柴咲コウもメロメロに!動物写真家・岩合光昭の写真展「ねことじいちゃん」

HAPPY PLUS ONE
落語家の立川志の輔が映画初主演、柴咲コウがヒロインを演じた映画『ねことじいちゃん』が、「ニャンニャンニャン」の2月22日(金)より公開に。それに先立ち、本作で初監督にトライした世界的な動物写真家・岩合光昭による写真展「ねことじいちゃん」が、1月9日(水)から日本橋三越本店で開催中。

映画『ねことじいちゃん』は、2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす70歳の大吉(立川志の輔)のほのぼのとした日常を描いた人間ドラマ。岩合は日本人の作品として初めて「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙を2度飾り、NHKBSプレミアムで放送中の「岩合光昭の世界ネコ歩き」でもおなじみの動物写真家だ。

1月8日に行われた写真展のレセプションには、岩合監督、柴咲、劇中でタマを演じたネコのベーコンが登壇。最初にベーコンがくす玉を割ることになったが、なかなかくす玉のヒモを引っ張ろうとせず、柴咲たちをハラハラさせる一幕も。岩合監督は「ベーコンは本来もっとすばらしい役者ですが、ギャラリーが大勢いらっしゃったので、硬くなっていたようです。ちょっと緊張したんじゃないですかね」と柴咲と顔を見合わせ、ベーコンを笑顔でフォロー。

ネコ好きで自身もネコを飼っている柴咲は、本作のオファーを快諾したのだとか。「小さい頃から猫が好きで、“ねこ”という字がタイトルに入っていて、何よりも岩合さんが初監督する作品は二度とないので、二つ返事で受けさせていただきました」とのコメント。さらに映画については、「どんなカットにも猫がいる作品って、今までにないですよね。猫も伸び伸び過ごしているし、猫の日常が描かれているので、素敵な映画になったんじゃないかと思います」と見どころを語った。

ギャラリーでは、岩合が映画の撮影と併行して撮り下ろした写真約160点を展示。どの写真も岩合監督ならではの、無防備で愛嬌たっぷりの自然体なネコの表情が切り取られている。

ねことじいちゃん
監督/岩合光昭
原作/ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊)

出演/立川志の輔、柴咲コウ
小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之ほか
2019年2月22日(金)より全国ロードショー
http://nekojii-movie.com/

岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」
開催期間/2019年1月21日(日)まで その後、全国各地で順次開催予定
開催場所
日本橋三越本店

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/event_calendar/nekojii.html

