【2022春夏の先行予約会】HAPPY PLUS STOREで開催中! 今なら最大1,600円オフのクーポン特典も

HAPPY PLUS ONE

「HAPPY PLUS STORE」では、2022春夏の先行予約会を開催中! 敏腕バイヤーが今からチェックすべき新作&名品をピックアップ。

MADISONBLUE、Shinzone、PELLICO他、人気ブランドの新作アイテムから、「HAPPY PLUS STORE」でしか買えないオリジナルブランドや別注商品など、今から予約したくなる魅力満載のアイテムを用意。

さらに予約会だけの嬉しい特典も。2021年12月7日(火)~2022年1月16日(日)までに、予約会商品を購入すると最大1,600円オフのクーポンがもらえる! まだ予約会を試したことがない方も、メリットいっぱいのこの機会にぜひトライしてみて。


【予約会オススメコンテンツ】

着るだけで旬ベーシックShinzoneの受注会はこちら>


秋冬に即完売したMADISONBLUEのリントンツィードJKが再び登場!チェック>


先行予約会対象商品はこちら>

関連記事
  • ファブリック使いのトートは、レザーにはないアクティブな雰囲気を味わえる。コートやニットを重ね着したリッチな冬スタイルに、遊びっぽく効かせるのが大人の作法。ファブリックならではの色・柄を楽しみたい。バサッとラフな質感は冬のコート姿にこそ映える1.レオパード柄も、なめらかな起毛タッチのファブリックで派手になりすぎない。黒のミニバッグと2個持ちしてもおしゃれ。バッグ(25×49〈底辺34〉×15)¥4,950/ミューズ ドゥ ドゥーズィエムクラス 六本木店(レフロンティー)2.スペイン発のブランドらしい、鮮やかなオレンジのファブリックが目をひく。ハンドルとトリミングはこげ茶のレザー製でしっかりしたつくり。ショルダーストラップつき。バッグ(30×53×21)¥45,100/エスケーパーズオンライン(へリュー)3.マディソンブルーから、大人気のキルティングアウターと同素材のバッグが登場。もこもこした風合いが楽しげ。おしゃれの経験を重ねた大人の「ハズし」って、こういうこと! バッグ(44×54〈底辺48〉×16)¥63,800/マディソンブルー4.今シーズンデビューした日本発のバッグブランド。フランスの老舗生地メーカー、デヴォー社のファブリックを全アイテムに使用。ラメを織り込んだペイズリー柄が品よく華やか。バッグ(30×58〈底辺40〉×20)¥37,400/ヤマニ(シィメ)>>「バッグ」の記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(モデル) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/LIZA 取材・原文/三尋木奈保 ※( )内の数字は編集部で計測したバッグのサイズで、(縦×横×マチ)、単位は㎝です。 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 前回に続いてのダウン特集、今回はダークカラー編です。柔らかな雰囲気のライトカラーか、カジュアルなカッコよさ漂うダークカラーか……アナタのお好みは⁉︎   ▼前回の記事はこちら明けましておめでとうございます。 新たな年の始まり、ワクワクしますね! 今年からMarisolも、いよいよコマースメディアへの新体制に変わりますが、オシャレにおいても変化を恐れず、前向きに楽しんでいきましょう♪ さて、前回のダウン特集〝ライトカラー編〟はご覧いただけましたか!? まさに今の気温と気分にジャストフィットのダウン! 引き続きの後半〝ダークカラー編〟もお楽しみいただければ幸いです。 では早速スタート↓【PYRENEX】CANNESダウンジャケットライトカラー編ではFEATHER GREYをご紹介したカンヌ。 今回は色違いで、ブラウンを帯びた渋めカーキのSAWGEをチョイス。 全身コーディネートはこんな感じ。knit:VERMEIL par iena pants:cobitto×bemi shoes:manolo blahnik bag:maison margieraダウンのメンズっぽい色味を活かしつつ、雰囲気としてはキレイ目に仕上げました。 チェーンのミニバッグやショートブーツなど、女性らしさ香るビターカラー小物がポイント。 因みに、ライトカラーとダークカラーで全身コーデを比較してみると・・・単なる色違いながら、受ける印象は全く違いますよね。 ▶【PYRENEX】CANNESダウンジャケット 【TATRAS】KOSAVA ダウンジャケット「タイトなサイズ感で小柄でも着やすい」との噂を聞いていたので、前々から気になっていたタトラスのダウン。 種類豊富なデザインの中から私がチョイスしたのは、最もベーシックなKOSAVAのダークネイビー。 フードにあしらわれたボリューミィなファーを生かすべく、ボトムもネイビーにしてスッキリとコーディネート。pants:betoupe shoes:celine bag:deuxiemeclasse アクセント的に効かせた小さな白は、抜け感としての役割も。 沈みがちなダークカラーの装いにパッと明るい光をもたらします。▶【TATRAS】KOSAVAダウンジャケット さて、最後にご紹介するのは、ダウンはダウンでもダウンベスト。 袖があるタイプよりスッキリ着られるので、バランス重視の小柄には打って付け! これからの春先にも活躍してくれそうです。【PYRENEX】SPOUTNIC2 SOFT VESTダウンベストもシンプルでタイトだと古臭く、トレンドのビッグシルエットではバランスが悪い。 このSPOUTNIC2 SOFT VESTは、その中間くらいのシルエットでメンズライクな雰囲気が特徴。トレンドのスカートと合わせても甘くなりすぎず、全身をスポーティなカジュアルへと導いてくれるのが嬉しい。 knit:APstudio skirt:deuxiemeclasse shoes:celine bag:hermes stole:betoupe小物はモードに徹して。 スニーカーやキャンバスバッグなどを合わせると、ダウンベストとの相乗効果で完全にスポーティな人になってしまうので。 あくまで〝スポーティなカジュアル〟で♪ ▶【PYRENEX】スプートニック2ソフトベスト いかがでしたか? ダウンって、少々デザインが違ったくらいでは〝ダウンを着た人〟と一括りにされがち。 ゆえに「どんなデザインを着るか?」よりも「何色を着るか?」の方が重要な気がします。 理想とするイメージを明確にして〝色〟優先で絞り込んでみるのがMy Bestダウンにたどり着く近道かもしれません(^_−)−☆    *次回は1月28日(金)公開予定です   bemi 阿部恵美。身長153cm。 25年間の会社員生活を経て、2019年にパーソナルスタイリストとして独立。 小柄でもバランスよく素敵に見えるコーデ術、もの選びの審美眼は、マリソル編集部も絶賛。ショップマリソルなどでプロデュースする、小柄さん向けの服も、毎回人気。
