STANDARD BOOK 2021 Autumn/Winterがリリース!

HAPPY PLUS ONE

HAPPY PLUS STORE(https://store.hpplus.jp/fs/sp/)から、毎シーズンご好評をいただいている『STANDARD BOOK』の2021 Autumn/Winter版ができました!

STANDARD BOOK 2021AW掲載アイテムを全てみる https://store.hpplus.jp/fs/sp/pages/fscts4022.aspx?id=hpone_article_210830

ほんの少し、心が外向きになってきた

こんな今だからこそ、前向きに元気に過ごしたい。そんな私たちに必要なのは、いつまでも一緒にいたいと思えるスタンダードな服。身に着けるものから、笑顔になれるエネルギーがもらえるはず。

HAPPY PLUS STOREでは、ここでしか買えないスペシャルなアイテムから、リピーター多数で大人気の定番商品ほか、日々活躍するものだけを厳選してお届けします。

Chaos アールスーペリアノーカラーコート ¥74,800(モカ、ブラック)

▶商品ページへ

SINME 復刻ドットロングワンピース \52,800
(ネイビー×ブラックドット、ブラック×オフドット)

▶商品ページへ

Le Tricoteur トラディショナル ウールガンジーセーターUNISEX ¥26,950
(オフホワイト)

▶商品ページへ

Aeta BOSTON(S) ¥36,300(ブラック、ライトイエロー)

▶商品ページへ

ほかにも、ファッション雑貨、小物、ビューティアイテムまで、ずっと長く愛せるスタンダードアイテムを是非チェックして下さい。
https://store.hpplus.jp/fs/sp/pages/fscts4022.aspx?id=hpone_article_210830


\さらに、今みんなが注目している特集はこれ!/

 HAPPY PLUS STOREの急上昇特集ランキング 

【No.1】夏の終わりに着たい 白&黒style 14days

【No.2】季節またぎで大活躍!「今買って損しない服」

【No.3】人気ファッションエディター・東原妙子さんの新しい7つのボトムで晩夏→初秋のTaeko’s STYLE

 

皆さまのご来店をお待ちしております!!
https://store.hpplus.jp/fs/sp/?id=hpone_article_210830

関連記事
  • トップス¥4950/COTORICA. サロペット¥19998/PRIVÈVE カチューシャ¥2000/KITER イヤリング¥4860/アビステ着映えする"袖コントップス"は秋も絶対着たい! これはボリュームが出やすいハリ感素材の袖、カットソー素材の身頃を組み合わせた異素材コンビ。メリハリシルエットで細見えも叶えてくれるよ。レディなトップスをサロペットでカジュアルに。モデル/江野沢愛美 撮影/須江隆治(See) ヘア&メイク/鈴木かれん スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! きれい色のモヘアカーディガンがあれば可愛げも好感度も簡単!【大学生の毎日コーデ】 渡邉理佐はテクなしでシャレ見え!秋素材セットアップ【大学生の毎日コーデ】 全身エクリュカラーでまとめ、パンツスタイルを優しげな雰囲気に【大学生の毎日コーデ】
  • ウェブエクラ週間(9/6~9/12)ランキングトップ10にランクインしたヘアスタイル人気記事をピックアップ!2021秋の最新ヘアスタイルは前髪あり?なし?前髪・顔だち・ボリュームが気になるアラフィー女性にこそ前髪づくりが重要に! 第1位 【ショートヘア】【50代おすすめヘアカタログ】今、むしろ短いほうがフェミニンな印象に!最新ショートヘアスタイル髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。女性らしさを醸し出す理想のショートスタイルを公開。▶記事はこちら   第2位 【ボブヘア】【50代おすすめヘアカタログ】扱いやすさと華やかさ、両方に効く人気のボブヘアスタイル髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。扱いやすさと華やかさ、両方に効くボブスタイルを公開!▶記事はこちら   第3位 【ヘアカラー】50代白髪悩み解決!今どきのしゃれ見え「大人のヘアカラー」大人にとってのヘアカラーは、白髪を隠すためのものだと思い込んでない? 実はここ数年で格段に進化したヘアカラー技術。ファッションカラーに近い発色や髪のツヤをプラスできる色みなど、最新カラー事情を徹底リサーチ。▶記事はこちら   第4位 【ミディアムヘア】50代の髪型【ミディアムヘア】鎖骨ラインが美しい!カールや毛束の動きでふんわり感をアピールミディアムの長さはトップがつぶれやすいので、立体感のあるフォルムにして髪質の悩みをカバーすることが重要!▶記事はこちら   第5位 【前髪テク】【50代に似合う前髪の作り方】前髪を変えるだけで髪悩み解決!スタイリング次第で自在に印象チェンジ 前髪がうねったり、ボリュームが足りない、フロントまわりが扱いにくい…。前髪・顔だち・ボリュームが気になるアラフィー女性にこそ前髪づくりが重要に!前髪のデザインとスタイリング次第で自在に印象を変えられます!▶記事はこちら   第6位 【ヘアカラー】【大人のヘアカラー研究】「明るめツヤラベンダー」で透明感と今どき感を演出!白髪があっても楽しめる!「おしゃれ!」とほめられる「大人のヘアカラー」を髪のプロがご紹介。今回は、脱・暗めカラーで透明感&今どき印象になれる「明るめツヤラベンダー」カラーを、DADA CuBiCの吉村さんが提案!▶記事はこちら   第7位 【ロングヘア】50代の髪型【ロングヘア】長さキープだからこそ動きで洗練度の更新をしたい!重くなりがちなロングは、顔まわりや首のラインを流れるようにカットすると、全体的に軽い印象に!ゆるくランダムに巻くことで華美すぎず、こなれた印象に見せる洗練ロングヘアスタイルをお届け。▶記事はこちら   第8位 【ショートヘア】【“切る派”のほめられヘアチェン6】「V字バング」で生えグセ&白髪を一気に解決!強い生えグセから前髪はあきらめていたというエクラ華組・細谷奈弓さん。そこで“深め前髪”をつくり、トップのボリュームアップと気になっていたハチ部分の広がりも解消。メリットだらけの最旬ショートの詳細をご紹介。▶記事はこちら   第9位 【白髪ケア】【50代の白髪ケア】目立つ!気になる!「根元白髪」をセルフカラーで解決ステイホーム期間中に伸びた髪。そこで根元白髪の目立ち具合に困った、というアラフィー世代の声が殺到!我慢ならない「根元白髪」問題を、自分で解決するための正しい手段を専門家たちが指南。▶記事はこちら   第10位 【白髪ケア】【大人のヘアカラー研究】ライター&編集部員おすすめの「ホーム用ヘアカラー」4選コロナ禍で需要が広がったセルフカラーリング。おうちカラーの2大悩み、仕上がりの美しさ&染めムラ予防のためのアイデアを披露!▶記事はこちら  ※集計期間:2021年9月6日(月)〜2021年9月12日(日)
  • 秋冬の着こなしの軸になるアウター。大切なアイテムだからこそトレンドは誰より早くチェックしておこう! 今回はおしゃれプロが狙っているロングコートを大公開。リバーコート、MA-1、中綿コート、それぞれがこだわる選定ポイントをぜひ参考に。 1.アンクレイヴのくすみ色コート スタイリスト 佐藤佳菜子さん 「年を重ねてからのほうが明るい色がしっくりくるようになったのと、髪をショートにしてから甘めのトーンも気負わずに楽しめるようになったので、思い切って今シーズンはやわらかなセージカラーをセレクト。定番のリバーコートも新しい気持ちで着こなせそうです」 シンプルな表情ながらポケットや襟でさりげなく立体感を出したこだわりの一着。ゆったりとした形で絵になる装いに。¥38940/アンクレイヴ 2.カレンソロジーのチェックコート スタイリスト 門馬ちひろさん 「おしゃれに時間をかけられない慌ただしい日も、さっと羽織るだけでサマになるコートが欲しくて即決。お目立ち感のある大きめのチェック柄ですが、ベーシックカラーの配色で落ち着いて見える上、可愛げのあるシャギー素材で着るたびにテンションがアップ!」 ゆるやかなショルダーラインやアルパカ混のやわらかなシャギーがフェミニンな着こなしにフィット。¥75900/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) 3.アンクレイヴのMA-1コート ライター 東原妙子さん 「ウールのコートにやや飽きてしまい、着こなしのアクセントになる“シャカシャカ系”のコートに注目。このMA-1はすっきりとしたロング丈とミニマルなデザインでダウンほどカジュアル見えしないんです。スカートにも似合ってきれいめに着られるので冬中重宝するはず」 ミリタリーテイストのMA-1ジャケットをそのままロング丈に。無駄をそぎ落としたスタイリッシュなデザインがまさに大人向き。¥38500/アンクレイヴ 4.スタニングルアーのリバーコート ライター 伊藤真知さん 「ベージュや黒、グレーといった定番色のコートはひととおり持っているため、今年は“アガる”色にチャレンジ。柿を思わせるような、ほのかに渋さのあるオレンジなので、意外にどんな色のアイテムとも合わせやすく、ロング丈&オーバーサイズでも迫力が出すぎません」 エフォートレスなムードの着流しコート。付属のベルトでシルエットに緩急をつけられる。¥68200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) 5.ノーク バイ ザ ラインの中綿コート ライター 野崎久実子さん 「ショートカットでカジュアル好きの私は、スポーティに転びすぎないアウターが大前提。こちらはラフに着られるフードつきの中綿コートですが、スマートなシルエットで上品な印象。さりげなくクリーンな女らしさを演出してくれる明るい白も心惹かれた理由です」 前を開けても閉めても、すっきりと着られる頼もしいロング丈。ふかふかの着心地で防寒性が高いのに軽量。¥27000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 6.フレイ アイディーのボリューム袖コート ライター 榎本洋子さん 「中に厚手のニットを着てももたつかないたっぷりとしたボリューム袖のコートは、手持ち服にオーバーサイズが多い私にぴったり。さらに身長165cmの私でもちゃんとマキシ丈になる長めの着丈や、Iラインをアピールしてくれるきれいなシルエットも嬉しいポイント」 甘くなりがちなボリューム袖コートをスタンドカラーでマニッシュに仕上げた一着。¥52800/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 撮影/坂田幸一 スタイリスト/大平典子 取材・原文/野崎久実子 構成/岡谷真唯子〈BAILA〉 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2021年10月号掲載
  • 凡庸な毎朝に退屈したら、いつものスタイルにちょっとエクストリームなアクセサリーを思いきって足してみる。その瞬間、なんでもない一日が、特別に変わるはず!つけ袖¥35,200/アンダーカバー ブラウス¥111,100/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥223,300/エスケーパーズ オンライン(ボロロ)フェザーのつけ袖でパッと華やぐ つけ「襟」の次は、「袖」! 軽やかなフェザーが手首まわりをひらひらと装飾する。「ちょっとケーキが食べにくくなるかしら?」くらいがおしゃれの醍醐味。ポルカドットのボウタイブラウスのクラシカルなムードと呼応させたい。(右上)メガネとチェーンで遊ぶ ビッグフレームのメガネからあえて繊細なチェーンを垂らしてジュエリーのように。メガネ¥51,700/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(グッチ) アイウェアチェーン〈K18YG〉¥121,000/シハラ ラボ(シハラ) カーディガン¥46,200/A.P.C. ブラウス¥156,090/メゾン・ディセット(プルーン ゴールドシュミット) ショーツ¥63,800/イーストランド(オフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー™) ベルト¥50,600/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥38,500/エスケーパーズ オンライン(エルナン エルデス) (右下)ネックレスで消毒する アトマイザーに消毒液を入れられる仕様。ネックレス¥16,500/レイ ビームス 新宿(アデル ビジュー×レイ ビームス) ドレス¥408,980/メゾン・ディセット(プルーン ゴールド シュミット) チョーカー¥20,300/MarlandBackus リング¥152,900・イヤーカフ(上)¥25,300・(下)¥22,000/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左上)ボディチェーンで盛り上げる レザーのセットアップにフェミニンな要素を加えるパールオーナメントのボディチェーン。ポロニットの水色をきかせる。ボディチェーン¥19,250/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥109,010・パンツ¥66,660/ヒラオインク(ナヌーシュカ) ニット¥55,000/スティーブン アラン トーキョー(アーチ ザ) ピアス¥34,980/エドストローム オフィス(ルメール) (左下)アンティークリングを重ねづける リングはとにかくすべての指に!くらいの勢いでオン。ポップなロゴニットに指輪がクラシカルなスパイスを加える。リング(人さし指・上)ゴールドにダイヤが埋め込まれたタイプ。¥242,000(同・下)円形のパールリング。¥440,000(中指・上)ピンクのフラワーモチーフ。¥143,000(同・中)花形のパールリング。中央はダイヤモンド。¥330,000(同・下)サファイアとパールのミックス。¥198,000(薬指)ゴールドのシグネットリング。¥363,000(小指)スクエア形のパールリング。¥308,000/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(メルティングポット) ニット¥115,500/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) スカート¥15,400/シティショップ ネックレス¥12,650/リトマス(メゾンルルピノー)(右上)両襟にブローチをオン ブローチは襟に、対称に飾るのが気分。ベルベットのカチューシャを合わせて、ゴシックな雰囲気で仕上げよう。ブローチ 各¥24,200/フィルグ ショールーム(パール オクトパシー) ドレス¥51,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス(ソレイス ロンドン) シャツドレス¥110,550/ビオトープ(ケイト) カチューシャ¥13,200/シジェーム ギンザ(マルツォリーネ ミラノ) リング¥115,500/エスケーパーズ オンライン(ボロロ) (右下)グローブはシュシュと合わせる すっかりおなじみのロンググローブに新しい提案。大きめのシュシュを根元にはめて、シネマティックに。グローブ¥21,450/フィルグ ショールーム(シモーネ ワイルド) シュシュ 各¥8,800/リトマス(メゾンルルピノー) ドレス¥60,500・ソックス¥5,830/コム デ ギャルソン(トリコ・コム デ ギャaルソン) 靴¥128,700/GGR JAPAN (ジャンヴィト ロッシ) 2連に重ねたピアス¥47,300/イザベル マラン (左上)装飾イヤーカフを絡ませる 定番のイヤーカフは、葉が耳に絡みつくようなデザインを選べば、横顔に差がつく。イヤーカフ〈シルバー/K18ヴェルメイユ〉¥168,300/エスケーパーズ オンライン(ソフィー ブハイ) ラベンダー色ドレス¥35,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス (ジマーマン) トップス¥47,300/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) リボン¥9,900/エンメ(フラッパー) リング¥206,800/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左下)ヘッドピースで厳かな気持ちに 昨年からじわじわトレンドの、パールオーナメントを用いたヘッドピース。ふわふわに巻いた髪とのコントラストを楽しみたい。ドレスではなく、あえてスーツを合わせてひねりをきかせてみて。ヘッドピース¥71,500/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥59,400/ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション(ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル) ブラウス¥82,500・スカーフ¥30,800/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)ブラトップ¥66,000/パッチワークス(タナカダイスケ) ジャケット¥127,600・パンツ¥78,100/THE WALL SHOWROOM(エアロン) シャツ¥86,900/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) バッグ¥751,300(参考価格)/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) サングラス¥82,500/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(カルティエ)貝殻ブラで出勤する 貝殻モチーフにレースの刺しゅうをあしらい、どこか懐かしさも湛えたブラトップ。ピンク色のスーツに加えて、通勤スタイルを一新する。 SOURCE:SPUR 2021年10月号「アクセサリーのNext Levelを追う」photography: Masaya Tanaka 〈TRON〉 styling: Natsumi Ogasawara hair: Keiko Tada 〈mod’s hair〉 make-up: KIE KIYOHARA 〈beauty direction〉 model: Alaska
  • 潔い寒色カジュアルだからこそ、ボーダーの可愛さが映える♡ハッピーに過ごしたい連休中日は、カットオフデニムのハーフパンツに大好きなボーダーで可愛げアクティブに♪ ラフに肩かけしたスウェットや素足×ローファーで、こなれムード満点に仕上げて。思いっきりカジュアルに振ってるけど、モノトーン+ネイビーの辛口トーンなら幼く見える心配ナシ。さらにハンドバッグやモチーフネックレスの上品クラシカルな味つけも効果的。休日だけじゃなく、内勤デーやカフェでリモートワークなんて時も、このコーデなら気分が上がりそう! 旬のブラウンメイクに後れ毛が可愛いひとつ結び、顔まわりにだけ女っぽさをほのめかすのもお忘れなく♡ トップス¥13200/ゲストリスト(ルミノア) スウェット¥13200/ビショップ(ジムフレックス) パンツ¥18700/TOMORROWLAND(セージ×TOMORROWLAND) 靴¥49500/ギャラリー・オブ・オーセンティック(ビューティフル・シューズ) バッグ¥379500/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) コインネックレス¥61600・ゴールドネックレス¥26400/トムウッド プロジェクト(トムウッド) 本田翼の【今日のコーデ】をもっと見る>>【関連記事】>>本田翼が『ルイ・ヴィトン』『グッチ』など憧れ7ブランドのミニバッグと共演!>>【本田翼×ティアードワンピ】最高に可愛いのに大人っぽい。シアー素材やミニ丈も!>>通勤コーデにも! “小さめ衿”や“袖フリル”のフリルブラウスに注目 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/犬木 愛(アージェ) モデル/本田 翼 スタイリスト/石田 綾 企画・原文/渡辺真衣(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • ハートやレース、愛らしいモチーフを散りばめて♡ デイリーに取り入れるアイテムだって、シンプル+αの高揚感が欲しい。そんな気持ちを満たしてくれるのが、ゴールドのハート形ボタンがアイキャッチーなニットカーディガン。やわらかなオフホワイトとすっきりしたネックラインがきれいめに映えて、上手に可愛げを盛り上げてくれる。手首からカットソーのレースをのぞかせてをインしてより愛らしく。カーディガン¥39600・トップス¥30800・スカート¥39600・バッグ¥28600/ミュベール メガネ¥57200/グローブスペックス エージェント(アーレム) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載
  • 激アツ!コスメブランド【SUQQU】 大注目の秋リップをご紹介します。こんにちは。159.RUIです。 本日はコスメのご紹介です。 今、私が一番、注目しているコスメブランドは''SUQQU"です。 徐々にメイクも秋仕様を楽しんでいる今日この頃です。 シーズン毎に洋服に合わせて、リップもカラーや質感を変えて、楽しんでいます。 ここ最近はマスク生活ですが、外すシュツエーションもありますので、リップは必須です。 手持ちでもリップは好きで色々と持ってはいますが、このSUQQUだけは買わずにはいられないほど、ドンピシャなカラー&質感でした。 コスメカウンターはタッチアップが出来ないので、手の甲にBAさんがたくさん塗ってくださいました。 秋といえば、定番でマットリップはマストですが、今期はシアーマットがオススメのようです。深めのカラーでもちょうど良い、抜け感も出て、使いやすいです。 私は赤茶メイク、茶系が多いので、合わせて、ブラウン系リップを選びました。 なんだか、他のカラーも買い足してしまいそうな気がするぐらい、お気に入りです。 秋もメイク楽しみましょうね!シアーマットリップスティック07 濃胡桃 ウォルナットブラウンNo.159 RUI
  • ストレスのない着心地と抜群のきれい見え力に注目。ウエストのリボンが大人のフェミニンさを引き立てます。 saqui サキ ベロアテーパードリボンパンツ (各)¥26400 (サイズ:36、38、40) ゆったりとした腰まわりから、足首にかけて細くなるシルエット。ノーストレスな着心地ながら、きちんと見えるのは、計算され尽くした緻密な立体パターンのおかげ。なめらかなベロア素材の光沢と落ち感が、美しい陰影のあるドレープを描きます。 ゴム仕立てのウエストにあしらわれた太めのグログランリボンが腰高に見せつつ、着こなしに大人可愛いニュアンスをプラス。カラーは合わせる色を選ばないカーキと、華やかさが目を引くワインレッドの2色。 着こなしに品格あふれる華やぎを添える、深いワインレッドの光沢に魅せられて シャツ¥27500(ケイエイチアール)・靴¥27500(ヨーク)/UTS PR ニット¥15400/ミラク(セテンス) バッグ¥15950/セム インターナショナル(バグマティ) ぱっと見やや派手に感じるワインレッドも、実際に着てみると上品な華やかさに誰もがうっとり。+定番色トップスで秋冬コーデが一気に盛り上がること請け合い。 定番コーデにすんなりなじむカーキの威力で、リッチなベロア素材がぐっと身近な存在に ニット¥20900/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) メガネ¥37400/プロポデザイン(プロポ) ストール¥10780/シップス エニィ 渋谷店(ツイードミル) 靴¥12100/UTS PR(スペース クラフト) ベロアの光沢がカーキを大人顔に。 ウエストリボンはしっかりとリボン結びできる長さ 細やかなギャザーでウエストやヒップを自然にカバー ベロアテーパードリボンパンツ 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/西出健太郎 ヘア&メイク/中村未幸 スタイリスト/松野裕子 モデル/福田メイコ 取材・原文/葛畑祥子 ※商品価格は消費税込みの総額表示(2021年9/7発売LEE10月号現在)です。
関連キーワード

RECOMMEND