アルマーニ自販機!? ジョルジオ アルマーニ ビューティのポップアップストアが登場

HAPPY PLUS ONE
エレガンスを追求したメイクアップ&スキンケアアイテムを展開する「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」のポップアップストアが表参道にオープン! “アルマーニレッド”に囲まれたラグジュアリーな空間で、話題のアルマーニ自販機や、ポップアップストア限定アイテムに出会える。オープン期間は12月1日(土)から9日(日)まで。

「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」は、アルマーニによってデザインされたドレスやスーツのように、細部まで「エレガンス」にこだわった上質なメイクアップ&スキンケアアイテムが世界中で人気。「肌の望みどおりに美しく落とす」をテーマとしたスキンケアシリーズをはじめ、ベースメイク、カラーメイクまで幅広く展開する。

昨年に続き今年で2回目となるポップアップストア「Armani Box Tokyo」では、目が覚めるような“アルマーニレッド”を基調とした空間に、「映画」をテーマとしたさまざまな体験コンテンツを用意。エントランスには、アルマーニの自宅にある大きなゴリラのオブジェのレプリカ「URI(ウーリ)」が今年も登場。店内奥には、映画の舞台裏のようなメイクアップステーションや、監督気分が味わえるディレクターチェアが置かれたフォトブースもお目見えする。フォトブースで撮影した写真は、その場でSNSに投稿することもでき、「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」の世界観を堪能できる。

なかでも、2018年9月に1日限定で披露され話題となったアルマーニ自販機は必見! 12月9日(日)までに「Armani Box Tokyo」または公式オンラインショップで商品を購入すると、自販機の中に詰まった「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」のミニリップやノベルティなど各種オリジナルギフトがゲットできるチャンスも。
このほか、マットなリキッドカラー「リップ マグネット」(4860円)の人気色・#504(コーラルピンク)が星のイラスト付き限定パッケージで販売。購入の先着100名には「Armani Box Tokyo」限定オリジナル トートバック、16200円以上の購入でオリジナル クッション ヴァニティケースのプレゼントなど、心がワクワクする限定アイテムが勢ぞろい。さらに、イベントの様子を「#armaniboxtokyo」のハッシュタグをつけてSNSに投稿またはメールアドレス登録すると、人気製品のサンプルセットがもらえる。プレゼントは数量限定なので、気になる人は早めの来店を。
<DATA>
Armani Box Tokyo

期間:2018年12月1日(土)~12月9日(日)
時間:11:00~20:00(金・土 11:00~21:00)
住所:東京都港区北青山3-5-25
アクセス:東京メトロ「表参道駅」A3出口より徒歩1分

※ARMANI BOX Tokyoでの製品購入は、クレジットカードのみとなります

ARMANI BOX Tokyo
080-8422-6912
https://www.armanibeauty.jp/armani-box-2018/
(c) Giorgio Armani Beauty

text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
関連記事
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • クローゼットの中のキャミソールやタンクトップ、くたびれていませんか? ファッションは常に流行や季節を追いかけていても、アンダーウェアに関してはずっと同じだったり、こだわりなく買っているという人も少なくないのでは。 あまり人目につくものではないし、長年着てくたくたになっているのも、まあ愛着のあらわれと言ってもいいけれど……。ただ、大人のおしゃれの達人たちを見ると、この”縁の下の力持ち”に対して、きちんと自分のスタンダードを持っている人が多いみたい。シンプルなキャミソールは、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」の定番。キャミソール¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル))スタンダードとは、良質で、飽きがこなくて、ずっと身につけていられるもの。日々のキャミソールやタンクトップにこそ、自分の信頼するスタンダードがあるといい。毎日くりかえし定番のアンダーウェアを着ていると、ちょっとした自分の体型の変化に気づくバロメーターにもなってくれる。肌が直接触れるものだから、着心地のいいもの、つくりのいいものに包まれていると、やはり「心の持ちよう」が変わってくるはず。それはきっと、その人の魅力としてにじみ出てくる。素敵な大人は、見えないところで自分を高める術を知っている。30代、まずは”ちょっといいアンダーウェア”で、毎日を変えてみては? 【select point】 ・肌触りの良さを重視。上質なコットンやシルクの素材の”違い”を実感して。 ・着る服の邪魔をしないシンプルな形を見つけたら、色はさまざまなバリエで揃えて。 ・ワンシーズンで消えてしまわない、信頼あるブランドの定番を。上質な素材と美しくシンプルなデザイン、アンダーウェアの名品5【OSCALITO】冬暖かく夏涼しいシルクのアンダーウェアは、一度着たらやみつきになる心地の良さ。イタリアのトリノに拠点を置くオスカリートは、伸縮性の高い独自のリブ編みでシルクのタンクトップを展開している。美しく、リッチな質感は、まさに大人のためのスタンダード。 タンクトップ(右)¥16,000・(左)¥20,000/モノ・エディション(オスカリート) 問)モノ・エディション TEL 03-5729-1271【HANRO】 130年以上の歴史があるスイスのアンダーウェアブランド、ハンロ。定番のカップつきキャミソールは、肌触りの良さ、美しいカッティングで、スタイリストにも人気が高い。A-Cカップまでのブラジャーサイズで展開し、快適な着ごこちで着た時のシルエットもきれい。 ブラキャミソール¥18,000/ワコール(ハンロ) 問)ワコールお客様センター 0120-307–056【KAGURE】 アーバンリサーチが発信する、ナチュラルなライフスタイルに特化したブランド「かぐれ」。オリジナルのシルクキャミソールは優しい着心地とコストパフォーマンスのいい価格帯で、毎日にシルクを取り入れるのにぴったり。人の肌に近いたんぱく質構成を持つシルクならではの快適さを味わって。 タンクトップ¥5,500/かぐれ 表参道店 問)かぐれ 表参道店 TEL 03-5414-5737 【HYKE】 ハイクの隠れた人気定番が、こちらのリブタンクトップ。メンズライクなデザインながら、体にフィットするリブで、着るとギャップのある女性らしさが。見せるアンダーウェアとしても活躍してくれる。このブランドらしく素材のクオリティも高く、さらりと着心地よく、透けにくいコットン。 タンクトップ¥6,500/ハイク 問)ボウルズ(ハイク)TEL 03−3719–1239【SUNSPEL】 1860年創業、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」。良質なコットンを使用したタンクトップは、さらりとした着心地で、暑い時期にもぴったり。コンパクトな形で、袖ぐりをやや内側にとり、ほどよい空きのVネックで、すっきりと着られる。 タンクトップ¥6,000/サンスペル表参道店(サンスペル) 問)サンスペル 表参道店 TEL 03−3406−7377知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【サンスペル】>>「シンプルな日常着を美しい素材で作る」サンスペルの創業者トーマス・ヒルの言葉である。英国を代表するブランド、サンスペルは1860年創業、ノッティンガムにある繊維工場で、軽くソフトなコットン素材の衣類を作り、高級下着開発のパイオニアとなった。この頃に生まれた、男性用のチュニックシャツが、現在のTシャツの原型とされる。