Text/山崎伸子
関連記事
  • 珍しく従順に甘えるルウ。こちらの調子がくるっちゃうけど、嬉しいぞっ♡♡「たまにはこんなサービスもいいにゃろ♡」■名前ルウ■性別 ♂(男の子)■猫種 雑種(元保護猫)■生年月日 推定2017年6月■性格 人間大好き、慎重派■特技 人の手にすりすり■好物 レタス、ジュレ・スープタイプのフード■マイブーム 夜景を眺めること■チャームポイント 目のキラキラ感→ルウくんの投稿はこちらから
  • 発売中のMORE6月号でも、声優を務めた竹内涼真さんと飯豊まりえさんにスペシャル対談していただいた、映画『名探偵ピカチュウ』。みなさん、ご覧になりましたか?ポケモン好きの人はもちろん、そうじゃなくてもモンスターたちの可愛さに歓声をあげたくなるはずだから、ぜひ劇場で観てみてください!じつは、その対談の現場にはシークレットゲスト……ピカチュウも来てくれていたんです♡ MOREスタッフも大興奮で、みんな写真を撮りまくってしまいました。意外とカタめの手触りだったことはナイショです(笑)。MORE6月号の試し読み・電子版の購入はこちら
  • 公開中の映画『貞子』主演をはじめ、多数のドラマやCMに出演する女優でモデルの池田エライザさん。来年公開予定の映画『鋭意製作中』では、初の映画監督に挑むなど、今後も多方面での活躍が期待されています。そんなエライザさんのデビュー10周年を記念したファースト写真集『pinturita(ピントゥリータ)』が、5/31(金)発売されます♡撮影/桑島智輝 スペイン系フィリピン人と日本人の間に生まれたエライザさん。今回の撮影では、自身のルーツを辿るためにスペインのバルセロナやカタルーニャ地方を訪問。中世ヨーロッパの街並みに溶け込むハイセンスなファッションや、細くてメリハリがある抜群のプロポーションを活かした水着姿や下着姿まで、その美貌を惜しみなく披露してくれたそうです!撮影/桑島智輝 6/9(日)には、東京「SHIBUYA TSUTAYA」にて発売記念イベントの握手会も予定されています。クールで妖艶な表情から、お茶目で可愛らしい表情まで。魅力満載のプレミアムな一冊、注目してみて☆■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■池田エライザ1st写真集 『pinturita』(集英社)5/31(金)発売 撮影/桑島智輝 B5判・128ページ ¥2200▶▶発売記念握手会詳細はここからチェック!
  • 吉岡里帆が、新しいデニムにお着替え。新しいデニムは、欲張りな私たちに“デニムをはく”ということ以上の価値をくれる! そんな新しいデニムの中でも、マストな5種類を厳選してみました。女性らしいデニム『リーバイス』の新作は、伝説の“マリリン・モンロー”のデニムを再構築したもの。女性らしいウエストを強調するハイライズと、スリムなレッグライン。ロゴTとでラフに着ても女性らしさを失わない♡パンツ¥18000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®メイド アンド クラフテッド®) ジャケット¥32000/フィーニー Tシャツ¥11000・ネックレス¥24000・ブレスレット¥28000/アー・ペー・セー カスタマーサービス 靴¥36000/リーガル コーポレーション(リーガル) バッグ¥28000/ショールーム セッション(トイノ アベル) リング¥20000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ベルト¥18000/1LDK me.(サイ)“今”を感じるデニムはくだけで、どうしたって旬のスタイルになれるフレアデニム。いつもの服にも新しい風を! 旬に躍り出たフレアデニムには、装い全体を今っぽく引き上げる力がある。どこか懐かしいラインがむしろ新しく、黒のブラウスにもシックなだけじゃない味わいをくれる。パンツ¥15800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) ブラウス¥46000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) タンクトップ(2枚セット)¥3800/ブルーブルー(ミラー・ブルーブルー) 靴¥45000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ) ターバン¥1280/サンポークリエイト(アネモネ) ピアス¥18000/チェリーブラウン バングル¥9000/HEMT PR(ノース ワークス)美脚になれるデニムスニーカーとでもきれいになれる信頼感が、「もっともっとデニムをはきたいと」思わせてくれる! シンプルなストレートライン。でもジャパンブランドならではのフィット感や、絶妙な丈感が美脚へ導く。ウエストをすっぽりおおうハイライズは腰高効果があり、Sサイズさんにもおすすめしたい。コーデは上品なインディゴカラーを、パステル色のシャツと合わせて清潔感あふれる着こなしに。カラーのきいたスニーカーで、気分は気取らないアメリカンガール☆パンツ¥18500/ショールーム セッション(サージ) シャツ¥16000/フラッパーズ(サクレクール) 靴¥45000/プレラブド バッグ¥9000/1LDK me.(エンダースキーマ) メガネ¥56000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥35000/シティショップ(ファリス)ワンピースに似合うデニム可愛いを、もっと可愛いにしてくれる素敵な関係。だから“ワンピに似合うか”で選ぶのは大正解◎ さらっとワンピに“はおる”デニム。新しいデニムジャケットはオーバーサイズがキーワード。メンズっぽいシルエットに、古着のようなあせた色。そんな武骨なジャケットの下には、つやのあるキャミワンピ。そのギャップがたまらなくいい感じ。トーンをまとめてトライ。ジャケット¥38000/ボウルズ(ハイク) ワンピース¥13000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 カットソー¥4900/ノーク バッグ¥34000/1LDK me. ピアス¥6000/yurika_akutsu信頼ブランドの新作デニム次のデニムトレンドを予感させる、新鮮なデザインで一歩先へ。『アー・ぺー・セー』が提案するのは、クロップトのワイドパンツのような一本。太めのレッグラインに、短めに設定されたレングスがちょうどよく、ふとした瞬間のぞく足首が女性らしい。ブランドのスピリットを受け継いで、フレンチシックにコーデしてみるのもいいかも。パンツ¥21000・ジャケット¥26000・Tシャツ¥10000・靴¥29000/アー・ペー・セー カスタマーサービス イヤカフ¥18000/UTS PR(ルフェール) スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ)RIHO YOSHIOKAよしおか・りほ●1993年1月15日生まれ、京都府出身。ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』や映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』で主演を務める。そのほかにも多数のCM出演や写真集『so long』を発売するなど勢力的に活動。5月31日には、東野圭吾の原作小説を実写化した映画『パラレルワールド・ラブストーリー』が公開される ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三宮幹史 ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) モデル/吉岡里帆 スタイリスト/高野麻子
  • ゆんぴょとふみかはお互いのことをどこまで理解している...?2人はどこまでお互いのことを理解している? ゆんぴょとふみかにクイズを出し合ってもらったよ。はじめて一緒に撮影したときの思い出話や、プライベートな仲良し秘話もチェックして♡ \ 優子とふみかからお願い / 仲良し2人にやってほしい企画&クイズを大募集。YouTubeのコメント欄に答えてね♡ おもしろアイデアまってるよ~!!     5月20日発売のnon-no7月号はふみかが表紙! 巻頭のカバーストーリー「ふみかの女神な水着」では、憧れBODYのふみかがトレンド水着をナビ♡ そして、「わたしの1×10」と題して、ノンノモデルの着回しテクを大ボリュームでお届けするよ!   さらに、小松奈々さん・川栄李奈さん・池田エライザさん・山本舞香さんなど、スタイリッシュな6人が「夏の黒」が新鮮になるアイデアを披露! その他、Hey! Say! JUMPのスペシャル大特集や映画『パラレルワールドラブストーリー』で主演を務める玉森裕太さんのインタビュー、初登場のKoki,さんの新作コスメなど盛りだくさん♪  
  • 2019年5月14日~25日(現地時間)の日程で開催されている第72回カンヌ国際映画祭。今年の審査委員長は、映画『レヴェナント:蘇えりし者』などのメキシコ人監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(55)で、最年少審査員として女優のエル・ファニング(21)が選ばれたことが話題に。 また、レオナルド・ディカプリオ(44)とブラッド・ピット(55)が初共演するクエンティン・タランティーノ監督(56)の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がすべりこみでコンペティション部門に出品されることになり、タランティーノ監督が『パルプ・フィクション』以来、25年ぶりのパルムドール受賞となるか注目が集まっている。 オープニングを飾ったのは、ジム・ジャームッシュ監督(66)のゾンビ映画『The Dead Don't Die(原題)』で、出演者であるセレーナ・ゴメス(26)やティルダ・スウィントン(58)、クロエ・セヴィニー(44)らがレッドカーペットを賑わせてスタート。連日のスクリーニングやパーティで、豪華なドレスを身にまとったセレブたちの姿を一気に振り返り! >>リハビリを終えたセレーナ・ゴメス、カンヌ国際映画祭でカムバック! photos:Getty Images, Aflo
  • こんにちは! 住田です。 先週、バイラーズの仲間達と代々木公園でオシャレピクニックをしました♫今回ケータリングをお願いしたのは、 THE FIVE SENSES BAR さん 食を通して 〝五感を感じて楽しむ〟 をテーマにしているので、味だけではなく 見た目も本当に素敵だし、素材には無農薬や有機野菜や国産小麦など体に優しい素材を使っていて、まさに五感が喜ぶメニュー☆ を作ってくれるケータリング今回は紫をテーマにお食事をオーダーしたので、 まずは紫キャベツ、ぶどう、りんごのコールドプレスジュースから♫他メニューは ☑︎紫芋とじゃがいものポテサラミニサンド ☑︎ガーリックリボンパスタ ☑︎ビーツとキャロットのラペ ☑︎紫キャベツのマリネ ☑︎国産ハーブ鷄とごぼうのマスタード和え ☑︎ドライトマトのミックスビーンズの揚げ豆腐の一口ステーキ ☑︎ブルーベリーのミニカップケーキ ☑︎無添加ベーコンのバジルブリッジ ☑︎オーガニックチップス ☑︎フルーツテーマが紫だったので私達もドレスコードを 白×ベージュ で揃えました(o^^o)私は UNIQLO Uの白いワンピースにベージュのキャスケットを♫ アクセントにMARNIのピクニックバッグを合わせました。心も体も満たされた素敵な日だったなぁ〜♡ お料理も全て美味しかったので、是非また利用したいです!! Instagramにタグ付けしたので、メニューやお問合せ、予約等はTHEFIVESENSESBARさんの公式アカウントから確認してみて下さいね(^ ^)Instagramスーパーバイラーズ 住田奈央のブログ
  • ユニクロのUTは漫画『ワンピース(「ONE PIECE)」)』とのコラボも話題ですが、ほかにも色々チャーミングかつユニークなものが! 展示会で見て、思わず歓声をあげてしまったのがこちらのペコちゃん。真っ赤な生地にキュートなペコちゃんでインパクト大!ポケットだけさりげなく、という小粋なデザインも。小説家、映画監督、女優などとして活躍しているアメリカ人アーティストのミランダ・ジュライとのコラボにも驚きました。デザインによっては売り切れサイズもあるみたいですが、新鮮なTシャツをお探しならこちらも手です。ミランダの作品の中では、個人的に岸本佐知子さん訳による『あなたを選んでくれるもの』がおすすめ。このTシャツをきっかけに興味を持った方はぜひ、彼女による小説や映画もチェックしてみてくださいね。ほかにも店舗やサイトではユニークなコラボTシャツがいっぱい。次のシーズンの展示会でもまた驚きのアイテムと出会えるのではないかと、今から楽しみです(副編Y)『ユニクロ』UTの詳細はこちら>> 副編Y MORE編集部ファッション担当。MORE公式インスタグラムで展示会レポートを担当し、各ブランドの最旬情報を発信。きれいなものと、おいしいものの情報量はまるで歩くグーグル!
関連キーワード

RECOMMEND