【桐谷美玲さんがナビゲート】いつものコーデをもっと素敵にしてくれる「ブランドバッグ」2019最新版

HAPPY PLUS ONE
30代で手に入れたい、憧れの最新アイコンバッグをピックアップ。
【Dior(ディオール)】ブランドのアーカイブが装い新たに登場

1/4

【PRADA(プラダ)】エレガントでいて自然体「プラダ ダブルバッグ」

2/4

【LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)】ヴィトン×猫好きにはたまらない♡ その名も「キャットグラム」

3/4

【サンローラン(SAINT LAURENT)】洗練されたムードを纏う「アップタウン」

4/4

【Dior(ディオール)】ブランドのアーカイブが装い新たに登場

お仕事シーンやママバッグとして羨望の眼差しを集める「ブックトート」と、ディオールのハンドバッグといえばの「サドル」バッグ。どちらも上品な佇まいにストリートな要素を感じさせる、今っぽいバランス感覚にラブコールが殺到中!
【PRADA(プラダ)】エレガントでいて自然体「プラダ ダブルバッグ」

ブランドを象徴する「サフィアーノ」レザーを使用。品の良いワンハンドルバッグはフラップがなく、普段着にさらっと合わせやすいコンパクトさと機能性を持ち合わせて。傷や汚れに強いので、気負わずに毎日愛用できちゃう♡
【LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)】ヴィトン×猫好きにはたまらない♡ その名も「キャットグラム」

遊びゴコロたっぷりの犬と猫のイラストを、モノグラムと組み合わせた「キャットグラム」。裏地にはネズミのイラストも描かれた「ネヴァーフルMM」以外にも、お財布やキーチャームなど毎日を楽しくハッピーにしてくれるTIPSが揃います。
【サンローラン(SAINT LAURENT)】洗練されたムードを纏う「アップタウン」

ロゴの付属したフロント部分は、単体でマグネット付きのジップクラッチとしても使えます。ひとつのバッグをTPO別に使いこなせるマルチなデザインは、型崩れのしにくい硬質なレザーとキャンバス地との組み合わせ。
あなたのファッション、ライフスタイルに寄り添う「ブランドバッグ」は見つかった?
関連記事
  • 鏡を見ずとも自分で眺めて楽しめる手もとのキレイ。春の訪れとともにアガる気分を指先にのせて■Pop Yellowいつものネイルにトレンドカラーをワンポイントでまとう。それだけで気分は上々!新しい季節の幕開けは指先から。遊び心あふれる逆フレンチ&ツイード柄 【How to】すべての指先に②を二度塗りしたら、爪の根元に①をさらに二度塗りして逆フレンチにする。ツイード柄部分は、ブラシ跡をかすれさせるように①と③でラインを描く。☆使用アイテム①指先に明るさを灯すパッションフルーツのようなイエロー。ディオール ヴェルニ 310¥3,000/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定) ②上質なサンドベージュ。ウカ クリア ベース コート 5/0¥2,000/ウカ  ③一度塗りでもムラにならずに美しい発色が実現。ネイルホリック WT005¥300(編集部調べ)/コーセー☆Others印象画を思わせるイエロー使い 【How to】まずはすべての指先に⑥のネイルを二度塗りする。さらにイエローを入れたい指に④、⑤、⑦をそれぞれランダムにベタッと入れ、最後に再び⑥のベージュをブラシ跡があえて残るようにラフにザザッと入れる。ポイントで小さなパールを3点、爪の根元に置いたら完成。☆使用アイテム ④明るいイエロー。エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー YE01¥1,500/エレガンス コスメティックス( 3月18日発売)  ⑤ノンパールのスモーキーな黄色。ネイルカラー ポリッシュ 115¥2,500/SUQQU(限定)  ⑥透明感あるベージュ。ザ ネイルポリッシュ ディアライアー¥1,800/アディクション  ⑦鮮烈な発色。キュア バザー ネイルカラー サフラン¥2,300/フォルテポップカラーで彩るランダムフレンチ 【How to】 多色使いも指先だけなら大人っぽい⑨のブルーを薬指、中指、親指の先端に入れてフレンチに。この時に全部塗らずに4分の3くらいまでで止めておき、逆サイドから⑧のオレンジを今度は細く入れ、ブルーと少しだけ重ねる。最後に⑩や⑧を好みで先端の4分の3くらいまで同様に入れる。他の画像を見る【Marisol 3月号2019年掲載】撮影/神戸健太郎(人物) 小坂茂雄(物) ネイリスト/渡邉季穂(uka) スタイリスト/郡山雅代モデル/井上早央里 取材・文/前野さちこ 構成/原 千乃
  • 経済の急成長が止まらない中国からアジア圏を中心にファッション業界で絶大な支持を得ているデジタルインフルエンサー、タオ・リャン、別名Mr.Bags。バッグへの愛と豊富な知識、先見の明は随一。ブランドとのコラボレーションも続々発表し、SNSでの影響力も絶大。来日したMr.Bagsに突撃取材! Tao Liang (Mr.bags) 1992年中国生まれ。高校卒業後、LAの南カリフォルニア大学に留学。その後NYのコロンビア大学へ。在学中の2011年Mr.Bagsとして中国版のSNSでバッグをカテゴライズして紹介する投稿を始めると、絶大な影響力をつように。今では数々のラグジュアリーブランドからのコラボレーション依頼が後を絶たない。現在北京在住だが、1年の半分以上は海外を飛び回っている @mrbagss (左) Mr.BagsのInstagramより。9月に参加した2019S/SのDiorのショー会場前にて。(右) 5日間のミラノの旅にはDiorの「ブック トート」をはじめ合計12個ものバッグを携えて News 01  ▷ なぜ、彼はブランドに愛されるのか? 数々のラグジュアリーブランドとコラボレーションしているMr.Bags。そのアーカイブスを一挙に紹介する LONGCHAMP 1月7日に発売されたばかりのコラボレーション最新作は2019年の干支がテーマ。中国で「猪」は豚のことを意味しており、Mr.Bagsが愛用している「ル プリアージュ® キュイール ハンドバッグ」をベースにホ ワイトのラインで豚を描いている。「もとより私たちのバッグを旅や日常で愛用していたMr.Bags氏に注目しオファーが実現。彼がデザインを発案した最初のコラボレーションは即完売し、大成功でした! プロフェッショナルで知識があり、とてもクールな人物です」(アーティスティック・ ディレクター ソフィー・ドゥラフォンテーヌ)。 (上・右)ハンドバッグ 〈H20×W21×D12〉各¥63,000・(中)トラベルバッグ〈H35×W45×D23〉 ¥119,500/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) TOD’S ©TOD’S 「出会いは数年前、Mr.bags氏がコレクション期間中にイタリア本社と工場に立ち寄ったことがきっかけです。 