  • 毎日をハッピーにしてくれるバイヤーのおすすめコーディネートをご紹介! さりげないチェック使いがポイントのリラクシーな着こなし NEWYORKER 前を開けてラフに羽織っても決まる1つ釦のノーカラーコートは、デイリーに活躍する1枚。シンプルなセットアップと小物を合わせれば、コートのチェック柄が引き立つ落ち着いたカジュアルスタイルに! ・NEWYORKER/ウールカシミヤリバークロス ノーカラーコート/¥49,500・NEWYORKER/ジョーゼットカルゼ カットソープルオーバー/¥13,200・NEWYORKER/ジョーゼットカルゼ カットソースカート/¥17,600・NEWYORKE/【イタリア製】MILOS(ミロス) シュリンクレザー ドローストリングミニショルダーバッグ/¥23,100・NEWYORKER/MARIAN(マリアン) ショートブーツ/¥20,900→¥15,400(27%OFF) 裏起毛スウェットは春まで強い味方♪ TICCA/MADISONBLUE/Luca GrossiA VACATION/ADAWAT’N TUAREG コットンでも裏起毛なら暖かく、春までニュアンスOK。ショート丈のミリタリーブルゾンがコーデのエッセンスになっています。 ・TICCA/ソフトスウェットクルーネックプルオーバー/¥19,800・TICCA/【HPS別注】ソフトスウェットスカート/¥19,800・MADISONBLUE/COMPACT MA-1 NY TWILL JACKET/¥97,900・Luca Grossi/タンクソールミドルブーツ/¥44,000→¥35,200(20%OFF)・A VACATION/【KIKI】メッセンジャーバッグ/¥66,000・Adawat’n Tuareg/蹄型 スンスルトネックレス/¥29,700 この特集を見る The post #2022/1/14 明日なに着てく?30代 40代 大人のトレンドコーディネート first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 守備範囲の広いタートルネックは、押さえておきたい必須アイテム。ほどよいオーバーサイズと、前後差のある着丈が鮮度アップの決め手に。シャツをチラ見せするレイヤードな着こなしにもぴったりです! トライしたかった正統派のロングブーツとトレンドグリーンのスカートコーデ。絶妙なIラインが細見えし、BIGポケットも腰まわりをカムフラージュ。冬に嬉しい機能素材も大人に嬉しいポイントです。 ネットで見つけたチェーンバッグをデビューさせたい、今夜の女子会。スエード調のフェイクレザー、高見え配色でみんなをあっと驚かせたい。 M7days タートルネックニット ¥19,250M7days 細見えIラインスカート ¥17,600MADISONBLUE MADAME SHIRT RAMIE ¥36,300STYLE DELI スエード調チェーンミニバッグ/SVチェーン ¥6,930CHEMBUR SIDE BUCKLE BOOTS ¥81,400ピアス・バングル/スタイリスト私物 【M7days】ブランドページはこちらから SHOP MarisolSALE開催中!!会場はこちらから↓↓ The post \40代今日のコーデ/大ヒットニットをベースにしたタートルは汎用性の高さが自慢!【2022/1/14】 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • ヨンア出演!「新しい気分で着たい服」リストNew Year’s Resolution ヨンア出演!「新しい気分で着たい服」リストNew Year’s Resolution 新しい年を迎え、気分もリフレッシュ!人気ブランドの新作を誰よりも早く手に入れて、おしゃれをアップデートしたい。スタイリング次第で今すぐ着られて、春夏もずっと活躍してくれるデザインだけをピックアップ。着る人はMarisolの顔、ヨンア。いずれも話題のアイテムだから、急いでチェックして! 特集ページ掲載一覧はこちら MADISONBLUEのツイードジャケット 鮮度高く仕上げたモダンなツイード デニムジャケットのようなエターナルなデザインを、リッチなホワイトのツイード素材で仕立てた贅沢なジャケット。上質なつくりで知られるフランス・リントン社のツイードを使っており、しなやかな肌触りも光沢感も格別。少しだけリラックスムードのシルエットも最旬。ロゴTシャツを効かせた大人のカジュアルをリッチに仕上げてくれる。 詳しく見る ■ Tシャツ ¥27,500 (マディソンブルー)≫ ■ スカート ¥39,600(マディソンブルー)≫■ ネックレス【Silent Rain スモールボールチェーンネックレス90cm】 ¥24,200(マリハ)≫ ■ バッグ ¥121,000(ザンケッティ)≫ SEA NEWYORKのエスニック柄ワンピース 上品かつシックな配色が大人にちょうどいい エスニックなムードのプリント素材を贅沢に使ったカフタンワンピース。シックなカラーリングのプリントだから、ほんのり甘めのデザインも大人仕様に。今すぐ着るならインナーにタートルニットを重ねて、足もとにはタイツやブーツを合わせるのがおすすめ。さらさらとした肌触りなので、真夏まで涼しく快適に着られるのもうれしい。女友達のランチなど、“カジュアルに華やぎたい”シーンにもぴったり。 詳しく見る ■ ネックレス ¥14,300(ローラロンバルディ) ≫ ■ バッグ ¥71,500(アエタ) ≫ ■ シューズ ¥33,000(ポルセリ) ≫ HAVEL STUDIOのジャンパースカート 自分らしい着こなしアレンジが楽しめる 合わせるトップスを変えていくことで、1年を通じて愛用できるジャンパースカート。スカート部分はラップ風デザインになっていて、動くたびにゆるやかに揺れて美しいドレープを描く。サスペンダーは取り外し可能。フロントはストレート、バックスタイルはV字になっており、前後でさりげない印象の変化も楽しめる。このスカートに合わせることで、手持ちのトップスが新鮮に見えること間違いなし! 詳しく見る ■ Tシャツ ¥18,700(ハーヴェル スタジオ) ≫ ■ ネックレス【Ancient Memoriesネックレス Sun Lionスタッドチェーン62cm】 ¥25,300(マリハ) ≫ ■ スニーカー(商品コード:393645)¥22,000(ヴェジャ) ≫ THE SHINZONEのフラワープリントスカート アラフォーに似合う色と柄を厳選 ネイビー×イエローのフラワープリントは、柄が細かく、かつ色数が絞られた配色なので、子供っぽくなることなくモダンに着こなすことが可能。裾の切り替えフリルがひとさじの甘さを添えている。トップスにはフーディを合わせ、さらに足もとはコンバースでとことんカジュアル仕上げに。これくらいのバランスが、肩の力が抜けた大人のデイリースタイルにちょうどいい。 詳しく見る ■ パーカー ¥18,480(シンゾーン) ≫ ■ バッグ ¥36,300(アエタ) ≫■ スニーカー ¥7,150(コンバース) ≫ 特集ページ掲載一覧はこちら ショップマリソルTOP SHOP Marisol STAFF VOICE トップ >The post ヨンア出演!「新しい気分で着たい服」リスト New Year’s Resolution first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 会えなかった友人たちとの再会も増え、おしゃれの楽しさを実感しているというエクラ 華組の皆さん。モチベーションが上がるお気に入りを主役にした、気持ちが華やぐ冬スタイルを披露してくれた。 【目次】 ①急増中!インパクトスカート ②美人度アップ!淡色ワントーン ③黒ボトムに+1カラーでマンネリ打破 ④頼れるのは濃色ワントーン ⑤パールを取り入れた今どきコーデ ⑥小物は効かせずなじませる ①急増中!インパクトスカートパンツ派の多かった’21年を一新する勢いで、存在感のある色、柄、デザインのスカートをさらりとはきこなす人が続出。会った瞬間の第一印象を明るく華やかに一色華菜子さん(エクラ 華組・刺繡作家) 癒し効果抜群の肌ざわりというフェイクファー×ムートンのリバーシブルコートに、お気に入りのスカートを組み合わせて。「昨年購入したもののはく気分になれなかったスカートですが、今年は一番に着てみたいと思えて。パニエのようなボリュームがあるので、コートを脱いでも華やかな気持ちが持続します」。 ●コート(トラッツォドンナ)・ニット・靴(ZARA)・スカート(フレンチパヴェ)・バッグ(メゾンマルジェラ)遊び心たっぷりのスカートは紺ブレでノーブルに根本有加里さん(エクラ 華組・パーソナルスタイリスト) 流行を意識したモード感のあるアイテムでキレのある着こなしを心がける根本さん。「紺と白で清潔感を意識しながら、バッグのグリーンをさし色に今年らしさを意識しました」。 ●スカート(H&M×TOGA archives)・ジャケット(ユナイテッドアローズ)・ブラウス(brisé for CHIEKO KURODA)・バッグ(ZARA)フェザー柄の揺れるスカートを黒合わせでクールダウン松ヶ崎由紀子さん(エクラ 華組・骨格診断師・パーソナルスタイリスト)新年会ランチをイメージ。「甘くなりすぎないように黒を各所に投入。短丈ジャケットやファーでマキシスカートとのバランスを整えました」。視線が上半身に集まり脚長効果も◎。●スカート(ヴェルメイユ パー イエナ)・ジャケット(ダブルスタンダードクロージング)・ニット(ユニクロ)・バッグ(オルセット)・靴(サルトル)ディテールがきわだつ大人かわいいスタイル宮原江里子さん(エクラ 華組・料理サロン主宰)「ウエストラインがシェイプされたペプラムニットにピンクのアシンメトリースカートで動きのある着こなしに。メリハリのある配色は気持ちも上がるし、細見え効果もあるのがうれしいですね」。●スカート(ミラ オーウェン)・ニット(ダブルスタンダードクロージング)・コート(ルフィル)・バッグ(エルメス)・靴(ZARA) ②美人度アップ!淡色ワントーンダークカラーが増える冬の街に映える、柔らかなニュアンスのワントーンコーデ。小物の効かせ方、なじませ方などお手本にしたい。お気に入りのジレが主役の真冬のホワイトコーデ鈴木たま江さん(エクラ 華組・サロン主宰) 会う場所や相手によってT.P.Oに合わせたスタイリングを心がけるという鈴木さん。「白を多めにしたコーデは、素材のバリエーションが増える真冬に楽しむのが好き。シンプルなニットとワイドパンツに、一昨年購入した淡いグレージュのムートンジレをポイントにして甘さを抑えました」。 ●ジレ(カールドノヒュー)・ニット(3.1 フィリップ リム)・パンツ(アクアガール)・ストール(エルメス)・バッグ(フェンディ)手編みニットを洗練に導くきれいめワントーン佐藤綾子さん(エクラ 華組・主婦) 地元ではカジュアル、都心に出るときはきれいめな上品さを意識する佐藤さんは、アルパカの手編みニットをさっそうと着こなして。「オーバーサイズのかわいさと抜け感を醸し出してくれるニットは、今一番のお気に入り。スカートもニット素材なので、ゴールドのアクセサリーでツヤ感をプラスしました」。 ●ニット・ニットスカート(ウィムガゼット)・帽子(トゥモローランド)・バッグ(ア ヴァケーション)・靴(GU)ベージュのワントーンに思い出のスカーフをプラス大垣佳世さん(エクラ 華組・会社員) 理想のエコレザースカートを手に入れ、大好きなベージュカラーでハイ&ロースタイルを満喫。 「20年前、姉妹で旅したイタリアで購入したフェンディのスカーフがやっと照れずに使えるようになりました」。柄の中の一色とブーツをリンク。 ●コート(マックスマーラ)・ニット(ヴィンス)・スカート(ZARA)・靴(ジャンヴィト ロッシ)冬こそおしゃれに見えるオフホワイト&キャメル近藤和子さん(エクラ 華組・主婦) 黒の着こなしが得意な近藤さんも、冬になると暖かみのある色が着たくなるそう。「黒と同じくらい好きなキャメルでボリューム控えめのボアコートを新調。クリーミーな白で柔らかなイメージに」。ストール使いもお見事。 ●コート(ソージュ)・ニット・靴(ZARA)・ニットスカート(COS)・ストール・バッグ(エルメス)白多めのニュアンスカラーでがんばりすぎない着こなしを伊藤美帆さん(エクラ 華組・イメージコンサルタント) まるで発光しているような美しい淡色を重ねたフェミニンコーデが似合う伊藤さん。「ふわふわした配色なので、リラクシーだけどすっきり見えるように心がけました」。アウターは伊藤さんがブランドとコラボして製作した新作。 ●アウター(アトリエエヌズ)・スカート(ソージュ)・バッグ(ZARA)・靴(セルジオ ロッシ) ③黒ボトムに+1カラーでマンネリ打破目をひくグリーンやピンク、大胆なチェックを効果的に取り入れることで黒ボトムの新しい着こなしが見えてくる。アイテム選びにも個性が光る。大人ミニの足もとに大好きなピンクを少量木原みどりさん(エクラ 華組・会社役員) ピンクソールのブーツに夢中の木原さん。「好きすぎて毎日のように履いています。久しぶりのミニスカートですが、このブーツがあれば怖いものナシ。バランスがとりやすく、今っぽく決まるのでおしゃれに自信がもてます」。 ●スカート・靴(ボッテガ・ヴェネタ)・ケープ(yori)・ニット(ユニクロ)・バッグ(カルトガイア)グリーンダウンが全身ブラックをリフレッシュ!細谷奈弓さん(エクラ 華組・うつわコンサルタント・多国籍料理研究家) イタリア在住時代のダウンが今また旬に。くすみのないきれいなグリーンで黒が若々しく見える。「ショート丈なので脚長効果も。上質なバッグでカジュアル感を抑えます」。 ●ダウン(モンクレール)・ニット(ユニクロ)・ニットスカート(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス)・バッグ(シャネル)・靴(ファビオ ルスコーニ)ヴィンテージやエコ素材でサステイナブルなおしゃれを山口りえさん(エクラ 華組・シンガーソングトランペッター・NPO法人代表) 「意識したのはおしゃれのサステイナビリティ。リサイクル素材を使ったケープに、新婚旅行時にロンドンで購入した古着のディオールのニットを合わせて、地味にならないコーデを心がけました」。 ●ケープ(オリ バイ シュオリ)・ニット(ディオール〈ヴィンテージ〉)・パンツ(セオリー)・バッグ(エルメス)・靴(ペリーコ)クールなロングジレをデニムでカジュアルダウン横山希世さん(エクラ 華組・主婦) 気心の知れた女友だちと会う日は、お互いにリラックスした気持ちになれる服を選びたいという横山さん。「黒のロングジレは今季のお気に入り。合わせるものしだいでかっこよくも着られますが、今日はワイドシルエットのデニムでカジュアルにまとめました」。ヒールのあるショートブーツとジレのボウタイ効果でスタイルアップも完璧! ●ジレ・カットソー(プレインピープル)・デニム(ZARA)・靴(セルジオ ロッシ) ④頼れるのは濃色ワントーンおしゃれに 求めるのは自分らしさや安心感。その想いに応えてくれる、黒、グレー、ネイビーのワントーンコーデをご紹介。服のディテールをアクセントにしたブラックコーデ豊田真由美さん(エクラ 華組・主婦) 長身を生かしたシンプルな着こなしが得意な豊田さん。「ラクだけど手抜きに見えない着こなしが理想。変形ドルマンニットやデザインパンツなど、最近は定番すぎないものを選んでいます」。 ●ニット(リエス)・パンツ(エンポリオ アルマーニ)・ハット(COCA)・コート(ソージュ)・バッグ(サンローラン)・靴(ZARA)清潔感のあるエレガントなデニムスタイル成田千恵さん(エクラ 華組・「スタジオ・シェリー」プロデューサー) 「近ごろ、黒を着るときつく感じられるようになったのでネイビーやグレーを選ぶことが多くなりました。リボンブラウスを合わせたら、センタープレスのデニムできれいめなカジュアル感を加えます」。小物もネイビーで統一。 ●コート(ebure)・ブラウス・デニム(マディソンブルー)・バッグ(エルメス)・靴(ピッピシック) ⑤パールを取り入れた今どきコーデ2人に1人がパールを愛用中 今回の撮影で熱烈支持されていたのがパール。コンサバなイメージが払拭されたカジュアル&モードなデザインが目白押し。細谷奈弓さん(エクラ 華組・うつわコンサルタント・多国籍料理研究家) 母親から譲り受けたというバロックパールと、今季ZARAで購入したイニシャルを重ねづけ。一色華菜子さん(エクラ 華組・刺繡作家) コートの襟に添うベビーパールとバロックパールのピアス。あえて異なる色やサイズが◎。根本有加里さん(エクラ 華組・骨格診断師・パーソナルスタイリスト)) 白いコットンブラウスとパールピアスの組み合わせで、大人に必要な清潔感が手に入る。豊田真由美さん(エクラ 華組・主婦) ティファニーのリングに大きなバロックパールを重ねて。胸もとのチャームはエルメス。宮原江里子さん(エクラ 華組・料理サロン主宰) 華奢なシルバージュエリーはすべてティファニー。淡水パールネックレスの繊細さが引き立つ。木原みどりさん(エクラ 華組・会社役員) グルーデコでオーダーしたバングルとラ・スールのイニシャルチャーム。小粒のパールがキュート。 ⑥小物は効かせずなじませる小物はコーデのアクセントという考え方がある一方、いかにおしゃれに同調させるかの具体例が目立った今回。服と小物のつなぎ方、ぜひ参考にしたい。近藤和子さん(エクラ 華組・主婦) 時計のダブルベルト、レザーバングル、バッグ、すべてをコートの色に合わせてキャメルで統一した好例。キャメルカラーは肌なじみもよくこなれ感も◎。伊藤美帆さん(エクラ 華組・イメージコンサルタント) 淡色コーデをよりおしゃれに見せるのが、トープカラーの小物たち。成田千恵さん(エクラ 華組・「スタジオ・シェリー」プロデューサー) 小物すべてがネイビー。人工的にゴールドを注入・加工した大きな天然石リングは、ペルー発のイラリアというブランドのもの。ひとつでも存在感抜群。鈴木たま江さん(エクラ 華組・サロン主宰) フェンディのピーカブーも、ムートンジレとおそろいのグレージュをチョイス。シューズは1段濃いグレージュを選ぶことでコーディネート全体が引き締まる。    ▲ページトップに戻る「冬ファッション」に関する記事一覧>>▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/大瀬智和 取材・原文/向井真樹 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 連載「中村アンのハッピーモード」第12回のテーマは「冬のデニム日和」。きれいめ、やんちゃ、ドレスアップ…。どんなスタイルも軽々と受け止め、新境地へ導いてくれる愛すべき存在。だからこの冬も、デニムに夢中。 1.冬空に映える淡ピンクのグラデーション 重く、単調になりがちな冬コーデを立体的に女らしく彩るなら、今まで視野になかった淡いピンクのデニムにトライしてみるのもいい。ほのかに色づくようなピンクを軸に繊細にトーンを重ねれば、すれ違いざまにハッとするようなムードのある女性に。デニム¥22880/ショールームセッション(サージ) コート¥418000/シジェーム ギンザ(ブランカ)ニット¥18700/ティッカ バッグ¥78100・靴¥68200/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 2.ジャケットの相棒にノンウォッシュデニム 色も生地の風合いも“そのまま”のノンウォッシュデニムは、着るほどにその人らしく色あせ、やわらかくこなれていくのがたまらない。その経年変化とともに、ジャケットを合わせた永遠の定番を“自分だけのスタイル”に育てていけたら最高。デニム¥26400・ジャケ ット¥49500/UTS PR(ザ・ハンサム)ニット¥33000/ショールーム セッシ ョン(アダワス) シャツ¥45100(ブリエンヌ)・靴¥52800(ジェイ ダブリューアンダーソン)/エストネーション スカーフ¥12100/シップス 渋谷店(メゾン ナンバーエイト×シップス) メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥363000/エイチアイ ティー(ロウナー ロンドン) 3. “ジーンズ以外”のデニムの使い道 ジーンズ以外のデニムで特に身近なのがジージャン。ボリューミーなカウチンのなかにさし色感覚で仕込めば、コーデ全体の軽やかさと奥行きが増す。それはきれいめコートのときにも有効だから、冬はジージャンを“サブ”という立ち位置で賢く活用したい。ジージャン¥22000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) ニット¥121000/ボウルズ(ハイク) カットソー¥16500/サードマガジン パンツ¥37400/オーラリー バッグ¥44000/UTS PR(オソイ) 4.今また新しい、ブーツインに恋して 今季、スキニーデニムをブーツインする着こなしが再び気分に戻ってきた! シックに着こなすコツは、インディゴデニムを黒のロングブーツになじませて引き締めること。鮮度の高いラバーソールの重めブーツを選び、あくまで今っぽくアップデートして。デニム¥ 20900/ゲストリスト(レッドカード)ポンチョ¥88000(ハウント)・靴¥121000(サルトル)/ハウント代官山(ゲストリスト) ニット¥22000/ル フィルNEWoMan 新宿店 バッグ¥6490/シップス 渋谷店(シップス) イヤカフ¥26950/ノウハウ ジュエリー(ノウハウ) 5.柔和なエクリュデニムはちょっと“飛ばして” 持ち前の上品さでどんな合わせもマイルドな印象に転ばせるセンタープレス入りのエクリュデニム。たとえば、ʼ90sを彷彿とするショートジャケットにチョーカーを効かせた少し攻めたスタイルも、このデニムひとつでたちまち洗練された表情に。デニム¥14300/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ジャケット    ¥86900/エストネーション(レジーナ    ピョウ) チョーカー¥165000/リーフェ ジュエリー(リーフェ ジュエリ ー) バッグ¥30800/ビームス 公式オンラインショップ(ディーエルワイピー) 靴¥95700/デミルクス ビームス 新宿(ルパート サンダーソン) 6.大胆ボリュームでドレスアップするデニム ドレスとしての“デニムトラウザー”を提案する新鋭ブランドからピックアップしたのは、思い切ったコクーンシルエットとワンウォッシュ、しなやかな風合いがよそ行きに着映える一本。ピタッと肌に寄り添って色気を誘うカットソーにダウンブルゾンを羽織り、ときにはデニムで“着飾る”のも余裕のある大人ならではの選択。デニム¥36300/オン・トーキョーショールーム(リヴ ィントーン) ブルゾン¥107800/ハルミ ショールーム(アキラナカ) ボディスーツ¥55000/マディソンブルー バッグ¥46200/UTS PR(オソイ) 撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/中村アン 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 ※BAILA2022年1月号掲載
  • カジュアルに着てもフェミニンに着ても上品で女らしく決まる「スカート」は季節を問わず大人気のアイテム。今年の秋冬のトレンドは、着るだけで華やかな気分になるロングスカート。1点投入でぐっと今年らしいおしゃれが完成! 【目次】 2021~2022年 ①秋冬のスカートコーデ 2021年 ②夏のスカートコーデ ①秋冬のスカートコーデ華組 鈴木たま江さんブログ「ドラマティックなロングスカート♡コーデ色々」より今一番活躍しているティアードのロングスカート。カジュアルからきれいめまで色々コーデです。ハリ感のある素材と段々になったティアードのデザインに一目惚れしたJOURNAL STANDARD のスカートは、トップスを変えてカジュアルからきれいめまでオールマイティで頼りになる一枚です。(左)パーカー/Champion スカート/OURNAL STANDARD (中)ニット/aquagirl スカート/OURNAL STANDARD (右)ジャケット/ADAM ET ROPE スカート/OURNAL STANDARD 華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「UNIQLOニットのお正月コーディネート♪」よりちょっと紫がかった大人っぽいピンクのハイゲージニットに花柄スカートを合わせて、華やかなコーディネートにしました。ニット/UNIQLO ブーツ/FABIORUSCONI バッグ/MARCO MASI華組 一色華菜子さんブログ「フィンランド展&秘密基地カフェ in渋谷」よりモコっとニュアンスカラーのアランニットにロングスカート、カーキのモッズコートを羽織って。あたたかい厚手セーターなので薄手アウターを合わせました。ニット/REALCUBE スカート/ヌキテパ エナメルローファー/ara バッグ/marni モッズコート/JOURNAL STANDARD relume華組 成田千恵さんブログ「上下黒でセットアップ風コーデ 2選」よりエコレザーベストとエコレザースカートは合わせて購入したわけではありませんがたまたま同じLE CIEL BLEUのもの。上下ブラックで完全なセットアップとなりました。ベスト/LE CIEL BLEU ブラウス/BIRTHDAY BASH スカート/LE CIEL BLEU バッグ/STUDIO CHERIE ブーツ/UNITED NUDE華組 梁瀬理砂さんブログ「華組に選ばれた幸福の黄色いスカート【華組初投稿&自己紹介】」より一目惚れした『ピエール ルイ マシア』のプリーツスカートです。『ピエール ルイ マシア』は、スカーフのほうが有名かもしれません。これは、まさに、歩くスカーフ!モノトーンが多い私としては冒険アイテムでしたが、買って大正解でした。トップス/UNITED ARROWS スカート/Pierre Louis Marcia バッグ/J&M DAVIDSON ブーツ/VICINI華組 水口宜子さんブログ「関東屈指のパワースポットへ♪異素材で『上も下も黒』」よりチュールスカートは大好きなéclat premium通販、E by éclatの大ヒットアイテムです。数年前に、モーブカラーを購入して愛用しておりますが、年齢関係なく会う人みんなに褒めていただけるんです。別のカラーが欲しいなぁと思っていたところ狙っていた黒を発見!コート/Chaos ストール/CHARLES JOURDAN ニット/UNIQLO チュールスカート/E by éclat ベルト/ROPE' PICNIC バッグ/IENA ブーツ/ZARA ネックレス/ママ友のハンドメイド華組 近藤和子さんブログ「お気に入りロングスカートと最近の手元」よりパンツ派ですが、このチュールスカートは格別に気に入っています。このチュールスカートは、集英社のショッピングサイト、ハッピープラスストアで数年前に買った、E by éclat のもので、飽きる事なく履き続けています。スカート/E by éclat華組 根本有加里さんブログ「小柄さん向け大人のデニムスカートコーデ2パターン」より個人的にタイトスカートが気になる今シーズン。 バランスが難しいイメージがありますが、小柄さんにも着こなせます。ひざ下タイトスカートがとっても気になっていて、デニム素材のものを購入しました。オーバーサイズのニット。あえて大きめニットを合わせて”ゆるぴた”コーデにしてみました。適度なゆるっと感は華奢に見せてくれます。ニット/JOURNAL STANDARD スカート/Vis コート/ATELIER N'S バッグ/Gianni Chiarini 靴/B.velvetトップスをコンパクトサイズでまとめました。コンパクトにすると縦のラインが強調されるので、スッキリとした細見えシルエットが完成します。上品な雰囲気を醸し出せるので、デニム素材でも大人っぽさをキープできると思います。ジャケット/UNIQLO ニット/ATELIER N'S スカート/Vis ストール/Joshua Ellis バッグ/CHANEL ブーツ/Barclay華組 成田千恵さんブログ「冬の白コーデはわたしの定番です‼︎」より白のロングプリーツスカートはとにかくヘビロテ。オールシーズン使えるプリーツスカートです。カジュアルにスニーカーを合わせたり、こんな風にショートブーツを合わせてきれいめに着たりと幅広く活躍しています。ニット/JOURNAL STANDARD スカート/INSCRIRE バッグ/STUDIO CHERIE ブーツ/PELLICO華組 細谷奈さんブログ「マーメイドスカートでALL BLACKコーデ」よりPiazza SempioneのジャケットとJENNEのマーメイドスカートを合わせたクールエレガンスコーデ。スカートは今季モノです。ブラックのマーメイドスカートは程よいフェミニン感があり甘くなりすぎないのでオススメです。ジャケット/Piazza Sempione インナー/UNIQLO スカート/JENNE ブーツ/Fabio Rusconi バッグ/Yves Saint-Laurent(YSL) ストール/Johnstons of Elgin イヤリング/Folli Follie華組 一色華菜子さんブログ「緑のレーススカート♩」より大好きなレーススカート、今年はグリーンを追加しましたグリーンのレーススカートには、ネイビーのニットを合わせ、詰まったパールネックレスとバッグで白を散りばめました。ニット/ZARA スカート/HUG.U ブーツ/ZARA バッグ/toffandloadstoneブログ「ロングダッフルで冬の白コーデ♡♡」より白のレーススカートの真っ白コーデ。汚れは気にせず大好きな白コーデ楽しみます。ダッフルコート/ETRE TOKYO アランニット/naracamicie レーススカート/SHENERY レザースニーカー/FITFIT バッグ/NOLLEY'S イヤリング/alum luxe華組 大垣佳世さんブログ「エコレザースカートに夢中♪」より数年前に買った、ミラーオーウェンのロングブラックプリーツ。着る機会がなかったのですが着てみるととても合わせやすくこれから登場多そうです。シワにもほとんどならず丈感もgood。トップス/Deuxieme Classe スカート/Mila Owen バッグ/UNITED ARROWS 靴/ZARA ピアス/maggie jewewelry japan華組 木原みどりさんブログ「レオパード柄スカートでチームラボへ」より私が愛してやまないレオパード柄。先日、六本木ヒルズのドゥーズィエムクラスでこのレオパード柄のスカートに出会ってしまい、即購入!ニットは約30年前に購入した年季の入ったプラダのもの。長年タンスの肥やしだった服を引っ張り出して着てみたのですが、意外にも新鮮な感じで着ることが出来ました!