【ベージュのワントーン】地味なひと、にならないために。

HAPPY PLUS ONE
洗練と地味は紙一重。だから知りたいスタイリングのコツ!
【気負わない休日服】ミニマムに散りばめた黒小物が肝

1/3

【夏のお出かけ服】さりげないベージュの濃淡や素材感で差をつけて

2/3

【ベージュでもオフィス映え】シックなブラウン合わせ

3/3

【気負わない休日服】ミニマムに散りばめた黒小物が肝

ワークテイストのラフなチノパンに、女らしいシャツをコーディネート。黒で揃えた小物とさりげないウエストマークで、メリハリとリュクスなムードを引き寄せて。
【夏のお出かけ服】さりげないベージュの濃淡や素材感で差をつけて

ワントーンとは言え、トップスに一段濃い色を入れてメリハリを意識。ラメのニットにコットンスカートを組み合わせ、素材感でも奥行きを出すとのっぺりして見えません。
【ベージュでもオフィス映え】シックなブラウン合わせ

白よりも自然で軽快、好感度も高いベージュはオフィスでも活躍! 逆三角形のシルエットが上半身をすっきり見せ、二の腕もさりげなくカバーしてくれるベージュシャツ。シックなブラウンのパンツと合わせることで、細見えの相乗効果を狙えます。
一歩間違えると肌着に見えそうな【ベージュのワントーン】は、メリハリをつけることが大事!
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND