美しい色もかなえるハイブリッドなリップを選んで。 天然ミネラルと植物由来オイルでできた、ケア効果の高いリップ。ミネラルルージュ バーガンディレッド ¥3000/エトヴォス Q エアコンで乾燥するからファンデ塗りたくない。そう、ファンデがいつの間にか苦手になっている!若いときのほうがノリもよかった A 肌の変化は誰にでも訪れるもの。肌が変わってきたら、肌づくりだって変えなければ。肌の凹凸を整えてランクアップさせる下地の力を借りて、のりのいい肌に整えて。ファンデーションは塗らずに、気になる部分にだけのびのいいコンシーラーを塗るだけでも充分キレイ。そのぐらいのほうが、抜け感も出ます。 (右から)塗ってない部分との境目が目立ちにくい、なめらかなコンシーラーをポイント使いして。デューイモイストコンシーラー 01 ¥3600/トーン きめの整ったメイクのりのいい肌に導く下地。クリアカバー リキッドべース 30㎖ ¥7500/アンプリチュードQ お金で買える透明感を毎日検索しちゃいます! A 角質がたまっている肌は、上から何を重ねても透明感が出ません。まずは自分に合った角質ケアを取り入れて、それでもダメならフランシラの泥パックで頭皮のデトックス&エナジーチャージ。心がよどんでいるときは、泣ける映画で、泣いて泣いて泣きまくるのもよし。 (右から)入浴料としても使える、全身用泥パック。フランシラ ピートトリートメント  500㎖ ¥9800/フランシラ&フランツ 毛穴レスな肌に洗い上げる、ペーストタイプのオーガニックハーブ洗顔料。product フェイシャルクレンザー 25g ¥1600/ココバイ撮影/尾身沙紀〈io〉(人)、富田 恵(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/古田千晶 モデル/比留川游 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年4月号掲載
  • 2017年から交際を続けるサム・アスガリ(25)との結婚を視野に入れているという、歌手のブリトニー・スピアーズ(37)。しかしふたりの結婚に待った!をかけているのが、ブリトニーの父、ジェイミー・スピアーズ(66)。娘の幸せを素直に受け入れられない、理由とは? Photo : Instagram (britneyspears)パーソナルトレーナーとして活躍するサムとブリトニーの交際が発覚したのは、2017年1月のこと。ブリトニーのシングル『スランバー・パーティー』のミュージックビデオでの共演をきっかけに、交際へと発展。2年以上が経った今も一緒にエクササイズを行ったり、お互いの誕生日を祝いあったりする様子がSNSで公開されており、大の仲良しカップルとして有名。 View this post on Instagram @samasghari came to visit me in Belgium, so we danced before my show! What a perfect night #PieceOfMe Britney Spearsさん(@britneyspears)がシェアした投稿 - 2018年 8月月15日午後5時01分PDT 『RadarOnline』によると、ブリトニーはサムとの結婚を視野に入れており、将来はサムとの間に子どもも産みたいと考えているとか。しかしそんな彼女の計画に、「NO」を突きつけているのが、ブリトニーの父ジェイミー。サムが200億円超えといわれるブリトニーの財産を狙っているのでは?と疑っているよう。Photo : Broadimage/アフロ父の不安にさせる要因が、ブリトニーが過去に経験した2回の結婚&離婚。とくに2度目の夫、ケヴィン・フェダーライン(41)と結婚してからは激太りなど、精神の不安定ぶりが目立つように。離婚を申請すると一層エスカレートし、パパラッチの前で髪を剃るという奇行を繰り広げたことも。Photo : Shutterstock/アフロ現在もケヴィンに多額の慰謝料を払い続けているブリトニー。そんな背景からジェイミーは、サムと結婚したら同じような結末になるのでは?と危惧しているのだそう。 I don’t even know where to start with this, because this is so tough for me to say. I will not be performing my new show Domination. I’ve been looking forward to this show and seeing all of you this year, so doing this breaks my heart. pic.twitter.com/kHgFAVTjNA — Britney Spears (@britneyspears) 2019年1月4日 そんなジェイミーは昨年末に大腸破裂を起こし、緊急手術の末、一命を取り留めたことが大きなニュースに。すると父の看病を理由にブリトニーは今年1月、無期限の活動休止を表明。ラスベガス定期公演のキャンセルのほか、ニューアルバムのリリースの延期を発表するとともに、ファンへの謝罪と感謝の気持ちを表していた。Photo : Splash/アフロブリトニーの不安定な精神をサポートするべく、現在も娘の保護監督権を持っているジェイミー。そのためブリトニーは父の許可なく結婚することができず、看病をしながら、必死に説得を試みているとか。 愛する父と恋人の間で揺れる、ブリトニーの心。果たして彼女の望みは叶うのか? >>まるで映画のよう! 恋人サムのロマンチックなバースデーナイトの演出に、ブリトニー・スピアーズ大感激 >>2児のママ・ブリトニー・スピアーズ、息子たちと休日を満喫 - セレブニュース | SPUR text : Ayano Nakanishi
  • 今月の彼氏。 高杉真宙 毎号、旬の俳優さんたちとのデート気分が味わえると大好評の連載「今月の彼氏」。今回は、端正なルックスと演技力の高さで注目を集める俳優の高杉真宙さんと公園へお出かけ。本誌では、彼女(カメラ)を真っ直ぐに見つめる高杉さんの胸キュンカットを掲載しましたが、実は載せきれなかった素敵な写真がまだまだいっぱい。そこでnon-no WEBでは、ドキドキ必至の写真と特別インタビューを限定公開!他の画像を見る休日は家で過ごすのが好きだという高杉さん。「1人で本を読んだりゲームをしたりしていると、あっという間に時間が過ぎてしまうんですよね(苦笑)。だからこそ外に連れ出してくれるようなアクティブな女の子が理想です」。そして理想のデート場所は公園とのこと。「以前、撮影で代々木公園に行ったときに、公園デートをしている方がたくさんいたんです。みなさんリラックスして過ごしている印象を受けて、それがすごく素敵に見えたんですよね」。――  実際に公園デートをするなら、どんなプランを立てる? 「まず敷き物は絶対に持っていきます。それでゴロンと横になって昼寝をして、お昼ご飯を食べて……。以前見た公園デートをしていた人たちは、バトミントンやフリスビーをしていたので、ぜひフリスビーは持っていきたいですね。その後はまた昼寝かな(笑)」 ――  お昼ごはんはお弁当を作ってきてほしい? 「相手の負担にならなければ、もちろん嬉しいです! でも公園に行く前に、美味しいサンドイッチ屋さんに寄って買ったりするのも楽しそうでいいですよね。」 ――  では女の子にはどんな服装で公園デートに来てほしい? 「フリスビーや昼寝をしても気にならないカジュアルで動きやすい服装がいいですね。パンツにカーディガンを羽織って、足元はスニーカーくらいかな? でも本音を言えば、動きやすくてその子に似合っていればどんな服装でもいいのですが(笑)」 ――  家で過ごすときはどんな本を読むの? 「以前は小説をよく読んでいたのですが、1冊を読み切るのに時間がかかるので、最近はサクっと読めるマンガの方が多いですね。SFやミステリー、サスペンスあたりが好きでよく読みますが、少女マンガも読みます。仕事柄、勉強になるかなと思って読み始めたのですが、意外と面白くて普段から読むようになりました。」少女漫画を普段から愛読しているという高杉さんだが、主演を務めたドラマ『高嶺と花』は、女の子から絶大な人気を誇るコミックが原作ということで縁を感じずにはいられない。 今回高杉さんが演じるのは、ビジュアも仕事も完璧なハイスペックイケメンなのに高慢ちきで残念な御曹司・才原高嶺。気が強くて明るい性格の一般庶民JK・野々村花とのラブコメディだ。 物語は高嶺とお見合いするはずの姉・緑の替え玉として変装した妹・花がお見合いをするところからスタート。ありえないほどのイケメンに花は心をときめかすが、高嶺の横柄な態度と罵詈雑言にキレてしまい、変装用のウィッグを高嶺に投げつけ啖呵を切ってその場を立ち去る。お見合いは破談になると思われたが、高嶺は外見やステイタスに左右されない花の言葉と態度に興味を持つ。一方の花は、高慢な高音を屈服させたいと思い、お見合いは続行され……。――  高嶺に共感できた部分は? 「すごく意地っ張りな部分に共感できました。女性から見たらカッコ悪いのかもしれないけれど、女性の前で弱いところを見せないように立ち振る舞うのは、男としてカッコいいと思いました。」 ――  演じる上で気をつけたことは? 「高嶺は感情によって大きく表情が変わるので、シーンによって切り替えを大事にしました。それから花とのテンポのいいやり取りもドラマの見どころだと思ったので、僕の言葉で花のテンションも上がるようにギアを上げて挑みました。」 ――  高杉さんは、高嶺と花のように年齢や育った感情が違うと気になりますか? 「花は芯の通った素敵な女性なので、高嶺が惹かれるのはすごくわかります。僕自身は育った環境や年齢を気にしたことがなかったので、あまり意識はしていないのだと思います。」 ――  最後に見どころを教えてください。 「素敵な恋愛要素はもちろんありますが、高嶺と花の掛け合いが面白くて、キュンキュンしたり笑ったりできる作品になったと思っています。気の強い2人が罵り合いながらも思い合う姿を見て、優しい気持ちになってもらえれば嬉しいです。」 ●高杉真宙  たかすぎまひろ 1996年7月4日生まれ、福岡県出身。現在公開中の主演映画『笑顔の向こうに』が第16回モナコ国際映画祭で、最優秀作品賞を受賞。また主演を務めるFOD連続ドラマ『高嶺と花』が配信中。3月31日よりドラマ『賭ケグルイ season2』、5月3日より『映画 賭ケグルイ』が公開。 ドラマ『高嶺と花』 姉・緑の替え玉として才原高嶺(高杉真宙)とお見合いすることになった花(竹内愛紗)。予想外のイケメンに心をときめかせたのもつかの間、横柄な態度や罵詈雑言に怒りを抑えきれず、啖呵を切ってその場を後にする。破談と思われたお見合いだったが、外見やステイタスに左右されない花に高嶺は興味を持ち、花は高慢な高嶺を屈服させようと、お見合いは続行することに。 ●フジテレビFODにて配信中ブルゾン¥54000/スタジオ ファブワーク(シュタイン) パーカ¥14000/1LDK apartments.(リビング コンセプト) シャツ¥23000/スタジオ ファブワーク(ヨーク) パンツ¥27000/1LDK apartments.(エムエフペン) 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/堤紗也香 スタイリスト/秋山貴紀 取材・文/菊池美里 web構成/篠有紀 web編成/吉川樹生
  • 「嫌いなのにずっと考えてしまってつらい」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答! 【今月のお悩み】<職場の「苦手な人」のことばかりを考えてしまいます>仕事で、あまり相性のよくない人がいます。仕事なので大人の対応をし、波風立てないように努めていますが、仕事を離れた時にもその人のことばかり考えてしまいます。嫌いなはずなのに……つらいです。何か解決策、ありませんか? (東京都・もん・39歳・会社員 ※既婚)☆辛酸なめ子さんの回答誰かを苦手と思うのは環境が影響していることもあります。職場で苦手な人も、職場以外の場所で会った時は話しやすくていい人に思えたり。嫌いという感情はもしかしたら幻なのかもしれません。 ☆みうらじゅんさんの回答「解決策を考えない」というのも解決策のひとつかもしれませんもんさんは、その人のことが本当に嫌いなのでしょうか?  その人を、仮にXさんとしましょう。このお悩みの文面から判断するに、もんさんはXさんのことを好きなんじゃないか、と僕は思ってしまうんです。仕事を離れた時でもその人のことばかり考えてしまうのって、普通に考えればそれは「好き」ということではないでしょうか。  嫌いなはずなのに好きになってしまったというのは、恋愛においてはよくあることのようです。なので、もんさんも一度、「私はXさんのことが好きなのかも?」と考えてみると、案外早く解決策が見つかるかもしれません。  もんさんは、仕事の人間関係の中にいる(上司か先輩か同僚か、はたまた取引先の人?)Xさんと「あまり」相性がよくない。もし嫌いなら「相性が悪い」という表現になるような気がします。仕事を離れた時にも考えてしまうというのも、少なくとも〝気になる存在〟なわけですよね。「目の上のたんこぶ」なんて言うように、いやな相手が視界の中にちらつくことはあるでしょう。でも、考えることが「その人のことばかり」にはならないと思うんです。  そしてその状況が「つらい」と、もんさんはおっしゃる。これまで、多くのかたから相談が寄せられ、その中には高圧的な上司や失礼な後輩にイラついているという声が少なくありません。そういう人たちは「ぎゃふんと言わせたい」「痛い目にあわせるにはどうしたらいいか」と悩んでらっしゃる。でも、もんさんは違って、「つらいです」。特に僕が気になるのは、その前の「……」です。もんさんは、Xさんを好きだという自分の気持ちに気づいているのかもしれませんね。勝手に推測して、すみませんが。  さらに推測するところ、Xさんは男性では? もんさんが、プロフィールにあえて「※既婚」と書いてくださっているのは、「このままでは不倫をしてしまう……つらい」という気持ちの表れのような気がするのですが、どうでしょう?  図星、だとして話を続けますね。まずは、既婚者でも誰かを好きになることって、あると思うんです。そこですぐに「これはいけない」、「相手のことを考えてはいけない」と思えば思うほど考えてしまうもの。なので、今のところはXさんのことばかり考えていても、いいのかもしれません。そしてその思いをとりあえず胸の内にしまい、しばらく解決策を考えないでおく、というのもひとつの方法かもしれません。  そうこうするうちに時が解決してくれるというか、もんさんの心の中のもやもやも少しずつ整理されてきて、ご自身にとってよりよい答えを見つけられるような気がします。  ところで、ここまでの僕の推測が全部はずれている可能性もありますよね。その場合は……すみません、もう一度、お便りください。考え直してみます!●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
関連キーワード