【ベージュのワントーン】地味なひと、にならないために。

HAPPY PLUS ONE
洗練と地味は紙一重。だから知りたいスタイリングのコツ!
【気負わない休日服】ミニマムに散りばめた黒小物が肝

1/3

【夏のお出かけ服】さりげないベージュの濃淡や素材感で差をつけて

2/3

【ベージュでもオフィス映え】シックなブラウン合わせ

3/3

【気負わない休日服】ミニマムに散りばめた黒小物が肝

ワークテイストのラフなチノパンに、女らしいシャツをコーディネート。黒で揃えた小物とさりげないウエストマークで、メリハリとリュクスなムードを引き寄せて。
【夏のお出かけ服】さりげないベージュの濃淡や素材感で差をつけて

ワントーンとは言え、トップスに一段濃い色を入れてメリハリを意識。ラメのニットにコットンスカートを組み合わせ、素材感でも奥行きを出すとのっぺりして見えません。
【ベージュでもオフィス映え】シックなブラウン合わせ

白よりも自然で軽快、好感度も高いベージュはオフィスでも活躍! 逆三角形のシルエットが上半身をすっきり見せ、二の腕もさりげなくカバーしてくれるベージュシャツ。シックなブラウンのパンツと合わせることで、細見えの相乗効果を狙えます。
一歩間違えると肌着に見えそうな【ベージュのワントーン】は、メリハリをつけることが大事!
関連記事
  • ハッとするイエロースカートには落ち着いたダーク系Tシャツで大人っぽく仕上げてみる※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます夏がよくお似合いなアクティブイエローのスカートには、引き締め色のダークグレーのTシャツと合わせてバランスをとるのが大人の着こなし。単なるシンプルコーデにならないよう、デザイン性の高いかごバッグや帽子、シャイニーなシルバー靴を投入して週末コーデのアクセントに。気になる彼とのデートも盛り上がるといいな。Tシャツ¥21,000/アパルトモン 青山店(マディソンブルー) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) 帽子¥52,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バングル¥9,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ヨキ) バッグ¥28,000/アルアバイル(アラナス) 靴¥24,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • \週末限定『送料無料』&『タイムセール』のWキャンペーン実施中!/ 定価の商品はもちろん、タイムセールのお得商品を買っても送料無料です♪♪ 今回は、そんな超お買得期間に狙いたい『今買って大活躍してくれるトレンドワンピース』をご紹介します!   \細かいところまでかわいい1枚/ BLUEBIRD BOULEVARD /ボーダーリネンドレス(フレンチ)/¥40,000→¥36,000+税(10%OFF) おしゃれ賢者がこぞって着ているワンピース。 リネンのワンピは沢山ありますが、これは素材、デザインどれをとっても買うだけの価値がある、すばらしくかわいい1枚! ざっくりしたしっかり感のあるリネン素材は、ぺらぺら感がなく安心して1枚で着られます。 細ボーダーが夏らしいさわやか感も演出。 ブランドの象徴でもある大きめバックルの共布ベルトが、ウエスト位置を高く見せてくれスタイルアップ効果も。 ベルトの端にブランドロゴが刺繍されているのも、かわいいです。 後ろ姿も抜かりなく、深めにあいたスリットが女っぷりをあげてくれます! これは絶対に本SALE期間にはなくなっています! ちょっとお得に買えて、これから着るチャンスが沢山ある今、絶対に手に入れておきたい1枚です!! カラーは、ブルー、ホワイト、レッドの3色。 在庫少なくなっていますので、是非お早めにゲットしてください!       \黒ワンピは初秋まで使える!/ ne Quittez pas /CTN VOIL EMB SLEEVELESS DRESS/¥16,000→¥14,400+税(10%OFF) 綿100%の夏らしい1枚。 ブラックのマキシワンピースは、いまから初秋まで大活躍してくれる1枚です。 買って損なし!! そしてこのワンピースはなんと言っても胸元の刺繍がかわいい♪ 全身真っ黒だとちょっと重たくなりがちですが、胸元に刺繍があることで華やかかつ、ちょっと軽く見えるのも嬉しいポイント。 真夏のワンピースは意外とノースリーブのほうが上から羽織りやすく、出番も多いハズ。 本当に使えるワンピースも、今なら10%OFF&送料無料です!!       \羽織にもワンピとしても大活躍/ M7days/前開きシャツワンピース/¥23,000→¥18,400+税(20%OFF) 1枚持ってると活躍してくれるシャツワンピース。 今年らしさのポイントは、シャツ襟よりしゃれ感が出るバンドカラー。 前ボタンを大きくあけて、後ろに抜いて着るとこなれ感が演出できます♪ 長めな丈も今っぽく、羽織ってもよし!ボタンをとめてワンピとしてもよし!なコーデの幅が出る1枚です。 共布リボンがついているので、ウエストでブラウジングすれば、カジュアルからきれいめにも大変身。 年中活躍してくれるシャツワンピース、今なら20%OFF&送料無料です!!       \着るだけで女っぷりがあがるプリント/ SACRA/FLOWERS/¥36,000→¥28,800+税(20%OFF) フェミニン派の人、必見です!!! 絶妙な大人かわいいプリントがすてきなSACRAの大・大人気ワンピースが今なら20%OFFです!! これは買いです。今がチャンスです! 清涼感あふれる薄手生地にフラワープリントをのせた、旬フェミニンなワンピース。 バックヨークの切り替えギャザーと両サイドを共生地リボンで絞るドロストがアクセントになって、品良く可愛く決まります。カーディガンなどの羽織り物とも好相性。 黒ベースなので甘くなりすぎず、合わせる小物によっては秋まで着られるお得な1枚です♪       いかがでしたか?? 絶対にこのチャンスを逃したくないWキャンペーン! 買うならこれからたくさん着られる&今年らしいワンピースがおすすめ。 是非チェックしてください!!        
  • 2週間のアメリカへの旅に持って行った服を振り返ってみました。 今年のゴールデンウィークの旅は夫の赴任先アメリカ、ヒューストンとニューヨークへ行って来ました。 持って行った服は、今着たい服のみ。 そして、服も靴も、黒、白、ベージュに色を絞って持って行きました。 色を絞ったお陰で着回しが出来てとても便利でした。 靴も、白、黒、ベージュ、そして蛇。 バナリパのベージュのバレエシューズは途中で買ったもの。H&Mのベージュのバレエシューズは、軽いので足が痛くなった時用にバッグに入れておきました。 ハイヒールは一足のみ。 スーパーへの買い出しには、ロングワンピースにスリットレギンスで。 ヒューストンのスーパーは笑ってしまうほど巨大! Whole Foods Market、Trader Joe's があちこちにあり、スーパー巡りも楽しみの一つでした。 BBQパーティーに行った時は、COS のブラウスにZARAのグレーデニムで。 ヒューストンは5月でも晴れると日本の真夏なような気温と湿度。 すっかり日焼けをしてしまいました。 現地在住のお友達とランチに行った時。 currentageのデニムのオールインワン。これ、通りすがりの人に褒められた! その服好き!そのスカート素敵!髪型かわいい! 日本では考えられないけど、知らない人に言われて、ほっこりと嬉しくならシーンが何度か。 日本もそうなるといいのに。 色物が着たくなってラルフローレンのリネンシャツ。ここは、ゴルフ場で母の日のビッフェをしに行きました。 シンゾーンのリネンの黒のスカートは本当に重宝しました。 これはブラックタイのドレスコードだったパーティーに行った時。 COSのロングドレスにパールのアクセサリーを合わせました。 アメリカはパーティー大国!みなさんとても華やかで心から楽しんでいる様子。そういう雰囲気に慣れていかないとなぁと思ったのでした。 これはニューヨークのホテルのロビーで。 子どもたちのお土産を買いに行ったり美術館に行った日。 COS のブラウスを着回し。下はレギンスにしたので、大屋政子(敬称略)になっていないか、夫に何度も確認しました笑 シャネルのバレエシューズは歩き回ったニューヨークで足が痛くなったりせず本当に優秀でした。 ニューヨークではドラマや映画の舞台になったところに遭遇しては興奮していました。 ここは、SATCでキャリーが結婚式をドタキャンされたニューヨーク私立図書館の階段。かなりマニアックでしょ笑。 日本へ帰る日のコーディネート。 ZARAのデニムはストレッチが効いているので機内で楽チン。トップスは行きの機内でも着たプチバトーの長袖Tシャツ。 行きはトランク1つでしたが帰りは2つに! 思い出とお土産をたくさん詰めて帰ってきました。 旅先で、あれを持って来ればよかったー、など後悔するのが嫌だったので持って行った服は少し多めだったかも。でも、ストレスなく過ごすことが出来たので良しとします! そして持って行った服の中でMVPは、ユニクロの黒いカーディガン。コットンなので洗えるし、出掛ける時は常にバッグに入れてもかさばらず、肌寒かったニューヨークでは毎日着ていました。 旅行中は楽しむのみ!でストレスフリーが鉄則。 きちんと計画を立てて準備するのがとても大切だと思いました。今回はいくつかスケジュールが決まっていたのでそれらに合わせて準備が出来て楽だったかも。 次回の旅行を楽しみに通常生活へ。 Instagramでも詳しく載せています。 華組 近藤和子ブログ
  • シンプルな定番ボーダーをフェミニンに着こなすコーディネート定番ボーダーにダスティピンク(くすみピンク)のふんわりスカートを合わせて、すっきりきれいめな着こなしに。 爽やかなボーダー配色とフェミニンなスカートで大人っぽいスタイリングが楽しめます。ボーダーの首もとがホワイトなので、顔映りをすっきり見せてくれる効果も。 ホワイトの分量が多いボーダーは爽やか度もアップ。 透け感のある素材のスカートなら、ロング丈でも涼やかです。 彩度が低いピンクなので甘さ控えめ。淡い色合わせでも、色相の異なる2色を組み合わせるとメリハリが生まれます。 スカートはサイドから見ても広がりすぎないシルエット。 トップスはウエストインするのがポイントです。 スニーカーならカジュアルに、パンプスならきれいめなコーディネートが完成します。 私はGW明けにサンダルを履き始めたら、もうパンプスに戻れなくなってしまい、毎日サンダルです。サンダルとかごバッグはブラウンで統一しました。 シューズとバッグなどの小物はホワイト、ブラック、ブラウンのセットを持っておくと便利です。tops MACPHEE skirt fifth sandals PICHE ABAHOUSE bag jungle jungle週末は気温が上がって30度にとどきそうな勢い。 心地よい季節はあっという間に過ぎますよね。暑くなる前に着たい服を着ておかないと、と思ってます。 美女組No.161 愛のブログ
  • 雑誌掲載品&人気ブランドが多数参加のタイムーセール開催中! 全品が対象なのでセール品×送料無料でうれしいプライスに♪ 人気商品は早い者勝ちです! お得すぎるこの機会をぜひご利用下さい! お買い上げ金額にかかわらず、全品送料無料! 【全品送料無料対象はこちら】 今期アイテムが早くも値下げ!もちろんセール商品も送料無料♪ 【タイムセールキャンペーン会場はこちら】   大好評企画“初夏に着たい 信頼のヒットアイテム”ももちろん送料無料に♪   E by eclat/フレンチ袖とろみワンピース/¥19,000+税 オケージョン仕様としてもぴったりのとろみ素材のワンピース。アクセサリーに頼らなくても、十分な華やかさがある一枚です。 二の腕をさりげなくカバーするフレ ンチ袖もうれしい。   Le minor×eclat/バックVネックワンピース/¥17,000  カジュアル感と、ほどよい女らしさを兼ね備えた一枚。ストレートなラインながらスリット入りなので歩きやすい。腕の華奢な部分だけを強調する七分袖。 カーディガンとの重ね着もOK。レギンスとコーデすれば流行スタイルの完成♪   MAURO de BARI/バイカラーサンダル/¥22,000+税 アッパーデザインと色味はコンサバスタイルにも対応がきき、大人っぽい印象を与えるます。ホールド感のいいアッパーとクッションソールの為、疲れにくいのも嬉しいです。   Ray-Ban/サングラス ニューラウンドシェイプ ライトブラウン/¥21,000+税 カラフルなカラーバリエーションのフレームとフラッシュレンズやグラディエントレンズが、クールなハイストリートスタイルを提供します! 軽量で弾力性のある素材を使用し、1日中掛けていても快適な掛け心地もうれしいポイント!   GEORG JENSEN/MERCY EARRING 634A SILVER/¥12,000+税 夏に身につけたくなるシルバージュエリー。 なめらかなフォルムが耳元をやさしく包み込み、心地よい装着感があります。小さめのサイズなのでスタイリングしやすく、且つ存在感のあるアクセサリー♪   AROMATIQUE|CASUCA/Shellfront Short/¥15,000+税 白い服の下に着てもひびかず、透け見えしてもおしゃれ感があるので夏場にフル稼働。白Tシャツのときや運動するときなどはシェルフロントのショート。 ストラップの長さを後ろで調整できるアジャスターつき、服を着たときに自然に見えるバストラインで夏の下着事情の重宝します。   CACKLES Paris/バスケット/¥11,800+税 表情豊かな柄ストライプが目を引くポップなアイテム。耐久性に優れた素材で軽量に仕上げているので、負担がかかりにくいものポイント。風合い豊かな編み目が季節感引き立てる爽やかなバスケット!     送料無料&タイムセール同時開催と滅多にないスペシャルチャンスをお見逃しなく!!
  • 大人のおしゃれを完成するために欠かせない、ジュエリー。でも、自分に似合うジュエリーの選び方や最旬のつけこなしなど、実は知らないことも多いのでは? ジュエリースタイリングの第一人者・伊藤さんが、好きな世界観を追求できる、遊び心のあるリングのつけ方を指南。<リング>自分の目で見て常に楽しめるリングは好きな世界観をつくってピアスやネックレスと違い、リングは常に自分で眺め、楽しむことができるアイテム。顔との距離もあるので、自分の顔だちに関係なく、好きな世界観を追求しやすいので、遊び心を存分に楽しんで。軽やかさと、品格を重ねづける大人の余裕を 同じ手にアクセサリー感覚のリングと、クラス感ある凝ったつくりのリングを横レイヤード。ジュエリー上級者の余裕を感じさせる演出法。 リング〈人さし指〉(シルバーにゴールドコーティング)¥85,000/ショールーム セッション(ザ レタリング) 〈薬指・指先から〉「セルパンボエム」(PG)¥94,000・「キャトル ラディアント」(YG)¥375,000・「キャトル クラシック」(PG×WG×YG ×ブラウンPVD×D)¥740,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン)自由にダイヤモンドがのぞく画期的デザインにひと目惚れ 今、伊藤さんが最も欲しいと思っているのがこのリング。「指の間からペアシェイプカットやマーキースカットのダイヤモンドが顔をのぞかせる、贅沢さと楽しさが満喫できるこのリングは、つけるだけで幸せになれそう」。 リング「セルティ スィル ヴィット」〈人さし指〉(PG×D)¥4,400,000・〈中指・指先側から〉(WG×D)¥2,200,000・(WG×D)¥3,750,000/エストネーション(レポシ) ドレス¥71,000/メゾン・ディセット(ロゼッタ ゲッティ)撮影/長山一樹(S-14) ヘア/JUN GOTO メイク/fusako(OTA OFFICE) スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/田沢美亜 取材・文/大野智子 ※エクラ6月号掲載 ※この特集中の素材略記は以下のとおり。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、PT=プラチナ、D=ダイヤモンド。  