彼のブランドへの深い理解とプレゼンテーション能力は本当に素晴らしい! プロの側面はもちろん、やさしさあふれる人柄も魅力ですね」(ミラノPRチーム)。2018年6 月に発表された「ウェーブ バックパック」リミテッドエディションはその年の干支である犬をイメージ。ハンドルから下げられたタグは、まるで垂れた耳のようだ。前年の初めてのコラボレーションに引き続き、「X」のスティッチングも施されている。Mr.BagsのWeChat上のショップでは、なんとわずか1 時間ほどで在庫の300個が完売した‼ MONTBLANC 2018年7月、中国のバレンタインデーにあたる七夕に向けて、男女ペアで持つことができるメンズ1 型、ウィメンズ2 型のバックパックのカプセルコレクションを発表。七夕のロマンティックなアプローチの愛とコミットメントをテーマに掲げ、中国では即日完売するブティックもあったそう。Mr.Bagsは、モンブランでは初のウィメンズ向けとなったミニバックパックを斜め掛けにして愛用している。 News 02  ▷ Mr.Bagsのバッグの中身を教えて! 北京の新居に500個近くバッグを所有しているというMr.Bags。今回の来日用に選ばれたバッグは? 「旅行に出かけるときはいつも大きなボストンバッグ にミニバッグを入れています。今回のお供はディオールのクラッチバッグ(右) で、中にはセリーヌのミニ財布(左)のみ。その他領収書を入れるため、ロンシャ ンのポーチも持参。ウィメンズでも中性的なムードがするものは使いますね! 中国ではスマホ決済のため財布は持たない主義です」 News 03  ▷ Mr.Bagsを有名にしたSNSとは? Mr.Bagsが多くの支持を集めるきっかけとなったSNS、「Weibo」と「WeChat」の概要を解説! WeChat ↳ 880K Followers メッセージと通話ができるアプリで、タイムラインを見るには相互の承認が必要。Mr.Bagsはここではバッグの紹介のほか、私物の公開もしている。コラボ商品を販売するストア「Baoshop」も設けているが、発売のたびに即完売してしまう。 Weibo ↳ 5m Followers 中国最大のSNSで、ツイッターのようなシステム。Mr.Bagsは2012年頃から投稿している。ラグジュアリーブランドのバッグを中心に取り上げ、魅力的な点を紹介。友人に語りかけるような文面で、「あなたはどれが好き?」と締めくくる。 定番とトレンドが共存するからバッグは面白い! Q.バッグに情熱を注ぐようになったのはなぜですか? A.ファッションに漠然と興味はあったのですが、高校生の頃、家の近くに百貨店のレーン・クロフォードができて、さまざまな服に触れるようになりました。中国版『ヴォーグ』や『グラツィア』といった雑誌もよく読んでいましたね。卒業後はLAに留学し、たくさんあるショッピングモールに通うように。ラグジュアリーブランドの服はかなり高価ですが、アクセサリーだったら手が届く。中でもバッグは何十年も使い続けられる一方で、トレンドもわかりやすいアイテムなので面白いと思ったんです。 Q.そのバッグへの愛や知識が今多くの支持を得ているわけですが、それにはどのような経緯があったのでしょうか? A.すごく可愛いバッグを買ったのに、使う機会がなくて放置している友人たちの姿を目の当たりにしたんです。そこで、僕はカテゴライズがすごく好きなので、どういうところが楽しいのか、どういうエピソードがあるのか、どういうシチュエーションで持ったらよいかといったタグづけをしてSNS上でバッグの特徴を整理して紹介してみることに。加えて、今後はやるかもしれない、といった予測もしました。それを中国版フェイスブック「人人網」にアップしていたらラグジュアリーブランドやバッグ好きの人たちにどんどんシェアされていったんです。その後ツイッターのような要素も併せ持つSNS「ウェイボー」にも同様のことを投稿すると、より多くの人に広まりました。 Q.中国の方々は、そもそもどのようなバッグの選び方をしているのでしょうか。 A.アメリカではラグジュアリーブランドのバッグは富裕層が持っている印象でしたが、中国では所得に関係なく、みんなが熱狂しています。お金を貯めて高級バッグを買おう、という意欲があり、情報を吸収するスピードもすごく速い。ストリートブランドももちろん人気がありますね。 よい点だけを挙げて、友人にすすめるように書く Q.そのような状況の中国で、なぜ人気を獲得することができたのでしょうか? A.中国にもファッションブロガーはたくさんいましたが、基本的にスタイリングの仕方など、ハウツーものが多かった。僕のようにバッグをカテゴライズする人はいなかったからかもしれませんね。でも、それだけではなく、よい面をフランクに書くことを心がけていることも大きいのではないでしょうか。僕は性格的に、プラスのパワーしかみんなに拡散したくないんです。人生においては、友人たちと一緒にリラックスして楽しく過ごすような時間が大切だと思っています。バッグの論評や比較をするのではなく、このバッグがいいよ、と友人にすすめるような感覚を重視しているんです。 Q.そうした姿勢に数々のブランドが感銘を受け、コラボレーションにつながっていったのでしょうね。 