BEAMS JAPANが「銭湯のススメ。」!? 限定アイテムや銭湯スタンプラリーで盛り上がって

HAPPY PLUS ONE
牛乳石鹼とのコラボレーションイベント「銭湯のススメ。」が、新宿にあるBEAMS JAPANなどで開催中。BEAMS JAPANでのポップアップショップをはじめ、限定アイテムの発売やオリジナルの銭湯情報誌の配布など多彩なコンテンツが登場。さらに、都内の銭湯でのスタンプラリーも行われ、オリジナルアイテムが当たるチャンスも。

日本の古き良き銭湯文化をユニークなコンテンツで発信する、BEAMSと牛乳石鹼のコラボレーションイベント「銭湯のススメ。」。新宿のBEAMS JAPAN1階に2月19日(火)まで登場するポップアップショップには、シトラスフローラルの香りの牛乳石鹼・カウブランド橙箱399円や、牛乳石鹼の箱でおなじみの牛のイラストがプリントされたたMIZUNO(ミズノ)の吸水タオル2400円などのイベント限定アイテムが勢揃いする。

都内にある約550もの全銭湯をジャックしたスタンプラリーも見逃せない。3月31日(日)までの間、BEAMS JAPANと都内の銭湯で配布する台紙に、各銭湯のスタンプを集めてBEAMS JAPANに持って行くと、Tシャツやサコッシュなどのオリジナルアイテムが当たる抽選会に参加できるおいしい企画。各銭湯では、シンプルな線画でありながらほっこりする作品が魅力のイラストレーター・長場雄によるオリジナル暖簾が迎えてくれる。

なかでもぜひ訪れたいのが、上野にある銭湯・寿湯。2月20日(水)までの間、「銭湯イベント in 上野・寿湯」と題し、この期間にしか体験できないスペシャルな空間に生まれ変わる。オリジナル暖簾はもちろん、銭湯の入り口に寿湯限定でフォトスポットを設置。長場雄による原案を、銭湯絵師の田中みずきが浴場の壁にダイナミックに描き上げた作品もお目見えする。期間中の土・日・祝日には、牛乳石鹼「カウブランド赤箱」をイメージした色と香りの入浴剤を使ったお湯で癒されて。

また、「すべての銭湯は素晴らしい!」を合言葉に特別制作された、東京都浴場組合公認の銭湯情報誌『銭湯のススメ。』も見逃せない。都内のさまざまな銭湯をピックアップして紹介する銭湯ガイドや、銭湯ジャーナリストのステファニー・コロインによるコラムなどを収録した読み応えのある1冊。裏面は大判のポスターとして飾って楽しむこともできる。BEAMS JAPAN、ビームス ストリート 梅田、東京都内の銭湯にて配布。『銭湯のススメ。』片手に、銭湯の魅力を再発見しに出かけよう。
<DATA>
銭湯のススメ。

ポップアップショップ at BEAMS JAPAN
開催期間:1月18日(金)~2月19日(火)
開催場所:BEAMS JAPAN1階(03-5368-7300)

「銭湯のススメ。」限定アイテム
発売日:1月16日(水)
販売店舗:BEAMS JAPAN1階、HEP FIVE1階 アトリウム催事スペース(1/27まで。問い合わせ:06-6366-3695)、BEAMS公式オンラインショップ 、ZOZOTOWN

都内銭湯ジャック&「銭湯のススメ。」スタンプラリー
スタンプラリー実施期間:1月18日(金)~3月31日(日)
景品交換期間:1月18日(金)~3月31日(日) ※2/20は休み
対象銭湯・店舗:東京都浴場組合に加盟する約550の銭湯、BEAMS JAPAN
景品抽選場所:BEAMS JAPAN
景品:1等 Tシャツ(50枚)/2等 サコッシュ(100点)/3等 ウォッシュタオル(150点)/4等 牛乳石鹼赤箱(200点)
※抽選会は景品がなくなり次第終了

銭湯イベント in 上野・寿湯
開催期間:1月18日(金)~2月20日(水)
開催場所:東上野 寿湯(03-3844-8866)
text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
関連記事
  • ワンピース¥15000・コート(2月下旬〜3月上旬入荷予定)¥18000・バッグ(3月上旬入荷予定)¥10000・ブーツ¥12000/SNIDEL イヤリング¥1600/Jemica 新宿ルミネエスト店 タイツ(3足で)¥1000/チュチュアンナふくらはぎまでかかるロング丈と、肩が落ちるゆるシルエットが今どきなトレンチコート。春まで大活躍のアイテムに今なら白のニットワンピを合わせて甘めにコーディネート。ワンピはケーブルニットのサイドをデニムで切り替えた進化系。差がつくコーデに役立てて!モデル/松川菜々花 撮影/イマキイレカオリ ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶トレンチコートコーデ記事一覧はコチラ
  • 今っぽ 春アウター は、短い。真っ先に手に入れたい春アウター。注目すべきは、トレンドデザインはどれも丈が短いってこと! だからこそスタイリングしやすくて、今っぽコーデが簡単に決まる。その理由を教えます♡ショートトレンチ きれいめ派が頼るトレンチも今シーズンは、かしこまらず短めをラフに着るのが新鮮。きちんとトレンチに短め丈で抜け感プラス 程よいハリ感のAラインタイプは、短め丈ですっきり見えを狙いたい。 コート¥4990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 ブラウス¥12000/レッセ・パッセ デニム¥12000/リー・ジャパン イヤリング¥1700/お世話や(Osewaya) スカーフつきバッグ¥5800/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店---これもおすすめ!---デコルテが大きめにあいたデザインが、顔回りをくっきり女っぽく引き立てる。 共布ベルトつきコート¥8900/MIIAウエストシェイプで無条件に重心アップ。 コート¥33000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)モデル/岡本夏美 撮影/藤原宏(Pygmy Company・モデル) 魚地武大(TENT・物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/東原妙子web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 駅弁を買うなら、寿司のような一品入魂弁当か、色んな味を楽しめる幕の内弁当、どちらを選びますか? 私自身は、駅弁の場合は断然一品入魂派。例えば、峠の釜めしのように一品入魂の方がその土地の名物が多いような気がするからです(あくまでもイメージですが)。しかし、ことメイクアップパレットに関しては俄然幕の内弁当派。何より荷物が減らせるので、普段の生活にも旅行の時にも大変便利です。 そんな"幕の内弁当"パレットの決定版「カラーパレット クラシックコレクション」が、このたびrms beautyから発売になります。 左上から時計回りにファンデーションやコンシーラーとして使える「アンカバーアップ」、ツヤをプラスできる大人気の「ルミナイザー」、絶妙な赤の「リップチーク」、乾燥の気になる部分にどこでもぬれる「リップスキンバーム」、ツヤやかな目もとが作れる「アイポリッシュ」。こんなに使える"幕の内弁当"パレットが今まであっただろうか、というほどの充実ぶりです。さらにrms beautyのいいところはすべてにココナッツオイルが配合されているのでメイクアップをしながら保湿をしてくれること。そして色味を混ぜて使えるので、その時々でちょっと赤味を強くしたり弱めたりというコントロールが簡単なこと。つまり一見すると5種のアイテムだけがセットされているパレットですが、この小宇宙のなかに、スキンケアからカラーメイクアップまで無限の可能性が秘められているんです。 そのうえ、薄くてすっきりしたデザインなのでバッグの中でもかさばりません。この夢のような「カラーパレット クラシックコレクション」は、伊勢丹新宿店では2月20日から、その他のお店では限定店舗で2月27日から登場します。ぜひお見逃しなく!
  • 赤福和菓子好きな私です。 無性に「赤福」が食べたいとふと思ってしまいどうにかして食べたい! でも赤福があるのは伊勢・・・ 東京にいてもどっかにないか・・・と思っていたら・・・念願の赤福♡先日、夫が赤福を片手に帰ってきました! まさか伊勢に?! そんなわけはない・・・ 聞いてみたところ小田急百貨店新宿店で買ってきたそうです。 8個入りを2人でペロリ26日(火)まで!2月20日~26日まで特別販売をしているそうです♡ ラッキーなタイミングでした♪ 程よい甘さのこしあんがたまらないーーーーー! 毎日食べたいくらいです♡25日までですが高島屋横浜店でも購入できるみたいです♡ 以上、和菓子グルメ情報でした♡ Instagramスーパーバイラーズ 遠山春菜のブログ
  • この間のお礼に親友・花を誘ってお茶に。ワンピ風のトレンチから旬柄をチラリとのぞかせて、春気分!気の置けない女友達と会う日は、ラフな着こなしに春っぽいムードを取り入れてトレンドを意識。ネイビーワンピ×ベージュトレンチのベーシックな配色も、柄やシルエットで大人の可愛げはしっかりキープ。ベレーとスニーカーでフレンチっぽさを意識してみた♪ 仕事のいいアドバイスをくれた親友・花に、ケーキをごちそう。「すごくおいしい!」って大喜びしてくれて、よかった♡ ワンピース¥8241/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ) コート¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン) ベレー帽¥6300/カシラ ショールーム(カシラ) スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) バッグ¥43000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ) タイツ¥900/タビオ(靴下屋)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客データの解析や資料作りなどで内勤が多めの勤務スタイル。甘めのフェミニンスタイルが好みの半面、食は辛党。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【トレンド服】小花柄ワンピース春も長め丈のワンピース人気は止まらない! レトロ感のある小花柄が旬。色はダークで大人っぽく。¥8241/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ)【ベーシック服】フレアトレンチコートマニッシュなイメージのトレンチも、きれいに広がるシルエットで女らしく。¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン) 「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】自由区 DOUBLE FACE LINEN コート(検索番号W24) ¥39,000+税【関連商品】Flower Days レースアップランダムドットワンピース ¥6,900+税撮影/土山大輔〈TRON〉(絵美里)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/絵美里 文/衛藤理絵
  • 薄手で軽やかさのある端正なデザインのワンピースは1枚はもちろんデニムとも好相性!最近忙しくて通販でばかりショッピングしているけれど、やっぱり直接お店に足を運んで店員さんと情報交換することも必要だよね、ということで歩きやすいフラットシューズ&デニムパンツでリラックスモードのコーデに。とはいえ好きなお店には油断した格好では行きたくないので、レディなネイビーワンピースを重ねてみる。この判断が大正解、一気に旬なレイヤードスタイルの完成!ワンピース¥29,000/インターリブ(サクラ) デニムパンツ¥19,800/ショールーム セッション(サージ) バッグ¥42,000/ショールーム セッション(OADNEW YORK) 靴¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースコーデをもっと見る
  • 花粉の量が例年の3~5倍と噂される2019年。美容のプロ4人が花粉シーズンに欠かすことのできない愛用グッズを大公開!この時季に欠かせないグッズは?アレルギー対策目薬は必須(美容ライター 前野さちこさん) 花粉で目がかゆいと、無意識に目もとをかいたりこすったりと刺激を与えがち。専用の目薬で、先手のケアがマスト。 かゆみ・充血を抑え、修復を促す。サンテ ALn(第2類医薬品)15㎖ ¥930/参天製薬肌に触れるものはふかふかでそろえる (美容ライター 中島彩さん) 肌ざわりのよいふかふかのタオル、ローションマスクに便利なふかふかのコットン。肌に触れるものはふかふかでそろえる♡サングラスで花粉や大気汚染物質、紫外線を目からシャットアウト(美容ジャーナリスト 小田ユイコさん)耳や肌が痛くならないシルクコーティングマスク(美容ライター 長田杏奈さん) 布教用にも携帯。超快適マスク小さめ7枚入り ¥400(編集部調べ)/ユニ・チャーム撮影/嶌原佑矢(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 取材・文/長田杏奈 ※BAILA2019年3月号掲載
  • 昨年から、DJバーなど大人の遊び場が続々と増えている、東京ナイトアウト事情。明け方まで友人とワイワイするのも楽しいけれど、大人な私は狙いを定めてさくっと帰宅! おいしいお酒や上質な音、集う人がつくるムード。「ここだけ」の楽しさが体験できるアドレスに訪れて。 アナログ・レコードの音に包まれて銀座の夜をゆっくり過ごす GINZA MUSIC BAR 銀座7丁目交差点のすぐ近く。初めてでも気負いなく訪れられるこのバーの売りは、最高のサウンドシステムと3000枚以上のアナログ・レコード。年代を問わず、ジャンルを超えた選曲は音楽好きをうならせる。毎週木曜日にはDJを招いてのイベントも開催。こだわりのスピーカーから流れる長時間でも疲れないやわらかい音。深く美しいブルーとウッドで統一されたインテリアも居心地がいい。"古きよき"がモダンに表現された店内で至極のひと時を楽しみたい。 ゆるりとしたパジャマ風セットアップにポップな小物使いでナイトアウトの高揚感を添えて。 シャツ¥27,000・パンツ¥25,000/alpha PR(アンユーズド) Tシャツ¥10,000/UNIT&GUEST(ブラウス) 中に着たボーダーTシャツ¥15,000/ジャーナル スタンダード 表参道(スタンド アローン) スカート¥15,000/ジャーナル スタンダード自由が丘店(ジャーナル スタンダードニュウ) ピアス¥25,000/エイチビューティ&ユース(ラビットネック) ブローチ(上から)¥23,000・¥29,000/シティショップ(ケネス ジェイレーン) リング¥14,000/アダムエ ロペ(ローラ ロンバルディ) バッグ(ショルダーストラップつき)¥60,000/Pred PR(ミチノ) 靴¥67,000/ロンハーマン(マリ ジウディセリ) 1 ビルの4階。銀座の街並みがのぞく大きな窓が開放的。クラシック専用に作られたというイギリス、TANNOY社の最高峰スピーカーWESTMINSTERが鎮座する2 季節の果物を使用したフレッシュジュースをシャンパンで割ったカクテル(¥1,900)。ナプキンにはお店の電話番号を手書き風にプリント3 "アナログ"にちなみ店内にはこんな電話も。随所に粋な計らいが感じられる DATA 東京都中央区銀座7の8の13 ブラウンプレイス 4F03−3572−3666営業時間:18時〜翌4時定休日:日曜 世界一のカクテルを体験できるコンセプトバー The SG Club バー業界のアカデミー賞といわれる「International Bartender of the Year」を受賞した後閑信吾氏が手がけるThe SG Club。1階の「Guzzle(ごくごく飲む)」と地下の「Sip(ゆっくり飲む)」の2フロアから成り、バー初心者でも楽しめる仕掛けが満載だ。リキュールだけでなくスパイスを巧みに使ったカクテルは、まるで料理のような奥深さ。毎月満月の日に行われるイベント(次回は3月21日に開催予定)では、その日限定のスペシャルカクテルが味わえるそう。 おめかしスタイルも、オーバーサイズのジャケットで肩の力を抜いて。 ジャケット¥72,000(シャイナ モテ)・中に着たジャケット¥92,000(ヴェロニク ルロワ)・スカート¥34,000(バウムウンドヘルガーデン)・靴¥47,000(ネブローニ)/アダム エ ロペ ピアス¥92,000・カメオトップ ネックレス¥59,000・サークルトップネックレス¥110,000/ロペ エターナル(ソフィーブハイ) バングル(右から)¥150,000・¥25,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(リジィーフォルトゥナート) バッグ¥48,000/SUPER A MARKET(ヴァニーナ) 4 14時オープンの「Guzzle」では昼間からアルコールを楽しめる。18時までは子ども連れもOK。テイクアウトのカクテルメニュー4種はお散歩のお供に最適5 地下の「Sip」入り口には靴磨きされながらカクテルを楽しめる「Sip and Shine」も6 コーヒーをベースにした人気メニュー、カフェ フォー芸者(¥2,200)。幾層にも重なる芳醇な香りに、山椒の葉がアクセントをきかせる DATA 東京都渋谷区神南1の7の803−6427−0204営業時間:「Guzzle」14時〜翌2時、14時〜翌3時(金・土)、「Sip」18時〜翌2時、18時〜翌3時(金・土)定休日:不定休スイーツと一緒にカクテルはいかが? Megan - bar & pâtisserie 昨年秋、渋谷ブリッジ内にオープン。ニュー・アメリカン・スタイルの料理が味わえるオールデー・レストランとしてはもちろん、朝から晩まで営業するバーも魅力的。バリスタが一杯一杯淹れるコーヒーや日本の茶葉を取り入れたカクテル、ミクソロジーカクテルなどが揃い、併設のペイストリーで販売される焼き菓子やケーキと相性抜群だ。 7 トワイライトストロベリーケーキ(¥700)とグリーンティーマティーニ(¥1,200)8 ヴァン・ナチュールも豊富に揃う9 アメリカン・ベイキング、フレッシュケーキなどを販売するペイストリーショップ。コラボレーションをしたのはシェフユニット「Tangentes」 DATA 東京都渋谷区東1の29の3 SHIBUYABRIDGE B棟 1F03−5962−7648営業時間:8時〜23時30分(LO)、8時〜16時30分(LO/日)定休日:不定休 ファッション関係者が愛する渋谷の隠れ家バー BLOODY ANGLE スナックが軒を連ねる雑居ビルを上がるとピンクの光に照らされた一軒のバーが現れる。NYのチャイナタウンをイメージした内装は、グラフィックデザイナーのYOSHIROTTEN氏によるもの。外からの印象を気持ちよく裏切ってくれるおしゃれな空間は初めての女性客でもなじみやすい。月2回開催されるDJイベントもチェックを。 10 赤いライトに照らされた店内。天井から下がる丸いライトは月をイメージしている11 店内のレコードの多くは購入可能。ソウル、ジャズ、ファンクのほか、海外からのゲストには70〜80年代の和モノが人気12 丸氷が浮かぶジントニック(¥900)がシグネチャードリンク DATA 東京都渋谷区渋谷1の15の16 ソシアルビル3Fと4Fの間03−6427−5178 営業時間:21時〜深夜まで定休日:日曜 SOURCE:SPUR 2019年4月号連載「24時までのNight Out Tokyo」photography:Keita Goto(GINZA MUSIC BAR,The SG Club),Yuya Iwaki(Megan - bar & pâtisserie、BLOODY ANGLE)styling:Yumeno Ogawa(model) hair & make-up:Ryoki Shimonagata model:Saya Honno edit:Sakiko Fukuhara ※この特集内、取材店舗の価格はすべて税込み表記です。
関連キーワード