  • マリソル編集部とソフールが、“自分が本当に着たい服”にとことん向き合ったコラボ服、初夏バージョンが完成! Marisol×SOFUOLコラボ商品はこちら   注目1:白ベースのセットアップ 存在感は残しつつ、強すぎないデザイン ワンピース感覚でさらっと着ても上品にまとまります SOFUOL/カラー&ボーダー半袖ブラウス/¥11,000+税 SOFUOL/ボリュームパンツ/¥15,000+税   注目2:ホワイトコーデ リネンのジャケット&ブラウスにはあえてツヤのあるパンツをチョイス ワントーンコーデも素材感の違いでメリハリをつけるのがポイント SOFUOL/リネン100%Vカラージャケット/¥19,000+税 SOFUOL/リネン100%スリーブレスブラウス/¥11,000+税 SOFUOL/ハンサム楽チンパンツ/¥13,000+税   注目3:鉄板の白スカート 白でも透けにくく、着膨れしないカッティングにこだわったスカート シャツはカーキで辛口にしつつ、透け感で女らしくやわらかい印象 SOFUOL/5分袖シャツ/¥11,000+税 SOFUOL/フレアースカート/¥15,000+税   注目4:ハンサムゆるパンツ タイトすぎないストレートの白パンツ 涼しいリネン素材を採用しつつ透けないよう裏地にも注力 SOFUOL/リネン100%ゆったりテーパードパンツ/¥15,000+税   注目5:ドラマティックブラウス ディテールにこだわった大人が着たい甘ブラウス 高級生地を使用したボリュームあるスカートスタイリング SOFUOL/スモックタイプブラウス/¥15,000+税 SOFUOL/ふんわり素材のギャザースカート/¥19,000+税   他にも、蝦原友里さんが素敵に着用しているコラボアイテムが満載! 大人の上品な白コーディネートにチャレンジして、今年らしいおしゃれを楽しんでくださいね。 SOFUOLの商品ページはこちら Marisol×SOFUOLコラボ商品はこちら  
  • ゆかたの着付けに必要なアイテムリスト ・ゆかた…… 1枚・帯…… 1本・ゆかた用肌着…… 1着・ウエストベルト(腰紐の代わりとなるもの。あると便利)…… 1~2本・コーリンベルト(クリップ付きのゴム紐)…… 1本・着物クリップ(洗濯バサミで代用可能)…… 1つ・胸紐…… 1本・マジックベルト(伊達締め)…… 1本・前板…… 1枚 誰でも簡単【ゆかた着付け】How to必要なアイテムを全て揃えたら、全身が映る鏡の前に立ってスタート。アイテムは椅子やテーブルなどに並べて置いておくと着付け中取りやすいよ。 丈の長さを決めるゆかた用肌着を着てゆかたに袖を通したら両手でそれぞれ上前(ゆかたの左側部分)、下前(ゆかたの右側部分)を持ち、くるぶしが隠れる程度に丈を合わせる。ゆかたの中心と背骨の位置が合っているかも確認。 下前、上前を合わせる両手でそれぞれ上前(ゆかたの左側部分)、下前(ゆかたの右側部分)を持ち、まず左手を平行に移動させて右のウエストに合わせる。裾と床が平行になっていることを確認。左手の高さを維持しながら開き、次に右手を平行に移動させて左のウエストに合わせる。この時、下前の裾はくるぶしから少し上にあげておく。下前がずれないよう気をつけながら上前を再度右のウエストに合わせ、上前と下前の胸元を着物クリップで仮どめする。 NG例 左:短すぎるゆかたの着付けがきれいに仕上がるかどうかの肝心なポイントが裾のライン。長すぎても、短すぎても×。くるぶしが隠れる程度が正解なのでこれは短すぎ。子供っぽく見えてしまいます。 中:下前が見えている裾を合わせた時に下になる側(下前)が見えるのは×。下前の裾先は床から15〜20cmほどあげ、上になる側(上前)から見えないようにするのが正解。 右:長すぎるこれは逆に長すぎる状態。甲に乗ってしまうほど長いと下駄とのバランスが悪いし、裾を踏んで転んでしまう可能性もあるので注意。 ----------------------- キレイにみえるOK例 くるぶし丈で裾が床と平行 裾の長さの目安はくるぶし丈。上前が床と平行になるようにすると見た目がきれい。  ウエストベルトを留める上前、下前がずれないよう気をつけながら、ウエストの位置にウエストベルトを巻きとめる。 おはしょりを整える両脇の身八つ口(脇下の空いている部分)から両手を入れておはしょり(ウエストベルトでとめた身頃部分)を整える。着物クリップを外し、トントンときれいに整えて。後ろのおはしょりも同様にきれいに整える。 この時、衿元の合わせも同時にチェック。胸元が大きく開きすぎていないか、逆に詰まりすぎていないか、うなじは見えすぎていないかもチェックして。 衿元の合わせは鎖骨が見えるか見えないかくらいを目安にすると上品。 OK:程よいV開き NGと比べると仕上がりの差は明らか! 鎖骨が見えるか見えないかくらいを目安にして。 NG:衿元が開きすぎ 首元・衿元が広く開きすぎてだらしない印象に。着崩れもしやすいので注意。 ----------------------- 衿元の合わせは鎖骨が見えるか見えないかくらいを目安にすると上品。 背中側はうなじがほどよく見える程度に。背中まで見えてしまうと品のない印象になるので注意。 OK:程よいV開き NGと比べると仕上がりの差は明らか! 鎖骨が見えるか見えないかくらいを目安にして。 NG:衿元が開きすぎ 首元・衿元が広く開きすぎてだらしない印象に。着崩れもしやすいので注意。  コーリンベルトを留める下前にコーリンベルトをつけ左の身八つ口からベルトを出す。この時、胸元や合わせが乱れないように注意。背中側をぐるりと通して反対側のクリップを上前につける。 胸紐を結ぶ胸の下に紐を当て、後ろで交差させたら右胸下でしっかり結ぶ。紐のあまりは入れ込んで。 おはしょりの長さを決めるおはしょりの下の線が腰骨のあたりに当たるよう調整。この時点でちょうどいい長さの場合は、すぐマジックベルトなどで留めてOK。おはしょりが腰骨より長い場合は、左右からおはしょりに手を入れ、上にずらして位置を整える。(3:20) おはしょりの下の線が床と平行になるように注意しながら、マジックベルトでとめるか、伊達締めで結ぶ。(3:39) 前板をつける前板を背中側にあて、体の前でベルトをとめる。とめたら前板を正面に回す。ここまで終わったら正面はもちろん、背中側もシワやずれがないか確認を。 NG例 NG:背中やおはしょりが乱れている ゴム状ベルトで留めたところ。ベルトの上が出てしまっているし、おはしょりもシワだらけ。これでは次のプロセスもきれいに決まらない。   ----------------------- キレイにみえるOK例 OK:シワがなくきれい 上下左右にしっかりシワをおさえ伊達締めやベルトを結んだ状態、最終的にこの状態になっていればOK。後ろ姿も気を抜かないで。 紐やベルトをすべて留め終わり、この状態になっていればゆかたの着付けは完成。 【ゆかたを素敵に着るためのワンポイント】 帯板がなくても帯は結べるけど、使うと仕上がりに断然差が! 帯がスッキリきれいに結べるのでぜひチェックして。手軽に使えるベルト型&通気性のいいメッシュタイプがおすすめ。 帯を巻く帯の端50〜60センチほどを縦半分に折り、左肩に乗せ、着物クリップで前板にとめる。折っていない方の帯を広げて体に2回巻く。 帯を結ぶ2回巻きつけたら、巻いたあまりの帯を斜めに折りあげる。肩にかけておいた帯と結ぶ。このとき、肩にかけておいた帯先が上になるようにし。力を入れてしっかり結ぶ。肩にかけておいた帯先が上になるように結んで! 帯を折りたたんで結ぶ残りの帯を肩幅程度に蛇腹状に折りたたむ。帯の中心部分をさらに蛇腹状に折りたたみ、片手で中心を抑え、肩にかけておいた帯を2回巻きつける。2回巻きつけたら、残りの帯は帯とゆかたの間に入れ込み、下から手を入れて帯先をしっかり引いて固定。畳んだ帯の両はしを開き、綺麗な形に整える。他の画像を見る 後ろに回して完成帯やゆかたの着付けが崩れないよう気をつけながら帯を後ろに回せば完成。 これで全プロセスが終了! 今年の夏のお出かけに向けてまずは練習してみよう。動画を見ながらゆっくりトライすれば初心者さんでも綺麗に着付けすることができるよ。褒められゆかた姿は簡単♡モデル/細野ゆうか(カワイイ選抜) 撮影/齊藤晴香 スタイリスト/坂下シホ 着付け/きものさろん花子 文/鈴木絵都子
関連キーワード

RECOMMEND