A.コラボレーションも犬、豚、青空など明るいコンセプトがほとんどです。売り上げもいいので、みんなそういうムードを求めているのかもしれません。 Q.中国語で書かれている文章を、日本人の私たちも読んでみたいです! A.中国向けに絞っていたのは特に計画があったわけではなく、それだけで手いっぱいだったからなんです。でも、世界中の華僑の人たちが現地に広めてくれていることもあり、いろいろな国から問い合わせをもらっています。そこで、今後インスタグラムでMr.Bagsとしての公式アカウントを開設する予定です。今の@mrbagssではプライベートなことをアップしていますが、公式では中国で発表しているような内容にするつもりです。 Q.楽しみです!ほかに今後考えていることはありますか? A.時計やアクセサリーについて、バッグ同様のコラムを書きたいと思っています。中国のファンの子たちがバッグの次にそこに目を向け始めているんです。これまで養ってきた分析能力を生かしたいです。 Do you know him? Instagram: @mrbagss WeChat: bagsbaoxiansheng Weibo: @Bags包先生www.mrbags.com SOURCE:SPUR 2019年3月号連載「Mr.Bagsを知っているか?」photography: Yuka Uesawa text: Itoi Kuriyama
  • 今、持っているだけで小洒落て見える! きちんと感がありながらデザインがモダンで、バイラ世代の通勤バッグ殿堂入りブランド「マイケル マイケル・コース」の春新作バッグをお届けします。どんなオフィススタイルにもマッチ!MICHAEL Michael Kors(マイケル マイケル・コース)の旬バッグ3選クリーンなホワイトレザーにハードなチェーンがピリッと効いた「シーシー」。きっちりしたシャツと合わせればクールに決まる。バッグ(17×27×11.5)¥58000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) コート¥67000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) ワンピース¥19000/ルーニィ ピアス¥51000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) スカーフ¥15000/フラッパーズ(マニプリ)新作「アレッサ」は中のスペースが3つに分かれていて収納力が抜群。落ち着いた深いグリーンなら服を選ばず合わせやすい。取り外し可能なショルダーストラップつき。(23×25.5×14)¥46000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース)人気の「マーサー」新作はキャンバス地のフロントとブラウンレザーの切り替えが新鮮。(23×31×13)¥44000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/桐谷美玲 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2019年3月号掲載
  • 本当に似合うトレンチには、"肩・襟・丈”の3カ所に注目するだけで出会えます! 大きめが主流の今季のトレンチ。着られてしまって仮装みたいになってしまう「Sサイズさん」は、トレンチコートをこう選んで。Sサイズさんの"お父さんから借りました感"問題どうする?大きめが主流の今季のトレンチを着ると、ぶかぶか状態に。「ゆるさが出るというより完全にサイズミス。おしゃれ感もゼロ!」スーパーバイラーズ 鈴木園子さん(154cm)こんなトレンチがGOOD! ketty[ケティ] ゆるすぎず、体にほどよく沿うシャープなシルエットと、無駄のないミニマムなデザインが絶妙。¥25000/ケティここが重要!【丈】ひざ下は死守しバランスよく着映えする短め丈 長め丈ブームな今季、短すぎもNG。小柄さんの目安はひざ下5〜8㎝【襟】全身のバランスをよく見せるミニマムな襟 小柄な体をすっきりときれいに見せる小さめな襟で、バランス美人に!【肩】余りが出すぎないジャストなアームホール 袖がゆるすぎるとだらしない印象に。サイズ感の合ったほのゆるがベター。細めの襟とスキニーの相乗効果で縦に長くスラリとした印象に ボリュームの出すぎない薄手素材だから、Iラインがほどよく強調され、シュッと細見え。トレンチコート¥25000/ケティ ニット¥21000/シップス 渋谷店(ジェーン スミス) タンクトップ¥990/アメリカンホリック プレスルーム パンツ¥8900/コトリカ ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) バッグ¥13500/フォーティーン ショールーム(ハブファン) 靴¥7862/マミアン カスタマーサポートウエストインで腰位置を上げれば重心がアップし身長が盛れる! シャツをインしてウエスト位置をアピールすることで、メリハリの効いた脚長バランスに。ヒールのパンプスで高さを盛るのも手。トレンチコート¥25000/ケティ シャツ¥16000/ジオン商事(ドレスレイブ) パンツ¥19000/フィルム(ソブ) ピアス¥3500/ラグナムーン ルミネ新宿(ラグナムーン) バッグ¥120000/MIYAKE(シンプソン ロンドン) 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ)結論 小柄な体型にフィットするディテールのコンパクトさと【ジャストなサイズ感】を選ぶべし ジャストなサイズ感の丈を選んでも、しなやかな素材であれば今っぽいゆるさはキープ可能。襟元もなるべく小さめを選び、コンパクトにまとめることでスタイルアップ。撮影/中田陽子(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成・沼田真実〈ともにilumini.〉 スタイリスト/高橋美帆 取材・原文/道端舞子 ※クレジットのないものはすべてスタイリスト私物です ※BAILA2019年3月号掲載
  • 人気ブランドの最新バッグで"信頼される人"になる!働く女子にとって、名刺がわりとも言えるのが【お仕事バッグ】。持っているだけで仕事ができそう、親しみやすそう、つまり"信頼される人"になれる。そんなバッグがあればなぁ……と夢見るなら、人気ブランドの最新作をチェックしなきゃね♡気になるあのバッグ、素材も中身も徹底レビュー! ●COACH● 上質なレザーと洗練されたフォルムはもちろん、機能性も抜群。中は3つのコンパートメントに分かれ、長めのファスナー設計で口は大きく開く。物を出し入れするしぐさまでスマートになるから、“デキる人”に近づける。外側と内側にファスナーつきポケット、内側に多機能ポケットあり。 (右)「ミックス レザー Drew」(21×30×11)¥64000・(左)「ミックス マテリアル Drew」(21×30×11)¥74000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパンサイドは同じ色のスエード 「ミックス レザー Drew」(21×30×11)¥64000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン開口部フラップはスネークスキン 「ミックス マテリアル Drew」(21×30×11)¥74000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン●MICHAEL Michael Kors● “信頼される人”には親しみやすさも大切で、キャンバス×レザーのトートならそれにぴったり。しなやかな一枚革で作られたショルダーバッグの身軽さも賢さの証。広いマチや充実したポケットもうれしい。 (右)「マーサー ベルテッド・サッチェル」(23×31×13/外2、内6)¥44000・(左)「シーシー クロスボディ・ショルダー」(11×18×9/外1、内2)¥46000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース)意外と便利な中のフック 「マーサー ベルテッド・サッチェル」(23×31×13/外2、内6)¥44000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース)背面のポケットにはICカードを 「シーシー クロスボディ・ショルダー」(11×18×9/外1、内2)¥46000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース)●FURLA● 持つ人の笑顔まで印象づけるような、春らしく幸福感のある色が魅力。鮮やかなライムイエローとスクエアのメタルパーツが目を引く新たなアイコンバッグ「フルラ ミミ」(右)。そして「フルラ ブラーヴァ」(左)のフロントには、ブランドを象徴する新しいロゴマーク。別売りのショルダーストラップを組み合わせてもおしゃれ。 (右)「フルラ ミミ」(13×20×7/外1、内1)¥49000・(左)「フルラ ブラーヴァ」(14×20×6.5/内2)¥42000・ショルダーストラップ¥16000/FURLA JAPAN(フルラ)ストラップは長くも短くも 「フルラ ミミ」(13×20×7/外1、内1)¥49000/FURLA JAPAN(フルラ)中まで一面、赤に! 「フルラ ブラーヴァ」(14×20×6.5/内2)¥42000・ショルダーストラップ¥16000/FURLA JAPAN(フルラ)●kate spadenew york● どんな人にも好かれる可愛さや爽やかさなら、やっぱりこのブランド! ピスタチオグリーンと白の軽やかな配色が印象的な「グレース ミディアム サッチェル」(右)。ブランドを代表するトート「サム ラージ サッチェル」(左)もロゴプレートとともにデザインを一新。淡いピンクがスクエア型を愛らしく。 (右)「グレース ミディアム サッチェル」(21×31×11/内4)¥60000・(左)「サム ラージ サッチェル」(24×31×13/内1)¥50000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク)内ポケットが大充実! 「グレース ミディアム サッチェル」(21×31×11/内4)¥60000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク)口が開きすぎない仕様に 「サム ラージ サッチェル」(24×31×13/内1)¥50000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク) ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/坂田幸一 スタイリスト/辻村真理 撮影協力/SWITCH COFFEE ●本文中( )内の数字はバッグのサイズ(縦×横×マチ)で単位は㎝、ポケットの数(外ポケット、内ポケット)を表します
  • 1月末にパリで開かれた、オートクチュール週間。前回の百花繚乱ベスト3に続き、今回は話題騒然ベスト3をご紹介しましょう。  まずは、ジョン・ガリアーノによるメゾン マルジェラの、初の男女ミックス“アーチザナル”コレクション。今回もショーの前にはガリアーノが自分の声でインスピレーションを語るポッドキャストが発表されました。新世代の“グラマー”を探ってきた彼が考える“デカダンス”は、もう哲学! とてもわかりやすい英語で情緒豊かに喋っているのが面白いので、ぜひ聞いてみては。ショーではセットもコンセプチュアルで、なんとランウェイは鏡。天井を覆うのは、プードルが反復するサイケデリックなグラフィティです。壁も一面この絵で、床に映る天井とあいまって、写真で見るとまるでデジタル加工のビジュアルのよう。ダークな“世紀末”を未来的なアヴァンギャルドに仕上げたガリアーノのアプローチは、他とは一線を画すものでした。  一方反逆精神をストレートに、とは言えユーモラスに表現したのは、ヴィクトー&ロルフです。18ルックはほとんどがキャンディ・カラー。ドレスの一連には、「信頼してね。私嘘つきだから」など、いずれも挑発的または矛盾したメッセージが書かれています。しかもメッセージは一点一点異なる書体で、ポップなデザイン。チュールが増殖したかのようなすごいボリュームのドレスとのギャップが際立ちます。  そしてディオールは、今回も意味深いテーマでアピール。サーカス小屋風の巨大なテントのセット、イントロに登場した女性オンリーのアクロバット集団「ミンブレ」のパフォーマンスで、インスピレーションが“サーカス”であることは明白です。これに続いてマリア・グラツィア・キウリが見せてくれたのは、優しいトーンの幻想的で初々しいルックのオンパレード。舞台衣装という直接的なアプローチではなく、ファンタジーや軽やかさ、シュールさなど、サーカスの楽しさが詩的に解釈されました。一方ジュエリー界で今回の最も大きな話題は、ブシュロン。18か月に渡る改装を終え、ヴァンドーム広場のブティックが新たにオープンしたのです。メゾンの設立当時の姿を取り戻しつつモダンな要素を配し、最終的にはショップと言うより“家”をイメージと言うコンセプトの新ブシュロンは、4フロア。ライブラリーやガラス張りのテラス、果ては超上顧客が泊まれる部屋まであり、巡るのが楽しい空間です。  そしてクチュール週間を締めくくったのは、フェスティヴァル・ディエールのカクテル・パーティ。審査員の面々と各分野のファイナリストが発表される、言わば同フェスティヴァルのティーザーです。審査員団を率いるのは、まずモード部門がナターシャ・ラムゼイ・レヴィ、アクセサリー部門はシャルロット・シェネ、写真部門はクレイグ・マックディーン。昨年のグランプリ受賞者、もうじきニナ リッチでのデビューを果たすオランダのデュオ、ボターも最新作を発表する予定だと言うから、楽しみです。5月頭にはフェスティヴァルの報告をお届けするので、お見逃しなく!  Text: Minako Norimatsu ヴィクトー&ロルフのランウェイより。右・スイートなドレスに書かれたメッセージは、「意地悪であれ」!左・まるでウエディングドレスなのに、「シャイなわけじゃないの、あなたが好きじゃないだけ」とはなんとも皮肉ヴィクトー&ロルフのフィナーレでは、黒をカラフルなドレスが取り巻き、まるで遊園地でくるくると回るティーカップのような絵面に。ディオールのランウェイより、サーカスのテーマをロマンティックに仕上げた2ルック。軽やかなドレスにソックスとベビーシューズやショートブーツという足元がモダン。Photos: Diorディオールのフィナーレでは、パステルカラーのアルルカン模様のランウェイを、ヘッドピースをつけたモデルたちが練り歩く姿が圧巻。Photo: Diorブシュロンのブティックにて。上階から見下ろしたガラス張りのテラス”ウインターガーデン”は、顧客がお茶もできるスペース。Boucheron 26, Place Vendoôme 75001 Parisブシュロン店内。右・リビングルームに見たてたこの部屋は、デセデの70年代デザインのモジュラーソファーが主役。左・入口には、メゾンの創設者、フレデリック・ブシュロンの愛猫ウラジミールへのオマージュとして、こんな素敵な猫ベッドが。 photo:Minako Norimatsuブシュロン店内、3階のアパルトマン・ダイニングルームから見たヴァンドーム広場。プレゼンテーションではヴィンテージの調度品にファインジュエリーの定番「キャトル」を配して。photo:Minako Norimatsuフェスティヴァル・ディエールのパーティにて、モード部門審査員団の顔ぶれ。中央はクロエのアーテフィスティック・ディレクター、ナターシャ・ラムゼイ・レヴィ。右端はモデルのリヤ・ケベデフェスティヴァル・ディエールのパーティでは、モードのファイナリスト10人の、代表作もお披露目。フェスティヴァル・ディエールのパーティにて、アクセサリー部門のファイナリスト10人による代表作のインスタレーション。
  • 持っているリップの9割は赤です。コートの両ポケットに収まっているのも赤、家に常備してあるのも赤です。忙しい朝でも、とりあえず塗っておけば、「ちゃんとメイクしている感」が出るため、ついつい頼ってしまいがちなのですが、変化をつけたくなり、最近手持ちの赤リップに「ちょい足し」をするようになりました。 ディオール アディクト グロスの092番 ステラ―(上)とSPUR 3月号「トゥウィンクル・フェイス」 にも登場しているディオール アディクト リップ マキシマイザーの009番(下)が大活躍中です。ラメやパールがたっぷり入り、キラキラメイクがかなうアイテムがかなり気になるこの春。特にパープル系の色にトライしてみたいなと思っていたのでした(キラキラ系パープルアイテム本当に多い気がします)。しかし、赤リップに慣れきっているため、急には難易度が高い……と悩んでいた時に出会ったのがこの二本。気分に合わせて、いつも使っている赤リップの上にのせるだけで、印象をさりげなく変えることが出来るのです。ステラ―は一見、ピンクが強い印象ですが、ぎっしり入ったブルーとパープルの細かいラメが眩しく、ほんのり紫がかって見えるのが素敵。何より見た目があまりにも可愛い……!ポーチに入れておくだけでテンションが上がります。そして、リップ マキシマイザーの009番はパールが入っているため、柔らかな発光感が楽しめます。ステラ―よりもホログラムが細かいので、上品な印象に。 普段見慣れた赤が少しきらっとしているだけで楽しい気分にしてくれる、凄まじいグロスの力を実感中。まだまだ寒さは続きますが、一足早く、春がやってきたような心地にさせてくれる優れものです。
  • 通勤にもカジュアルにも活躍する、究極の万能ボトムであるセンタープレスパンツ。しかし体型によって、似合うかたちもテイストも変わるもの。人気スタイリストの佐藤佳菜子さんに、確実に似合う一本を見つける要点を教えてもらいました。カーヴィ体型なら ハイウエストで細い部分を強調してきゃしゃ見え。ウエストをお直ししても、ヒップに合わせたサイズを優先。 胴の断面が薄く、平べったい楕円形。腰の張りやヒップの大きさが悩みの種だが、ウエストとのコントラストがあり女性らしい雰囲気。ストレート体型なら 伸びやかな体型を生かすためには、ジャストウエストタイプを。すとんと落ちるヒップラインをアピール。 胴が丸みのある筒タイプ。ウエストのくびれは少ないが、そのぶん腰位置は高め。ヒップも小さめの人が多く、正面から見るとまっすぐな印象。ほかのパーツと比べて足首が締まっているなら、足首がきれいに見えるテーパードを。たとえほかが太めでも、全身印象としてほっそり見える。ふくらはぎの張りが気になる人は、ひざ下に少しゆとりのあるシルエットを。センタープレスにより、脚がまっすぐほっそり見えるはず。【試着の共通チェックポイント】 フロントポケットが開いてしまったり、つれたようなシワが出るのはサイズが小さい証拠。腰まわりは少しゆとりがあるほうがきれいに見える。【試着の共通チェックポイント】 まっすぐ立ったときに、ウエストの後ろに指1本入るゆとりがあるかチェック。これよりキツイと、動いたときに余計なシワが寄ってしまう。【試着の共通チェックポイント】 ウエストがぴったりでも、太もも部分に横ジワが出ているのは完全にNG。この場合サイズを1つ上げて、ウエストのサイズをお直しするべき。パンツが似合うってこういうこと! Stylist 佐藤佳菜子さん「短所を隠すよりも長所を生かして強調することが大事!」 「パンツを選ぶとき、気になる部分を隠すことから考える人が多いと思います。でも実はもっと引きの視点を持って全身のバランスで見たほうが絶対にきれいに見える! 誰にでも必ず素敵なパーツがあるので、そこがきわだつものを見つけることが大切。太いパーツがあったとしても、ウエストがくびれていればハイウエストを、足首が細ければクロップト丈で思い切り強調すればいいのです。  それから"サイズが入る”ことと"すっきり見える”ことはまったく別。シルエットがきれいに見えるサイズを選び、必要ならお直しを。   あとは"着たい”と"似合う”を分けて考えて。いくら好きなデザインでも、体型に合わなければあきらめる勇気を持つことも重要です」撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 イラスト/田中麻里子 取材・原文/発田美穂 ※計測データはすべて編集部調べです ※BAILA2019年3月号掲載
関連キーワード