寒がりな私は冬になるとスカートの出番が多くなります。なぜならスカートの中にたくさん着込めるので。このスカートもこの冬大活躍してくれそうです。ニット/PRADA スカート/Deuxieme classe ネックレス/TASAKI バッグ/STUDIO CHERIE ブーツ/BOTTEGA VENETA華組 成田千恵さんブログ「華やかなプリーツロングスカートで「Cartier」イベントへ‼︎」よりプリーツスカートって実は結構一年中着用できる 優れもの。ジャケットのウールの素材感とプリーツスカートの軽やかさのバランスが好きです。イベントの多いシーズン、ロングスカートでエレガントな装いを楽しむのもいいですよね。ジャケット/ドゥロワー ブラウス/マルティニーク スカート/マルティニーク バッグ/CHANEL ブーツ/海外で購入華組 佐藤綾子さんブログ「サテンロングスカートを履いて鎌倉デート」より昨年「ミラウォーエン」で購入した華やかな光沢感とソフトな風合いが魅力のサテンロングスカートを主役にしたコーデ。私には珍しいパープルです。レザージャケット/allureville ニット/uniqlo スカート/Mila Owen ブーツ/SARTORE バック/J&M DAVIDSON ストール/studioszeta 華組 細谷奈弓さんブログ「JENNEのドットスカートで靖国神社へ参拝」よりスカートは去年購入したJENNEのもの。 アラフィー世代でドット柄はどうかな、という思いもありましたが、グレー地にブラックの落ち着いた色合いなので気にせずはけました。ジャケット/JOURNAL STANDARD ニット/UNIQLO スカート/JENNE バッグ/STUDIO CHERIE、Chaos(エクラ付録) ブーツ/Fabio Rusconi華組 宮原江里子さんブログ「憧れのホテル『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』で華組ランチ♡」より今秋ZARAで購入した甘辛コーデにしてみました。黒のボリュームフリルブラウスに、ウェストラインをスッキリ見せてくれるエコレザーのスリットスカート、ハイヒールレザー(8.7㎝)ブーツを合わせて。ブラウス/ZARA スカート/ZARA ブーツ/ZARA バッグ/HERMES ブレスレット/Tiffany ネックレス/select shopブログ「The Okura Tokyoでステイケーション」より今シーズン購入したZARAのピンクニットにハリ感のあるブラックスカートを合わせてThe Okura Tokyoでステイケーションを満喫してきました。ニット/ZARA スカート/Babylon ブーツ/TOD'S バッグ/GUCCI華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「「はじめまして」ランチへは花柄スカートコーデで♪」より適度な華やかさ出してくれる花柄ロングスカート。マーメイドラインのこのロングスカートは、ブラックベースなので女性らしいけど甘すぎない感じが気にってます。スカートに合わせたのは、薄手のウールニットとライダースジャケット、そしてショートブーツ。どれも今時期にとても活躍してくれる心強いファッションアイテムです。ジャケット/DOUBLE STANDARD CLOTHING ニット/UNIQLO スカート/MARIHA バッグ/VASIC ブーツ/FABIO RUSCONI華組 大垣佳世さんブログ「ZARAの使えるエコレザースカート」より求めていたエコレザースカートに出会えました。先日ZARAで購入したスカートは、太めのベルト、綺麗なAライン、丈も絶妙、お色もキャメルで合わせやすくお値段以上でした。バックラインも素敵です。タイツも大好きなので、あえてカーキのタイツでカラフルを楽しみます。カーディガン/ESTNATION トップス/HELIOPOLE スカート/ZARA 靴/Hillsavenue バッグ/TOFF&LOADSTONE華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「秋のお楽しみ♡黄金色に染まった明治神宮外苑いちょう並木へ」より最近買った「UNIQLO+J」のハイネックニットとプリーツスカートのコーデ。ニット/UNIQLO「+J」 スカート/UNIQLO「+J」 バッグ/arron ブーツ/SARTORE華組 伊藤美帆さんブログ「ロングスカートをカジュアルに♪」よりロングスカートをホワイトのアイテムでカジュアルダウンするのが気分です。腰張り体型なので、すっきりと縦ラインを強調してくれるスカートは貴重な存在。昨年ゲットしたダークネイビーのリブニットが今年も活躍です。ブルゾン/H スカート/GALLARDAGALANTE バッグ/HERMESゆったりニットとホワイトレザーのトートバッグでゆるっとまとめました。ショルダーストラップもあって、2wayで持てる大きめバッグも大好きなホワイト(アイボリー)です。ニット/GALLAEDAGALANTE スカート/GALLAEDAGALANTE バッグ/Aeta華組 宮原江里子さんブログ「箱根温泉で癒しの旅」より全身ホワイトコーデ。今シーズンに購入したVネックニットにお気に入りスカートを合わせてみました。ニット/RIVE DROITE スカート/LOVELESS ブーツ/ZARA 時計/HERMES バッグ/HERMESブログ「ふわもこホワイトコーデでGUCCIイベントへ」よりふわもこ袖のトップスをポイントにした全身ホワイトコーデ。上下共に昨年のものですが、デザインがとっても気に入っているので今年もガシガシ着る予定です。トップス/Adonisis スカート/LOVELESS ブーツ/ZARA バッグ/GUCCI華組 一色華菜子さんブログ「ZARA★Vネックニット白黒買い」より大活躍のザラのVネックニットにチュールスカートを合わせた大人のカジュアルコーデ。ニット/ZARA チュールスカート/poshalma カシミアマフラー/BURBERRY バッグ/GUCCI ブーツ/ZARAニット/ZARA チュールスカート/poshalma バッグ/maisonmargiela ブーツ/ZARA華組 鈴木たま江さんブログ「愛してやまないロングニットカーディガン」より「NORC」のロングニットカーディガンが大活躍。モヘアの風合いを残しつつ圧縮ニットの様な地厚感まるで毛布に包まれてる様な暖かさなんです。スカートとコーデしました。カーディガン/NORC ニット/ZARA スカート/ZARA スニーカー/PIERRE HARDY華組 山口りえさんブログ「ロングスカートで女子会へ。」よりロングスカートは、華やかで気分が上がります!ATELIER N’Sの高見えするシーズンレスなプリーツスカートは、くすみ色で白セーターと2色コーデ。コート/PLST ニット/Barneys New York スカート/ATELIER N’S ブーツ/Tod's バッグ/greamsupply ②夏のスカートコーデ華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「目も心も癒される観葉植物のある暮らし」より買い物には夏らしいイエローの花柄スカートで出かけました。華やかなイエローも黒を合わせると大人っぽくていい感じに。最近は黒の魅力にハマってます。トップス/UNIQLO スカート/Mariha バッグ/PELLICO サンダル/MAURO de BARIブログ「バックスタイルが女性らしい夏トップスで同期ランチ会へ」よりバックデザインがある黒トップスにベージュのロングマーメイドスカートを合わせたコーディネート。私は甘すぎないけど女性らしいコーディネートが好きなので、カラーに甘さがない分、トップスのバックデザインや、スカートのマーメイドラインで女性らしい感じを取り入れました。トップス/Whim Gazette スカート/Whim Gazette バッグ/marco masi サンダル/MAURO de BARI ベルト/Puntovita華組 宮原江里子さんブログ「「効かせる黒」をスポサンで」より足元、トップス、バッグに黒を入れて引き締め、スカートは鮮やかなブルーを差し色にして夏らしくしてみました。トップス/titivate select スカート/GREEN LABEL RELAXING バッグ/arron サンダル/ENCHANTED華組 佐藤綾子さんブログ「エクラ9月号掲載スナップ&もう1つの迷ったコーデ」より去年購入して出番のなかったスカート。普段柄物はあまり着ないのですがスカートならとりいれやすいかと今回は挑戦してみました。ペイズリー柄は昔から好きでついつい手にとってしまいます。柄だけで主張があるスカートなので他は濃いブラウンでシックに。トップス/ロンハーマン スカート/ソレイヤード バック/ドラゴン サンダル/ペリーコサニー華組 細谷奈弓さんブログ「レーススカートで効かせる黒を一点投入!」よりこの日はお気に入りのレーススカートでお出かけ。いつもながらのシンプルなモノトーンスタイルですが、黒はスカート1点投入にしてみました。カーディガン/UNIQLO トップス/UNIQLO スカート/JOURNAL STANDARD バッグ/Kate Spade サンダル/Tory Birch華組 横山希世さんブログ「汐風とgreenに癒されました」よりいつもは無難に黒のスカートに黒のサンダルを合わせてばかりいましたが、白のサンダルを合わせたら今時の雰囲気が出て、新しい発見でした。トップス/ユニクロ スカート/estnation 靴/Ron Harman バッグ/Tod'sブログ「マキシスカートで瞬間着映え」より丈が長くパッと目が行く着映えスカート。マキシスカートは私が1番好きなタイプのスカートです。黒のTシャツにカーキのスカートを合わせました。夏はサンダルで涼しげに、冬はブーツに合わせたりとマキシスカートはシーズンレスの万能スカートです。スカート/unitedarrows バッグ/estnation華組 一色華菜子さんブログ「赤いフリンジbagで、サントリー美術館へ。」よりたまに、無性に赤いバッグを持ちたくなります。赤&COCAチェックで瞬間着映えコーデ。コーデに赤を差すのがわりと好きなので、黒や紺の服の時に、たまに無性に持ちたくなります。ジャケット/昔金沢のセレクトショップで買った古いもの レースブラウス/haupia スカート/COCA シューズ/repetto バッグ/J&M DAVIDSON華組 宮原江里子さんブログ「きれい色スカートと白シャツコーデ」より最近仲間入りしたお気に入りスカート。 ピンクのツヤツヤきれい色。サラッとしていて履き心地が良く、痩せ見え効果も抜群です。トップスには昨年冬にZARAで購入した後ろが長い白シャツを。冬はニットの下から裾が出るコーデ、今はサラッと一枚で楽しんでいます。トップス/ZARA スカート/OPAQUE.CLIP バッグ/jollies ネックレス/TOD'S華組 近藤和子さんブログ「ひらりん花柄スカート」より大人っぽい花柄スカートを探していて見つけた、クレマチス柄のロングスカート。ラルフローレンのシャツとティキーズのビーサン、ロエベ のカゴバッグを合わせてリゾートっぽくコーディネートしました。シャツ/ラルフローレン スカート/PLUS OTO.HA(プラスオトハ) サンダル/ティキーズのビーサン、バッグ/ロエベもう一パターンは、白シャツとシルバーのスタンスミスを合わせて、ご近所休日スタイルに。シャツ/PLUS OTO.HA(プラスオトハ) スカート/PLUS OTO.HA(プラスオトハ) スニーカー/スタンスミス華組 横山希世さんブログ「大人フェミニン黒スカート」より着こなしを考えるのが苦手で、なるべくシンプルな物を選んでばかりです。黒スカートに合わせるトップスは結構何でもOKですので出番が多く、とても楽してます。HYKEのシフォンスカートは黒だけれど見た目も軽やかで、夏場も勿論ですが、丈がロングなので冬場はショートブーツを合わせたりとシーズンレスで着ています。トップス/スローン スカート/HYKE華組 成田千恵さんブログ「和の桜アフタヌーンティーへ」よりプリーツがとても美しくて誰が着てもエレガントに見える白のロングスカート。ブラウスはシンプルながらラインが秀逸なYOKO CHANのもの。大のお気に入りです。ブラウス/YOKO CHAN (ヨーコチャン) スカート/INSCRIRE (アンスクリア) バッグ/Maison Margiela(メゾン マルジェラ) 靴/ZARA華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「軽やかベージュコーデで桜ランチへ♪」より春らしいベージュ系のコーデ。ベージュが多めのコーディネートは苦手意識があってあまりやったことがなかったのですが、やってみたら優しげな印象になって意外といい感じに。ライダースジャケット/NOBLE ニット/UNITED ARROWS スカート/Mes Demoiselles. パンプス/PELLICO バッグ/VASIC華組 成田千恵さんブログ「ハンサムロングスカート 〜ホワイト〜」より白のスッキリ細身ラインのハンサムスカート。大好きな白のエレガントスタイルでホテルランチへ。ブラウス/ ENFOLD スカート/Plage バッグ/ZANELLATO 靴/PIPPICHIC華組 横山希世さんブログ「アイボリーのプリーツは着回し力抜群。」よりZARAで見つけた、カジュアルにもシックにも使えるスカートです。お値段も手頃だったので気兼ねなくヘビロテ中です。ダンガリーシャツと白スニーカーでカジュアルに。スカート/ZARA華組 沢辺史さんブログ「春の揺れスカート」よりSLOBE IENAの小花柄スカート。ブラウン、ピンク グレー、ライトグレーなど多くの色が使われていますが、小さな花柄なので品良くまとまってコーデしやすいのがGOOD。動きとともにひらっと揺れ、ちょっとした風になびく軽やかさも春っぽくて好きです。トップス/MACPHEE  スカート/SLOBE IENA バッグ/LITTLE LIFFNER 靴/ZARA華組 成田千恵さんブログ「春に活躍するシャツコーデ」よりプチプラながら優秀‼︎春に向けて爽やかなストライプシャツのサイドスリットを生かして、ちょっと華やかな春らしいアシンメトリーなプリーツスカートを合わせてみました。シャツ/ ur's(ユアーズ) スカート/LE CIEL BLEU(ルシェルブルー) バッグ/VIOLAd'ORO (ヴィオラドーロ) ブーツ/ZARA (ザラ)華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「季節を問わずに着られる服って魅力的♪」よりオールシーズンで活躍するのは薄手素材のロングスカートです。春はニットを明るめのイエローにします。コーディネート全体の中に明るめのカラーの割合を増やして、春らしい感じにします。ニット/VONDEL スカート/Stella McCartney バッグ/VASIC 靴/PELLICO肌寒い日は黒のロングニットを合わせて落ち着いたイメージのカラーでまとめます。 バッグで少しだけイエローを入れることでコーディネートにメリハリもできるし明るい感じをプラスしています。ニット/ADORE スカート/Stella McCartney バッグ/ZARA ブーツ/FABIO RUSCONI華組 根本有加里さんブログ「広がりすぎないナロースカートですっきり見え」よりほっそりとしたシルエットのナロースカート。小柄な私(身長155センチ)は、“ハイウエスト”をセレクト。縦長シルエット+ハイウエストで脚長ですらりと見えるよう、Iラインを強調しました。キレイめな雰囲気をボーダーニットでカジュアルダウンしています。ニット/GU スカート/NOBLE バッグ/BOTTEGA VENETA ブーツ/ELIN華組 一色華菜子さんブログ「ティアードスカートが好き過ぎて❤︎」より大好きティアード巻きスカート。ブログにも何度も登場しています。この濃い目ベージュ、何にでも合わせやすくてオールシーズン本当によくはいています。トツプス/petit bateau スカート/ne quittez pas 靴/repetto バッグ/marni冬に買ったデニムのスカートは、oblekt。これから春夏はニットにTシャツ、柄物ブラウスにも合わせてオールシーズン使いそうです。コート/allureville ニット/sunlaurel スカート/oblekt 靴/6beautyandyouth バッグ/dragon華組 木原みどりさんブログ「変幻自在?の雰囲気出しトップス」よりふんわりエアリーなシルエットを出せるトップスにスカートを合わせたコーデ。トップス/ESTNATION スカート/COLUMN バッグ/CELERI 靴/MANOLO BLAHNIKブログ「私のこの春の“甘くないスカート”」よりマイクローゼットに新たに仲間入りしたスカート。この春、大活躍しそうです。こちらのスカートはCOLUMNのものです。裾の広がりや着丈も甘すぎず、ちょうど良いバランス。結構インパクトのある柄ですが、落ち着いた色味なので長いお付き合いができそうな気がしました。トップス/UNIQLO スカート/COLUMN バッグ/ZARA 靴/MANOLO BLAHNIK華組 山口りえさんブログ「バックと靴の鉄板な合わせ方」よりzaraのエコレザープリーツスカートは、レースが効いていて、ハードになりすぎないのが気に入っています。ニット/Barneys New York スカート/zara 靴/torybarch バッグ/hermes スカーフ/CHANEL華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「最近のお気に入り♡ レーススカートとスニーカーの組み合わせ」よりエレガントなレーススカートにスニーカーを合わせて素敵カジュアルに!ニット/VONDEL スカート/LOKITHO 靴/NIKE バッグ/Roberta Gandolfiサーファー夫と一緒に海へ行くことが多いので、カジュアル着も増えました。そんな時には、スニーカーやパーカーなどを合わせます。 パーカー/GU スカート/IENA スニーカー/CONVERSE バッグ/MARCO MASIもう少しエレガントにしたい時には、ブラウスやハイゲージニットを合わせます。赤系グレーのスカートなので赤いスニーカーを合わせました。 スニーカーの紐もグレーなのでコーデ全体のカラーと馴染みやすいです。ニット/UNIQLO スカート/Whim Gazette ストール/No Brand スニーカー/New Balance バッグ/Roberta Gandolfi華組 横山希世さんブログ「春はクリーム系で柔らかな印象に」よりZARAのプリーツスカートにフェミニンなセーターをあわせました。足元もパンプスと合わせて軽やかに。トップス/tomorrow land スカート/ZARA華組 細谷奈弓さんブログ「甘くない、アシンメトリーのロングスカートコーデ」よりクローゼットで眠っていたMADISONBLUEのアシンメトリースカートを久々にはきました。ジャケット/JOURNAL STANDARD トップス/ZARA スカート/MADISONBLUE バッグ/COACH 靴/PELLICO イヤリング/Folli Follie華組 山口りえさんブログ「GUシャツで辛口コーデ」よりシンプルながら合わせやすい G Uの黒シャツ。 御近所のお買い物は、ジャガード生地の花柄のスカートを合わせて!花柄ですが、黒を中心としたあまり甘くないスカートを合わせました。シャツ/GU スカート/Sawa à la mode 靴/NEUTRAL バッグ/Louis ・Vuitton スカーフ/CHANEL華組 宮原江里子さんブログ「春を感じる花柄×パステル」より春は花柄やパステルカラーが気になります♪花柄ピンクのニットを着てお出かけしてみました。やっぱり花を着るとちょっとうれしい。ニット/TED BAKER スカート/LOVELESS バッグ/VALENTINO ブーツ/ZARA華組 根本有加里さんブログ「ツヤ感プリーツスカートで冬〜春の着回し」よりシーズンレスに着られるツヤ感プリーツはキレイ目にもカジュアルにも大活躍の一枚です。オフホワイトのフーディ合わせスタイル。顔回りに白を持ってくると、パッと明るくなります。小柄なので、トップスは短めにしてバランスよく。シューズは同系色にして脚長効果とすっきり感を演出しました。スカートの裾はアシンメトリーで、後が長くなったデザインです。トップス/UNIQLO スカート/Spick and Span 靴/Odette e Odile華組 沢辺史さんブログ「SPELTAのバレエシューズ」よりストレスフリーで歩けるバレエシューズをアクセントに、Upper hights のシャツと Whim Gazette のマキシタイトスカートでベージュ系ワントーン。シャツ/Upper hights Tシャツ/ユニクロ スカート/Whim Gazette 靴/SPELTA バッグ/RIVE DROITE華組 伊藤美帆さんブログ「ラベンダーカラーのマキシスカート」よりフェミニンで綺麗見え。ラベンダーカラーのサテンマキシスカートをゲットしました。お気に入りのストールと一緒に。トップス/theory スカート/ur’s ストール/HERMES バック/HERMES アクセサリー/HERMES 靴/Manolo Blahnikダンボール素材のパーカーコーデにも。パーカー/Elura スカート/ur’s バック/MM6 バングル/Nothing And Others華組 細谷奈弓さんブログ「オールシーズン使えます!シルバーのプリーツスカート」より3年ほど前にELENDEEKで購入したシルバーのプリーツスカート。普段あまりスカートを履かない私ですが、こちらは毎シーズン必ず履いています。この日はブラック×シルバーのツートンコーデで。ニット/uniqlo カーディガン/Massimo Dutti スカート/ELENDEEK バッグ/メルカドバッグ(メキシコで購入) 靴/PORSELLI ネックレス/手作り ストール/Johnstons of Elgin華組 成田千恵さんブログ「ハンサムロングスカート 〜ブラック編〜」よりスカートだけれど、ちょっとカッコいいブラックのハンサムスカートでカジュアルスタイル。ワイドパンツのようなシルエットですが、やはりスカートだと印象が違います。身体に付かず離れずで、シルエットがとても綺麗です。ライダースジャケット/beautiful people ニット/TOMORROWLAND スカート/JOINT WORKS バッグ/CELINE ブーツ/SARTORE    ▲ページトップに戻る▼その他のおすすめ記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND