【冬のおしゃれがもっと素敵に】松島 花さんの「ストールコーデ」見本帳

HAPPY PLUS ONE
私たちのクローゼットに、チェックのストールがあると良い理由♡
冬のベーシックコーデを上質に格上げしてくれる!

1/4

毎シーズン人気殺到の「HAUNT×JOHNSTONS」コラボ

2/4

程良いスパイスとなるグリーン×ブルーチェック

3/4

ワードローブがブラウン軸ならホワイトがおすすめ

4/4

冬のベーシックコーデを上質に格上げしてくれる!

何か今日物足りないな、そんなときがチェックのストールの出番。単色コーデを盛り上げてくれるチェックのストール♡ 間違いのない赤チェックは安定の可愛さ、女性らしさもプラスして。
毎シーズン人気殺到の「HAUNT×JOHNSTONS」コラボ

代官山のセレクトショップ・HAUNT(ハウント)が別注するジョンストンズの大判カシミアストール。松島 花さんみたいにキュッと結んでも、アウターの上からすっぽり羽織っても素敵。
程良いスパイスとなるグリーン×ブルーチェック

ダークトーンの冬コーデになじみながらも映える、ジョシュア エリスのチェックストール。王道・ジョンストンズを猛追、今季脚光を浴びている押さえておきたいブランドです。
ワードローブがブラウン軸ならホワイトがおすすめ

ブラウンに白、やわらかなトーンにまとめてフレッシュな印象に。きれいめ服にももちろんですが、カジュアルな休日コーデにも好相性。暖かい上にコーデに奥行きを与えてくれます。
トレンドに左右されない定番は、週7で使える⁈ 万能さも魅力。
関連記事
  • この時期の服、迷います。朝晩は肌寒く昼間は暑い。 でもセットアップなら困りません。気温差の激しいこの時期のはおりなど、毎年悩みます。 特に一日外出しなくてはならない日のコーデ。 忙しい朝に悩んでる時間がもったいない。 適当に着てしまえばその日のやる気スイッチが切れてしまい 気分のノラナイ一日に・・ そんな悩みをセットアップで少しでも解消!! 朝、悩んだときはサマになるセットアップにしています。 悩んだ末、最近購入したセットアップは2セット。 今日は黒のリネン素材のセットアップをご紹介いたします。 黒なので きっちりしすぎない形。 動きやすくラクチン。 選んだのは 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン サラリとした肌触りと ナチュラルな風合いのリネン素材で着心地抜群。 黒なのでバラでも合わせやすい♡ セットで着るときの中の定番は白Tシャツです。 足元もサンダルでもスニーカーでも合いますよ。 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン 美女組No.91麻衣のブログ
  • 3年前に購入したプリーツスカートは、UNIQLOで2990円でした トップスは、デプレのもので、全く違うブランド(メーカー)ですが、同じモーヴピンクなのでセットアップ風に見えて、少しかしこまった席にも持ってこいです今季は、リネン素材のセットアップもトレンドですよね 雑誌で見たフレイアイディーの赤みブラウンのアイテムが気になっています 早くお店に行って生地の風合いや丈感を見てみたくてウズウズ最近、一目惚れしたサンダルもクローゼットに仲間入りしたので、また紹介させてください♡トップス:DES PRESS スカート:UNIQLO パンプス:PELLICO バッグ:GIANNI NOTAROInstagram やっています☆スーパーバイラーズ 菊地実李のブログ
  • コスパ抜群なトレンドアイテムがラクラク手に入るECサイト。その中でも、インスタでファンを増やし立ち上がった個人発ブランドが今アツいんです。今回は、着心地や質にこだわったシンプルデザインが評判の「manon fripes(マノンフリップ)」をご紹介します。おしゃれバイラーズが立ち上げたカジュアル上手なmanon fripes(マノンフリップ)“マノンが大切にしている一着”をテーマに、スーパーバイラーズのおしゃれ上手・石上美鈴さんが友人とスタートしたブランド。着心地や質にこだわって洗練シンプルを追求しているそう。◆https://manonfripes.shop-pro.jpディレクター・デザイナー 石上美鈴さん(@m__s_zzz___)ディレクター・デザイナー @amy102_happyさんディレクター・デザイナー @1102izuminさんQブランドを始めたきっかけは?シーズンごとにたくさん洋服を買い足しても、結局着ているのはほんの少し。可愛くて着回せて、ずっと大事にしたいお気に入りの服が欲しいと思ったときに、“自分たちで作る”という選択肢を考え出しました。Qファンの方のうれしいエピソードは?新アイテムを販売するたびに必ず購入し、少しずつワードローブをマノンでそろえてくださっている方がいらっしゃり、お届けのたびにうれしいメッセージを送ってくださいます。サーマルは累計500枚!体からつかず離れずで女らしく着られるサーマルは、前後どちらを前にしても着られる2way。サーマル¥9800/マノンフリップ2型のデニムは発売数分で完売デニム(参考商品)/マノンフィリップ再販を重ねて1000本売れを記録デニム(参考商品)/マノンフィリップ撮影/さとうしんすけ スタイリスト/門馬ちひろ ※BAILA2019年6月号掲載
  • 大好きな「かごバッグ」こそ、10年先のワードローブにも寄り添う名品を。「ロエベ」定番のバスケットは完売前にゲットしたい 昨年から継続展開のバスケットは、今季も人気が高く夏本番にはソールドアウトの予感。クラシックなカーフスキン使いで、ビーチにはもちろん都会でも持ちたくなるデザインに。ローファーのタッセルリボンが着想源の大人可愛い「ラドロー」 ほかにはないユニークな発想と、クチュールライクなものづくりで人気の「ラドロー」。遊びゴコロはもちろん上質感たっぷりのデザインは、夏だけでなく一年を通して活躍しそう。ブラジル発・チャーミングなバッグブランド「ワイワイ」 ブランド名からしてご機嫌、おしゃれが楽しくなるデザインが豊富の「ワイワイ」。ラタンとレザーのコンビネーションで、構築的なラウンドバッグもエフォートレスな印象に。他の画像を見る夏はもちろん冬にも持ちたくなる、とっておきの「かごバッグ」を見つけて。
  • ラクしておしゃれ、価格もリアルな優秀パンプスコーディネートのスパイスとして取り入れたいきれい色は、シンプルな形になるほど古くさく、幼く見えがちなので選び方が重要。トレンドかつ色の強さをやわらげてくれるスエードは大本命、太ヒールやバックルなどお茶目に仕上がるレトロ風も狙いめ。■Le Talon今季特に豊富なブルー系。淡いサックスブルーなら女らしさもほんのり。¥8,800(5.5)/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン)■Le Talon GRISEパンツからチラッと見せるのが大前提。ならばヒールは適度に太く、すそに埋もれないほうがいい。¥9,800(5.5)/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) ■Le Talon日本人の肌色と最もなじみやすいコーラル。¥7,800(5.5)/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン)■WA ORiental TRaffic売れすじのミドルヒールパンプスに仲間入りした、新色のピンク。オンラインストアにかぎっては11サイズから選ぶこともできる。¥4500(5.5)/ダブルエー(ダブルエー オリエンタルトラフィック)■Le Talon GRISEすっきり見え、ひいては大人っぽさにもつながるVカット。ゴムストラップで脱ぎ履きもラク。¥9,800(4.5)/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) ※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol5月号2019年】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ モデル/五明祐子 取材・文/伊藤真知
  • ボーダーでハズすならアクセや靴&バッグは”きれいめ仕上げ”が鉄則!なんだかはっきりしないお天気......そんな日こそ、爽やかなグリーンのボーダーでテンションを上げて行こう♪ スカートはどんな効かせ色とも合わせやすく上品なベージュが使える。ボーダーが一点”可愛げなハズし”になるように、小物もかっちりショルダーやスカーフ、テラコッタのパンプスで美人に仕上げて。外打ち合わせでもきちんと感は問題ないし、テーブル映えするきれい色ボーダーがむしろ仕事相手にも好評! そのせいか、いつもより打ち合わせがスムーズにまとまったかも!?きれい色のボーダートップス¥10800/セント ジェームス代官山店 セットアップ¥13000・スカート¥16000/エレメントルール カスタマーサービス(バビロン) 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥64000/アー・ペー・セー カスタマーサービス バングル¥30000/アイブイエックスエルシーディーエム 六本木ヒルズ ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)  モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES EASE UTUWA TITLES
  • 「MAQUIA」7月号では、美容賢者が選んだプチプラコスメグランプリを発表。栄えあるスキンケア、メイクアップ部門それぞれのベストに輝いたアイテムは?第6回美容賢者45名が選ぶ、大人のための逸品が続々プチプラコスメグランプリ 2019発表!今や大人のビューティにマストとなりつつあるプチプラコスメ。拡大を続けるプチプラ市場の海から美容賢者が見つけた宝とは!? 欲しいアイテムが必ず見つかる、大人気グランプリの発表です。ベスト・オブ・スキンケア賞/589点イハダ薬用バーム [医薬部外品] 20g/資生堂薬品花粉に大気汚染、さらには激しい温度差など。環境の悪化を背景に増え続ける敏感肌の、お守り的アイテムが多くの票を獲得。「従来のワセリンのイメージを覆した、使いやすいテクスチャー」(藤原さん)、「体温でとろけるのにベタッとしない。スベスベの仕上がりまで連れて行ってくれる」(小林さん)、「メイクののりもよくなるから、肌が荒れて誰にも会いたくない日を、外に出たい日に変えてくれる」(神崎さん)\ ここがすごい! / □荒れる肌をしっかり守ってくれる保護力 □ワセリンなのにベタつかず、メイクのりもアップ「マイナス肌を0にではなく、プラスにまで上げてくれる」― 神崎 恵さん「肌のあらゆるトラブルに寄り添ってくれる」― 小林ひろ美さん「美容オイルのようななめらかさは、まさに感動ものです」― 藤原美智子さんベスト・オブ・メイクアップ賞/324点UZUアイオープニングライナー 全13色/UZU BY FLOWFUSHI“アイライナーを再発明する”。そんな意気込みで、筆、リキッド、本体のすべてにこだわり抜いた新アイテムが玉座をゲット。「見た目のワクワク感を裏切らない高機能」(中山さん)、「色はビビッドだけど軽くくすみ要素が入っていたりして、トレンド感抜群」(paku☆chanさん)、「テクニックがなくても思い通りのラインが描ける。メイクに変化球をつけられるカラーラインナップも素晴らしい」(藤井さん)\ ここがすごい! / □筆、リキッド、グリップのすべてを再発明 □メイクのルールを変える驚きのカラーバリエーション「とにかく描きやすいのひと言。しかもにじまない!」― 藤井優美さん「肌になじみながら高発色。色持ち絶品!」― paku☆chanさん「心がときめくカラーバリエーション」― 中山友恵さんもっと見る > 美容賢者45名【マキアスタッフ】マキア編集長 湯田桂子、マキア副編集長 伊藤かおり、マキア副編集長 清田恵美子、マキアエディター 木下理恵、マキアエディター 芹澤美希、マキアエディター 吉田百合、マキアビューティディレクター 髙橋美智子、マキアエディター 若菜遊子、マキアエディター 山下弓子、マキアエディター 火箱奈央、マキアエディター 萩原有紀、マキアライター 中島 彩、マキアオンラインプロデュサー 永山美里【使って吟味! アーティスト陣】ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん、ヘア&メイクアップアーティスト イガリシノブさん、ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん、ヘア&メイクアップアーティスト KUBOKIさん、ヘア&メイクアップアーティスト Georgeさん、ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん、ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん、ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん、ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん、ヘア&メイクアップアーティスト 野口由佳さん、ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん、ヘア&メイクアップアーティスト 藤原美智子さん【製品を熟知。美容ライター陣】美容ジャーナリスト・ライター 小田ユイコさん、美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん、美容ライター 浦安真利子さん、美容ライター 長田杏奈さん、美容ライター 風間裕美子さん、美容ライター 高見沢里子さん、美容ライター 柏谷麻夕子さん、美容ライター 関本陽子さん、美容ライター 谷口絵美さん、美容ライター 轟木あずささん、美容エディター 藤井優美さん、美容ライター 前野さちこさん、美容ライター 摩文仁こずえさん、美容ライター 森山和子さん【プロ中のプロ。美容家陣】美容家 神崎 恵さん、美容家 小林ひろ美さん、美容愛好家 野毛まゆりさん、中医美容研究家 濱田文恵さん、美容コーディネーター 弓気田みずほさん、美容家 石井美保さんMAQUIA7月号撮影/ヤノコージ〈STIJL〉(物) 荒川雅之〈近藤スタジオ〉(物) 取材・文/関本陽子 風間裕美子 構成/髙橋美智子(MAQUIA)【MAQUIA7月号は5月22日(水)発売】
  • 重ね付けしたゴールドのアクセサリーをアクセントに、自らが立ち上げたブランド「goop」のジャンプスーツに身を包んで、足元はスニーカーというこなれたスタイルで登場したグウィネス・パルトロウ(46)。25歳で早々とオスカーに輝き、最近では人気アメコミ映画『アイアンマン』シリーズのヒロインとしておなじみだが、女優としての顔は彼女のほんの一面にすぎない。 父はプロデューサーで母は女優という映画界のサラブレッドとして、エンタメ業界の人々に囲まれながら育ったグウィネスは、「11歳でカリフォルニアからNYに引っ越すまでは、世界にはこんなに沢山の職業があるなんて知らなかった」と語る。 「同級生の両親は、大学教授や銀行家などそれまで出会ったことのない職種の人ばかりで、“その仕事ってどんな感じなの?”と話を聞くのが楽しくて。それがビジネスに興味を持ったきっかけね。女優としてデビューしてからも、新聞のビジネス欄を真剣に読んでは父に“君みたいな女優は他にいないよ”とからかわれていたもの」。 いつか起業したいというグウィネスの思いが実ったのは、自らのブランドである「goop」を設立した2008年。当初はウェルネスや旅情報を伝えるオンラインメディアとして始まった「goop」は、ファッション、ビューティ、フードなどを幅広く手がける一大ライフスタイルブランドとして成長した。そして今回、「goop」初の、カフェ「goop cafe」を併設した「goop TOKYO pop-up & cafe」のオープンにともなって、CEOでブランドの顔であるグウィネスが来日したのだ。 東京にストアをオープンさせることが長年の夢だったというグウィネスは、「都市にありながら緑豊かな公園(東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)の中にショップをオープンでき、とてもラッキーだった」とうれしそう。自然に囲まれる生活を愛し、日本の植物では自宅の周りに何種類も植えている桜の他、紅葉や藤もお気に入り。ポップアップストアの周りには、アジサイなど初夏の植物をふんだんに植え、リラクシングなガーデンに仕上がったと満足気。 健康志向で知られるグウィネスだが、意外にも、「ギルティープレジャー(罪深い快楽)に浸ることもある」と明かす。彼女にとってのギルティープレジャーは、ウォッカマティーニやウイスキー。とりわけ、ニッカウヰスキーやサントリー「響」を贔屓にしていて、時間があれば蒸留所を訪れたいほどだそう。「意外に思われるかもしれないけれど、フレンチフライや天ぷらのような揚げ物も大好き」との告白に、「でも、いい油で揚げてるんですよね?」と聞き返すと、「確かにいい油で揚げてるわね」と笑って答えていた。 この日も分刻みのスケジュールで、立て続けに取材に応じていたグウィネス。女優業とビジネスを両立する多忙な日々にもかかわらず、毎日睡眠時間8時間を死守しているというから驚きだ。「心も体も休んでこそ復活することができる。忙しく暮らす中では簡単なことではないけれど、いちばん効率のいい健康法ね。あとは、とにかくMove Your Body(体を動かす)! オフィスまで一駅歩くのでもいいし、自転車に乗るのでもいい。自分に向いている運動を選んだら、とにかく毎日続けること。そして、水分をよく取ること。私にとってはこの3つの習慣が、健康の基本」。 この日のランチは六本木にある「HONMURA AN」で蕎麦を食べたという彼女。へルシーな日本食を愛するセレブが多い中でも、その日本食マニアぶりは群を抜いている。 「寿司や和朝食、ピクルス(漬物)も大好き。特に、味噌汁は我が家でもよく作っていて、白味噌が定番。息子には旨味たっぷりのかつお出汁、ベジタリアンの娘にはしいたけと昆布で出汁と使い分けているんだけど、私がとる出汁は最高と評判よ」。  その場にいた日本人スタッフの誰より出汁にこだわっているグウィネス。彼女が愛するMISOを使ったメニューは、「goop café」でも味わうことができる。 最後に、SPUR読者にgoopのアイテムをリコメンドしてもらうことに。 「イチオシは、オーガニックなENRICHING FACE OIL。オイルの質や配合にこだわり抜いて作った私のヘルシーグロースキンの秘密。鍼灸師と共同開発した特殊な塩とエッセンシャルオイルをブレンドしたバスソルト  G.TOX DETOX 5 SALT BATH SOAKも、毎日欠かさず愛用している自信作よ」。 ハードスケジュールにもかかわらず、にこやかで寛いでいて、飛び切りヘルシーな魅力を振りまいていたグウィネス。毎日8時間睡眠は難しくても、まずはその2品を試すことから真似してみたい。 「goop TOKYO pop-up & café」期間:〜5月26日(日)住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン時間:11:00~20:00(L.O.19:30)休:期間中無休https://goop-japan.com/ photography:Takeshi Takagi〈SIGNO〉 interview&text:Anna Osada 
関連キーワード

RECOMMEND