【本田 翼さんも♡】おしゃれな人は「BALENCIAGA(バレンシアガ)」がお好き

HAPPY PLUS ONE
ストリートとモードを掛け合わせた「BALENCIAGA」が、検索急上昇ワードに!
本田 翼さんも「トライアングル」を愛用中♡

1/4

秋の新作バッグ「マンデー ボウリング」

2/4

癒し系のマテリアルもモード顔に

3/4

ダットスニーカーブームの火付け役「トリプル S」

4/4

本田 翼さんも「トライアングル」を愛用中♡

さりげないけれど圧倒的なアイテム力。そのアイコン性が、「BALENCIAGA」最大の魅力。本田 翼さんは、より目を引くグリーンのトライアングルバッグをセレクト! ユニークでいてシックなその存在感は、普段着をぐっと今どきに。
秋の新作バッグ「マンデー ボウリング」

ブランドロゴを全面的に打ち出しても、不思議と嫌らしさを感じさせない「BALENCIAGA」。イエローに黒、2トーンの立体的なフォントが、スポーティなバッグのデザインをモダンな表情に。
癒し系のマテリアルもモード顔に

モノトーンだから許される遊びゴコロ。ふわふわ、もこもこのシアリングトートも、ブランドロゴでボディを囲んで。定番のロゴトートだって、「BALENCIAGA」ならみんなと差がつきます。
ダットスニーカーブームの火付け役「トリプル S」

スニーカー界のItアイテム、世界中のファッショニスタが夢中になっている「トリプル S」。定番アイテムでもある白スニーカーも、人気絶頂のこの一足を手に入れればたちまちワードローブが見違える! そのくらい吸引力のある、ホットな逸品。
シンプルでいて、一目ですぐにわかるキャッチーなデザインが人気の理由。
関連記事
  • モードシックな着こなしにもマッチする黒スニーカーで一味違うオフィスコーデにベーシックカラーのなかでも定番のネイビーコートの人気が復活! パッと目をひく華やかなイエローカラーのスカートを大人っぽく且つ上品に見せてくれるのはネイビーの為せる技。自分には少し派手かなと思う華やかカラーも、トップスではなくボトムスから取り入れてみれば意外にすんなりきれいに着こなせる。あとは黒スニーカーで甘さを微調整しつつ、メリハリのきいた配色でシックに決めてみて。靴¥63,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド) コート¥175,000/アマン(アンスクリア) ニット¥23,000/バーニーズ ニューヨーク スカート¥58,000/エリオポール代官山(エリカ カヴァリーニ) メガネ¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥16,000/ドレステリア 銀座店(メゾン ボワネ) バッグ¥148,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼イエローコーデをもっと見る
  • 久々にネックレスの気分が戻ってきた今季。甘めチャームの全盛時代から、今は辛口ジュエリーが主流に。大人の横顔を引き締めながら洗練度を上げる“辛口ネックレス”をお披露目!繊細ながら、キレがいいY字ネックレスの重ねづけ シンプルな襟もとに映える、華奢なネックレスのレイヤードスタイル。今季、バリエーション豊富にそろうY字ネックレスは、長さの調節もできて、キリリと新しいデコルテの表情をつくってくれる。 ネックレス〈短〉(YG)¥58,000・〈長〉(YG)¥56,000/エストネーション(ジジ)ワンピース¥22,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー)定番のボールネックレスを鈍くクールな輝きで更新 フェミニンな印象のボールネックレスが、鈍い輝きのシルバーでぐっと辛口なイメージに。2連にも3連にもなるロングが活躍。 ネックレス(SV)¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) リング〈人さし指〉(SV)¥27,000・〈中指〉(SV)¥53,000/ステディ スタディ(トムウッド) シャツ¥24,000/アマン(アンスクリア)鎖骨を魅力的に引き立てるチョーカーという選択肢 ボートネックで引き立つ鎖骨。そこに、色気とかっこよさを兼ね備えたチョーカーをあしらい、顔まわりを印象的に仕上げて。首に沿う、短く重厚感のあるバランスが新しく着こなしをランクアップ。 チョーカー(SV×イエローヴェルメイユ)¥260,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) ニット¥32,000・スカート¥35,000/オーラリー他の画像を見る大人が頼れるジュエリー 記事一覧撮影/長山一樹(S-14 ) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ LIZA 取材・文/東原妙子 ※エクラ2019年1月号掲載  ※略号は以下のとおり。SV=シルバー、YG=イエローゴールド、PT=プラチナ、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、D=ダイヤモンド。 
  • 先日、マリソルメンバーでの忘年会に参加してきました!私にはなかなか機会の無いホテルディナー、 「何を着る??(;'∀')」考えた末に”いつもの私+アガるジュエリー”に決まりました☆安定のネイビーワントーンで!ラップパンツに袖コンシャスブラウス♡主役はジュエリーです☆顔合わせランチ会に参加できなかった大阪在住の私、 なかなか皆に会えなくて「日程が合うのなら忘年会には行きたいわ!!」 てなわけで、遠路遥々行ってまいりました。 毎度、マリソル行事を理由に「一泊+東京で会いたい人に会う」 を設定しての一人旅、楽しい!! しかし兵庫県のド田舎出身&常にオシャレに貪欲…てなわけでもない私は 焦ります!!すごーく焦ります!!(笑) 何を着ていいのやら…行く前から気後れ(;・∀・) いつも着る物に悩んだ時は友達にしつこく相談して意見を求め、 地味過ぎる、もっとはじけろ、顔周りが暗いetc. ごもっともなありがたいアドバイスを受け(笑) 本来の自分の感覚とかけ離れていき迷走・・・。 なので今回はスッパリと「地味でもいいから自分らしく!!」 をモットーに考えました。ここのところ黒に傾倒している私ですが 人生の半分以上は「私のベーシックカラーはネイビー」で来ました。 なので今回は制服の様に選んでしまう安定のネイビーに決定です☆ アガるジュエリーを主役に!!袖コンシャスブラウスで少し華やかに♡ブランドの違う上下をセットアップ風に☆手持ちのエリオポールのラップパンツに合わせて、 シルク混のアントネッリのとろみのある袖プリーツブラウスを調達しました。 袖プリーツ、私にしてはなかなかフェミニンでそわそわするところですが(;・∀・) そこは知的で上品見えが約束されているネイビー、許容範囲内かな? 少しの華やかは要るよね(;'∀')とこちらに決定。 そしてそして!! コーディネートの主役は「テンションのアガるお気に入りのジュエリー」です! 選んだのは存在感のある大きさと色、服が抑えめだからこそ活きてくるやつです☆ グリーンクォーツ アメジスト スモーキークォーツ ダイヤモンド 自分の定番服に変化を与えるなら、お気に入りのジュエリーを! サラッと着けられるようなおばあちゃんになりたい・・・ そんな話で盛り上がれる美女組同期&先輩ともお話しできて 話のネタにもなってくれた私のアガるジュエリー、主役にして正解だったかな? マリソル1月号の「今月の”一目惚れ”買い!」(18ページ)にも 「自分の手を見るたびにアガる! お洒落プロが一目惚れ買いした存在感抜群のリング」が紹介されていましたよね。 私のお気に入りは特別ハイな物でもなければ 必ずしも誰もが知るブランドの物ではありませんが、 やはり自分の手を見るたびに気分は上がります♡ 自分らしさをお気に入りジュエリーに託す、 そんなのもありじゃないでしょうか。 鞄はいつものアンテプリマ、靴は数年前の銀座かねまつ、 シルバーで華やかカラーですが、実はいつか書いたAQUABELLシリーズの物です。 お天気が不安だったため、余計に重宝!!他の画像を見る忘年会はウェスティンホテル東京のフレンチレストラン、ビクターズで♡ こんな華やかな席でこんな美味しいお料理、私には年1回ある?(笑) それぐらいの出来事です(;・∀・) この日は大きなツリーを三つ見てきましたよー!! レストランは最上階、お天気もどうにか持ち、東京タワーも見え、 ロケーション最高!! 会ったことのない初めましての同期&先輩達にも会え 心の中で「ブログで見た人~♡」なんて興奮しながら ホテルのスタッフの方々の手厚いサービスを受け、 あっという間にステキな時間が過ぎていきました(〃艸〃) 美女組の皆さん、ホテルスタッフの方々、ありがとうございました。 一泊二日、会いたい人にも会えたし、忘年会以外にも 予定詰め詰めで楽しんだ二日間、満喫してきました! また一つ良い思い出が増えたー☆ウェスティンホテル東京ビクターズ>>>私のアガるジュエリー記事>>>私の晴雨兼用パンプス記事(AQUABELLシリーズ)>>>美女組No.142 yoccoのブログ
  • ブルゾン&ライダースコーデ見せて♡いよいよアウターが手放せない季節。定番のブルゾンとライダースを、カワイイ選抜は配色とフォルムにこだわって着こなしてるみたい! #non-noカワイイ選抜No.03 込堂なみさん(22歳/大学4年生)   主役のレオパードミニをツヤブルゾンでクール見せ  ブルゾン  ヴィンテージトップス:ヘザースカート:amerge.ベレー帽:mysticブーツ:韓国で購入バッグ:トリーバーチ     「このブルゾンは中に厚手の綿が入っていて本当に暖かい。冬中着られていいなと思い購入しました。スカート以外は黒で統一して、流行りのレオパードをきかせました。ベレー帽は片耳を出すと抜け感が作れてオススメですよ◎」 #non-noカワイイ選抜No.50 木戸怜緒奈さん(20歳/タレント)   2WAYで使える進化形ブルゾンのカジュアルモテコーデ♡  ブルゾン merlotニット:オリーブ デ オリーブスカート:REDYAZEL靴:ヴィンテージ 「裏返すとボアで使えるリバーシブルと、たぽっとした袖の可愛らしいデザインに惹かれて購入しました。ブルゾン自体はオーバーサイズでメンズっぽいので、台形ミニでバランスをとって男女モテしそうなコーデに仕上げました♡」撮影/冨樫実和 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル 
  • 「厚着になる冬こそ、スニーカーが大活躍」というこの特集。激しく同意です。マリソル美女の皆さま、こんにちは。 1月号で大人スニーカーの特集がありましたね↓ アウターが厚みを持つこの季節が、一番スニーカーが似合うと私自身ずっと思っておりまして。 記事の通り、 チェスターコートでも、ダッフルでも、ダウンでも。 モードシックでも、通勤コーデでも。 丁度良くバランスが取れるので、冬はよくスニーカーを選びます。 このニューバランス247のブラックは適度に厚みのあるソールと、足先のすっとスマートな形状。 Nの字までブラックで、カジュアル過ぎず本当に何にでも合います。 シリーズによりますが、価格もお手頃。 普段スニーカーを履かず、1足持っておきたいという方(そう、それは私)にも、 本当にオススメです〜! >> NewBalance公式サイトはこちら>>>no.152 Natsuki Instagramはこちら♡♡美女組No.152 Natsukiのブログ
  • ロマンティックとリアリティの両方を追求する新進ブランドが多数 2 BURBERRY リカルド・ティッシによる新生バーバリー。「キングダム」と題し、あらゆる世代に服を提案3 CHRISTOPHER KANE 「Sex in Nature」がキーワード。ビッグビジューのトップスとデニムの組み合わせが新鮮4 ERDEM ドレスアップすることで心が解き放たれるパワーに注目。華やかなヴィクトリアンドレス5 HOUSE OF HOLLAND パフォーマンスウェアとストリートウェアの融合を実現。ジャケットにテクニカルベストを6 JW ANDERSON 軽やかなストライプドレスにレースの襟を。彫刻家リンダ・ベングリスにオマージュを捧げて7 MARGARET HOWELL シャツを軸にスポーティなフィーリングを取り入れた。カーキのショートパンツがキュート8 MARY KATRANTZOU ブランドデビュー10周年を記念したレトロスペクティブなショー。アーカイブを昇華した9 MM6 MAISON MARGIELA ファッションが持つ社会的責任に言及。チャリティや古着(不用品)がコンセプト10 MOLLY GODDARD マーケットがショーの舞台。アイコニックなチュールドレスは可憐なギンガムチェックに11 NABIL NAYAL 2017年のLVMHプライズ ファイナリストになり注目を集める。ヴィクトリア朝が着想源12 NATASHA ZINKO ラングラーの協力のもと、ヴィンテージデニムを再構築。サステイナブルなモードを提案13 NICHOLAS KIRKWOOD ロンドンで初となるショー形式の新作発表。TVをモチーフにデジタル時代の反骨精神を表現14 PORTS 1961 夏の開放的なムードを反映。カラフルなチェックにワークパンツを合わせてイージーに15 REJINA PYO ノスタルジックなポルカドットのドレスで甘い夢を。美しい混沌をファッションに託して16 RICHARD QUINN ファーストルックはオールブラックのドレス。プリントを得意とするブランドの新境地を見せた17 ROKSANDA ベルトを巻いたオーバーサイズのブレザーがキーアイテム。エレガントな日常着が揃う18 SIMONE ROCHA デザイナー自身のルーツである中国に思いを馳せて。清王朝の女性のプリントや刺しゅうが登場19 TOGA サイクリングパンツにロココ調のプリントを。世界の都市で目にするさまざまな情景を取り入れた20 VICTORIA BECKHAM ブランド創立10周年を記念して、初めて祖国でショーを開催。モダンウーマンのための服
  • アーティスティックなアプローチに磨きがかかり、個性豊かな提案が際立った 2 ADEAM アディアム流ナイトクラブ・スタイルはオフショルダーに男前ベストというミックスマッチ3 ANNA SUI ブロケードのセットアップに南国風のシャツドレスをイン。異国情緒漂う独自ワールドを展開4 CALVIN KLEIN 205W39NYC 映画『ジョーズ』(’75)と『卒業』(’67)に着想。遊び心あふれるアメリカン・アカデミックスタイル5 CLAUDIA LI 初ランウェイは故郷のニュージーランドに思いを馳せ、軽やかなリアルクローズを発表した6 COACH 得意のプレーリードレスはヴィクトリア風に進化。モカシンとフリンジバッグで味つけ7 ECKHAUS LATTA タイトなTシャツドレスなど90年代的アイテムをアーティなアプローチで洗練させた8 KATE SPADE NEW YORK ニコラ・グラスによる初コレクションは、ラベンダーやピンクで大人に似合う"可愛い"を描く9 LONGCHAMP スエードやフリンジ、パイソンを多用し、リュクスなウェスタンワードローブが続々登場10 MARC JACOBS ロマンスあふれるショーにはとろける質感のコートなどリアルに使えるアイテムも満載だ11 MARYAM NASSIR ZADEH アヴァンギャルドなウェアと相反するモダンでシックな靴とバッグの提案が粋12 MICHAEL KORS COLLECTION 世界のビーチに着想。ファーストルックのトロピカルプリントが陽気なムードを誘う13 MILLY NY流ネオンカラーは、スポーティかつエフォートレスな気分で取り入れたい14 MONSE ロープモチーフを主軸に定番服を再構築。サンダルはドクターマーチンとのコラボ15 PRABAL GURUNG ネパールのタルチョを彷彿とさせるカラーパレットをロング&リーンなシルエットにのせた16 PROENZA SCHOULER オーバーサイズのリラックス感とマニッシュなムードを携えて1年半ぶりにNYにカムバック17 SIES MARJAN コットンとレザー。異素材のワントーンルックは、新時代のワークスタイルを示す好例18 TELFAR 熱狂的なファンを獲得しているテルファーはストリートヴィンテージな究極のリアルクローズ19 TIBI マスキュリン&フェミニンをテーラリングとパステルカラーで軽やかに表現20 TOM FORD トム フォードウーマンはクロコダイルのセットアップとレースをミックスし、力強く歩く21 TORY BURCH メンズライクなシャツの上に、フリルのロングドレスを重ねた、意表をつくスタイリング22 ULLA JOHNSON NYのガーリーを牽引するウラ ジョンソンは南米のエキゾチックなテイストを取り入れた
  • おしゃれなスタイルでワクワクさせてくれる人気スタイリスト辻直子さん。彼女がこの冬、訪れたのはのドイツ・ベルリン♡ ギャラリー・美術館巡りを中心にアクティブに過ごした5日間の旅のワードローブを拝見しました! 【スタイリスト辻直子さん】 "らしさ”のあるセンスあふれるコンサバかつモダンなスタイリングが絶大な支持を得る。本誌連載をはじめブランドディレクションなど多方面で活躍。旅先のファッションも、目的に合わせた自分らしいスタイルが素敵!色、素材、フォルムで余韻を残すワードローブDay1 ブライトカラーニットを主役にショッピングへ メンズを中心にいろいろなお店を回りました。ヨーロッパの街は石造りで落ち着いているので、派手なものが着たくて。多色使いのニットに赤いバッグ、デニム合わせでカジュアルにまとめました。Day2 夜遊びは軽快に。毛皮×Tシャツが定番 夜遊びの予定がある日は、軽快なスタイルで。アウターを脱いだらTシャツという、なんてことない格好が好きです。ショートボトムにニーハイブーツでアクティブに。色はシックな黒でまとめます。Day3 肩ひじ張らないニットワンピでディナー ディナースタイルは、一緒に行く友人の雰囲気に合わせることが多いです。この日はあまりドレッシーにする感じではなかったので、ニットワンピースで。色や足もとのパールで華やかさが出るように。Day4 歩きやすさを重視してギャラリー巡り ギャラリーや美術館を巡る日には、着心地のいいニット×レギンス、足もとはヒール太めのブーツを。グリーンのファーブルゾンは羽織るだけで雰囲気が出るから、シンプルなスタイルにもぴったり。Day5 街歩きのときはラフだけど印象的な柄アウターを ほかの日とは少し違ったテンションで、インパクトがあるものを着たくて選んだアウター。どこかメンズライクで存在感のある柄が気に入っています。そのぶんボトムは極シンプルにスリムな黒パンツを。Column コートを着込んでも映える耳まわりのジュエリーを多めに コーデに合わせてジュエリーも替えたいので多めにセレクト。耳もとのジュエリーをはじめ、半袖になったときポイントになるバングルも必ず。ネックレスは、ニットの上にできるものを。撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 ※BAILA2019年1月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND