【アウトドアファッションも都会的に】ヨンアさんのカジュアル上手服

HAPPY PLUS ONE
山ガール風アイテムを上手く取り入れたmixコーデが今の気分!
カジュアルすぎない絶妙なバランスをヨンアさんの着こなしから学ぼう!

1/4

どカジュアルにならない都会派ムートンをさらっと羽織って

2/4

カラダを覆うシルエットには可愛げピンクを投入

3/4

「いつも」の組み合わせにビッグなシャツコートを羽織って

4/4

カジュアルすぎない絶妙なバランスをヨンアさんの着こなしから学ぼう!

「いつも」の着こなしは落ち着くけれど、マンネリは避けたい。そんなときにおすすめなのが、キャップやレギンス、スニーカーできれいめ服を着崩すおしゃれ術。
どカジュアルにならない都会派ボアコートをさらっと羽織って

縦長のゆるっとしたフォルムのボアコートなら、カジュアルすぎず女っぽさも。ボーダーのカットソーにオーバーオール、ラフな装いもかっちりとした足元でバランスを取って。
カラダを覆うシルエットには可愛げピンクを投入

抑揚のない今っぽいバランスは、色使いで女らしさを忘れない! さりげなく合わせたTシャツはピンク。ボルドーのショルダーバッグを斜めがけすれば、それだけでメリハリが生まれます。
「いつも」の組み合わせにビッグなシャツコートを羽織って

彼のシャツを借りたようなビッグシルエットがアウトドア風。コンパクトなニットにデニム、いつもの普段着をブラッシュアップして。襟を抜いて着れば、さらに洗練されたムードを後押し。
アウトドアシーンに限らず、おしゃれを活性化して脱・どカジュアル。
関連記事
  • 我らがバイラ編集部で2年めのキャリアを迎えた編集バタコ、実は無印良品の元スタッフ。4月にオープンしたばかりの【無印良品 銀座】で一緒にショッピングしながら「ああっ、コレ超売れてたんですぅ~~~!」とバタコが歓声を上げていたトラベル名品6つをピックアップしてみました。元・無印良品スタッフおすすめコメントつき! トラベルグッズ名品6選ポリエステルパスポートケース・クリアポケットつき ¥1990 「パスポートはもちろん、通貨やカード、航空券など、旅先で絶対失くせない大切なものをまとめて収納できるので便利。本来の用途以外に、家計整理袋としてデイリーに使う方も。クリアポケットは3枚ついていますが、レフィルをさらに増やして使えるのも◎」(バタコ)ポリエステル吊るせるケース着脱ポーチつき ¥1590 「コスメやお風呂キットをまとめて収納しておき、滞在先では広げて壁掛けできる画期的ポーチ。中身が一目瞭然なクリア仕立てなのも使いやすい!」(バタコ)。ちなみに右の着脱ポーチなしは¥1390、左の大きな洗面用具ケースつきは¥1590 ポリエチレン小分けチューブ 30g ¥100 「ありそうであまり見かけない、チューブ式の詰め替え容器です。チューブキャップ部分がまるごと外せるので詰め替えしやすいのに、液モレや液ダレはしにくい絶妙な設計。大きいサイズ50g ¥150もあります」(バタコ)綿でさらっと汗とりパットつきタンクトップ ¥1290 「着替えがどうしても限られる旅先や出張先で意外と大切なインナー選び。通気性のよいオーガニックコットンで、気になる汗ジミをしっかり取ってくれて、かつ洗濯してもすぐ乾く速乾性に優れたキャミソール。ごく薄手なのでかさばりません」(バタコ)持ち運びに便利なニットバレエシューズ ¥3990 「機内履きや室内履きにぴったりのポータブルバレエシューズ。ニット素材なので履き心地抜群◎。ソールもまあまあしっかりしています。しかも手洗いできます」(バタコ)足なりビーチサンダル ¥690 「土踏まずの部分が盛り上がっていて足裏に沿うので、とっても履きやすいビーチサンダルです。赤や黒、カーキ、ネイビーなどカラバリも豊富(全6色)。鼻緒の部分が半透明なので、どんなコーディネートにも合わせやすいのでは」(バタコ)【合わせて読みたい】無印良品の最新記事一覧取材・文/沖島麻美 ※コメントには個人の感想が含まれます。価格や在庫状況を含む商品情報は5月初旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。
  • Tシャツワンピはついつい休日に着たくなるけど、だらしなく見られるのは絶対に避けたいもの。ハイテク系スニーカーを合わせれば簡単にしゃれ見えコーデの出来上がり。今回は、Tシャツワンピを大人っぽく着こなすための、“なじませ”ハイテク系スニーカーをご紹介。Tシャツワンピに“なじませる”俺様スニーカー(左上)靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)(右上)靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル)(左下)靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)(右下) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)カジュアル度の強いグレーこそなじませ配色、の足もとで洗練!グレーのTワンピが持つ、気取らない印象はそのままに、ボリュームのある足もとでぐんと今っぽく味つけ。ワントーンだからこそ、ハイテクスニーカーのスポーティさが大人っぽく映える。ワンピース¥24000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) 靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥44000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(リジィー フォルトゥナート) バングル(左手)¥18000/UTS PR(ノース ワークス) ブレスレット(右手)¥41000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥18000/トゥモローランド(カルトガイア)ルーズに見えがちな白は、ワントーンで洒脱に着こなすクリーム寄りのアッパーのスニーカーで、白のワントーンにもさりげなく奥行きが。ボリューミーなソールも膨張色の日のスタイルアップに頼もしい。ワンピース¥9000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ビューティ&ユース) 靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル) 肩に巻いたニット¥34000/オーラリー サングラス¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング¥23000/Rice バッグ¥33000/アナイ軽やかな白ソールを選べば黒も重たく見えずバランス良好黒ワンピ×黒スニーカーは、誰もがスマートに見える鉄板コンビ。小物もシックな色合いで統一すれば、ぐんと女らしいカジュアルに。ワンピース¥1990/ユニクロ 靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) コート¥139000/アマン(アンスクリア) ピアス¥12000/トゥモローランド(リジー フォー チュネート) ネックレス¥14000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップオーディベール) 時計(ベルト)¥5500・(フェイス)¥24000/ノジェス バッグ¥24000/アニエスベーちょうどいいしゃれ感も大人っぽさも。トレンドのブラウンならすべてかなう肌なじみのいいピンク~ブラウンの配色スニーカーはさわやかなクリアソール。夏らしいかごバッグをプラスして、量感のあるブラウンワンピを涼しげに演出。ワンピース¥18000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) サングラス¥16000/4K(A.D.S.R. ) バングル¥30000/ビームス 六本木ヒルズ(キャッツ) ネックレス¥33000/シップス 渋谷店(ノブリー スタジオ) バッグ¥30000/RHC ロンハーマン(ドニー)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子〈3rd〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • アディダス バイ ラフ・シモンズが、スニーカー「RS オズウィーゴ」を5月23日(木)に発売する。今シーズンは、アイコニックなシルエットで知られる「RS オズウィーゴ」が、ミラー仕上げのTPUフィルムでコーティングされたソールを搭載して登場。アディダス バイ ラフ・シモンズの今季のインスピレーションの源である、1970年代のグラムロックを彷彿とさせるデザインとなっている。「RS オズウィーゴ」¥55,000/アディダス ファッショングループ ショールーム(アディダス バイ ラフ・シモンズ)ミラー仕上げのソールにはレザーとメッシュのアッパーを組み合わせ、鮮やかなコントラストを演出。ブラック、ホワイト、グレー、ネイビー、レッド、ピンクという豊富な色合いでユニセックスサイズで展開される。スタイリッシュなデザインはワークアウトだけでなく、タウンユースにも活躍しそう。新たに生まれ変わった「RS オズウィーゴ」を見逃さないで。 「RS オズウィーゴ」各¥55,000/アディダス ファッショングループ ショールーム(アディダス バイ ラフ・シモンズ)アディダス ファッショングループ ショールームhttps://shop.adidas.jp/item/?collection=rafsimons 03-5547-6501  text: Fuyuko Tsuji ⇩「アディダス バイ ラフ・シモンズ」の新たな「RS オズウィーゴ」をチェック!
  • このところ美白に力を入れているポーラ。前回は「暑さヤケ」に着目して生まれた美白ジェルクリームをリポートしていますが、今回もまた、業界初!となる新たなアプローチの新製品が登場します。楽しみにしていたふみっちーは会場に一番乗り  コスメの発表会って、新製品をイメージした世界観が演出されていていつも気分がアガります。この日は「ホワイトショット」の新製品なので場内は真〜っ白。自然光のような照明に包まれ、ココロまで澄んでくるような清々しさを感じました。約10年ぶりに承認された新規美白医薬部外品さて、今回の新製品の最大のトピックスは、コスメ市場で約10年ぶりに承認されたという新規美白有効成分が配合されていること。医薬部外品としての美白成分が日本で初めて承認されたのは1982年。以来、次々と新たな有効成分が登場して美白市場は活性化してきましたよね。それが2009年から新規有効成分の承認がストップ。これには、重ねづけしての評価や長期使用での試験観察が必要になったりと、安全性などに関する審査項目がさらに厳しくなったのが関係しているのだそう。使う側のふみっちーとしては厳しい基準のほうが信頼できてウレシイ気もするけれど、10年も新規成分が誕生していなかったとは、ちょっと驚きでした。そんな中で10年ぶりに承認されたのが〈PCE-DP〉。「美白成分はこうあるべき」という規定概念を払拭して研究を進めたことで開発に至ったのだとか。説明してくださったのはポーラ化成工業 研究所 フロンティアリサーチセンターの佐々祥子さんです。「今までは日傘のような役割をするメラニンをターゲットにした美白研究を続けていました。表皮細胞の核を守るために作られるメラニンが過剰になるのを防いだり、排出を促すサポートにとどまっていたのです」そこから発想を転換してたどり着いたのは、メラニンで守らなくてもいいくらい表皮細胞を強くすること。つまり、日傘であるメラニンは本来必要ではあるものの、加齢や紫外線などの影響から過剰になったり蓄積されたりしがちに。それを適切な状態にするのが今までのアプローチでしたが、日傘に頼らなくてもいい表皮細胞にするというわけです。着目したのは、ヒトに備わっているものの活用されていなかったエネルギー産生の経路。これを活性化することにより、自らが表皮細胞の核を保護。結果、表皮細胞による「日傘を用意して!」というSOS指令が減少するので抱え込むメラニンの量が減って透明感もアップ! さらに、肌本来の働きも高めて美肌も目指せるという成分が完成したんですって。次のページで、新製品をご紹介します!「エネルギー美白」という新たなアプローチの新規美白有効成分を配合した2つのアイテムは5月24日(金)に新発売。左から「ホワイトショット LX」(医薬部外品)¥11,000※税別、以下同「ホワイトショット MX」(医薬部外品)¥11,000洗顔後の肌に使う「ホワイトショット LX」は白濁した美白ローション。まろやかな感触です。ローションや美容液で肌を整えた後に使う「ホワイトショット MX」は、ジェル状の美白ミルク。溶け込むように肌になじみます。回転させる必要がなく、引くだけで開けられるキャップも使いやすそう。実は、今までローションとミルクはなかったので、この登場で洗顔後のケアがオール「ホワイトショット」!という贅沢が叶うことに。ふみっちーが待ち望んでいたアイテムなんです。それぞれ独自のアプローチで徹底美白!「エネルギー美白」に「暑さヤケ美白」、また深いシミ悩みにアプローチするエッセンスや速効ニーズに応えるインナーケアなど全8品目になる「ホワイトショット」のラインナップ。美しい肌のためには「美白」ケアが欠かせない今、このシリーズが頼もしい味方となってくれそうですよ。「ホワイトショット」公式サイト
  • 昼間、ふと見上げると空遠くにムクムク入道雲が浮かんでいるじゃないですか。んがっ‼季節はもう夏なのか!と脳内時計をグルグルと巻き返しましたよね。秋のコート取材に2020年のクルーズショー、と仕事脳ではシーズンが前に前に走って、周回先取りなのか遅れなのか、それこそ冬なのか春なのか今がどの季節なのか分からなくなるこの頃。ふとリアルタイムに立ち返ると、サマーベージュへの憧れが爆発したわけです。ほら、いくつになっても常夏気分ってそういうものじゃないですか。 夏の日差しに映えるヘルシーなツヤ肌が欲しい……それもお手軽に…。切実な願いにこたえてくれたのが、シャネルの新作・水系ファンデーション。ツブツブが見えますよね?これ、ひとつひとつがマイクロバブルなんですよ。 このシャバシャバ質感をご覧あれバブルを抱え込んだジェルは保湿成分たっぷりで、ブラシで伸ばすと潤いがパーッと広がります。同時にバブルが弾けて、色材が肌にぴたーっと色づくのですが、このみずみずしさが素晴らしい。しかもシミやムラはきれいに均一に整えるカバー力もあるんです。芝生にスプリンクラーで水を撒く情景を想像してみてください。芝や土が潤って光を放つイメージです。なにせ水分が75%。3色展開のうち、私はヘルシーな「ミディアム」が気に入ってます。ほんのり夏ムードを運ぶヘルシートーン。健康的に輝くグロウ肌がブラシで数ストロークで手に入りますから レ ベージュ オー ドゥ タン 全3色・¥7,500/シャネルアイメイクもトーンオントーンでシックに仕上げるのなら、RIMMEL(リンメル)のショコラスウィート アイズの新色パレット017です。なにがよいかというと、このオークルトーン。黄みの調合具合が絶妙で、素肌へのなじみ方が断トツに美しい。イエローゴールドが際立つうえに、コッパーベージュ、カーキトーンが混ざり合っていて、肌に溶け込むのにほどよい華やかさがあるんです。ベーシックに見えて、実はモダンなイエロートーンで勝負できるベージュパレット。この仕事ぶりでこの値段だなんて…。 ショコラスウィート アイズ 017 ¥1,600/リンメル最後に「色付き日焼け止め」です。紫外線ダメージは避けたいけれど、夏色に色づきたい。そのジレンマに最終回答です。ごくごく自然にヘルシーベージュになれるけれど、UVプロテクション力にも満足。みずみずしく肌に広がる名作、あのスキンプロテクターが、ブロンズ色のカラーピグメントを配合して進化したんですよ! まるで乳液のようにすーっとのびて広がる心地よさは変わらずに、健康的にスキントーンを小麦肌に演出します。守りながら、装えるサンスクリーン。なにが素晴らしいって、顔にも体にも使えるんです。こういうベージュプロダクト、待ってたんですよね。 スキンプロテクター ブロンズ フェイス&ボディ SPF30・PA+++ ¥3,500(限定品)/アディクション来る5月23日発売SPUR7月号でも「TAN BEAUTY」企画を掲載。おしゃれ小麦肌へのヒント、たくさんありますよ! ベージュスター、揃い踏み>>【美容天竺放談】大人の肌に綺麗の魔法をかける。アンプリチュードの開発秘話に迫る! たーっぷり使える120gの大容量イメージはチョコレートです
  • せっかくの休日、「いつもよりおしゃれして出かけたい!」そんな女心を満たしてくれるはいつだってワンピース。着るだけで高揚感が味わえる華やかな一枚を味方に、ぜひあなたも少しだけドラマティックな日常を楽しんで。友人とのアフタヌーンティーはシックなブラックドレスで 女友達とホテルのアフタヌーンティーへ。ある程度のきちんと感は欲しいけれど、気合いの入れすぎも気恥ずかしい。そんなシーンにぴったりなのが、リトルブラックドレス×パーカの組み合わせ。フォーマル感をほどよく残しつつ、大人の余裕も感じさせる着こなしで、楽しいひと時を過ごしたい。ワンピース¥85,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) パーカ¥36,000/CABaN Daikanyama(キャバン) ピアス¥69,000・ネックレス¥126,000・バングル(WEB限定)¥136,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥52,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(セスタ コレクティブ) 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ  日本橋店(ニナ リッチ) ぱっと目をひく美しい赤で、あでやかに、軽やかに観劇へ劇場へ行く時は、作品や演者へのリスペクトをこめて、ある程度華やかな装いをするのも大人のたしなみ。ちらりと見える背中が女らしい赤いワンピースは、後ろ姿まで印象的。リネンならではの軽やかな素材感のおかげで、きれい色でも派手になりすぎないのがうれしい。小物は大ぶりのバングルやかちっとしたかごバッグで、洗練と遊び心を加えて。ワンピース¥44,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥13,000/デ・プレ(ポーノ) バングル¥45,000(アンコモンマターズ)・バッグ¥47,000(トーマソ ガンダリア)/TOMORROWLAND 靴¥59,000/フラッパーズ(ネブローニ)トレンドど真ん中なボヘミアンワンピをあえてシックに素敵なアイテムとの出会いを求めてショップクルーズをするお買い物デーは、一番自分らしいおしゃれが楽しめる日。休日ならではのリラックス感とトレンド感を両立するボヘミアンワンピースでおしゃれテンションを上げつつ、小物はモノトーンでシックに。ワンピース¥61,000/ドレステリア 銀座店(レムレム) レギンス¥9,200/アニエスベー ピアス¥11,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ソコ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー) 靴¥75,000/ヴェルメイユ  パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) 大好きな花柄ワンピとブランチでパワーをチャージ!花柄のコットンワンピースにリネンジャケットをさっとはおった即席甘辛コーデで、ご近所ブランチ。慌しい平日を乗りきる力をくれるのはこんなささやかな癒しの時間。それがお気に入りのワンピと一緒ならなおさら! ワンピース¥24,000/ロンハーマン ジャケット¥32,000/エイチ ビューティ&ユース メガネ¥36,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) バングル¥48,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥32,000/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ) 靴¥48,000/フレームワーク ルミネ新宿店(バルダン) 【Marisol6月号2019年】撮影/生田昌士(hannah) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 撮影協力/ホテル イースト21東京 国際医療福祉大学 bills 銀座
  • 本田翼が着る、スタイリスト石上美津江が語る! ベージュ、ブラウン、カーキの魅力。スタイリスト石上美津江さんはこう言います。「ベージュ、ブラウン、カーキを着ると毎日いいことがある! この3色だから挑戦できること、逆にラクできることがこんなにたくさんある。つまり私たちの日常を救ってくれる、なくてはならない存在ってこと!」(石上さん、以下同)えっ、そんなに? と思ったそこのあなた、今から石上さんの言葉を、本田翼の着こなしで証明してみせますから!“今っぽい”が“やりすぎ”にならない「まずは私が思う、ベージュの最大の魅力のお話。それは、おしゃれ感をさらりと出せるやわらかさ。はりきりすぎてイタい、にならない絶対的な上品さ。だからトレンド服や目新しい服も臆せず着られるし結果、目いっぱいおしゃれを楽しめる。“ハヤリモノ”はとりあえずベージュを選べ!ってお買物の時にぜひ思い出してくださいね(笑)」スポーティなアノラックとレイヤードで魅せるセンシュアルなレース。トレンド服同士、それも正反対のテイストのものを自然に無理なく“なじませる”。新しいおしゃれを、手の届くものにしてくれる。ブルゾン¥16000/ヘリーハンセン原宿店 ワンピース¥38000/メゾン イエナ パンツ¥11000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥3500/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(インク+アロイ) バングル¥21000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール)“女っぽい”に照れずにすむ「コンサバとは違うし、セクシーとも違う。女っぽさに憧れながら、女っぽさってとても難しいからこそ。土っぽい色のトーンが“ちょうどよく”してくれる。この春はぜひ、その感覚を知ってほしいと思います。デコルテが見える服も透けたり揺れたりする服もこの色たちだから“ちょうどいい”んです。ソワソワせず背伸びもせず、思い描く理想のあなたへ」女っぽい服ほどプリミティブな色、の簡単だけどおしゃれなバランス。デコルテの見えるタンクトップにチュールスカート、衿を抜くようにばさっとはおるトレンチ。コンサバとは違うきれいさやセクシーとは違う女性らしさは、こなれ感や品のよさに転ばせるこの3色のおかげ。コート¥15800/フリークス ストア渋谷 タンクトップ¥9900/カージュ ルミネエスト新宿店(アール ジュビリー) スカート¥11000/ミラ オーウェン 靴¥83000(ポール アンドリュー)・リング¥12000(ジャミレイ)/プラージュ 代官山店 イヤリング¥11000/デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店(イリス47) ネックレス¥12000/リフラティ シップス ルミネ横浜店きちんとした服がやわらかくなる「リネン素材のベージュがとにかく多いこの春。甘いだけを卒業してきれいめを目指す女性たちにそのやわらかなクリーンさはぴったりだと思うんです。たとえばこのジャケットとパンツのセットアップも仕事のためだけのものといまだに思っていては損。“たったひとつでおしゃれになれる服”としていちばん頼れるし、甘えられるんですから」シルエットやデザインは端正でカッコいいのに、リネンの軽やかさとベージュのやさしさで堅苦しく見えない。女性らしさも抜け感もちゃんとある。“これだけで絵になる”の最新版に、カーキのスカーフをたらす遊び心も添えてみたりして。ジャケット¥30000・パンツ¥21000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(オドラント) カットソー¥13000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥23000・リング¥11000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック)カジュアルな服がきれいになる「今までと同じではそろそろ子供っぽい? とカジュアル好きな女性たちも悩みがちな世代ですよね。それを救えるのも、この色たちの素晴らしいところ。ベージュからブラウンのグラデーションはモノトーンよりシックさに“奥行き”があるから“大人っぽい”のベクトルがただ辛口なのとは違う。それがこなれ感の正体、だと私は思っています」ほら、ボーイッシュなはずのビッグシャツとハーフパンツもこのとおり。ふわりと肩の力を抜きつつ、だらりと脱力するわけじゃない。カジュアルのいわゆる“絶妙なさじ加減”もこの配色なら簡単。シャツ¥21000/アナディス パンツ¥16800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥36000/TOMORROWLAND(エーティーピー) バッグ¥28000/ショールーム セッション(トイノ アベル) 帽子¥23000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤクリップ¥10000・バングル¥42000/プラージュ 代官山店“時間がない”が“余裕”になる「メンズライクなカーキだからこそ際立つ女性らしさがある。それはとても新鮮で、うれしい気づきで、私たちの朝に革命をもたらすかもしれません!色数やテクニックを使わなくていいワントーンは時短コーデのセオリーのひとつですが、だからその一色は、これからは絶対にカーキ。さ、“ちょっと先”のおしゃれをして、余裕でいきましょう」シャツジャケットとプリーツスカート、だけなのに。配色、なんてしなくても。カッコいいのに女性らしい。シックなのに無難じゃない。ラクしてるのにおしゃれっぽい。なんて、最高じゃないか!ジャケット¥39000/TICCA スカート¥22000/ルーニィ 靴¥17000/ジネス ペリエ千葉店(チアキ カタギリ) バッグ¥8300/セムインターナショナル(サンラミ) バングル¥36000/プラージュ 代官山店(ナタリー シュレッケンベルグ)“定番”が“シンプルなのにおしゃれ”になる「ベーシックカラーであり、トレンドカラー。ブラウンは今、そんな最強で最高の色。たとえば去年までのごくベーシックな白Tを今年はブラウンに買い替えてみてください。それをごくベーシックなデニムに合わせてみてください。ほら、“なにげないのにおしゃれな人”のでき上がり。色のパワーって、こんなにすごいんです」大人っぽさや上品さに少しだけ今の気分を交ぜるのがシンプル上手。ブラウンを選ぶだけでそれが簡単ってこと!Tシャツ¥8800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥22000・Gジャン¥30000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥63000/パラブーツ青山店 バッグ¥7400/リフラティ シップス ルミネ横浜店 ヘアバンド¥600・イヤリング¥1200/お世話や メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ ベルト¥8000/メイデン・カンパニー(トリー レザー) リング(右手)¥7200・(左手)¥21000/UTS PR(ルフェール)甘さが“大人の可愛げ”になる「久々にワンピースが素敵だと思ったこの春ですがそれはきっと、ベージュやブラウンやカーキのワンピースが多かったからだと思うんです。たとえば総柄のシフォンワンピースもほかの色だったら甘すぎると敬遠していたはず。可愛い服が好きな気持ち、大人っぽくなりたい願望。どちらも叶えられるなんて、やっぱり最高ですよね?」カーキだから、甘くなりがちなワンピースが甘すぎない。甘すぎないから、おじ靴やボリュームのあるアクセもよく似合う。そんな小物使いでハズせるから、すとんと一枚着るだけでおしゃれに見える。“この色だから”から始まる好循環。ワンピース¥11000/フリークス ストア渋谷 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) 帽子¥18000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤリング¥11000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) バングル¥29000/UTS PR(ノース ワークス) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/本田 翼 スタイリスト/石上美津江
  • スポーツテイストはラフになりすぎないよう「白」を選べばトライしやすい。【1】 マッキントッシュのコートモッズ風コートも白い色と前ボタンのデザインを選べばきれいめに着こなせる。オン&オフ活躍しそう。コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)   【2】ルトロワのフーディようやく大人にも定着したビッグフーディ。ボーイズ感が和らぐ白を選んで。フーディ¥27,000/八木通商(ルトロワ)   【3】ジェイエムウエストンのスニーカー誰もが一足は持っている白いスニーカーはジェイエムウエストンの上質なレザーシューズを選んで。さすがの高級感で、大人のアスレジャースタイルに最適。靴¥75,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)   【4】マディソンブルーのカットソー深いVネックの開きとフレンチスリーブで女性らしく着こなせそうなカットソー。さらっとした肌ざわりの鹿の子素材。カットソー¥21,000/マディソンブルー 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・原文/伊藤真知 【Marisol6月号2019年掲載】
関連キーワード

RECOMMEND