産業革命以降、早期から世界への輸出を展開し、第二次大戦を経て1980年代には「ボクサーショーツ」をヒットさせた。 1860年の創業当時に製作されたアンダーウェア。サンスペルは世界で初めてTシャツを作ったサンスペルは、150年以上の歴史の中で、常に良質の素材を開発しアーカイブしてきた。Quality 82 と名付けられたコットンジャージーの素材は、世界初のTシャツにも使われたライル・コットンを継承したもの。手摘みされた超長綿を使用し、丁寧な工程を経て、柔らかくさらさらとした肌触りを実現。このコットンジャージーが、現在もアンダーウェアに用いられている。英国の歴史あるブランドらしく、上質な素材にこだわり、デザインは簡潔でシンプル。時代を経て、ずっと愛せるベーシックな形が魅力となっている。薄手で響かず、吸水性の高いコットンを使用した、定番のキャミソール。¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル)文・久保田梓美
  • ニュージーランドに行くときには、自分が心地よくなるものだけをポーチに詰めるという関根さん。自然も、街並みにも合うカラーコスメを中心に集めたコスメポーチは大注目です。mojo nail ネイリスト 関根祥子さん抜け感のあるデザインで、モデルや女優にもファン多数。ネイリストのほか、イラストレーターとしても活躍。「旅先に合わせたネイルをして楽しんでます!」trip to New Zealand(ニュージーランド)行き【メイクポーチ】を大公開!MAKE-UP(メイクポーチ)思い出づくりにひと役買うホットなカラバリを用意「写真も撮りたいし、自然の中でも街中でも似合いそうな明るい色を使ったメイクが好み。黄・橙・赤茶+つやを駆使して大人のカラーメイクを♡」「ニュージーでは山登りなどで汗もかくので、ベースメイクはミニマムに。ラロッシュ ポゼのUV対策も肌色補整もしてくれる下地2とイヴ・サンローランのコンシーラー1で気になるところだけをカバー。髪が明るいので、目もと、口もとはイエローやオレンジでまとめて全体の統一感を出すことを意識しています」撮影/さとうしんすけ 取材・原文/浦安真利子 ※BAILA2019年5月号掲載
  • 4/20(水)発売のムック第3弾「昨日も世界のどこかでひとりっぷ®3 〜弾丸無茶旅編〜」にてシリーズ累計発行部数10万部を達成した「ひとりっぷ®」シリーズ。この感謝の気持ちを込めて、「ひとりっぷ®」を愛するファンの皆様とのスペシャルトークイベントを開催いたします! 会場は、なんとラグジュアリーホテル、「パーク ハイアット 東京」。 第1幕は39階ホワイエにて、「ひとりっぷ®トークショーSpecial Edition」。Part1の「ひとりっぷ®トーク」でのテーマは、『これがひとりっぷ®400回の結論! ひとりっP的ホテルの選び方・超実践編!』。「今までのトークイベントではほとんどお話ししたことがない、わたしのホテル選び術。デスティネーションによって、チェックポイントはかなり変わります。予約サイトの賢い利用法や、裏技、ホテルステイ時の仰天危機一髪エピソードなどなど、てんこ盛り盛りでお話しさせていただきます!」とひとりっP、正直多すぎる内容の数々を時間内に収めるべく、絶賛構成考え中です。乞うご期待! Part2は、「ひとりっPの突撃ワンダートークスペシャル! パーク ハイアット 東京の中の人に直撃!」と題して、パーク ハイアット 東京のゲストサービスのプロの方々をお呼びして、「ホテルサイドからの、女性一人客への賢いホテルステイアドバイス」ほか、ここでしか聞けない貴重な話をバリバリ教えていただく予定です。 トークショーのあとは場所を移して、第2幕「10万部発行記念パーティー」へ! ホテルのスイートの中でも最上級クラスのプレジデンシャル スイートにて、パーク ハイアット 東京ならではの素敵なフードやスイーツ(※ひとりっPが「世界でいちばんおいしい!」と激愛&絶賛する幻のスイーツも!)、カクテル、そして地上約220メートルからのすばらしい眺望を楽しんでいただきながらのプライベートパーティーが始まります。「ひとりっPへの挑戦状」や「ひとりっPクイズ」など、このイベントだけのプログラムをご用意! もちろん豪華プレゼントもあります! クイズ大会優勝賞品は、パーク ハイアット 東京からの豪華賞品! 優勝を逃した方にも抽選でひとりっPから、スペシャルプレゼントを差し上げます! さらには、お土産として、集英社公式FLAG SHOPで使える割引クーポン、「ひとりっぷ®2」でもご紹介しているひとりっP愛用の旅コスメ「フルールドファティマ イノセントボディウォッシュ サボンノワール&サボンブラン 各(現品280ml・3,200円)×2本セット(6,400円相当)」、パーク ハイアット 東京からスペシャルギフトをご用意しています! イベントは13時~と17時~の2回開催、各回45名限定なのでお申し込みはお早めに! ひとりっPと一緒にパーティーで盛り上がりましょう!「みなさま、よろしければぜひ! Let’s Have a ひとりっパーティー!!!」 fromひとりっP パーク ハイアット 東京 マスター オブ アーツ × ひとりっぷ®"みなさまに感謝の気持ちを込めて。Let'sひとりっパーティー"   イベント内容 【第1幕@39F】トークショー①ひとりっぷ®トークショー ②ひとりっPの突撃ワンダートークスペシャル「パーク ハイアット 東京の中の人に直撃!」 【第2幕@51F】パーティー③ひとりっPへの挑戦状 ④ひとりっPクイズ  ⑤ひとりっパーティー大抽選会 日時:6月9日(日) 1回目 13:00~15:30(受付12:30~)、2回目 17:00~19:30(受付16:30~)※1回目と2回目ともにイベント内容は同一です。※ドレスコードはありません。 場所:パーク ハイアット 東京 39階(ホワイエ)・51階(プレジデンシャル スイート) チケット価格:7,000円(税別) チケットのご購入はこちら(外部サイト) 【購入にあたっての注意事項】※本イベントは先着での販売となります。※定員に達し次第販売終了(申し込み終了)となりますので予めご了承下さい。※クレジットカード払いのみとなります。※チケットの変更・払い戻しはできません。※ご注文後のキャンセルは不可とさせていただきますのでご了承下さい。※他の商品と同時に購入できません。 【本イベントについての注意事項】※必ずチケットをご購入前にお読みください。※ご購入いただいた方にはチケット購入確認メールを送信致します。こちらのメールがチケットになりますので、当日受付にてご提示ください。※チケットの転売・譲渡は固くお断りさせていただきます。当日、ご本人様確認をさせていただく場合がございますので運転免許証などご本人確認書類をお持ち下さい。※チケットはご購入の回のみ、1回限り有効です。※当日の会場への往復交通費は、ご来場者様のご負担となります。※イベント当日は撮影のカメラが入る可能性がありますことをあらかじめご了承ください。撮影した写真・映像は集英社及びパーク ハイアットのHPやSNS等で使用させていただくことがあります。※参加者の皆様には、集英社FLAG SHOPが定める「個人情報の取り扱いについて」に同意していただいているものとさせていただきます。※当日のお食事のご用意は、軽食となっております。※天災・震災などやむをえない事情により主催者がイベントを中止する場合は所定の方法で払い戻しを行います。返金方法についてはショッピングガイト内の「ご返金について」をご確認ください。イベントが中止になった場合の旅費等の補償はできませんのでご了承ください。※イベントの内容や出演者については予告なく変更となる場合がありますのでご了承ください。※このイベントには「ひとりっぷ®3」の本は含まれません。 豪華お土産! 「フルールドファティマ イノセントボディウォッシュの詳細はこちら>> 「昨日も世界のどこかでひとりっぷ®3 〜弾丸無茶旅編〜」に掲載した写真をチラ見せ! ロンドンで大人気のグルメスポット「バラ・マーケット」の必食絶品チーズトースト!チェンマイなど北タイ限定のご当地グルメ「カオソイ」。カレー麺です。今回、徹底食べ比べしました!毎月行っている香港。12月はセールが主目的。ファーのスリッポンは半額になっていて即買い。女子旅に激オシしたいマラッカは、床や壁のタイル装飾が悶えるかわいさ!シドニーあちこちにこんなキュートな住宅(=テラスハウスと呼ばれています)があるとは想定外でした!LAをレンタカーなしでエンジョイするなら、こちらのべニスビーチ滞在がおすすめ。理由は本誌に!
  • 春だもの、メイクを変えたい! ならばまず今年らしいリップを一本ヘア&メイクアップ アーティスト AYAさんヘア&メイクアップ アーティスト AYAさんラ・ドンナ所属。トレンドを取り入れつつ、個性をきわだたせ、大人をキレイに見せるメイクが評判。著書に『AYAMAKE』(宝島社)がある「つけるだけで今年顔になれるのがリップのいいところ」とAYAさん。とはいえ、同じ色でも質感によって今風になったり、そうでなかったりするので、色×質感のバランスに気を配るのが、あかぬけるポイントだ。「例えばオレンジなら、元気に見えるツヤツヤ質感、ベージュなら、引き締まった印象を与えるハーフマット質感というように」。またアラフォーの口もとには、リップライナーが必須。「あいまいになった輪郭をカバーして、唇本来のフォルムを生かすことができますよ」。今回はAYAさんがオレンジ、ピンク、ベージュのリップをセレクト。■ピンク×ちょいツヤ ピンクを今風につけこなしたいなら、青みピンク。 「旬を感じさせる色ですし、黄ぐすんだ肌を冴えて見せる効果が。昔っぽくならないよう、ほどよくツヤがあって、軽やかにつくタイプを選択」(AYAさん)☆使ったのはこれ!一見、強い色だけど、透明感が高いバームだからつけこなしやすい。青みで肌をトーンアップ。SHISEIDO メーキャップ カラージェル リップバーム 113¥3,500(5/1発売)/資生堂【Point】肌を明るく見せるちょいツヤ青みピンク。「唇の輪郭どおりラインを引いたらじか塗り。シアーな質感なのでより美しく発色します」☆other items目もとも頰も青みでコーディネート「ピンクの青みとリンクさせるように、目もとにもブルーを使って、肌にも透明感を」。チークも青みピンク。目と頰で肌色の彩度を上げることで、唇が悪目立ちしない。【Items】A:夏らしいゴールド&ブロンズを目もとに。サンク クルール 696¥7,700(5/3限定発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール B:チークも青み系でクリアな肌づくり。広く逆三角形に。キッカ フローレスグロウフラッシュブラッシュ 07¥5,000/カネボウ化粧品 C:どんなリップにも合わせやすいベージュ。ディグニファイド リップライナーペンシル  04¥2,800/セルヴォーク D:優しいマットブルーはまぶた全体に。ヴィセ アヴァン リキッドアイカラー  002¥1,200(編集部調べ)/コーセー【Marisol5月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 西原秀岳(TENT/物) ヘア&メイク/AYA(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 親子で共有できる洋服、私のオススメする通販サイトのご紹介!前回doclasseさんを紹介しましたが、今回はもう一つのおススメサイトをご紹介したいと思います。 友人に教えてもらった通販サイト、STYLE DELI。 前回のdoclasseもそうですが、こちらも お店が表参道にあるので購入前に試着が出来ます。 明るい店内には洋服、靴、バッグ、アクセサリーなどサイトで見る商品が置いてあり、お店で商品を試着して納得できたら、ネットで申し込み。 リボンの付いたハンガーの商品はお店で購入可能で、店舗限定のカラーもあるのでお店に行ってみる価値あり!です 一番のお気に入りは、袖口斜めカットブラウス。ゆったりシルエットのドルマンタイプ。 STYLEDELIさんの大人気商品です。 軽い着心地でシワになりにくく、何より自宅でお洗濯が出来る!主婦には有難いポイントですよね 使い勝手の良さから、色違いで白、黒、ベージュの3枚購入。 今回お店に行って、限定カラーのモカを即買いしました。ライトグレーも気になるカラーです。 tops : STYLE DELI shose : kariAng bag : YSLSTYLE DELIさんのコンセプトは、良品質&低価格、No Target。 その通り、50代の私と20代の娘が共有できる洋服だと思います。50代の私はタイトなスカートに合わせて(ベージュ)20代の娘は通勤にも使えるよう、白いパンツに合わせて(モカ)今回、店舗で購入したノースリーブギャザーブラウスは、リボン付きパンツに合わせてワントーンコーデでシックに。パレスホテルでのカルティエイベントで着用しました。 デニムに合わせてワンランクUPしたカジュアルコーデもいいかも tops : STYLE DELI pants : ESTNATION shoes : KariAng bag : HERMES店舗は営業日が毎日ではありませんので、サイトでご確認してから行ってみて下さいね。 STYLE DELIさんのサイトはこちらから。InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらから。華組 豊田真由美ブログ
  • 特別な予定がない日こそ、気分が上がるおしゃれを楽しみたいもの。のんびり仕事する日をドラマチックに変えてくれる「フレアスカート×Tシャツ」の最旬春コーデをご紹介します。style 余韻を残すディテールが普通の日をドラマチックに変える高揚感フレアスカート×Tシャツグリーンリネンスカート×ベージュTシャツ歩くたびになびく深いグリーンのスカートが毎日のふとした瞬間を印象的に彩る無条件でときめく優雅な揺れ感。Tシャツとの等身大なコンビで気張らず心地よく楽しんで。ムードのある新鮮配色も気分を一新。スカート¥8980/バロックジャパンリミテッド(マウジー) Tシャツ¥13000/エフユーエヌ(フォンデル) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥15500/CPR TOKYO(ルーカス ジャック) ブレスレット¥14000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) バッグ¥15000/ロードス(トーヴ) 靴¥44000/アーバンリサーチロッソ グランフロント大阪店(ネブローニ)光沢キャメルスカート×黒Tシャツゆらめいて華やぐ。つや感スカートをカジュアルMIXで引き立ててキャメルサテンのシックなつや感で格段にクラスアップ。コントラストのある黒T&ブルゾンで着くずすしゃれ感が、普段着マインドを盛り上げてくれる。スカート¥14000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) Tシャツ¥10000/セオリー ブルゾン¥95000/マディソンブルー ピアス¥25000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥9800/ロウェルシングス ルミネ新宿店(ロウェル シングス) 靴¥48000/アマン(ペリーコ)ストライプ柄スカート×淡ベージュTシャツコーデにリズムをくれるストライプ柄でゆる華通勤を満喫弾むように揺れる清涼ストライプに白スニーカーで颯爽と歩けば、気分も晴れやか。ニュアンスベージュのTシャツで上品に引き寄せオン仕様に。スカート¥22000/ルーニィ Tシャツ¥7000/バロックジャパンリミテッド(ブラックバイマウジー) カーディガン¥21000/デミルクス ビームス 新宿(ルトロワ×デミルクス ビームス) サングラス¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥16000/アガット バッグ¥18000/プラステ(マルコマージ) 靴¥19000/シシラベンダースカート×白Tシャツ透明感のあるきれいが香る春めきラベンダー。シンプル白Tシャツでさわやかに最旬ラベンダーで鮮度抜群のコンサバスタイルを。スカート¥16000/シュガー・マトリックス(イチエ) Tシャツ¥15000/マッキントッシュ 青山店(マッキントッシュ) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥10500/CPR TOKYO(ルーカス ジャック) ブレスレット¥12000/パンドラ ジュエリー ジャパン カスタマーサービス(パンドラ) リング¥23000/アガット(アガット アンドメモリア) バッグ¥40000/デミルクス ビームス 新宿(トフ アンド ロードストーン) 靴¥18000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)チェック柄スカート×白Tシャツ何もない日こそ“アガる柄”の出番。ポジティブな空気に包まれて自分らしくおしゃれを楽しむ姿はチャーミング! 無造作に揺れるプリーツとチェック柄のコンビでテンション高めに。ミニマルな白Tとジャケットできれいめにまとめ、大人っぽくアップグレードして。スカート¥16000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ新宿店(アーバンリサーチ ロッソ) Tシャツ¥9000/ebure ジャケット¥59000/エッセン.ロートレアモン ピアス¥13000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(フィリップ オーディベール) ネックレス¥10800/サイクロ バッグ¥12000/ロードス(アドカラム) 靴¥48000/アマン(ペリーコ)イエローボリュームスカート×ネイビーTシャツいとも簡単に気分が高まるきれい色の魔法。受け皿ネイビーと品よく堪能瞬時に着こなしに華を添えてくれるイエローのボリュームスカートをデイリー使いできるのも女の特権。受け止め役のネイビーTで派手さをやわらげ、陽気さのなかに大人の落ち着きを。スカート¥39000/レリタージュ マルティニーク Tシャツ¥7000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル  リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) ピアス¥24000/アルアバイル(シャーロット・レベック) リング¥13000/ステラハリウッド(ステラハリウッド) バッグ¥31000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(ヴァジック)撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/川上さやか モデル/中村アン 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/カフェインホリック ※BAILA2019年5月号掲載
  • 訪れる先に思いを馳せながら、その土地や過ごし方に合ったワードローブを試行錯誤するのも旅の醍醐味。月1回は現地入りするほどのハワイ通のスタイリスト・安西こずえさんに、ハワイに持って行くワードローブと現地でのコーデを教えてもらいました。trip to Hawaii(ハワイ)!!スタイリスト 安西こずえさんBAILAをはじめ数々の女性誌で活躍。自身がディレクションするブランド「mikomori」の第1号店をハワイにオープンしたこともあって、仕事での渡航を含めると月1回は現地入りするほどのハワイ通。「月1回訪れるハワイは、もはや第二の故郷。埋もれないように都会的なスタイルが定番」ハワイは旅というより、むしろ“帰る場所”。ステッカーをたくさん貼って“私だけの”ものにカスタマイズした、愛用のグローブ・トロッターとともに、いつも帰省するような気持ちで訪れます。慣れ親しんだ場所だから、これといってリゾートを意識することはありません。オアフは都会と密接しているのでビーチからショッピングへ直行なんてこともよくあるし。だから、洋服はわりと都会的。モノトーンが多かったり色柄でもデザインがアーバンだったり、周囲になじむのではなく自分らしく楽しみたいんです。そのほうが断然テンション上がるから。(メインカット)黒×白トップス¥45000(リー マシュー)・柄ブラウス¥22000(ソフィーディー)/トゥモローランド デニム¥36000・スイムウェア¥29000/ミコモリ表参道ヒルズ店(mikomori) パジャマ¥19000(マドウニーネ ミラノ)・ネックレス¥210000(シップロック)/ロンハーマン ゴールドネックレス¥42000/エストネーション(トフム) その他/スタイリスト私物 (p.165)バッグ¥132000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) パスポートカバー¥26000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) サングラス¥32000/DITA 青山本店(クリスチャン ロス) サンダル¥14500/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) カメラ¥33500/ライカカメラジャパン(ライカゾフォート) ぬいぐるみ¥6800(グローバル アフェアーズ)・マウスミニポーチ¥11000(タタキット エム)・アイスクリームミニポーチ¥10000(ラドロー)/ロンハーマン キャンドル¥2700・ルームスプレー¥2500/ラ ブティック ファンタスク(ROSY RINGS)ホテルのバーでサクッと夜遊び。色はダークに柄ボトムで盛り上げ。“リゾートすぎない”シーン別・都会派ワードローブ5for DINNERディナーにはちょっと雰囲気よく都会的なニュアンスの落ち感セットアップを。暗いところでぐっとシックに映えるモノトーンが気分です。トップス¥45000・マキシスカート¥58000/トゥモローランド(リー マシュー)  サングラス¥48000/DITA 青山本店(DITA) その他/本人私物for ROOMハワイでは水着がランジェリー代わり。だってすぐにプールに行けるから。部屋ではメンズっぽいスウェットをザクッと羽織るのが好きなんです。スウェット¥18000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ウィッスルズ) 水着¥28000/ミコモリ表参道ヒルズ店(mikomori) 靴¥6000/ヌキテパ 青山店(ヌキテパ)for NATURE SPOTハワイならではの自然を感じるためヒーリングスポットへ行くこともしばしば。なんとなく気持ちが静まる気がして黒をチョイス。動きやすくてシワになりにくいワンピが定番。ワンピース¥40000/ミコモリ表参道ヒルズ店(mikomori) サンダル¥22000/ツル バイ マリコ オイカワ その他/本人私物for SHOPPINGハイブランドからセレクトショップまで、ショッピングを楽しめるのもハワイのいいところ。どんなお店にもなじむバレンシアガのボウタイブラウスを軸に、ボトムは潔くショートで。上品に見える露出のバランスには気をつけています。サンダル¥9500/ヌキテパ 青山店(ヌキテパ) その他/本人私物for POOL水着の上にサラッと着られるマキシワンピが便利。意識したいのはラグジュアリーなバカンス。色柄でも“いかにも”にならないよう、カシュクール仕立てのどこかヨーロピアンなデザインや黒小物で女らしくリュクスに。ワンピース¥46000/ヴェルニカ ルーム(ヴェルニカ) その他/本人私物思いっ切り日焼けする派! サンケアグッズが必需品塗るだけでブロンズ肌をつくれるセルフタンニングローションで肌づくりしてから現地入り。シスレーのアフターサンケアやバイレードのボディローションなど、日焼け後の保湿ケアも怠りません。撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND