アクティブシーンに活躍する! 初夏の【コンバース】

HAPPY PLUS ONE
コーデに困ったらとりあえず【コンバース】、見慣れた相棒は初夏もスタメン。
バランス良く着地させる程良い足元のボリューム感

1/3

週末のお出かけはきれいめな白のローカットで

2/3

夏に向けて浮き立つ気持ちに寄り添うブルーのハイカット

3/3

バランス良く着地させる程良い足元のボリューム感

シンプルなチノパンに、淡いトーンのラベンダーTシャツをオン。どこか女らしい印象が加わって、魅力的な大人カジュアルに。定番【コンバース】も、初夏はナチュラルな色味がふさわしい。
週末のお出かけはきれいめな白のローカットで

オフィスコーデに映えるきれいめな白パンツも、【コンバース】を合わせるだけで週末仕様に。さわやかな白をベースに、ハンサムなカーキと上品なゴールドを効かせてニュートラルな装いに。
夏に向けて浮き立つ気持ちに寄り添うブルーのハイカット

みんなと差がつく【コンバース】のセレクトで、初夏ならではのカラーパレットを楽しみませんか? 爽やかなブルーに合わせたデニムシャツに、フレアスカートの普段着コーデも脱・無難。
週末に欠かせないカジュアル感が今っぽさにつながって。
関連記事
  • 冬の着こなしにラグジュアリーな彩りを加える、大人のかわいげを備えた人気ジュエリーが集結。エクラプレミアム初登場、モデル・亜希さんのハッピー感とともにお届け!『MARIHA』印象的な繊細さをもつ女性らしいジュエリーがニットスタイルを格上げパリ在住の日本人デザイナー、上田真理絵さんが2006 年にスタートした『MARIHA』。日本古来の 「花鳥風月」をテーマに、繊細で女性らしい感性を生かしたジュエリーが人気を集める。 ホワイトゴールドとイエローゴールドのコンビが美しい、"輝くしずく" シリーズをピックアップ。(右)輝くしずくネックレス モチーフの中央に高さを出し立体的に仕上げたしずく形のトップは、ダイヤモンドをすき間なく敷き詰めた繊細なラグジュアリー感が秀逸。45cmに設定されたチェーンは、胸もとをきれいに見せるように計算された長さ。 (左)輝くしずくリング インドの照りつけるキラキラとした太陽の光を表現した、輝くしずくリング。ネックレストップと同サイズのダイヤモンドモチーフと、イエローゴールドのリング部分のコンビネーションが、とびきり印象的な一点。MARIHA 輝くしずくネックレス ¥128,000+税MARIHA 輝くしずくリング ¥146,000+税Room no.8×eclat カシミヤホールガーメント ¥44,000+税『GEORG JENSEN』コンテンポラリーな雰囲気のシルバージュエリーは今の気分にぴったり!1904年、デンマーク・コペンハーゲンで創業以来、アール・ヌーボーの流れを継承する傑出したデザインで、世界中を魅了しつづける『ジョージ ジェンセン』。 今回、エクラが選んだのは、デザイナー、ジャクリーヌ・ラバンによる"オフスプリング"コレクション。 ジョージ ジェンセンらしいモダンな世界観を満喫したい。ニット¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥32,000/ビームス ハウス 丸の内(エーケー ワン)(右)オフスプリング ネックレス 生命誕生の象徴であるエッグシェイプのリングがつながる有機的なデザインのネックレスは、母と子の強い絆がデザインソース。冬服に映えるシルバーのクールな輝きと曲線の柔らかい印象が、絶妙にマッチして。 (左)オフスプリング イヤフープ エッグシェイプをエレガントなオーバルモチーフに進化させたモダンなイヤフープ。なめらかなラインを描くデザインは、表情を優しく見せてくれる効果大。 軽い仕上がりで、長時間つけても疲れない点もうれしいかぎり。GEORG JENSEN オフスプリング ネックレス ¥80,000+税GEORG JENSEN オフスプリング イヤフープ ¥24,000+税『La Soeur』ひと粒でこの存在感! ドロップのような天然石が顔まわりを美しく演出フランス語で "姉妹" を意味する『La Soeur』は、姉妹デザイナーのMIKAとTOMOKO によるハンドメイドのアクセサリーブランド。こまやかかつ力強いディテール、優雅でしなやかな動きのあるデザイン、日本人の肌を美しく見せる色使いが特徴的。ニット¥36,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)ラージティアドロップピアス 透明感のある天然石を使用したティアドロップ形ピアス。石はどの角度から見てもキラキラと輝くようオリジナルカットを施している。大人の女性向きに、存在感のあるサイズとシェイプを採用したエクラ別注商品。La Soeur×eclat ラージティアドロップピアス ¥16,000+税『PHILIPPE FERRANDIS』肌に上品な輝き、着こなしに軽やかさを添える、白蝶貝ジュエリーをひとつフランスモード界において、多くのセレブたちから絶大な支持を集めるデザイナーのフィリップ・フェランディスによるブランド。代表作のひとつといわれる"ミスカメリア"シリーズから、肌をトーンアップして見せる白蝶貝をチョイス。(右)カメリアリング、(左)カメリアイヤクリップ エレガントなカメリアをモチー フにした、サイズが調整できる仕様の大ぶりのリングと、イヤクリップ。しっくりと肌になじみながらも、上品な輝きをそっと添える白蝶貝は、重くなりがちな冬のコーディネートを一気に軽やかに見せる効果も絶大。PHILIPPE FERRANDIS カメリアリング ¥17,300+税PHILIPPE FERRANDIS カメリアイヤクリップ ¥14,900+税『LiniE』唯一無二のストーンがお守りみたいに力をくれる ! アシンメトリーな天然石リング自然、人、時間をつなげる、"線" という意味をもつ、ジャパンブランドの『LiniE』。 内包物のある唯一無二の天然石を使い、大胆なデザインのジュエリーを展開。アシンメトリーな天然石が特徴的な3色のリングのうち、ローズクォーツはエクラ別注。シャツワンピース¥46,000/アパルトモン 青山店(マラケシュ ライフ)(上)ホワイトオパール、(左上)ローズクォーツ、(下)ブラックゼブラ アメリカ南西部・砂漠地区の風をイメージした "Air Ring" シリーズ。着用時に大ぶりの天然石が指の中央から少しずれるよう、あえて石枠をずらしてセッティング。素材はイエローゴールドとシルバーのコンビ。手持ちのリングとの重ねづけも自由に楽しめる一点に。熟練の宝飾職人がひとつひとつ手巻きを施した繊細な石枠にも注目して。LiniE×eclat Air Ring(ローズクォーツ)¥72,000+税LiniE×eclat Air Ring(ホワイトオパール、ブラックゼブラ)各¥63,000+税撮影/五十嵐隆裕(SIGNO) 西原秀岳(TENT) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 モデル/亜希 取材・文/磯部安伽
  • 地味すぎたり、男前すぎたり、貫禄が出すぎてしまったり・・・働くアラフォーのジャケットコーデって難しい・・・。もっと女らしく、もっと素敵にジャケットを着こなすテクニックをジャケットコーデ記事ランキングでチェック!【1位】チェック柄ジャケット×デニムパンツコーデ 今季絶対欲しいチェックジャケット。ブラウンベースでさらに旬度高めを狙って。Tシャツ+デニムに合わせるだけでサマになる便利さは見逃せない。▶秋の気分を味わうなら、まずはトレンドの「チェック」アイテムを投入して!【2位】ジャケット×艶ブラウスコーデ 秋の気分を先取りできるうえ、注目のチェック柄と相性のいいテラコッタブラウン。繊細なギャザーは華やかなうえ、肌に張りつかず快適。▶いま狙うべきは秋のトレンド「艶ブラウス」。 買い足すべき4つの理由とは?【3位】ジャケット×薄手カラーニットコーデ ハンサムな女性像へ導くくすみピンク×インディゴカラーのデニムパンツ。長め丈のジャケットをさらりと肩がけし、きれいめ仕上げに。▶体がきれいに見えて気分が上がる「最旬ニット×デニムコーデ」。今年のBest3はこれ!【4位】ネイビージャケット×ロングチノスカートコーデ 薄い色みのカーキと深みのあるネイビーの組み合わせは、上品さの香り立つ大人配色。ロングチノスカートで今っぽさを確保しつつ、小物で随所に白をさして、軽やかさも演出。▶“シンプルだけど素敵”な配色は「カーキ×ベーシックカラー」!【5位】ジャケット×パイソン柄ブーツコーデ パイソン柄はやや難易度の高いアイテムだけど、うまくはまるとそのおしゃれ効果は絶大! パイソン柄と同系色のワンピースでなじませて、ジャケットを羽織ればかっこいい大人のフェミニンスタイルが完成。▶黒ブーツの次に投資するなら? おしゃれに差がつく「格上げブーツ」4タイプ【6位】ジャケット×パンツコーデの旬度をUP トラッド指数の高いチェックパンツも、なじみやすいグレーベースと足首がのぞく丈感なら、マニッシュすぎず着こなしやすい。足もとも、コンサバなフラットパンプスではなく男靴にシフトして、より旬度を上げて。▶秋の新定番「細身くるぶし丈パンツ」はフェミニンに着るのが今の気分!【7位】旬のダブルジャケット×ブラックデニムコーデ 締め色・黒とほっそりラインの強力タッグが、今年らしいジャケットをすっきりバランスよく仕上げて。▶プロが断言! この秋、デニムは“ブラック”がいい理由【8位】ブラウンジャケット×ワイドパンツコーデ ジャケットはシックなブラウン地にブルーの繊細なヘリンボーン柄ストライプの配色。ネイビー×パープル配色に、ブルーストライプがネイビーになじむジャケットで、秋色コーデが完成。▶働く日のワードローブに使える!薄軽パープルニット×ネイビーパンツで着まわし3Days【9位】キャメルのテーラードジャケット×タイトスカートコーデ タイトスカートでコンサバにキャメルのテーラードジャケットを着こなす。スカート以外は同系色で品よくまとめ、優しげに。▶「キャメルのテーラードジャケット」が一枚あったら、どんなシーンも今っぽいムードに決まる【10位】ベージュのダブルジャケット×パンツコーデ ジャケットのインにソフトな表情のグレータートルを配し、上品なキャメル小物を加えるニュアンスカラーの着こなし。▶好感度の高い「ベージュのジャケット」を着回し! 秋の“きちんとキレイな通勤コーデ”【11位】ジャケット×きれい色スカートコーデ 濃い色を使わず、ターコイズグリーンのスカートでフレッシュさを加えたクリーンな配色コーディネート。きちんと感も与えたいので端正なジャケットはマスト!メンズライクなジャケットがあれば、甘いスカートも配色もキレよく仕上がる。▶気の流れがよくなる最強きれい色コーデで運命の出会いを引き寄せて【2018/9/19コーデ】【12位】紺ジャケット×デニムパンツコーデ デニムと紺ブレのコーデ。夏は白のTシャツを合わせるけれど、季節的にもちょっと秋めいた雰囲気にしたくてインナーをボウタイブラウスにシフトしてみる。ウール、デニムとの異素材合わせでダークトーンに奥行きを与えて。▶インナーを白Tシャツ→ボウタイブラウスにチェンジして秋モードに【2018/9/2コーデ】【13位】ジャケット×グレーパンツコーデ ブラウン系ジャケットのインにはワントーン濃いめのブラウンのハイネックブラウスで引き締めて。グレーパンツにもブラウンにもなじみがいいグレージュの小物で、抜け感を出せば、粋な印象に仕上がる。▶コーヒーブラウンの大人ブラウスで上質感が漂うオフィスコーデに【2018/10/1コーデ】【14位】ブラックジャケット×タイトスカートコーデ 確実にきちんと見えるブラックのジャケットをチョイス。Vカラーはテーラードよりも柔らかくフェミニンな印象になるのがお気に入り。インはニットとスカートをベージュでつなげることで、全身がすっきりバランスよく見える。▶まろやかベージュトーンにしなやか黒ジャケットで小粋なコーデに【2018/10/18コーデ】【15位】ノーカラージャケット×ガウチョパンツコーデ ノーカラージャケットとリブのボートネックの組み合わせは、顔まわりをすっきり見せるバランスがお気に入り。シンプルでも寂しく見えないよう、白パールのネックレスを襟もとになじませつつ、立体感をプラスしてみて。▶終日会議三昧の日は脚のむくみが気にならないガウチョパンツコーデで【2018/9/20コーデ】※2018年8月7日~2018年11月30日集計 ※商品は販売終了している場合があります
  • 気持ちよく晴れた日曜日! 大学時代の仲間のフットサルチームを応援に日差しが暖かくて、絶好のフットサル日和に! 今日は、アウトドアでも冷えないレイヤードで。ゆるっとしたシルエットは、ダークなワントーンでシャープにまとめるのが気分。カジュアル小物ではずして、こなれた雰囲気を出してみた!  応援の帰り、イツメンで夜ご飯に。みんなで鍋を囲んで、思い出話に花が咲いた♪カーディガン¥39000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) ワンピース¥40000/デミルクス ビームス 新宿(アイロン) ブラックデニム¥19000/ゲストリスト(レッドカード) 帽子¥5600/中央帽子(ザ ファクトリー メイド) 靴¥70000/シジェーム ギンザ(ジョシュア サンダース) バッグ¥16000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン)【今月のPROFILE】 webデザイン会社の企画営業として、デスクワークに外回りにと多忙な毎日を送る33歳。この夏、長年つきあっていた彼と別れ、今はシングル生活を満喫中。趣味はスポーツ観戦。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【ざっくりカーディガン】 コクーンフォルムで、インに重ね着してももたつかない。Vネックでシャープに。¥39000/ショールーム  セッション(サヤカ デイヴィス) 【ロングワンピース】 袖と裾にギャザーを寄せて。とろみのある素材は、インナーの厚みを拾わずすっきり見える。¥40000/デミルクス ビームス 新宿(アイロン)【黒スキニーデニム】 黒でキレよく。のっぺり見せないさりげない色落ちが◎。¥19000/ゲストリスト(レッドカード)「今月のおすすめの着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 気になる商品の画像をタップ♪【関連商品】marjour FEATHER KNIT CARDIGAN ¥7,407+税【関連商品】GALLARDAGALANTE ジェームスコンビワンピース ¥28,000+税撮影/魚地武大(物)〈TENT〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 取材/久保田梓美 文/衛藤理絵
  • 人気ブランドで今、売れているのは“体がきれいに見える”デザイン!今売れているのは“とにかく体がきれいに見える”ワンピース。スタイルよく見せたいですもんね♬ でも「それだけじゃない」っていうのが、実は売れている理由。きれいに見える+αな、スゴいワンピが続々登場してます!❤︎"コーデしてる風"がかなうドッキングワンピ❤︎ニットとスカートのワンツーっぽく見えるドッキングワンピースは“映え”も完璧だから、着なくちゃ損!「今冬はニット素材のジャンスカ、ドッキングワンピの売れ行き◎。腰高に見えたり、縦にストンと落ちる長め丈に人気が集中しています」by『ミラ オーウェン』プレス友井めぐみさん可憐な素材感をモノトーンにした甘辛バランスがちょうどいい。ふわふわと起毛感のある黒のクルーネックニットに、白×小粒ドットのプリーツスカート。ワンピースだから着るだけ、なのに計算されているかのような美バランス。ニットと同素材の太めベルトでウエストマークもばっちり。ワンピース¥14800/ミラ オーウェン 靴¥29000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) バッグ¥15800/ショールーム セッション(ヤーキ) ピアス¥3000/アクテ 靴下¥500/タビオ(靴下屋)可愛げのある淡色配色をふわピタシルエットで満喫して。優しげな白と優しげなラベンダー。いつもより女の子らしさを高めたい12月に最適♡ワンピース¥38000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) 靴¥45000/FUN Inc.(チェンバー) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥9000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) ストール¥1990/アメリカンホリック旬色のフィット&フレアは、なんと前後着用できる2Way! 広くて浅いラウンドネックとカーデ、ふたつの印象が楽しめるリブニットとゆるプリーツのコンビ。ピーコックグリーンと水色の上級配色も、鉄板のモテシルエットなら等身大で着こなせる。ワンピース¥13000/ココ ディール ジャケット¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店 靴¥18800/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(レメ) バッグ¥18800/ショールーム セッション(ヤーキ)❤︎ひとつ上の女っぽさ Xラインのシャツワンピ❤︎抜き衿ができるゆとりのある上半身にキュッとくびれたウエスト、そして優雅に広がるスカート。理想的な洗練感とメリハリを与えてくれる一枚。「チェック柄やニット、コーデュロイに人気が集中。生地に温かみがある分、デザインは女性らしく、体がきれいに見えるものを選ばれるお客様が多いです」by『プラステ』プレス 比護つばささん細畝コーデュロイで“冬らしさ”も抜かりなく♡ 全体が明るく品よく映るグレージュ。ゴム入りのウエストでブラウジングをするとXラインが際立つ。気軽に洗濯機洗いが可能!ワンピース¥9990/プラステ 靴¥32000/TOMORROWLAND(TOMORROWLAND BV) バッグ¥17800/ロードス(トーヴ) ピアス¥18000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ストール¥23000/ビショップ タイツ¥800/タビオ(靴下屋)パリッとしたベージュは着くずしてもきれいめ。はりのある生地とハイウエストで結んだベルトが描く上品なXライン。今どきなタートルトップスとのレイヤードにも上手にフィット。ワンピース¥21000/マイカアンドディール 恵比寿本店 中に着たニット¥6800/フリークス ストア渋谷 靴¥54000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥59000/八木通商(ダニエル&ボブ) 帽子¥4000(ソルバッティ)・バングル¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店 靴下¥1600/ブロンドール 新丸の内ビル店揺れ感たっぷりのイレヘムがチェックをエレガントに昇華。グリーン×ネイビーのトラッドなチェック柄と、優雅なイレヘムデザインの新鮮な組み合わせ。リボンで絞られたウエストからの美しいドレープで、スペシャルな雰囲気に。ワンピース¥27000/エリオポール代官山(エリオポール) 手に持ったブルゾン¥13000/ココ ディール 靴¥23000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥23000/ピーチ(ヴィオラドーロ) タイツ¥800/タビオ(靴下屋)❤︎おしゃれな人になれる ジャンパースカート❤︎ミニマルな形&ミモレ丈で大人っぽく進化し、定番トップスに合わせるだけで上級者なムード。“子供っぽい”、“カジュアルすぎ”はもう過去の話!女子会で着たいのはこんなこなれ見えチェック。Iラインが引き立つラップ風デザインで、スタイリッシュに仕上げたブラウンベースのチェック柄。フロントの生地の重なりや、アシメトリーな裾がおしゃれなアクセントに。ジャンパースカート¥21000/フレイ アイディー ニット¥1490/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい 中に着たカットソー¥8500/ボウルズ(ハイク) 靴¥74000/TOMORROWLAND バッグ¥19000/デミルクス ビームス 新宿(ジャンニ ノターロ) イヤリング¥11000/シップス 渋谷店ちょいモードな雰囲気が、女子ウケ狙いの日に◎ 上級者が気取れるアシメトリーデザイン。ジャンパースカート¥68000/シップス 渋谷店(サヤカ デイヴィス) ニット¥13800/ビショップ(モリス&サンズ) 靴¥46000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ) バッグ¥8300/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(リラキャンベル×ナノ・ユニバース) ピアス¥7800/リフラティ シップス ルミネ横浜店 靴下¥600/タビオ(靴下屋)合わせ方次第でオンオフOK! Vあきのタイトめシルエット。大きめの前ボタンがアクセの役割も担ってくれる。ジャンパースカート¥16000/シュガー・マトリックス(ストロベリー フィールズ) ニット¥5990/イェッカ ヴェッカ 新宿 靴¥36000/リーガル コーポレーション(リーガル) バッグ¥31000/ジネス ペリエ千葉店(イアクッチ) メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥32000/UTS PR(ディス) 靴下¥600/タビオ(靴下屋) ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/来家祐介(aosora) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/石田 綾
  • 秋も深まりおしゃれが楽しい11月。コートなどのアウターやニットがそろそろ欲しい季節。この秋冬選ぶべきアイテムやおすすめのコーディネート、定番のオフィスコーデ記事などがランクイン!平成最後の11月に人気だった記事を総まとめ。【1位】ネイビーが戻ってきた!おしゃれプロがキープしたこの冬の「本命コート」清潔感と上品さならネイビーに勝るものなし。グレー系やブラウン系のトレンドを経て、今季はネイビーを指名買いする人多数。長め丈でシックに着られるものが人気。▶記事の詳細はこちら【2位】「私たち本気で狙っています!」マリソルスタッフのお気に入りアイテム表面を叩いたような質感が、モダンな印象を放つジュエリー。シックで深みのある色合いが魅力のラピスラズリとオニキスだから、カジュアルを大人っぽく仕上げてくれる。▶記事の詳細はこちら【3位】 今シーズンの相棒はどれ? 秋冬のおしゃれを託す新作コートノーカラーのジップアップデザインで、ダウンの量やステッチの入り方が計算されているためボリューム感が出すぎずすっきり着られる。もちろん素材はダウンだから暖かさは十分。レーススカートと合わせた、こんなフェミニンなカジュアルに仕上げるのがおすすめ。▶記事の詳細はこちら【4位】ほっこりさせず、女っぽく仕上げたい!「シャギーニット」を大人はどう着る?体のラインの見え方や配色に気を配り、シャープな女らしさを目ざすことで、ぐっとこなれて見える!ふわふわとした量感が特徴の毛足の長いシャギーニットには動きのあるニュアンスやクリアな色を加え、NOTほっこりに。▶記事の詳細はこちら【5位】今年の冬は改めてダッフルコートが着たい人が続々!大人は「淡色」が狙い目トラッドブームの影響で、大人になった今、改めてダッフルが着たいという声が続々。あえて白やベージュなのど柔らかい色で脱・スクール風に取り入れるのが肝。▶記事の詳細はこちら【6位】アラフォーの肌をきれいに見せてくれる「パープル&ブルーニット」を味方につけて!数あるきれい色ニットの中から、アラフォーの肌をくすませず、ぱっと顔映りのいい寒色系のレンジを編集部が厳選!▶記事の詳細はこちら【7位】一度履いたらやみつき!?より細かいお悩みに応えてくれる高機能なタイツNEWS毎年たくさんの新商品が発売されるタイツ。アラフォーこそ更新が必要です!▶記事の詳細はこちら【8位】デニール別、今こそ買うべき6タイプの「グレータイツ」はこれ!同じダークグレーでも透け感や質感が変われば、まったく違う表情に。▶記事の詳細はこちら【9位】黒ブーツの次に投資するなら? おしゃれに差がつく「格上げブーツ」4タイプ合わせやすく飽きのこないベーシックカラーだけど、ひと味違う女らしさや抜け感が手に入る格上げブーツをベストコーデで紹介。▶記事の詳細はこちら【10位】デニール別万能「ダークグレータイツ」と、その持ち味を生かしたアラフォー的ベストコーデ今年は、昨年にも増して丈の長いボトムがはやっていることもあり、いかにスタイルよく見せるかが大きな課題に。悩み多きアラフォーは何を選び、どう履くべき?▶記事の詳細はこちら【11位】スタイルアップならやっぱりハイヒール!5.5cm以上の走れるパンプス【ベーシックカラー編】スタイルアップ効果を狙うなら、やっぱり5.5㎝以上のハイヒールにかなうものなし。安定感を高めるヒールまわりの工夫やクッションを施した機能的なインソールを狙い撃ち!▶記事の詳細はこちら【12位】体がきれいに見えて気分が上がる「最旬ニット×デニムコーデ」。今年のBest3はこれ!一枚で華やかに着映えするトレンドニットを主役に、旬デニムで着こなしを女っぷり高く盛り上げて!▶記事の詳細はこちら【13位】「レッド~ピンク」のさし色ニットで冬の大人のきれいと華やかさを引き寄せてアラフォーにとって、もう何度目かのトレンドとして迎えるレッドは彩度の高いものの中から、レンジを広く取り入れられるのがいい。さし色を楽しむなら、形はベーシックなタイプを選ぶのも、年齢を重ねた私たちのルール。▶記事の詳細はこちら【14位】投資の価値あり!エレガントな黒ブーツ4選黒ブーツは秋冬コーディネートのマストアイテム。ピンヒールやポインテッドトゥなど女らしいブーツに投資するならこの4足!▶記事の詳細はこちら【15位】スカートに合わせたい“ほどゆる”ミドルゲージニット上半身がきれいに見えるシンプルなミドルゲージニットさえあれば、気になるトレンドボトムに挑戦してもコーディネートがしっくり決まる。今季は身頃にゆとりがあり、少し長め丈ですその位置を調整しやすい"ほどゆる"タイプが使える!▶記事の詳細はこちら【16位】断然使える“ほどゆる”ミドルゲージニットで旬ボトムに挑戦!正統派な黒タートルの袖から見せたのは、繊細な黒のレースブラウス。このさりげないレイヤードが、ほんのり光沢のあるパープルパンツとのエレガントな"つなぎ"としてきいてくる。黒のバレエ靴で甘さもひとさじ。▶記事の詳細はこちら【17位】ショップマリソルで買えます!人気4ブランドのスニーカーナイキ、ニューバランス、アディダス オリジナルス、コンバース。この秋も絶対活躍してくれる4ブランドから、ショップマリソルが選んだ大人のスニーカーをご紹介!▶記事の詳細はこちら【18位】プレゼンや会食、仕事帰りに予定がある日などさまざまなシチュエーションにフィット!M7daysのお仕事スタイルマリソル世代が仕事服に求めるもの――きちんと感、清潔感、ほどよいトレンド感、快適な着心地。「エムセブンデイズフォーオフィス」なら、そのすべてがかなう!ジャケット、パンツ、コートをご紹介。▶記事の詳細はこちら【19位】5.5cm以上ハイヒールを2万円台以下で!走れるパンプスを探せ!【カラー編】マリソル編集長イシダが5.5cm以上ハイヒールを全部試着して、そのはき心地を検証!▶記事の詳細はこちら【20位】ブランドの粋を集めた珠玉の一足!ベーシックな黒ブーツ4選「世界で最も美しい乗馬ブーツ」とも評されるサルトルのアイコン的存在。絶妙なシルエットにバックのクロスベルトがモダン。360度どの角度から見てもパーフェクトな美しさ。▶記事の詳細はこちら※2018年11月集計 ※商品は販売終了している場合があります
  • モテるパターンは一つじゃない。人気モデル二人が全方位モテする9着で12月を駆け抜ける。なりきり着回しスタート!友達と日帰り旅行は楽で盛れる服 プチ旅行は歩きやすいデニムとブーツが鉄板。ならばトップスは色ニットで脱・地味。昨日の動揺から逃避したくて、今日は予定があってよかった。 ちょっと遠出して話題の美術館へ 楽なのにきちんと見えするワンピと知的なトレンチがお出かけの味方。 休日は居心地のいいカフェで考え事 光が差し込む席が一人の時の定位置。前開きカーデをプルオーバーの要領で1枚で着て、いつものスカートスタイルをアプデ。突然スマホに彼から「明日会える?」とメールが。マジで? 他の画像を見る優愛day9  メガネ¥14980/オンデーズ マフラー¥5900/RD ルージュ ディアマン 優子day9  イヤリング¥1500/ゴールディ スカーフ¥1490/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) タイツ¥800/Tabio(靴下屋) 優愛day10  イヤリング¥2600/ゴールディ 優子day10  メガネ¥990/GU 優愛day11  ネックレス¥1490/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) 優子day11  靴下¥500/Tabio(靴下屋) ▶清楚でモテる 優愛のワードローブはコチラ! ▶親しみやすくてモテる 優子のワードローブはコチラ! 先ファーつきショートコート 着こなしにメリハリがつくショート丈は薄い印象に陥りがちな清楚派の味方。ファーは取り外し可能で表情が変化。 ¥42000/Noela ノーカラーロングコート はおるだけで大人っぽく見えるノーカラーコート。色は定番の濃色、丈は膝下が合わせやすくて間違いなし。 ¥19000/ココ ディール ふんわり袖きれい色ニット 清楚=地味にさせないため差し色は必須。袖のボリュームや編み地など今っぽいデザインを選ぶのが正解。 ¥2900/エージープラス 他の画像を見るベージュトレンチコート 定番アウターを新調するなら去年より長めの丈が旬。ドレッシーな雰囲気が◎。 ¥24000/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス)ツイードチェスターコート 男前なチェスターコート。さっと着て様になるからいつでも安心感のある1着。 ¥8324/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス鎖骨見せ色リブニット 広くあいたデコルテが色気を感じさせる。ぴたっとしたリブで積極的に女らしさUP。 ¥5990/バロックジャパンリミテッド(SLY)他の画像を見るモデル/新木優子 新川優愛 撮影/神戸健太郎(モデル) 齊藤晴香(物)ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.・優子) 吉㟢沙世子(io・優愛) スタイリスト/石田綾 撮影協力/フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー web構成/篠有紀
  • ポインテッドトゥのブーツと細身のブラックデニムをつなげればスラリと美脚効果も主役は真っ白なコートなのでインのコーデはニット&デニムで極力シンプルに。ポインテッドトゥのブーツとクラシカルなボックス型バッグでレディ度を高めにエレガンスを匂わせて、姪と両親へのギフト選びにあちこち表参道でショップめぐりを。コート¥82,000(グローバーオール)・デニムパンツ¥19,000(レッドカード)/ゲストリスト ニット¥28,000/リエス バッグ¥110,000/ロンハーマン(ODP) サングラス¥55,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブーツ¥95,000/アルアバイル(ニナ・リッチ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼デニムコーデをもっと見る
  • 本格的な秋が訪れる10月。秋冬に揃えたいトレンドアイテムやファッション記事が勢ぞろい!10月に発売したスタイリスト 村山佳世子さん初のスタイルブック『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』関連の記事もランクイン。平成最後の10月に人気だった記事を総まとめ。【1位】スタイリスト村山佳世子が愛用する「一生もののプチプラ名品」BEST4ロープラブランドではベーシックなものを探すことが多いのですが、ユニクロでは、デザイナーズブランドとのコラボアイテムを毎シーズン欠かさずチェックします。写真右はトーマス・マイヤーのシャツ、左はJ.W.アンダーソンのボーダートップス。「次はどのデザイナーと組むのかな?」とワクワクします。▶記事の詳細はこちら【2位】高さ4㎝前後が秋冬のトレンド。「プチヒールパンプス」カタログプチヒールパンプスの代表ともいえるのが、日本限定で発売されて以降またたく間に人気となったセルジオ ロッシの4.5㎝ヒール「sr YURI」。肌になじむカーキのスエードは真っ先に狙いたい。▶記事の詳細はこちら【3位】ヒールの太さで印象も変わる!この秋一押しの女っぷり「ショートブーツ」レオパード柄も、顔から離れた足もとでなら取り入れやすい。▶記事の詳細はこちら【4位】アラフォーの欲しい!を詰め込んだM7daysの新作トップス&ブルゾンコーデ通勤にも休日にも、とにかく使える!ハイネックブラウス。少し横に広いハイネックが、クラシックな可愛さを演出。しっとりなめらかなスエードタッチが秋らしく、冬にはニットとのレイヤードもおすすめ。▶記事の詳細はこちら【5位】冬の景色に明るく映える優しげなカラーに心酔【おしゃれプロの「自腹買いアイテム」】「どうしてもダークカラーが多くなる秋冬、今年は柔らかで女性らしいきれい色に惹かれています。なかでも私のスタイルのカギとなりそうなのがピンク。グレイッシュだったりこっくり深みがあったり、大人が気負わず着られるトーンが豊富でムートンコートからリブニットまで幅広くキープずみ。デイリーに出番が多そうなダウンやパンプスはベーシックなモノトーンで手堅く」▶記事の詳細はこちら【6位】スタイリスト村山佳世子の「何度でも買い続ける名品」5品これまでに何度くたくたになるまで履いて、何度同じものを買い足したかわからないのが、レペットのバレエシューズ。フラット靴のジジもマイケルも同じくそう。好きすぎて、まったく同じものをリピートする。これこそ名品のあるべき姿だと思うんです。バレエシューズって不思議な靴で、あるシーズンはやったかと思ったら、ぱったり履かなくなるシーズンもあったりして、でも絶対に戻ってくる。そう、それも名品!▶記事の詳細はこちら【7位】実は相性抜群!ときめきが倍増する「カーキ×きれい色」コーデ色みの似たカーキとグリーンはもともと好相性。深みのあるグリーン小物が、カーキワンピースに映えつつ、全体を大人っぽく引き締めてくれる。▶記事の詳細はこちら【8位】今秋、ネイビーを新鮮な気持ちで着こなすなら「ツヤありネイビー」を選んで ツヤネイビーがあるからシンプルカジュアルも女らしく。ほんのりツヤを放つネイビーパンツは、女っぷりカジュアルの強い味方に。▶記事の詳細はこちら【9位】着まわし力抜群!確実に“使える”M7daysの新作ボトムス&セットアップコーデをチェック!レース×ボーダーという大好きアイテムの鉄板コーデ。オフの日には、レーススカートをあえてカジュアルにスタイリングするのもおすすめ。シックなネイビーだからあくまでも上品にまとまるのがいい。ボーダートップスやかごバッグ、フラットシューズでリラックスムードに。▶記事の詳細はこちら【10位】お仕事バッグは肩がけできて収納力抜群の“B4サイズ”がちょうどいい!思わず自慢したくなる高機能。ビジネスバッグのお手本。中にも外にも大小のポケット、キャリーにセットできる仕様など充実の機能性。ポーチ、ストラップつき。▶記事の詳細はこちら【11位】合わせる色の濃淡を選ばないから使える!大人にオススメの差し色「グリーン」「トレンドのアースカラーから派生したグリーンは、こっくりとした深い色を選ぶと、カーキの延長で使えて、取り入れやすいです。黒やネイビーとも相性がいいからふだん色を手に取らない人にもおすすめ。スタンダードな服をグリーンに変えるだけでいつもとちょっと違う自分を楽しめます。」▶記事の詳細はこちら【12位】今年の冬は改めてダッフルコートが着たい人が続々!大人は「淡色」が狙い目GLOVERALLのダッフルコートは、トグルの位置が横ぎみだったり、取りはずし可能なフードにスタッズがついていたり、王道と革新のバランス具合が絶妙!▶記事の詳細はこちら【13位】2万円台以下の“走れる”5センチローヒール【ベーシックカラー編】全体は漆黒のスエード、爪先のみに黒パテントをあしらって輝きをプラス。こちらも流行のキトゥンヒール。▶記事の詳細はこちら【14位】働くアラフォーの強い味方「腰高ワイドパンツ」のシーン別着こなし具体例ライトグレーのベルテッドフルレングスワイドは、ハンサムな女らしさが持ち味。だからこそ、スモーキーピンクのギャザー入り透けブラウスを合わせても甘くなりすぎず、大人にちょうどいいフェミニンスタイルがかなう。流行のファーつきチェーンバッグや、女っぷりのいい黒ヒールサンダルなど、華やかな小物使いで気分を盛り上げて。▶記事の詳細はこちら【15位】アラフォーの体に合うものだけ!「細身くるぶし丈パンツ」の“細見え名品”スニーカーを履く日こそ、パンツできれいめ感をプラス。撚(よ)りを強くかけた二重織素材で、シワになりにくくかつなめらかな肌ざわりに。ゴムパンには珍しい、豊富なサイズ展開も魅力。▶記事の詳細はこちら【16位】スタイリスト村山佳世子が提案!「大人の名品の楽しみ方」3選もうずいぶん前から、マルジェラは大好きなブランド。エッジのきいたモードなデザインも素敵ですが、シンプル好きの私はもっぱらベーシックなお洋服を選んできました。ですから、つま先が割れた、文字通り「足袋」のようなTabiシリーズが出てきた時、「わ~すごい!」と思いながらも、すぐに飛びつくことはありませんでした。でもそこに、このバレエシューズタイプとの出会い。迷わず白を買いました。いつものバレエシューズと同じ感覚で、いろんなコーディネートに合わせられます。でもそこに必ず、ちょっとした「遊び」が生まれる。この唯一無二の抜け感、Tabiシューズは「新しい名品」と言えそうです。▶記事の詳細はこちら【17位】秋のオフィススタイルはおまかせ!M7daysの新作トップス&ジャケットこれぞ秋冬ワードローブの影の主役! ジャケットのインに、一枚で、週末にはデニムと合わせて、とヘビロテ確実。ネック部分をゆるく編み上げてあるので、首が締めつけられず快適。▶記事の詳細はこちら【18位】リッチブランドのチェーンバッグでエレガントに昇華【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】「これさえあれば」の鉄板バッグは、優しげなキルティングに人気集中!ごくカジュアルなコーデも、サンローランのショルダーでぐっとクールモードな印象に。▶記事の詳細はこちら【19位】1点でスタイルが決まる。2018年秋、ハイブランドのアイコンバッグおしゃれを更新してくれる素敵なバッグが続々と登場!見ているだけで心躍る、ハイブランドから届いた新作アイコンバッグ。一点で持つ人の女性像そのものを決定づける、その存在感はやはり格別。▶記事の詳細はこちら【20位】上品見えも細見えもかなう! 3大人気ブランドのブラックデニム×秋の最旬コーデインディゴよりもきれいめに着こなせて、ほっそり見えると評判のブラックデニムが、この秋おすすめ!よく伸びてよく戻る、新開発のストレッチ素材を使用しているので細身シルエットもノンストレス。さらにももまわりの色落ち加工が脚を立体的に見せてくれる。すっきりとした横顔だからオーバーサイズのシャツと合わせてもスマート。▶記事の詳細はこちら※2018年10月集計 ※商品は販売終了している場合があります
関連キーワード

RECOMMEND