東京・横浜で注目の3大クリスマスマーケット

HAPPY PLUS ONE

クリスマスマーケットがスタート! 2018年の見どころは?

ドイツをはじめヨーロッパ各地で行われる、中世から続く伝統的なお祭り「クリスマスマーケット」。日本でもあちこちで開催され、年々パワーアップ! イルミネーションをはじめ、伝統的なフードや菓子、グリューワインを味わったり、雑貨やワークショップを楽しんだりと多彩なショップに出会える一大イベントに。その中から、2018年おすすめの3大マーケットをご紹介。今年の見どころポイントをチェックしながら、クリスマスマーケットめぐりをしてみては?

世界最大級のバカラシャンデリアを共に楽しむ、恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスマルシェ

おしゃれなヒュッテが立ち並ぶマルシェではギフトに最適な雑貨が目白押し
おしゃれなヒュッテが立ち並ぶマルシェではギフトに最適な雑貨が目白押し
高さ10mの煌びやかなクリスマスツリーが女心をくすぐる、恵比寿ガーデンプレイスの「Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-」。ヨーロッパのクリスマスマーケットをイメージしたヒュッテ(山小屋)が立ち並ぶマルシェでは、「雑誌を編集するようにリアルなshopを編集する」をコンセプトにした、クリスマス雑貨を扱うセレクトショップ「The Editorial(ジ・エディトリアル)を展開中。お花や木の実のアレンジや輸入雑貨が並ぶ「Abatino(アバティーノ)も必見。1500円以上購入の先着3000名に、動画を付けて贈れるクリスマスカードのプレゼントも。

今年のイチオシは、マリオネット作家・オレンジパフェによるマリオネット展。一体一体心を込めて作られた50体以上の可愛いマリオネットにほっこり。特設舞台ではマリオネットの操作体験や記念撮影もOK。予約販売もしているのでお見逃しなく。

また、センター広場で展開するイルミネーションのシャンデリアには、バカラによる世界で初めてのシャンパンバー「Baccarat ETERNAL LIGHTS Champagne Bar with TAITTINGER」が登場。世界最大級のバカラシャンデリアを眺めながら、バカラのグラスに注がれたシャンパン(1杯1500円)で乾杯できるのも魅力。こちらは、平日17時から21時まで、土・日・祝日は13時から21時まで。マルシェと合わせて楽しんで。
  • まるで生きているかのように動く手作りのマリオネット人形に癒される
    まるで生きているかのように動く手作りのマリオネット人形に癒される
  • 世界初のバカラシャンパンバーがイルミネーションに輝きをプラス!
    世界初のバカラシャンパンバーがイルミネーションに輝きをプラス!

<DATA>
Christmas Marche

開催期間:11月3日(土・祝)~12月25日(火)
開催時間:11:00~20:00
会場:恵比寿ガーデンプレイス 時計広場
住所:東京都渋谷区恵比寿4-20
アクセス:JR線「恵比寿駅」東口より徒歩5分

恵比寿ガーデンプレイス 総合インフォメーション
03-5423-7111(10:00~20:00)
https://gardenplace.jp/special/2018christmas/marche/

ドイツ製の巨大なプリンテン人形やサンタにも出会える! 横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット

エントランスに2体設置された高さ3mのドイツ製プリンテン人形が、本場の雰囲気を創出!
エントランスに2体設置された高さ3mのドイツ製プリンテン人形が、本場の雰囲気を創出!
横浜ランドマークタワーや横浜ベイブリッジなど、絶景スポットとしても知られる横浜赤レンガ倉庫。今年のクリスマスマーケットは、ドイツで初めて世界遺産に登録された歴史的建造物「アーヘン大聖堂」があるドイツの古都アーヘンのクリスマスマーケットをモチーフに開催。ご当地スイーツのスパイス入りクッキー「アーヘナープリンテン」をモチーフに、現地で制作した巨大ジンジャーブレッドマン型のプリンテン人形がエントランスで迎えてくれる。

会場のヒュッテでは、レンズ豆のホクホク食感とソーセージの肉汁あふれる「リンゼンアイントップ」や、「7種スパイスをじっくり煮込んだ手作りグリューワイン」など、冷えた身体を温めてくれるドイツの郷土料理&ドリンクを販売。また、ミュシュランの一つ星を獲得している代官山「PACHON」のオーナーシェフ、アンドレ・パッションプロデュースによるクリスマスケーキ「ブッシュドノエル」は今年初お目見え。

「オリジナルブーツマグカップ」やクリスマスの絵柄がプリントされた「マシュマロ」「スパイスリース」や「クリスマスカード」など、イベントオリジナル&クリスマスグッズも見逃せない。

毎年恒例のサンタと出会えるサンタクロースグリーティングは、12月14日(金)、18日(木)、20日(木)、21日(金)に施設内各所で開催予定(時間は不定期)。そのほか、クリスマスソング演奏や、ワークショップなどにも参加して、クリスマス気分を満喫しよう。
  • 器型パンにグラーシュを入れた「シチューパングラーシュ」1200円は、数量限定の注目メニュー
    器型パンにグラーシュを入れた「シチューパングラーシュ」1200円は、数量限定の注目メニュー
  • 会場限定の「オリジナルブーツマグカップ」(各600円)は、お土産やギフトにおすすめ
    会場限定の「オリジナルブーツマグカップ」(各600円)は、お土産やギフトにおすすめ

<DATA>
Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫

開催期間:11月23日(金・祝)~12月25日(火)
開催時間:
11/24~12/14は、11:00~21:00(ライトアップ16:00~21:00 ※ツリーのみ23:00まで)
12/15~12/25は、11:00~22:00(ライトアップ16:00~22:00 ※ツリーのみ23:00 まで)
※ラストオーダーは営業終了時間の30分前
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分、「みなとみらい駅」より徒歩約12分

横浜赤レンガ倉庫2号館インフォメーション
045-227-2002(11:00~20:00)
https://www.yokohama-akarenga.jp/christmas/

本場ドイツの家庭料理やオリジナルアイテムが楽しめる、六本木ヒルズのクリスマスマーケット

国内でも有数の老舗クリスマスマーケットでは、ドイツのクリスマス気分が満喫できる
国内でも有数の老舗クリスマスマーケットでは、ドイツのクリスマス気分が満喫できる
今年で12年目を迎える六本木ヒルズのクリスマスマーケット。世界最大と言われるドイツのクリスマスマーケットを再現した会場には、屋根の上に豪華なデコレーションが施された屋台11店舗が軒を連ね、ドイツオリジナルのクリスマス雑貨やグリューワイン、ソーセージナド2000種類以上ものアイテムやメニューが揃う。

本格クリスマスアイテムとして、卵型のお香人形「スモーキー」や、聖歌「きよしこの夜」誕生200周年を記念した「天使のオスカー」(各5680円)など、ここでしか出会えないアイテムも登場。そのほか、シナモンやグローブなどスパイスを使ったオーナメントが並ぶ「ラスブ スパイスデコレーション」も人気。ヒルサイド1階の「もみの木ショップ」で購入した生のもみの木と組み合わせれば、オリジナルのクリスマスツリーが完成!

お腹が空いたら、本場ドイツの家庭料理を堪能しよう。ドイツの代表的なソーセージ料理、カリーヴルストやドイツビールが楽しめる「カイザーグリル」や、伝統製法で作ったシュトレンを味わえる「ヴァイナハツタンネ」など多彩なグルメメニューに大満足。

本場ドイツでは、マーケットごとに展開されるオリジナルのマグカップを購入して、赤ワインとグリューワインを楽しむのが定番。会場でも「クリスマスマーケットオリジナルマグカップ」を販売。これを目当てに毎年訪れるゲストも多いそう。ぜひチェックしてみて。
 
  • チーズドッグとオニオンスープが好相性の「ジャーマン ホット スタンド 2018」は必食!
    チーズドッグとオニオンスープが好相性の「ジャーマン ホット スタンド 2018」は必食!
  • 2種類の絵柄を重ねると1つの絵柄が完成する、オリジナルのマグカップ各950円も注目
    2種類の絵柄を重ねると1つの絵柄が完成する、オリジナルのマグカップ各950円も注目

<DATA>
Roppongi Hills Christmas 2018 クリスマスマーケット

開催期間:11月23日(金・祝)~12月25日(火)
開催時間:11:00~21:00 金・土・祝前日・12/24は、22:00まで
会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザ
住所:東京都港区六本木6-10-1
アクセス:日比谷線「六本木駅」1C出口直結、大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩4分

インフォメーションセンター(総合案内)
03-6406-6000(10:00~21:00)
http://www.roppongihills.com/sp/christmas/2018/event/market.php

まだまだある、注目のクリスマスマーケット

「東京クリスマスマーケット2018」
開催場所: 日比谷公園の噴水広場
開催時期:12月14日(金)~25日(火)
ドイツ・ザイフェン村からやって来た高さ14メートルの巨大木工芸品「クリスマスピラミッド」が登場し、グルメや雑貨など30店舗がずらりと並ぶ

「FANTASTIC CARNIVAL」
開催場所:さいたまスーパーアリーナ けやきひろば2F
開催時期:11月23日(金・祝)~12月25日(火)
ベルリンのクリスマスマーケット「ジャルダンメルク」をテーマに、欧州のクリスマスグッズや雑貨、ドイツパン、キッシュ、ワインのお店が出店する

「北欧屋台 クリスマスマーケット」
開催場所:東武百貨店 池袋店
開催時期:12月20日(木)~25日(火)
北欧を代表するブランドの雑貨や布製品、北欧フードが勢ぞろい。スペシャルなクリスマスギフトに出会えそう

 

【特集】クリスマスを楽しむTips

クリスマスマーケット、クリスマスハンパーにクリスマス限定スイーツイベント……。たくさんのクリスマス情報からHAPPY PLUS ONEがセレクトしたとっておきをお届け。自分らしいクリスマスの楽しみ方を見つけてください!

 【クリスマスを楽しむTips】ページへ ≫ 

Text/ NAOMI TERAKAWA
関連記事
  • 私服のコーデルールってある? 優子が気になる夏の推し色♡夏の推しカラー6色をトレンド感たっぷりに着こなす、夏の推し色コーデ企画から優子が登場! ワードローブ事情や私服ルールなど、おしゃれになるための秘訣をたっぷり教えてくれたよ♡   6月20日発売ノンノ8月号は、King & Princeが目印! 巻頭のカバーストーリーには、デビューからの1年を紐解くスペシャル特集を掲載★ 通常版についてくる両面ピンナップも是非チェックしてね!   そして、「スタイルよく見える服」をテーマに、読者アンケ・試着・座談会を実施。優子とふみかのスタイルUPコーデや、優愛の細見えデニム&七瀬の-3kgトップスなど、夏必見のコーデテクが盛りだくさん♡‬ その他、ゆかた&水着の最新情報や読モのダイエット企画もお見逃しなく!
  • こんにちは。 ライター川口ゆかりです。   東京は最高気温27度。 今朝、天気予報を見るなり「梅雨明けしたんだっけ?」と主人。確かに確かに。そう思ってしまう陽気。今日も暑くなりそうですね。     こう暑い日が続くと困るのが洋服選び。 時間のない朝はワンピースか、だいたい袖のないタンクトップに涼しげなボトムスが最近の定番です。なかでもつい手にとってしまうのがプリーツスカート。   秋冬の重めニットにあえて軽やかなプリーツスカートを合わせる着こなしが好きで、ここ数年、溺愛してるんですがはいていると必ず褒められるのがこちら。 ASTRAETのもの。今季の春夏物です。深いパープルに深いターコイズブルー。カラー切り替えがあることで単調になりがちな夏の着こなしを格上げしてくれる!さらに細いプリーツが縦のラインを強調するので、自然とスタイルアップも叶う。まさに一石二鳥アイテム。 タンクとプリーツのワンツーコーデ スカート/ASTRAET  トップス/Ronherman  サンダル、ブレスレット/HERMES  ピアス/ASOKO この日は、ネイビーのタンクトップを合わせてすっきりと。小物は白で統一して、見た目だけでも涼しげにまとめてみました。ガーリーに傾きがちなプリーツスカートもカラー切り替えがあるぶん、モードな雰囲気に。 好きな色に囲まれる暮らし。 そういえば、自宅に飾るお花も深いパープルばかり。好きな色って、ついつい手にとってしまうようです、、、笑笑     皆さんは何色がお好きですか??     日々の暮らし、私服はInstagram yucari kawaguchiまで。 いつもありがとうございます^ ^  
  • 협재해변 ヒョプチェビーチ アクアマリン色の穏やかな海 島の西海岸にある、チェジュ屈指の遠浅、白砂の美しいビーチ。潮の満ち引きが速く、表情豊かで夕日の名所でもある。ビーチサイドには海を見渡す素敵なカフェも点在する。波打ち際でチェジュ名物の風に身を委ねると、心まで洗われるような気持ちよさだ。島にはユネスコ人類無形文化遺産の海女がいる海岸もあり、彼女たちの料理を楽しめる食堂も見逃せない。 MAP 올레의 돌담 オルレの石垣 海沿いの小道を歩く幸せ 島にはオルレ(チェジュの言葉で路地)と呼ばれるハイキングコースが全26あり、オルレによって1時間から8時間かかるそう。旅先ではとにかくよく歩くというジュヒョク。彼にとって、チェジュはまさに楽園のよう。ここはヒョプチェビーチからほど近い小さな港の集落のオルレ。火山島ならではの玄武岩を利用した風よけの石垣トルダムは島の風物詩だ。向こうに見える島は、飛揚島(ビヤンド)。 MAP 뉴저지 카페 ニュージョジカフェ みかん畑の倉庫をリノべ 彼がこの冬出演した「コーヒーフレンズ」というバラエティ番組は、チェジュのみかん畑の中のカフェが舞台だった。今回寄ったこの店も、みかん農家の倉庫を改装した落ち着く空間。カフェの名前はここの地名ジョジ里が由来だ。彼がオーダーしたのはチェジュの名産柑橘ハルラボンを使ったハルラボンエイドW6,000。ほか、アイスアメリカーノやチェジュウィットエールの生ビールも人気。 DATA 済州市翰京面緑茶盆栽路567−5제주시 한경면 녹차분재로 567-5064-773-7088営業時間:11時~23時(冬季〜21時)定休日:火曜 MAP 토리코티지X하시시박 トリコテージ×ハシシパク 暮らすようにコテージステイ 近年は都心から移住した若者が経営するおしゃれなコテージが増えている。「こんな家があったらな」と、すっかりくつろぎモードのジュヒョク。リゾートホテルに滞在するのが王道だが、レンタカーで移動し一棟貸しコテージに滞在するのも楽しい。2階のダイニングキッチンからは海が見え、テラスにはプールもついている。 DATA 済州市朝天邑朝天北6キル23제주시 조천읍 조천북6길 23010-9065-1186http://hasisipark.toricottage.com/ MAP紹介したスポットはこちら!
  • ————————————————————————————————————– LEEマルシェのインスタに投稿された人気アイテムをご紹介! 12closet/【洗える】リネン調テーパードパンツ/¥12,000+税 ————————————————————————————————————–   View this post on Instagram デスク仕事の日は、座って楽ちん、立ってきれい見えパンツでGO! . 原稿が入る日や会議の日など、座り仕事の日はとにかく下半身にストレスとをかけず、そして冷えないように楽ちんパンツを選びがち。 今日もそんなわけで今月号に掲載の12closetの新作パンツでした。 . タックとギャザーで腰回りはゆったり、膝下はすっきりなシルエットで作ったので、長い時間椅子に座っていても股関節のリンパに負担もなく、シワにもならず、疲れが違います。 . そしてリネンの風の素材なので、デニムとも、とろみ系素材とも違ったニュアンスがあり新鮮。選んだカーキはトップス次第でカジュアルにも、きちんとにも対応してくれていい感じです。 週3はいてしまいそう・・。(A子) . #LEEマルシェ #12closet #週3パンツ #身長160㎝ A post shared by @ leemarche on Jun 13, 2019 at 8:07pm PDT   【ここで買える!12closet/【洗える】リネン調テーパードパンツ/¥12,000+税】
  • 大流行中の特殊素材のバッグは、水や汚れに強く、雨の日にこそ大活躍!小粋な"ハズし"で着こなしがぐっと新鮮に。降っても晴れても最強なメルカドバッグは、今年はデザインが豊富に揃っているので、通勤コーデのアクセントになるアイテムを探してみよう♪メルカドバッグ「メルカド」とはスペイン語で「市場」の意味。メキシコでマルシェバッグとして使用されているような、プラスチックで編まれたかごバッグは、ぬれてもサッとふくだけでお手入れ簡単!ビッグなスクエアトートでトレンド上手な着こなしをアピール編み柄がポイントになるシックなモノトーンは、服を選ばず合わせやすい万能さが魅力。容量たっぷりだから、休日のレジャーシーンにも活躍。底鋲つきで自立するのも頼もしい。バッグ¥28000/サード マガジン(トラス) カーディガン¥20000/エストネーション スカート¥23000/インターリブ(サクラ) ピアス¥36000・バングル¥46000/エンピーアール(レム) ブレスレット¥9800/パリゴ 丸の内店(フィリップオーディベール) 傘/スタイリスト私物Tシャツのカラーとリンクする配色ボーダーで鮮度を高めてブラウンとネイビーとホワイトのボーダー柄がしゃれ感を高めてくれる。ほどよいエスニックテイストで、シンプルなパンツスタイルを個性豊かに旬な印象に更新。バッグ¥11000/アンタイトル(アンタイトル) Tシャツ(メンズ)¥8000/ビショップ(ハンドバーク) パンツ¥25000/インターリブ(サクラ) バングル¥68000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル)撮影/藤原 宏〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/川添カユミ〈ilumini. 〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/比留川游 取材・原文/道端舞子 ※BAILA2019年7月号掲載
  • WEB限定記事第3弾は、街歩き。旅の拠点となるルクセンブルク市は、ヒストリカルな旧市街と、国際都市たるモダンな新市街の両方の側面を持ちます。街に緑も多く、要塞都市であるからこそできた高低差のある風景も独特!街の中心地に、こんなに気持ちがいい自然があるなんて!旅の拠点となるのは、国際空港がある首都のルクセンブルク市。城塞で囲まれたヒストリカルな旧市街と、豊かな自然、そしてモダンな国際都市が共存するこの街は、旅に欲張りなエクラ世代をも満足させてくれる。ルクセンブルクは、963年、岩山に建設された小さな砦がルーツ。「小さな砦」を意味する「リュシリンブルフク」が、国名の語源になったとも。その後、壮大な城壁が築かれ要塞都市となり、国家が形成、大公国へと発展した。天気がいい日はテラス席でランチやお茶を。レストランの看板も個性的で可愛らしい。アルゼット川から見上げる要塞跡は大迫力。かつての屈強な城壁は、今は緑の渓谷に。国民一人当たりのGDPが世界一の富裕国となった現在も、要塞時代の面影はそこかしこに。内部に全長約20kmの地下道や武器庫まで掘られている屈強な要塞は、解体まで実に16年も要したのだとか。そんな街並みは世界遺産に登録され、各国からのツーリストを迎え入れている。街の散策は、まずは旧市街の中心部から。大公宮殿の周囲には、立ち寄ってみたくなるデリやレストラン、カフェ、ブティックが点在。テラス席があるレストランが並ぶ石畳の通りは、ゆっくりとランチを楽しむにはぴったりのスポットだ。城壁に造られた遊歩道から眼下を眺めれば、川岸にグルント地区の絵画のような街並みが。ペトリュス渓谷に架かるアドルフ橋。橋の上からの渓谷までの高低差は約50m。要塞の下にあるグルント地区まで歩けば、ゆったりと流れる川の岸辺に修道院や美しい住宅が並ぶ絵画のような街並みが。崖を利用して造られた高低差のある街全体の風景は、立体的かつ独特。ヨーロッパのどの街でも見たことがない風景に、心が奪われる。旧市街に建つノートルダム大聖堂。祭壇の上には、繊細な描写のステンドグラスが。谷間にあるグルント地区と旧市街のエスプリ広場を繋ぐエレベーターからの眺めは絶景!そんな旧市街とは対照的な風景を見せるのが、新市街。世界有数の金融センターでもあり、EUの拠点もあるモダンな街を歩けば、そこかしこで、いろいろな言語を耳にする。それもそのはず、ルクセンブルクは人口約61万人のうち、半数近くが外国人というコスモポリス。公用語であるルクセンブルク語とフランス語、ドイツ語の3言語に加え、英語を話すのもごく日常的なことなのだ。新市街にある美術館「MUDAM」。ユニークな現代アートのコレクションに好奇心が刺激される。お土産を探すなら、旧市街の中心部にある「ルクセンブルクハウス」へ。果実酒にマスタード、ワイン、民芸品などが揃う。外国人のツーリストにも優しく、治安も良く、美しいルクセンブルク。ぜひ次のデスティネーション候補に入れておきたい。“ルクセンブルク版・養命酒”とも呼べそうなBUFF。炭酸水と割れば、消化を助けるための食後酒にも。■ショップ情報 Luxembourghouse ルクセンブルクハウス 住所/2 Rue de l'Eau, 1449 Luxembourg City ☎+352・26262627 http://www.luxembourghouse.lu/ <<第2回/ルクセンブルクは美食がいっぱいの国!撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • この投稿をInstagramで見る moremagjpさん(@moremagjp)がシェアした投稿 - 2019年 6月月13日午前1時34分PDT MORE7月号着回しテーマの現場にて、けん玉で遊んでいたはーちゃんにお願いしてチャレンジ動画を撮影。くるくる表情が変わる愛らしい彼女の姿は、ぜひ誌面でもご覧ください♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら
  • ストライプシャツで素敵にこなれて。雨の日OK小物で快適な一日に♪さらっとした着心地の白ブラウスにライトグレイの美脚パンツ。じめじめした季節も快適に過ごせる機能性コーデに『GU』のPVCトートで今っぽさをプラスして、外勤デーは万が一の雨対策もばっちり! 今日はカフェでの打ち合わせや街リサーチだから、ジャケットじゃなくシャツをはおってこなれた雰囲気に。クリーンなストライプ柄のビッグシャツなら、ちょい着くずしても知的でさわやかな印象になれるのがうれしいよね♪ 吸水速乾のロングブラウス¥5990/プラステ 接触冷感&UVカットのクロップトパンツ¥16000/マイカアンドディール 恵比寿本店 ストライプ柄のビッグシャツ¥12000/AKTE 雨の日OKパンプス¥12000/オデット エ オディール 新宿店 ゴールドバングル¥18500/ガス ビジュー 青山 バッグ¥1990/ジーユー土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
関連キーワード

RECOMMEND